コロナワクチン確保できず 韓国政府

コロナウィルス対策を国家間の競争(競技)であるかのように煽り、韓国の防疫体制の優秀さをことさら誇示してきたのが韓国政府であり、韓国メディアです
PCR検査の実施数を誇り、「K防疫」であると自画自賛していました
しかし、韓国製のPCR検査キットは偽陽性、偽陰性の反応を示す割合が高く、信頼性に問題がるのは既に知られているところです
そして大手製薬メーカーのコロナワクチンが続々と臨床試験結果が公表される中で、韓国政府はワクチンの確保ができずにいると報道され、関係者が釈明に追われています。いくら弁解を並べたところでワクチンは手に入らないのであり、何をしているのやら
以下、デイリー新潮の記事から引用します


「日本に負けない」と大見得を切った文在寅、コロナワクチン確保できず“完敗”で大炎上
「3億3000万対0」――。韓国国民はこの数字に憤っている。米製薬大手ファイザーの新型コロナウイルスワクチンが早ければ来月11日にも接種開始が見込まれるなか、日本政府はファイザー1億2000万回、モデルナ5000万回、アストラゼネカ1億2000万回など、約3億3000万回分のワクチンを確保したことが判明した。要するに、日本は全国民が2回ずつ接種しても余る量を確保したが、韓国政府が11月中旬までに確保したワクチンはゼロだったのである。
韓国政府は9月15日、「全国民の60%が摂取可能な3000万人分の海外ワクチン確保を推進する」と発表していた。
あれから2か月、日本や米国など世界各国がワクチンを確保するなか、11月17日、保健福祉部の朴凌厚(パク・ヌンフ)長官は「まだ交渉中」と発言して非難を浴びた。
ファイザーやモデルナは韓国政府に「早期の契約」を促したが、11月が終わろうとするいま、韓国がワクチンを確保したという知らせはない。
来年上半期、日本でワクチン接種が始まる様を、韓国人は羨望の眼差しで見守ることになりかねない。
昨年8月、日本政府が韓国向け輸出規制措置を行った時、「我々は再び日本に負けないだろう」という“名言”を作った文在寅大統領だが、何一つまともに勝ったという実績を残していない。
コロナワクチン確保戦争で日本に“完敗”して世論は炎上、不信感が頂点に近づいている。
「我々に足りなくても北朝鮮に」
80年代、大学生として左翼運動の先鋒に立ち、現在は文在寅大統領の側近に名を連ねる共に民主党所属国会議員の李仁栄(イ・イニョン)韓国統一部長官は11月18日、ニュース番組に出演して「韓国のコロナワクチンが不足しても、北朝鮮に配らなければならない」と発言し、翌日、ニュースのトップを飾った。
日本政府が3億3000万回分のコロナワクチンを確保した一方、韓国が1回分も購入していないことが明らかになってすぐの、極めて非常識な発言に国民は唖然とする他なかった。
李仁栄統一部長官は、韓国の公務員が海上を漂流中に北朝鮮軍に銃殺され、焼却された今年9月、コロナ予防のマスクなど医療品の北朝鮮向け支援を承認したことが明らかになり、波紋が広がった。
文大統領は、韓国の大統領か北朝鮮の代弁者か分からないほど北朝鮮に片思いを抱いており、「いい加減にしてくれ」という世論の反発がある。
そんな中での「自国を犠牲にしての北支援」アピールだから、理解に苦しむのだ。
一方の北朝鮮は11月19日付の「労働新聞」で「なくても生きていける物資のために国境を越えることはできない」と報じ、ワクチン提供を拒絶する意思を明らかにした。北朝鮮は、まだ1回分もワクチンを確保していない国がワクチンを配ると言う発言は、無礼であり荒唐無稽だと考えたかもしれない。
だとしたら真っ当な物言いである。
李仁栄長官は翌20日にも、南北境界地域に両国民が使用できる「感染症対応センター」の設置を提案した。
「診断と治療、予防、ワクチン開発および生産を包括する協力が必要だ」と発言したが、北朝鮮は22日に再び「労働新聞」で、「完璧な封鎖障壁の構築が重要だ」と拒絶している。
(以下、略)


