札幌作業療法士殺人 不倫の清算

2016年、札幌市西区で作業療法士の女性(23歳)が殺害され、同じ病院に勤務する作業療法士の熊倉昭洋被告が犯人として逮捕され、懲役19年の判決を受けた事件がありました
熊倉被告は事件当日、女性の部屋にいたのは認めましたが、殺害されたのは自分が帰った後であり、第三者によって殺害されたと主張し、控訴していました
札幌高裁は12日、1審の札幌地裁判決を支持し、控訴を退けています
1審の札幌地裁判決から以下、抜粋します


(罪となるべき事実)
被告人は平成28年11月4日午後9時頃から同日午後10時頃までの間、札幌市所在の集合住宅の一室であるA方において、A(当時23歳)に対し殺意をもって、表面が平滑で長さ約31.5センチメートル以上のもので頸部を絞め付けた上、絞頸により仮死状態になったAを浴槽内の水中に溺没させ、同所においてAを絞頸及び溺水による窒息により死亡させて殺害した。
(争点に対する判断)
第1 本件の争点等
1 証拠上容易に認められる事実
被告人は、遅くとも平成28年10月半ば頃(以下の日時は,全て平成28年のものである。)には自身及び妻と職場が同じAと不倫関係となった。11月4日午後6時過ぎ頃にもAと落ち合ってA方近隣のそば店へ行き、2人でかしわそば大盛りと豚そば大盛りを食べた後、午後7時頃にA方へ行った。その後、早くとも午後9時50分頃にA方を立ち去って、午後10時8分頃、A方近隣の駐車場から車を出庫させて帰宅した。被告人がA方にいる間に他にA方を訪れた者はいなかった。
他方、Aは何者かにより、A方において判示の方法により殺害されたが、その遺体は同月6日午後2時20分頃、被告人とともにA方を訪れた被告人の妻によって発見された。これらの事実は、当事者間に争いがなく、関係証拠により容易に認められる。
2 争点
本件の争点は被告人が犯人であると認められるかであり、その前提として、Aの死亡時刻が争われている。検察官は①Aの死亡時刻が11月4日午後9時頃から午後10時頃までの間であり、②被告人には動機となり得る事情や犯人であることに沿う行動が認められる一方、③第三者が犯人の可能性はないことから、犯人は上記死亡時刻頃Aと一緒にいた被告人以外に考えられないと主張する。
これに対し弁護人は、Aの死亡時刻が同月5日未明である上、上記②及び③の事実はなく、被告人がA方を去った後に他の何者かがAを殺害したのであって、被告人は犯人ではないと主張している。
(中略)
第4 第三者による犯行の可能性
関係証拠によれば、何者かがA方に無理やり侵入したり金品を物色したりした形跡はなく、下着や財布・通帳等も無造作に残されており、Aに致命傷以外の目立った外傷や性的行為が加えられた痕跡も存在しないことが認められる。また、A方は、集合住宅3階の一室であり、偶然立ち寄るような場所でもない。そうすると本件犯行は、金品等の窃取目的やわいせつ目的の末に、Aとの面識が全くない第三者が犯したものとは考え難い。
そして生前のAと接点のあった合計8名の男性についてみると、まず、インターネット掲示板を通じて連絡を取ったことのある6名については、Aを殺害する動機を有する者は見当たらず、11月4日夜から翌朝にかけてのアリバイが存在するなどの理由により犯人である具体的な疑いはない。
(以下、略)


刑事裁判の判決文を読んだ経験のない方には、異質な感があるのかもしれません。どの裁判の判決文も概ねフォーマットに沿って書かれるのであり、争点と事実の認定、結論(量刑)という流れになっています
熊倉被告が女性の遺体を浴槽に沈めたのは刑事ドラマなどの影響で犯行時刻を誤魔化すためだったのでしょうが、無駄な小細工です
被害者と熊倉被告が不倫関係にあったこと、別れ話で揉めていたことなど、周囲の人たちは知っていたのであり、隠しようもありません
なお、熊倉被告には下着泥棒の前科があったことも露見しています。
熊倉被告は大学卒業後、芦別市役所に勤務していましたが、市役所が保管していた市営住宅のカギを勝手に複製し、市営住宅に住む独身女性の部屋から大量の下着と現金20万円を盗んだ罪で逮捕され、懲戒免職処分を受けています。その後、札幌で理学療法士の資格を取得して病院に勤務するようになったのだとか。当時の姓は水足で、前科を隠すため熊倉姓に変えたと考えられます
ですからこの事件は、善良な市民がある日突然、身に覚えのない殺人の容疑をかけられ逮捕された…というテレビドラマみたいな話ではありません

