映画「十二単を着た悪魔」公開

10月29日にひき逃げなどの容疑で警視庁に逮捕さた俳優、伊藤健太郎が主演を務める映画「十二単衣を着た悪魔」(黒木瞳監督)の公開が決まったと報じられています。主演を務めた俳優が逮捕されたのですから、公開を見送るとの選択肢もあったわけですが、本作は公開すると配給元が公言しています
その選択をとやかく言うつもりはありません。非公開となった場合、伊藤健太郎はおそらく制作費や宣伝費5億円以上の返済を求められたはずであり、とても弁済などできなかったと思われます。支払いを建て替える所属の芸能事務所にしても、5億円をポンと払う能力はないはずです
なので、伊藤健太郎も所属事務所も、映画の公開が決まってほっとしているでしょう


映画監督・黒木瞳が最新作『十二単衣を着た悪魔』で魅せる! 柔軟な発想から生まれた大胆アプローチの秘密
『プラダを着た悪魔』(2006年)をヒントにしたという、脚本家・小説家の内館牧子による小説を映画化した本作。就職試験59連敗中のフリーター・雷(伊藤健太郎)が「源氏物語」の世界にタイムスリップしてしまい、帝の正妃・弘徽殿女御(三吉彩花)と出会う――という筋書きだ。
映像化にあたり、セットの屋根を取り払うなど、常識にとらわれない柔軟な発想で挑んだ黒木監督。彼女の創作術、さらには独自の「監督論」について、じっくりと伺った。
女優でも監督でも「お客様に作品を届ける」意識は一緒
―初監督作『嫌な女』から約4年が経ち、監督業にも変化はありましたか?
今回のカメラマンと演出部は、2017年に監督したショートムービー『わかれうた』と一緒なんです。あのメンバーとまた仕事をしたいと思い、オファーさせていただきました。初監督作品のときは、「どなたがいい」というスタッフィングまでは提案をしなかったので、一番の違いはそこかと思いますね。
やはり、監督は自分の頭の中にあるイメージを形にしていくので、なるべくコミュニケーションが取りやすい人だったり、共有しやすい方々だったりすると、言葉も半分で済むし、非常にやりやすい。そういった意味で、今回は気心が知れたメンバーと組むことが出来、いいチームになったと自負しています。
―より、やりやすくなったというような意識でしょうか。
そうですね。ただ、監督としてすべてのジャッジを下さなければならないという重責は、1本目だろうが3本目だろうが変わらないようにも思います。作品はみなそれぞれ違うものですし、「ここまでできた」と思っても、次の作品に挑む際に成長しているかどうかはわからないわけですから。一つひとつを丁寧にやっていくしかないのかもしれません。
―そういった意識は、俳優業と監督業ではまた別ですか?
そうですね。女優として40年経ちますが、自分が成長出来ているかは自分では分かりません。ただ、エンターテインメントの世界にいて、一つの映画に携わっているという意味では、女優であろうが監督であろうが「お客様に作品を届ける」という気持ちは一緒です。やっていることは全く違いますが、目指す場所は同じです。
―国内外でも「俳優の監督進出」が盛んになってきていますが、黒木さんはどう受け止めていらっしゃいますか?
俳優の方が監督をなさるという動きが増えてきていることは、私自身楽しみにしていますし、演じ手に限らず女性が監督をする機会が、もっと増えてきても面白いんじゃないかなとは感じています。
1本目の映画を撮った際に、日本外国特派員協会で記者会見をさせていただいたのですが、記者の方から「ハリウッドでも女性が主役の作品や、女性監督の作品が少ない。日本でも女性の監督作品が増えていってほしい」というお話を伺いました。これは単純に「女性の進出」というだけの理由ではなく、女性から見た景色や感受性は男性とは違うでしょうから、この先、様々な視点から撮られた作品が生まれていくことはとてもいいことだと思います。
(以下、略)

伊藤健太郎×三吉彩花主演!映画『十二単衣を着た悪魔』 予告編


黒木瞳といえば、青山学院の付属中学に通っていた娘がいじめの主犯格として問題を起こし、転校を余儀なくされた事件を思い起こします
娘は何度も宝塚歌劇団の試験を受けたものの合格できず、慶応大学に進学したのだとか
宝塚歌劇団でトップをはった女優の娘でも合格できないほど選抜基準が厳しいのか、あるいはいじめに加わるような人物は合格させないという内規があるのかは分かりません。あるいは娘の側に母親への反発、対抗心があって何度も宝塚音楽学校の試験に挑んだ、とも考えられます
娘が芸能界入りを望んでいるなら、自身の監督作品に出演させる手もあるのですが、そうはしなかったようです(映画の出演者をチェックしたわけではないので、単なる憶測ですが)
家族ぐるみで息子や娘を売り出そうと躍起になっている芸能人も少なくないだけに、意外な気がします
一方で主演の伊藤健太郎のひき逃げ事件があり、どれだけ観客を呼び込めるかは不明です
敢えて予想するなら、興行成績はぱっとしない結果に終わるでしょう。アヤのついた映画を観に行こうとする人はいないわけで
原作となった内館牧子の同名の小説は随分と評判がよく、アマゾンのサイトを見ると好意的なレビューが並んでいます
古典である源氏物語の世界を下敷きに、新たな感覚で物語を展開させる発想は興味深いと思いましたので取り上げました
ちなみに主演は伊藤健太郎でなくても、誰でもよかったのではないかとも思います。彼程度の役者は大勢いるわけで

(関連記事)
黒木瞳の娘 宝塚受験も毎回不合格
女優黒木瞳の娘が主犯 青山学院いじめ事件
青山学院中等部いじめ事件 女優Kの娘が関与
賞味期限切れドラマ 「同窓会~ラブ・アゲイン症候群」
黒木瞳のドラマ「同窓会~ラブ・アゲイン症候群」が好調
木村拓哉娘はフランス留学? 音楽家を目指す
宝塚音楽学校集団いじめ事件 真相を暴露する本出版
ウソの万引き容疑で宝塚音楽学校を退学処分
宝塚音楽学校のいじめ 呆れた実態
宝塚音楽学校の集団いじめ事件 まとめ
強姦事件不起訴の高畑裕太はどうなったか?
高畑裕太 不起訴も弁護士戦術は完敗
女性を平手打ち AAAの浦田直也逮捕
俳優新井浩文控訴の行方 高畑裕太は芸能界復帰
俳優新井浩文 強姦事件公判で「合意があった」と主張