茨城一家殺害事件を考える 行動裏付けの困難

茨城一家殺害事件と岡庭容疑者が関係あるのか、ないのか、現時点では何も明確なことは言えない状態と週刊誌の記事には書かれています
迂闊に関係していると書いて、後で違っていたならそれはそれで責任問題になるからです
岡庭容疑者の自宅と茨城一家殺害現場とでは距離があり、自動車運転免許を持っていないとされる岡庭容疑者が車で移動するのは不可能と考えられます(無免許運転で車を走らせていたなら別です)
さて、昨日の続きで「週刊女性」の記事から一部を引用します

《茨城一家殺傷事件》捜査線上に浮上した、「第二の酒鬼薔薇聖斗」元少年Aの行方
(昨日の続き)
現場からは、犯行に使われた刃物は見つかっておらず、部屋が荒らされた形跡もない。この状況から茨城県警は、怨恨による犯行の可能性が高いとみて捜査を続けてきた。地元の有志も、有力な情報提供者に懸賞金100万円をかけたが、犯人は特定されていない。
事件は迷宮入りしたかにみえたが、昨年11月に逮捕されたAが突如として捜査線上に浮かび上がり、一部週刊誌がそれを報じた。
(中略:被害者である小林夫妻は他人から恨みを買うような人物ではないという近隣住民の証言)
事件は発生から間もなく1年半が経過しようとしているが、今年に入って茨城県警の捜査員が、通学路における不審人物の有無について境町の子どもたちに尋ねていたという。住民への聞き込みは久しぶりのことで、Aの逮捕を受けた動きなのだろうか。
はたして、Aは事件と関係があるのか。
再び全国紙の社会部記者が語る。
「Aは参考人ではありますが、メディアが前のめりに騒いだだけの印象を受けます。Aと小林さん一家のつながりがまったくないんです」
辺り一面は暗闇に包まれていた。
犯行時間と同じ午前0時38分の現場周辺は、街灯がほとんどなく、遠くから雑木林を眺めると、真っ黒い煙が渦巻いているように見えた。初めてここを訪れた人なら、昼間以上に、その中に一軒家があるなんて想定できない。規制線が張られた入り口から中をのぞいてみても、視線の先は真っ暗で、決して足を踏み入れようとは思わない。
つまり犯人は、雑木林の中に家があることを事前に把握していた可能性が高く、行きずりの犯行ではないだろう。
もうひとつ気がかりなのは、深夜の時間帯に現場まで足を運ぶ交通手段だ。前述のとおり、現場は畑に囲まれた田舎町で、近くに電車も通っていない。
もし犯人が県外の人間だとしたら、自分で車かバイクを用意しなければならない。現場は最寄り駅から約12キロ離れ、そこからタクシーを使って犯行に及ぶのは考えにくい。そもそも、そんな時間帯にタクシーが待機しているのだろうか。
10代から20代にかけて長らく塀の中で暮らしていたAが出所したのは数年前。硫黄所持で逮捕されたときには無職だったから、車の免許を持っていないかもしれない。
元少年Aの家を尋ねると
三郷市にあるAの家のインターフォンを鳴らすと、母親とみられる中年女性の声がした。メディアの人間だと名乗った瞬間に声色が変わり、「帰ってください」と追い払われた。置き手紙を残して後日、訪問すると口数が少ないながらも、インターフォン越しに重い口を開いた。
母親は、茨城の事件については知っていたが、息子の関与をほのめかす報道については把握しておらず、「びっくりしている」と語った。
Aの免許の有無に関しては、こうきっぱり言った。「持っていません。息子は車を運転できないです」
(以下、略)

もちろん殺人事件を起こす犯罪者が律儀に道交法を遵守して無免許運転をしない、と考えるのはどうかと思います。夜間、自転車や原付バイクで移動したという可能性も残ります
他に共犯者がいて車で移動を助けた、という可能性はないと考えます。犯罪を共にするような仲間がいたとは思えませんので
岡庭容疑者が茨城一家殺害事件との関わりを否定しているのなら、捜査は行き詰まる可能性があります
現場周辺は人家もまばらで防犯カメラの映像に偶然、容疑者が映っているとは期待できないのであり、車のドライブレコーダーも同様に期待できません
さて、捜査に進展はあるのでしょうか?
昨日も書いたように、殺人そのものが目的であるなら面識のない小林さん宅を狙うのはあり得ます。警察は当然、強盗や怨恨の線で捜査するので、接点がない人物は走査線上に浮かびません。せいぜい、近隣(半径30キロ以内)で殺人や強盗の前科がある人物がいるかどうかを調べる程度でしょう。アメリカFBIのプロファイリングによれば、この種の事件の犯人は現場から30キロ以内に居住している、とのデータがあるそうです
岡庭容疑者宅と小林さん宅は40キロ以上離れています

(関連記事)
茨城一家殺害事件を考える 精神鑑定終え起訴
https://05448081.at.webry.info/202109/article_12.html
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者は反社会パーソナリティ障害か
https://05448081.at.webry.info/202106/article_30.html
茨城一家殺害事件を考える 酒鬼薔薇事件と似てる?
https://05448081.at.webry.info/202106/article_10.html
茨城一家殺害事件を考える 動機なき殺人?
https://05448081.at.webry.info/202105/article_36.html
茨城一家殺害事件を考える 治療の対象か否か
https://05448081.at.webry.info/202105/article_28.html
茨城一家殺害事件を考える 医療少年院送致から事件まで
https://05448081.at.webry.info/202105/article_22.html
茨城一家殺害事件を考える 容疑を否認
https://05448081.at.webry.info/202105/article_18.html
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者は異常者なのか
https://05448081.at.webry.info/202105/article_14.html
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者の変貌と殺意
https://05448081.at.webry.info/202105/article_13.html
茨城一家殺害事件を考える 逮捕状請求
https://05448081.at.webry.info/202105/article_12.html
茨城一家殺害事件を考える 容疑者は10年前のナイフ少年か
茨城一家殺害事件を考える 容疑者特定か?
茨城一家殺害事件を考える 一か月経っても捜査進展なく
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える1 犯行の目的
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える2 16歳の少年逮捕
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える3 ナイフ収集と動物虐待
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える4 ナイフを収集した意味
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える5 ナイフを買い与えた親
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える6 刑事事件として起訴
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える7 保護処分を求め家裁に送致
未解決 つくば高齢者夫婦殺害事件を考える
https://05448081.at.webry.info/202112/article_52.html
世田谷一家殺害事件から15年
世田谷一家殺人 「犯人は15歳から22歳」と警察
世田谷一家殺害事件 メディアの功罪
世田谷一家殺害事件 未解決のまま20年
蟹江町3人殺傷事件 死刑判決に不服、控訴
愛知蟹江町3人殺傷事件 死刑求刑
愛知蟹江町3人殺傷事件 中国人被告の裁判開始
2009年愛知の強盗殺人事件、中国人の関与が浮上
門真4人殺傷事件を考える1 犯行の狙いは?
門真4人殺傷事件を考える2 死刑を求刑
門真4人殺傷事件を考える3 懲役30年判決も不服で控訴
門真4人殺傷事件を考える4 控訴審も懲役30年
新居浜一家殺害事件を考える 河野容疑者逮捕
新居浜一家殺害事件を考える 警察は保健所に通報