「ノルウェイの森」 直子の自死について

「ノルウェイの森」を読んだのは職場から離れ、半年ほど東京に滞在していたときでした。欅の並木が色づき、秋の気配が濃くなる中、「ノルウェイの森」をひたすら読んでいた、と記憶しています
そんな回顧に浸り、過去を懐かしんで…というつもりでもないのですが、「ノルウェイの森」について、まだまだ話したいことが多くありますので取り上げます
今回は山根由美恵山口大学教育学部准教授の「村上春樹『ノルウェイの森』論ー緑への手記ー」を叩き台に話を進めます
山根准教授は村上春樹を専門とする研究者で、随分と多くの論文を書いています。いずれは他の論文も当ブログで取り上げるつもりです
主題は記事のタイトルにも示したように、直子はいつから病んでいたのか、です

「村上春樹『ノルウェイの森』論ー緑への手記ー」
(前略)
二 連鎖する死の構図ー直子の愛と罪ー
先ず、第一の原罪、すなわち「キズキ」を死に至らしめた(と感じている)「直子」が自殺していく「過程」を、「僕」との関係に絡めながら検討する。
先行研究では「ノルウェイの森」の「恋愛小説」性に関して様々な論考があるが、「僕」と「直子」との関係に恋愛要素は薄いと考えられているようである。黒古一夫氏は「『僕』と『直子』の関係に〈愛〉はあるか。ここにあるのは〈優しさ〉だけではないのか」と述べ、加藤典洋氏は「直子」を「僕の分身」と捉え、「僕」と「緑」の物語に分身「直子」が重ねられた「内的世界からの回想を描く物語」と位置づけている。
更に竹田青嗣氏、吉田春生氏は、「ノルウェイの森」は「恋愛小説」ではなく、「自閉」した「直子」と「僕」とのすれ違いに重点が置かれた、村上春樹作品にこれまで描かれてきた自意識の物語であると位置づける。また、三枝和子氏も近代小説と比較しながら、「ノルウェイの森」は「恋愛小説」ではなく、「夫婦の心境小説」と位置づけている。
「直子」は、恋愛対象ではなく、精神を病んだ人間としての側面が強調されてきた。しかし、その苦しみの原因は「直子」と「僕」と「キズキ」という三人の関係性にあることは間違いない。
(以下、高校時代「キズキ」は直子との性交を求めたものの、「直子」の体は「キズキ」を拒んだこと。「キズキ」の自殺を「直子」は自分が彼を拒んだせいだ、と思いつめていること、の説明)
しかし、「直子」はその罪意識を越えて、「僕」のことをかけがえのない男性であると感じていた。「直子」は精神面(心)も「僕」を愛していたと考えられるのである。
加藤弘一氏は次のように述べている。

人生の旅半ばの年齢で回顧するという趣向によって盲点化されているが、ワタナベの加害性は覆いようもない。彼は緑とのデートを逐一、直子に書き送っている。彼を信じようと努力し、彼への信頼を手がかりとして世界との基本的な関係を再建しようとしている彼女にとって、これがどんなに致命的なことが。ワタナベの二回目の訪問の後、快方に向かったかに見えた症状が俄に憎悪するのは偶然ではない。この時期の訪問がひどくそっけない書き方しかなされていないことも、単に繰り返しを避けたというような問題ではあるまい。あのそっけない書き方は、ワタナベの心がすでに緑にむかっており、直子は視野の外に追いやられていたということを裏側から示している。心の病によってただでさえ被害的になっている直子がこの変化に気がつかないはずはない。事実、緑との関係が深まるに比例して、直子はどんどん追いつめられ、決定的な事態に進んでしまうのである。


