「鬼滅の刃」実写化という無謀

劇場版アニメ「鬼滅の刃 無限列車編」が大ヒットしていると報じられています。が、ほとんどのメディアは興行収入の伸び、実績が桁違いであると報じるばかりであり、作品の中身に触れようとはしません
つまり、その程度の扱いであり、その程度の見識しか持ち合わせていないと判斷するしかないのでしょう(残念ながら)
せっかく取り上げるのなら、作品の見どころなり面白さについて1行でも言及してほしいものです
さて、劇場版のヒットを受けて「実写化」に向けた話もいくつかメディアが取り上げています
その中からリアルサウンド掲載の記事を紹介します


理想は海外ドラマとして世界配信? 『鬼滅の刃』実写化の可能性と問題点
『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(以下、『無限列車編』)が空前絶後の大ヒットとなっており、話題は『鬼滅の刃』一色。そんな中、にわかに盛り上がりを見せているのが、「実写化するなら誰が炭治郎を演じるか?」といった今後のメディア展開についてだ。
すでに『少年ジャンプ』(集英社)での連載が終了していることからも明らかなように『鬼滅の刃』は作者の吾峠呼世晴の意向が強く反映された作品であり、アニメシリーズも原作の良さを再現することを第一に作られている。
今回の『無限列車編』がうまくいったのも、劇場映画にふさわしいエピソードを映画化したからであり、これが映画ありきで、原作のエピソードを省略したり、逆にオリジナル要素を無理やり加えていたら、うまくいかなかっただろう。おそらく作者もジャンプ編集部もアニメ関係者も、連載と同じように、無駄な引き伸ばしは考えておらず、『無限列車編』以降のアニメシリーズを終わらせることしか今は考えてないだろう。
(中略)
まず実写化には映画と連続ドラマの方向性があるのだが、映画を中心に進めるのなら、同じジャンプ漫画の実写化である大友啓史監督の『るろうに剣心』と似た展開になるのではないかと思う。
つまり、最初にキャラクター紹介的な物語を作り、その後、原作のエピソードを順番に作っていくというイメージだ。その際に一番の壁となるのが、出演俳優の問題だろう。
主人公の竈門炭治郎を筆頭とするメインキャラの年齢は原作を踏まえると10代前半だが、うまくハマる俳優がイメージできない。これは他の鬼殺隊や柱(鬼殺隊の最高位の剣士)についても同じことで、殺陣ができて演技もできる10~20代を探すのはとても難しい。
ただ敵対する鬼の側、こちらは30代前後の上手い俳優が演じればハマるのではないかと思う。ラスボスにあたる鬼舞辻無惨は菅田将暉か染谷将太、十二鬼月の上弦の壱・黒死牢は山田孝之か小栗旬、上弦の弐・童磨は高橋一生か中村倫也など、アイデアはいくらでも出てくる。いっそのこと炭治郎たちメインキャラクターは、オーディションで無名の新人を選んでもいいかも。
次に監督だが、漫画を実写映像化する際に一番難しいのは原作漫画の要素をどれだけ残すかだ。表現を漫画に寄せすぎるとコスプレ感が強くなってしまうし、逆にリアルに寄せすぎると、全く違う作品になってしまう。
その意味で絶妙なのが、前述した『るろうに剣心』の大友啓史監督だろう。『キングダム』の佐藤信介監督や、『無限の住人』の三池崇史監督も(作品によって、そのバランスは大きく変化するものの)漫画原作をリアル寄りに仕上げるのがとてもうまい。
(以下、略)


ファンがもっとも危惧しているのは、炭治郎らの役にジャニタレが起用され、どうしようない実写映画になってしまうことでしょう
過去にジャニタレ起用で台無しになってしまった「実写化」がいくつもあります
そこまでして「実写化」する必要を自分は感じないのですが、ビジネスの場は違います。ヒットした漫画なりアニメなりを実写化すれば客も入って簡単に儲けられる、と考える輩が大勢いるのでしょう
かくして人気漫画、アニメの実写化は失敗作だらけになっています
なので、「鬼滅の刃」をあえて実写化する必要性はどこにあるのか、と言いたくなります。コミックは売れているし、劇場版もヒットしました。それで十分なのでは?
安易にジャニタレを起用し、原作ファンからそっぽを向かれる企画がこれまで何本あったことやら
上記の記事にもあるように、十代で炭治郎を演じられる役者など実在しないのですから実写化に執着する必要などない、と言いたくて書きました(まあ、ハリウッドなら白人の30歳近いオッサンが炭治郎を演じる、などというおバカな企画を実現させるかもしれませんが)

(関連記事)
実写版「BLEACH」大コケ
実写版「ジョジョの奇妙な冒険」大コケ
漫画実写化は是か非か、を巡る議論
香取慎吾 映画「座頭市 THE LAST」大コケ
香取慎吾の映画「こち亀」 大惨敗
香取慎吾映画大コケ3連敗 「LOVE まさお君が行く!」
「鋼の錬金術士」山田涼介主演で映画化?
芥川賞「火花」が映画化もコケる
橋本環奈 「セーラ服と機関銃」大コケ
キムタク主演映画「無限の住人」は大コケではないと主張するメディア
キムタク主演映画「無限の住人」大コケ
「忍たま乱太郎」 なぜアニメを実写化するのか?
井筒監督「漫画を安易に映画化しすぎる」と批判
ジャニーズ映画 大コケ
「四月は君の嘘」映画化 大丈夫か?
西内まりや主演映画「キューティーハニー」大コケ
韓国が勝手に映画化した「北斗の拳」実写版
アニメ「小さなバイキング ビッケ」をドイツが実写映画化
映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」大コケで1億ドル損失?

ひきこもり支援施設を「拉致・監禁」と提訴

大人のひきこもりに対して介入し、自立を支援するという団体・施設が全国各地にあります。NPOという法人格を有していたり、あるいは法人組織ではないものまでさまざまですが、現時点でどこかの省庁が所管しているわけでもなく、いわば野放し状態です
活動内容からすれば厚生労働省が監督すべきなのでしょうが、その気はないようです。また、地方自治体も監督責任を果たす気はないのでしょう
よって、ひきこもり支援施設はどこからもチェックを受けることなく、虐待や暴行が蔓延する異常な事態に陥っていたりします。あるいはひきこもりの大人を1人、引き受けるについて法外な料金を徴収していたりと、活動内容や運営実態にさまざまな疑惑が持たれる場合もあります


ひきこもり自立支援施設の手法は拉致・監禁、元生徒7人が初の集団提訴へ
https://diamond.jp/articles/-/252344
ひきこもりや無職等の状態にある人の自立支援施設として知られる「ワンステップスクール(以下、ワンステ)」を運営する、一般社団法人若者教育支援センター(東京都港区、広岡政幸代表理事)とそのスタッフに対し、今月28日、関東在住の元生徒7人が集団で提訴する。
広岡代表の著書によれば、同校は2008年設立で、神奈川県中井町や静岡県御殿場市に主な拠点を構える。元生徒7人は、ある日突然、自室に現れたスタッフらに、ひきこもりや無職等の状態であることを理由に、同社の施設で自立支援を受けるよう迫られ、「強引に連れ出され、抑圧された生活を強いられた」などと主張している。
集団提訴に踏み切る元生徒7人は、関東在住の20〜40代の男性。入寮は17〜19年とバラつきがあり、サポート期間も、最短で3週間あまり、最長で2年2カ月と幅がある。
同センターは「ピック」と称し、家族の依頼を受けた数名の男性スタッフが支援対象者本人を予告なしにいきなり訪れ、そのまま寮に連れ出す手法を用いる。このため、俗に「引き出し屋」などとも呼ばれている。
元生徒7人のピック場所は、東北地方から沖縄本土にわたり、同センターの活動範囲の広さを物語る。そのうち5人は、17年11月から19年12月までに中井町の湘南校からそれぞれ脱走し、福祉施設に保護された経緯がある。また、サポート期間中に、湘南校から神奈川県内の精神科病院に医療保護入院をさせられた30代男性もいる。
筆者は広岡代表に対し、意に反して連れ出すピックや、自由を奪って生活を強いる支援に関する違法性の認識について問い合わせたが、23日(金)17時の期限までに回答を得られなかった。同代表はこれまでも、本人の意に沿わない引き出し行為について、自著やメディア各社取材で繰り返し否定しており、訴訟の争点の1つになるとみられる。
同様の支援手法を用いる業者は各地に存在するが、なかでもワンステは、突出して被害を訴える元生徒の数が多い。ある日突然のピックのみならず、主な拠点である湘南校や、職業訓練校である御殿場校での寮生活やプログラムについても、元生徒たちから批判の声が上がっている。
(以下、略)


これまでにも裁判沙汰になったケースもあり、ひきこもり支援施設はさまざまな問題があります
外部によるチェックが入らない状況は早急に改善する必要があり、そうしない限りは施設運営が正常化されないでしょう。施設を運営する側がいくら善意をアピールしようとも
今回のように訴訟に巻き込まれたなら施設の信用も揺らぐはずであり、「自分たちのやっているのは人助けだ」と主張したところで疑いの目を向けられるのは避けられません
拉致・監禁だけでも犯罪です。ひきこもっている大人を更生させるためだ、と主張しても通用しません

【特集】中高年の引きこもりの実態と支援活動


(関連記事)
ひきこもり自立支援業者の拉致監禁 賠償命令
https://05448081.at.webry.info/201912/article_38.html
ひきこもり自立支援施設の闇
https://05448081.at.webry.info/202006/article_17.html
元農水事務次官 息子殺害で懲役6年の実刑判決
https://05448081.at.webry.info/201912/article_21.html
元農水事務次官 息子殺害で懲役8年求刑
https://05448081.at.webry.info/201912/article_17.html
元農水事務次官 ひきこもりの息子殺害裁判
https://05448081.at.webry.info/201912/article_15.html
元農水事務次官 息子のいじめと家庭内暴力
https://05448081.at.webry.info/201906/article_5.html
元農水事務次官 ひきこもりの息子殺害で逮捕
https://05448081.at.webry.info/201906/article_2.html
豊川引き篭もり殺人を考える1 対処法の問題
http://05448081.at.webry.info/201004/article_53.html
豊川引き篭もり殺人を考える2 なぜ15年間放置されたか
http://05448081.at.webry.info/201004/article_66.html
豊川引き篭もり殺人を考える3 殺人事件はまれなケース
http://05448081.at.webry.info/201005/article_29.html
豊川引き篭もり殺人を考える4 殺人未遂のケースは多発?
http://05448081.at.webry.info/201005/article_32.html
豊川引き篭もり殺人を考える5 インターネット依存という誤解
http://05448081.at.webry.info/201005/article_43.html
豊川引き篭もり殺人を考える6 引き篭もりは精神病?
http://05448081.at.webry.info/201005/article_48.html
豊川引き篭もり殺人を考える7 責任能力で論争
https://05448081.at.webry.info/201111/article_53.html
豊川引き篭もり殺人を考える8 懲役30年の判決
http://05448081.at.webry.info/201112/article_19.html
今も存在する戸塚ヨットスクール
http://05448081.at.webry.info/201102/article_1.html
突撃おばさん
http://05448081.at.webry.info/200903/article_27.html
突撃おばさん その2
http://05448081.at.webry.info/200903/article_28.html
「ひきこもりを問題視するマスコミの異常」の異常
https://05448081.at.webry.info/201906/article_16.html

村上春樹「風の歌を聴け」 自我の語りと沈黙

村上春樹の初期作品をブログで取り上げるため、古くなった文庫本を引っぱり出してきてパラパラと読み返す作業が個人的には随分と楽しい時間に感じられます。同時に懐かしくもあり
読み返してまた新たな楽しみを味わえるというのは、何だかとても得をした気分になるもので、だからこそ誰かに伝えたくなるのかもしれません
今回は太田鈴子昭和女子大学特任教授による論文「村上春樹『風の歌を聴け』論ー内面を語るまいとする自我ー」から引用します
冒頭、太田教授は遠藤周作の評を引用していますので、まずはそこから取り上げます


「村上春樹『風の歌を聴け』論ー内面を語るまいとする自我ー」
(遠藤周作の評)
村上氏の作品は憎いほど計算した小説である。しかし、この小説は反小説の小説と言うべきであろう。そして氏が小説のなかからすべての意味をとり去る現在流行の手法がうまければうまいほど私には「本当にそんなに簡単に意味をとっていいのか」という気持ちにならざるをえなかった。
と言っている。「小説のなかからすべての意味をとり去る現在流行の手法がうまければうまいほど」としたのは、『風の歌を聴け』とほぼ同時代の小説に、まったく言うべきものを持たないものが登場し、この作品もまた何も言おうとしていないと感じていたからであろう。飽きずに見てしまう、確かにおもしろいと感じる、男女の新しい関係に興味を引かれる、だが考えさせられることやペーソスは全くないテレビドラマや舞台劇は、『風の歌を聴け』以降、しだいに増えているように筆者は思う。


筆者が指摘しているのはトレンディドラマのような、男女の関係を描くにしてもシチュエーション主体の話作りに偏り、物語に深みも奥行きもない作品を念頭に語っていると推測されます
対して、筆者は次に群像新人文学賞の選考を務めた佐多稲子の言を取り上げます。佐多は『風の歌を聴け』を読んでいて楽しい小説と表現し、青春の夏の日を定着させた作品であり智的な抒情歌と評価している、と紹介します
以下、『風の歌を聴け』は遠藤周作の指摘するような「語るべきなにものない小説」ではなく、語ろうとして語れない、語りそこねる小説であると見るのが筆者の論文のタイトルの由来なのでしょう
『風の歌を聴け』の冒頭から始まる、語ること、書き記すことの困難さを告白する内容は、それ自体一種のフィクションなのですが、もちろん村上春樹の作為であり、戦術と解釈できます


あたかもラジオのDJが、オンエアーの時はすべてのリスナーに声が届くよう気を使い、ことばに気を付けているように、「僕」もまた自我を見せないように努めているのではないだろうか。DJが、放送中でも音楽がかかっている間を自分の欲求を吐露するOFFの時間としているように、小説のどこかに「僕」の内面を見せる瞬間が潜んでいるのではないか。そう仮定すると、1章での、結局自分の語りたいことが語れなかったとする言い訳は、自我を語らないことのカモフラージュだとも読める。それは「僕」がすべてを認識しているのに語らないということではないし、自分を正直に語ろうとしないということでもない。それは、今の自分の内面を人に語るまいとする自我の現れなのである。


当ブログでたびたび取り上げている宮崎駿の漫画版「風の谷のナウシカ」の中に、庭園を管理するヒュドラと問答を重ねるナウシカがヒュドラに対し「沈黙もまた答えです」と申し向ける場面があります。これは極めて精神分析的な洞察であり、大好きな場面です
精神分析の立場からすれば雄弁に語る内容、自己主張にほとんど意味はないのであり、むしろ言い澱み、言い間違え、沈黙する場面にこそ重要な主張が潜んでいると考えます
その見方からすれば、『風の歌を聴け』で「正直に語るのは難しい」と前置きしつつ語られる内容自体に重要な意味はないのであり、言い澱む部分こそ重要なテーマ、エピソードが隠れていると解釈できます
例えばそれは「自殺した女の子について」です。作品の中で彼女について字数は多く費やされているものの、ほとんどが外形的なエピソードであり、そこは重要ではありません。しかし、彼女の死の原因についてはひどく簡略に触れるのみです


「僕」は、自殺した三人目の彼女について繰り返し多くを語っているのだが、その死を語ることばには、彼女の死によって彼女を認識できたというような自信が感じられない。
「死んだ人間について語ることはひどくむずかしいことだが、若くして死んだ女について語ることはもっとむずかしい。死んでしまったことによって彼女たちは永遠に若いからだ。」
その死について自分の認識を正直に語ることができない言う。祖母に対する無常観とはずいぶん違っている。彼女の死が特別なものとして語られている。


作品中、「彼女たちは永遠に若いからだ」などと書かれているものの、本質的には無関係な発言であり、はぐらかしている風に聞こえてしまいます。続く部分では「彼女は決して美人ではなかった云々」とも書かれているのですが、これもある種のはぐらかしでしょう
本当は彼女の死についてもっと書くべきことがあったはずであり、それを書こうとして書けなかったという告白、と受け止めます
なお、『風の歌を聴け』で書くことができなかった「彼女の死」が、『ノルウェイの森』として結実するのは言うまでもありません
さて、語ろうとして語れない話の代替として、語る必要もない話が饒舌に盛り込まれています。その1つがアメリカの作家デレク・ハートフィールドに関するエピソードです(これもどこまで重要視するか、さまざまな説があるところです)
確か「ユリイカ」の村上春樹特集号だったと思うのですが、ロシアの文芸評論家がアメリカの作家デレク・ハートフィールドから村上春樹はどれだけ影響を受けたか、との論評を書いたとのエピソードが紹介されていたように記憶しています(間違っていたらごめんなさい)
もちろんデレク・ハートフィールドなる作家は実在しないのであり、村上春樹の創作した人物です。おそらく上記のエピソードを聞いた村上春樹はニヤリとしたに違いありません
さて、デレク・ハートフィールドのエピソードに仮託して何を言いたかったのか、自分は明快な解釈ができません
太田論文でもデレク・ハートフィールドのエピソードに関し、何度か言及はしているものの特別な解釈は示されていません。これは今後の課題にします

(関連記事)
「海辺のカフカ」を巡る冒険 性と暴力の神話として(2)
「海辺のカフカ」を巡る冒険 性と暴力の神話として
村上春樹「一九七三年のピンボール」研究
「風の歌を聴け」 鼠は主人公の影
「海辺のカフカ」 自己愛の行方
「ノルウェイの森」 直子と緑
「ノルウェイの森」 直子の自死について
中国は「ノルウェイの森」をどう読んだのか
中国は「ノルウェイの森」をどう読んだのか2
「村上春樹ブーム」は虚構であり幻想と書く評論家
「ノルウェイの森」をセカイ系だと批評する東浩紀
中国は村上春樹をどう読んだのか
中国は村上春樹をどう読んだのか2
中国は村上春樹をどう読んだのか3
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その1
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その2
韓国は村上春樹をどのように読んだのか
韓国は村上春樹をどのように読んだのか2
「なぜ韓国に村上春樹はいないのか」と書く韓国メディア
村上春樹論
村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」
「1973年のピンボール」
記事「村上春樹ブームを読む」を読む
村上春樹と東アジア 毎日新聞より
村上春樹「神の子どもたちはみな踊る」
村上春樹ごっこをして遊んでみる
映画「ノルウェイの森」 予告編
村上春樹原作「神の子どもたちはみな踊る」映画化
米ハイスクールで「ノルウェイの森」の課題図書指定にクレーム
尖閣・竹島問題で村上春樹が朝日新聞に寄稿
村上春樹の新作 予約が45万部突破
「村上春樹のノーベル賞予想に浮かれる日本」と書く海外メディア
爆笑問題太田による村上春樹批判の迷走
爆笑問題が村上春樹の新作を批判
村上春樹「蛍・納屋を焼く」を韓国で映画化 その感想
映画「ドリーミング村上春樹」

静岡の中学教頭が少女を誘拐し逮捕

今月初旬、静岡県沼津市内の公立中学校教頭が少女を誘拐した容疑で逮捕される、との報道がありました
週刊女性が以下のような記事を掲載し、「真面目な先生。何かの間違いでは?」との見方を提示していました


いつまでも帰宅しない少女。心配した親は警察に通報し、周囲も心当たりを捜し回った。一緒にいたのは「生徒指導に熱心」と評判のいい公立中の先生だった。
「逮捕は何かの間違いではないかと思っている。生徒や保護者から絶大な信頼を集めていたあの先生に限って……」
と、容疑者を知る男性は事件を信じられない様子。
まじめで実直な先生「もうすぐ校長だった」
その先生は、静岡県沼津市立中学校の教頭・山本英仁容疑者。9月下旬に県東部に住む10代の少女を車に乗せて誘拐し、車内に監禁した疑いが持たれている。
「少女の話から関与が浮上し、未成年者誘拐と逮捕監禁の疑いで10月4日に逮捕、翌5日に送検された。警察は被害者が特定されるおそれなどがあるとして、少女との関係性や犯行の詳細、容疑を認めているかどうかも明らかにしていない」(地元記者)
少女の親から「娘が帰ってこない」と110番通報があり発覚。関係者によると、事件や事故に巻き込まれたのではないかと周囲が心配して行方を捜すなか、少女は歩いて無事帰宅したという。
年の離れた山本容疑者との接点はどこにあったのか。
冒頭の男性は言う。
「山本容疑者は以前、少女が通う中学で教頭を務めていたことがある。少女にケガはなく、事件翌日も普段どおりに登校したと聞きホッとしている。誘拐目的が明かされていないが、やましくない事情があったのではないか。なにしろ、まじめで実直な先生だから」
つまり、「教頭と生徒」の関係だったということ。
(以下、略)


どうにも記事の書き方がすっきりしません。読み解く限り、被害者は山本容疑者が以前勤務していた中学校の生徒か、あるいは卒業生なのだろうと推測できます
被害者を保護するため、特定されないよう静岡県警が情報を規制するのは分かりますが、週刊誌の方も切り込み不足で何とも歯がゆい記事です
「真面目な先生だから冤罪の可能性もありえる」と筆が鈍ったのでしょうか?
しかし、静岡地検沼津支部は山本容疑者を起訴しています。起訴後、釈放したのか、勾留を続けているのかは不明です


静岡地検沼津支部は23日、同県東部の10代女性を車に乗せ誘拐したとして、未成年者誘拐と逮捕監禁の疑いで逮捕された同県沼津市立中の教頭、山本英仁容疑者(53)=同県富士市森島=を起訴したと明らかにした。ただ、同支部は「被害者の保護のため」として、罪名や起訴内容を明らかにしていない。
9月下旬に県東部で女性を車に乗せて誘拐し、車両内に監禁したとして静岡県警が10月4日に逮捕していた。
(産経新聞の記事から引用)


罪名や起訴内容を伏せている以上、憶測するしかないのですが、まずは起訴して有罪(判決)に処すのが相当と検察が判断したのであり、山本被告の行為は犯罪に該当するということです
なので、上記の週刊女性の記事になる「真面目な先生だから、何かの間違い」ではないと考える必要があります
一般論として教師が若い女性(元生徒)を誘拐したのですから、わいせつ目的なのでしょう。性行為に及んだかどうかは分かりません
教頭という立場なら、教師を指導するのが仕事です。全国で教員によるわいせつ事件が繰り返され、綱紀粛正を教育委員会は繰り返し呼びかけているところですが、教頭がわいせつ事件(であるかどうか、現時点では不明ながら)を起こすようでは何とも示すがつかないのであり、関係者は頭を抱えているのでは?

(関連記事)
小学生女児の裸を撮るため誘拐した学校教諭
女子中学生を誘拐したスケベ教頭 不起訴処分に
小学校教頭が女子中学生を誘拐未遂・逮捕
女生徒監禁の教師 内田慎也被告に懲役8年の判決
中学教師が生徒を監禁・暴行し逮捕
7人の女児にわいせつ 元教師八木航に懲役14年判決
わいせつ教師八木航 異常な性癖
女子児童5人を強姦し懲役20年 鬼畜教師
わいせつ教師に懲役30年の判決
痴漢懲戒免の元教師が女子高生連れまわして逮捕
小学生に痴漢で逮捕の防衛省課長 示談で不起訴
児童ポルノで停職男を小学校講師に採用
わいせつ教師3度目の逮捕 知立市の小学校
女性教諭が盗撮で逮捕
盗撮バレて暴行 小学校教頭の乱行

セクハラ初鹿明博衆院議員 ようやく辞職

強制わいせつ容疑で書類送検されていた初鹿明博衆議院議員について、東京地検は今年9月に不起訴処分としていました。不起訴の理由は公表されていませんが、被害者との間に示談が成立したからなのでしょう
むしろ、示談が成立するまで東京地検が処分を保留していた、と表現した方がよいのかもしれません
当然ながら示談の内容等は公表しないとの条件付きでしょうから、詳細は藪の中です


旧立憲民主党に所属していた昨年12月に強制わいせつ容疑で書類送検された無所属の初鹿明博衆院議員(51)=比例東京=は22日、議員辞職願を衆院に提出した。その後、国会内で記者会見し、「自らの意思で議席を返上することが党や有権者に対するけじめだ」と辞職の理由を説明した。政治活動は今後も続けると強調した。
初鹿氏は「不起訴になったが、告訴されるということは私の言動に相手を不快にさせる原因があった。真摯(しんし)に反省し、辞職を(相手への)けじめとしたい」とも述べた。「支援者の信頼を著しく欠いた。政治家全体のイメージダウンにもつながったと感じ、大いに反省している」と陳謝した。
また、国会議員の特権意識があったのではないかとの指摘を周囲から受けたと明かし、「議員辞職することで、自分の体にまとわりついてしまった特権意識という衣を捨て去らなければならないと思った」と心境を語った。
次期衆院選に出馬するか否かに関しては「全く決めていない」と説明した。
初鹿氏は平成21年初当選で当選3回。27年5月にタクシー車内で同乗していた知人女性にキスを迫ったり、下半身に相手の顔を押し付けたりするなどした疑いで、昨年12月、書類送検され、旧立民を離党した。先月、不起訴処分が決まった。
議員辞職に伴い、29年の前回衆院選の比例東京ブロックで同党名簿順位で次点で落選した松尾明弘氏(45)が繰り上げ当選する見通し。
(産経新聞の記事から引用)


検事は「示談が成立し、被害者が被害届を取り下げなければ起訴する」との見解を初鹿議員側に伝えていたはずですから、弁護士を使って何が何でも示談に漕ぎ着けようとしたはずです
不起訴処分が伝えられた時点で初鹿議員は、「相手の方に不快に思わせた点があったとすれば申し訳ない」と謝罪した上で、「相手の認識と私の認識に違いがあり、考え方を改めるべく自分を見つめ直している途上です」とのコメントを出しています
議員辞職が示談の条件だったのかな、とも思いましたが、何とも言えません
コメント自体は、「わいせつ行為はしていない。合意の上だった」との主張が含まれているように聞こえ、反省などしていない印象がありありです
いずれにせよ、「わいせつ議員」とか「セクハラ議員」との悪評が確立してしまったのですから、次の選挙で当選する見込みは皆無ですし、どこの政党も初鹿明博を公認したり、推薦しないと分かったはずです
東大卒で早くから政治家を志し、都議会議員を経て衆議院議員になった人物ですが、これまで2度のわいせつ事件があり、口先では理想を説きながら下半身は下卑た欲望に満ち満ちているのでしょう
東京都の有権者はこのような人物に票を投じないよう、心してもらいたいものです

(関連記事)
立民党初鹿議員 強制わいせつで書類送検
民進党初鹿議員 女優をラブホテルに連れ込み
「戦争」発言丸山穂高議員 辞職勧告決議は?
立憲民主党高井崇志議員 セクシーキャバクラ通い
田畑毅元衆院議員を強姦罪で書類送検
衆議院議員辞職 田畑毅のゲスの極み
新潟県知事 女性問題で辞任へ
警察庁キャリア官僚 変態不倫がバレ依願退職
岩泉町長わいせつ疑惑 珍妙な釈明だらけ
今井絵理子参議院の不倫相手 市議会議員辞職へ
不倫で追い詰められた今井絵理子議員
今井絵理子参議院議員の不倫スキャンダル
参議院候補SPEED今井絵理子の恋人は逮捕歴有り
不倫しまくり宮崎謙介議員 あっさりと辞職
不倫辞職した宮崎謙介前議員を庇う義理の母
宮崎謙介衆院議員不倫の相手は鈴木亜美?
山尾志桜里議員 不倫を否定し離党届
不倫男後藤田氏救った妻・水野真紀
水野真紀 夫の不倫と子供のお受験
不倫騒動の後藤田議員、妻水野真紀と同居中
水野真紀の夫・後藤田正純議員の不倫
週刊誌に「女子大生とエッチした」と書かれた佐田玄一郎議員
政界失楽園 中川郁子政務官路上キス事件
田中美絵子衆議院議員が官僚と不倫 官僚は更迭
鴻池内閣官房副長官が女性問題で辞任
国会サボってデート 上西小百合衆院議員
参議院出馬の谷亮子 父親に逮捕歴あり

宮崎駿「風立ちぬ」は戦争賛美アニメか?

