再婚相手の娘に性暴行 懲役18年の厳罰

家庭内の性犯罪というのは、ともすれば「家の中のことは家の中で解決すべきであり、司法にはなじまない」とされてきた部分があるのでしょう
しかしながら、日本で近親相姦や再婚相手の連れ子に対する性的虐待は存在するわけで、被害者が泣き寝入りを強いられるのは大間違いです
また、こどもが被害を訴えたとしてもそれを嘘だと決めつけたり、取り合おうとしない大人がいるのも事実です
自分自身、女の子が父親から性的暴行を繰り返し受けたとの訴えを受け、上司に報告したものの「父親がそんなことをするはずがない。あの娘は(頭が)おかしい」と言い返された経験があります。彼女は軽度の知的障害があり、頻繁に家出を繰り返す少女でした。家にいたくない理由が父親からしばしば性交を強要されるから、という話です
後日、父親は家庭裁判所の調査に対し、娘への性的暴行を認める供述をしています
かくの如く、家庭内の性犯罪を「なかったことにする」認知バイアスが蔓延しているのであり、心してかからなければなりません
今月24日、徳島地裁で下された判決を取り上げましょう

親子として同居する10代の女性に対し、意に沿わない性交を強制し続けたとして、監護者性交罪などに問われた徳島県内の30代会社員の男の判決公判が24日、徳島地裁であった。藤原美弥子裁判長は「同種事案と比較し、まれに見るほど悪質」などと指摘し、検察側の求刑通り懲役18年を言い渡した。
判決理由で藤原裁判長は、女性が小学校高学年の頃に男が性的虐待を始め、「動画をインターネットに流出させる」などと口止めしていた点について「心身ともに未熟な頃から逆らえない状況をつくり、極めて卑劣」と指摘。犯行を「女性の人格や尊厳を一顧だにせず、欲望の赴くままに行われ非道極まりない」と非難した。
さらに「女性は、自身を保護してもらえるはずの養父から長期にわたり虐待を受けながら、母親らを思いやり、誰にも相談できないまま耐えてきた」と強調。男が法廷で反省の言葉を述べていることを考慮しても「重い処罰は免れない」とした。
判決によると、女性は血のつながりのない娘で、2018年3月から20年4月までの間に23回、自宅で女性に性交などを強制したほか、性交の様子を45点の動画として記録。20年3~4月には顔などに暴行を加え、両目に全治1カ月のけがを負わせるなどした。
(徳島新聞の記事から引用)

被害者あるいは加害者を特定されないよう配慮した報道になっていますので、家庭環境などよくわかりません
別の報道によれば、弁護側は最終弁論で、逮捕直後から犯行を認めて謝罪し、女性と離縁した上で今後は接触しないと誓約していることなどを強調し、「懲役7年が相当」と主張し寛大な判決を求めたようです
しかし、裁判長が女性ということもあり、検察の求刑から割引なしに懲役18年を言い渡しています
それだけ犯行が長期間に渡って繰り返された上に、従わなければ顔面を殴打する暴行もあり、両目を負傷させている点も「悪質」と判断されたのでしょう。加えて、動画を撮って脅しの道具に使用している点も、「極めて卑劣」とされる所以です
これが男性の裁判官なら弁護側の主張に近い、懲役7年程度の判決だったかもしれず、ぞっとします

(関連記事)
娘への性的暴行で懲役6年判決 福島
実の娘と強制性交 控訴審判決の骨子
実の娘と強制性交 控訴審で逆転有罪判決懲役10年
実の娘と強制性交して無罪 近親相姦罪がない日本
実の娘と強制性交でも無罪 控訴審始まる
実の娘と強制性交も無罪の判決
徳島で孫娘2人を強姦した祖父 懲役8年の判決
https://05448081.at.webry.info/202102/article_29.html
知人の娘(小学生)に性暴行 52歳の男を逮捕
14歳養女強姦事件を考える1 被害者証言は曖昧無罪判決
14歳養女強姦事件を考える2 無罪判決を破棄し差戻し
14歳養女強姦事件を考える3 差し戻し審で有罪判決
12歳娘を強姦 控訴審で逆転有罪判決
娘を性的暴行した父親に懲役に懲役4年の判決
義理の娘に性暴力で懲役11年 千葉
https://05448081.at.webry.info/202106/article_1.html
高畑裕太不起訴 弁護士は「そもそも事件性なかった」発言
高畑裕太事件で「被害者女性の問題」を書く週刊誌
俳優小出恵介 未成年者と淫行の波紋
俳優新井浩文強姦、逮捕の影響
女子児童5人を強姦し懲役20年 鬼畜教師
小学生に覚醒剤を打ち淫行、懲役23年の判決
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 虐待する父親
家出を繰り返す少女
伊藤詩織さん強姦事件 山口敬之記者は民事で敗訴
伊藤詩織さん強姦事件 山口記者擁護者の右往左往