山形女医殺害事件を考える 初公判で殺意を否認

山形県東根市のマンションに侵入し、住人である女性医師をゴルフクラブで殴り殺した元大学生、加藤紘貴被告の裁判が始まりました
冒頭の罪状認否で矢口智恵美さん殺害は認めたものの、殺意はなかったと主張しています。弁護人は加藤被告の犯行をうつ病の治療薬服用に伴う心神耗弱状態で行われたものであり、減刑すべきであると主張しています

医師殺害裁判 被告が殺意を否認
去年5月、東根市のマンションで、女性医師を殺害したとして殺人などの罪に問われている元大学生の裁判員裁判が、11月30日から始まり、元大学生は、被害者を殴ったことは認める一方、「殺意は持っていなかった」などと、起訴された内容を一部否認しました。
山形大学の学生だった加藤紘貴被告(25)は、去年5月、東根市のマンションに侵入し、この部屋に住む、眼科クリニックの院長だった医師、矢口智恵美さん(当時50)の頭などをゴルフクラブで繰り返し殴って殺害したとして、殺人などの罪に問われています。
11月30日から山形地方裁判所で始まった裁判員裁判の初公判で、加藤被告は、被害者を殴ったことは認める一方、「殺意は持っていなかった」などと、起訴された内容を一部否認しました。
冒頭陳述で、検察は、「被告は、インターネットで知り合った人物に面会を断られ、性欲をもてあまして、無施錠の家を探し、女性医師の部屋に侵入した。しかし、女性医師と部屋で鉢合わせになり、恐怖から犯行に及んだ」などと述べ、殺意や責任能力があったと主張しました。
一方、弁護側は、「被告は、事件の前に、別のアパートで複数の玄関のドアを開けようとするなど、不可解な行動をしたり、うつ病の薬と飲酒によって心神耗弱状態だったりしたため、責任能力は限定的だ」などとして、傷害致死罪の適用を主張しました。
裁判員裁判は12月1日以降も開かれ、3日に結審し、11日に判決が言い渡される予定です。
(NHKニュースの記事から引用)

公判廷での冒頭陳述で検察がどのように犯行の経緯を語ったのか、残念ながら詳細な報道はみつけられませんでした
上記の記事によれば、出会い系サイトを利用し女性と会う約束を交わしていたものの、ドタキャンされたようです。その鬱憤晴らしに酒を飲んで、深夜にアパートやマンションのドアを片っ端から開けようとし、無施錠だった被害者宅に侵入した、という流れなのでしょうか?
検察側は、ゴルフクラブで殴打され動かなくなった矢口さんの頭部を加藤被告はなおもゴルフクラブで殴り続けたとしており、明確な殺意が感じられると述べています
計画的な殺人であったとは言い難いわけですが、さりとて軽微な犯罪でもありません。住居侵入自体が犯罪行為であり、加藤被告のそれは女性を強姦する狙いであった(就寝中の女性がいたら襲っていた)と解釈できるからです
以前は警察の取り調べの中で加藤被告は、「女性と話がしたかった(から侵入を図った)」と説明していましたが、夜中に他人の家に侵入して「お話がしたい」で済むはずはないのであり
検察は殺人罪で懲役20年くらいは求刑するのではないか、と推測します。判決は3年割り引いて懲役17年くらいでしょうか
(関連記事)

山形女医殺害事件を考える 懲役18年の判決
山形女医殺害事件を考える 初公判前に
山形女医殺害事件を考える 精神鑑定
山形女医殺害事件を考える 山形大生逮捕
山形女医殺害事件を考える 「覚えていない」と否認
茂原強盗殺人事件を考える 少年3人を逮捕
茂原強盗殺人事件を考える 主犯少年に無期懲役求刑
千葉印西市放火殺人 男女4人逮捕
千葉女性監禁殺害事件を考える1 幼なじみ
千葉女性監禁殺害事件を考える2 金銭トラブル
千葉女性監禁殺害事件を考える3 中野被告は無期懲役
千葉女性監禁殺害事件を考える4 主犯格少女は殺意を否認
千葉女性監禁殺害事件を考える5 主犯格少女も無期懲役
闇サイト事件堀被告 別件強盗殺人で死刑判決
闇サイト殺人で無期懲役の堀被告 別の強盗殺人で死刑求刑
目黒夫婦殺傷事件を考える1 娘の医療費欲しさの犯行
目黒夫婦殺傷事件を考える4 無期懲役の求刑

高槻少女殺害事件を考える26 控訴取下げ認定で死刑確定

2015年の夏、高槻市の運送会社駐車場で中学1年の女子生徒の遺体が発見されたことから、当ブログでは「高槻少女殺害事件」との題で取り上げてきました。その後、殺害された中学生の男女生徒が寝屋川市の在住であったため、メディアでは「寝屋川中学生殺害事件」と報じられるようになりました。タイトルを途中で変更するのはためらわれたので、当ブログでは「高槻少女殺害事件」として扱っています
さて、2度目の控訴取下げを行った山田浩二被告の扱いをどうするか、大阪高裁の判斷が注目されたわけですが、「控訴を2度も取下げたのだから、死刑を受け入れるという被告の意思は明確である」とし、控訴審は行わないとの判斷が下されました


