「風立ちぬ」批判と宮崎駿の反論

宮崎駿の「風立ちぬ」についてはかなりの回数、当ブログで取り上げてきました
公開時、さまざまな批判があったわけですが、中でも隣国である韓国はメディアから一般人までかなり声高に批判を繰り返していました
宮崎駿はわざわざ韓国メディアの記者を招いて会見を行い、自身の考えを述べるいます。それでも批判は止まず、新たな批判を招く結果に終わりました
当ブログでは幾つもの批判を拾い上げ、それに対する私見を書いてきたのですが、今回は宮崎駿自身による反論に着目します

ジブリ「風立ちぬ」韓国公開が危機 ゼロ戦題材に「右翼映画」批判止まず
宮崎駿監督最新作「風立ちぬ」に、意外なところから逆風が吹いている。韓国だ。公開直後からくすぶっている「右翼映画」批判がなかなか止まず、一部からは公開取り止め説まで流れている。
「風立ちぬ」は、ゼロ戦の開発主任として知られる技術者・堀越二郎を主人公としたアニメ映画だ。2013年7月20日の日本公開以来、興行収入は3週連続トップ、累計では早くも40億円を突破した。興行収入150億を突破した前作「崖の上のポニョ」(2008年)に迫る今年最大級のヒット作になりそうだ。
ところが、韓国ネットなどでは日本公開の前後から、第二次世界大戦当時の戦闘機開発が描かれていることを理由に「この映画は『日帝時代』を賛美している」との思わぬ批判が出始めた。批判は宮崎監督の「歴史認識」にも及び、たとえば予告編などで、
「かつて、日本で戦争があった」
としていることに対し、韓国紙「毎日経済」などが「日本が戦争を起こした、に変えねばならない」と主張するのがその典型だ。
宮崎監督は政治的にはリベラルな立場で知られ、「風立ちぬ」公開直前にも、安倍政権が目指す憲法9条改正への反対、また慰安婦への賠償や領土問題への「譲歩」を主張するインタビューがスタジオジブリの小冊子に掲載され、物議をかもした経緯がある。
今回の作品についても宮崎監督は、決して戦争を称揚するのではなく、あくまで技術者としての「夢」を追い続けた主人公・堀越の姿を描きたいと説明している。そんな宮崎監督にとって、韓国からの反応は不本意だったようだ。7月26日にはスタジオジブリに韓国メディアを招き、
「戦争の時代を一生懸命に生きた人が断罪されてもいいのかと疑問を感じた」
「堀越は軍の要求に抵抗して生きた人物だ。あの時代を生きたというだけで罪を負うべきだろうか」
と反論した。

まず、序論として韓国は日本を戦犯国と呼んでいます。戦犯とは内外の法廷で戦争犯罪者として訴追された人物を指すのであって、国としての日本は戦争犯罪国家として訴追されていませんから、「戦犯国」という呼称は誤りです。ただ、侮蔑するためにそう呼んでいるにすぎません。ちなみに日章旗を韓国では「戦犯旗」と呼んでいますが、これも同様に誤った表現です
さて、上記の考え方からすれば、「日本という国も国民もすべからく戦争犯罪者である」というのが韓国人の主張です
なので、宮崎駿の言う「戦争の時代を一生懸命に生きた人が断罪されてもいいのかと疑問を感じた」との主張は韓国に通用しないのです。「戦争の時代を生きた日本人は全員戦争犯罪者であるから断罪されるのが当然である」と断じ、例外を認める気などないわけです
当時の宮崎駿の発言を別の報道で補足すると、「堀越二郎が正しい、と思って映画を作ったわけではないが、彼が間違えたと簡単に決めつけたくはなかった」とも述べています
上記の韓国人の考え方からすれば、「戦争の時代に生きた日本人は皆悪人であり、犯罪者である」となりますので、それ以外は認めようとしません
宮崎駿が述べたように、彼ら韓国人は「簡単に決めつけている」のです。それは彼らが複雑な思考を展開するだけの能力を欠いているためでもあり、あるいは想像力を欠いているためともいえます
現実問題として、航空機メーカーに勤務する一介の技術者が戦争を食い止めるなど不可能であるのは、言うまでもありません。同様に、一介のアニメ屋に戦争を食い止める力などないのは自明のことです
それでも堀越二郎は戦闘機の開発に携わり、戦争に協力したから悪人であり、戦争犯罪者だと彼らは言いたいのでしょう
想像力を欠いた人間ほど哀れな存在はありません
この作品で宮崎駿は堀越二郎と堀辰雄の人生を重ね合わせ、大きな物語を描いてみせたわけですが、想像力を欠いた韓国人にはそれがまったく理解できないわけです
戦争を前に無力であった(戦争に抗う術を持たなかった)堀越二郎と、結核を前に無力であった堀辰雄が、それでも懸命に生きようとした姿を描く行為を自分は評価しますし、感動もします
ですが、韓国人には無力でありながらも懸命に生きようとした人の姿を描くなど、「無駄」でしかないわけです
一連の批判の中で、韓国人は宮崎駿の歴史観が間違っていると、繰り返しています。それしかない、と言ってもよいほどに
しかし、宮崎駿はアニメ屋(クリエイター)として、無力でありながらも懸命に生きようとした人の姿を描くことに賭けたのであり、それを理解してもらいたかったのかもしれません
歴史問題で日本を戦犯国と呼び、反省していないと糾弾するだけでどこへもたどり着けない韓国人には、残念ながら宮崎駿の説明は理解できなかったのだ、と自分は受け止めます

(関連記事)
「風立ちぬ」の飛行機の美学が危険?
https://05448081.at.webry.info/202108/article_52.html
「風立ちぬ」を批判する評論家宇野常寛
「風立ちぬ」とジェンダー 恋愛観
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る3
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る2
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る
宮崎駿「風立ちぬ」は戦争賛美アニメか?
宮崎駿「風たちぬ」研究 夢見る権利
宮崎アニメを批判する福岡教育連盟
宮崎アニメをあやしく語る町山智浩
宮崎駿をアジア主義と決めつける誤り
「風立ちぬ」を批判する韓国の大学教授
中国メディア 「宮﨑駿を語る8つのキーワード」
アメリカ人批評家(韓国系)が「風立ちぬ」を猛批判
「宮崎駿引退」を語りまくる岡田斗司夫
「日本の伝統と現代を融合させた宮崎駿」と誤解する中国メディア
宮崎駿監督 引退会見ライブ
宮崎駿引退と「仕事の流儀」
押井守監督「風立ちぬ」を語る
「風立ちぬ」の公開を悔しがる韓国
「風立ちぬ」への批判が続く韓国
「風立ちぬ」 宮崎駿の思想を論じる中国メディア
「宮崎駿こそ日本のジレンマと矛盾」と書く論評
「風立ちぬ」を褒める岡田斗司夫
宮崎駿「慰安婦で日本は謝罪すべき」発言で物議
韓国アニメのクリエーター「すぐには宮崎駿になれない」
黒澤明・宮崎駿対談映像
ディズニーと宮崎アニメ ヒロインから見た文化論
ゼロ戦復活を日本の再軍備と批判する朝鮮日報
日本を「零戦ブーム」と表現する韓国メディア
「火垂るの墓」を語る
映画「火垂るの墓」 海外での反応
映画「火垂るの墓」を極右映画だとして上映中止にした韓国

上記以外の宮崎駿に関する記事は本文右のテーマ別記事から「宮崎駿」を選択すると表示されます