コロナウィルス用ワクチン開発には巨額の資金が必要です。大手製薬メーカーといえども、薬品開発に係る研究者の数は限られており、通常の研究開発を中断してコロナウィルス用ワクチン開発に取り組まなければなりません。したがって日本政府などはワクチンの代金を前払いして製薬会社に渡し、研究開発費を負担したわけです。ワクチン開発に失敗しても、前払いした金は戻ってきません
つまりはアメリカやヨーロッパ諸国も、ファイザーやモデルナ、アストラゼネカなどに資金を提供して、ワクチンを確保したのです。が、韓国はこの前払いを嫌がったため、ワクチンを確保できなかったというのが真相です
現状としてはロシア企業やヨーロッパの薬品企業が開発したワクチンについて、韓国企業に生産を委託する話が浮上しているようです。これらの生産分は販売先の決まった輸出用となるわけですが、韓国政府はその中からいくらかは韓国国内向けに確保できるだろうと、寝ぼけたようなコメントを発しています
数ヶ月前には、「韓国はコロナウィルス用ワクチン開発で世界の先頭を走っている」と報道していたのですが…
ここ最近ではインフルエンザワクチンの接種で死亡例が続いて発生した、と韓国メディアが騒いでいます。もう30名ほど死者が出ているのだとか
常温で放置されていたインフルエンザワクチンを摂取しているとか、白く濁ったワクチンが使われているとの報道もありました
しかし、韓国の衛生当局はインフルエンザワクチンに問題はない、と声明を出し、死亡したのは糖尿病など既往症のあった患者でワクチンが直接の死亡原因ではないとの見解を表明しています
ワクチンの温度管理もできない医療体制に唖然とします。大丈夫なのでしょうか?
「K防疫は世界で最も優れている」などと自慢話を開陳している場合ではありません

(関連記事)
「韓流で文化覇権を目指す」と書く韓国メディア
https://05448081.at.webry.info/202101/article_31.html
小沢一郎「全国民PCR検査をやれ」という愚論
https://05448081.at.webry.info/202101/article_14.html
コロナワクチン確保に狂奔する韓国
https://05448081.at.webry.info/202101/article_1.html
コロナ対策で佐賀県庁に「鐘」設置 批判集まる
姜尚中 「コロナ感染防止と経済回復のため日韓両国の和解を」
「コロナで日本は負け、韓国は大勝利」と書く韓国メディア
コロナ禍 中国北朝鮮国境で感染拡大
コロナ禍 「緊急事態宣言は必要だったか」と書くAERA
コロナ禍 韓国ゲイクラブから86人が感染
コロナ禍 韓国ソウルのゲイクラブで集団感染
コロナウィルス向けワクチン開発と意気込む文在寅大統領
「コロナで西洋優越主義は終焉」と書く韓国メディア
コロナ禍で企業倒産 政府に助けを求める大富豪
韓国メディア「日本のコロナ対策は間違っている」
コロナ対応そっちのけ 日韓メディアの誹謗中傷合戦
コロナ対策 日本の入国制限に激怒する韓国
コロナウィルス 韓国教会で集団感染
韓国政府 日本からインフルエンザ治療薬輸入を検討
コロナウィルス感染 死者が250人突破
コロナウィルス感染 武漢から500万人が逃げ出す

鹿児島5人殺害事件を考える 「病気じゃない」発言

鹿児島県日置市で親族ら5人を殺害して起訴された、岩倉知広被告の公判が続いています
5人を次々と素手で絞殺し、遺体を遺棄するという凶悪な犯行であり、その犯行動機からすると親族への逆恨み、あるいは被害妄想という可能性が浮かび上がってきます。被害妄想が固着し、信念のようになってしまって正常な判断力を失った場合、刑事責任を問えるのかどうか?
岩倉被告の被害妄想がどの程度のものであったのか、精神鑑定の結果も注目されます
11月27日の公判で、岩倉被告は「自分は病気(精神障害)ではない」と発言しています

