ミスター東洋大 わいせつ行為で逮捕

2019年の「東洋大学ミスターコンテスト」の準グランプリだった糸洲朝貴容疑者が、18歳未満の女子高生にわいせつな行為をした疑いで逮捕されています
各大学でミスターコンテストなるものが開催されているようですが、人格や品格は問わないのでしょう
報道からの引用はFNNプライムオンラインの記事を使いますが、テレビニュースをそのまま原稿に起こしたので、読みにくいものになっています


3日午前6時すぎ、東京都板橋区の自宅近くでスマートフォンを操作していた、大学生の糸洲朝貴容疑者(25)。そこに、埼玉県警の捜査員が現れる。朝帰宅したところで声をかけられ戸惑っているように見える糸洲容疑者。捜査員に促され一旦自宅に戻る。そして…
河村忠徳記者:
「午前7時すぎです。埼玉県警の捜査員とともに男が今車に乗り込みます」
捜査員とともに車に乗り込む際、糸洲容疑者の右手は震えていた。逮捕容疑は、2020年6月自宅に女子高生を連れ込みわいせつな行為をした、東京都青少年健全育成条例違反だ。
糸洲容疑者が日本一のイケメン大学生を決める大会に出場した際の映像がある。
糸洲容疑者(大会出場動画):
「僕の名前は…(手元のノートから火が噴き出て…)沖縄県出身の糸洲朝貴です」
動画で披露していたのは特技のマジック。
2019年の「東洋大学ミスターコンテスト」では準グランプリに輝き、モデルとしても活動。そうした華麗な経歴の一方で、動画では意外な過去を明らかにしていた。
糸洲容疑者(大会出場動画):
「1年生の時の僕は体重が約100キロありまして、周りからはこんなコンテスト絶対出れないよなどばかにされて、とても悔しくて2年間で40キロ痩せてこの大会に出させていただくことができました」
大学1年当時の体重は100キロ。そこからミスターコンテストに出るために、食事制限などを行い、40キロものダイエットに成功したという。
高校まで沖縄で過ごし、大学への進学で上京したという糸洲容疑者。高校時代の知人は、ミスターコンテストに出始めた頃から印象が変わったと話す。
高校時代の知人:
「高校の時はあまりモテてなかったんじゃないですかね。女好きってイメージはあるんですけど、そんな犯罪を犯すような人ではないと思っていました。ただ、ミスター(コンテスト)とかやっている時ぐらいから少しチャラいなというイメージはありました」
糸洲容疑者は自身のSNSを通じて被害者の女子高生と知り合ったという。相手が18歳未満だと知っていたと言い「間違いありません」と容疑を認めている。警察は、自宅からスマホとパソコンを押収。余罪についても調べている。
(FNNプライムオンラインの記事から引用)


東京都青少年条例違反事件なので、初犯であれば執行猶予付き判決なのかもしれません。が、余罪がいくつも出てくるようであればどうなのでしょう
ともあれ、糸洲容疑者の「もてたい」という願望、あるいは性欲には異常なものを感じます
かつて肥満体でもてなかった体験がトラウマになっている、というのは表面的な見方です。糸洲容疑者の場合、特定の女性と交際し将来の伴侶を得たいという願望ではなく、多くの女性を弄び、性欲を満たしたいという欲求が行動の源泉のように映ります
大学で何かを学ぶより、「もてまくって遊びまくるぞ」との考えしかないのかもしれません
ちなみにあのミスター慶応のコンテストは以下のような感じです。この中からも将来、逮捕者が出るのでしょうか?
もちろん、そんな結果にならないよう各自、自覚をもって行動してもらいたいものです