宮崎駿の「風立ちぬ」については幾度も言及したところですが、公開から数年を経過しどう評価が定まったのか、気になるところです
作品の内容云々よりも、太平洋戦争に突入してゆく時代の、戦闘機の設計者を主人公にしたがゆえに戦争賛美する作品であると決めつけられ、批判を浴びました。特に中国や韓国で、さらにはこれまでジブリ作品を愛好してきたと称する日本人からも批判を浴び、宮崎駿としては憤懣やる方ない気分だったはずです
当然ながら「風立ちぬ」を制作する前に批判があることは想定していたのでしょうし、それを踏まえてもなお「風立ちぬ」を制作するべきと判斷した上で取り組んだはずです
しかし、想像以上の批判を浴びてうんざりしたのか、批判の中身のなさに失望したのか、宮崎駿は弁解や釈明を放棄してしまった感がありました。スタジオジブリは韓国メディアの記者を集め、宮崎駿が会見を行ってまで作品に対する誤解を解こうと試みましたが、失敗に終わっています。実際、批判する人を相手に何を言ったところで折り合えるはずもなく、妥協も和解も成立しなかったでしょう
本日は「偏屈文化人のブログ」さんから引用させていただきます


『風立ちぬ』再論 宮崎駿『風立ちぬ』にみる科学技術と倫理
反戦映画なのか、戦争賛美映画なのかとの論争
(前略)
様々なメディアでの批評の嵐は、『風立ちぬ』も例外ではなかった。この作品の批評が始まったのはテレビやラジオといったメディアよりも、ネットメディアであった。そもそもジブリ映画は、アニメーションということもあり、比較的若い世代に人気がある。ネットで言論を述べているのも若い世代であるから、以前からジブリ映画に対する様々な書き込みが見られた。公開されるやいなや、通称「ネトウヨ」と言われる、ネット上で右翼的な発言をしている人たちが、この映画について過激な批評を繰り出してきた。この映画が「戦争賛歌」だという解釈である。
また、この作品は公開前から問題視され、韓国のメディアは「(ゼロ戦を製造した)三菱重工は朝鮮人を強制連行し、労働力を搾取した」「(映画に登場する)関東大震災で朝鮮人の大虐殺があった 」とかなり厳しい批評を寄せた。ただ、同記事によると公開前に批判的なコメントの多かった韓国メディアは、公開されると特に作中に問題場面が見当たらないのか特に問題は生じなかった。
『風立ちぬ』は当初、韓国や中国、アメリカといった戦争をめぐる関係国からは歴史認識を問う問題が発生すると思われたが、公開してみるとそうした問題はほとんど生じなかった。その代わり、国内からの批判が相次いだ。本論にも関わってくる指摘をしている佐藤優氏は精神科医の斉藤環氏の「宮崎駿の最大の問題が、彼の敬愛するサン=デグジュペリや宮沢賢治にも親和性が高い生命論的ファシズムである」という部分を引用し、この作品を「堀越二郎が開発する飛行機全体が生命体であり、この飛行機を制作するチーム自体が生命体であることは、このアニメから容易に読み解くことができる」 と述べている。宮崎駿が機械を生命体と考えていることについては私も賛成するが、詳しくは後で述べる。ただ、その考察をしたうえで、佐藤氏は「この作品において、重慶で爆撃される側の人々が完全に捨象され、爆撃機を制作する技師たちの美学に吸収されている。「風立ちぬ」を見て、爆撃される側の気持ちを追体験する人がどのくらいでてくるであろうか」と評価している。私はこの点には賛同しかねる。
(中略)
なので、この映画が戦争賛美だという批評は的が外れていると私は考える。宮崎駿が描き出したかったのは、技術それだけでは無である。機械は少しは命を持っていると宮崎駿は考えているが、しかし、技術にしても機械にしてもそれを操るのは人間である。その使用方法を間違えればどうなるかということを問うているのであろう。
『風立ちぬ』は宮崎が、どのように機械に命が込められていくのかという過程を描いた作品であり、それを使用して戦争に向かって行った歴史に対しては何も述べていない。沈黙しているというのはただ無批判だということではなく、無言の抵抗だと考えたほうがいいだろう。
(以下、略)

文中に引用されている斎藤環と佐藤優の対談は「反知性主義とファシズム」(金曜日刊)として出版されています。佐藤優は「『風立ちぬ』が本当にファシズムだなと思う理由は,大衆を束ねちゃっているわけですよね。主人公の堀越二郎の仲間に対しては優しい眼差しで描かれているんですけれども,重慶の市民は視界から消えているわけです」と述べ、宮崎駿を「ふやけたファシズム」と断じています
佐藤優が言うところは、「戦争を賛美する意図を持たずに作られたアニメーション作品であっても、結果として戦争推進に組みした人物を主人公に据えた以上、その作品の公開をもって大衆を誘導する役割を果たすことになる」というものでしょう
大御所宮崎駿に忖度せず、ばっさりと言い切ってるところが佐藤優らしい気がします
ただ、そうした知識人の冷徹な見方に賛同する人が多いとは限りません
また、もう一つの佐藤の批判「爆撃を受けた側の重慶市民が描かれず、存在しないことになっている」については、何を描くかは監督(宮崎駿)の選択・判斷に委ねられているのであり、部外者が決めることではありません。もちろん、その結果としての作品批判を引き受けるのも監督ですが
もし、韓国が彼らの言う正しい歴史観を日本人に知らしめたいのなら、その正しい歴史観に基づいたドラマなり、アニメーションを作ればよいのであり、宮崎駿に「韓国の歴史観に基づいた作品を作れ」と命じられるはずはないのです(当たり前すぎて、書くのも嫌になります)
宮崎駿が堀越二郎と堀辰雄の人生を重ね、一つの物語を描こうとした意図は、決して彼らには理解できないのでしょう。それこそが文化の差異であると自分は感じます

(関連記事)
宮崎駿「風たちぬ」研究 夢見る権利
https://05448081.at.webry.info/202010/article_29.html
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る2
https://05448081.at.webry.info/202002/article_13.html
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る
https://05448081.at.webry.info/202002/article_2.html
「風立ちぬ」を批判する韓国の大学教授
https://05448081.at.webry.info/201310/article_9.html
中国メディア 「宮﨑駿を語る8つのキーワード」
http://05448081.at.webry.info/201403/article_19.html
アメリカ人批評家(韓国系)が「風立ちぬ」を猛批判
http://05448081.at.webry.info/201402/article_12.html
押井守監督「風立ちぬ」を語る
http://05448081.at.webry.info/201308/article_29.html
「風立ちぬ」の公開を悔しがる韓国
http://05448081.at.webry.info/201308/article_25.html
「風立ちぬ」への批判が続く韓国
http://05448081.at.webry.info/201308/article_13.html
「風立ちぬ」 宮崎駿の思想を論じる中国メディア
http://05448081.at.webry.info/201308/article_10.html
「宮崎駿こそ日本のジレンマと矛盾」と書く論評
http://05448081.at.webry.info/201308/article_4.html
「風立ちぬ」を褒める岡田斗司夫
http://05448081.at.webry.info/201307/article_24.html
ゼロ戦復活を日本の再軍備と批判する朝鮮日報
http://05448081.at.webry.info/201707/article_17.html
日本を「零戦ブーム」と表現する韓国メディア
http://05448081.at.webry.info/201312/article_23.html
「火垂るの墓」を語る
http://05448081.at.webry.info/200903/article_22.html
映画「火垂るの墓」 海外での反応
http://05448081.at.webry.info/200906/article_53.html
映画「火垂るの墓」を極右映画だとして上映中止にした韓国
http://05448081.at.webry.info/200909/article_39.html
ワシントンでの「火垂るの墓」上映に激怒する韓国メディア
http://05448081.at.webry.info/201508/article_25.html
「風の谷のナウシカ」 王道と倫理
https://05448081.at.webry.info/202010/article_33.html
赤坂憲男「ナウシカ考」を読む その2
https://05448081.at.webry.info/202010/article_15.html
赤坂憲男「ナウシカ考」を読む その1
https://05448081.at.webry.info/202009/article_17.html
「風の谷のナウシカ」と自然・環境問題 その2
https://05448081.at.webry.info/202009/article_13.html
「風の谷のナウシカ」と自然・環境問題 その1
https://05448081.at.webry.info/202009/article_11.html
「風の谷のナウシカ」 その世界観を問う
https://05448081.at.webry.info/202009/article_7.html
「風の谷のナウシカ」 死と再生を考える
https://05448081.at.webry.info/202009/article_4.html
ナウシカの正義とサンデル教授「白熱教室」
https://05448081.at.webry.info/202008/article_23.html
「風の谷のナウシカ」に見る宮崎駿の矛盾
https://05448081.at.webry.info/202008/article_13.html
「風の谷のナウシカ」は愚行と矜持を描いた叙事詩か
https://05448081.at.webry.info/202008/article_11.html
ナウシカとマルクス主義
https://05448081.at.webry.info/202008/article_6.html
「ナウシカとニヒリズム」を考える
https://05448081.at.webry.info/202008/article_3.html
ナウシカに学ぶ女性リーダーシップ論
https://05448081.at.webry.info/202007/article_27.html
「ナウシカ研究序説」を読む
https://05448081.at.webry.info/202007/article_17.html
ナウシカの辿り着いた場所 漫画版エンディング
https://05448081.at.webry.info/202007/article_11.html
「風の谷のナウシカ」の神話学を考える
https://05448081.at.webry.info/202007/article_2.html
構造主義の立場で「風に谷のナウシカ」を語る その1
https://05448081.at.webry.info/202006/article_32.html
構造主義の立場で「風に谷のナウシカ」を語る その2
https://05448081.at.webry.info/202007/article_1.html

防弾少年団の魅力 韓国評論家によるBTS論

「防弾少年団」という珍奇な名称のグループは世界的な人気を誇るK-POPのスターなのだとか
自分は正直、その魅力がどこにあるのかさっぱり分かりません。一見して整形した顔と映るメンバーが揃っており、作られた人形という不気味なイメージが湧くだけです
歌にしろダンスにしろ、何が優れているのやら
雑誌「AERA」に韓国人音楽評論家による「本格的BTS論」というのが紹介されていますので、取り上げます


「人としての魅力で熱狂的ARMY生み出す」 韓国人音楽評論家による初の“本格BTS論”
世界各地に熱狂的なファン「ARMY」を持つ「BTS(防弾少年団)」について、米韓で活躍する音楽評論家が彼らの音楽と人気を論じる、初の本格的BTS論『BTSを読むなぜ世界を夢中にさせるのか』が刊行された。著者のキム・ヨンデさんに、同著に込めた思いを聞いた。
*  *  *
韓国が生み、世界が育てたボーイズグループ「BTS(防弾少年団)」。8月にはデジタルシングルとして発売された「Dynamite」がK-POPとして初めて米ビルボードのシングルチャート「Hot100」で、1位となる快挙を成し遂げた。
本書は今やまごうことなき世界のトップアーティストになったBTSの音楽と人気の秘密について論考した、初の本格的評論だ。
「彼らの魅力、成功の理由は単純ではありません。私はこの本でBTSとメンバーがリリースした16枚のアルバムのレビューにもっともページを割きました。曲が持つ意味と魅力を音楽の観点から徹底的に読み解くと同時に、BTSを初めて聞く人にとってガイドとなるような視点を生み出したかったからです」
そう語るキム・ヨンデさん(42)は、2007年から米シアトルに暮らし、様々なメディアに音楽評論を寄稿してきた。BTSのライブやイベントにも参加してきた、目撃者でもある。
キムさんはBTSのアルバムを時系列に追いながら、ヒップホップジャーナリスト、BTSのコンテンツ翻訳アカウント運営者やグラミー賞投票メンバーといった人びとへのインタビューを実施。BTSに関わった人びとの視点が複合的に示される構成になっている。
「BTSはアイドルの新しいモデルを作りました。ヒップホップグループをめざしたBTSは、地方出身であるというアイデンティティーを隠さず、彼ら自身のストーリー、自分の悩みや苦しみ、嘘のない姿勢をファンに見せました。また、ソーシャルメディアでファンダムと交流することで、ARMY(アーミー)(熱狂的なファン)を生み出した。皆さんご存知のように、ソーシャルメディアでは発言する人のボイスが伝わってきます。こうしたやりかたは人間としての魅力を持っているBTSだから可能だったわけで、形だけ真似ることはできないでしょう」
去る9月、BTSは国連総会のバーチャル会合に出席。18年に続いて、2度目となるスピーチを行い、新型コロナウイルスのパンデミックの影響を述べながら「人生は続く。一緒に生きていこう」と呼びかけた。
「BTS現象の本質は、観る人の共感と癒やしを引き出す、彼らの豊かな音楽とパフォーマンスにあります。それは既存のシステムが持つ権力ではなく、BTSの音楽の普遍性とファンとの関係のシナジーがともに作り出したものなのです」


以上は「BTSを読む なぜ世界を夢中にさせるのか」(柏書房)の宣伝なのでしょう
しかし、これでは肝心のBTS論の中身がさっぱり伝わってきません。記事をまとめたライターがおそろしく無能なのか、あるいはキム・ヨンテの著作に元々中身がないのか
国連総会でスピーチしたから、それが何か重要な意味があるのでしょうか?
誰かがお膳立てをし、機会を与えたからこそ国連総会の場でスピーチができるのであって、重要なのはスピーチをした「防弾少年団」ではなく誰が何を狙って差配したかでしょう
機会を与えたならグレタ・トゥーンベリ嬢でもスピーチできます
「人生は続く。一緒に生きていこう」という防弾少年団のメッセージが凡庸すぎて、何か特別なものを期待していた人はがっかりしたのでは?
「防弾少年団」が何か特別なグループであるという具体的な例示があるならともかく、上記の記事からは伝わってきません
ソーシャルメディアでファンと交流していると指摘しても、そうした活動をしている芸能人は少なくないのであり、彼らだけが特別とは言えないのであり、「こうしたやりかたは人間としての魅力を持っているBTSだから可能だったわけで、形だけ真似ることはできないでしょう」と表現されても、意味不明です
さて、「防弾少年団」の所属する芸能事務所が株式を公開し、初日こそ買いが殺到して値上がりしたものの、その後は売りを浴びて値下がりを続けています。公開時の時価総額と比べ、2360億円も減少してしまったそうです。それでもまだ時価総額は5000億円以上を維持しているのだとか
事務所で売れているのは「防弾少年団」だけ、という実態からすれば時価総額5000億円というのは過大な評価であり、まだまだ値下がりするものと思われます

(関連記事)
防弾少年団ファン 暴走して炎上騒動
原爆Tシャツ防弾少年団にユダヤ系団体が喝!
原爆Tシャツ防弾少年団、音楽番組から締め出し
TWICEの紅白出場決定に疑問の声
いまさらNHKがK-POPグループを推奨
「4年連続で紅白歌合戦から無視された」と怒る韓国メディア
K-POP紅白から排除 韓国の反応
「韓流イベント」の記事を書いたら名誉毀損だ、削除しろと言われた件
K-POPは卑猥なダンスが売りなのか?
BoAのハリウッド進出映画 3年で完成、公開
中国紙「韓国が日本を制し流行発信地になった理由」
韓国メディア「K-POPで日本を超える経済大国に」
新大久保韓流タウンの衰退を嘆く韓国メディア
韓国ドラマ売上激減
「少女時代」ジリ貧 横浜アリーナで無料ライブ
日本マスコミが報じないK-POP少女時代の米進出「大惨敗」
K-POP紅白から排除 韓国の反応
世界を席巻するK-POP「江南スタイル」
「江南スタイル」がヒットしない日本に韓国人がブチ切れ
韓国メディア「PSYの新曲が日本で大ヒット」と書くも大外れ
GQ誌「韓流は世界を制するのか」
東浩紀「韓国との多文化共生を諦めてはならない」

「風の谷のナウシカ」 王道と倫理

角一典北海道教育大学教授の論文「ジブリ映画のメタファー : 科学技術と倫理をめぐって」を引用します
村上春樹の小説「海辺のカフカ」で、大島さんがカフカ少年に向けて言うところの「ゲーテが言っているように、世界の万物はメタファーだ」との表現が好きで、この角論文に惹かれた、という単純な理由です
宮崎作品における機械文明やテクノロジーに関する角教授の考察も十分検討に値するのですが、今回は論文の後半部分にある「風の谷のナウシカ」におけるクシャナと王道についての考察を取り上げます
このクシャナと王道の関係は以前にも取り上げ、自説を述べたところです。ただ、もとより自説に執着するつもりはなく、他の方の考察にも耳を傾けようと思い、再度取り上げます


ジブリ映画のメタファー : 科学技術と倫理をめぐって
(前略)
3.3 「王道」を歩むために 再び『風の谷のナウシカ』へ
ここまでの考察で、ジブリ映画において科学技術、そして魔法は、権力の源泉として位置付けられ、大きな力を持つ存在になればなるほど、倫理観とも呼べるような自制の心が必要となるというメッセージを垣間見てきた。
本稿を締めくくるにあたって、コミック版『風の谷のナウシカ』を手掛かりにしながら、力を持つものが追求すべき『王道』について、簡単にまとめてみよう。
(中略)
船を借りることのできたクシャナはシュワの地で墓所の崩壊を目の当たりにし、また、父ヴ王の末期に遭遇する。ヴ王から王位継承を告げられる。それに対し、クシャナは以下のように返す。
「私は王にはならぬ。すでに新たな王を持っている。だが帰ろう!!王道を開くために」
クシャナの人生はつらく苦しいものであり、また、大切なものを次々と失う悲しいものでもあった。土鬼の皇帝ミラルパやナムリスのように、絶望や虚無に屈する可能性すらあった中で、ナウシカやユパなど、様々な人々の導きで王道のなんたるかを理解し、それを実践する選択をした。
王道にとって最も必要なものとは何であろうか。それはおそらく友愛の精神である。コミック版『風の谷のナウシカ』では、巨神兵誕生の寸前に初めて友愛という言葉が使われる。
腐海の生物はひとつの生態系として「全てにして個、個にして全」の存在である。人間はその生態系外の存在であり、敵として存在し得るが、王蟲の心はそうした敵/味方の意識を超越したところに位置している。衝動的な怒りをコントロールできずに攻撃をすることもあるが、あらゆる生命の消滅に対して王蟲は悲しみの感情を覚えるのである。それは、憎しみはさらなる憎しみの連鎖しか生まないこと、そしてより多くの不条理な死を生み出すことを知っているからに他ならない。時空を超えて意識を共有できる種である王蟲にとって、憎しみの連鎖は忌むべきものであり、苦しみの源泉である。墓所の主に対して「王蟲のいたわりと友愛は虚無の深淵から生まれた」と強く言い返すナウシカも、土鬼によって引き起こされた大海嘯の最中、死に満ち満ちた世界とその元凶である人間に絶望し、王蟲とともに森になろうと決意した。
そして、王蟲の心の深淵に達し、さまざまな人々や動物たちにも導かれ、そこから期間したのである。
ナウシカのような経験は誰にでもたやすく乗り越えられるものではないが、ユパが言うように「ナウシカになれずとも同じ道は行ける」。クシャナが開こうと決意した王道とは、ナウシカが到達した王蟲の友愛であり、欲望や憎しみの連鎖からの解放である。


鳩山由紀夫の登場以来、自分は「友愛」という言葉が大嫌いになりました。なので、ブログでも日常生活でも「友愛」という言葉は使いませんし、今後も使う気にはなれません
なので、この「風の谷のナウシカ」に「王蟲のいたわりと友愛」というセリフが出てくると、どうにも居心地の悪い気分になってしまいます
もちろん、宮崎駿は鳩山由紀夫に影響されて「友愛」と言ってるのでありませんし、鳩山由紀夫に漫画版「風の谷のナウシカ」は理解できないでしょう
ただ、ナウシカは少数部族の族長の娘、という立場ですからクシャナのような王位継承候補者とは違います。そしてナウシカは超能力者でもなく、魔術師でもないのですから彼女に「王道」を歩む資格があるのかと問えば、ないはずです
ですが、物語の中でナウシカを多くに人の心をつなぎとめ、影響を与え、結びつける役割を果たしています。挙げ句に巨神兵というとんでもない化け物を手なづけ操るのですから、カリスマと表現して不足はないのでしょう
王位を継承する資格のない者が王位に手をかければ梟雄とか、簒奪者と批判されるのが常です
しかし、ナウシカは王にもならず、救世主や英雄にもならない道を選択するのであり、そこはクシャナと異なります。クシャナは代王としてではありますが、トルメキアを率いる立場に就くのですから。代王としてのクシャナが「ナウシカになれずとも同じ道は行ける」を実践したのは間違いないでしょう。そしてトルメキアが王を持たない国となるのはクシャナの死後と考えられます
さて、話を戻してナウシカが身を持って示したのは、友愛による共存の道であると考えられます(友愛、とは何かという問題も残るのですが)
それがかの世界に平和と安定をもたらしたのかどうか、定かではありません
推測するに、トルメキアも土鬼も多くの国民が大海嘯とそれにまつわる戦乱に巻き込まれて亡くなり、生き延びた国民の数が少なく、かつてのように「寸土を争って多くの血を流す」事態は避けられたのと思われます
生き延びたものの、毒によって赤子は育たず、人口の回復も国力の回復もままならない状況が続いたのではないでしょうか?
クシャナとナウシカのその後を考えると、友愛の精神によってすべてが上手く展開するとは限らないのであり、両者とも苦難続きであったに違いないと想像します

(関連記事)
宮崎駿「風立ちぬ」は戦争賛美アニメか?
宮崎駿「風たちぬ」研究 夢見る権利
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る2
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る
「風立ちぬ」を批判する韓国の大学教授
中国メディア 「宮﨑駿を語る8つのキーワード」
アメリカ人批評家(韓国系)が「風立ちぬ」を猛批判
押井守監督「風立ちぬ」を語る
「風立ちぬ」の公開を悔しがる韓国
「風立ちぬ」への批判が続く韓国
「風立ちぬ」 宮崎駿の思想を論じる中国メディア
「宮崎駿こそ日本のジレンマと矛盾」と書く論評
「風立ちぬ」を褒める岡田斗司夫
ゼロ戦復活を日本の再軍備と批判する朝鮮日報
日本を「零戦ブーム」と表現する韓国メディア
「火垂るの墓」を語る
映画「火垂るの墓」 海外での反応
映画「火垂るの墓」を極右映画だとして上映中止にした韓国
ワシントンでの「火垂るの墓」上映に激怒する韓国メディア
赤坂憲男「ナウシカ考」を読む その2
赤坂憲男「ナウシカ考」を読む その1
「風の谷のナウシカ」と自然・環境問題 その2
「風の谷のナウシカ」と自然・環境問題 その1
「風の谷のナウシカ」 その世界観を問う
「風の谷のナウシカ」 死と再生を考える
ナウシカの正義とサンデル教授「白熱教室」
「風の谷のナウシカ」に見る宮崎駿の矛盾
「風の谷のナウシカ」は愚行と矜持を描いた叙事詩か
ナウシカとマルクス主義
「ナウシカとニヒリズム」を考える
ナウシカに学ぶ女性リーダーシップ論
「ナウシカ研究序説」を読む
ナウシカの辿り着いた場所 漫画版エンディング
「風の谷のナウシカ」の神話学を考える
構造主義の立場で「風に谷のナウシカ」を語る その1
構造主義の立場で「風に谷のナウシカ」を語る その2

東海大学野球部 大麻使用で活動停止

東海大学野球部の学生複数名が大麻を使用していたとして、神奈川県警の調べを受けていると報じられています
体育会系の学生が気軽に大麻を吸引するようになっては、部の活動を維持するのも困難になります(多くは連帯責任として部の活動を停止せざるを得ないので)


東海大硬式野球部で、部員が寮内で大麻の疑いがある薬物を使用したとして無期限活動停止となった。今年に入って名門運動部の薬物事件が相次いでいるが、氷山の一角との見方もある。SNSなどを通じて薬物が入手できてしまう容易さに加え、大学スポーツ界の構造的な問題を指摘する識者もいる。
東海大野球部で薬物使用を認めた部員は5、6人。大学側が全部員128人を対象に使用の有無のほか、寮内で薬物使用を見聞きしたことがないかどうか調査したところ「噂はある」「そういうことを聞いたことがある」などの回答があったという。
神奈川県警は16日に大麻取締法違反容疑で寮を家宅捜索。関係者によると、室内で薬物を使用したとみられる痕跡が見つかった。県警は採取した物質の鑑定を進めるとともに部員から事情を聴くなどして調べている。
大学の運動部では、日本大のラグビー部員が大麻所持で逮捕された。近畿大でも男子サッカー部員による大麻使用が発覚。部員の1人はツイッターで知り合った人物から購入していたという。
警察庁の統計では、大麻事件の検挙者は2019年まで6年連続で増え、20代以下が約6割を占める。大学運動部にも薬物汚染が拡大している可能性がある。
元千葉県警刑事課長の田野重徳氏は、「大麻はゲートウェイドラッグ(入門薬物)という位置付けで、大麻をきっかけに覚醒剤などより強力な違法薬物に手を出す恐れがある。大麻自体にも幻覚などを誘発する可能性がないわけではない」と解説する。
薬物を使っていた疑いのある野球部員はどうなるのか。大麻事件では現行犯逮捕のケースが多いが、田野氏は「大麻を所持していた当時の状況を裏付けたうえで通常逮捕に踏み切った経験もある」と語る。
一方、スポーツジャーナリストの小林信也氏は、「日大ラグビー部は無期限活動停止が明け、活動を再開した。東海大も他の部員への薬物検査や聞き取り調査を行い、再発防止策を整えたうえで比較的短期間で活動を再開するのではないか」とみる。
そのうえで、大学運動部が抱える構造的な問題についてこう指摘した。
「東海大野球部は110人が寮で生活するが、試合に出場できるのは20~30人程度。残りの大多数は、試合に出られないのに『野球しかしていない』ともいえる。彼らが大学で何を学ぶのかを考えることも大学スポーツの課題ではないか」
(産経新聞の記事から引用)


東海大にはプロ入りを志望した選手が複数名いるとの報道もあります。プロ入り後、大麻使用が明らかになったのでは話にならないので、プロ野球各球団は東海大の選手を指名するのを躊躇するかもしれません
あるいは実業団入りが内定している選手でも、そのまま実業団入りがかなうかどうか
そして来春、東海大進学を考えている高校生も、進路の変更を検討するかどうか、頭を悩ませるでしょう
大学でレギュラーの座を確保し、将来はプロ入りを考えている高校生もいるのですから
現時点では逮捕されず、警察による任意での事情聴取が続いているようですが、容疑が固まれば逮捕するはずです。すでに複数名の名前を挙げているメディアもあり、実名が明かされるのは時間の問題でしょう

