作家川上未映子がネットの中傷に賠償求め提訴

インターネット上での誹謗中傷に対し、芸能人や作家が反撃に出るケースが増えています
これまでは有名税だとして誹謗中傷を受け流す対応が一般的でしたが、悪質な行為には断固として反撃し、損害賠償を求めて民事訴訟を提起するなり、名誉毀損で刑事告訴するなりの法的措置を取るように変化していくのでしょう
ですから、従来のようにSNSに中傷する内容を書き込んでも、「特定されないから大丈夫」とはいかなくなります
作家の川上未映子が悪質な中傷行為や殺害予告を繰り返した人物に対し、450万円の損害賠償を求めて提訴し、その第一回公判が開かれたと報じられています


ネット上で中傷や脅迫を受けたとして、芥川賞作家の川上未映子さん(44)が、投稿者に対し約450万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。
第1回口頭弁論が26日にあり、投稿者は請求の棄却を求めた。
訴状によると、2018年10月、川上さんについて「レ(死)んでしまえと思っている。やるっきゃない、さ(刺)すしか」、「(イベントがある)11月18日やろうと思えばやれる」などの投稿がネット掲示板に書き込まれた。警察に相談した川上さんは、イベント出演を急きょ中止。ほかにも、川上さんの小説を「私の書き込みの流用だった」として、川上さんが盗作したかのように読める投稿もあったという。
プロバイダー責任制限法に基づき投稿者の情報の開示手続きをしたところ、書き込みをしたのはすべて同じ人物と判明。(1)危害予告で仕事に支障をきたした(2)オリジナル作品を創作して世に送り出す作家の評価を低下させた――として提訴した。川上さんの代理人弁護士は取材に、中傷や脅迫で「小説家としての活動が実際に制限された。見過ごせない」と話している。
(朝日新聞の記事から引用)


当然ながら民事訴訟を起こす前、加害者が特定された時点で弁護士を介して損害賠償を求めた交渉が行われたはずです。しかし、加害者は賠償を拒否したため、民事訴訟になったのでしょう
示談をまとめる選択肢があったのにそうしなかったのですから、かなり強気のようです。その強気の根拠は不明です
いかに強気な主張をしたところで、脅迫や中傷の事実を裁判所は認定するはずです。損害賠償の額は、請求した450万円からどれだけか割り引かれるとは思いますが、決して安い額にはならないでしょう
まあ、訴訟に負けても払わないという人もいるわけで、そこまで開き直るつもりなのでしょうか?
開き直った挙げ句に刑事事件など起こさなければよいのですが
作家とて生身の人間であり、特別に守られているわけではありません。暴力から身を守るだけの備えを、自身で行う必要があります。創作活動以外にストーカー対応のため目配り、気配りしなければならないというのはかなりの負担でしょう。さらに家族についても守る必要にせまられ、対策を講じなければなりません
川上未映子が長年のストーカー被害について語っている記事がありましたので、貼っておきます

「悪いのは加害者であり、被害者に非はない」ネット危害予告を受けた川上未映子さんが語る
自分の活動を制限されるのはおかしい
「表現を仕事にしていると、ネット上の誹謗中傷などはつきものです。作品であれ私個人にたいするものであれ、結局は嫉妬や妄想がほとんどなので、私には関係ありません。でも危害予告は別です。大勢の人や生活にかかわることです。
私は10年以上、複数のストーカーの問題を抱えていて、弁護士などを通して当該人物たちの動向をチェックしています。ストーカー問題の根が深いのは、時間がたっても「これで終わり」という線引きができないことなんですよね。
よく言われるのは相手を刺激しない方がいいということなんですが、そうすると結果、自分の活動を制限することになる。でもそれはおかしい。悪いのは加害者で、被害者には非はないのですから」

(関連記事)
小金井アイドル刺傷事件を考える 懲役14年6月の判決
小金井アイドル刺傷事件を考える SNS書き込みは規制対象外
小金井アイドル刺傷事件を考える 誰がストーカーと判断するのか
小金井アイドル刺傷事件を考える 身近なアイドルという罠
欅坂握手会にナイフ男 幕張メッセ
AKB握手会襲撃男に懲役6年の判決
福山雅治宅侵入のコンシェルジュに有罪判決
ストーカー殺人の少年が出所後また殺人未遂
ストーカー殺人 被害者を批判するテリー伊藤
三鷹女子高生殺害を考える6 懲役22年の判決
三鷹女子高生殺害を考える2 無職のストーカー
「黒子のバスケ」脅迫事件 被告の手記がうざい
「黒子のバスケ」脅迫男を逮捕
ライトノベル作家を脅迫した男を逮捕

「鬼滅の刃」実写化という無謀

劇場版アニメ「鬼滅の刃 無限列車編」が大ヒットしていると報じられています。が、ほとんどのメディアは興行収入の伸び、実績が桁違いであると報じるばかりであり、作品の中身に触れようとはしません
つまり、その程度の扱いであり、その程度の見識しか持ち合わせていないと判斷するしかないのでしょう(残念ながら)
せっかく取り上げるのなら、作品の見どころなり面白さについて1行でも言及してほしいものです
さて、劇場版のヒットを受けて「実写化」に向けた話もいくつかメディアが取り上げています
その中からリアルサウンド掲載の記事を紹介します