【ミスター慶應コンテスト2020】公式PV


(関連記事)
「ミスター慶応」渡辺陽太 6度目逮捕も不起訴
「ミスター慶応」渡辺陽太 強姦で6度目の逮捕
「ミスター慶応」渡辺陽太 強姦や強盗の余罪
イケメン慶大生の強姦事件 家族の素性も暴露
イケメン慶大生を強姦で逮捕 ミスター慶応候補
ミス慶応コンテスト中止の事情 集団強姦事件があった
ミス慶応コンテスト中止 未成年飲酒問題で運営サークル解散処分
ミス慶応コンテスト中止の波乱
ミスター東大候補稲井被告 レイプで有罪判決
ミスター東大候補が強姦罪で逮捕・起訴

元農水事務次官 控訴審でも懲役6年判決

引きこもりの長男を殺害した罪で一審東京地裁において懲役6年の判決を受けた、元農水省事務次官の熊澤英昭被告の控訴審判決がありました
東京高裁は熊澤被告の控訴を棄却し、一審判決を支持する決定を言い渡しています

東京都練馬区の自宅で令和元年6月、長男=当時(44)=を刺殺したとして殺人罪に問われた元農林水産事務次官、熊沢英昭被告(77)の控訴審判決公判が2日、東京高裁で開かれた。三浦透裁判長は懲役6年とした1審東京地裁判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。
弁護側は控訴審で「被害者に殺されると直感して反射的に殺害に及んでおり、正当防衛に当たる」として無罪を主張。正当防衛が成立しなくても、暴行を受けると誤信した「誤想防衛」に当たると訴えていた。
判決理由で三浦裁判長は「長男は被告の行く手を阻んだり追いかけたりする動きを見せておらず、現実的な危険性は差し迫っていなかった」と指摘。「強固な殺意に基づく犯行で、1審判決は量刑傾向に照らしても重すぎるとはいえない」と結論づけた。
1、2審判決によると、熊沢被告は元年6月1日、自宅で長男の首などを包丁で突き刺し、失血死させた。
(産経新聞の記事から引用)

産経新聞の報道はあまりに簡潔すぎますので補足しなければなりません
熊澤被告は当初、一審判決を受け入れ刑に服すつもりだったようですが、弁護士と話し合って控訴しました
その経緯は「FRIDAY」の以下の記事に書かれています。ライターの高橋ユキはプロの傍聴人を名乗り、数多くの刑事裁判を傍聴し、記事を書いている人物です

長男刺殺の元農水次官 弁護士10人従え主張した「無罪」の論理

長男の英一郎さんは中学生の頃から家庭内で暴れるようになり、ほどなくして熊沢被告の妻に暴力を振るうようになった。熊沢被告はこれを、時に手で制止し、時に言葉で諌めながら向き合ってきた。高校卒業後、長男は日本大学を休学したのち別の専門学校へ入学するなど、紆余曲折をへて無事に大学を卒業するに至ったが、ときの〝就職氷河期〟の影響もあり、希望の仕事も不採用となる。その後もパン作りの学校へ通わせたり、知人のつてで仕事を紹介したりと、さまざまに手を差し伸べてきた。
長らく精神疾患を患っていた長男の代わりに通院し、病状を伝えてきた。さらに、アニメや漫画、ゲームが好きだった彼にコミケへの出品をすすめたり、妻の所有する目白の戸建てに長男を住まわせ、近所の駐車場や賃貸物件の賃料で生計を立てられるように準備を整えるなど、熊沢被告は長男の今後を考え、様々に世話をしていた。そんななか、事件は起こった。

