茨城女子大生殺害事件を考える 共犯者の初公判

長い間未解決事件となっていた美浦村の茨城大学生殺害事件は、フィリピン人の3人組による犯行と特定され、主犯格だったランバノ・ジェリコ・モリ受刑者は無期懲役が確定しています
2004年の事件発生当時、未成年だったフィリピン人は現在35歳であり、フィリピンで身柄を拘束されて日本に送還され起訴されました
もう1人の犯人は現在も逃亡中であり、逮捕には至ってません
メディアは起訴された元少年の初公判が開かれたと報じています
殺害された原田実里さんの遺族の心が晴れることはないと思いますが、3人のうち2人が拘束され法の裁きを受けるに至ったのは、せめてもの慰めではないでしょうか?


美浦村で2004年、茨城大の女子学生=当時(21)=が殺害された事件で、フィリピン国籍で主犯格だった受刑者の男(39)=殺人罪などで無期懲役判決確定=の共犯として、同罪などで起訴された同国籍で住所不定、無職、元少年(35)の裁判員裁判初公判が18日、水戸地裁(結城剛行裁判長)で開かれた。罪状認否で元少年は「間違いありません」と起訴内容を認めた。証人尋問では受刑者の男が出廷し、事件前に元少年が、性的暴行目的で女性の襲撃を提案していたことを明らかにした。
冒頭陳述で検察側は、元少年が受刑者の男と、もう1人の共犯とみられる男(36)=国際手配中=の3人で酒を飲んでいる際、女性を襲うことを提案したと説明。「自らの性的欲求を満たし、被害者の首を絞めるという死因に直結する行為も担った」とした上で、口封じのために殺害を決めたとし、「被害者の尊厳を踏みにじり、命を奪った犯行態様は非常に悪質」と指摘した。
弁護側は「元少年が殺害に積極的でなく、共犯者に凶器を渡され、促されたことが殺害の決め手だった」と主張。犯行に携わったとされる3人のうち元少年は最も若く、従属的な立場にあったとした上で「罪を償うためにフィリピンから入国し、出頭するなど反省している」と情状酌量を求めた。
証人尋問には、受刑者の男が出廷。事件前に元少年が2~3回にわたり「日本人女性を味見したい」と話していたと証言した。事件当日も「女でも探そうか」と女性への暴行を提案したと述べた。男の証人尋問は19日の公判でも引き続き行われる。
起訴状などによると、元少年は受刑者の男らと共謀し、04年1月31日午前0時ごろから同6時半ごろまでの間、阿見町付近の路上で、女子学生の腕をつかんで車内に引き入れ、手などで首を圧迫、美浦村舟子の清明川左岸付近で、首を刃物で複数回切るなどして殺害したとされる。
公判は28日に結審し、来月3日に判決が言い渡される予定。
(茨城新聞の記事から引用)


主犯格のモリ受刑者と罪状に差はないと考えられますので、無期懲役が相当と考えます。犯行当時未成年であったとしても、刑を減じる理由は見当たりません
この事件は当初、男女関係のもつれによる殺人と見立てられ、原田さんと同じ大学、学部に通う学生の中に犯人がいるはずだとして、関係者は警察から繰り返し事情聴取を受けたはずです。交際相手である男を連れてきて、締め上げれば解決、などと田舎の警察は判断しがちです
女子大生殺害=男女関係のもつれ、という安直な図式による初動捜査が見込み違いであり、時間を無駄にしてしまったのはいまさら言うまでもありません
外国人による通り魔的な犯行、もあり得るのだと警察は肝に銘じてもらいたいものです
追記:この元少年の被告にも、2月3日にモリ受刑者と同じく無期懲役の判決が言い渡されています

(関連記事)
茨城女子大生殺害事件を考える 初公判で殺害認める
茨城女子大生殺害事件を考える モリ容疑者起訴
茨城女子大生殺害事件を考える モリ容疑者逮捕
千葉ベトナム女児殺害を考える 他の少女殺害と比較
千葉ベトナム女児殺害を考える 未解決少女殺害事件
千葉ベトナム女児殺害を考える 渋谷容疑者に別の女児殺害の疑い
県営住宅放火殺人3 ブラジル人姉妹殺人容疑で逮捕
県営住宅放火殺人2 ペルー人を放火容疑で逮捕
県営住宅放火殺人1 ペルー人を無免許運転で逮捕
今市女児殺害事件 犯行の状況
今市女児殺害事件 逮捕まで8年半
島根女子大生遺棄事件を考える33 警察のプロファイリング
島根女子大生遺棄事件を考える42 容疑者死亡で送検
島根女子大生遺棄事件を考える43 矢野容疑者のプロフィール
島根女子大生遺棄事件を考える45 矢野容疑者のmixi
島根女子大生遺棄事件を考える46 矢野容疑者の前科
島根女子大生遺棄事件を考える47 犯人扱いで大学中退者も