(関連記事)
甲子園優勝校主将の転落人生
甲子園優勝校主将が強盗で逮捕
元プロ野球選手の転落 カード詐欺で逮捕
元プロ野球選手奥浪鏡 特殊詐欺と児童買春で実刑判決
暴行で書類送検の巨人山口に「処分甘すぎ」との声
暴力事件の巨人山口投手 今季は出場停止処分に
巨人山口投手 泥酔暴行で書類送検
野球賭博高木京介の巨人復帰は美談なのか?
巨人の福田聡志投手 野球賭博で永久追放か
西武ライオンズ相内誠投手 喫煙飲酒発覚で処分
斎藤佑樹(ハンカチ王子)がポルシェをねだって騒動
プロ野球中継の不人気 低視聴率
ドラフト会議の波紋 菅野は入団拒否か?
プロ野球 「来季は戦略重視」という巨人の迷走
元プロ野球選手 被災地で電線泥棒・逮捕
米メジャーに挑む日本のベテラン野球選手
楽天 星野監督就任への疑問
西武・大久保コーチ解任 「陽気な兄貴」と擁護するコラム
解任されたデーブ大久保への奇妙な同情論
清原和博被告公判(2) 黒い交際は不問のまま
清原和博被告公判(1) お涙頂戴話を連発
元プロ野球選手清原 覚醒剤で逮捕
元野球選手石井浩郎参議院議員 賭け麻雀に養育費不払い
拓大紅陵の元野球部員が売春斡旋で逮捕
青森山田高野球部員、寮で殴られ殺害される
青森山田高暴行死事件 犯人を家裁送致

宮崎駿「風たちぬ」研究 夢見る権利

宮崎駿の作品「風立ちぬ」について書かれた論文を引用し、考えようという企画です
映画や小説の感想をブログやSNSに書く人は多いのですが、作品を対象とした学術論文を俎上に載せて語ろうという人はほとんどいないところに目をつけ、やっています
さて、今回は立教大学などで教鞭をとる今村純子講師の「夢見る権利 宮崎駿監督映画『風立ちぬ』をめぐって」を取り上げます
この論文に特に引かれたというわけではなく、Bingで検索をかけたら1番上に表示されたという即物的な理由によります(1番上に表示されるからには、検索されて読まれている論文なのでしょう)

「夢見る権利 宮崎駿監督映画『風立ちぬ』をめぐって」
https://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/hermes/ir/re/27832/jinbun0001000200.pdf
この論文、「夢見る権利」について以下のように書かれています。「夢見る権利」とは唐突な感があるものの、そこは筆者なりの考え、ロジックがあるのでしょうから、まずは黙って読み進めましょう


11本のアニメ作品で国内外の広い人気を博し、『風立ちぬ』(2013 年)をもって引退宣言をした宮崎駿監督作品のなかで、一見したところ互いに異なるテーマを扱う作品を「夢みる権利」という視点から捉え直すならば、この個から普遍への展開の宮崎監督ならではの文様がうっすらと浮き彫りになってこよう。
(中略)
彼女たちを救い,彼女たちを支えるのは、苛酷な現実から目を背けず、それをありのままに受け入れる瞬間に、内側から発揮される彼女たち自身の 想像力であり、そのイメージの世界の豊かさである。どのように苛酷な現実に直面していようともわたしたちは自らの想像力によって「夢みる権利」がある。このことを宮崎監督のアニメ作品はつねに鮮烈に描き出している。
この「夢みる権利」という視点は『風立ちぬ』に至るまで一貫している。
だがこの映画は、それまでの宮崎の作品とは一線を画している。それはこの映画がファンタジーではなく、実在の人物が生きた10 年余りの年月を描いているということである。しかもその人物とは、爆撃機、わけても多くの若者を死に追いやった零戦(零式艦上戦闘機)の設計家として名高い、堀越二郎(1903~82 年)だということである。この強烈な負の刻印を超えて、いかにして堀越二郎その人に肉薄し、その人の生、その人の息遣いを描き出すことができるのであろうか。


宮崎駿が一貫して描き続けたもの、と問われても「はて?」と考え込んでしまいます
良くも悪くも宮崎駿はアニメ屋であり、思想家ではありませんし、グレタさんのように他国の政治家を罵倒して拍手喝采を浴びる社会活動家でもありません。「夢見る権利」を一貫して描き、主張してきたと言われても「へぇ?」と思うだけです
もちろん、筆者はそのような前提に立っているわけですから、そうだと仮定して先へ進みましょう
「風立ちぬ」の中で女性差別、階級差別というものを宮崎駿は描いており、貧しくとも差別されようとも「力を尽くして生きる」ことの大切さを訴えていると筆者は書きます。さらにその困難さ、残酷さについても


他方で、時代を正確に描写する本作品で着目すべきは、「この国はどうしてこう貧乏なんだろう」と、主人公がしばしば口にする「貧困」である。そして、「一等車と二等車」、「お嬢様と女中」の対照にあらわされる歴然とした階級性の存在、さらにはヒロイン菜穂子が、父親には「お父様」、夫・婚約者には「あなた」と呼びかけるのに対して,父親ないし夫が娘ないし妻に対して「お前」と応答する女性の社会的地位の低さ、また、二郎やその友人・同僚の本庄のような希少なエリートの存在とそのエリート意識の高さといった、今日とは全く異なる様々な階層における差別や差異の存在である。
そしてまたこれらは重層的に絡まり合いつつうごめいて当時の社会を構成している。このことは映画中盤、二郎の夢のなかで「君はピラミッドがある世界とピラミッドがない世界とどちらが好きかね」とカプローニが問うのに対し、「僕は美しい飛行機を作りたいと思っています」と二郎が応じる禅問答のようなやりとりを際立たせる。ここで銘記すべきは、自分の個性と資質に忠実に「力を尽くす」とはきわめて残酷で冷徹なありようを呈してしまうということである。
(中略)

それゆえ文化の創造には万人の幸福と相反してしまう不平等や差別がどうしようもなく孕まれることになる。「力を尽くす」とはそのような残酷さや冷酷さを引き受けることでもあり、またこの事実をわたしたちは端的に肯定することはできない。ただ「文化の創造」とはそうしたものだとしか言い得ないのである。そのことを映画は二郎の矛盾した生きざまのうちに描き出してゆく。

「ピラミッドのある世界」との喩えで何を言い表そうとしたのか、解釈が分かれます。往年の解釈からすれば、ピラミッドとは絶対的な権力者が多くの奴隷を酷使して建造した力の象徴という意味です。不平等な社会、格差社会を指し示す喩えなのでしょう。しかし、現代の研究ではピラミッドは奴隷労働によって建造されたのではなく、給与がきちんと支払われる職人集団によって建造されたものであると結論付けられています
これとは別に、ピラミッドのある世界=高度なテクノロジーの存在する世界(なおかつ分断され埋めがたい格差を伴う社会)を意味し、ピラミッドのない世界は原始的で牧歌的な世界(階級社会ではなく、貧しくとも平等な社会)を意味していると解釈する人もいます
文脈からすれば、筆者はピラミッドのある世界=差別のある奴隷労働の社会と解釈しているのでしょう。しかし、二郎は階級社会云々に関心はなく、問いに対してただ「美しい飛行機を作りたい」と語るのみです
この噛み合っていないやりとりを禅問答と筆者は表現します。ただし、航空技術者は社会学者や労働運動専従者ではないのであり、エリート技師である二郎が社会の格差に無関心、無頓着であるのは何も奇異なことではありません。が、筆者はこれを矛盾した生きざまと解釈しています
付け加えるなら、ドイツにおける空軍パイロットは貴族の仕事、役割とされ、上流階級出身者が多かったという事実があります。かつては騎兵の将校が上流階級出身者で占められた時代があり、馬が飛行機に代わったというわけです
さらに本題から逸脱してしまいますが、過去に取り上げた韓国メディアによる一連の「風立ちぬ」批判は作品の中身や、構成、表現などには一切触れようともせず、「零戦の設計者を描き、日本の戦争遂行を美化しているからけしからん」という主張ばかり繰り返されていました
翻って見れば、韓国メディアや中国メディアによる宮崎駿称賛は、1本のアニメーション作品で100億円単位の金を稼ぐからこそ、褒め称えているのであり、その描き出したもの、描こうとするものを称賛していたのかどうか怪しく思えてきます
当然ながら韓国のメディア関係者が堀辰雄の小説を読んでいるとは思えないのであり、その文学作品の価値など理解もしないまま「零戦の設計者を描くなどけしからん」と叫んでいたのでしょう
もちろん、戦闘機や爆撃機を開発した経験もない韓国ですから、航空機設計者の苦悩も喜びも理解できないし、共感もできないと想像します
最後に、揚げ足を取るような真似をする気はありませんが、論文の中で「そもそも飛行機を『美しい』と感受するのは、堀越二郎やジャンニ・カプローニといったごく一部の人間に限られるのであろう。それは万人に共通する感覚ではない」とあるのですが、この考えには賛同できません。多くの男の子は戦闘機であれ旅客機であれ、そのフォルムを美しいと感じるから好きなのです。女の子である筆者には理解できないのかもしれませんが(性的な差別をする意図はありません)
結論として、宮崎駿が「夢見る権利」の大切さを一貫して描き続けてという筆者の主張は新鮮に感じるものの、疑問符がつきます
宮崎駿が良くも悪くもアニメ屋であるように、二郎も良くも悪くも飛行機屋であり、男の子のままというのが自分の感想です

(関連記事)
宮崎駿「風立ちぬ」は戦争賛美アニメか?
https://05448081.at.webry.info/202010/article_35.html
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る2
https://05448081.at.webry.info/202002/article_13.html
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る
https://05448081.at.webry.info/202002/article_2.html
「風立ちぬ」を批判する韓国の大学教授
https://05448081.at.webry.info/201310/article_9.html
中国メディア 「宮﨑駿を語る8つのキーワード」
http://05448081.at.webry.info/201403/article_19.html
アメリカ人批評家(韓国系)が「風立ちぬ」を猛批判
http://05448081.at.webry.info/201402/article_12.html
押井守監督「風立ちぬ」を語る
http://05448081.at.webry.info/201308/article_29.html
「風立ちぬ」の公開を悔しがる韓国
http://05448081.at.webry.info/201308/article_25.html
「風立ちぬ」への批判が続く韓国
http://05448081.at.webry.info/201308/article_13.html
「風立ちぬ」 宮崎駿の思想を論じる中国メディア
http://05448081.at.webry.info/201308/article_10.html
「宮崎駿こそ日本のジレンマと矛盾」と書く論評
http://05448081.at.webry.info/201308/article_4.html
「風立ちぬ」を褒める岡田斗司夫
http://05448081.at.webry.info/201307/article_24.html
ゼロ戦復活を日本の再軍備と批判する朝鮮日報
http://05448081.at.webry.info/201707/article_17.html
日本を「零戦ブーム」と表現する韓国メディア
http://05448081.at.webry.info/201312/article_23.html
「火垂るの墓」を語る
http://05448081.at.webry.info/200903/article_22.html
映画「火垂るの墓」 海外での反応
http://05448081.at.webry.info/200906/article_53.html
映画「火垂るの墓」を極右映画だとして上映中止にした韓国
http://05448081.at.webry.info/200909/article_39.html
ワシントンでの「火垂るの墓」上映に激怒する韓国メディア
http://05448081.at.webry.info/201508/article_25.html
「風の谷のナウシカ」 王道と倫理
https://05448081.at.webry.info/202010/article_33.html
赤坂憲男「ナウシカ考」を読む その2
https://05448081.at.webry.info/202010/article_15.html
赤坂憲男「ナウシカ考」を読む その1
https://05448081.at.webry.info/202009/article_17.html
「風の谷のナウシカ」と自然・環境問題 その2
https://05448081.at.webry.info/202009/article_13.html
「風の谷のナウシカ」と自然・環境問題 その1
https://05448081.at.webry.info/202009/article_11.html
「風の谷のナウシカ」 その世界観を問う
https://05448081.at.webry.info/202009/article_7.html
「風の谷のナウシカ」 死と再生を考える
https://05448081.at.webry.info/202009/article_4.html
ナウシカの正義とサンデル教授「白熱教室」
https://05448081.at.webry.info/202008/article_23.html
「風の谷のナウシカ」に見る宮崎駿の矛盾
https://05448081.at.webry.info/202008/article_13.html
「風の谷のナウシカ」は愚行と矜持を描いた叙事詩か
https://05448081.at.webry.info/202008/article_11.html
ナウシカとマルクス主義
https://05448081.at.webry.info/202008/article_6.html
「ナウシカとニヒリズム」を考える
https://05448081.at.webry.info/202008/article_3.html
ナウシカに学ぶ女性リーダーシップ論
https://05448081.at.webry.info/202007/article_27.html
「ナウシカ研究序説」を読む
https://05448081.at.webry.info/202007/article_17.html
ナウシカの辿り着いた場所 漫画版エンディング
https://05448081.at.webry.info/202007/article_11.html
「風の谷のナウシカ」の神話学を考える
https://05448081.at.webry.info/202007/article_2.html
構造主義の立場で「風に谷のナウシカ」を語る その1
https://05448081.at.webry.info/202006/article_32.html
構造主義の立場で「風に谷のナウシカ」を語る その2
https://05448081.at.webry.info/202007/article_1.html

池袋暴走事故 無罪主張の狙い

池袋暴走事故で在宅起訴された飯塚幸三被告の裁判が始まっていますが、初公判で過失は一切ないと全面否定しています
車(プリウス)に何らかの異常が生じたため、と主張しているのですが、飯塚被告にしろ弁護人にしろ、それを立証するのは困難と考えられます。昔ならば、「車に何らかの異常が生じた可能性を否定できない」と、異常発生を100%否定できないのならば被告人の利益にするべきだとの考えで無罪を言い渡したのかもしれません
しかし、現代ではプリウスに事故直前、運転者がアクセルやブレーキを操作したかどうかデータとして残っているため、車本体に異常はなかったと推認できるのであり、飯塚被告の主張は無理筋です


池袋暴走事故の飯塚被告は実刑判決でも「執行停止」か…90歳以上で初収監の前例は?
昨年4月、東京・池袋で乗用車が暴走し11人が死傷した事故で過失運転致死傷罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(89)が初公判で「車に異常が生じた」として自身の無罪を主張した。その姿勢に批判の世論が高まっている中、元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏は16日、当サイトの取材に対し、飯塚被告が仮に実刑を受けても「年齢の壁」によって執行停止となり、「収監されない可能性が高い」と指摘した。
(中略)
刑事訴訟法第482条では、「懲役、禁錮又は拘留の言渡を受けた者」について以下に列挙したケースがある時は「執行を停止することができる」とされている。
(1) 刑の執行によって、著しく健康を害するとき、又は生命を保つことのできないおそれがあるとき
(2)年齢70年以上であるとき
(3)受胎後150日以上であるとき
(4)出産後60日を経過しないとき
(5)刑の執行によって回復することのできない不利益を生ずるおそれがあるとき
(6)祖父母又は父母が年齢70年以上又は重病若しくは不具で、他にこれを保護する親族がないとき
(7)子又は孫が幼年で、他にこれを保護する親族がないとき
(8)その他重大な事由があるとき 
飯塚被告の場合は(2)に該当する。
小川氏は「刑事訴訟法428条では『70歳以上』となっているが、今は70代になって初めて刑務所に入る人は多く、珍しくはない。車いす生活の人もいれば、医療刑務所に入ることもできる。法務省の関係者に聞いたところ、『刑事収容施設法』では90歳などと年齢は明文化されていないが、実務上、収監されない可能性がある。
(以下、略)


上記の記事にあるように、90歳を超える高齢者であれば収監される可能性はほぼないと言えます
ですが、飯塚被告は「有罪判決を受けたけれども刑務所には収監されない」という扱いすら我慢できないのでしょう
高級官僚としてのキャリアに一点の傷もあってはならないと考えているのか、とことん無罪を主張し、東京地方裁判所で有罪判決が下されたなら控訴し、それでもダメなら最高裁にまで持ち込む気だと思われます
裁判中に死亡すれば、有罪判決は確定しないまま裁判は終了します。現在89歳ですから、最高裁まで争い判決が下されるのは2年先か、3年先になるか?
どれだけバッシングを浴びようと、考えを変える気はないのでしょう。あらためて業の深さを感じます
当然ならが被害者遺族側は過失を認めようとしない飯塚被告と示談に応じるはずはなく、交渉は暗礁に乗り上げたままでは
事故の後始末もしないまま飯塚被告が死亡するとなれば、何とも迷惑な話です

(関連記事)
池袋暴走事故 飯塚被告は初公判で無罪主張
池袋暴走事故 ようやく飯塚幸三を書類送検
池袋暴走事故 88歳飯塚幸三はまだ起訴されず
前橋女子高生死亡事故 控訴審で有罪を認める方針に
前橋女子高生死亡事故 無罪判決で怒声飛び交う
前橋女子高生死亡事故 禁固4年6月を求刑
前橋女子高生死亡事故 公判で責任能力なしと主張
前橋女子高生死亡事故 運転に固執した85歳
立川病院暴走死亡事故 運転の85歳に禁固2年の実刑判決
高齢者の交通事故相次ぐ
東名あおり運転裁判 危険運転を否認
堺あおり運転 二審も懲役16年の判決
小学校教頭 飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕
小樽市3人死亡事故で最高裁判決 懲役22年確定
小樽の飲酒ひき逃げ 危険運転で懲役22年判決
浜松暴走死事件 中国人被告に懲役8年判決
浜松中国人ひき逃げ事故 同乗の夫も書類送検
中国人女ひき逃げで逮捕 5人死傷
亀岡暴走事故 被告が判決を不服として控訴
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
エスカレーターで車椅子の夫婦転落事故
西伊豆電気柵感電事故死を考える3 容疑者自殺
西伊豆電気柵感電事故死を考える2 440ボルトの電流
西伊豆電気柵感電事故死を考える1 安全管理欠如

「海辺のカフカ」を巡る冒険 性と暴力の神話として(2)

遠藤伸治県立広島大教授の論文「村上春樹『海辺のカフカ』論ー性と暴力をめぐる現代の神話ー」を引き続き叩き台にさせてもらいます
論文は以下のアドレスからダウンロードできます

村上春樹『海辺のカフカ』論 : 性と暴力をめぐる現代の神話

前回は遠藤論文の中の、小森陽一による「海辺のカフカ」批判について触れた部分ばかり語って終わってしまいましたので、今回は別のテーマでいきます
「海辺のカフカ」の物語は、その前提としてギリシア悲劇であるオイディプス王の神話が使われています
村上春樹は「海辺のカフカ」を執筆にするにあたって、オイディプス王の神話をベースに用い、しかもそれとは異なる展開の物語にしようと企図したのでしょう
田村カフカの父親は息子に対し、繰り返し「お前はいつかその手で父親を殺し、いつか母親と交わることになる。また、姉ともいつか交わる」と繰り返し申し向け、呪いのようにカフカ少年の意識に刻み込んだ
「父は、自分を捨てて出ていった母と姉に復讐をしたかったのかもしれない。彼女たちお罰したかったのかもしれない。僕という存在を通して」というのが「海辺のカフカ」の物語の序盤の骨子です。
遠藤論文は以下のように考察しています


一 暴力の再生産装置
確かに、〈父〉が言い聞かせた〈予言〉は、「オイディプス王が受けた予言」と同じである。しかし、一方〈僕〉の語る〈物語〉は、オイディプス王の神話とは異なっている。したがって、オイディプス王の神話とこの神話の近代バージョンとも言えるフロイト的心理学や人間学を、『海辺のカフカ』という作品に単純にあてはめるべきではない。逆に、男女の役割が変化しつつある現代にあっても持ちこたえている王ディプス王の神話のフロイト的解釈、フロイト的人間学に対する批評性、それらからの逃走こそ、この『海辺のカフカ』という作品の意義は見出される。
(中略)
それゆえ〈僕〉は、〈カフカ〉と名乗り、自然的生得的な〈無意識〉についてではなく、人為的に作られた〈装置〉、〈処刑機械〉について語る。カフカの〈流刑地にて〉に登場する「複雑で目的のしれない処刑機械は、現実の僕のまわりに実際に存在したのだ」と。〈父〉こそが、最初から所有も、支配もできなかった〈母/姉〉に対する欲望と憎悪を〈息子〉に投影し、破綻したエディプス的三角関係を言葉によって捏造し、〈父殺し〉という暴力と、〈母/姉〉に対する所有・支配という欲望とを〈僕〉の中に無理やり再生産しようとするのであり、そのような〈僕〉を通して、タブーを犯した〈母/姉〉を〈罰〉し、〈処刑〉しようとする暴力的存在以外の何者でもないのだと。


こう端的に語ってしまうと身も蓋もない物語のように映ります
酒によっては暴力をふるい、刑務所に出たり入ったりする父親が、息子をそそのかし挑発して悪の道へ追い込んでしまう話、みたいな
さて、カフカ少年の父親はなぜ息子に対し、「お前はいつかその手で父親を殺し、いつか母親と交わることになる。また、姉ともいつか交わる」との予言(予言と呼ぶべきものかどうか、そこにもさまざまな解釈があります)をしたのか?
その物言いは父親殺しをそそのかしているようにも読み取れます。ならば処罰すべき対象は〈母/姉〉ではなく、〈父〉自身ということになります
ただし、その父親殺しをカフカ少年の手で実行させたのなら、今度はカフカ少年が裁かれる結果を生じるのであり、何の救いもない展開です
上記の遠藤論文では父親=暴力的存在以外の何者でもない
なので、カフカ少年に父親殺しをそそのかすような言動を繰り返した理由も、それで何の利益が得られるのかも不明なままです
以前、当ブログでは自分の解釈として「母や姉の行方を捜し、再会してはならない」との警告ではなく、「母や姉の行方を捜し求め、会いに行け」とのメッセージであると受け取れると書きました
母や姉との再会に重点を置いてあの予言を解釈するなら、「父親殺しをする前に家を離れ、母を捜しに行け」との意味でしょうか?
物語でカフカ少年は四国行きのバスで偶然姉と乗り合わせるとか、立ち寄った図書館に母親がいるという御都合主義すぎる展開もあれですが、オイディプス王の神話そのものが旅先で偶然父親と出会いそうと知らないまま殺害したり…という御都合主義的展開なのですから、「海辺のカフカ」の方にも違和感はありません
その辺りは村上春樹が意図してやっているのでしょう
「エディプスコンプレックス」を話に織り込んだ上で、なおもオイディプス王の悲劇とは別の展開を模索し、描いた(遠藤論文の言うところの「エディプスの三角関係から逃走した」)と解釈できます
ただし、ジョニー・ウォーカーに擬えたカフカ少年の父親は殺害されてしまうので、本当の意図が何であったかは不明のままです。読者の想像に委ねられた、と判斷するしかありません
もちろん、暴力の再生産という悪循環を断ち切ってそこから逃げ出す展開こそが物語の本筋ですから、父親の意図はどうでもよいことになってしまうのですが(それを問うのは、神話に登場する神様に向かって「なぜ、そうしたのか?」と問うのと同じです)

(関連記事)
「海辺のカフカ」を巡る冒険 性と暴力の神話として
村上春樹「風の歌を聴け」 自我の語りと沈黙
https://05448081.at.webry.info/202010/article_38.html
村上春樹「一九七三年のピンボール」研究
「風の歌を聴け」 鼠は主人公の影
「海辺のカフカ」 自己愛の行方
「ノルウェイの森」 直子と緑
「ノルウェイの森」 直子の自死について
中国は「ノルウェイの森」をどう読んだのか
中国は「ノルウェイの森」をどう読んだのか2
「村上春樹ブーム」は虚構であり幻想と書く評論家
「ノルウェイの森」をセカイ系だと批評する東浩紀
中国は村上春樹をどう読んだのか
中国は村上春樹をどう読んだのか2
中国は村上春樹をどう読んだのか3
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その1
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その2
韓国は村上春樹をどのように読んだのか
韓国は村上春樹をどのように読んだのか2
「なぜ韓国に村上春樹はいないのか」と書く韓国メディア
村上春樹論
村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」
「1973年のピンボール」
記事「村上春樹ブームを読む」を読む
村上春樹と東アジア 毎日新聞より
村上春樹「神の子どもたちはみな踊る」
村上春樹ごっこをして遊んでみる
映画「ノルウェイの森」 予告編
村上春樹原作「神の子どもたちはみな踊る」映画化
米ハイスクールで「ノルウェイの森」の課題図書指定にクレーム
尖閣・竹島問題で村上春樹が朝日新聞に寄稿
村上春樹の新作 予約が45万部突破
「村上春樹のノーベル賞予想に浮かれる日本」と書く海外メディア
爆笑問題太田による村上春樹批判の迷走
爆笑問題が村上春樹の新作を批判
村上春樹「蛍・納屋を焼く」を韓国で映画化 その感想
映画「ドリーミング村上春樹」

韓国の仮想戦記小説 日本を植民地に

時折、韓国で「日本に勝って支配する」という設定の仮想戦記小説がブームになります
古くは金辰明の小説「ムクゲの花が咲きました」が有名です。日本に核ミサイルを撃ち込むというストーリーがウケて、韓国では450万部も売れる大ベストセラーとなり、テレビドラマ化もされました
今度はジャーナリストとして東京特派員も経験した人物が書いた「韓日戦争未来小説2045年」が話題になっていると報じられています
元記事が韓国語なので、いつものようにインターネットの掲示板「5ちゃんねる」に貼られた蚯蚓記者の翻訳を引用させてもらいます


東京特派員出身の現職ジャーナリストが挑発的な小説を出して話題になっている。
2031年独島(ドクト、日本名:竹島)上空で起きた韓日戦闘機の偶発的交戦から小説は始まる。独島戦争が全面戦争に広がり、その時、南北統一直前段階の韓半島北部司令部から東京に向かってミサイル攻撃が降り注ぐ。
東京市内の官庁街と皇居が廃墟になり、結局、日本は降伏、韓国の植民地に転落するという挑発的なストーリーが展開する。
韓国の暴力団が列島に進出してヤクザを掌握、韓国警察の指図を受けた暴力団がヤクザを率いて皇居に侵入、皇后を暗殺して天皇は米国大使館に逃げて身を守るなど過去、大韓帝国で起きた歴史が逆に再現される。
また、日本で大地震と原発爆発が相次いで発生し、放射能解毒剤が韓国人だけに普及するとすぐに怒りが爆発、日本独立運動が野火のように広がる内容も入れられた。
独立軍の韓国軍部隊奇襲に続きついに大統領府襲撃まで。追って追われる戦闘場面も目の前に繰り広げられるように生々しく描写される。やがて2045年、日本独立軍は米国に助けを乞うて覇権を失った米国が東京湾空襲を試みるが中国、ロシア軍の介入で第三次大戦が勃発する。
結局、日本は三つに分かれて分割統治される境遇に転落するというあらすじだ。
各エピソードごとに20世紀初期に韓半島で起きた過去の歴史の既視感がある。韓国人読者なら誰でも息づまる展開を手に汗を握って痛快に読むことができる。
著者は2019年夏、日本の輸出規制措置で触発された韓日経済戦争が始まるとすぐにこの小説を書く気になったと話す。「有り得ない話だが、ただ想像の翼を広げて書いた虚構」としながらも「むしろ日本人たちに読んで欲しいと思う」と話す。
「実際の皇后殺害場面だけはあまりにひどいと言って手で遮る日本人の知人には、その内容は小説にすぎないが、百年余り前、日本人の浪人が大韓帝国皇宮に侵入して明成皇后を残忍に殺害したのは実際にあった歴史だ、と言うとすぐにどうしていいか分からない表情になった」として苦々しいと言った。
それでも著者は話す。「歴史を逆に書いた虚構の未来小説を通じて韓日両国国民が過去を反すうし、平和な協力関係を構築していくことを希望するだけです」
特にこの小説は読者の意見を反映して書いた点が目につく。小説をブランチに連載しながら40人余りの読者・知人たちにエピソードごとに次のストーリーの方向を選択するよう投票に任せる方式を選んだ。以前、人気連続ドラマが視聴者たちの反応と要請を反映されたように、この小説もそれと類似の方式で展開した。
YTN東京特派員を過ごした著者ユン・ギョンミンは現在、京畿(キョンギ)大学政治専門大学院で国際政治学博士課程を経てLGハロービジョン地域チャネルで報道局長として働いている。
(後略)
ソース:文化ニュース(韓国語)東京特派員出身現職ジャーナリストの挑発的な小説'韓日戦争未来小説2045年'


