女性下着撮影のため住居侵入を繰り返した教頭

すっかり「性犯罪教師掲示ブログ」と化した感があります(苦笑)
さほどまでに教員による性犯罪あるいはそれに類する行為が蔓延しているのであり、異常な事態です
本日は大阪の大東市にある小学校の教頭が、女性の下着を撮影するため住居侵入していたという事件を取り上げます
それにしてもここ最近、教頭職にある人物の事件が目立つように思います。教頭職とは自制心を失って犯罪に走らなければならないほど、激務なのでしょうか?


大阪府教育委員会は26日、女性用下着の写真を撮影するために集合住宅に侵入したとして、大東市立小学校の男性教頭(49)を停職6か月の懲戒処分にした。教頭は同日付で依願退職した。
発表によると、教頭は昨年12月、京都府精華町の集合住宅に侵入し、ベランダに干してあった女性用下着をデジカメで撮影。その後、奈良市の集合住宅にも侵入し、女性用下着を撮影した際に住民に気づかれて邸宅侵入容疑で現行犯逮捕された。今年1月、奈良簡裁から罰金10万円の略式命令を受けて即日納付した。
教頭は「保護者や児童の信頼を裏切り、過ちを心から悔いている」と話したという。
(読売新聞の記事から引用)


別の報道によれば、この元教頭は下着を撮影するため延べ50回ほど、集合住宅の共用通路に侵入したと供述しているのだとか
デジタル一眼レフカメラに望遠レンズを使って撮影していたのでしょう
下着を盗んだわけではありませんが、迷惑防止条例違反に問われる行為であり、弁解の余地はありません
こうした盗撮行為については当ブログで何度も言及しているように、単なる「すけべ心でやった」と済ませるのは間違いです
なぜ下着の盗撮という行為を繰り返したのか、その衝動の正体をきちんと突き止めないと数ヶ月後には同じ衝動に駆られて犯行を繰り返しまう可能性があります
下着を撮影するというのは下着を盗む行為の代替です。盗めば犯罪になると分かっているので、その代わりとして撮影するわけです
そして戦利品として、撮影した写真を山程溜め込みます。これも盗んだ下着を山程溜め込む行動と同じです
ではなぜ下着に性的な関心を抱き、盗撮にまで至ったのか?
そこには彼なりの原体験とも呼ぶべき事情・理由があったのでしょう
下着は性器を覆い隠すものであり、性器への興味を掻き立てられる前の代理として下着や靴・ブーツといったパーツへの執着が芽生えます
その屈折した力動を説明すると長くなるので割愛しますが、生身の女性の身体より下着やブーツといった物体に性的な執着心を抱くようになり、収集に駆り立てられるようになります。そこで自身の行動の異常に気づき、抑制できればよいのですが、ほとんどの場合は抑制できず衝動に駆られるまま下着泥棒を繰り返すのでしょう
小学校から児童の下履きを盗んだり、体操着を盗むという事件もしばしば起こります

(関連記事)
体操服泥棒 自宅から600着も
学校の総務課長(53)が女子高の体操服を盗み、逮捕
昏酔強盗は女装っ子? 公開手配でも捕まらず
セーラー服で女装露出の37歳警部補逮捕
県職員が靴下フェチ 洗濯物窃盗で逮捕
盗撮容疑で逮捕された大学生の複雑な心理を読む
少年パンツ泥棒
吹奏楽部顧問 女子中学生に「パンツ履き替えろ」
「キングオブコメディ」高橋 女子校制服盗で逮捕
「キングオブコメディ」高橋容疑者は洗脳願望と書くLITERA
「キングオブコメディ」高橋 2007年に痴漢で逮捕
「キングオブコメディ」高橋容疑者 制服盗はいじめが原因
「キングオブコメディ」高橋被告に執行猶予判決
児童の上履き300足盗む フェチ男逮捕
東大卒マジシャンで塾講師 パンツ盗撮で逮捕