この加藤弘一の見解(緑との関係が直子を追い詰め、自殺に至らしめる)に筆者も同意しているわけですが、自分には違和感ありありです
まずもって直子が精神に異常をきたし始めたのは「キズキ」の自殺の影響ではなく、それ以前から彼女の心は壊れ始めていたと自分は受け止めています。もちろん、ワタナベが緑と恋愛関係を深めたので直子が自殺した、などという短絡的な見方にも賛成できません
直子の病気が何であるか、作品中では言及されていないのですが、強いて憶測すれば統合失調症を村上春樹は想定したのでしょう
ですから、直子が失恋して自殺した、などと決めつけるのはあまりに読みが浅いのでは?
おそらく加藤弘一も筆者も、統合失調症の患者と直接接した経験はなく、彼ら彼女らの言動を見聞きした経験もないと思われます
以前、統合失調症の発病は青年期であり、「青年病」と言われた時代がありました。つまり中学生や高校生に統合失調症はありえず、大学生になってから発病するとの考えです
しかし、現在では中学生でも統合失調症の発病はあると、認識が変化しています
「キズキ」もワタナベと同じく、直子の示す不可解な言動(それは統合失調症の先駆的な症状)に振り回されたのではないか、と推測します
ではあっても、恋人がヤンデレだったから「キズキ」が自殺するとは思えないのであり、「キズキ」には別の、自殺を選ぶだけの事情があったと想像します
村上春樹がどのように構想し、想定して「ノルウェイの森」を書いたのか、本人のみぞ知るところですが、自分には「キズキ」が自殺したのは単に直子と性交ができなかったから、などという馬鹿げた理由であるとは思えません
多分、「キズキ」もまた病んでいたのではないでしょうか?
ただ、ワタナベは「キズキ」の自殺する理由も分からず、直子の変調にも気がつかなかった、と
それでもワタナベは直子の自殺について、ワタナベ自身の責任であると感じているのは確かです
ワタナベは自殺してしまった「キズキ」に「直子はオレが守るから」と約束し、直子を守るためだと自分を偽り彼女とつきあいます。もちろん、ワタナベは高校生の頃から直子に惚れていたのであり、ただ「キズキ」の手前その感情を押し殺していたのでしょう
ワタナベはどうにかして直子と恋人同士の関係を築くべく奮闘しますが、直子を守れず、自殺されてしまいます
うがった見方をするなら、直子は自殺することでワタナベに深い傷跡を残し、忘れられないようにしたとも解釈できるわけです。しかし、病んでいた直子にそのような考え方はできるはずもないのであり、直子の自殺は幻聴や幻覚に苛まれた結果ではないか、と考えます
直子は具体的に何に苦しみ、何を悩み、何に苛まれていたのか語らないまま、自殺しているのであり(断片的には語っていますが)、ワタナベは直子の自殺の原因が理解できないものの、自分のせいだという自責の念に苦しむわけです
以上、簡単ですが自分の読み方を書きました

(関連記事)
村上春樹 井戸と異界の物語
https://05448081.at.webry.info/202011/article_48.html
「風の歌を聴け」 回想あるいは追憶、創作
https://05448081.at.webry.info/202010/article_45.html
「ノルウェイの森」 直子の人物像について
https://05448081.at.webry.info/202010/article_42.html
村上春樹「風の歌を聴け」 自我の語りと沈黙
https://05448081.at.webry.info/202010/article_38.html
村上春樹「一九七三年のピンボール」研究Ⅲ
https://05448081.at.webry.info/202011/article_35.html
村上春樹「一九七三年のピンボール」研究Ⅱ
https://05448081.at.webry.info/202011/article_29.html
村上春樹「一九七三年のピンボール」研究
https://05448081.at.webry.info/202010/article_24.html
「風の歌を聴け」 鼠は主人公の影
「ノルウェイの森」 直子と緑
「海辺のカフカ」 自己愛の行方
「海辺のカフカ」を巡る冒険 性と暴力の神話として(2)
https://05448081.at.webry.info/202010/article_27.html
「海辺のカフカ」を巡る冒険 性と暴力の神話として
中国は「ノルウェイの森」をどう読んだのか
中国は「ノルウェイの森」をどう読んだのか2
「村上春樹ブーム」は虚構であり幻想と書く評論家
「ノルウェイの森」をセカイ系だと批評する東浩紀
中国は村上春樹をどう読んだのか
中国は村上春樹をどう読んだのか2
中国は村上春樹をどう読んだのか3
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その1
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その2
韓国は村上春樹をどのように読んだのか
韓国は村上春樹をどのように読んだのか2
「なぜ韓国に村上春樹はいないのか」と書く韓国メディア
村上春樹論
村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」
「1973年のピンボール」
記事「村上春樹ブームを読む」を読む
村上春樹と東アジア 毎日新聞より
村上春樹「神の子どもたちはみな踊る」
村上春樹ごっこをして遊んでみる
映画「ノルウェイの森」 予告編
村上春樹原作「神の子どもたちはみな踊る」映画化
米ハイスクールで「ノルウェイの森」の課題図書指定にクレーム
尖閣・竹島問題で村上春樹が朝日新聞に寄稿
村上春樹の新作 予約が45万部突破
「村上春樹のノーベル賞予想に浮かれる日本」と書く海外メディア
爆笑問題太田による村上春樹批判の迷走
爆笑問題が村上春樹の新作を批判
村上春樹「蛍・納屋を焼く」を韓国で映画化 その感想
映画「ドリーミング村上春樹」
東出昌大 村上春樹作品映画を降板

日本薬科大女子学生殺人 広瀬被告の初公判

昨年1月末、女子大生を自宅アパートまで招き入れた上に殺害し、遺体を空き地に埋めたとして広瀬晃一被告が逮捕されたのですが、その後は続報もなく(単に自分が見落としていた可能性もありますが)、ブログで取り上げないままでした
殺人及び死体遺棄容疑で起訴された広瀬被告の初公判を報じる記事がありましたので、取り上げます
そもそもこの事件は、被害者である菊池捺未さんが何のために茨城県神栖市の広瀬被告の許を訪ねていったのか、はっきりしません
検索して調べると、2019年2月の週刊新潮が記事を掲載しています。目撃者もいない事件ですから、週刊新潮は捜査関係者から情報を得て記事にしたものと思われます。2人が接触した経緯を以下のよう書いています