記事の中で作者ユン・ギョンミンは「むしろ日本人に読んでほしい」と発言しているのですが、日本語に翻訳出版されてもウケる可能性はないのであり、一部のマニアが読む程度でしょう
閔妃暗殺事件(韓国では明成皇后暗殺)の意趣返しのつもりで書いたと思われますが、この事件に関して韓国側の見解は大間違いであり、史実を無視したものです
そもそも李氏朝鮮末期はそのでたらめな政治によって国民が窮乏し、国家財政も破綻状態にありました。が、閔妃はロシアから借金をするなどして贅沢な暮らしを続け、国民を顧みなかった人物です。ところが韓国では、国民に慈愛を示した「国母」という扱いで、悲劇のヒロイン状態になっています
閔妃が王宮の警備についていた兵士への給与支払いを渋ったため、兵士らは警備をボイコットし、そのため日本の大陸浪人や朝鮮人の無頼漢、日本軍兵士らがやすやすと王宮に入り込んで閔妃を暗殺した、という解釈があります(さまざまな説があって確定したわけではありません)
ともあれ、そうした歴史を反芻したところで現代を生きる日本人として得られるものはないのであり、ましてや韓国が都合よく書き換えてしまった嘘の歴史を受け入れる気にもなりません(作者ユン・ギョンミンは、歴史を知れば日本人は反省するだろうと思い込んでいるのでしょうが)
詳細は未読なので不明ながら、万事が韓国側に都合よく展開し、日本が降伏する話なのだと思われます

(関連記事)
日本を核攻撃する韓国映画「ムクゲの花が咲きました」
安部首相暗殺小説を堂々と出版する韓国
竹島を韓国に献上しようとする自民党二階俊博
「北朝鮮が北海道に攻め込む?」 韓国の仮想戦記小説
「韓国軍が日本を制圧するニダ」という軍オタの妄想
「原発事故で日本総理は韓国移住決意」という韓国のトンデモ小説
韓国「南北統一で日本を抜き先進国へ」
日本の皇室に嫉妬する韓国
「朝鮮半島統一を望まない日本」と書く中国メディア
「安重根は犯罪者」発言にブチ切れる韓国政府
伊藤博文暗殺犯である安重根を聖人にしようとする韓国
韓国駆逐艦レーダー照射事件 批判合戦に突入
韓国駆逐艦レーダー照射事件 釈明ぶれまくり
韓国駆逐艦が自衛隊機に火器管制レーダー照射

ワタミの「24時間働け思想」復活

居酒屋「和民」で働いていた女性が過労のあまり自殺してしまった件では、運営会社ワタミが和解に応じたため決着しました
しかし、参議院議員をしていた創業者渡邉美樹が6年の任期を終え、再選を望まないとして政界を引退し経営に復帰してからは、昔のように「24時間働け、365日働け」という理念に舞い戻っていた…と文春オンラインが報じています
従業員を自殺に追い込み、謝罪の弁を口にしたものの渡邉美樹は自分の理念に執着し、「オレは間違っていない」と叫び続けていたのでしょう
もちろん、ワタミとそのグループ会社の幹部たちは皆、渡邉美樹の理念に共鳴した者で占められているのでしょうから、彼らも皆、渡邉の正しさを称賛し、賛同したと想像します


「365日24時間働こう」……ワタミの“思想教育”はいまも続いていた
創業者・渡邉美樹氏の「お言葉」の感想強制も
ワタミ株式会社の労働問題に関する告発が続いている。10月2日、「ワタミの宅食」営業所の所長が、労働基準監督署からの残業代未払いの是正勧告、月175時間を超える長時間労働、上司によるタイムカードの改ざんを次々と公表したのだ。
(中略)
毎月、営業所には渡邉美樹氏が出演する「ビデオレター」が提供された。人気テレビ番組「情熱大陸」のナレーターが起用され、渡邉美樹氏が毎回出演し、ワタミの事業の素晴らしさを説く30分間の映像である。
この映像についても、毎月の感想が義務付けられていた。しかも書くのは所長だけではない。個人事業主であるはずの配達員までも、毎月ビデオレターを視聴して感想を書くことが契約に盛り込まれていた。
配達員たちは、営業所でこの映像を見せられると、所長と配達員の名前が羅列されたシートの自分の感想欄(60字ほどは書けるスペースがある)に、手書きで感想を書かされる。なお、配達員は配達先1軒あたりの報酬が百数十円しかないが、この映像視聴や感想を書くことによる新たな報酬は一切ない。
(中略)
月の残業時間が150時間を超えたころ、Aさんは長時間労働について「私が悪い」と思い詰めていた。多すぎる業務量はワタミの責任なのに、そこは「思想教育」のために受け入れてしまい、むしろ仕事が遅いせいだと自分を責めるようになっていたのだ。
そんなとき、新しく入った配達員の一人が、深夜まで働くAさんを見て心配し、単刀直入に指摘してくれた。
「Aさん、『洗脳』されてるんじゃないの?」
当初、「失礼な人だ」と憤ったが、何度もこの配達員が親身になって指摘してくれるうちに、「私、おかしいのかも」と思い始めるようになっていた。
また、単身赴任中だった配偶者が、コロナ禍によってテレワークで自宅勤務をするようになっていた影響も大きかった。Aさんが深夜や休日も延々と働く姿を見て、目を覚ますよう何度も説得したという。
最後に、Aさんは筆者が代表を務めるNPO法人POSSE、そして個人加盟の労働組合のブラック企業ユニオンに辿り着き、ワタミの労働問題を大々的に告発することを決意した。こうして、周囲の人たちに恵まれ、支援者に出会えたことで、Aさんはワタミの「洗脳」を脱し、これまでの労働問題を直視できるようになったのだ。
Aさんはいま、自分がワタミの労働問題に加担したのではという自責の念を抱いている。「ひとつ間違えば、私も上司と同じことをやったと思います」。自分の責任を果たすべく、これからもAさんは、ワタミの告発を続けていくつもりだという。


従業員を使い潰す体質に何一つ変わりはなく、自分たちは社会に貢献しているのだと歪んだ理念で覆い隠すつもりなのでしょう
企業経営者が自身の掲げる理念に酔いしれ、思想家にでもなった気でいるなど滑稽な限りです
しかもワタミの企業活動を身内同士で褒め合うなど、醜悪でしかありません。どこの企業にも大なり小なり問題はあるのですから、それを互いに忌憚なく指摘し合い、改善を検討するべきでは?
従業員が1人や2人自殺したくらいでは、何も変わらない、変われないという見本なのでしょうか

(関連記事)
ワタミ過労自殺問題 和解が成立
ワタミ過労自殺裁判はどうなったのか?
ワタミの居酒屋で店員がトイレを盗撮・逮捕
ワタミ自殺裁判 ワタミ社員が傍聴席占拠
「ワタミ過労死」で発言する渡邉美樹参院議員の裏表
ワタミ過労死事件 「責任はないけど金は払う」態度
ワタミ過労自殺 民事訴訟で経営責任を問う
ワタミ会長のブラックな教育
ワタミ渡辺会長 遺族に「1億円ほしいのか」と言い放つ
ワタミ会長 ブラック企業呼ばわりに反論
居酒屋「和民」 労働時間管理はでたらめと発覚
ワタミ会長への批判 社員自殺事件
ワタミ社員過労で自殺 会長は無責任な言い逃れ
ワタミ過労自殺 いまだ会社側は説明せず
社訓を暗唱できない者はクビ、という会社
採用内定辞退を強要 「くら寿司」のブラック度
「餃子の王将」 スパルタ研修で批判される

村上春樹「一九七三年のピンボール」研究

村上春樹の小説を続けて取り上げています
「一九七三年のピンボール」は初期の村上作品の中でも、自分が最も好きな小説です。その理由については以前、当ブログで書きましたので繰り返しません
いつもなら誰かの論文を引き合いにして語るところですが、いくつか検討したものの使うのに適切なものがなかったので断念します
この小説は昭和55年上期の芥川賞候補に挙げられたものの、受賞は逃しています(最終的にこの期は該当作なし、になっています)
そこで当時の選評を引用します
選考委員のうち、言及している方とその内容は以下の通りです


「よいと思つた」「古風な誠実主義をからかひながら自分の青春の実感である喪失感や虚無感を示さうとしたものでせう。ずいぶん上手になつたと感心しましたが、大事な仕掛けであるピンボールがどうもうまくきいてゐない。」(丸谷才一)
「三篇(引用者注:「闇のヘルペス」「一九七三年のピンボール」「羽ばたき」)のいずれが入賞しても不満でないと考えていたが、またそれらいずれにも積極的に賞へと推すことにはなにか不充分な思いが残るのでもあった。」「前作につなげて、カート・ヴォネガットの直接の、またスコット・フィッツジェラルドの間接の、影響・模倣が見られる。しかし他から受けたものをこれだけ自分の道具として使いこなせるということは、それはもう明らかな才能というほかにないであろう。」(大江健三郎)
「おもしろかった。」「この時代に生きる二十四歳の青年の感性と知性がよく描かれていた。」「(引用者注:同棲している)双子の存在感をわざと稀薄にして描いているところなど、長い枚数を退屈せずに読んだ。」(吉行淳之介)
「筋のない小説で、夢のようなものだ。主人公は英語とフランス語の飜訳事務所を開いているとあるが、生活は何も書いてない。」(瀧井孝作)
「ひとりでハイカラぶつてふざけてゐる青年を、彼と同じやうに、いい気で安易な筆づかひで描いても、彼の内面の挙止は一向に伝達されません。現代のアメリカ化した風俗(引用者中略)を風俗しか見えぬ浅薄な眼で捕へてゐては、文学は生れ得ない、才能はある人らしいが惜しいことだと思ひます。」(中村光夫)
「予想通り(引用者中略)最後まで残った。」(遠藤周作)
「新しい文学の分野を拓こうという意図の見える唯一の作品で、部分的にはうまいところもあれば、新鮮なものも感じさせられるが、しかし、総体的に見て、感性がから廻りしているところが多く、書けているとは言えない。」(井上靖)


吉行淳之介は村上春樹が前作「風の歌を聴け」で群像新人賞を受賞した際の選考委員でもありましたので、村上に注目していたのでしょう
前回の芥川賞選考時、辛辣な評をしていた大江健三郎は宗旨変えをしたかのように高く評価をしており、興味深く感じられます。それでもまあ、大江特有の皮肉と受け取らなくもないのですが
中村光夫は全否定、という感じでよほど感性が合わなかったのでしょう
井上靖にすれば、彼の作風と真逆とさえ感じる村上春樹(饒舌にして軽薄とさえ感じられる文体)ですから、芥川賞に値するとの評価にはならないと想像します
「一九七三年のピンボール」はおそらく選考に関わる作家にしても、読んだことのないタイプの小説でしょう
しかも、途中に差し込まれたピンボールに関する蘊蓄に興味も関心も抱けないとなれば、読んでいて苦痛でしかないのかもしれません
(ピンボール愛好者の自分にとってはそこが面白く、興味深かったのですが)
ですから、この作品を評価しろと提示された作家や評論家が戸惑い、あるいは嫌悪感を示すのも無理からぬところがあったと思われます
さて、小説の作風自体、前作の「風の歌を聴け」と微妙に変化していますが、内容としては前作と本作で1つという格好です
ただし、村上作品人気投票では「風の歌を聴け」が「ノルウェイの森」に続いて2位に位置するものの、「一九七三年のピンボール」は11位となっており、意外なほど人気がありません
村上春樹の人気書籍ランキング!みんながおすすめする作品は?
https://ranking.net/rankings/best-popular-haruki-books
頭の固いベテラン作家にはウケが悪くても、当時の若い世代にはすんなり受け入れらたのではないかと思ってのですが
まあ、上記のランキングは必ずしも作品発表当時の反応を示すものではないので、そこは保留しておきましょう
言えるのは、今回「一九七三年のピンボール」についての批評、論文をGoogleやBingといった検索エンジンを使って調べたものの、件数が非常に少ないという事実です
なので、研究対象から漏れている、あるいは研究対象から外している実態が伺えます。評論家、研究者の側からすると扱いにくい作品なのかもしれません
もう少し調べてみて、何か面白い評論でも見つかれば再度、取り上げたいと思います
(関連記事)
村上春樹「風の歌を聴け」 自我の語りと沈黙
https://05448081.at.webry.info/202010/article_38.html
「風の歌を聴け」 鼠は主人公の影
https://05448081.at.webry.info/202010/article_22.html
「ノルウェイの森」 直子と緑
https://05448081.at.webry.info/202010/article_12.html
「ノルウェイの森」 直子の自死について
https://05448081.at.webry.info/202010/article_11.html
「海辺のカフカ」 自己愛の行方
https://05448081.at.webry.info/202010/article_4.html
「海辺のカフカ」を巡る冒険 性と暴力の神話として(2)
「海辺のカフカ」を巡る冒険 性と暴力の神話として
https://05448081.at.webry.info/202009/article_33.html
中国は「ノルウェイの森」をどう読んだのか2
https://05448081.at.webry.info/202009/article_24.html
中国は「ノルウェイの森」をどう読んだのか
https://05448081.at.webry.info/202009/article_23.html
「ノルウェイの森」をセカイ系だと批評する東浩紀
https://05448081.at.webry.info/202004/article_17.html
韓国は村上春樹をどのように読んだのか2
https://05448081.at.webry.info/201912/article_13.html
韓国は村上春樹をどのように読んだのか
https://05448081.at.webry.info/201909/article_20.html
中国は村上春樹をどう読んだのか3
https://05448081.at.webry.info/201912/article_39.html
中国は村上春樹をどう読んだのか2
https://05448081.at.webry.info/201912/article_9.html
中国は村上春樹をどう読んだのか
https://05448081.at.webry.info/201911/article_34.html
村上春樹はなぜ芥川賞が取れなかったのか?
https://05448081.at.webry.info/201008/article_68.html
ノーベル文学賞欲しい韓国 村上春樹よりも名作を書けと厳命
http://05448081.at.webry.info/201610/article_12.html
「村上春樹のノーベル賞予想に浮かれる日本」と書く海外メディア
http://05448081.at.webry.info/201609/article_27.html
「物語論で読む村上春樹と宮崎駿」を読んで1
http://05448081.at.webry.info/201311/article_21.html
村上春樹論
http://05448081.at.webry.info/200903/article_5.html
村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」
http://05448081.at.webry.info/200906/article_62.html
「1973年のピンボール」
http://05448081.at.webry.info/200906/article_149.html
記事「村上春樹ブームを読む」を読む
http://05448081.at.webry.info/200907/article_44.html
村上春樹「神の子どもたちはみな踊る」
http://05448081.at.webry.info/200910/article_2.html
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その1
http://05448081.at.webry.info/201006/article_42.html
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その2
http://05448081.at.webry.info/201006/article_45.html
映画「ノルウェイの森」 予告編
http://05448081.at.webry.info/201008/article_3.html
村上春樹原作「神の子どもたちはみな踊る」映画化
http://05448081.at.webry.info/201008/article_67.html
米ハイスクールで「ノルウェイの森」の課題図書指定にクレーム
http://05448081.at.webry.info/201109/article_35.html
尖閣・竹島問題で村上春樹が朝日新聞に寄稿
http://05448081.at.webry.info/201209/article_43.html
村上春樹の新作 予約が45万部突破
http://05448081.at.webry.info/201304/article_5.html
爆笑問題が村上春樹の新作を批判
http://05448081.at.webry.info/201305/article_2.html
爆笑問題太田による村上春樹批判の迷走
http://05448081.at.webry.info/201702/article_23.html
「なぜ韓国に村上春樹はいないのか」と書く韓国メディア
http://05448081.at.webry.info/201402/article_19.html
村上春樹「蛍・納屋を焼く」を韓国で映画化 その感想
https://05448081.at.webry.info/201910/article_18.html

中学教師体罰 全治3カ月の重傷で逮捕

いまどき生徒に体罰を加えた教師が逮捕されるという、時代錯誤みたいな事案が兵庫県宝塚市でありました
体罰は教師による暴力であり、怪我をさせたなら傷害という刑法犯になります
そんな当たり前のことをわきまえていない教師がまだいるのであり、唖然とさせられます


中学教諭、生徒の背骨折り逮捕
中学校の部活中、部員の男子生徒2人に体罰を加えてけがを負わせたとして、兵庫県警宝塚署は12日、傷害の疑いで、宝塚市立中学校教諭の男(50)=西宮市=を逮捕した。
逮捕容疑は、9月25日午後4時半ごろから約30分にわたり、同校の道場で、顧問を務める柔道部の1年生男子部員2人に対し、投げ技をかけて両頬を数回殴ったり、寝技をしつこくかけたりしてけがを負わせた疑い。12歳の生徒は背骨を折り全治約3カ月の重傷で、13歳の生徒は首に軽いけが。調べに対し、「おおむね間違いありません」と容疑を認めている。
同署によると、道場にある冷蔵庫で保管していたアイスクリームがなくなっていた事案が発生。男らが部員を対象に聞き取りをした結果、2人が食べたことを認めたため、部員らの前で暴行を加えたという。2人の両親が数日後に同署に相談。10月に入って被害届を出した。
同署によると男は2016年から同校で勤務。当時から柔道部の顧問を務めていたという。
宝塚市教育委員会によると、事案が起きた9月25日、学校側から市教委に報告があったという。
同校は10月12日午後7時から、保護者会を開いて説明。その後、午後9時すぎに同校から市教委に逮捕の連絡があったという。同市教委は「まずは事実確認を進めたい」とした。
宝塚市内では、今年6月にも市立中学校で女子生徒に対して厳しい指導をしたとして、生徒が所属する部活動の男性顧問が停職1カ月の処分を受けている。女子生徒は指導を受けた後に校舎から転落し、腕の骨を折る重傷を負った。
(神戸新聞の記事から引用)


記事では教師の名が伏せられていますが、上野宝博であると露見しています
背骨を折って全治約3カ月の重傷と記事には書かれているものの、別の報道によればコルセットで患部を固定し学校に通っていると伝えられており、怪我の程度には不明な点があります
ともあれ、どう見ても傷害事件であり、逮捕して身柄を取るのは警察として当然の対応でしょう(罪証隠滅のおそれや、逃亡のおそれがあるかどうかはともかく)
なので、事案はすでに中学校や教育委員会の手が届かないところに至ってるわけです。警察は必ず身柄付きで送検するはずです。今後、勾留するかどうかは検察の判断になります
上野宝博容疑者は過去にも体罰で訓告2回、減給処分1回があり、札付きの暴力教師と呼んで差し支えないでしょう
そのような人物を柔道部の顧問に据えていた学校長の判斷も適切であったか、問われなければなりません
率直に言って過去に3度、体罰で処分を受けているのですから教師としては不適格であり、早々に辞めさせるべき人物です。今回どのような刑事処分が下されるかはまだ分かりませんが、免職するのが相当です。でないと、次は生徒を柔道技で絞め殺すかもしれません
最悪の事態に至る前に教師を辞めさせ、生徒の命を守る必要があります
上野宝博のやっているのは教育ではなく、私怨による暴力です。それを彼自身抑えられないのですから、教師失格だと自分は思います

(関連記事)
岩手県立高体罰事件を考える 顧問教師の責任は?
岩手県立高体罰事件を考える 生徒の自殺
桜宮高校体罰教師に執行猶予判決
桜宮高校自殺 元バスケ部顧問教師に4300万円賠償命令
桜宮高校体罰自殺で大阪市に賠償命じる判決
桜宮高校 体罰教師を咎めなかった事情
桜宮高校 体罰で生徒が自殺
大分竹田高校体罰死事件を考える 顧問の独善
児童を黒板に叩きつけた教師に有罪判決
児童の頭を黒板に叩きつけた教師 停職処分で辞任
児童を黒板に叩きつける 豊橋の小学校教諭
体罰教師 5度目で停職処分
聖カタリナ学園高校セクハラ教師を解雇
小学生バレーボール部監督 体罰で永久追放

「風の歌を聴け」 鼠は主人公の影

村上春樹の「風の歌を聴け」を取り上げます。またしても山根由美恵山口大学教育学部准教授の論文から引用させてもらいます。論文は山根准教授が広島大学大学院に在籍中に書いたものですが、自分にとっては驚きや発見がありました
既に述べたように村上春樹はこの「風の歌を聴け」と「一九七三年のピンボール」が芥川賞候補に挙げられたものの、受賞は逃しています
この話は以前にも当ブログで取り上げたところですが、あらためて芥川賞選考時の「風の歌を聴け」に対する評価を引用しておきます
「村上春樹さんの『風の歌を聴け』は、アメリカ小説の影響を受けながら自分の個性を示さうとしてゐます。もしこれが単なる模倣なら、文章の流れ方がこんなふうに淀みのない調子ではゆかないでせう。それに、作品の柄がわりあひ大きいやうに思う」(丸谷才一)
「しいてといわれれば、村上春樹氏のもので、これが群像新人賞に当選したとき、私は選者の一人であった。しかし、芥川賞というのは新人をもみくちゃにする賞で、それでも構わないと送り出しても良いものだけの力は、この作品にはない。この作品の持ち味は素材が十年間の醗酵の上に立っているところで、もう一作読まないと、心細い」(吉行淳之介)
「今日のアメリカ小説をたくみに模倣した作品もあったが、それが作者をかれ独自の創造に向けて訓練する、そのような方向づけにないのが、作者自身にも読み手にも無益な試みのように感じられた」(大江健三郎)
以上の3名が選評として言及しており、他の選考委員は何も触れていません。触れなかった選考委員に見識がないと批判したいのではなく、当時としてはその程度の反応しかなかったという実情を踏まえておきたいがための引用です
さて、山根論文に話を切り替えましょう
論文ではいくつもの先行する研究を挙げ、作品中の鼠というのは実在(あくまで小説という現実世界の中で)する人物ではなく、主人公の影と目される存在である、とする「定説」が固まっていると指摘されています
いつの間にやら、そうした「定説」ができあがっていると知り、軽いショックを受けました。村上春樹作品は好きで読んできましたが、評論や研究者の論文に目を通すようになったのは最近ですから、自分が知らなかっただけではあるのですが


村上春樹「風の歌を聴け」論ー物語の構成と〈影〉の存在
二 〈影〉の誕生
(前略)
難破船に乗り合わせた男女の別れと再会という架空の小説が鼠と女の実際の会話となり、さらにそれが「僕」と小指のない女の子のこととして語られているのだ。ここで「僕」と鼠が同一人物、結論を先に述べると、「僕」の〈影〉であるという可能性が生まれる。それに伴い「小指のない女の子」が鼠の創作した小説の人物であり、鼠と同様に「僕」の内的世界の像〈影〉である可能性が生まれるのだ。
実際にこの二人がどのように作品に描かれているか検討する。「僕」と鼠の関係については、吉行淳之介氏が「鼠という少年は、結局は主人公(作者)の分身であろうが」と評してから、鼠が「僕」の分身という説はほぼ定説の感がある。ここで「僕」や作者の「分身」として曖昧に捉えられてきた「僕」と鼠との関係を厳密に考えたい。私は、鼠という人間を「僕」の無意識下における内的世界で作りあげられた像〈影〉という概念、強調したいのは内的世界にのみ存在する人物として捉えたい。実際に「僕」が初めて鼠と出会ったのは、「三年前の春のこと」で「僕たちがが大学に入った年」(4章)18歳の春である。この時期の「僕」は「高校の終わり頃、僕はこころに思うことの半分しか口に出すまいと決心した。理由は忘れたがその思いつきを、何年かにわたって僕は実行した」(30章)という状況にあった。つまり、「僕」が自らの言葉の半分を閉じた時期に鼠という人物が登場していることから、鼠は「僕」の〈影}であることは明白である。

うーん、そうなのか
鼠については主人公を補完する意味での他者、と自分は位置づけていたので、別段、大きく驚いたわけではありません。が、映画「風の歌を聴け」での鼠役巻上公一の怪演が印象に強く残っているため、彼の存在を影として消し去ってしまう(小説の現実世界では存在しえない人物)と
解釈してしまうのは残念な気がします
自分の読みとしては、小説の現実世界で主人公の隣に存在する人物ではあるけれど、実像は小説の描写とは異なっており、主人公自身の欠落する部分を補う存在として脚色され語られている者、だと思い込んでいました
もちろん、映画「風の歌を聴け」は大森一樹監督による別の物語ですから、混同するのは避けるべきなのでしょうが
くどいようですが、映画「風の歌を聴け」をまだ視聴した経験のない方がいましたら、一度観ておくようおすすめします。ただ、原作とは大きく異なっている部分がありますので、それを含んだ上でご覧いただくよう申し添えておきます
村上春樹の小説は「喪失」あるいは「不在」を重要なテーマとしています
山根論文は結論部分で以下のように書いています

かくて、『カリフォリニア・ガールズ』で始まり、『カリフォリニア・ガールズ』で終わる『この話』とは、自らの〈影〉鼠との訣別、愛する女性との訣別という現実があり、その不在の過去を希求することで〈影〉という存在を造り出し、対話した男の物語であると言える。すなわち、不在の夢、不在の女性を歌う『カリフォリニア・ガールズ』という装置によって、二つの〈影〉と対話する自己の内的世界に突入し、そこで己の最も深い傷である1970年4月4日の物語と、1963年という全ての元凶が生まれた年の物語という二つの過去を思い出させ、そしてまた『カリフォルニア・ガールズ』に導かれつつ現実に戻るという戦略的な構成が見えてくる。

上記の結論に異論を申し立てる気はありませんが、「不在」の前には「存在」があり、「風の歌を聴け」の中には青春のバカ騒ぎという過剰で無駄にエネルギッシュな日常もあり、女の子に目移りしたり、気を引かれたりという日常もあったのでしょう
アルバイトに勤しむでもなく、勉強するでもなく、夏休み期間をダラダラと過ごす日々の先に物語が展開しているのであり、だからこそ明暗のコントラストが効果を発揮していると解釈します
また、鼠という存在が本作に続く村上小説でも登場するように、完全な訣別であるとは言えないのは確かでしょう
今回は引用しませんでしたが、山根論文は「風の歌を聴け」の構成、章立てについて精緻な読みを行っており、「カリフォルニア・ガールズ」の伏線についても読み解いています。関心のある方は一読ください