十分か不十分かの議論はさておき、熊澤被告が長男の身を案じてさまざまな手を尽くしていたことが伝わってきます。それでも長男の家庭内暴力は収まらず、事件に至ってしまった、と裁判で主張しているわけです
東京地裁、東京高裁の判断としては、「目前急迫の危機がない限り、正当防衛とは認められない」というものです。つまり、長男が刃物を持って襲いかかってきたら正当防衛と認められる、というものであり、睨みつけたり暴言を吐いた程度で正当防衛は成立しないとの考えです
長男との関係に疲弊し、老いを実感している熊澤被告にすれば、長男を殺すなら今しかないと思いつめたのではないかと推測できます
時あたかも私立学校に通う児童の列に引きこもりの男が刃物をもって切り込み、児童を殺傷する事件が起きたばかりでした
熊澤被告の行動を正当化するつもりはありませんし、量刑も特段偏っているとは思いませんが、息子を殺すしかないと思いつめた熊澤被告の絶望というものを、裁判を介して受け止める必要があると感じます
上記の「FRIDAY」の記事とは真逆の記事が朝日新聞系オピニオン雑誌「論座」のウェブサイトに掲載されています。こちらもノンフィクションライターの手による記事ですが、熊澤被告を池袋暴走事故の飯塚幸三被告と同一視し、高級官僚の思い上がりが家族を犠牲にし、事件を招いたとして糾弾する意図で書かれています(飯塚幸三被告は事故を車の異常によるもので、自分の責任ではないと主張しています。熊澤被告は長男殺害を認めており、その責任を自分は負うと述べており、大きな違いがあります)
記事の副題は「エリート官僚の殺人犯は、徹底して弱者への想像力がなかった」とあり、殺害された熊澤被告の長男を弱者と位置づけています
そしてあろうことか、熊澤被告の娘の自殺を最初に取り上げ、熊澤被告とその妻が娘を自殺に追い込んだと断定しているのですから呆れて言葉も出ません。記事を書いたライターがどこまで取材をしたのか不明ですが、当時、どのような事情があって熊澤被告の娘が自殺したのか、真相を究明した上で書いているのでしょうか?

元事務次官熊沢被告はなぜここまで擁護されるのか

およそ、娘の自殺を悲しまない親はいないのであり、熊澤被告を血も涙もない人間と貶めるために書いているとしか思えない内容です
そして長男殺害も、エリート官僚ならではの計算尽くの、世間の同情を得られると踏んだ上での行動と決めつけたいのでしょう
しかし、どこまで関係者に取材をした上で書いているのか疑問です
記事の途中にはなぜか唐突に松田聖子と神田沙也加の親子問題に言及しており、とんちんかんな内容です。が、興味のある方は一読ください
このライターにすれば、熊澤被告が8874万円の退職金を手にしたのも許せないのでしょうし、控訴審で弁護士が10人もついていることすら許せないのかもしれません。ですが、控訴するかしないかは被告人が決めることであって、赤の他人のライターが決めることではないのです

(関連記事)
元農水事務次官 息子殺害で懲役6年の実刑判決
元農水事務次官 ひきこもりの息子殺害裁判
元農水事務次官 息子のいじめと家庭内暴力
元農水事務次官 ひきこもりの息子殺害で逮捕
埼玉両親殺害事件 36歳息子を逮捕
神戸5人殺傷事件を考える 逮捕後は黙秘
神戸5人殺傷事件を考える 2度連続の精神鑑定
鹿児島5人殺害事件を考える 死刑判決
鹿児島5人殺害事件を考える 岩倉知広容疑者とは
「3月のライオン」より 森安九段殺人事件を考える
秋田児童殺害事件 畠山鈴香被告について考える
畠山鈴香被告について考える 2
中国人妻による長浜園児殺害事件を考える

中学生が大火傷 ファイアートーチ演技の危険

2019年7月、名古屋市守山区の守山東中学校で、野外学習で披露する「ファイアトーチ」の練習中に、中学2年の男子生徒の服に火が燃え移り、右腕に大ヤケドをする事故がありました
この事故の際、指導していた教師が「バチが当たったんだろう」とか「自業自得だ」などと発言しており、問題になりました
ファイアトーチにはいくつかの形状があるのですが、一般的にはステンレスのような金属棒に綿の布を巻き付け、灯油を染み込ませて火をつけるようになっています。これを以下のように振って、演技をするというものです(なお、動画は事故とは関係ありません)