(関連記事)
福井大学「赤とんぼ」准教授不倫殺人 8500万円の賠償判決
福井大学「赤とんぼ」准教授不倫殺人 懲役3年6月の実刑判決
福井大学「赤とんぼ」准教授不倫殺人 初公判
香川の不倫殺人 被告女性が拘置所で自殺
人妻に横恋慕した不倫殺人 懲役20年の判決
49歳女性の不倫殺人 12歳下の男性を刺す
年下男性に貢いだ挙句殺害された女性教師
年下男性に貢いだ末殺害された女教師 裁判の結果
同志社女大ストーカー殺人はW不倫の結果

中学生徒にわいせつ 大阪明星学園教師逮捕

教え子に手を出せば逮捕され、職も失うという事態は世の一般常識であると言って間違いないでしょう
それでも教師による児童・生徒への性犯罪は繰り返されているのであり、何とも言い難いものがあります。教師として良識を欠いているというのではなく、「性犯罪者の業」であると表現した方が適切なのかもしれません
つまり、児童・生徒を狙う性犯罪者が教員として学校に潜り込み、犯行を重ねるのだと
逮捕された中村洋一郎容疑者は、まさに性犯罪を行うため男子中学の教師になったのではないか、と勘ぐりたくなります


大阪の中学校の教諭だった男が修学旅行中に男子生徒に薬を飲ませて意識障害を起こさせたうえ、わいせつな行為をしたとして逮捕されました。
逮捕されたのは、大阪・東成区の無職、中村洋一郎容疑者(36)です。
警察によりますと、中村容疑者は大阪の私立中学校の教諭だったおととし10月、修学旅行で訪れた長崎県内のホテルの部屋で教え子の男子生徒に薬を飲ませて意識障害を起こさせたうえ、下半身を触ったとして強制わいせつと傷害の疑いが持たれています。
部屋に呼び出したあと男子生徒に薬の入った飲み物を飲ませていたということです。
警察は認否を明らかにしていません。
被害は男子生徒の保護者から警察に相談があって発覚し、その後、中村容疑者は退職したということです。
(NHKの記事から引用)


中村洋一郎容疑者については、本件以前にも生徒にわいせつ行為をしていた疑いがあったのですが、学校側は明確な対応をしなかったとの情報が出回っています
大阪明星学園中学・高校はカトリック系の学校で、規律が厳しいことで有名なのだとか。しかし、いかに厳しい校則で生徒を縛っても、教師による性犯罪を見逃しているようでは、教育機関としてのガバナンスが問題視されます
すでに中村容疑者は退職しており、学校側とすれば「退職した人間なので関知しない」と逃げ切るつもりなのでしょうか?
わいせつ行為の噂が立った時点で、学校側は先んじて中村容疑者を停職扱いにし、潔白を証明できない限り職場に復帰させないとの方針で対処していたら、と思います
中村容疑者の犯行はたまたまとか、偶然とかごまかせるものではなく、性犯罪者による計画的な犯行でしょう
私立校を自己都合で退職したのですから、中村容疑者の教員免許は現在も有効であり、取り消されてはいません。すでに事件の報道が出回っていますので、彼を教員として採用する学校はないと思いますが、ここは教員免許を取り消しておく必要があります
規律の厳しい私立の男子校といえども、教員の中に性犯罪者が潜り込んでいるケースがある、と保護者は認識しておくべきでしょう

(関連記事)
中学生にわいせつ 大阪明星学園元教師を再逮捕
https://05448081.at.webry.info/202102/article_12.html
大阪小学校講師 児童12人にわいせつ行為で懲役5年6月
立命館付属高校で教師が生徒にわいせつ行為
男子高校生を買春で校長が懲戒免職
静岡湖西市議を少年買春で逮捕
児童ポルノで停職男を小学校講師に採用
子供を守るコンサルタントが買春 懲役10月の実刑判決
修学旅行で男児生徒にわいせつ行為 高知の教師
高校教諭 AV見せて男子生徒の股間を触り懲戒処分
小学校長がトイレ、更衣室盗撮 懲戒免職に
女教師宅に侵入繰り返した中学教頭 懲戒免職
香川の高校教師が強制わいせつ 被害者は自殺
懲戒免職のわいせつ教師 熊本市復職認める
1万2千人買春の高島雄平 現実は微罪処分か?
1万2千人を買春 元校長逮捕
修学旅行で盗撮の教諭 懲戒免職に
修学旅行で盗撮 高校教諭逮捕
睡眠薬を使ってわいせつ行為 中学教師逮捕
小学生女児の裸を撮るため誘拐した学校教諭
小学校教頭が女子中学生を誘拐未遂・逮捕
女子中学生を誘拐したスケベ教頭 不起訴処分に
教師の性犯罪が相次ぐ現状を考える
わいせつ教師に懲役30年の判決
7人の女児にわいせつ 元教師八木航の手口
7人の女児にわいせつ 元教師八木航に懲役14年判決
札幌の中学教諭 28年前のわいせつ行為で懲戒免職