(関連記事)
村上春樹「風の歌を聴け」 自我の語りと沈黙
https://05448081.at.webry.info/202010/article_38.html
村上春樹「一九七三年のピンボール」研究
https://05448081.at.webry.info/202010/article_24.html
「ノルウェイの森」 直子と緑
「ノルウェイの森」 直子の自死について
「海辺のカフカ」 自己愛の行方
「海辺のカフカ」を巡る冒険 性と暴力の神話として(2)
https://05448081.at.webry.info/202010/article_27.html
「海辺のカフカ」を巡る冒険 性と暴力の神話として
中国は「ノルウェイの森」をどう読んだのか2
中国は「ノルウェイの森」をどう読んだのか
「ノルウェイの森」をセカイ系だと批評する東浩紀
韓国は村上春樹をどのように読んだのか2
韓国は村上春樹をどのように読んだのか
中国は村上春樹をどう読んだのか3
中国は村上春樹をどう読んだのか2
中国は村上春樹をどう読んだのか
村上春樹はなぜ芥川賞が取れなかったのか?
ノーベル文学賞欲しい韓国 村上春樹よりも名作を書けと厳命
「村上春樹のノーベル賞予想に浮かれる日本」と書く海外メディア
「物語論で読む村上春樹と宮崎駿」を読んで1
村上春樹論
村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」
「1973年のピンボール」
記事「村上春樹ブームを読む」を読む
村上春樹「神の子どもたちはみな踊る」
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その1
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その2
映画「ノルウェイの森」 予告編
村上春樹原作「神の子どもたちはみな踊る」映画化
米ハイスクールで「ノルウェイの森」の課題図書指定にクレーム
尖閣・竹島問題で村上春樹が朝日新聞に寄稿
村上春樹の新作 予約が45万部突破
爆笑問題が村上春樹の新作を批判
爆笑問題太田による村上春樹批判の迷走
「なぜ韓国に村上春樹はいないのか」と書く韓国メディア
村上春樹「蛍・納屋を焼く」を韓国で映画化 その感想

学術会議任命問題 学問の自由がおかされる

ここ数日、世間を騒がせている日本学術会議へのメンバー推薦から6人が漏れた件を取り上げます
一部の新聞と野党は鬼の首を獲ったがごとく菅内閣攻撃の材料として連日、大々的に取り上げており、招集される国会で追及する気のようです
しかし、学術会議の補充メンバー推薦から6人が漏れた、という事案がさほどまでに重要な喫緊の政治問題であるはずもなく、何をやっているのかと自分は思うばかりです
ノンフィクションライターの窪田順生がダイヤモンド・オンラインに以下のように野党と一部のメディア、それに政府批判を開陳する学術会議幹部を批判する記事を書いていますのであ取り上げます


学術会議問題のズレた議論、「学問の自由が侵された」はなぜ無理筋か
「学問の自由が侵害される」は行き過ぎた攻撃ではないか
日本学術会議が推薦した6人の学者を、菅義偉首相が任命拒否したことが大きな問題になっている。野党は臨時国会で追及する構えだという。
JNNの最新世論調査でも、これを「妥当ではない」と考えているのは51%。このまま具体的な理由の説明がなくモヤモヤ答弁を繰り返せば、70%という高い内閣支持率にもダメージがあるかもしれない。
「なぜ任命を拒否したのか」「なぜあの6人だったのか」というところは、国民としてもぜひ知りたいところなので、マスコミや野党の皆さんには頑張っていただきたいと思う。が、一方でこの騒動に乗じて、かなり無理筋というか、モンスタークレーマーの言いがかりのような攻撃を紛れ込ませる人があまりに多いのには、やや辟易とする。
それは、「学問の自由が侵害される!」という攻撃だ。
たとえばこの問題を扱ったニュースを検索してみると、そのタイトルにはこんな煽り気味のワードが散見される。
「菅首相が安倍時代もしなかった言論弾圧」「学問と思想の弾圧危惧」「ついに剥き出しになった言論弾圧首相の本性」
こういう話を聞くと脊髄反射で血が騒ぐという人たちの気持ちもわからないでもないが、イデオロギーを抜きにちょっと冷静に考えれば、今回の問題が「学問・思想・言論の自由」と全く関係していないのは明らかだ。
とどのつまり、この話は6人の学者が「特別職国家公務員」に入れませんでした、ということに過ぎないからだ。菅首相が気に食わない学者を大学から追いやったとか、科研費を打ち切ったとか言うなら確かに「弾圧」だが、単に研究活動の傍らに行う「名誉職」に選ばれませんでした、というだけの話である。
もっと言ってしまうと、この6人が学術会議の会員にならなくとも、日本全国で84万人いる学者や、市井の人々の「学問の自由」にはなんの影響もない。
「無知無学の人間はこれだから」と頭を抱える学者センセイもたくさんいらっしゃると思うが、同様の指摘はほかでもない、学者の皆さんからも出ている。たとえば、日本学術会議の会員になった経験もある政治学者の篠田英朗氏は、SNSでこのような考えを示している。
《若い頃に一時期学術会議の末席を汚させていただいたことがありますが、私は業績不足ですから二度と誘われることはないので安心して言いますが、任命されないほうが学問の自由を享受できる、というのが普通の学者の本音だと思います。〉(10月2日)
「政府介入」「解釈の変更」というのは無理筋な言い分
もっと辛辣なことをおっしゃる学者もいる。福井県立大学の島田洋一教授は、SNSでこんな厳しい意見を述べている。
《「学問の自由が侵された」と騒ぐ日本学術会議面々の言動を見ていると、仰々しい肩書を与えられることで歪んだエリート意識が増幅され、「専門バカ」が「バカ専門」に転じていくさまがよく分かる。これ以上、大学教員は愚かで鼻持ちならないと世間に印象付けることはやめてもらいたい。迷惑だ》(10月3日)
こういう話をすると、「個々の学者が任命された、任命されないという小さな問題ではなく、学術会議という独立した機関の人事に政府が介入をしたことが大問題なのだ」と怒る人たちがいらっしゃる。1983年の中曽根康弘首相(当時)が国会答弁をしたように、学術会議推薦者への任命は「形式的」だと政府の文書にあるのだから、その方針をちゃんと守らないのは「解釈の変更」だと大騒ぎをしているのだ。
(以下、略)


学問の自由の侵害について、朝日新聞は加藤官房長官の釈明を批判し社説で、「学術会議の会員でなくても自由に研究はできるとして『今回の対応は学問の自由の侵害に当たらない』と繰り返す。だが研究を踏まえて発表した内容や発言が政権の意に沿わず、不利な人事につながったのは疑いようがない。これでは学者は萎縮し、学問の発展は期待できなくなる」と書いています
まるで研究者にとって日本学術会議のメンバーになることこそが人生の目的であるかのような扱いです
学会内での地位向上を目指し、学会のボスを目指す研究者なら分かりますが、皆が皆、日本学術会議のメンバーになりたくて研究活動をしているわけではありません
なので、「学問の自由の侵害」というのは難癖に近い主張です
そして今回任命されなかった人物が、「学術会議はアカデミーなんです。アカデミーがない国でいいんですか」と発言しているようですが、学術会議が欧米諸国のアカデミーとは別物であるとの指摘も、省略した部分で書かれています。関心のある方はウェッブサイトにアクセスしてください
絶対王政下のヨーロッパでは国の威厳を示す方法の1つとして国王の下にアカデミーが置かれ、学識に優れた人物を自国のみならず外国からも招聘し、研究活動に取り組ませ成果を誇示した歴史があります
しかし、現在の日本学術会議にそのような性格はないのであり、アカデミーとは比べものになりません
国の機関として日本学術会議を存続させるのは止めて、独立行政法人なり財団法人なりの形にするのが正解でしょう。もちろん、会員は総理大臣が任命する特別公務員ではなく
コロナ感染症や9月の水害など、国会で議論するべき問題は多々あるのに、緊急性もない日本学術会議の任命問題を野党は国会の目玉にしようというのでしょうか?

(関連記事)
毎日社説「科学の仕分け」について
「2位じゃだめなのか」発言を批判するノーベル賞受賞者
https://05448081.at.webry.info/201010/article_20.html
蓮舫参院議員 ノーベル賞学者五輪メダリストに大反論
仕分け第二弾前に蓮舫議員の醜い言いわけ
日本文学翻訳事業 政府仕分けで廃止
海洋研究開発機構 地下2500mで微生物群を発見
日本の重力波観測装置「KAGRA」を羨む韓国
日本の科学力 重力波観測望遠鏡の建設開始
新元素「ニホニウム」についての韓国の反応
スーパーコンピューター「京」 自らの世界記録更新
日本のスーパーコンピューター「京」 計算速度世界1位に
「中国スパコン『天河1号』が計算速度世界一」と報道されるが
「地球シミュレーター」 科学計算分野で世界1の座奪回
韓国教授「ノーベル賞獲得数で日本を追い越せる」と豪語
日本のノーベル賞について韓国の偏見・誤解・嫉妬
「日本は英語が苦手でもノーベル賞を取る」と説く韓国人学者

カンボジアPKOと機動警察パトレイバー

カンボジアでのPKO活動参加について調べていて思い出したのが、「機動警察パトレイバー 2 the Movie」です
実際のPKO活動については、日本から文民警察官(軍人ではない者)が拳銃も所持せず、丸腰で参加しました。結果、日本人警察官が乗っていた車両が現地の武装集団に襲撃され、1人が死亡し4人が重軽傷を負う被害を受けています
PKO活動への参加を巡って国会で延々と議論をし、野党側は銃器の携行に徹底して反対し、拳銃を持参させることですら「外国に対する武力に行使であり、戦争行為だ」とか「明らかな憲法違反」だと主張しました
文民警察官が拳銃を携行するのはけしからんと野党が騒いだため、日本人警察官は丸腰のままカンボジアに赴かざるを得なかったわけです(内戦が終わったばかりのカンボジアでは、自動小銃やロケット砲を手にした軍人崩れのゴロツキが跋扈している状況でした)
この理不尽な状況は、そのまま「機動警察パトレイバー2 the Movie」において、PKO活動のため派遣された柘植行人率いる自衛隊のレイバー小隊が一切の発砲を禁じられ、現地武装集団から攻撃に為すすべなく壊滅するシーンとして描写されています
評論家の藤津亮太は「機動警察パトレイバー2 the Movie」について、以下のように書いています


冷戦終結と豚、そして告げゆく人。『紅の豚』と『機動警察パトレイバー2』
(前略:「紅の豚」とユーゴスラビア内戦について)
▼冷戦終結と深い関係を持つ『機動警察パトレイバー 2 the Movie』
『紅の豚』の翌年、1993年に押井守監督の『機動警察パトレイバー 2 the Movie』が公開される。本作もまた冷戦終結と深い関係を持つ映画だ。
映画の舞台は(当時から見て)近未来である1999年、東南アジア某国で、PKO部隊として日本から派遣された陸上自衛隊レイバー小隊がゲリラ部隊と接触する。本部からの発砲許可を得られないまま一方的に攻撃を受けて壊滅した。その小隊の隊長、柘植行人は自衛隊を辞め、そして"戦後の平和"の虚妄を暴くために再び東京に現れる。
1948年に始まった国連平和維持活動(PKO)は、冷戦の終結とともに、急激にその数を増やすことになった。安全保障理事会は1989年から1994年にかけて計20件の新規PKOを認可し、平和維持要員の総数も1万1,000人から7万5,000人へと増加している(国際連合広報センター「平和維持活動の歴史」より)。
こうした流れの中、日本でも1992年にPKO協力法が成立し、陸上自衛隊は国際連合カンボジア暫定統治機構(UNTAC)の下で任務にあたることになった。国際連合の枠組みで活動するPKOへの参加は初であった。『パトレイバー2』の冒頭のシーンは、こうした自衛隊を取り巻く状況を踏まえたものだった。
柘植は、ミサイルでレインボーブリッジを壊し、ハッキングによって"自衛隊機による幻の空襲"を演出することで、自衛隊と警察の対立を煽り、東京を一種の戦争状態へと誘導していく。冷戦が終わり酷薄な世界情勢を目の当たりにした柘植は、太平の眠りを貪る日本という国に「戦争という現実」を突きつけようとしたのだ。
柘植の動向を追うために特車二課の隊長、後藤喜一に接触してきた謎の男、荒川は、この国の平和について次のように述べる。
「この国のこの街の平和とは一体なんだ? (略) 今も世界の大半で繰り返されている内戦、民族衝突、武力紛争。そういった無数の戦争によって構成され支えられてきた、血まみれの経済的繁栄。それが俺たちの平和の中身だ、戦争への恐怖に基づくなりふり構わぬ平和。正当な代価をよその国の戦争で支払い、そのことから目を反らし続ける不正義の平和」。「単に戦争でない、というだけの消極的で空疎な平和は、いずれ実態としての戦争によって埋め合わされる。そう思ったことはないか?」。
この映画において、荒川のこの認識は柘植とほぼ重なっていると考えてよい。そしてこの"(この作品内において)現実的な認識"とされるものを頭から否定するのは難しい。実際、現実を見ようとしない警視庁幹部を前にした時、後藤が感じた苛立ちは柘植の動機と同種のものだ。そういう意味で、後藤はもとより柘植を止めることはできないのだ。
しかし、ここまで現実的な認識をしながら、柘植はなぜ「戦争状況」という虚構を演出するという、矛盾した手法をとったのか。
それは柘植が伝えたかったのが「戦争という現実」という概念だからだ。柘植の目的は「誰かがお前を狙っている」「敵がそこにいる」というアジテーションではない。戦後日本の虚妄を暴く、一種の批評にこそ柘植の目的はあった。だから誰が敵かもわからない、「戦争状況」だけを欲したのだ。
だがいくら柘植が批評に留まろうとしたところで、「戦争という現実がある」という主張と「そこに敵がいる」というアジテーションの距離は恐ろしく近い。
後藤は先述の荒川の長広舌の間にこんな返事を返している。「そんなきな臭い平和でも、それを守るのが俺たちの仕事さ。不正義の平和だろうと、正義の戦争より余程ましだ」。
(以下、略)


日本が戦後享受してきた平和の虚妄を暴こうとした柘植の行動をどう受け止めるか、という投げかけがあるわけですが、視聴者の多くは響かない、陳腐な問いかけだったと思います
実際、作品はよくできていますし、幻の首都爆撃など見せ場も多く、こうしたアニメはディズニーやピクサーには作れません。韓国や中国でも作れないでしょう。つまり日本だけ、作ることが可能だったという奇跡のような作品です
残念ながらカンボジアでのPKO活動は日本国内で顧みられる機会はなく、正当に評価したり、結果を検討されたりもしていないようです
井出庸生衆議院議員による政府への質問主意書と、政府による回答を見ればそれが分かります

尊い命が失われたカンボジアPKOを評価、検証し、未来の政策に活かすことに関する質問主意書

政府にすれば諸外国の手前、仕方なしに参加したPKO活動であり、厄介な出来事として忘れてしまいたいものなのでしょう
なお、このPKO活動をきっかけに菅直人首相の時代、民主党では小沢一郎や横路孝弘らが自衛隊とは別に「国連待機軍」を編成する構想をぶち上げたのですが、議論も進まず立ち消えになっています

民主・菅代表、国連待機軍を提唱へ 自衛隊と別組織で
民主党の菅代表は29日、イラクへの自衛隊派遣問題に関連し、国連平和維持活動(PKO)や国連の下での多国籍軍に日本が参加する場合は、自衛隊と別組織の「国連待機軍」(仮称)を派遣する構想を提唱する方針を固めた。来年1月13日の党大会で提案し、党の安全保障政策の柱とする考えだ。同様の構想は旧自由党の小沢一郎代表代行や社会党出身の横路孝弘副代表らも唱えているが、党内の意見集約に手間取る可能性もある。
菅氏は29日、朝日新聞の取材に「国連決議などがある場合、国家の主権の行使とは別の意味で、自衛隊と別の組織を海外に出すこともあり得る。そういう整理が必要だ」と述べた。菅氏は24日の記者会見で「どういう原則で自衛隊を海外に出すのか、年が明けた段階で提起したい」と語っており、自衛隊と別組織を派遣することを原則とする考えを示したものだ。
11月末には小沢氏と横路氏が「指揮権を国連に委ねた自衛隊の別組織である国連待機部隊を創設する」との合意文書を確認している。しかし、小沢氏は武力行使を含む活動が可能と考えているのに対し、横路氏はPKOを想定しており、考え方の隔たりは大きい。菅氏は武力行使については将来的な検討課題と位置づけており、今後の詰めが必要となる。また、党の政策を決める「次の内閣」では議論されておらず、批判的な意見が出る可能性もある。

PKO活動参加すら拒み批判する勢力がいる民主党で、「国連待機軍」の新設など合意を得られるはずがないのであり、保守から中道・左派まで含んでいるがゆえに「何も決められない民主党」の性格が如実に現れています

(関連記事)
押井守監督「風立ちぬ」を語る
「アニメはオタクの消費財と化した」と指摘した押井守
押井守監督の「エヴァンゲリオン」批判を考える
2004年カンヌ 映画「イノセンス」の話
映画「イノセンス」について 2
劇場版アニメ「宮本武蔵-双剣に馳せる夢」
パクリか 攻殻機動隊そっくりのミュージックビデオ
「攻殻機動隊」新シリーズ起動
攻殻機動隊のパクリ 韓国アニメ「GunChest」
攻殻機動隊「ソリッド・ステート・ソサイエティ」
実写版映画「AKIRA」実現へ
映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」大コケで1億ドル損失?

園児にわいせつ行為 保育士に懲役10年判決

ウェッブサイトでベビーシッターを斡旋するアプリ、キッズラインから、男性ベビーシッター2人がわいせつ行為や児童ポルノ法違反容疑で相次いで逮捕される件がありました
どこの誰とも分からないベビーシッターにこどもを託すというのはなかなかリスクが高い、と世間一般に知らしめる事件でした
しかし、それならば保育園が安心かというと、実はそうでもないと思わせる事件が札幌市でありました
保育園に勤務していた保育士川瀬智大被告に対し、札幌地方裁判所は男子園児14人に対する強制わいせつ、及び児童ポルノ法違反で懲役10年の有罪判決を言い渡しています
逮捕のきっかけは、昼寝をしている園児の性器を川瀬容疑者が触っているところを、迎えに来た母親が目撃したたためです


強制わいせつの疑いで送検された札幌市中央区の保育士川瀬智大容疑者は16日、勤務する札幌市内にある保育園で男の子の下半身を触った疑いが持たれています。
川瀬容疑者はほかの園児と昼寝をしていた男の子の布団に手を入れて下半身を触っていたところ、迎えに来た母親が目撃し、通報しました。
男の子も「触られた」と訴えていて、犯行は男の子が起きている状態で行われたとみられます。
調べに対し、川瀬容疑者は「興味があってやった」と供述しています。
また、保育園側による保護者説明会では、他にも被害が報告されていて警察が捜査しています。
(UHBニュースの記事から引用)


札幌の保育園で、男子園児らにわいせつな行為をし、その様子を撮影するなどして、強制わいせつなどの罪に問われている元保育士の男に、懲役10年の判決が言い渡されました。
札幌市の元保育士・川瀬智大被告(33)は、2017年からおよそ3年間、勤務先の保育園で男子園児14人に対して体を触った上、その様子を撮影して児童ポルノを製造したとされています。
8日の裁判で札幌地裁は「保育士という立場を悪用した職業倫理にもとる卑劣なものである。保護者らにとって信頼して預けていたわが子が性的被害を受けていたことの衝撃ははなはだしい」として、懲役10年の判決を言い渡しました。
傍聴していた被害者の保護者の中には、判決を聞いて涙を流す人もいました。
(HTBニュースの記事から引用)


そもそも川瀬被告がなぜ園児、それも男児を対象としてわいせつ行為を繰り返していたのか、残念ながらそこまで踏み込んだ報道はなく、おそらくは裁判でも争点にならず、さらりと流されてしまったのでしょう
しかし、事件を考える上では1番重要な項目です
過去に類似した事件としては2014年にベビーシッターをしていた物袋勇治が計20名以上の男女の幼児にわいせつ行為をし、1人を死亡させた事件があります。あるいは神奈川県平塚市の認可外保育所で角田悠輔が幼児1人を死亡させ、15人の女児にわいせつ行為をした事件もありました。さらには2003年、長崎で男子中学生が4歳の男児の性器をハサミで切断し、駐車場から突き落として殺害する事件もあります
ただ、これらの事件を全部同じものと扱うわけにはいきません
川瀬被告が取調べに対し、動機をいかに説明したのかにもよります。明確に動機を自身で説明できるほど理解をしている場合もあれば、自覚もないまま犯行を繰り返す者もいるからです
単純に、「小さいこどもに興味があった」としか表現できない性犯罪者もいます
本件の場合、女児ではなく男児の性器に執着していますので、性倒錯といえるわけですが、どのようなきっかけ、由来があって川瀬被告が倒錯した欲望を抱くに至ったか、その部分を川瀬被告が納得できる形で解明しないと10年の刑期を務めた後も同様の犯行を繰り返す危険があります。欲望の正体を見極めるまで、性衝動は繰り返し本人をけしかけ、犯行へと駆り立てるからです

(関連記事)
男児に猥褻のベビーシッター橋本晃典 7回目の逮捕
男児に猥褻のベビーシッター逮捕 余罪複数
性犯罪の温床 キッズラインは改革できるか?
ベビーシッター殺人控訴審 一審の懲役26年を支持
ベビーシッター殺人控訴審 物袋被告の歪んだ性欲
ベビーシッター殺人控訴審 小児性愛ではないと主張
ベビーシッター殺人 懲役26年の判決
ベビーシッター殺人 無期懲役求刑
ベビーシッタ-殺人 ペニスに執着したペドフェリア
平塚の猥褻保育士 児童ポルノ法違反で懲役15年
平塚の猥褻保育士 乳児暴行死は否認
平塚猥褻保育士 乳児暴行死で懲役10年判決
女児誘拐殺人犯小林薫 死刑執行
今市女児殺害事件 犯行を自供した男
今市女児殺害事件 「物色中に偶然見つけた」
今市女児殺害事件 犯行の状況
今市女児殺害事件 公判前の争点整理で紛糾
今市女児殺害事件 無罪を主張
今市女児殺害事件 犯行を示唆する手紙
今市女児殺害事件 勝又被告に無期懲役判決
ジョンベネ殺害事件 殺害告白はフェイクニュースか?
ジョンベネ殺害事件 家族犯行説への執着
マデリンちゃん失踪事件の犯人逮捕か
長崎男児殺害事件(2003年)を考える 1

ヤマト運輸男女殺傷事件 筧真一容疑者逮捕

日々、さまざまな事件が起きます。中には理不尽な、言いがかりや八つ当たりといった振る舞いで人を殺傷する事件もあります
神戸市のヤマト運輸配送センターで起きた従業員の男女に対する殺傷事件も、犯人の八つ当たりとしか思えない短慮な犯行でした
文春オンラインの記事から一部を引用します


兵庫県神戸市の山あいにあるヤマト運輸の集配施設「神戸北鈴蘭台センター」。10月6日午前4時すぎに事件は起きた。まだ暗い中、突然押しかけた1人の男が出勤直後のパート社員の女性(47)と男性(60)に次々に襲いかかったのだ。全身十数カ所を包丁で滅多刺しにされた女性はその場で死亡。もみ合いながらも必死に逃げた男性の通報で警察が駆けつけ、男は逮捕された。
筧真一容疑者(46)。事件前日の5日に2年半働いたこのセンターを解雇されたばかりの男だった。被害に遭った2人とは前日も一緒に働いていたという。
「男性は驚いたやろな。叫び声を上げて右手に包丁を握りながら自分に向かってくるのは昨日までの同僚やったんやから。その時は最初の悲鳴を上げた同僚の女性は既に息絶え絶えやったはず。出勤直後に車から降りたところを刺されていて、驚く間もなかったと思う」(捜査関係者)
筧容疑者は逮捕後、兵庫県警の調べに対し、2人を狙って襲ったことを素直に認めた。
「解雇されて腹が立っていた。あの2人のせいでクビになったと思い、殺すつもりだった」
そう供述したという。
いったい事件前日に何があったのか、県警幹部が説明する。
「けんかだ。筧容疑者は以前から勤務態度が悪かったそうだが、5日朝にこの男性から荷物の仕分け作業が雑だと注意され、取っ組み合いになりかけた。殺された女性が仲裁に入ってけんかは止まったが、その際に筧容疑者が振り回した手が女性に当たった。ヤマト側はこれを暴力沙汰と判断し、決定的な理由として即日クビを告げたようだ」
突然の解雇宣告を受けた筧容疑者は、はらわたが煮えくり返ったのだろう。その日のうちにホームセンターへ行き、包丁2本と木製バット1本を購入した。
女性の腹には包丁が刺さったままだった
「女性の腹には包丁が刺さったままやった。一部の傷は腹から背中に貫通するほど深く、ほぼ即死やったと思う。容疑者は包丁を2本持っとって、男性に向けたんはもう1本の方やな」(冒頭の捜査関係者)
こうして2人に凶刃は向けられた。だが、そこにはなんともやりきれない「勘違い」があった。実は、殺害された女性は最後まで筧容疑者をかばっていたのだ。事件現場を所管する神戸北警察署の幹部は、
「暴力沙汰をクビの理由にしたいヤマト側は、この女性に警察へ行き被害届を出すよう促した。実際に女性はその日の昼に神戸北警察署へ来て相談もしている」
と明かす。だが、女性は被害届を出さずに帰ったという。
「『手が当たったのも自分に向けられたわけではない。自分は筧さんとの関係も悪くないから』と。上司には届け出るよう指示されたが気乗りしない様子だった。明らかにかばっていた」
筧容疑者にしてみれば、警察署に駆け込んだことで、女性も一緒になって自分をクビにしようとしたと思えたのだろうか。真っ先に滅多刺しにしたのが、その女性だったのだ。
(文春オンラインの記事から引用)


省略した部分では筧容疑者が短気な性格で、過去には警察官に対する公務執行妨害で逮捕された前科がある、と書かれています。他にも前科があるのかもしれません。人手不足の宅配業ですから、筧容疑者のような人物でも雇用しているのでしょう
文春オンラインの記事の末文には、「留置先の神戸北警察署から送検された際、筧容疑者はカメラを構える報道陣に向けて、満面に笑みを浮かべながら左手でピースサインを作ってみせた。反省や後悔を感じぬ狂気の表情だった。彼をかばいながら殺された被害者が、あまりに浮かばれない」と書かれています
筧容疑者にすれば、自分を貶めた連中に仕返しをしてやったのだと自己満足し、得意の絶頂であったのかもしれません
そして裁判では自分への差別、蔑みといった「被害」を声高に主張し、正当な仕返しだと強調するのでしょう。もちろん、身勝手な言い分が通用するはずもなく、懲役20年くらいの刑が科されるものと予想します
殺害された女性は気の毒な限りで、筧容疑者には慰謝料を支払う貯金もないのでしょう
せめて就業中の被害であるとし、労働災害が適用されるか、ヤマト運輸が見舞金を支払うなどの手当が考えられるのですが、それでも理不尽な話です。遺族にとっては無念でならないわけで

(関連記事)
チェーンソーでヤマト運輸を脅し逮捕  ユーチューバー
大阪心斎橋殺人を考える1 身勝手な動機
大阪心斎橋殺人事件を考える2 礒飛容疑者
大阪心斎橋殺人を考える3 ようやく初公判
大阪心斎橋殺人を考える4 死刑求刑
大阪心斎橋殺人を考える5 礒飛被告に死刑判決
大阪心斎橋殺人を考える6 高裁で無期懲役に減刑
大阪心斎橋殺人を考える7 検察は上告へ
釧路イオンモールで無差別殺人 犯人を取り押さえる
釧路イオンモール無差別殺人 松橋伸幸容疑者の素顔
イオンモール釧路4人殺傷 松橋被告に2審も無期懲役
川崎トンネル殺人事件 犯行を認め謝罪
川崎トンネル殺人事件 懲役28年の判決

