米ボーイスカウト連盟 性的虐待告発9万件

健全な野外活動を通じて仲間意識を高めあったり、奉仕の精神を涵養したりと謳われるボーイスカウト活動ですが、アメリカでは長年にわたるこどもたちへの性的虐待が行われてきたと暴露され、裁判沙汰になっています
その現状は以下のニュースを読んでいただくとして、やはりアメリカ社会の男らしさ、マッチョであること、タフであることを誇示する文化が少年への性的虐待の下地にあることを書き添えておきます
男らしさを誇示し、賛美する人たちの多くはホモを罵倒し、バカにするわけですが、中にはボーイスカウトの指導者の立場を利用し、少年たちを性欲発散の道具として扱う人間もいたわけです。それも少なくない数


ボーイスカウトで指導者から性的虐待、アメリカで告発が9万件超える。
キャンプや街頭募金といった屋外でのさまざまなグループ活動を通じて、子どもたちが主体性や協調性などを学ぶ「ボーイスカウト」。アメリカで、ボーイスカウトに所属する子どもたちが指導者から性的虐待を受けたと告発する動きが広がっている。
「通過儀礼だった」
アメリカの雑誌「TIME」によると、約9万3000人のボーイスカウトの経験者たちが、「ボーイスカウトアメリカ連盟」に対して性的虐待の被害を告発し、損害賠償を請求する申し立てを行った。ニューヨーク・タイムズによると、被害を告発した人は8歳〜93歳。大多数は男性で、一部に女性もいた。
連盟側は、性的虐待の訴訟をめぐって財政負担が膨らみ、2月に破産申請を行っている。裁判所は、被害者が賠償請求を行うことができる期限を11月16日に設定していた。
アメリカでは、カトリック教会での聖職者による信徒への性的虐待が社会問題となった。TIMEはボーイスカウト内での被害の大きさについて「カトリック教会に向けられた性的虐待の告発の数々が思い起こされる」と報じている。
TIMEの取材に、原告側の代理人弁護士の一人であるアンドリュー・バンアースデール氏は「悲しいことに、ボーイスカウト内での性的虐待は暗黙の規範があった」「性虐待のサバイバーの証言によると、子どもたちは切望する功績バッジをもらうために特定の義務を果たさなければならず、(性的虐待は)他のタスクと同様に隊の中での通過儀礼だった」と主張している。
「痛み、元に戻せない」
ロサンゼルス在住のジル・ゲイルさん(58)は、1970年代に2回性的な虐待を受けたと訴えている。ゲイルさんはCNNの取材に、「多くの(被害の)証言が人々の注目を集め、他の子どもたちが自分たち被害者のように暴行されるのを防ぐことができてうれしい」と語っている。
CNNなどによると、連盟は声明で「私たちは、ボーイスカウトでの過去の虐待によって影響を受けた命の多さに打ちのめされ、声を上げた人々の勇気に感銘を受けている」「私たちは彼らの痛みを元に戻すことができないことに打ちひしがれている」などと述べている。
連盟の全国会長を務めるジム・ターリー氏は、公開書簡の中で被害者に謝罪。「あなたに起こったことを元には戻せないが、私たちはあなたをサポートし、他の人に性的虐待が起こらないように全力を尽くすことを約束します」と記している。
アメリカのボーイスカウトは1910年に設立され、これまでに約1億3000万人がプログラムを経験。現在約220万人の会員がいる。


ボーイスカウト連盟が謝罪し、賠償に応じるとしても、虐待したボーイスカウトの指導者たちが処罰を受けないのは何とも不可解で、納得できません。個別に刑事罰を求める動きがあるのか、どうかは調べた上で書くつもりです
ニューズウィークの記事では、時効とされる過去の性的虐待でも刑事訴追を受理する方向でいくつかの州が動いている、と書かれています
それにしても、ボーイスカウトアメリカ連盟は早い時期に指導者による性的虐待が各地で起きていることを把握しておきながら、事実を長年伏せてきたと報道されており、責任逃れの体質が厳しく批判されています
被害者への賠償責任を連盟が負うとしても財源に限りがあるわけで、今後は一般市民や企業から寄付を募り、賠償のための基金を設立するなどの方法が考えられます
ボーイスカウト活動を維持するためにも正念場でしょう

(関連記事)
米ボーイスカウト連盟破産 性的虐待隠蔽で
同性愛排除で揺れる米ボーイスカウト連盟
男性190人をレイプ シナガ受刑者とは何者?
男性190人をレイプで終身刑 英国
武藤衆議院議員 少年買春疑惑に揺れる
ベルギーの教会 児童への性的虐待で強制捜査
オーストラリアでの組織的児童虐待 被害者50万人
イギリスの黒歴史 児童奴隷問題を映画化
バチカン枢機卿 強制猥褻で起訴されるも無罪判決
アメリカ カトリック教会によるこどもへの性的虐待
英BBCの人気司会者 200人以上の子供をレイプ
男児を強姦 ボランティアの男逮捕
「プリキュア」性犯罪論争
少年愛と性犯罪の境界(再掲)
わいせつ教師に懲役30年の判決
NHKディレクターが男子高校生を盗撮 逮捕
吹奏楽部顧問 女子中学生に「パンツ履き替えろ」
小学校教頭が女子中学生を誘拐未遂・逮捕
女子中学生を誘拐したスケベ教頭 不起訴処分に
小学生女児の裸を撮るため誘拐した学校教諭
同性愛者ストーカー殺人を考える