車に女児放置 2人殺害の竹内被告初公判は2月

昨年の夏も暑かったのですが、高松市では女児2人を車に置き去りにし死亡させた母親が逮捕される事件がありました
竹内麻理亜被告は夜中に飲み歩くためこどもを車に残していたと判明し、轟々たる批判を浴びる事態になりました
その竹内被告の初公判が2月15日に開かれ、19日に判決の言い渡しになると報じられています
短い裁判になるのですから事実関係については争わず、情状酌量を求める展開になるものと予想します


去年9月、高松市の駐車場に止めた車の中に幼稚園児の姉妹を置き去りにし、熱中症で死亡させたとして保護責任者遺棄致死の罪に問われている27歳の母親の裁判員裁判が2月15日から始まることになりました。
高松市の無職、竹内麻理亜被告(27)は去年9月、高松市中心部の屋外駐車場に止めた車の中に6歳と3歳の姉妹を置き去りにし、熱中症で死亡させたとして保護責任者遺棄致死の罪に問われています。
高松地方裁判所では事前に争点などを絞り込む手続きが進められていますが、裁判官と検察官、それに弁護士による協議の結果、竹内被告の裁判は2月15日に始まり、3回の審理をへて2月19日に判決が言い渡されるという日程が決まったことがわかりました
2月始まる裁判では竹内被告が姉妹を車内に残したいきさつなどについてどのように証言するかが注目されます。
(NHKの記事から引用)


事件発覚後の報道では、竹内被告が良妻賢母を演じるのに疲れ、酒に逃げるようになった、とする記事もありました。あるいは竹内被告が持病を抱えているとの記事もありましたが、病名は不明のままです
情状酌量を求めるため、公判では育児疲れで精神的に追い詰められていた、と主張するのかもしれません
しかし、世間の母親たちはそんな竹内被告の主張を冷ややかに受け止めるのではないでしょうか?
「わたしだって子育てで疲れているけど、こどもを置き去りにして飲みに行ったりしない」と思う母親が多いのでは
さらに竹内被告が他の男性と不倫関係になったのは致命的です。公判で不倫関係は否定し、「人生相談に応じてもらっていた」と誤魔化すのかもしれませんが
さらに、娘を失った竹内被告の夫と和解が成立しているとは思えませんので、夫が検察側の証人に立ち、竹内被告を強く批判する展開も予想されます。竹内被告にとっては不利な材料ばかりであり、いかに情状酌量を求めようとも執行猶予付き判決はありえず、実刑が科せられるでしょう

(関連記事)
車内に女児放置 竹内被告に懲役6年判決
車内に女児放置 最初から冷房使用せず
車内に女児放置 竹内容疑者は何をしていたのか?
大阪幼児餓死事件を考える1 厳しい家庭で育ったはずなのに
大阪幼児餓死事件を考える2 下村容疑者の生い立ち
大阪幼児餓死事件を考える3 こどもを抱えて迷走の果てに
大阪幼児餓死事件を考える4 遊び歩く母親
大阪幼児餓死事件を考える5 起訴前に精神鑑定
大阪幼児餓死事件を考える6 今も父は娘を拒絶
大阪幼児餓死事件を考える7 多重人格の可能性
大阪幼児餓死事件を考える8 多重人格を否定、起訴へ
大阪幼児餓死事件を考える9 下村早苗被告の裁判始まる
大阪幼児餓死事件を考える10 下村被告の実父が証言台に
大阪幼児餓死事件を考える11 中学時代にレイプ被害
大阪幼児餓死事件を考える12 控訴審でも懲役30年
西淀川虐待死事件 内夫に懲役12年の判決
里子を虐待・死亡させた声優に懲役9年の判決
里子を殴り殺した声優の事件を考える 続報
里親の声優が3歳児を殴り殺害した容疑で逮捕
北海道で山に子どもを置き去り 無事発見も謎だらけ
北海道で山に子どもを置き去り 父親の不可解な説明
北海道で山に子ども置き去り 「しつけのため」と釈明