「風立ちぬ」とジェンダー 恋愛観

渡辺真由子は2019年3月、「博士論文に先行研究の成果に関する適切な表示を欠く流用が含まれていた」との理由で慶応大学が博士号の取り消し処分を行っています。不服申立てをしたものの、却下されました
博士号論文を元に出版された「『創作子どもポルノ』と子どもの人権: マンガ・アニメ・ゲームの性表現規制を考える」(勁草書房)は全7章のうち1つの章が他人の著作からの丸写しだと指摘を受け、絶版になっています
そんな渡辺真由子が2013年、宮崎駿の「風立ちぬ」の批評を書いていますので、取り上げます(論文の盗用で博士号を取り消された渡辺真由子を晒す意図はありません)
先日、取り上げた宇野常寛のような強烈さはないものの、女性の視点から観た「風立ちぬ」評として受け止めるべきものがあると考えます


「風立ちぬ」の恋愛描写とジェンダー
https://japan-indepth.jp/?p=391
「風立ちぬ」鑑賞。何じゃこりゃ、という終わり方。病身の妻を手元に置きたい、という自らのエゴに対する主人公の苦悩は描き切れず。妻が「夢を追う夫」の ために自己を犠牲にする姿は「美徳」として描かれている。宮崎アニメの少女作品はジェンダーに偏りがあるが、男性を主人公に据えてもこうなるのか
私が違和感を覚えたのは、二郎と菜穂子の恋愛の描かれ方に見るジェンダーである。
まずは、菜穂子という女性像への違和感。
少女時代は知的で活発で、これまでの宮崎アニメに頻出したようなイキイキした女の子が、大人の女性に成長すると突然弱々しく夫に依存する性格に変わっていることも気になる(病気であることを考慮しても)が、それより注目すべきは、やはりあの場面だろう。
そう、菜穂子が結核による死期を予感して、二郎の元を去る場面である。
「ネコかよ!」と突っ込みたくなる行動である。自分の衰える姿を夫には見せたくない、という思いがあったのだろう。
なぜ、本来最も心の支えであるべき夫に、その姿を見せられないのか。
おそらく菜穂子は、「美しいもの」を偏愛する二郎には自分を受け止められないと「見限った」のではないだろうか。
だが、その心情に二郎への恨みは表現されず、夫に迷惑をかけまいとする慈愛の精神だけが伝わってくる。
そんな菜穂子を、二郎は追いかけもしない。
そしてラストシーン。
ゼロ戦の設計に成功した二郎に、菜穂子が空から「あなた、生きて」と呼びかける。どこまでも甲斐甲斐しい「聖母像」である。
これに対して二郎が答えたのは「ありがとう」。
妻の余命を短くした可能性への謝罪じゃないんですねえ。
どこまでもエゴイスティックな「夢追う男像」である。
もっとも、宮崎駿監督が企画書で述べているように 、この映画はそもそもが「夢追う男の狂気」を描こうとしたもの。
よって、上記のような指摘は織り込み済みかもしれない。
二郎役の声優による超絶な棒読みっぷりも、彼の「非人間性」を浮き立たせる狙いがあったのであれば成功だ。
さすが宮崎監督、客観的に問題提起しているんですね!
……と納得しかけた私の思いを覆したのが結末の一言。
前述のラストシーンで、二郎が菜穂子に「ありがとう」と答えた直後、画面に大きくテロップが入る。
「堀越二郎と堀辰雄に敬意を込めて。」
ええっ!?
そこで敬意を表すべき相手は、命を削って夫の夢に尽くした菜穂子ではないのか?
結局、監督にとっても菜穂子の献身など大したことではなかったのね……。
つまりこの映画は、宮崎監督が「男のロマン」に自己陶酔した作品と受け止めざるを得ないのであった。
そういえば、ご自分の作品を見て初めて泣かれたんでしたっけ。


端的に男のエゴを指摘しています。弁解の余地もありません
ただ、二郎にとって菜穂子は恋愛の対象だったわけであり、恋愛の形は映画に描かれたとおり、と言うほかないわけです
現代を生きる女性からすれば、何とも奇妙でいびつな恋愛に映るのでしょう。しかし、あの二郎と菜穂子の恋愛の形が、宮崎駿の中にある恋愛観の反映であり、ああした関係しかないと思い定めて描いたと想像します
もし、ジブリの関係者が「あんな恋愛関係はありえない。おかしい」と苦言を呈したなら、即刻左遷されたに違いありません。「おまえに何がわかるんだ?」と宮崎駿に怒鳴られて
妻である菜穂子の献身は「当たり前」であって、特段声に出して礼を述べるまでもないと宮崎駿は考えていたはずです。あの時代の夫婦ならそうであるはず、と
それをわざわざラストシーンで二郎に「ありがとう」と言わせてるのですから、宮崎駿にすれば大サービスでしょう
昨日取り上げた宇野常寛言うところの「近代日本のロマン主義の中核を成しているある種の歪んだマッチョイズム」がこれでもか、と描かれているのであり、渡辺真由子のようにジェンダー論の上に立つ女性からすれば、ドン引きするしかないと思います