「菊池さんは廣瀬から事前に、会うことの対価として一定金額の提示を受けていたようです。彼女はお金を受けとれると見込んで、片道の交通費しか持たずに神栖まできた」(同)
ところが“約束”通り部屋で2人きりですごしたにもかかわらず、お金は受けとれなかったうえ、体よく畑でクルマから降ろされてしまった。アパートへ戻ったのは、その“抗議”のためだったとされる。
「結局、お金を払わなかったのか、金額が少なかったかでもめた。怒った菊池さんが、(廣瀬の)写真を撮って“SNSで拡散してやる”と言って騒ぎはじめ……」(同)
そして悲劇は起こった。廣瀬容疑者が菊池さんに提示していた金額は、十数万円だったとも、あるいは30万円だったともいわれる。
(デイリー新潮の記事から引用)


ゲーム関係のサイトで知り合い、広瀬被告が菊池さんに「会ってくれたら30万円支払う」などと申し向けて誘い出したものと推測されます。広瀬被告は以前、携帯電話のサイトで知り合った千葉県内の女子中学生を誘い出し、みだらな行為をしたとして罰金刑を受けており、同じ手口を踏襲したと考えられます
しかし、広瀬被告が金を払おうとはしなかったため(金に困って会社からも前借りしていた広瀬被告です。最初から払う気はなかったのでしょう)、菊池さんは携帯で顔写真を撮影し「ネットに晒す」と申し向けたため、広瀬被告は菊池さんの顔面を押さえつけ窒息死させた、というのが事件のあらましのようです(週刊誌の記事等に書かれたものからの推測です。初公判の様子を報じた記事に、そこまでは書かれていません)


日本薬科大1年の女子学生=当時(18)=を殺害して遺体を茨城県神栖市の土中に埋めたとして、殺人と死体遺棄の罪に問われた無職広瀬晃一被告(37)の裁判員裁判の初公判が6日、東京地裁(野原俊郎裁判長)であり、被告は「殺意を持って、というところだけが違う」と述べ、起訴内容を一部否認した。
弁護側は殺人罪は成立せず、傷害致死罪にとどまるとした。
検察側は冒頭陳述で、広瀬被告は2018年11月、無料通話アプリで知り合った学生を神栖市の自宅に連れていった後、金の支払いをめぐってトラブルになったと指摘。「被告は別の事件で執行猶予中だった。トラブルの発覚を恐れ、殺意を持って学生の鼻と口をふさいだ」と主張した。
弁護側は冒頭陳述で、「殺意はなかった。学生に撮影された顔写真を消去しようとしたところ抵抗され、気付くと動かなくなっていた」と述べた。
起訴状によると、広瀬被告は18年11月20~21日、茨城県鹿嶋市や隣接する神栖市などに停車した自動車内で学生を殺害。遺体を神栖市内の刈草置き場の土中に埋めたとされる。
(時事通信の記事から引用)


広瀬被告は幼い時に父親を亡くし、母子家庭で育ったようです。他方、菊池さんも親が離婚して父子家庭で育ったのだとか
なので、菊池さんの側にもお金を必要とする事情があったのかもしれません
さて、裁判の方では広瀬被告側が「殺害はしたが殺意はなかった。過失致死だ」と主張しています
ただし、過失致死であると立証するのは困難です。遺体を埋めて隠したのは菊池さん殺害を隠蔽するためであり、そこには殺意があったからではないか、との推測が成り立つからです
殺害した直後、自首していれば、「誤って殺害してしまった。殺意はなかった」との弁明も通用する余地があるのでしょうが
追記:東京地裁は広瀬被告に懲役14年の判決を言い渡しています。求刑は懲役20年でした。「被害者の鼻や口をふさぎ、力を込めて5~6分間押さえ続けた」被告の行為には殺意があったと認める判斷を示しています

(関連記事)
日本薬科大女子学生殺人 SNSで知り合った男
モデル女子大生殺害事件で事務所が遺族と和解
松戸女子大生殺人事件を考える7 最高裁も死刑を否定
松戸女子大生殺人事件を考える5 高裁では無期懲役
松戸女子大生殺人事件を考える 「女は強姦されたがっている」
千葉女子大生遺棄事件を考える7 無期懲役判決
千葉女子大生遺棄事件を考える6 別件の強盗強姦事件
死刑執行 三島女子大生殺人の服部死刑囚
島根女子大生遺棄事件を考える44 捜査本部会見
島根女子大生遺棄事件を考える43 矢野容疑者のプロフィール
島根女子大生遺棄事件を考える42 容疑者死亡で送検
島根女子大生遺棄事件を考える29 思い込みの誤り
島根女子大生遺棄事件を考える28 劇場型犯罪