児童相談所非常勤職員21歳 わいせつ行為で逮捕

取り上げるタイミングを逃してしまった昨年12月1日の報道で、群馬県の児童相談所に勤務する非常勤職員の大学生が、保護した少女と淫行を重ねた容疑で逮捕されています(県青少年健全育成条例違反)
一時保護した少年・少女を見守るための当直勤務を補助する職務(夜勤)に就いており、当直の際に少女と知り合ったのだとか
そもそも21歳の大学生を採用した理由が理解できません。こうなると予想していなかったとすれば、人事担当者はよほどのボンクラでしょう
性犯罪者を招き入れてしまったのですから
逮捕された佐藤匡容疑者は東京福祉大学の学生だった、という情報があります(未確認)
東京福祉大学といえばアジアから留学生を大量に受け入れ、その後は所在不明になっているという、不法就労の窓口になっていた大学です
群馬県伊勢崎市にキャンパスがありますので、佐藤容疑者が学生として所属していた可能性は十分に考えられます


一時保護先の児童相談所で知り合った少女にみだらな行為をしたとして、群馬県警子供・女性安全対策課と桐生署は30日、県青少年健全育成条例違反の疑いで、伊勢崎市山王町、東部児童相談所の県会計年度任用職員(非常勤)(21)を逮捕した。
逮捕容疑は8月11日午前2時ごろ、同市の自宅で、東毛地域在住の少女=当時(16)=が18歳未満と知りながら、みだらな行為をした疑い。
県警によると、「性的欲求を満たすため」と供述し、容疑を認めている。県警は8月下旬、児相から「少女の家出に佐藤容疑者が関与している」という情報を受け、捜査を進めていた。
(上毛新聞の記事から引用)


相手方となった少女にすれば「大学生の彼氏」だったのかもしれませんが、佐藤容疑者の方は「性欲を満たすための相手」でしかなかったわけであり、男性と女性とでは思惑の違いが顕著です
少女の方は金目あてでセックスをしていたのではないのでしょうから、多少なりとも佐藤容疑者に好意を抱いていたと考えられます。他方で佐藤容疑者の方は、児童相談所に送られてくる女の子なら簡単に口説き落とせて、セックスできると考えこの職に就いたのでは?
採用面接時、佐藤容疑者の志望動機など聞き取りはしたのでしょうが、性犯罪者が下心を抱いて求人に応募してくると予想しなかったのなら、人事担当者は責任は重大です
人事担当者のみならず、採用の決定には児童相談所の役職者が関わっていたはずですから、群馬県の児童相談所は危機管理もできない人間の集まりだったと解釈できます
当ブログで何度も触れているように、児童相談所や児童自立支援施設、養護施設といった場所に勤務する職員が、児童に性犯罪を繰り返している実態は昔からあるわけで、より厳正な職員の管理・指導が必要とされます
追記:群馬県は昨年12月28日付けで、佐藤匡容疑者を懲戒免職処分にしたと発表しています。併せて管理監督責任を問い同所長ら上司3人を訓告処分としています。

(関連記事)
夜間託児所で強制性交 アルバイト学生逮捕
https://05448081.at.webry.info/202102/article_13.html
女子中学生にわいせつ行為で里親起訴 高知
https://05448081.at.webry.info/202101/article_27.html
神戸児童相談所 小6女児を深夜に追い返す
児童自立支援施設で暴力を振るう職員
相模原中学生自殺 児童相談所が保護せず見殺し
こどもへの虐待を考える 児童相談所
虐待を発見しながら報告しない学校の屁理屈
児童自立支援施設職員が児童に熱湯をかける
毒入りカレー林真須美の息子と淫行事件
児童養護施設職員が男児に強制性交で懲役8年
児童養護施設職員が強制性交容疑で逮捕 福岡
福岡 児相職員が強制わいせつで逮捕
性犯罪辞職の教師を雇用 札幌児相で再びわいせつ事件
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 行政の稚拙な対応
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 性的虐待を把握