千葉ベトナム女児殺害を考える 控訴審判決は3月

控訴審が始まったとの報道はありましたが、続報が途切れてしまっていた渋谷恭正被告の事件について、取り上げます
控訴審の第1回公判は2019年9月に開かれましたが、その後どうなってしまったのか、報道を見かけませんでした。ようやく、「2020年11月に控訴審が結審し、判決は2021年3月23日にある」と書かれた産経新聞の記事を見つけたので書きます
それにしても控訴審がこれだけ長引くのは異常です。途中、長期中断する事情が生じたのでしょうか?
判決のある3月23日は、リンちゃんが渋谷被告に連れ去られ殺害された日の前日に当たります。狙ったわけではないと思いますが


千葉県松戸市で平成29年、市立小3年だったベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)=を殺害したとして、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われ、1審で無期懲役とされた元小学校保護者会長、渋谷恭正被告(49)の控訴審が17日、東京高裁(平木正洋裁判長)で開かれ、弁護側が無罪を主張して結審した。判決は来年3月23日。
被告は29年4月、遺体の付着物のDNA型と、被告のたばこの吸い殻から検出されたDNA型が一致したとして逮捕された。弁護側は「千葉県警の捜査員が無断でごみ置き場に侵入し、吸い殻入りのごみ袋を持ち去ったが、経緯を正確に記録しておらず、令状のない違法な捜索差し押さえだ」などと捜査の違法性を指摘し、無罪を主張している。一方、検察側は「証拠の収集は適法だ」と反論しており、「極刑を回避した1審判決は軽すぎて不当だ」として死刑を求めている。
30年の1審千葉地裁判決によると、29年3月24日、登校中のリンさんを軽乗用車に乗せて連れ去り、わいせつな行為をした上、首を圧迫して窒息死させ、同県我孫子市の排水路脇に遺棄した。
(産経新聞の記事から引用)


弁護人の控訴審での主張は、「渋谷被告は事件に関与しておらず無罪である」というものです。しかし、無罪の主張の力点がなぜか、「煙草の吸殻を令状なしに持ち去ったのは違法だ」というものです。その吸殻の鑑定結果から得られたDNAの型は証拠から排除されるべき言ってるのですが、どうにも不可解です
もちろん刑事訴訟法の原則として、「違法に収集された証拠は正当性を欠いており、証拠とならない」とされるのですが、渋谷被告が犯人でないのなら煙草の吸殻に執着する必要はないのでは?
渋谷被告が事件と無関係ならば、リンちゃんの遺体に渋谷被告のDNAが付着したりはしません。警察が押収した煙草の吸殻がどうのこうのではなく、渋谷被告のDNAがリンちゃんの遺体から検出されたのであれば、渋谷被告が犯人でしょう
訂正:1審千葉地裁の判決を読み直したところ、弁護人の主張は「警察が渋谷被告を犯人に仕立てるため、故意に被害者の遺体に渋谷被告のDNAを混入させたものであり、違法な証拠に基づく起訴だ」との内容でした。おそらく渋谷被告の言い分をそのまま弁護人が主張したものと推測されっます。が、ここまで言うと陰謀論です。控訴審での主張も1審と同様なのでしょう
以前にも触れたように、事件当日、渋谷容疑者のアリバイを証言する人物は誰もいないのです。こどもを釣りに連れて行くため、釣り場を探して車を走らせていたと主張するなら、途中のガソリンスタンドのレシートやコンビニエンスストアのカメラの映像とか、渋谷被告は自身のアリバイを立証するため、いくつも証拠を積み上げられるはずです。それを提示できないのは、アリバイの主張が嘘だからでしょう

さて、本題から外れるのですが、大正時代に関東各地で連続少女強姦殺人を繰り返し、死刑になった吹上佐太郎の話を書きます
京都西陣生まれの吹上佐太郎は織物工場の見習い工でしたが、盗みや強姦を繰り返し、金閣寺裏で11歳の少女を強姦した上で殺害し無期懲役の判決を受けて服役したのが19歳の時でした。しかし、無期懲役であった吹上は恩赦があって刑務所を出て、様々な職を転々とします。この間に関東各地で少女を狙った強姦殺人を繰り返し、逮捕されたのですが、実際に吹上による事件がどれだけあったかは判然としません
関東8県で27人以上を強姦し、6人を殺害したとされますが、どこまで裏が取れたのやら
当時の捜査はもっぱら締め上げて自白させるやり方です。証拠の検証などないも同然です。吹上は13人を殺害したと自供していますが、後にこれを否定し6人だと述べています
吹上は死刑確定から2ヵ月後に絞首刑が執行されています。余罪について事細かに調べるような真似はせず、早く執行してしまえという時代だったのでしょう

(関連記事)
千葉ベトナム女児殺害を考える 7千万円の賠償命令
https://05448081.at.webry.info/202109/article_45.html
千葉ベトナム女児殺害を考える 控訴審も無期懲役判決
千葉ベトナム女児殺害を考える 控訴審でも無罪主張
千葉ベトナム女児殺害を考える 控訴審は9月に
千葉ベトナム女児殺害を考える 無期懲役判決
千葉ベトナム女児殺害を考える 死刑求刑
千葉ベトナム女児殺害を考える 「面倒くさい事件と思った」発言
千葉ベトナム女児殺害を考える 釣りの準備をしていたと否認
千葉ベトナム女児殺害を考える SM用手足錠で拘束した
千葉ベトナム女児殺害を考える 初公判で全面否認
千葉ベトナム女児殺害を考える 渋谷被告のこどもは養護施設に
千葉ベトナム女児殺害を考える 殺人罪で起訴
千葉ベトナム女児殺害を考える 殺人容疑で再逮捕
千葉ベトナム女児殺害を考える 車からDNA検出
千葉ベトナム女児殺害を考える 他の少女殺害と比較
千葉ベトナム女児殺害を考える 渋谷容疑者の母親
千葉ベトナム女児殺害を考える 未解決少女殺害事件
千葉ベトナム女児殺害を考える 渋谷容疑者に別の女児殺害の疑い
千葉ベトナム女児殺害を考える 渋谷容疑者に前科あり
千葉ベトナム女児殺害を考える PTA会長を逮捕
千葉ベトナム女児殺害を考える 目撃証言なし
千葉ベトナム女児殺害を考える 元刑事の推理
千葉ベトナム女児殺害を考える 不審人物の映像
千葉ベトナム女児殺害事件を考える 全裸で遺棄