あすなろ学童トーチトワリング2014キャンプ



火振り回す「トーチ」禁止へ 小中高、やけど後絶たず
名古屋市の市立小中高校が野外活動などで続けてきた「トーチトワリング」(トーチ)について、市教育委員会が事実上禁止する方針を固めた。火がついたたいまつを回す演舞のため、やけどなどの事故が後を絶たず、市教委が「安全確保が困難」と判断した。
トーチは「火の舞」や「火踊り」とも呼ばれ、野外活動のキャンプファイアなどの際に子どもたちが披露してきた。長さ50~60センチのステンレス棒の先端にタオルを巻き付け、灯油を染みこませて着火し、回しながら演舞する。市内では2018年度、高校14校中4校、中学校110校中109校、小学校261校中32校が実施した。
しかし、昨年7月、市立中学2年の男子生徒が校庭での練習中に、服の袖に火がつき、腕をやけどする事故が発生。灯油を絞り切っていないなど、学校の安全対策が不十分だった可能性が高かったことがわかった。昨年8月現在で、トーチで17~19年度に37件の事故が起きており、市教委は昨年8月にトーチを19年度は行わないよう通知し、今後の対応を検討していた。
複数の関係者によると、有識者から安全面で否定的な意見が相次いだ。児童生徒への調査で、代用のケミカルライトでも火と同等の満足度が得られたことが判明し、市教委は、今後は火を使わず、ケミカルライトを使うなど安全を最優先するよう2月にも各校に通知することにした。
(朝日新聞の記事から引用)

2017年から19年までの間、名古屋市立の小学校から高校がこれを実施し、37件の事故が起きていると記事にはあります。37件も事故があってトーチトワリングを継続していた事実にまず驚きます
運動会における人間ピラミッドや組体操による事故でも書いたのですが、事故に対して鈍感すぎるのではないでしょうか?
もちろん、正しい手順で実施すれば事故が起きないといえるのでしょうが、こどもが取り組む以上、事故が起きる可能性を常に考慮しておく必要があります
毎年のように火傷する事故が発生しているのにトーチトワリングを実施しなければならない理由、事情があるなら聞かせてもらいものです
確かに見た目はきれいで鮮やかですが、灯油を使用して火を燃やすからには火傷の危険が常に伴うのであり、火傷を覚悟してまでトーチトワリングを実施する必要性を自分は理解できません
確かに野球でもサッカーでも、体育の授業でも、調理実習でもケガをする危険はあるわけですが、トーチトワリングは学校教育における必須教科というものではありません。ただ、名古屋市が実施している野外活動訓練のプログラムに盛り込まれているから、実施しているだけなのでしょう
中身を考慮せず、安全性も検討しないまま、他校もやっているからと漫然と実施しているではないのか、という気もします
将来、軽業師とか曲芸師を目指すのなら必要な技能かもしれませんが、一般の児童や生徒には必要とされない技能であり、何が何でもトーチトワリングをマスターさせる必要はないと考えます。むしろ、嫌々取り組む児童や生徒がいる方が、事故の危険性が高まるのでは?

(関連記事)
チア練習で下半身不随 高校に賠償求め提訴
組み体操事故が道徳の教材 批判を受け削除
運動会組み体操で139人骨折 それでも止めない理由
運動会に人間ピラミッドは必要か?
銀座の小学校がアルマーニを標準服に 批判殺到
浜名湖ボート転覆事故裁判 施設管理者に有罪判決
浜名湖ボート事故 何のための学校行事か?
浜名湖のボート訓練で中学生死亡
今も存在する戸塚ヨットスクール
被災したこどもたちを集め寄宿舎で生活させる愚策に反対
被災したこどもをサマーキャンプに招待する文部科学省
同性愛排除で揺れる米ボーイスカウト連盟
合宿中の大学生2人が湖に飛び込んで死亡
東大生 コンパで飲酒し死亡
東大生コンパで死亡事故 サークル仲間は「責任ない」と主張
小樽商科大コンパ 未成年者飲酒で意識不明
小樽商大飲酒事故 いまさら構内での飲酒禁止