赤坂憲男「ナウシカ考」を読む その2

赤坂憲雄による「ナウシカ考ー風の谷の黙示録」(岩波書店刊)について、2度目の言及になります
前回はAmazonのレビューをとっかかりに書きました。今回は赤坂憲雄と作家川上弘美の対談記事を取り上げようと思います
他人の書いたもの、語ったものばかりを引用し、ああでもない、こうでもないと書き加えるのはちょっと気がとがめる部分もあるのですが、今回は著者である赤坂憲雄が自著について語っている内容ですから、その辺りは気にしないでおきましょう
さて、引用する対談記事の前置き部分に、「漫画版の『ナウシカ』も、全7巻で累計約1600万部を記録」と書かれていました。他人事ながら嬉しくなってしまいます。これだけ多く出版されたのですから、公共図書館や学校図書館にも並んでおり、おそらく2000万人近い人が漫画版「ナウシカ」を読んだものと推測します。以上、報告したくてこの対談(赤坂憲雄と川上弘美)を取り上げたわけです
劇場版「ナウシカ」の影に隠れ、知る人ぞ知る名作と漫画版「ナウシカ」を形容してきましたが、誤りかもしれません


今読むべき名作 漫画版『風の谷のナウシカ』を赤坂憲雄、川上弘美が考察する
(前略)
愚かな人たちが作った自然も、あがめられるか
赤坂 川上さんの作品世界にもつながっていくと思うのですが、(『ナウシカ』には)キツネリスやトリウマが出てきますよね。ある箇所で、「千年昔の世界には馬という動物がいて、哺乳類だったらしい」という記述が出てきます。つまり、ナウシカ世界の動物は、かつての生態系の分類で、哺乳類と呼ばれていた動物ではないのです。
生命を操る技によって、変えられているということが明らかになりますが、なぜ異種交配の生き物しかいないのでしょうね。実は人間の体も操作されて変えられているという事実も、やがて明らかになります。生態系は、腐海だけでなく、人間も動物も植物も、すべてが変えられている。
野生と文化、自然と人間という、我々の世界ではかろうじてある境界そのものが、壊れてしまった世界を宮崎さんが描いているということに、途中まで気付かなかったんです。それが大きな問いかけになると思ったのは、森の人について考えていたときですね。彼らは腐海と共存し、それを聖なる世界だとあがめている。けれど、その世界を作り出したのは千年前の「火の七日間」という戦争を引き起こした愚かな人類ですよね。それでも、腐海を聖なる森としてあがめることができるのか。彼らはすごく困るわけです。
『ナウシカ』が提示するのは、「すべてが変えられている」ところからしか、出発できないということ。手付かずの自然をめでるのは楽なんです。でも、愚かな人たちが作った自然であってもそれをめでて、聖なるものとあがめることができるのか、という深い問いが突きつけられていると感じました。


対談の中で赤坂憲男は、「映画が公開された当時は特に、ナウシカは環境破壊で追い詰められていく世界を、自己犠牲によって救済する、エコロジーの戦士として扱われていたと思いますね。宮崎さんは、それにいら立っていたと、勝手に想像しています」と述べています
「エコロジーの戦士」云々についてはこれまでにも触れたので、繰り返しは避けます
ナウシカの物語は徹底した環境破壊の後の話であり、生態系そのものがそっくり作り変えられてしまった状況で進められます。なので、ナウシカを引き合いに出し、自然保護の重要性を語りたがる人がいるのは趣味の悪い冗談みたいなものです
赤坂は繰り返し、ナウシカ=「エコロジーの戦士」という既成概念批判をしていますので、よほど腹が立っているのでしょう
劇場版「ナウシカ」ではさらりと流されている「火の七日間」戦争ですが、漫画版は物語の原点として扱われ(言及される機会こそ少ないものの)、すべてはそこから始まったと考えられます。もちろん、「人間も動物も植物も、すべてが変えられる計画も
赤坂の読み(ナウシカ考)は、「火の七日間」で破壊された世界を丹念に読み解いていきます


この物語では一つの声だけを聞くべきではない
赤坂 それで、漫画版『ナウシカ』を読むときには、一つの声だけを聞くべきではないと思うようになりました。ナウシカの声が物語の中心にありますが、それがそのまま宮崎さんの声や考えではない。ナウシカの声ですら、ほかの声によって常に相対化されている。
川上 ナウシカが絶対的な正義だと思われがちですが、そうではないんですよね。私自身には、ケチャという少女の声がとてもよく響いてきました。多様な声が重層的に出てくるところが、ものすごく面白かった。
赤坂 終章では、ミハイル・バフチンの『ドストエフスキーの詩学』(筑摩書房)に触れましたが、そこでのドストエフスキーを宮崎駿に置き換えても成り立つと思うところがたくさんあると感じています。この多声的である、ポリフォニックであるということは、漫画という表現にとっては、未来に託されるべき可能性でしょうね。
漫画版では、黙示録的な善悪の戦いが決着したわけではありませんね。とりあえず、旧人類のプログラミングした未来へのシナリオを破壊しましたが、それをはたして全否定できるのかナウシカの選択は、正しいのか。漫画版は我々に、改めて問いの立て直しを求めています。それをさらに考えていきたいと思います。


ミハイル・バフチンの「ドストエフスキーの詩学」は随分前に読んで、内容もすっかり忘れていました。あらためてバフチンの主張するポリフォニーについて要約すると、「自立しており融合していない複数の声や意識、すなわち十全な価値をもった声たちの真のポリフォニーは、実際、ドストエフスキーの長篇小説の基本的特識と なっている。作品のなかでくりひろげられているのは、ただひとつの作者の意識に照らされたただひとつの客体的世界における複数の運命や生ではない。そうで はなく、ここでは、自分たちの世界をもった複数の対等な意識こそが、みずからの非融合状態を保ちながら組み合わさって、ある出来事という統一体をなしているのである。実際、ドストエフスキーの主人公たちは、ほかならぬ芸術家の創作構想のなかで、作者の言葉の客体であるだけでなく、直接に意味をおびた自分自身の言葉の主体にもなっているのである」という考えです(ミハイル・バフチン「ドストエフスキーの創作の問題」から引用)
つまり、ナウシカの発言だけを追いかけるのではなく、シュワの墓所の主やヴ王、クシャナ、皇弟などなど、さまざまな登場人物たちの声が多層的に物語を構成していると受け止め、解釈する必要がある、という考えに赤坂憲男は立っているのでしょう
自分はどうしてもナウシカに感情移入してしまい、彼女発言や考えを重視してしまいがちですから、この指摘は「目からウロコ」です
さて、最後に「ナウシカ考」とは無関係な愚痴を書いておきます
アメリカで劇場公開された「風の谷のナウシカ」は、「風の戦士たち」とタイトルが変更されています。向こうの映画関係者にすれば、「ナウシカ?」という反応で、「そんなタイトルじゃ売れないよ。日本人はまったくセンスがないね」と決めつけ、タイトルを変更したのでしょう。もちろん戦いが物語の中心にある作品ではないわけですが
昨今の漫画やアニメの中にはバトル中心のものが少なくないものの、そこで繰り返される自問自答「なぜ、戦わなければならないのか」、「なぜ強くなければならないのか」との問いに対する答えが、「大切なものを守るために自分は強くならなければならない」とか「愛する者を守るために戦う」など陳腐なものがあります。中には敵に家族を殺されたから、その復讐のためという、味も素っ気もない理由だったり
漫画やアニメにおける戦闘シーンの描写こそめざましく向上してはいますが、骨格となる物語が貧弱すぎて情けなるほどです
敢えて言うなら、富野由悠季の「ガンダム」でさえ、とても薄っぺらい物語であり、その後量産された「ガンダム物」は薄っぺらい物語をさらに水で薄めた粗悪品という印象しかありません(ガンダムファンは激怒すると思います)
宮崎駿がこの漫画を描くにあたって深く考え、迷い、ためらい、悩んで辿り着いた地点から、さらにその先を目指そうという作品が少ないというのは悲しい現実です
もちろん、漫画は思想書である必要はなく、小難しい理屈を述べる必要はないわけです。しかし、物語をとことん掘り下げ、突き詰め、地平の彼方まで覗こうという野心があってもよいのでは?
予定調和的なハッピーエンドが読者を満足させる側面はありますが、そこを裏切って突き抜けるような作品に触れるのも醍醐味でしょう

(関連記事)
赤坂憲男「ナウシカ考」を読む その1
「風の谷のナウシカ」 王道と倫理
https://05448081.at.webry.info/202010/article_33.html
宮崎駿インタビュー 教祖にしたがるメディア
グレタ・トゥーンベリとナウシカ
「風の谷のナウシカ」と自然・環境問題 その2
「風の谷のナウシカ」と自然・環境問題 その1
「風の谷のナウシカ」 その世界観を問う
「風の谷のナウシカ」 死と再生を考える
ナウシカの正義とサンデル教授「白熱教室」
「風の谷のナウシカ」に見る宮崎駿の矛盾
「風の谷のナウシカ」は愚行と矜持を描いた叙事詩か
ナウシカとマルクス主義
「ナウシカとニヒリズム」を考える
ナウシカに学ぶ女性リーダーシップ論
「ナウシカ研究序説」を読む
ナウシカの辿り着いた場所 漫画版エンディング
「風の谷のナウシカ」の神話学を考える
構造主義の立場で「風に谷のナウシカ」を語る その2
構造主義の立場で「風に谷のナウシカ」を語る その1
「ナウシカ解読」
宮崎アニメをあやしく語る町山智浩
ナウシカのメーヴェを飛ばした日本人 海外の反応
「宮崎駿引退」を語りまくる岡田斗司夫
「宮崎アニメは父権社会批判」と主張する中国の意見
「火垂るの墓」を語る
映画「火垂るの墓」 海外での反応
映画「火垂るの墓」を極右映画だとして上映中止にした韓国
宮崎アニメに対する中国メディアの批評
映画「耳をすませば」
「風立ちぬ」を褒める岡田斗司夫
「風立ちぬ」を語り倒そうとする岡田斗司夫の怪説
「宮崎駿こそ日本のジレンマと矛盾」と書く論評
「風立ちぬ」 宮崎駿の思想を論じる中国メディア
「日本の伝統と現代を融合させた宮崎駿」と誤解する中国メディア
宮崎駿をアジア主義と決めつける誤り
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る2
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る
宮崎駿「風立ちぬ」は戦争賛美アニメか?
宮崎駿「風たちぬ」研究 夢見る権利
「千と千尋の神隠し」を考える こどもの居場所

池袋暴走事故 飯塚被告は初公判で無罪主張

全国民を敵に回したと言っても過言ではない飯塚幸三被告の裁判が始まりました
既に伝えられているように、飯塚被告は公判で「車の欠陥による事故であり、過失はなかった」として争う姿勢を示しました
この先の公判で、飯塚被告側は乗用車(プリウス)のブレーキシステムに欠陥があったと立証できるのか、疑問です
いかに飯塚被告が、「運転に過失はなかった」と言い張ろうとも、車に欠陥があったと立証しない限り裁判では通用しないのですから


東京・池袋で2019年4月、近くの主婦、松永真菜さん(当時31歳)と長女莉子ちゃん(同3歳)が乗用車にはねられ死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(89)は8日、東京地裁(下津健司裁判長)で開かれた初公判で起訴内容を否認した。運転の操作ミスとする検察に、被告が争う姿勢を示して審理が始まった。
午前10時、東京地裁104号法廷。飯塚被告は黒色のスーツ姿で車椅子に乗って法廷に現れた。冒頭、「(遺族の)ご心痛を思うと言葉がございません。心からおわび申し上げます」と謝罪したが、起訴内容の認否を問われると「車の何らかの異常で暴走したと思っております」と述べた。弁護側は過失致死傷は成立しないとした。
起訴状によると、飯塚被告は19年4月19日、東京都豊島区の道路で乗用車を運転中、アクセルペダルをブレーキと間違えて踏み続け、時速約60キロから約96キロに加速。
自転車で青信号の横断歩道を渡っていた松永さん母娘をはねて死亡させたほか、通行人ら9人を負傷させたとされる。全治約1年の負傷者もいた。
関係者によると、飯塚被告の車に設置されていたドライブレコーダーの映像などから、車は現場手前のカーブで速度を上げ、縁石に衝突した後、さらに加速し、赤信号の交差点に突入したという。現場の道路の制限速度は時速50キロだった。
飯塚被告は事故で重傷を負ったため入院し、19年5月に退院した。警視庁は逮捕せずに在宅で捜査を続け、19年11月に書類送検。東京地検が20年2月に在宅起訴した。飯塚被告は事故直後に「アクセルが戻らず、ブレーキが利かなかった」と話したとされるが、検察側はブレーキの性能に異常はなかったとみている。
松永さんの夫拓也さん(34)は、被害者参加制度を利用して初公判を傍聴した。今後も傍聴を続け、遺族として法廷で意見を述べ、飯塚被告に直接質問することも予定している。判決期日は決まっていない。
飯塚被告は東大工学部を卒業後、1953年に旧通産省に入省し、89年に退職した。


公判の冒頭で被害者遺族に謝罪しているところからすると、飯塚被告自身、多くの国民から怒りを買っているとの自覚はあるのでしょう
それでも2人の命を奪った事実は受け入れたくないと、裁判で争うつもりでいます
自身の思惑に執着し、現実を受け入れようとしない老人の特徴そのままであると感じます
そもそもこの事故は、飯塚被告が88歳という高齢であるのに車を運転していたがゆえ生じたものです。年金もたっぷりもらい、生活に不自由していない飯塚被告ですから、フランス料理店へ昼飯を食べに行くのならタクシーを利用できたはずです
現時点でもそうした考えはなく、自分は88歳でも安全運転をしており、何も問題はなかったと思い込んでいるのでしょう
注目度の高い裁判ですから、今後の公判についても詳しい報道がされるはずです。裁判の展開に注目しましょう

(関連記事)
池袋暴走事故 無罪主張の狙い
https://05448081.at.webry.info/202010/article_28.html
池袋暴走事故 ようやく飯塚幸三を書類送検
池袋暴走事故 88歳飯塚幸三はまだ起訴されず
前橋女子高生死亡事故 控訴審で有罪を認める方針に
前橋女子高生死亡事故 無罪判決で怒声飛び交う
前橋女子高生死亡事故 禁固4年6月を求刑
前橋女子高生死亡事故 公判で責任能力なしと主張
前橋女子高生死亡事故 運転に固執した85歳
立川病院暴走死亡事故 運転の85歳に禁固2年の実刑判決
高齢者の交通事故相次ぐ
東名あおり運転裁判 危険運転を否認
堺あおり運転 二審も懲役16年の判決
小学校教頭 飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕
小樽市3人死亡事故で最高裁判決 懲役22年確定
小樽の飲酒ひき逃げ 危険運転で懲役22年判決
浜松暴走死事件 中国人被告に懲役8年判決
浜松中国人ひき逃げ事故 同乗の夫も書類送検
中国人女ひき逃げで逮捕 5人死傷
亀岡暴走事故 被告が判決を不服として控訴
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
エスカレーターで車椅子の夫婦転落事故
西伊豆電気柵感電事故死を考える3 容疑者自殺
西伊豆電気柵感電事故死を考える2 440ボルトの電流
西伊豆電気柵感電事故死を考える1 安全管理欠如
横浜強盗殺人未遂 71歳の男を逮捕

「ノルウェイの森」 直子と緑

昨日に続いて、山根由美恵山口大学教育学部准教授の論文を叩き台に、「ノルウェイの森」について書きます。今回は後半部分、直子と緑について触れます

「村上春樹『ノルウェイの森』論ー緑への手記ー」
おわりにー「緑への手記」ー
三十七歳まで「僕」は、「キズキ」の死の時のように、罪悪感に苛まれながらも努めて〈忘却〉することで生を構築しようとしていたと考えられる。しかし、ビートルズの『ノルウェイの森』を聞いたことで、「僕」は「直子」との過去を「起きろ、理解しろ」と問われる。
しかし、「直子」との約束を果たすために文章を書き始めながらも、「僕」は「緑」を本当に愛していたことを告白していた。そして「僕」自身が「直子は僕のことを愛してさえいなかったからだ」と考えていたにもかかわらず、「直子」は「僕」を愛しており、そのことを告白できずに死へと向かってしまった過程も描かれていた。「直子」の死は罪意識(第一の原罪、「キズキ」の自殺)を乗り越えることが出来ず、自らの愛を告白できなかったものである。同じように原罪(第二の原罪、「直子」の自殺)をかかえた「僕」も「緑」を選ぶことができず孤独な生を生きていると想像される。この手記には自らの愛と罪、「直子」に対する加害性と「緑」への愛を見つめる姿がある。
「ノルウェイの森」は、「僕」が二十歳の時「緑」に説明できなかった「直子」との関係を説明した「緑」へ向けた手記という捉え方ができないだろうか。つまり、「直子」の死の意味を理解した「僕」が、自らの罪を描くことで、自らの過去を全て「緑」にさらけ出し、新しい生を生きようと決意したということである。
これは、加藤典洋氏が述べるような〈内閉からの回復〉という生やさしいものではない。漱石「心」の先生が「私は今自分で自分の心臓を破って、其血をあなたの顔に浴せかけやうとしてゐるのです」と決意し、遺書を書いたように、「ノルウェイの森」は「僕」が自らの罪深い過去を血を流すように全霊を賭けて書いた手記なのである。「僕」は失ってしまった「緑」のために、分岐点になった上野駅に戻り「緑」を呼び続けている。ここには、死への指向ではなく、生へと向かう、つまり愛を選び取った究極のエゴイズムの姿がある。つまり、テクストには「直子」を犠牲にしてまでも「緑」への愛を吐露した「僕」のエゴイズムがあり、その意味で「ノルウェイの森」は「一〇〇%の恋愛小説」(帯の作者の言葉)なのである。


うーん、という感じです。引用はしませんでしたが、山根論文の中に先行する研究として、「直子」か「緑」かという研究がいくつもあるのだとか。つまり、「ノルウェイの森」のヒロインは「直子」なのか、「緑」なのかという問いであり、ワタナベが本当に愛したのは「直子」なのか、「緑」なのかをあれこれ議論しているわけです
ワタナベは「直子」に最初から惚れていたのであり、ただ親友の「キズキ」に遠慮して距離を置くようにしていただけです。さすがに「キズキ」の自殺の後に「直子」を口説くわけにはいかず、それでも「直子」と恋人同士になりたいと思い、腰が引けた態度で接します
そこに「緑」が割って入り込むのですが、男子学生の本音としては「直子」も「緑」もどちらもキープしておきたい、と考えるのではないでしょうか?
どちらか一方を愛し、他方は分かれるべきだという倫理観をもって男子学生が行動するとは限りません
なので、「直子」か「緑」か、という議論はまったく無駄であるように自分は感じます
加えて、先日書いたように「僕」が「緑」に入れ込んでしまったがため「直子」が自殺したという解釈に、自分は賛成できません
小説の展開としては「直子」が自殺してしまいますから、ワタナベが残された「緑」にすがりつくのは自然な成り行きでしょう
この時点で、ワタナベが本当に「緑」を愛しているのかどうか?
「緑」を愛していると表現するよりは、「緑」にすがるしかなかったというのが真相ではないでしょうか?
しょうもない成り行き任せの展開に映りますが、それでも当人たちにとっては「純愛」なのかもしれません
で、ワタナベが単身ドイツへ向かう飛行機に登場して…との小説冒頭のシーンに立ち返ると、「緑」とも別れて暮らしているようですから、「直子」も「緑」も過去の女であり、若気の至りを反芻しつつ手記を書いている風にも受け取れます(そうだ、とは言いませんが)
なので、末文のような「テクストには『直子』を犠牲にしてまでも『緑』への愛を吐露した『僕』のエゴイズムがあり…」という解釈に結びつくようには思えないのです
「直子」と「緑」の間で揺れ動き、振り回された学生時代の、悔悟を交えた回想という位置づけるのが、自分の解釈です(それでも繰り返し読む価値のある名作だと思っています)

(関連記事)
村上春樹「風の歌を聴け」 自我の語りと沈黙
https://05448081.at.webry.info/202010/article_38.html
村上春樹「一九七三年のピンボール」研究
https://05448081.at.webry.info/202010/article_24.html
「風の歌を聴け」 鼠は主人公の影
https://05448081.at.webry.info/202010/article_22.html
「ノルウェイの森」 直子の自死について
「海辺のカフカ」 自己愛の行方
「海辺のカフカ」を巡る冒険 性と暴力の神話として(2)
https://05448081.at.webry.info/202010/article_27.html
「海辺のカフカ」を巡る冒険 性と暴力の神話として
中国は「ノルウェイの森」をどう読んだのか
中国は「ノルウェイの森」をどう読んだのか2
「村上春樹ブーム」は虚構であり幻想と書く評論家
「ノルウェイの森」をセカイ系だと批評する東浩紀
中国は村上春樹をどう読んだのか
中国は村上春樹をどう読んだのか2
中国は村上春樹をどう読んだのか3
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その1
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その2
韓国は村上春樹をどのように読んだのか
韓国は村上春樹をどのように読んだのか2
「なぜ韓国に村上春樹はいないのか」と書く韓国メディア
村上春樹論
村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」
「1973年のピンボール」
記事「村上春樹ブームを読む」を読む
村上春樹と東アジア 毎日新聞より
村上春樹「神の子どもたちはみな踊る」
村上春樹ごっこをして遊んでみる
映画「ノルウェイの森」 予告編
村上春樹原作「神の子どもたちはみな踊る」映画化
米ハイスクールで「ノルウェイの森」の課題図書指定にクレーム
尖閣・竹島問題で村上春樹が朝日新聞に寄稿
村上春樹の新作 予約が45万部突破
「村上春樹のノーベル賞予想に浮かれる日本」と書く海外メディア
爆笑問題太田による村上春樹批判の迷走
爆笑問題が村上春樹の新作を批判
村上春樹「蛍・納屋を焼く」を韓国で映画化 その感想
映画「ドリーミング村上春樹」
東出昌大 村上春樹作品映画を降板

「ノルウェイの森」 直子の自死について

「ノルウェイの森」を読んだのは職場から離れ、半年ほど東京に滞在していたときでした。欅の並木が色づき、秋の気配が濃くなる中、「ノルウェイの森」をひたすら読んでいた、と記憶しています
そんな回顧に浸り、過去を懐かしんで…というつもりでもないのですが、「ノルウェイの森」について、まだまだ話したいことが多くありますので取り上げます
今回は山根由美恵山口大学教育学部准教授の「村上春樹『ノルウェイの森』論ー緑への手記ー」を叩き台に話を進めます
山根准教授は村上春樹を専門とする研究者で、随分と多くの論文を書いています。いずれは他の論文も当ブログで取り上げるつもりです
主題は記事のタイトルにも示したように、直子はいつから病んでいたのか、です

「村上春樹『ノルウェイの森』論ー緑への手記ー」
(前略)
二 連鎖する死の構図ー直子の愛と罪ー
先ず、第一の原罪、すなわち「キズキ」を死に至らしめた(と感じている)「直子」が自殺していく「過程」を、「僕」との関係に絡めながら検討する。
先行研究では「ノルウェイの森」の「恋愛小説」性に関して様々な論考があるが、「僕」と「直子」との関係に恋愛要素は薄いと考えられているようである。黒古一夫氏は「『僕』と『直子』の関係に〈愛〉はあるか。ここにあるのは〈優しさ〉だけではないのか」と述べ、加藤典洋氏は「直子」を「僕の分身」と捉え、「僕」と「緑」の物語に分身「直子」が重ねられた「内的世界からの回想を描く物語」と位置づけている。
更に竹田青嗣氏、吉田春生氏は、「ノルウェイの森」は「恋愛小説」ではなく、「自閉」した「直子」と「僕」とのすれ違いに重点が置かれた、村上春樹作品にこれまで描かれてきた自意識の物語であると位置づける。また、三枝和子氏も近代小説と比較しながら、「ノルウェイの森」は「恋愛小説」ではなく、「夫婦の心境小説」と位置づけている。
「直子」は、恋愛対象ではなく、精神を病んだ人間としての側面が強調されてきた。しかし、その苦しみの原因は「直子」と「僕」と「キズキ」という三人の関係性にあることは間違いない。
(以下、高校時代「キズキ」は直子との性交を求めたものの、「直子」の体は「キズキ」を拒んだこと。「キズキ」の自殺を「直子」は自分が彼を拒んだせいだ、と思いつめていること、の説明)
しかし、「直子」はその罪意識を越えて、「僕」のことをかけがえのない男性であると感じていた。「直子」は精神面(心)も「僕」を愛していたと考えられるのである。
加藤弘一氏は次のように述べている。

人生の旅半ばの年齢で回顧するという趣向によって盲点化されているが、ワタナベの加害性は覆いようもない。彼は緑とのデートを逐一、直子に書き送っている。彼を信じようと努力し、彼への信頼を手がかりとして世界との基本的な関係を再建しようとしている彼女にとって、これがどんなに致命的なことが。ワタナベの二回目の訪問の後、快方に向かったかに見えた症状が俄に憎悪するのは偶然ではない。この時期の訪問がひどくそっけない書き方しかなされていないことも、単に繰り返しを避けたというような問題ではあるまい。あのそっけない書き方は、ワタナベの心がすでに緑にむかっており、直子は視野の外に追いやられていたということを裏側から示している。心の病によってただでさえ被害的になっている直子がこの変化に気がつかないはずはない。事実、緑との関係が深まるに比例して、直子はどんどん追いつめられ、決定的な事態に進んでしまうのである。


この加藤弘一の見解(緑との関係が直子を追い詰め、自殺に至らしめる)に筆者も同意しているわけですが、自分には違和感ありありです
まずもって直子が精神に異常をきたし始めたのは「キズキ」の自殺の影響ではなく、それ以前から彼女の心は壊れ始めていたと自分は受け止めています。もちろん、ワタナベが緑と恋愛関係を深めたので直子が自殺した、などという短絡的な見方にも賛成できません
直子の病気が何であるか、作品中では言及されていないのですが、強いて憶測すれば統合失調症を村上春樹は想定したのでしょう
ですから、直子が失恋して自殺した、などと決めつけるのはあまりに読みが浅いのでは?
おそらく加藤弘一も筆者も、統合失調症の患者と直接接した経験はなく、彼ら彼女らの言動を見聞きした経験もないと思われます
以前、統合失調症の発病は青年期であり、「青年病」と言われた時代がありました。つまり中学生や高校生に統合失調症はありえず、大学生になってから発病するとの考えです
しかし、現在では中学生でも統合失調症の発病はあると、認識が変化しています
「キズキ」もワタナベと同じく、直子の示す不可解な言動(それは統合失調症の先駆的な症状)に振り回されたのではないか、と推測します
ではあっても、恋人がヤンデレだったから「キズキ」が自殺するとは思えないのであり、「キズキ」には別の、自殺を選ぶだけの事情があったと想像します
村上春樹がどのように構想し、想定して「ノルウェイの森」を書いたのか、本人のみぞ知るところですが、自分には「キズキ」が自殺したのは単に直子と性交ができなかったから、などという馬鹿げた理由であるとは思えません
多分、「キズキ」もまた病んでいたのではないでしょうか?
ただ、ワタナベは「キズキ」の自殺する理由も分からず、直子の変調にも気がつかなかった、と
それでもワタナベは直子の自殺について、ワタナベ自身の責任であると感じているのは確かです
ワタナベは自殺してしまった「キズキ」に「直子はオレが守るから」と約束し、直子を守るためだと自分を偽り彼女とつきあいます。もちろん、ワタナベは高校生の頃から直子に惚れていたのであり、ただ「キズキ」の手前その感情を押し殺していたのでしょう
ワタナベはどうにかして直子と恋人同士の関係を築くべく奮闘しますが、直子を守れず、自殺されてしまいます
うがった見方をするなら、直子は自殺することでワタナベに深い傷跡を残し、忘れられないようにしたとも解釈できるわけです。しかし、病んでいた直子にそのような考え方はできるはずもないのであり、直子の自殺は幻聴や幻覚に苛まれた結果ではないか、と考えます
直子は具体的に何に苦しみ、何を悩み、何に苛まれていたのか語らないまま、自殺しているのであり(断片的には語っていますが)、ワタナベは直子の自殺の原因が理解できないものの、自分のせいだという自責の念に苦しむわけです
以上、簡単ですが自分の読み方を書きました

