宝塚ボーガン殺人 野津英滉を起訴

宝塚市で家族ら4人をボーガンで殺傷した元大学生野津英滉を、神戸地方検察庁は起訴したと報じられています
ここ最近の風潮として、新聞や放送局は逮捕した容疑者の名前を伏せるケースが増えてきました。人権への配慮のつもりなのでしょうが、ブログで取り上げる側からすれば迷惑な限りです。容疑者が複数人いる事件の場合、名前を伏せられると誰が誰だかさっぱり分からなくなります
容疑者として名前が挙がったとしても、法律上は無罪の推定を受けるのですから、何も問題ないのでは?
名前を伏せると、かえって特定しようとの動きが活発になり、無関係な第三者を犯人と決めつけるデマが飛び交うようになるのではないか、と懸念します


宝塚市で2020年6月、家族ら4人がボーガン(=洋弓銃)で撃たれ死傷した事件で、殺人・殺人未遂などの容疑で逮捕、送検され、事件当時の精神状態などを調べるため約半年にわたる鑑定留置を終えた無職の男(24)について、神戸地検が刑事責任能力を問えると判断し、22日にも起訴することが、捜査関係者への取材でわかった。男の鑑定留置期間は2020年7月6日~2021年1月14日。当初は11月までの4か月とされたが2度延長していた。
男は逮捕直後、容疑を認めて取り調べにも淡々と応じていたが、神戸地検は3人死亡という事件の重大性と、ボーガンを用いた殺害行為といった異常性、また殺人・殺人未遂罪で起訴した場合に裁判員裁判の対象事件となることから起訴前の精神鑑定が必須であると判断した。
神戸地検幹部は「親族間の殺人という形態で、第三者が理解しがたい特段の情状があったとしても、犯行時の精神状態を分析する必要があった」としている。
男が試し撃ちで標的にしたとみられる本を数秒間撮影したスマートフォン動画を、兵庫県警が押収していたことも判明。本には穴が空いており、ボーガンの威力を確認していた可能性がある。捜査関係者は「明確な殺意とそれに基づく計画性があったことを示す重要な証拠だ」と話した。
男は2020年6月4日、宝塚市の自宅で、同居する祖母(当時75)と弟(当時22)、近所に住む母(当時47)をボーガンで矢を発射して殺害、伯母(50)に大けがをさせたとされる。兵庫県警は伯母への殺人未遂の現行犯で逮捕、その後祖母ら3人への殺人容疑で再逮捕された。
(ラジオ関西の記事から引用)


野津英滉被告についての報道は逮捕後、ほとんどなくなり、どうなったのかと気になっていたところです。心神喪失を認めて不起訴にし、強制措置入院で精神病院に送られたのか、とも考えました
精神鑑定が長引いた、との理由ではあるのですが、野津被告の精神状態が不安定だったのは間違いないでしょう。異常か、正常か、刑事責任を問えるかどうか、精神科医も判断がつかない状態がしばらく続いたものと推測されます
犯行は事前にボーガンを購入して準備しているのですから偶発的なものではなく、計画的な殺人であり、異常者が衝動的に家族を手にかけたわけではありません
なので、死刑を求刑される事案です。裁判では最高裁まで争われるでしょうから、起訴するにあたって責任能力があると断定できるだけの根拠を用意する必要もあったと思われます
野津被告が犯行を否認しているとの報道は見ていませんので、犯行を認めているのでしょう
後は弁護人が「犯行当時被告は心神耗弱の状態だったので、罪一等を減じて無期懲役にするのが相当」と主張し、争うかどうかにかかっています

(関連記事)
宝塚ボーガン殺人 家族3人殺害
神戸5人殺傷事件を考える 「ゾンビを殺した」
https://05448081.at.webry.info/202110/article_35.html
神戸5人殺傷事件を考える 初公判で心神喪失主張
https://05448081.at.webry.info/202110/article_23.html
神戸5人殺傷事件を考える 初公判は10月13日
https://05448081.at.webry.info/202108/article_33.html
神戸5人殺傷事件を考える 2度連続の精神鑑定
神戸5人殺傷事件を考える 逮捕後は黙秘
福岡母子3人殺害事件を考える 死刑判決
福岡母子3人殺害事件を考える 冤罪を主張も言い分は?
福岡母子3人殺害事件を考える 初公判で無罪主張
福岡母子3人殺害事件を考える こども殺害容疑で再逮捕
福岡母子3人殺害事件を考える 中田容疑者黙秘
福岡母子3人殺害事件を考える 夫の警察官を逮捕
豊川引き篭もり殺人を考える1 対処法の問題
豊川引き篭もり殺人を考える8 懲役30年の判決
淡路島5人殺害事件 平野被告に死刑判決
日立市母子6人殺害を考える 小松博文容疑者とは
日立市母子6人殺害を考える 犯行の背景は離婚話?
日立市母子6人殺害を考える 記憶喪失で無罪?
鹿児島5人殺害事件を考える 岩倉知広容疑者とは
鹿児島5人殺害事件を考える 岩倉被告起訴も初公判はまだ
鹿児島5人殺害事件を考える 死刑判決