講談社編集次長 妻殺害で控訴審も実刑

2016年、東京都文京区の自宅で妻を絞殺したとして殺人罪に問われている講談社社員、朴鐘顕被告は東京地裁の裁判員裁判で懲役11年とする実刑判決を受けています(求刑は懲役15年)
朴被告はこれを不服として控訴していました。朴被告側は妻が自殺したと主張し、殺害はしていないと訴えています
東京高裁は一審判決を支持し、朴被告の控訴を退ける決定を下しています


東京都文京区の自宅で平成28年8月、妻=当時(38)=を殺害したとして、殺人罪に問われた韓国籍で講談社の青年コミック誌「モーニング」編集部の元編集次長、朴鐘顕(パク・チョンヒョン)被告(45)の控訴審判決公判が29日、東京高裁で開かれた。中里智美裁判長は懲役11年とした1審東京地裁判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。
弁護側は、殺害ではなく自殺だったとして無罪を主張していた。中里裁判長は、現場の血痕の付着状況などから自殺を否定した1審判決について、額のけがの出血量などの「十分な検討を欠いており不合理」と指摘。一方で、妻が自殺を図ったとすれば現場の血痕や失禁の跡と整合しないとし、「自殺ストーリーに現実的な可能性があるとはいえない」と結論づけた。
スーツ姿で出廷した朴被告は、控訴棄却を言い渡されると「えっ」と大声をあげ、マスクを外して「してないんですけど」と発言。約1時間15分にわたって裁判長が判決理由を読み上げる間も、身ぶりを交えながら「矛盾してるよ」などと主張し続けた。
1、2審判決によると、朴被告は28年8月9日、自宅で妻の首を圧迫し、窒息により死亡させた。
(産経新聞の記事から引用)


この事件では以前にも取り上げたように、朴被告が「妻は階段の手すりで首をつって自殺した」と主張していたものの、階段付近に失禁の痕跡はなく、夫婦の寝室のベッドに失禁痕がありました。絞殺された後は、全身の筋肉が弛緩するので膀胱内の尿が体外に漏れ出します。なので、階段の手すりで首をつったのではなく、ベッドの上で絞殺した後に遺体を運んで縊首自殺に見せかけたもの、と検察は判断したわけです
朴被告は上記の記事にもあるように、頑なに犯行を否認しています。しかし、矛盾しているのは朴被告の主張の方であり、東京高裁の判断のとおり、「自殺ストーリーに現実的な可能性があるとはいえない」のです
殺人罪とはいえ、懲役11年は量刑として随分と軽い判断です。夫婦喧嘩の末、発作的に妻の首を絞めて殺害したもので、首を絞めた以上は殺意があったと認めざるを得ない、という理屈なのでしょう。つまり首を絞めていなかったのであれば「殺意はなかった」として傷害致死罪で裁く事案であり、長期の量刑は必要はないとの判断なのかもしれません
が、朴被告は納得しておらず、最高裁に上告するようです
講談社は「社員は上告の意向を表明しており、今後の推移を見守りつつ、社として慎重に対処してまいります」とのコメントをホームページに掲載しています

(関連記事)
妻殺害で有罪の編集次長 保釈決定のドタバタ
講談社元編集次長 妻殺害で懲役15年求刑
講談社編集者殺人容疑で逮捕も「フライデー」ら雑誌は報道せず
講談社編集者 妻殺害容疑で逮捕
「進撃の巨人」を論評する韓国メディア
「進撃の巨人」で再び愚論を書く韓国メディア
韓国メディア 「日本の右翼漫画ブーム」と批判
韓国書店の漫画売上 1位から17位まで日本作品
「内向きに閉じた日本のマンガ市場」という批判
韓国のマンファ ストーリーが秀逸?
中国人漫画家が語る中国の審美価値と品位(笑)
なぜ漫画は世界規模の文化製品になったか 仏誌の記事
イギリスで「日本漫画大討論会」
コミックマーケットに見る日本の底力
文化観の違い パリ・ジャパンエキスポを巡って