「鬼滅の刃」から日本文化批判へ飛ぶ韓国メディア

韓国で公開された「鬼滅の刃:無限列車編」が大ヒットとなっています
それが気に入らないのか、韓国メディアがまたおバカな記事を掲載していますので取り上げます。黙っていればよいものを、なぜか愚論を吐かずにはいられないようです
元記事が韓国語なので、いつものようにインターネットの掲示板「5ちゃんねる」に貼られた蚯蚓記者の翻訳から引用させてもらいます


日本歴代興行1位「鬼滅の刃:無限列車編」が今週韓国に上陸した。ピクサーアニメ「ソウル」と共に韓国劇場街で米国と日本のアニメ対決が繰り広げられている。
「ソウル」は封切り6日目の25日まで、45万人の観客を動員して久しぶりに劇場街に活力を吹き込み、「鬼滅の刃」もまた高い前売り率を記録して「原産地ハンディキャップ」の中でも善戦している。
(中略:「鬼滅の刃」の日本興行成績。日本人のアニメ愛)
韓国をはじめ中国、米国などで封切られた日本映画のトップ10もほとんどアニメが占める。韓国では「君の名は」(2017)、「ハウルの動く城」(2004)、「千と千尋の神隠し」が歴代日本映画興行1,2,3位だ。
中国もまたトップ10がみな日本アニメで米国も同じだ。異色なのは中国は「ドラえもん」シリーズ、米国は「ポケットモンスター」シリーズと「ドラゴンボール」等が布陣していて日本と差がある。アニメが子供用コンテンツと見なされているのだ。
(中略:鉄腕アトムからの日本アニメ史)
50年以上の間に作られたアニメはもう日本が誇る唯一のコンテンツになった。日本劇映画は悲惨なレベルに達した。過去、小津安二郎が「東京物語」(1953)に込めた小市民の淡泊な人生や、黒澤明が「影武者」(1980)に込めた雄壮な叙事詩に派手な舞台装置はもう旧時代の遺物になった。ロマンスは大騒ぎで、アクションは奇怪で、叙事詩は軽薄な映画だけ作り出す「下流」映画の呼称になっている。
劇映画に対する日本人の見解を端的に見せたのが是枝裕和監督の「万引き家族」(2018)だ。ささいなこそ泥で暮らす東京郊外の異色家族を描いた映画で2018年カンヌ映画祭で黄金奨励賞を受賞した。彼が受賞後に帰国した時、空港にはどんな歓迎の人波もなかった。日本の暗い裏面を世界に知らせた破廉恥な監督になっていたのだ。
ポン・ジュノ監督が「パラサイト」でアカデミー作品賞を受賞した時、全国民が歓呼して空港が歓迎の人波で人だかりができたのと対照的だ。「パラサイト」もまた半地下家族を通じて韓国社会の暗い部分を直接的に扱った。
このエピソードは現在、日本の文化コンテンツが孤立し枯死した理由を見せる例だ。かつて白眼視されたオタクの若者たちが作った日本アニメに熱狂しながら現実を否定し、漫画のような幻想に傾倒した彼らの文化的好みが日本の歴史上最高の興行映画「鬼滅の刃」に込められている。
(韓国毎日新聞の記事から引用)

いつもながらどこから突っ込めばよいのか、と思うばかりの記事です
わざわざ「日本の文化コンテンツが孤立し枯死した」と書いているところに悪意が丸出しです。上記の記事では最近の日本の実写映画が不振であると述べているだけなのに、文末ではわざと「日本の文化コンテンツすべてがダメ」であるかのように印象つける書き方をしているわけです
おそらく「K-POPが世界を制覇した」とか、「韓国ドラマにアメリカ人は夢中になっている」などと言いたくてたまらないのでしょう
また、空港への出迎え者の数で、コンテンツの価値が決まったりはしません
そう言えば、ヨン様ブームの頃は空港で出迎えたファンの数を、韓国メディアはやたらと誇らしげに報道していた記憶があります
ただし、日本の実写映画がダメという指摘は「まったく根拠がない言いがかり」であるとは思いません。ここ数年、公開される日本映画で見に行きたいと思うのはアニメーション作品がほとんどでした。例外は「屍人荘の殺人」で、出来栄えは感心しませんでしたが、浜辺美波が可愛らしかったので不満はありません(映画館ではなくネット配信を利用して視聴)
ともかく、人気漫画の実写化とか、もう勘弁してほしいところです

(関連記事)
「鬼滅の刃」のヒットを羨む韓国
https://05448081.at.webry.info/202105/article_48.html
押井守 「鬼滅の刃」はなぜヒットしたか
https://05448081.at.webry.info/202103/article_37.html
「鬼滅の刃」は反キリスト教的と批判する韓国
https://05448081.at.webry.info/202103/article_21.html
韓国での「鬼滅の刃」批判
「鬼滅の刃」実写化という無謀
「宮崎駿にキメハラ」という記事
「鬼滅の刃」とフジテレビの微妙な関係
「鬼滅の刃」ブームを読めなかった業界人
「韓ドラの次はウェブ漫画が来る」という記事
「ウェブ漫画の元祖は韓国」であり「文化強国」だと主張
韓国マンガ「NOBLESSE」アニメ化
アニメ「神之塔」の評価は
韓国の人気漫画「神之塔」アニメ化も放送予定は?
韓国アニメの現在 「セミとマジックキューブ」
「韓国アニメは独自性を持つべき」 エミー賞監督が指摘
韓国漫画「エスパーマン」はスーパーマンをトレースと露見
「韓国はいかに日本漫画を受容したか」論を読む
高校漫画大会で優勝の韓国「日本の鼻をへし折った」
「韓国デジタル・マンファが急成長」と報じるメディア
韓国の劇場版ホラーアニメ「奇々怪々整形水」が日本公開
「韓流で文化覇権を目指す」と書く韓国メディア
東浩紀「韓国との多文化共生を諦めてはならない」
「J-POPはなぜK-POPに完敗したのか」という記事