(関連記事)
村上春樹「風の歌を聴け」 自我の語りと沈黙
https://05448081.at.webry.info/202010/article_38.html
村上春樹「一九七三年のピンボール」研究
https://05448081.at.webry.info/202010/article_24.html
「風の歌を聴け」 鼠は主人公の影
「ノルウェイの森」 直子と緑
「海辺のカフカ」 自己愛の行方
「海辺のカフカ」を巡る冒険 性と暴力の神話として(2)
https://05448081.at.webry.info/202010/article_27.html
「海辺のカフカ」を巡る冒険 性と暴力の神話として
中国は「ノルウェイの森」をどう読んだのか
中国は「ノルウェイの森」をどう読んだのか2
「村上春樹ブーム」は虚構であり幻想と書く評論家
「ノルウェイの森」をセカイ系だと批評する東浩紀
中国は村上春樹をどう読んだのか
中国は村上春樹をどう読んだのか2
中国は村上春樹をどう読んだのか3
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その1
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その2
韓国は村上春樹をどのように読んだのか
韓国は村上春樹をどのように読んだのか2
「なぜ韓国に村上春樹はいないのか」と書く韓国メディア
村上春樹論
村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」
「1973年のピンボール」
記事「村上春樹ブームを読む」を読む
村上春樹と東アジア 毎日新聞より
村上春樹「神の子どもたちはみな踊る」
村上春樹ごっこをして遊んでみる
映画「ノルウェイの森」 予告編
村上春樹原作「神の子どもたちはみな踊る」映画化
米ハイスクールで「ノルウェイの森」の課題図書指定にクレーム
尖閣・竹島問題で村上春樹が朝日新聞に寄稿
村上春樹の新作 予約が45万部突破
「村上春樹のノーベル賞予想に浮かれる日本」と書く海外メディア
爆笑問題太田による村上春樹批判の迷走
爆笑問題が村上春樹の新作を批判
村上春樹「蛍・納屋を焼く」を韓国で映画化 その感想
映画「ドリーミング村上春樹」
東出昌大 村上春樹作品映画を降板

日本薬科大女子学生殺人 広瀬被告の初公判

昨年1月末、女子大生を自宅アパートまで招き入れた上に殺害し、遺体を空き地に埋めたとして広瀬晃一被告が逮捕されたのですが、その後は続報もなく(単に自分が見落としていた可能性もありますが)、ブログで取り上げないままでした
殺人及び死体遺棄容疑で起訴された広瀬被告の初公判を報じる記事がありましたので、取り上げます
そもそもこの事件は、被害者である菊池捺未さんが何のために茨城県神栖市の広瀬被告の許を訪ねていったのか、はっきりしません
検索して調べると、2019年2月の週刊新潮が記事を掲載しています。目撃者もいない事件ですから、週刊新潮は捜査関係者から情報を得て記事にしたものと思われます。2人が接触した経緯を以下のよう書いています


「菊池さんは廣瀬から事前に、会うことの対価として一定金額の提示を受けていたようです。彼女はお金を受けとれると見込んで、片道の交通費しか持たずに神栖まできた」(同)
ところが“約束”通り部屋で2人きりですごしたにもかかわらず、お金は受けとれなかったうえ、体よく畑でクルマから降ろされてしまった。アパートへ戻ったのは、その“抗議”のためだったとされる。
「結局、お金を払わなかったのか、金額が少なかったかでもめた。怒った菊池さんが、(廣瀬の)写真を撮って“SNSで拡散してやる”と言って騒ぎはじめ……」(同)
そして悲劇は起こった。廣瀬容疑者が菊池さんに提示していた金額は、十数万円だったとも、あるいは30万円だったともいわれる。
(デイリー新潮の記事から引用)


ゲーム関係のサイトで知り合い、広瀬被告が菊池さんに「会ってくれたら30万円支払う」などと申し向けて誘い出したものと推測されます。広瀬被告は以前、携帯電話のサイトで知り合った千葉県内の女子中学生を誘い出し、みだらな行為をしたとして罰金刑を受けており、同じ手口を踏襲したと考えられます
しかし、広瀬被告が金を払おうとはしなかったため(金に困って会社からも前借りしていた広瀬被告です。最初から払う気はなかったのでしょう)、菊池さんは携帯で顔写真を撮影し「ネットに晒す」と申し向けたため、広瀬被告は菊池さんの顔面を押さえつけ窒息死させた、というのが事件のあらましのようです(週刊誌の記事等に書かれたものからの推測です。初公判の様子を報じた記事に、そこまでは書かれていません)


日本薬科大1年の女子学生=当時(18)=を殺害して遺体を茨城県神栖市の土中に埋めたとして、殺人と死体遺棄の罪に問われた無職広瀬晃一被告(37)の裁判員裁判の初公判が6日、東京地裁(野原俊郎裁判長)であり、被告は「殺意を持って、というところだけが違う」と述べ、起訴内容を一部否認した。
弁護側は殺人罪は成立せず、傷害致死罪にとどまるとした。
検察側は冒頭陳述で、広瀬被告は2018年11月、無料通話アプリで知り合った学生を神栖市の自宅に連れていった後、金の支払いをめぐってトラブルになったと指摘。「被告は別の事件で執行猶予中だった。トラブルの発覚を恐れ、殺意を持って学生の鼻と口をふさいだ」と主張した。
弁護側は冒頭陳述で、「殺意はなかった。学生に撮影された顔写真を消去しようとしたところ抵抗され、気付くと動かなくなっていた」と述べた。
起訴状によると、広瀬被告は18年11月20~21日、茨城県鹿嶋市や隣接する神栖市などに停車した自動車内で学生を殺害。遺体を神栖市内の刈草置き場の土中に埋めたとされる。
(時事通信の記事から引用)


広瀬被告は幼い時に父親を亡くし、母子家庭で育ったようです。他方、菊池さんも親が離婚して父子家庭で育ったのだとか
なので、菊池さんの側にもお金を必要とする事情があったのかもしれません
さて、裁判の方では広瀬被告側が「殺害はしたが殺意はなかった。過失致死だ」と主張しています
ただし、過失致死であると立証するのは困難です。遺体を埋めて隠したのは菊池さん殺害を隠蔽するためであり、そこには殺意があったからではないか、との推測が成り立つからです
殺害した直後、自首していれば、「誤って殺害してしまった。殺意はなかった」との弁明も通用する余地があるのでしょうが
追記:東京地裁は広瀬被告に懲役14年の判決を言い渡しています。求刑は懲役20年でした。「被害者の鼻や口をふさぎ、力を込めて5~6分間押さえ続けた」被告の行為には殺意があったと認める判斷を示しています

(関連記事)
日本薬科大女子学生殺人 SNSで知り合った男
モデル女子大生殺害事件で事務所が遺族と和解
松戸女子大生殺人事件を考える7 最高裁も死刑を否定
松戸女子大生殺人事件を考える5 高裁では無期懲役
松戸女子大生殺人事件を考える 「女は強姦されたがっている」
千葉女子大生遺棄事件を考える7 無期懲役判決
千葉女子大生遺棄事件を考える6 別件の強盗強姦事件
死刑執行 三島女子大生殺人の服部死刑囚
島根女子大生遺棄事件を考える44 捜査本部会見
島根女子大生遺棄事件を考える43 矢野容疑者のプロフィール
島根女子大生遺棄事件を考える42 容疑者死亡で送検
島根女子大生遺棄事件を考える29 思い込みの誤り
島根女子大生遺棄事件を考える28 劇場型犯罪

ディズニー映画「ムーラン」の評判は

あのドナルド・トランプ大統領をして、アメリカの映画業界が中国と結びつきを強めているのはけしからん、と批判するほど、昨今のハリウッドは中国べったりです
中国は国内産映画を振興するため、外国映画の上映本数を厳しく制限しています。ただし、中国資本が資金を出したアメリカ映画は例外扱いされ、中国国内で大々的に上映できるとあって、ハリウッドの映画会社は中国から資金提供を受け、中国人俳優を起用するなどしているわけです
ニューズウィークがディズニー映画「ムーラン」は中国市場で大当たりを狙ったもののコケてしまった、という記事を配信しています
しかし、Wikipediaを見ると、ディズニーが巨額の収入を手にしたと書かれており、判断に迷います。どうなのでしょうか?


中国でも世界でも評判は散々......映画『ムーラン』はなぜコケた?
中国でムーランを知らない人はいない。読み人知らずの漢詩「木蘭辞」に由来するムーランは、現代でも国語教材として子供たちに暗記させているからだ。
中国人のムーランに対するイメージは「孝」だ。体が弱い父親の代わりに男の姿をして戦場に行き、故郷に凱旋した時は朝廷の俸禄を断って、娘の姿に戻り昔のままに生きていく。ムーランの伝説には古代中国の伝統的な美意識が宿っている。
ディズニーが実写版の映画『ムーラン』に2億ドルを投じた理由は言わずとも分かる。中国人にとって千年不朽の伝説であり、中国市場での大儲けが期待できる。しかしその狙いは外れ、9月4日からディズニーの会員向け動画配信サービスで公開したところ、中国でも世界でも評判は散々だ。ムーランを演じた女優・劉亦菲(リウ・イーフェイ)が香港デモで「警察を支持する」と表明したこと、エンドロールで新疆ウイグル自治区の地方当局や公安機関へ「特別感謝」したことが国際的な反発を買った。
中国国内では9月11日から劇場公開したが、ムーランを伝統的な親孝行者ではなく、愛国戦士へと変身させたことが中国政府にこびる行為だと、自由派に嫌悪感を抱かれた。愛国調で有名な環球時報からも芸術レベルが低く、中国の物語を正しく表現していない上に欧米人が勝手に思う中国の伝統要素を集めただけ、と批判された。
一般の観客も失望した。戦場帰りのムーランがなぜ、まるでピエロのような化粧をしたのか。映画の中に出てきた中国人男性はなぜ緑色の帽子をかぶっていたのか(中国で男性に緑の帽子をかぶせることは、妻の浮気を意味する)。中国人の美意識に全く合っていないこのムーランは、中国最大手の映画情報サイト豆瓣で10点満点中、4.9点しか集められていない。
主演女優の劉だけは中国外務省に褒められた。香港警察支持を公言したためである。スポークスパーソンは「彼女は現代のムーランだ。真の中国人民の優れた娘だ」と言った。
これに対する中国人ネットユーザーの面白い投稿がある。
「真の中国人民の優れた娘だって? 何かの間違いだろう。彼女はアメリカ国籍だよ!」。中美脱鉤(米中デカップリング)の悲喜劇だ。
(ニューズウィークの記事から引用)


中国での公開は、作品へのさまざまな批判により目論見通りにはいかなかったようです
脚本はハリウッドでそれと知られた脚本家が手掛けているものの、中国の歴史や文化に造詣が深いわけでもなく、中国風の装束や舞台を用いた無国籍映画になってしまっており、中国で酷評されるのも当然でしょう
しかし、アメリカや日本では映画館での公開を見送り、Disney+での配信に切り替えたのがかえって幸いしたとWikipediaに書かれています。コロナウィルスの影響でステイホームを強いられた人たちにとって、動画配信サービスは何よりの息抜きだったのかもしれません。アメリカでは2億6000万ドル(約272億円)の収入なのだとか

『ムーラン』日本版最新予告編


中国映画といえばワイヤーアクションです。ディズニーの制作ですからどうだろうと思ったら、やっぱりワイヤーアクション山盛りでした
自分には剣を構えてビヨーンと飛んでいく姿が、とんでもなく間抜けに見えるのですが、映画関係者はワイヤーアクションをなぜか好むようです。ワイヤーアクションなどに頼らず、殺陣をもっと工夫すればよいのに、残念ながらそうした発想はないようです
You Tubeのコメント欄には、映画のロケ地が新疆ウイグル自治区であることを指摘し、「中国によるウイグル人迫害を許すな」というメッセージや、「絶対見ない」と拒絶する意見がいくつも書き込まれています
ただし、残念なことに日米とも「ディズニーの映画だから、家族で安心して見ていられる」と受け止めている人が多いのでしょうし、中国政府によるウイグル人弾圧などまったく関心がないのが現実なのかもしれません

(関連記事)
文化強国目指す中国 実態はコンテンツの墓場
「日本アニメはディズニーを目指せ」という無茶な提言
中国アニメ「天香公主」はディズニー風「アナ雪」か?
ディズニー・アニメ「シュガー・ラッシュ」は友情、努力、勝利!
ディズニーの短編アニメ「Paperman」を絶賛する声
ディズニーの記念すべき大コケ映画「ジョン・カーター」近日公開
米中合作映画「アイアンマン3」 中国迎合に走るハリウッド
ハリウッドの大コケ映画「スーパーマリオ・ブラザーズ」
2007年の最低映画 韓国の「D-WARS ディー・ウォーズ」
韓国映画「マイウェイ」大コケ
日本アニメ原作の映画「Blood:The Last Vampire」世界でコケまくる
映画「トータル・リコール」リメイクも米で大コケ

前橋女子高生死亡事故 控訴審で有罪を認める方針に

2018年1月、新学期の始業式のため登校途中だった女子高生2人が車にはねられ、1人が死亡、もう1人が重傷を負う事故がありました。運転していた老人は物損事故を繰り返すなどして、家族から車の運転をやめるよう強く諌められていたのですが、家族の目を盗んで車に乗り走り出していました
その後、前橋地方裁判所では判事のとんでもない判断による無罪判決が示され、多くの人が不審感を抱き、怒りを覚えたところです
ところが控訴審で、被告側は自ら有罪を認める方針であると報じられています。「被害者に申し訳ない」という被告の家族の意向が強く反映しているのだと読売新聞が記事にしています


「被害者に申し訳ない」家族意向受け、88歳被告が有罪主張へ…1審無罪の高校生死傷事故
高校生2人を乗用車ではねて死傷させたとして自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)に問われ、1審・前橋地裁判決で無罪とされた被告が、6日から東京高裁で始まる控訴審では一転、有罪を主張する方針だ。「被害者に申し訳ない」と訴える家族の意向に被告が同意し、罪を認めるという。異例の展開に、高裁の判断が注目される。
前橋市の無職川端清勝被告(88)は2018年1月9日、同市内の県道で、自転車で登校中の女子高校生2人を乗用車ではね、1年生の太田さくらさん(当時16歳)を死亡させ、もう1人にも重傷を負わせた。
今年3月の地裁判決は、被告が持病の薬の副作用で意識障害を起こしていた可能性があり、事故は予見できず、運転を控える義務はなかったとして、被告側の主張を認めて無罪(求刑・禁錮4年6月)とした。検察は控訴した。
以前にも物損事故を起こした被告に、運転をやめるよう再三説得していたという被告の家族は取材に対し、「家族として責任を痛感し、無罪を受け止められない」と述べた。判決や被告を批判するインターネット上の中傷も「つらかった」と語った。
控訴審で選ばれた新たな弁護人は、家族の話や裁判記録を踏まえ、被告が目まいの症状で病院を受診していたことなどから事故を予見できたとして、検察側の主張を全面的に認める方針だ。現在は福祉施設で暮らす被告も、「運転を控えるべきだった」と納得しているという。
被告の家族が有罪を求めることについて、交通犯罪に詳しい東京都立大の星周一郎教授(刑法)は、「最近みられる高齢ドライバーによる事故の極端な一例で、被告家族の苦悩が伝わる。ただ、被告家族の処罰感情が裁判に影響することはない」と語る。「関東交通犯罪遺族の会」顧問の高橋正人弁護士は、被告家族の主張に理解を示しながら、「公判に直接的な影響はなく、裁判官は証拠から予見可能性を客観的に判断することになる」と指摘する。
太田さんの両親は代理人を通して談話を公表し、「私たちが望むのは、被告が責任に正面から向き合い、罪を償ってくれることです」とした。その上で、「『運転すべきでない人が運転した』ことが、問題であることを明らかにする判断をしていただきたい」と求めた。
(読売新聞の記事から引用)


前橋地裁のとんでもない判決については、以前の記事「前橋女子高生死亡事故 無罪判決で怒声飛び交う」で紹介していますので、関心のある方はそちらも読んでください
控訴審でもう少しまともな判断が下されるのを期待します
死亡事故なので、民事としては保険会社から被害者遺族に保険金が支払われているとは思いますが、それで遺族が納得できるものではありません
記事では有識者が、川端被告の家族の気持ちがどうあれ判決に反映されるものではないとした上で、証拠と法に基づいて判決が下されると当たり前の話をしています。が、当事者である川端家の人間にすれば針の筵に座らされた気持ちでしょう
この記事を池袋で母子を轢き殺した飯塚幸三に100万回くらい読んで聞かせてやりたいものです

(関連記事)
前橋女子高生死亡事故 無罪判決で怒声飛び交う
前橋女子高生死亡事故 禁固4年6月を求刑
前橋女子高生死亡事故 公判で責任能力なしと主張
前橋女子高生死亡事故 運転に固執した85歳
立川病院暴走死亡事故 運転の85歳に禁固2年の実刑判決
高齢者の交通事故相次ぐ
池袋暴走事故 無罪主張の狙い
https://05448081.at.webry.info/202010/article_28.html
池袋暴走事故 飯塚被告は初公判で無罪主張
池袋暴走事故 ようやく飯塚幸三を書類送検
池袋暴走事故 88歳飯塚幸三はまだ起訴されず
東名あおり運転裁判 危険運転を否認
堺あおり運転 二審も懲役16年の判決
小学校教頭 飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕
死亡ひき逃げ事故 小学校教頭に実刑判決
小樽市3人死亡事故で最高裁判決 懲役22年確定
小樽の飲酒ひき逃げ 危険運転で懲役22年判決
浜松暴走死事件 中国人被告に懲役8年判決
浜松中国人ひき逃げ事故 同乗の夫も書類送検
中国人女ひき逃げで逮捕 5人死傷
亀岡暴走事故 被告が判決を不服として控訴
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
エスカレーターで車椅子の夫婦転落事故
西伊豆電気柵感電事故死を考える3 容疑者自殺
西伊豆電気柵感電事故死を考える2 440ボルトの電流
西伊豆電気柵感電事故死を考える1 安全管理欠如

中国メディア「世界は中国支持に傾斜している」

中国メディアによる気色悪いほどの自画自賛記事は毎日配信されていますが、ことさら取り上げる気にもなりません
しかし、現下の情勢を考えると(米中の対立、トランプ大統領がコロナウィルスに感染して入院、中国の孤立化)、少しは気にかけておこうか、と思い取り上げます
コロナウィルスの感染拡大に伴い、中国はアフリカ諸国に医師団を派遣したり、マスクや検査薬を贈るなど、あの手この手の人気取り政策を行っています
が、贈られたマスクに欠陥が見つかったり、PCR検査の試薬の品質がダメダメだったりと、かえって評判を落とす結果になっていたりします。さらにアメリカを中心に先進国の間で中国包囲網ができつつあり、中国が苦しい立場に追い込まれているのも現実でしょう
そうした状況を意に介する様子もなく、今月2日の中国メディアは医療研究者の発言という体裁で、「世界の国々が中国支持に傾斜している」との記事を掲げています


2020年10月2日、観察者網は、中国の専門家が新型コロナウイルスを契機に「世界は急速に中国に傾斜している」との見方を示したと報じた。
記事は、復旦大学中国研究院の張維為(ジャン・ウエイウエイ)院長が国慶節に際してこの1年を振り返り、今後の中国の発展について展望した際に、新型コロナウイルスが14世紀に欧州で流行したペスト同様「人類の歴史を大きく変える伝染病」になるとし、「世界はより速いペースで東洋に、中国に、そして社会主義に傾斜していくと予測している」と述べたことを紹介した。
張氏はまた、新型コロナによって多くの人が、中国指導部の掲げる「人類運命共同体」を一層認識するに至ったとした上で、「米国はこの人類運命共同体の概念をどこか一部でも受け入れられていたならば、感染状況は今よりもはるかに良かったに違いない」と主張。「彼らが中国に責任転嫁することを選ばず、中国に助けを求めていれば、WHO(世界保健機関)から出ていくことを選ばず、WHOの意見を聞いていれば状況はずっと良かったはずだ」と語っている。
そして、今の世界は平和、発展、団結を求めるという大きな潮流の中にあり、向かう先はまさに「人類運命共同体」であると説明。その中で米国はかつての冷戦構造をなおも信奉し、独善的に物事を捉え、国際協力を拒否したことによって、自らが世界的な新型コロナ禍の中心になってしまい、多くの米国人が「わが国は新型コロナによって国際社会の捨て子になってしまった」と嘆いているのだと論じた。
(レコードチャイナの記事から引用)


いったいどこを見て、「世界が中国支持に傾いている」などと言えるのやら
ちなみに記事にあるところの、アメリカの国民が「「わが国は新型コロナによって国際社会の捨て子になってしまった」と嘆いている云々は中国メディアによる下手な作り話です
アメリカ国民の4割はいまだにトランプ大統領を支持しており、中国を敵だと思っています。コロナウィルスの蔓延下であっても、「マスクをつけない自由」を求めて抗議活動をしている人たちもいて、彼ら彼女らは自分たちが「国際社会の捨て子になった」などとは微塵も考えていません
アメリカ人の多くは世界の動向など気にせず、自身の権利を主張します
さらに国際協調という意識も低く、独立独歩の傾向が強いのも特徴です
なので中国メディアが必死になってアメリカを中傷する記事を書いたとしても、多くのアメリカ人は中国発のニュースなど読みもしないのであり、気にもかけないというのが現実です
もちろん、トランプ大統領の無策がアメリカでのコロナウィルス蔓延を招いたのは事実であり、結果、20万人もの死者を出しているわけです
それでもトランプ退陣を求めるデモが全米で繰り広げられたりはせず、アメリカ国民の関心は黒人射殺への抗議だったりします
ですから、習近平国家主席がどれだけ美辞麗句を並べた演説をしようと、中国に敬意を払うアメリカ人はほとんどいないのです
そして、国際社会において中国の地位が向上していると認めるアメリカ人もほとんどいないのでしょう

(関連記事)
中国人男子が米国女性にモテない理由
「日本女性はなぜ、韓国男性と結婚したがるのか」と書く中国メディア
「日本女性は中国人と結婚したがっている」と書く中国メディア
「日本で韓国人男性がモテモテ」と報じる韓国メディア
日本のイメージは世界最高 中国人「なぜだ?」
「日本のソフトパワーは衰えている」と書く中国メディア
中国がアメリカでイメージアップCMを流すも酷評される
世論調査「中国を信頼できず84%」
中国文化と日本文化、どっちが影響力は上か
「日本は敗戦の歴史を学んでいない」と書く中国メディア

常磐道あおり運転 宮崎被告に執行猶予付き有罪判決

社会問題となった自動車のあおり運転で、その元祖とも言うべき事件が宮崎文夫被告による常磐道や東名高速で起こした3件の妨害運転事件です
水戸地方裁判所は宮崎文夫被告に対し、懲役2年6月で執行猶予4年の有罪判決を言い渡しています
一連のあおり運転事件を象徴する宮崎被告ですから、ここは執行猶予なしの有罪判決を下し、刑務所に収監するのが相当ではないかと思うのですが


茨城県守谷市の常磐自動車道で昨年8月に起きたあおり運転殴打事件などで、強要と傷害の罪に問われた会社役員、宮崎文夫被告(44)に水戸地裁(結城剛行裁判長)は2日、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役3年8月)の判決を言い渡した。
法律上の明確な定義がなかったあおり運転を「妨害運転」と規定し厳罰化した改正道交法の施行前の事件で、水戸地検土浦支部は全国初とみられる強要罪で起訴した。
宮崎被告のあおり運転の様子が写ったドライブレコーダーの映像は社会に衝撃を与えた。検察側は「一般予防の見地からも厳しい態度をもって臨むべきだ」と主張した。
弁護側は起訴内容を認めた上で、宮崎被告のみに強要罪を適用するのは法の下の平等の原則に照らしても問題と指摘し、執行猶予付き判決を求めていた。
起訴状によると、昨年8月10日、常磐道で20代男性の車に幅寄せや割り込みを繰り返し停車させた上、男性の顔を殴って軽傷を負わせたとしている。
(産経新聞の記事から引用)


上記の記事だけでは、裁判の中身が掴み辛いので、別の報道も参考にします
毎日新聞では、「結城裁判長は起訴された3件のあおり運転について『危険極まりなく、やられたらやり返そうという動機は自己中心的で身勝手だ』と批判。常磐道での暴行についても『(暴行中に)被害者は後続車両に追突される危険があっても、回避できる状態ではなかった』と述べた。
量刑について結城裁判長は、被告が被害者らに弁償するなどしていることを重視し、同種事件の量刑傾向を踏まえた上で『社会的影響を加味して実刑に処すことは、公平性を逸脱しかねない』と説明した。また、被告の人格の偏りが事件に影響したと指摘し、その是正のためには保護観察に付すことが相当とした」と報じています
マンション経営で資産がある宮崎被告ですから、被害者に対して相応の慰謝料を支払って罪を「宥恕」すると一筆、取り付けたのでしょう
被害者1人につき、100万円を超える額を提示したのでは?
もちろん、被害者がそれで納得したのであれば、外野がとやかく口出しするのは控えるべきでしょう
また、宮崎被告の事件後にあおり運転を罰するよう法改正されているため、法改正よりも前の犯行を重く罰するのは「法の下の平等」という大原則に反します
なので、執行猶予付き判決はやむを得ないのかと
裁判の前に、ある週刊誌に「宮崎被告は精神科への通院歴があり、有罪判決を下すのは難しい」という趣旨の記事が掲載されました
ですが、判決では宮崎被告を心神耗弱であるとは認めず、有罪の判断を下しています
執行猶予付き判決で収監を免れたのですから、宮崎被告も控訴はしないと思われます

(関連記事)
堺あおり運転 6100万円の賠償命令
堺あおり運転 二審も懲役16年の判決
堺あおり運転裁判 殺人罪認め懲役16年判決
堺市あおり運転裁判 殺意を否認
東名あおり運転裁判 高裁は差し戻し判決
東名あおり運転裁判 懲役18年判決
東名あおり運転裁判 懲役23年求刑
東名あおり運転裁判 危険運転を否認
小樽市3人死亡事故で最高裁判決 懲役22年確定
小樽の飲酒ひき逃げ 危険運転で懲役22年判決
歌川5人殺傷交通事故 懲役23年の実刑判決
飲酒運転で幼児3人死亡事故 懲役20年確定へ
小学校教頭 飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕
浜松暴走死事件 中国人被告に懲役8年判決
浜松中国人ひき逃げ事故 同乗の夫も書類送検
中国人女ひき逃げで逮捕 5人死傷
亀岡暴走事故 被告が判決を不服として控訴
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
亀岡暴走事故 小学校教頭が電話番号を漏らす
無免許運転で児童の列に突っ込む 懲役は7年前後
亀岡暴走事故 被害者の近況と少年法
京都の暴走事故 てんかん患者が運転
クレーン車事故で児童6人死亡 運転手は「てんかん」の持病
クレーン車事故を考える2 「てんかん」隠していたと母親が謝罪
クレーン車事故で運転手起訴 危険運転致死罪は見送り
前橋女子高生死亡事故 運転に固執した85歳
前橋女子高生死亡事故 公判で責任能力なしと主張
前橋女子高生死亡事故 控訴審で有罪を認める方針に
つがる4人死亡事故 危険運転で起訴も無罪主張