(関連記事)
慶応大がメディア学者渡辺真由子の博士号取り消し
「風立ちぬ」を批判する評論家宇野常寛
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る3
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る2
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る
宮崎駿「風立ちぬ」は戦争賛美アニメか?
宮崎駿「風たちぬ」研究 夢見る権利
宮崎アニメを批判する福岡教育連盟
宮崎アニメをあやしく語る町山智浩
宮崎駿をアジア主義と決めつける誤り
「風立ちぬ」を批判する韓国の大学教授
中国メディア 「宮﨑駿を語る8つのキーワード」
アメリカ人批評家(韓国系)が「風立ちぬ」を猛批判
「宮崎駿引退」を語りまくる岡田斗司夫
「日本の伝統と現代を融合させた宮崎駿」と誤解する中国メディア
宮崎駿監督 引退会見ライブ
宮崎駿引退と「仕事の流儀」
押井守監督「風立ちぬ」を語る
「風立ちぬ」の公開を悔しがる韓国
「風立ちぬ」への批判が続く韓国
「風立ちぬ」 宮崎駿の思想を論じる中国メディア
「宮崎駿こそ日本のジレンマと矛盾」と書く論評
「風立ちぬ」を褒める岡田斗司夫
宮崎駿「慰安婦で日本は謝罪すべき」発言で物議
韓国アニメのクリエーター「すぐには宮崎駿になれない」
黒澤明・宮崎駿対談映像
ディズニーと宮崎アニメ ヒロインから見た文化論
ゼロ戦復活を日本の再軍備と批判する朝鮮日報
日本を「零戦ブーム」と表現する韓国メディア
「火垂るの墓」を語る
映画「火垂るの墓」 海外での反応
映画「火垂るの墓」を極右映画だとして上映中止にした韓国
「風の谷のナウシカ」 深淵と虚無を超えて
https://05448081.at.webry.info/202011/article_25.html
「風の谷のナウシカ」 王道と倫理
https://05448081.at.webry.info/202010/article_33.html
赤坂憲男「ナウシカ考」を読む その2
赤坂憲男「ナウシカ考」を読む その1
「風の谷のナウシカ」と自然・環境問題 その2
「風の谷のナウシカ」と自然・環境問題 その1
「風の谷のナウシカ」 その世界観を問う
「風の谷のナウシカ」 死と再生を考える
ナウシカの正義とサンデル教授「白熱教室」
「風の谷のナウシカ」の神話学を考える
構造主義の立場で「風に谷のナウシカ」を語る その2
構造主義の立場で「風に谷のナウシカ」を語る その1
「ナウシカ解読」
「ナウシカ解読」における4つの問いを考える
「シネアスト宮崎駿 奇異なもののポエジー」は気まずい?

松本潤「K-POPはルーツはジャニーズ」発言で物議

活動休止を前に国立競技場で無観客ライブを行った「嵐」ですが、メンバーである松本潤の発言がK-POPをバカにしていると顰蹙を買っていると報じられています
元記事は東スポです。ほぼ同じ内容を韓国大手紙、中央日報も記事にしています。が、日本の報道と韓国の報道ではニュアンスが違っている部分があるようです。互いの報道を引用し合ううち、そこにいくつもの臆見が加わり、事実関係が歪んでしまうとも考えられます
以下、東スポの記事と韓国中央日報の記事を貼りますので、読み比べてください


メンバーの松本潤(37)が米バラエティー番組のインタビューで語った内容をめぐり、韓国のK-POPファンが激怒しているというのだ。
松本は今月上旬に放送されたインタビューの中で、昨年7月に他界したジャニー喜多川さん(享年87)の功績を力説。「ジャニーは過去60年間、数多くのボーイズグループを作り、日本の芸能産業だけでなく、アジアのポップカルチャー全般で偉大な業績を残した。現在ある日本人以外のグループも、ジャニーが1960年代に作った基礎をルーツを置いている」と述べたとされる。
さらに松本はK-POPに敬意を示しながら「ジャニーが数十年前に作ったモノが国境を越え始めた」「他の文化や国に根を下ろしている花を見ることができるだろう」などと話したという。
これに噛みついたのが、K-POPファンだ。内容だけ見れば、ジャニーズが生み出した音楽を韓国が踏襲したと受け取られてもおかしくない。
しかも松本はインタビューの中で、韓国の大人気グループ「BTS」の代表曲「Dynamite」にも言及していた。
大荒れのK-POPファンからは「嵐の新曲こそBTSのパクり」「K-POPこそ世界のトレンド」「嵐は解散しろ」などブーイングが殺到。他方で冷静なファンからは「マツジュンは韓国をディスろうとしているわけではない」「誤訳されている部分もある」という指摘も上がっている。事実、松本はジャニーズがBTSに影響を及ぼしたとは言っていない。
嵐は3日に無観客ライブ「アラフェス 2020 at 国立競技場」の配信を終えたばかり。ひと息つく間もなく、厄介な問題に巻き込まれてしまった。
(東スポWebの記事から引用)


