神奈川大准教授 下着泥棒で逮捕

少子化が進む現代、大学人としてキャリアを積み重ねていくのはなかなか難しいのだろうと想像します
大学院を出た後、助手やら非常勤講師を務め、准教授の地位に辿り着いてようやく教授のポストが見えてくるのでしょう
しかし、自らの性癖に振り回され、キャリアをドブに捨てる人も少なからずいます
神奈川大学の准教授が下着泥棒の容疑で逮捕された、と報じられています。記事には「元准教授」と表記されていますので、大学を解雇されてしまったと思われます


教え子の20代女性の自宅に侵入し下着を盗んだとして、警視庁志村署が住居侵入と窃盗容疑で、東京都品川区南大井、神奈川大元准教授岩下仁容疑者(41)を再逮捕していたことが7日、同署への取材で分かった。
再逮捕容疑は、2月下旬〜3月上旬、東京都板橋区の女性の自宅に侵入し、下着1点を盗んだ疑い。
同署によると、岩下容疑者は昨年7月、当時勤めていた別の大学の教え子だった女性を都内の喫茶店に呼び出し、女性が席を外した隙にバッグから鍵を盗み、合鍵を作成したとみられる。下着がなくなっていることに気付いた女性が署に相談。同署は鍵の窃盗容疑で10月6日に逮捕していた。
(神奈川新聞の記事から引用)


岩下仁容疑者の経歴は以下の通りです
早稲田大学商学部卒。同大学大学院商学研究科修士課程、ならびに、博士後期課程修了。博士(商学)。花王、野村総合研究所、早稲田大学商学学術院助手を経て、九州大学大学院経済学研究院専任講師、立教大学経営学部兼任講師、神奈川大学経済学部准教授
この経歴で考えると、被害に遭った女性は立教大学経営学部に勤務していた頃、知り合った人物かもしれません(特段、被害者の身許を探ろうという意図はないのですが)
上記の報道だけでは、岩下容疑者の犯行が本件だけなのか、あるいは余罪があるのかは不明です
下着泥棒逮捕の報道では大抵の場合、部屋から盗んだ下着が大量に発見されたと書かれるのであり、今回はそれがないので余罪はないのかもしれませんが、現段階では保留です
大学人として学生を教える立場に就く以上、盗みも下着泥棒もセクハラもダメです。本人はそうと理解していたはずなのになぜ、やってしまったのか?
自身の異常な性癖に振り回され、抑えが効かないのであれば事件を起こす前に治療を受けるのが最善策です
ビジネススクールの講師として「経営戦略」を語ることはできても、自身の性癖への対策は考えなかったのでしょうか?
何にせよ、岩下容疑者の大学人としてのキャリアはこれで終了です。たとえ執行猶予付きの刑で済んだとしても、講師として雇う大学はないわけで

(関連記事)
京都大教授 女学生との不適切な関係で辞職
立命館大でセクハラ 准教授ら相次いで処分
早稲田大教授、セクハラでクビ
柔道金メダリスト内柴正人 セクハラで大学を懲戒解雇
女子大学院生殺害事件を考える1 恋愛のもつれ?
福井大学「赤とんぼ」准教授不倫殺人 初公判
福井大学「赤とんぼ」准教授不倫殺人 懲役3年6月の実刑判決
香川の高校教師が強制わいせつ 被害者は自殺
福田事務次官セクハラ被害はテレ朝進優子記者
福田次官セクハラ問題 下村元文部大臣が被害者批判で炎上
今度は厚生省局長のセクハラ発覚 戒告処分
中学生徒にわいせつ 大阪明星学園教師逮捕

トランプ大統領 落選で失うもの

投票が終わってもすったもんだしていたアメリカの大統領選挙は、民主党のバイデン候補の勝利という結果になりました
しかし、トランプ大統領はあの手、この手で徹底抗戦をする構えであり、負けを認めようとはしません
今後は身内である共和党の上院議員らがトランプ大統領を説得し、敗北を受け入れるよう促すのでしょうか?
さて、「現代ビジネス」が「なぜトランプは負けられないのか?」と題する記事を掲載していますので、取り上げます
落選し、大統領の身分を失った途端、山ほどの訴訟に巻き込まれ、身ぐるみを剥がされかねない、と書かれています


なぜトランプは負けられないのか? 実は「一文無し」になる可能性も
(前略)
お金が足りなくなる可能性
ニューヨーカー誌の報道によると、トランプ大統領はこれまで推定4000件に上る訴訟と26件に上る性的不適切行為の訴え、そして昨年12月の米連邦議会における弾劾裁判等を生き残ってきた。
しかしニューヨーク州・市政府の検察当局は未だに、トランプ氏が大統領になる前の商行為等に対し、潜在的な刑事責任の可能性があるとして捜査を進めている。他にも、こうした捜査や民事訴訟の準備が10件以上進んでいるという。
仮に、これらが実際の訴訟へとつながれば、トランプ氏は弁護士費用など相当の出費を迫られることになる。ところが、そのためのお金が足りなくなる可能性がある。
今年9月のニューヨーク・タイムズの報道によれば、トランプ氏は4億2100万ドル(400億円以上)に及ぶローンその他の負債の責任を個人的に負っており、そのほとんどが4年以内に返済期限を迎えるという。
とは言え、不動産王のトランプ氏のことだから、推定数十億ドル(数千億円)とも言われるホテルなどの資産を一部売却すれば問題ないと思われる。
ところがトランプ氏が所有するリゾート・ホテルなど不動産の資産価値はコロナ禍の影響で相当目減りしており、その売却によって借金を返したり法廷闘争の資金を捻出するのは、それほど容易ではないと見られている。
「国外脱出」を考えているとの見方も
こうした危うい展開を回避するため、トランプ氏は是が非でも今回の選挙に勝たねばならない。
その切なる願いは先月、ジョージア州で開催された選挙集会でも現れている。会場に集まった多数の支持者らに向かって、トランプ大統領は次のように語りかけた。
「私が(今回の選挙に)負けるなんて想像できるかい? (もしも負けたら)あまり良い気持ちはしないだろうな。ひょっとしたら、この国(アメリカ)を去るかもしれない。どうなるか分からないな」
冗談めかして言ってはいるが、トランプ氏は案外本気かもしれない。
(以下、略)

脱税容疑で逮捕されそうになったら、キューバにでも亡命するのでしょうか?
それはそれで、トランプらしい醜悪な武勇伝になりそうです
上記の記事には書かれていませんが、落選後はメラニア夫人との離婚が現実になるだろう、とアメリカのメディアは報じています
トランプの抱えるトラブル(女性問題)に心底うんざりしており、離婚寸前の状態なのだとか
さらには上記の記事のように、数々の訴訟や借金で追い詰められているとなれば、トランプと離婚して巻き添えにならないようにするのは当然の選択なのかもしれません

(関連記事)
米朝首脳会談決裂の背景
米朝首脳会談決裂も「安部のせい」 韓国政治家
韓国文大統領訪中も冷遇、踏んだり蹴ったり
安倍・トランプ会談を腐す韓国メディア
一転 安倍・トランプ会談を称賛する韓国メディア
トランプ大統領におびえる韓国
トランプ大統領 メキシコ国境に壁建設へ
トランプ大統領の国境壁建設に難問噴出
オバマ大統領の広島訪問 その成果を否定しまくる韓国メディア
韓国メディアによる「オバマ大統領広島訪問批判」の数々
オバマ大統領の広島訪問を危ぶむ中国・韓国(1)
オバマ大統領の広島訪問を危ぶむ中国・韓国(2)
オバマ大統領の広島訪問を危ぶむ中国・韓国(3)