理想は海外ドラマとして世界配信? 『鬼滅の刃』実写化の可能性と問題点
『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(以下、『無限列車編』)が空前絶後の大ヒットとなっており、話題は『鬼滅の刃』一色。そんな中、にわかに盛り上がりを見せているのが、「実写化するなら誰が炭治郎を演じるか?」といった今後のメディア展開についてだ。
すでに『少年ジャンプ』(集英社)での連載が終了していることからも明らかなように『鬼滅の刃』は作者の吾峠呼世晴の意向が強く反映された作品であり、アニメシリーズも原作の良さを再現することを第一に作られている。
今回の『無限列車編』がうまくいったのも、劇場映画にふさわしいエピソードを映画化したからであり、これが映画ありきで、原作のエピソードを省略したり、逆にオリジナル要素を無理やり加えていたら、うまくいかなかっただろう。おそらく作者もジャンプ編集部もアニメ関係者も、連載と同じように、無駄な引き伸ばしは考えておらず、『無限列車編』以降のアニメシリーズを終わらせることしか今は考えてないだろう。
(中略)
まず実写化には映画と連続ドラマの方向性があるのだが、映画を中心に進めるのなら、同じジャンプ漫画の実写化である大友啓史監督の『るろうに剣心』と似た展開になるのではないかと思う。
つまり、最初にキャラクター紹介的な物語を作り、その後、原作のエピソードを順番に作っていくというイメージだ。その際に一番の壁となるのが、出演俳優の問題だろう。
主人公の竈門炭治郎を筆頭とするメインキャラの年齢は原作を踏まえると10代前半だが、うまくハマる俳優がイメージできない。これは他の鬼殺隊や柱(鬼殺隊の最高位の剣士)についても同じことで、殺陣ができて演技もできる10~20代を探すのはとても難しい。
ただ敵対する鬼の側、こちらは30代前後の上手い俳優が演じればハマるのではないかと思う。ラスボスにあたる鬼舞辻無惨は菅田将暉か染谷将太、十二鬼月の上弦の壱・黒死牢は山田孝之か小栗旬、上弦の弐・童磨は高橋一生か中村倫也など、アイデアはいくらでも出てくる。いっそのこと炭治郎たちメインキャラクターは、オーディションで無名の新人を選んでもいいかも。
次に監督だが、漫画を実写映像化する際に一番難しいのは原作漫画の要素をどれだけ残すかだ。表現を漫画に寄せすぎるとコスプレ感が強くなってしまうし、逆にリアルに寄せすぎると、全く違う作品になってしまう。
その意味で絶妙なのが、前述した『るろうに剣心』の大友啓史監督だろう。『キングダム』の佐藤信介監督や、『無限の住人』の三池崇史監督も(作品によって、そのバランスは大きく変化するものの)漫画原作をリアル寄りに仕上げるのがとてもうまい。
(以下、略)


ファンがもっとも危惧しているのは、炭治郎らの役にジャニタレが起用され、どうしようない実写映画になってしまうことでしょう
過去にジャニタレ起用で台無しになってしまった「実写化」がいくつもあります
そこまでして「実写化」する必要を自分は感じないのですが、ビジネスの場は違います。ヒットした漫画なりアニメなりを実写化すれば客も入って簡単に儲けられる、と考える輩が大勢いるのでしょう
かくして人気漫画、アニメの実写化は失敗作だらけになっています
なので、「鬼滅の刃」をあえて実写化する必要性はどこにあるのか、と言いたくなります。コミックは売れているし、劇場版もヒットしました。それで十分なのでは?
安易にジャニタレを起用し、原作ファンからそっぽを向かれる企画がこれまで何本あったことやら
上記の記事にもあるように、十代で炭治郎を演じられる役者など実在しないのですから実写化に執着する必要などない、と言いたくて書きました(まあ、ハリウッドなら白人の30歳近いオッサンが炭治郎を演じる、などというおバカな企画を実現させるかもしれませんが)

(関連記事)
「宮崎駿にキメハラ」という記事
https://05448081.at.webry.info/202011/article_21.html
「鬼滅の刃」とフジテレビの微妙な関係
https://05448081.at.webry.info/202011/article_10.html
「鬼滅の刃」ブームを読めなかった業界人
https://05448081.at.webry.info/202010/article_44.html
実写版「BLEACH」大コケ
実写版「ジョジョの奇妙な冒険」大コケ
漫画実写化は是か非か、を巡る議論
香取慎吾 映画「座頭市 THE LAST」大コケ
香取慎吾の映画「こち亀」 大惨敗
香取慎吾映画大コケ3連敗 「LOVE まさお君が行く!」
「鋼の錬金術士」山田涼介主演で映画化?
芥川賞「火花」が映画化もコケる
橋本環奈 「セーラ服と機関銃」大コケ
キムタク主演映画「無限の住人」は大コケではないと主張するメディア
キムタク主演映画「無限の住人」大コケ
「忍たま乱太郎」 なぜアニメを実写化するのか?
井筒監督「漫画を安易に映画化しすぎる」と批判
ジャニーズ映画 大コケ
「四月は君の嘘」映画化 大丈夫か?
西内まりや主演映画「キューティーハニー」大コケ
韓国が勝手に映画化した「北斗の拳」実写版
アニメ「小さなバイキング ビッケ」をドイツが実写映画化
映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」大コケで1億ドル損失?