日本アイドルグループ嵐の松本潤が最近ある米国メディアとのインタビューでアジアの大衆文化のルーツが1960年代ジャニーズにあるといった発言が韓国のネットユーザーの間で公憤を買っている。
松本潤は2日(現地時間)公開された米バラエティー番組とのインタビューで「K-POPがうらやましくないか」という質問に「私は人々が考える嫉妬や警戒を全く感じない」として「むしろジャニー喜多川さんが数十年前に作ったモノが国境を越え始めたことに自負心を感じる」とした。
また「ジャニーさんは過去60年間、数多くのボーイズグループを作り、日本の芸能産業だけでなく、アジアのポップカルチャー全般で偉大な業績を残した。現在ある日本人以外のグループも、ジャニーさんが1960年代に作った基礎をルーツを置いている」と主張した。
韓国日刊紙「国民日報」はこのようなインタビュー内容を伝えて「K-POPブームのルーツが日本文化だと主張する日本アイドルグループメンバーの発言が伝えられて韓国インターネットユーザーから怒りを買っている」として「一部のインターネットユーザーは米バラエティー番組のホームページに直接反論のコメントを書き込んだ」と報じた。
韓国日刊紙「韓国経済新聞」は関連報道で「日本アイドル歌手が韓国アイドルグループと歌手に言及してK-POPのルーツがJ-POPというニュアンスの発言をすることに対して公憤を覚える人も少なくない」として「日本アイドルグループの動画の『Hidden Tag』に韓国歌手を書いて入れたことが分かり、K-POPファンたちの反感をさらに買っている」と報じた。
(中央日報日本語版から引用)


松本潤の発言はジャニー喜多川の功績、先進性を言いたかったのであり、K-POPとの比較はインタビューした米TV局が仕向けたものです
特にK-POPファンが怒りをおぼえるような発言ではないと思うのですが、どうなのでしょうか?
あくまでK-POP自体が韓国発祥の独自なカルチャーであり、日本の影響など関係ないと言わないと気が済まない人たちがいる、と受け止めるしかなさそうです。冷静に話し合えば誤解が解ける、などというレベルではないわけで
何かにつけて「起源」を主張するお国柄ですから、K-POPがアメリカのヒッポホップのスタイルを真似ていると指摘されても激怒するのかもしれません
韓国ではすでに防弾少年団がアメリカのミュージックシーンを完全制覇した、とまで持ち上げているのですから、「称賛」以外には耳を貸さない雰囲気です
さて、もう随分と前ですが韓国メディアが「嵐」のコンサートを取材し、そのエンターティメントとしての質の高さに驚いた、と記事を書いていたのを思い出します
ステージの構成や、観客を熱狂させる仕掛けなどなど、見るべきもの、学ぶべきものがあると述べていたように記憶しています
別段、K-POPファンの頭に手を突っ込んで、その考えを無理やり矯正しようなどとは思いませんし、彼ら彼女らが「K-POPはウリジナル」であると言い張るなら構わないのですが

(関連記事)
「韓流が日本精神を揺さぶっている」と書く韓国メディア
防弾少年団の魅力 韓国評論家によるBTS論
防弾少年団ファン 暴走して炎上騒動
原爆Tシャツ防弾少年団にユダヤ系団体が喝!
原爆Tシャツ防弾少年団、音楽番組から締め出し
TWICEの紅白出場決定に疑問の声
いまさらNHKがK-POPグループを推奨
「4年連続で紅白歌合戦から無視された」と怒る韓国メディア
K-POP紅白から排除 韓国の反応
「韓流イベント」の記事を書いたら名誉毀損だ、削除しろと言われた件
フランスでK-POPが人気だと必死で言い張る韓国メディア
K-POPは卑猥なダンスが売りなのか?
BoAのハリウッド進出映画 3年で完成、公開
中国紙「韓国が日本を制し流行発信地になった理由」
韓国メディア「K-POPで日本を超える経済大国に」
新大久保韓流タウンの衰退を嘆く韓国メディア
韓国ドラマ売上激減
「少女時代」ジリ貧 横浜アリーナで無料ライブ
マスコミが報じないK-POP少女時代の米進出「大惨敗」
世界を席巻するK-POP「江南スタイル」
「江南スタイル」がヒットしない日本に韓国人がブチ切れ
韓国メディア「PSYの新曲が日本で大ヒット」と書くも大外れ
GQ誌「韓流は世界を制するのか」
東浩紀「韓国との多文化共生を諦めてはならない」