「海辺のカフカ」 自己愛の行方

甲南大学紀要143巻(2006年)に掲載された田中雅史教授の論文「内部と外部を重ねる選択 : 村上春樹『海辺のカフカ』に見られる自己愛的イメージと退行的倫理」を叩き台にして、「海辺のカフカ」の主人公である少年の自己愛について考えます
単に自己愛と書くと、漠然とした概念であり、あれもこれも自己愛、となりかねません
例えば昨日取り上げた、妻の連れ子の小学生を殺した長島悠介被告も自己愛が傷ついた人間であり、それゆえ小学生のこどもを絞殺する暴挙に走ったと表現することもできます。自分の妻に向かって、息子とオレとどっちが大事なのか、と問い糾すような人物をイメージしてください。ただし、こうした表現がまかり通るなら多くの殺人犯が「自己愛の傷ついた人間」になってしまいます
もちろん、ここで紹介する論文はそんな表面的な自己愛を論じているわけではなく、ハインツ・コフートの自己心理学(フロイトの精神分析から派生した学派)をかなり厳格に用いて論じようとしています

内部と外部を重ねる選択 : 村上春樹『海辺のカフカ』に見られる自己愛的イメージと退行的倫理

論文は注も含めると50ページもあり、PDFファイルで読むのはいろいろと難しいのでプリンターで印刷し、付箋をベタベタ貼り付けながら読みました
感想としてはボタンをかけちがえたシャツを着た感覚、というところでしょうか
自分はラカンの精神分析学を中心に学んでいるので、どうしても無意識の働きに関心が向いてしまいます。対してこの論文はコフートの自己心理学による読みなので、カフカ少年の抑圧と理想化転移、あるいはその挫折が中心に語られます
顕著な例を挙げると、カフカ少年と甲村記念図書館の佐伯さん(仮想としてカフカ少年の母親)の関係を巡る読みにそれが現れます
引用部分のページ数については紀要のページ数表記を用いています

(36ページから37ページ)
さて、本論では心理的な歪みに注目して論じていくのだが、はじめに述べたように母親からの分離という前エディプス段階の問題として、この物語を考えていこうと思っている。精神分析的な観点から村上春樹を論じたものとして、フロイト、ユング、ラカンなどを参照している小林正明氏の「塔と海の彼方にー村上春樹論ー」が木股氏の『集成』に収録されているが、私は村上春樹作品にはエディプス的な葛藤も含まれるが、より本質的なのは前エディプス段階、あるいは発達段階に固定する必要はないかもしれないが、とにかく母親からの分離の過程で生じた問題に起因するとされている自己愛の生涯という問題だと考えている。それで、フロイトではなく、ウィニコットやコフートを参照した。(中略)
コフートも母親的な支持を与えてくれる対象と自己との関係を主に論じており、説明の仕方も彼のいう「経験に近い」ものである。経験的に理解しやすい説明は、小説で起こった出来事などと直接比較できるので、貴重である。

(47ページ)
カフカ少年は見知らぬ土地での不安を和らげる、自己対象として機能するものを手に入れたわけである。続いてカフカ少年は佐伯さんを、「この人が僕の母親だといいのにな」と思う。ここまでは「現実でがあるけれども心理的な色づけをされた対象」をめぐる話と言っていい。
ところが、カフカ少年は「彼女が僕の母親であってはならないという理由はないのだ」と言い始め、その仮定ははじめはほとんど可能性はないはずだったが、結局この佐伯さんが彼の本当に母親らしいという展開になる。
(以下、佐伯さんとの関係が小説の中でどう展開するかの説明)


カフカ少年の無意識というのは小説の中で文章化されない部分であり、文章化されないので当然ながら読みの対象とはなりません。しかし、だからこそそれを読む訓練が必要になるわけです(特に、ラカン派の精神分析では)
文章化はされていなくてもカフカ少年の行動や発言の合間に、彼の無意識は反映されているものと仮定して、読み進めるわけです
さて、カフカ少年が家出をして四国へ向かったのは、四国=死国というベタな解釈もあります。つまり死者に出会うための四国行き、という設定だったのかもしれません
そして佐伯という母親の名字ですが、四国の瀬戸内沿岸は平城京、平安京の時代に佐伯氏の治めていた土地であり、彼女が四国出身であるのは自然の成り行きとも思われます
もちろん、カフカ少年の四国行きは母親に再会するためであり、母親に愛されず捨てられた自分、という傷ついた自己愛を修復するために必要だったのでしょう(なので、佐伯さんとの出会いは必然といえます)
ちなみにカフカ少年の父親は、「母と交わり父を殺し、姉とも交わる」と予言めい呪詛を繰り返しカフカ少年に発したと小説には書かれていますが、父親が意図して口にした言葉なので特段重要視する必要はありません。父親が無意識のうちに発したものであれば重要ですが
むしろ、父親の意図せぬ意図として、カフカ少年に暗に「母親に会いに行け」とのメッセージだったと読むべきかもしれません
村上春樹の小説の常として、カフカ少年が母親(と目される佐伯さん)を再会してからといって、ハッピーエンドを迎えたりはしないのであり、すんなりとカフカ少年の傷ついた自己愛が修復されたりもしない展開になっています
噛み合っていそうで噛み合わない会話、言葉が上滑りして真意がなかなか掴めない会話といった表現に村上春樹のドラマ作りの上手さを感じるのですが、皆さんはどうでしょうか?
カフカ少年には母親に語ろうとする何か、が決定的に欠けているようにも感じます。図書館で多くの本を読み、筋トレをしてタフな15歳にはなっても、母親に語るべきも一番大切な話が思い浮かばない現実。ラカンなら、大事な話は沈黙の中にある、と指摘するのかもしれません
ただ、それでもカフカ少年は成長し、東京に戻る決意をします
彼の自己愛が十分に修復されたのか、バラバラだったものが統合されたのか、について村上春樹は明文化していません。そこは読者が判断するところでしょう

(関連記事)
村上春樹「風の歌を聴け」 自我の語りと沈黙
https://05448081.at.webry.info/202010/article_38.html
村上春樹「一九七三年のピンボール」研究
https://05448081.at.webry.info/202010/article_24.html
「風の歌を聴け」 鼠は主人公の影
https://05448081.at.webry.info/202010/article_22.html
「海辺のカフカ」を巡る冒険 性と暴力の神話として(2)
https://05448081.at.webry.info/202010/article_27.html
「海辺のカフカ」を巡る冒険 性と暴力の神話として
https://05448081.at.webry.info/202009/article_33.html
「ノルウェイの森」 直子と緑
「ノルウェイの森」 直子の自死について
中国は「ノルウェイの森」をどう読んだのか
https://05448081.at.webry.info/202009/article_23.html
中国は「ノルウェイの森」をどう読んだのか2
https://05448081.at.webry.info/202009/article_24.html
「村上春樹ブーム」は虚構であり幻想と書く評論家
https://05448081.at.webry.info/202005/article_9.html
「ノルウェイの森」をセカイ系だと批評する東浩紀
https://05448081.at.webry.info/202004/article_17.html
中国は村上春樹をどう読んだのか
https://05448081.at.webry.info/201911/article_34.html
中国は村上春樹をどう読んだのか2
https://05448081.at.webry.info/201912/article_9.html
中国は村上春樹をどう読んだのか3
https://05448081.at.webry.info/201912/article_39.html
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その1
https://05448081.at.webry.info/201006/article_42.html
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その2
http://05448081.at.webry.info/201006/article_45.html
韓国は村上春樹をどのように読んだのか
https://05448081.at.webry.info/201909/article_20.html
韓国は村上春樹をどのように読んだのか2
https://05448081.at.webry.info/201912/article_13.html
「なぜ韓国に村上春樹はいないのか」と書く韓国メディア
http://05448081.at.webry.info/201402/article_19.html
村上春樹論
http://05448081.at.webry.info/200903/article_5.html
村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」
http://05448081.at.webry.info/200906/article_62.html
「1973年のピンボール」
http://05448081.at.webry.info/200906/article_149.html
記事「村上春樹ブームを読む」を読む
http://05448081.at.webry.info/200907/article_44.html
村上春樹と東アジア 毎日新聞より
http://05448081.at.webry.info/200908/article_21.html
村上春樹「神の子どもたちはみな踊る」
http://05448081.at.webry.info/200910/article_2.html
村上春樹ごっこをして遊んでみる
http://05448081.at.webry.info/201004/article_48.html
映画「ノルウェイの森」 予告編
http://05448081.at.webry.info/201008/article_3.html
村上春樹原作「神の子どもたちはみな踊る」映画化
http://05448081.at.webry.info/201008/article_67.html
米ハイスクールで「ノルウェイの森」の課題図書指定にクレーム
http://05448081.at.webry.info/201109/article_35.html
尖閣・竹島問題で村上春樹が朝日新聞に寄稿
http://05448081.at.webry.info/201209/article_43.html
村上春樹の新作 予約が45万部突破
http://05448081.at.webry.info/201304/article_5.html
「村上春樹のノーベル賞予想に浮かれる日本」と書く海外メディア
http://05448081.at.webry.info/201609/article_27.html
爆笑問題太田による村上春樹批判の迷走
https://05448081.at.webry.info/201702/article_23.html
爆笑問題が村上春樹の新作を批判
http://05448081.at.webry.info/201305/article_2.html
村上春樹「蛍・納屋を焼く」を韓国で映画化 その感想
https://05448081.at.webry.info/201910/article_18.html
映画「ドリーミング村上春樹」
https://05448081.at.webry.info/201912/article_36.html
東出昌大 村上春樹作品映画を降板
https://05448081.at.webry.info/202003/article_13.html

さいたま小4男児殺害事件を考える 懲役20年求刑

さいたま市の教員住宅で昨年9月、義理の息子で小学4年の男児を殺害し、メーターボックス内に遺棄したとして、殺人と死体遺棄の罪に問われた無職、長島悠介被告(33)の裁判員裁判が始まっています
逮捕後は殺人容疑を否認していた長島被告ですが、初公判では起訴事実を認め争う姿勢は示しませんでした
勾留されている間に心境の変化があったのでしょう
初公判では被害児童の母親が出廷し、長島被告の嘘の多さを憤り、なじる証言をしています


さいたま市で昨年九月、義理の息子で小学四年の男児=当時(9つ)=を殺害したなどとして、殺人と死体遺棄の罪に問われた無職長島悠介被告(33)の裁判員裁判の初公判が三十日、さいたま地裁(任介辰哉裁判長)であった。男児の母親は証人尋問で「あれだけ慕っていた息子の命を奪ったのに、うそをつき続けて事件と向き合わず悲しい」と憤りを口にした。
母親によると、男児はかねて「お父さんがほしい」と話し、長島被告との再婚を喜んだという。被告を「ゆうさん」と呼び、毎日一緒に風呂に入ったり、手をつないで歩くなど懐いた様子で、被告も男児の話をよく聞いていたという。
一方で、母親が男児とスキンシップを図ると、被告が家から飛び出し「俺だけのけ者にされた気がしてむかついた」と不満を口にすることもあったという。
また、被告からは大手企業で音響の仕事をし、「パワハラがあり転職する」「社会福祉士の資格があり、病院で内定をもらった」などと説明されていたが、そうした事実は一切ないことが事件後に判明。事件当日も男児の行方について、被告は「英語塾に行った」「友だちのところに泊まりに行くと言っていた」などと話していたという。
母親は、被告には事件後も反省の態度が見えないとして「全て話してくれることが本当の反省の始まり。作り話やうそはどうかつかないで」と訴えた。
(東京新聞の記事から引用)


昨日の初公判に続き今日は論告求刑公判が行われ、長島被告に対して検察は懲役20年を求刑しています
それにしても33歳にしてヒモのような生活にどっぷり浸かり、就労しようともせず嘘ばかり並べていたのですから、うんざりします
年齢こそ33歳ではあるものの、実際はもっと幼稚な思考しかできない人物なのでしょう
そんな人物を伴侶に選び、再婚したのが不幸の始まりです。もちろん、男選びが下手だったと母親を責めるつもりはありません
離婚した先夫とは違い、優しそうな男性に映ったという可能性もあります
ただし、一般論として嘘や言い訳の多い人物を伴侶にするのは考えものです。こうした人物は自分をより良く見せようと、嘘や作り話を持ち出し、いかにも「しっかりした大人」という印象を植え付けようとするわけですが、その実、自信も実績もないため、簡単にメッキが剥がれてしまいます。
長島被告が何をどう謝罪しようと、失われた命は取り戻せないのであり、長島被告は己の所業の重み、罪深さを刑務所で噛み締めてもらうしかないのわけです
勝手に憶測すれば、長島被告は一人のこどもの命と引換えに20年も服役生活を送るのは不満で仕方がないクズ、だと思われます
追記:さいたま地裁は長島被告に対し、懲役16年の実刑判決を言い渡しています

(関連記事)
さいたま小4男児殺害事件を考える 殺人容疑で再逮捕
さいたま小4男児殺害事件を考える  単純な動機
さいたま小4男児殺害事件を考える 義父を逮捕
さいたま小4男児殺害事件を考える 連れ子殺しの理由
和歌山小5刺殺事件を考える1 引きこもりの容疑者
和歌山小5刺殺事件を考える3 犯行を自供
和歌山小5刺殺事件を考える4 犯行のきっかけ
和歌山小5刺殺事件を考える7 公判で犯行を否認
和歌山小5刺殺事件を考える9 控訴審を前に
和歌山小5刺殺事件を考える10 控訴審で精神鑑定
和歌山小5刺殺事件を考える11 中村被告の「妄想」
和歌山小5刺殺事件を考える12 控訴審でも懲役16年判決
西淀川虐待死事件 内夫に懲役12年の判決
西淀川虐待死事件 母親に懲役8年6月の判決
こどもの虐待死 刑罰が軽すぎる
16歳の娘を裸で縛り死亡させた母親
16歳長女監禁死事件を考える2 しつけという弁明
相模原中学生自殺 児童相談所が保護せず見殺し
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 虐待する父親
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 性的虐待を把握
目黒女児虐待死事件を考える 初公判で起訴事実を認める
目黒女児虐待死事件を考える 「こどもに問題があった」と主張
目黒女児虐待死事件を考える 「父親になろうとした」と繰り返す被告

宮崎駿インタビュー 教祖にしたがるメディア

赤坂憲雄著「ナウシカ考ー風の谷の黙示録」(岩波書店)のAmazonでのレビューに、「多分に著者の憶測と主張(こじつけ)が混ざった私的な論考だと感じた。作品を理解したければ、宮崎駿のインタビュー本を読んだ方が遥かに良いと思う」との書き込みがありました
確かに書き手である赤坂憲雄独特の思索の展開に違和感を覚える読者もいるのでしょう。が、宮崎駿があちらこちらのインタビューに応じ、自作について語っているものを読んで、作品への理解が深まるとも思えません
いくつかのインタビュー記事を読むと、聞き手の稚拙な質問に宮崎駿が苛立ちながら答えているものがあります。あるいは質問する側が宮崎駿に、「現在の日本を鋭く批判してほしい」との意図が露骨に感じられるものがあったりして、そこには作品への理解の欠片もありません
環境保護派の頭目、あるいは教祖にでも祀りあげたいのか、と思ってしまうほどです
宮崎駿のインタビューはインターネットで読めるものも多数あるわけですが、今回は2008年11月20日、東京・有楽町の日本外国特派員協会に宮崎駿が登場し、講演を行った後の外国人記者との質疑応答からいくつか、引用してみます


悪人を倒せば世界が平和になるという映画は作らない――宮崎駿監督、映画哲学を語る(前編)
(前略)
――先ほどの講演で「子どもたちをナショナリズムから解放したい」とおっしゃいましたが、今後は地域社会に根ざした映画を作るつもりか、グローバルな映画を作るつもりかどちらですか?
宮崎 「世界の問題は多民族にある」という考え方が根幹にあると思っています。ですから少なくとも自分たちは、悪人をやっつければ世界が平和になるという映画は作りません。
「あらゆる問題は自分の内面や自分の属する社会や家族の中にもある」ということをいつも踏まえて映画を作らなければいけないと思っています。
「自分の愛する街や愛する国が世界にとって良くないものになるという可能性をいつも持っているんだ」ということを、私たちはこの前の戦争の結果から学んだのですから、学んだことを忘れてはいけないと思っています。
――宮崎さんの映画には、環境問題について示唆する場面が多く登場しているように思えます。宮崎さんは日本の環境問題の現状について楽観的ですか、悲観的ですか?
宮崎 ものすごく悲観的ですね。その後に楽観的なものが来るだろうと思っていますけど。
(環境問題については)とことんひどくなるまで学ばないだろうと思います。この国は生産するよりも、消費する方が多い国なんです。この国で生産できるものは3200万人までの人口しか養えません。残りの分は、自動車を作ったりアニメーションを作ったりして稼いでるわけなんですね。食料の自給率が低いとか、自分が着ている下着が全部中国製であるとか、そういうことがこの国の不安の根幹にあるんだと私は思っています。
その構造を劇的に変えることは不可能ですから、少しずつ少しずつ変えようとしたら、随分長い年月がかかります。少しずつ変えていっても、現代の文明の終焉までに滑り込みセーフになるのかどうか、私はあまり自信がありません。ただ個人的には、自分と自分の周辺に関しては最大限の努力をしていくつもりです。
――日本の将来は悲観的ということですが、60年前の悲惨な状況から経済大国にまで成長したということを考えると、そんなに悲観的になる必要はないのではないでしょうか?
宮崎 経済の恩恵を得た結果、その次のステップに「どういう風に進むか」ということだと私は思います。次のステップに進む時に、大変多くの知恵と自制心がいるのだと思います。
生産者であることと消費者であることは同時でなくてはいけないのに、私たちの社会はほとんどが消費者だけで占められてしまった。生産者も消費者の気分でいるというのが大きな問題だと思います。
それは自分たちの職場で感じます。人を楽しませるために自分たちの職業で精いっぱい力を尽くすのではなく、それもやるけれど、ほとんどの時間は他人が作ったものを消費することによって楽しもうと思って生きていますね。
それは僕のような年寄りから見ると、非常に不遜なことであるという風に、真面目に作れという風に、力を込めて作れという風に(感じ)、「すべてのものをそこ(作品)に注ぎ込め」と怒り狂っているわけです。だから全体的なモチベーションの低下がこの社会を覆っているんだと思います。
――ウォルト・ディズニーと比較する意見についてどう思われますか?
宮崎 (ウォルト・ディズニーとは)違います。私はプロデューサーではありません。ウォルト・ディズニーは非常にすぐれたプロデューサーでした。それでウォルトナインズ※という非常にすぐれたアーティストたちと仕事をすることができた。彼らの無限な信頼を得ていた人間だと思いますね。
※ウォルトナインズ……ウォルト・ディズニー・スタジオで中心的な役割を果たしていたアニメーター9人のこと。ナイン・オールドメンとも言われる。
ウォルト・ディズニーとウォルトナインズとの関係は、あの時代にしかありえなかったような非常に濃密な幸せな関係だったと思います。私たちは私たちなりに(そうした幸せな関係を)持っていますが、比較することはできません。1930年代にアニメーションを確立したという彼らの誇りと、それを使って商売をやってきたその後の人間たちとではずいぶん違うんだということです。
(以下、略)


宮崎駿は警世家でもなく、預言者や評論家でもありません。1人のクリエイターであり、アニメ屋です
しかし、上記の記事を見れば分かるように、宮崎駿に文明批判を語らせようとしたり、世相を鋭く斬るよう求める記者たちに、自分は大いに疑問を感じますし、「何やってんだ」と思うばかりです
もちろん宮崎駿にしても言いたいことは山ほどあり、質問されれば答えるでしょう
おそらく集まった記者たちの多くは個々の宮崎作品に関心もなく、作品への理解を深めたいという意図もなく、宮崎駿というビッグネームが原子力発電を批判したり、環境破壊の愚かしさを糾弾する方が記事にしやすく、それを望んでいるのでしょう
こんなインタビュー記事を100本読んだところで、作品への理解が深まったりはしません
サービス精神溢れる宮崎駿は記者の求めに応じて語っているものの、アニメーションと関係のない質問ばかりでは内心うんざりしているのではないか、という気がします
「アニメ屋に社会批判を語らせてどうするのか?」と
以前、韓国メディアの記事で「世界で売るためには無国籍のアニメでなければならない」と語る、韓国のアニメ関係者の発言を取り上げたことがあります。売るためなら自国の文化も風習も捨て、毒にも薬にもならないアニメを作って平気でいられる感覚に正直、驚いたものです。金になるならそれで良い、と心底思っているのでしょう
上記の記事の引用部の冒頭に、「グローバルな映画(特定の国や地域を舞台としない映画)を作るつもりか」と質問され、宮崎駿が答えているのですが、これできちんと意図を理解してくれたかどうかちょっと気になります

(関連記事)
「風の谷のナウシカ」 王道と倫理
赤坂憲男「ナウシカ考」を読む その2
https://05448081.at.webry.info/202010/article_15.html
赤坂憲男「ナウシカ考」を読む その1
グレタ・トゥーンベリとナウシカ
「風の谷のナウシカ」と自然・環境問題 その2
「風の谷のナウシカ」と自然・環境問題 その1
「風の谷のナウシカ」 その世界観を問う
「風の谷のナウシカ」 死と再生を考える
ナウシカの正義とサンデル教授「白熱教室」
「風の谷のナウシカ」に見る宮崎駿の矛盾
「風の谷のナウシカ」は愚行と矜持を描いた叙事詩か
ナウシカとマルクス主義
「ナウシカとニヒリズム」を考える
ナウシカに学ぶ女性リーダーシップ論
「ナウシカ研究序説」を読む
ナウシカの辿り着いた場所 漫画版エンディング
「風の谷のナウシカ」の神話学を考える
構造主義の立場で「風に谷のナウシカ」を語る その2
構造主義の立場で「風に谷のナウシカ」を語る その1
「ナウシカ解読」
宮崎アニメをあやしく語る町山智浩
ナウシカのメーヴェを飛ばした日本人 海外の反応
「宮崎駿引退」を語りまくる岡田斗司夫
「宮崎アニメは父権社会批判」と主張する中国の意見
「火垂るの墓」を語る
映画「火垂るの墓」 海外での反応
映画「火垂るの墓」を極右映画だとして上映中止にした韓国
「風立ちぬ」 宮崎駿の思想を論じる中国メディア
「日本の伝統と現代を融合させた宮崎駿」と誤解する中国メディア
宮崎駿をアジア主義と決めつける誤り
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る2
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る
宮崎駿「風立ちぬ」は戦争賛美アニメか?
宮崎駿「風たちぬ」研究 夢見る権利
「千と千尋の神隠し」を考える こどもの居場所

座間9人殺害事件を考える 初公判の模様

自殺志願者を自宅アパートに招き入れ、強姦した後に殺害し、遺体をバラバラにして室内のクーラーボックスに保管していた白石隆浩被告の裁判が始まりました
初公判の様子を伝える産経新聞の記事から一部、引用します
白石隆浩被告の公判は12月までに24回行われ、77日間にも及ぶ長丁場になります。裁判員の負担に配慮し、9人の被害者を3組に分けて公判を進めるという異例の形態です。判決は12月15日に予定されていますが、そのまますんなりと進むのかどうか


【座間9人殺害 初公判詳報】
(前略)
裁判長「起訴状の事実に間違っている点や、あなたの言い分はありますか」
白石被告「起訴状の通り、間違いありません」
裁判長「9人に対する強盗殺人、強盗強制性交殺人、死体損壊、死体遺棄の18個の事実について、間違いありませんか」
白石被告「間違いありません」
《裁判長の念押しにも「間違いない」と答え、起訴内容を認めた白石被告。続いて弁護人が意見を述べる。弁護人は一部を争った》
弁護人「少し長くなりますが、5点あります。まずは責任能力がないこと。被告は事件当時、何らかの精神障害で心神喪失状態、少なくとも心神耗弱状態で、責任能力は限定的にしかありませんでした」
弁護人「次に殺人について。各公訴事実の方法により殺害したことは争いません。しかし全ての被害者は殺害されることを承諾していたので、罪が成立するのは承諾殺人になります」
《責任能力を争い、刑の減軽を求める姿勢を示した弁護人。さらに被害者は、被告に殺されることを了承していたとし、大幅に刑が軽い承諾殺人に該当すると主張した》
《弁護人は続けて、被告が被害者の金銭を得ることも了承されていたとして、強盗について罪は成立しないと主張。性交や死体損壊の点は争わないとした》
《弁護人の意見が終わると、裁判長が被告に元の席に戻るよう促した。被告は猫背の姿勢でゆっくりと歩き、弁護人の後ろの椅子に座った》
(以下、略)


被害者9人のうち女性8人を強姦した上で殺害したのは認めるものの、殺害そのものは本人の承諾があったと主張し、殺人罪ではなく承諾殺人が適用されるべきだ、と白石被告側は主張しています
ただし、被害者直筆の「殺害を承諾します」とか、「自殺の手伝いを依頼します」といった書面は残されていないのであり、本人の承諾を受けて殺害したというのはあくまで白石被告だけの言い分に過ぎません
おそらくSNSでの被害者とやりとりした文面を証拠として提示し、被害者が強い自殺願望を有しており、白石被告に自殺の手伝いを求めていたと立証する気なのでしょう
ただ、それが通用するかどうかは別です
殺害された8人の女性が自殺願望を抱いていたのは事実でしょう。それゆえ、白石被告と接点を持ってのですから
しかし、自殺願望のある人といえども、どこかで自殺を迷い、ためらうものです。でなければ、誰かに相談したりせずさっさと高いビルなりマンションから飛び降りて自殺します
なぜ、8人の被害者は誰かの手を借りようと思い至ったのか、その背景などに検察は踏み込み、自殺へのためらいや迷い、生への未練といったものを全面に押し出して反論できるのか、注目されます

(関連記事)
座間9人殺害事件を考える 初公判はまだ
https://05448081.at.webry.info/201910/article_14.html
座間9人殺害事件を考える 類似性ない特異なケース
座間9人殺害事件を考える 犯行自供も動機は語らず
座間9人殺害事件を考える 白石容疑者の異常性
座間9人殺害事件を考える 連続犯行の理由
座間9人殺害事件を考える 「宮崎勤との共通点」と書く週刊朝日
座間9人殺害事件を考える 快楽殺人説
座間9人殺害事件を考える 犯罪心理学者の見解
座間9人殺害事件を考える 被害者8人が女性
座間9人殺害事件を考える 白石容疑者逮捕
「切り裂きジャック」事件 125年目の真相
「切り裂きジャック」研究者が売春婦殺害で逮捕
「切り裂きジャック」殺人 売春婦を殺害する理由
「切り裂きジャック」殺人 似ているようでまったく違う犯行
英国切り裂きジャック殺人 グリフィス被告のその後
現代の切り裂きジャック事件に終身刑の判決 英国
自分を捨てた父親を探したら殺人鬼だった 「ゾディアック事件」
熊谷6人殺害事件を考える1 容疑者の兄も大量殺人犯
ロサンゼルスの殺人鬼「グリムスリーパー」事件続報
ロサンゼルスの殺人鬼「グリムスリーパー」に死刑判決
殺人道化師ジョン・ゲーシーの数奇な人生
アメリカの連続殺人 捜査・介入が後手回ると
アメリカで黒人を狙った連続殺人犯逮捕
実在した殺人鬼を描く映画「チャイルド44 森に消えた子供たち」