平成27年に大阪府寝屋川市の中1男女2人が殺害された事件をめぐり、1審大阪地裁で死刑判決を受けた山田浩二被告(50)による控訴取り下げの有効性が争われた裁判で、大阪高裁第6刑事部は26日、控訴取り下げを有効とする決定を出した。決定が確定すれば控訴審は行われない。
今回の決定で、「死刑を受け入れるという点では真意で、取り下げの意思は明確だ」と指摘。山田被告の訴訟能力に疑問はなく「控訴は終了したことを宣言する」とした。
山田被告は2人を殺害した罪に問われ、30年12月に大阪地裁の裁判員裁判で求刑通り死刑判決を受けた。弁護人らは大阪高裁に控訴したが、被告は1審判決から約半年後の昨年5月、勾留先の大阪拘置所で弁護人に相談しないまま控訴取り下げの書面を提出した。
山田被告はいったん死刑囚となったが、直後に弁護人が取り下げを無効とするよう大阪高裁に申し入れた。審理した第6刑事部は昨年12月、被告が看守とのトラブル直後に書面を提出しており、死刑確定を明確に意識していなかった可能性があるとして、控訴取り下げを「今回に限り無効」と判断した。
これに対する検察側の異議申し立てを審理した高裁第1刑事部は今年3月、「無効とする合理的な根拠が示されていない」として第6刑事部に審理のやり直しを命じた。その約1週間後、山田被告は控訴取り下げの意思を記した書面を再び高裁に提出。1審で死刑判決を受けた被告が、2度にわたり控訴取り下げを求める異例の展開の中、第6刑事部が再審理を続けていた。
(産経新聞の記事から引用)


大阪高裁の裁判官にすれば2度の控訴取下げは理解不能というか、裁判所をバカにしているのかと思ったはずです
山田被告の気まぐれに翻弄され、幾人もの司法関係者が無駄な仕事を強いられたのですから
しかし、控訴審を行わないとの決定は山田被告にとって意外だったようで、取材のため面会した記者に対し、不満をぶつけています

――Q:「控訴取り下げの意味をきちんと理解していたはずだ」というのが裁判所の認定でしたが?
【山田被告】
「分かってたら取り下げません。もちろん、平常時は分かってるけど、取り下げるときはそこまで考えてないし」
山田被告は今後何らかの形で、裁判所に不服を申し立てる考えを示しました。
【山田被告】
「このまま裁判を終わらせるわけにはいかないので」
――Q:真実をまだ話していないということですか?
「裁判で話したことは真実だけど、遺族とか検察とか裁判官、世間に信じてもらいたいんです。今は信用されないままで終わってるから。このまま終われないです」
(関西テレビの記事から引用)

山田被告は弁護士を雇って、「控訴申し立てを認めないのは違法だ」と訴訟を起こすのでしょうか?
2度も自分で控訴を取下げておいて、どの口が言うのやらと思ってしまいます。「法律なんて知るか。ゴネればどうにでもなるんや」などと思っているからこうなるわけであり、自業自得です
大阪高裁はこれ以上山田被告に振り回されたくはないはずで、不服を申し立てても門前払いでにするのが相応でしょう。被告人となったからには、裁判制度をよくよく理解して臨む必要があります。理解せずにゴネるのはバカのやることです

(関連記事)
高槻少女殺害事件を考える1 快楽殺人
高槻少女殺害事件を考える2 遺体は寝屋川の中学生
高槻少女殺害事件を考える3 杜撰さと周到さ
高槻少女殺害事件を考える4 容疑者逮捕
高槻少女殺害事件を考える5 山田容疑者の行動
高槻少女殺害事件を考える6 星野くん犯人説?
高槻少女殺害事件を考える7 山田容疑者の素性
高槻少女殺害事件を考える8 性的サディズム
高槻少女殺害事件を考える9 監禁事件7件
高槻少女殺害事件を考える10 再逮捕で殺人容疑立件へ
高槻少女殺害事件を考える11 犯罪自慢
高槻少女殺害事件を考える12 初公判は11月の予定
高槻少女殺害事件を考える13 山田被告が土下座
高槻少女殺害事件を考える14 睡眠導入剤で眠らせ殺害
高槻少女殺害事件を考える15 身勝手な弁解
高槻少女殺害事件を考える16 精神障害なし
高槻少女殺害事件を考える17 被告人質問で嘘連発
高槻少女殺害事件を考える18 死刑求刑
高槻少女殺害事件を考える19 判決は死刑
高槻少女殺害事件を考える20 死刑判決への論評
高槻少女殺害事件を考える21 控訴取り下げ死刑確定
高槻少女殺害事件を考える22 山田被告の手紙・手記
高槻少女殺害事件を考える23 「控訴取下げ無効」で控訴審開始へ
高槻少女殺害事件を考える24 2度めの控訴取り下げ
高槻少女殺害事件を考える25 控訴取り下げの行方
寝屋川の中学教諭 児童買春で逮捕
寝屋川市の小学校教諭を少女強姦で逮捕