岩倉被告「自分は病気じゃない」 鹿児島5人殺害事件・第7回公判
鹿児島県日置市の民家で2018年に家族ら男女5人が殺害された事件で、殺人と死体遺棄の罪に問われた無職、岩倉知広被告(41)の裁判員裁判の第7回公判が27日、鹿児島地裁(岩田光生裁判長)であった。裁判では岩倉被告の刑事責任能力の有無が大きな争点になっているが、この日の被告人質問で「自分は病気じゃない」などと述べた。
起訴状によると、岩倉被告は18年3月31日夜~4月1日朝、祖母久子さん(当時89歳)宅で、父正知さん(同68歳)と久子さんの首を絞めて殺害し、遺体を近くの山林に遺棄。同月6日には、久子さん宅に2人の安否確認に来た伯父の妻孝子さん(同69歳)と孝子さんの姉坂口訓子さん(同72歳)、近所の後藤広幸さん(同47歳)も首を絞めて殺害したとされる。
岩倉被告を精神鑑定した医師2人はこれまでの公判で、被告に「妄想性障害」があったと認め、その程度で見解が分かれていた。この日、検察側が、正知さんが以前被告にうつ病に関する本を渡したことについて質問すると、被告は「自分は病気じゃないから読まなかった」と述べ「自分は病気だと思うか」との質問には「いいえ」と答えた。
遺族の意見陳述もあり、親族7人が法廷と書面で意見を述べた。正知さんの妹は法廷で「兄(正知さん)は口数は少ないが優しく、母(久子さん)は女手一つで私を育ててくれた。なぜ自首しなかったのか」と述べた。孝子さんの娘は終始声を詰まらせながら「母たちがどれだけ痛くて怖い思いをしたか。人間がやることではない」などと話した。孝子さんと坂口さんの弟は「姉2人を返せ!」と心情を訴えた。
孝子さんの息子が岩倉被告に「遺族に何か思うことはないか」と問うと、被告は長い沈黙の後「逆に、なぜあんな陰湿なことをしてきたのか」と2回繰り返した。遺族はいずれも死刑を望むと話した。
12月1日の公判で結審し、判決は同月11日の予定
(毎日新聞の記事から引用)

上記の記事では触れていないのですが、法廷では以下のようなやり取りがあったと、別の報道が伝えています

岩倉被告はこれまでの裁判で「水に毒を盛られた」などと思い込みともとれる発言をしていて、精神鑑定をした2人の医師は岩倉被告について「妄想性障害がある」としています。
岩倉被告は鑑定結果を巡り、「妄想ではない、調べてもらったらわかることです」と、自身の発言が思い込みではなく事実であると主張しました。
ただし、「何かを盛られて(精神が)保てなくなっているとは思う」と話し、発言が揺らぐ場面もみられました。
(FNNプライムオンラインの記事から引用)

過去の事件では、向精神薬の服用を拒む患者に対し親族が飲み物の中に薬を混ぜ服用させたところ、「毒を盛られた」と主張して暴れ負傷させたというケースがありました
このように「自分は迫害されている」との被害妄想を抱く患者の場合、薬の服用でさえ「毒を盛られた」と受け止める向きがあり、対応がなかなか困難です
岩倉被告の場合を同じ、と判斷するのは控えます。が、家族間でさまざまな葛藤、いざこざがあったことを含めて考えると、家族がよかれと思って食べ物を差し入れても、岩倉被告は「毒を食べさせるつもりか?」と疑念を募らせ、被害妄想をますます深めたのかもしれません
結果として就労するよう申し向けるのも、励ますのも、すべて精神的な圧迫であり、陰湿な嫌がらせと岩倉被告は受け止めるようになったと考えられます
裁判官の判斷としては、岩倉被告の妄想傷害が動機の一端にはあったものの、刑事責任能力がなかったとはいえないとしてバランスを取り有罪を認定するのではないでしょうか?
検察は死刑を求刑すると思われますので、裁判官は精神障害を考慮して罪一等を減じ無期懲役の判決を下すと予想されます

(関連記事)
鹿児島5人殺害事件を考える 死刑判決
https://05448081.at.webry.info/202012/article_16.html
鹿児島5人殺害事件を考える 岩倉被告初公判
鹿児島5人殺害事件を考える 岩倉被告起訴も初公判はまだ
鹿児島5人殺害事件を考える 岩倉知広容疑者とは
豊川引き篭もり殺人を考える1 対処法の問題
豊川引き篭もり殺人を考える2 なぜ15年間放置されたか
豊川引き篭もり殺人を考える3 殺人事件はまれなケース
豊川引き篭もり殺人を考える4 殺人未遂のケースは多発?
豊川引き篭もり殺人を考える5 インターネット依存という誤解
豊川引き篭もり殺人を考える6 引き篭もりは精神病?
豊川引き篭もり殺人を考える7 責任能力で論争
豊川引き篭もり殺人を考える8 懲役30年の判決
神戸5人殺傷事件を考える 逮捕後は黙秘
神戸5人殺傷事件を考える 2度連続の精神鑑定
宝塚ボーガン殺人 野津英滉を起訴
https://05448081.at.webry.info/202101/article_32.html
宝塚ボーガン殺人 家族3人殺害
https://05448081.at.webry.info/202006/article_6.html
日立市母子6人殺害を考える 小松博文容疑者とは
今も存在する戸塚ヨットスクール
突撃おばさん
突撃おばさん その2