ドラマとしての「攻殻機動隊」を問う

押井守監督の作品「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」と「イノセンス」について考えるシリーズです
この2作の場合、ビジュアル(画像表現)について語られる場合が多いのですが、ドラマとしての作りとそれを構成する台詞について取り上げようというのが今回の狙いです
岸田真桜美林大学教授の論文「『攻殻機動隊』のドラマツルギー」を参考にして考えます

『攻殻機動隊』のドラマツルギー

論文の前半部分は近代・現代の演劇史の俯瞰と呼ぶべき内容です。筆者岸田教授は演劇の専門家です
演劇における表現技法の革新から、話はアイデンティティに移ります
心理学者エリク・エリクソンにはユダヤ系デンマーク人の母親がいたのですが、母やエリクソンに対して父親が誰であるか秘匿していました。そのためエリクソンは自身の出自に不安と戸惑いを抱き、それが後にアイデンティティ(自己同一性)という概念に結びついたとされます
この自我同一性を問うエリクソンの理論から草薙素子の行動と心理を、岸田論文では考察しています

(論文12ページ)
アイデンティティとは安定的で独立した心理学的実体ではない。人は他者と接するときには、その場に応じて常に別の役割を再構成するからである。ゴッフマンが記述する多くの論稿の中で彼は、人間は本当にあるはずのものを発見できないだけでなく、その本性においてゆらぎをもつものであることをも強調している。「重要なことは、人が担う役割の背後で彼がどの様な種類の人間であるかについて、それらの役割を演じることを通して具備されるその意識である」と彼は記述している。
(中略)
外的、社会的な場で見せる行動は、その個人の真の姿ではない。現実の場において、アイデンティティは覆い隠され、自分でも認識できなくなり、失われている。なぜならそこには他者がいるからである。
こうした社会学理論やエリクソンやピランデルロの個人的背景とは異なり、自分の存在について疑問を持ちつつも、素子は現実(といっても架空の世界だが)の中では自己実現をはたしている。彼女は強く美しく、使命のためなら人を殺すライセンスさえも与えられている。上司たる荒巻部長の前でも、ひるむことなく自己主張し、自分の信じる方法を貫き通す。素子にとって他者はいないも同然であり、彼女のアイデンティティは失われていないように見える。しかしそれなのに彼女は、自分の存在そのものについて、まるでベケットのように、考え続けているのである。
素子は英語で書けば device だが、もうひとつ circuit element という言葉でも表現される。彼女の名前そのものが物質の最小構成要素であることを暗示している。素子は脳だけが人間である。では脳さえ人間ならサイボーグは人間と同じなのか。「我思うゆえに我あり」の我とは何か。脳なのか、脳ではないのか。素子が悩み続けるのは、このことである。

素子が問いを立てても、それに答える者は公安9課の中には誰もいません。素子に近い存在であるバトーでさえ、「くだらねえ」と言い捨てます
もちろん、素子を否定しているわけでもなく、拒絶しているわけでもなく、自己同一性をとことん追求して止まない素子を止められないと理解しつつも、素子がやがて公安9課を去るのではないかという予感を前に自分が何もできないと苛立っているからです
であるからこそ、バトーは人形遣いと素子の接触を危惧するわけです
しかし、いかなる警告を発しようと素子が人形遣いの正体を探ると決めた以上、バトーは素子が人形遣いへダイブするのを止めず協力します
それが自分にできることであり、状況が悪化したら素子の脳核を担いで逃げるのが自分の責務だと心得ているからでしょう。もちろん、素子もバトーがそのように行動すると分かっているからこそ、彼に背中を預けるのです
言葉のやり取りこそ少ないものの、互いの思うところを交差させるドラマになっており、巧みな演出です

(論文13ページ)
素子が人形使いと融合するラストシーンを、スタジオ・ジブリの鈴木敏夫は、「ネットワークとコンピューターが恋をして子供が生まれるなんて、どう考えても遊び以外の何ものでもない (10)」と言ったが、スーザン・J・ネイピアは「人形使いとの最終的な「結婚」は、太陽神・天照大神の天の岩戸を思わせる場面になっている (11)」と記した。周知のように<コリント人への第一の手紙> 13 章のタイトルは、愛である。人間の感情の中で最もうつろいやすく、ゆらぎを持ち、かつ強い力をもつのは愛である。『攻殻機動隊』は、通奏低音にそのことが流れている。人形使いが素子と融合したいと願ったのは、彼女を愛したためであったのかもしれない。
草薙素子はネットの海に生まれた生命体と融合し、よりヴァージョンアップされたようにみえる。自分であることに固執する限り、人間は限られた世界に縛られ続ける。人形使いと融合した素子は、より高い地点へと到達した。それはオリジナルの素子ではないのかもしれない。というより、彼女は個人がもつ他者からの制約から逃れ、広大な世界へむかっていくのだ。『攻殻機動隊』というアニメは、アイデンティティに縛られ続ける人間という存在が、そこから解放される姿を描いた壮大な物語なのである。

「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」が自己同一性という呪縛からの解放を模索するドラマであるなら、続編「イノセンス」は解放された草薙素子と未だ自己同一性に己を縛り付けているバトーのドラマでしょう
前作は監督だけだった押井守は「イノセンス」で脚本も担当しており、台詞を全部引用句で賄おうと考えたと述べています。どこまで本気であったのかは不明ですが、それでも日本の映画作品には例を見ないほど「イノセンス」は引用句が散りばめられており、これがまた議論を招いたところです。「引用句だらけ=借り物の台詞ばかりで意味が分からない」との批判がありました
どのようなテクストにもそれに先行するテクストがあり、その影響を受けていると考えるのが構造主義における間テクスト性の概念です
ここで言うところのテクストを引用句と置き換えれば、「イノセンス」の中に散りばめられた数々の引用句は先行するテクストが存在しているのであり、その先行するテクスト(聖書、ブッダの言葉、その他)の有する物語を引き込んでいるのだと考えられるわけです
もちろん、この試みが成功したか否かは視聴者の反応しだいであり、一概には決められません
「イノセンス」の場合、押井監督の描いた絵コンテに演出の意図を書き加えた「『イノセンス』METHODS押井守演出ノート」が刊行されていますので、それを読みつつ映像を見れば、ドラマ作りや絵の見せ方といったテクニックをより理解できます
ただ、最近の若い映画監督は撮影前に絵コンテを作ったりはしないようで、撮影現場で感性に任せてカメラワークを決め撮る方法が流行りのようです
もちろん映画作りやドラマ作りに正しい方法などないのであり、個々が模索するべきでしょうが
「イノセンス」の中で用いられている引用句については解説したページがありますので、関心のある方は利用してください

映画「イノセンス」全引用句まとめ

(関連記事)
押井守「イノセンス」で考えるゴーストと身体
2004年カンヌ 映画「イノセンス」の話
映画「イノセンス」について 2
映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」大コケで1億ドル損失?
「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」をアメリカはどう観たのか
パクリか 攻殻機動隊そっくりのミュージックビデオ
「攻殻機動隊」新シリーズ起動
攻殻機動隊のパクリ 韓国アニメ「GunChest」
攻殻機動隊「ソリッド・ステート・ソサイエティ」
カンボジアPKOと機動警察パトレイバー
劇場版「機動警察パトレイバー2 the Movie」を語る
https://05448081.at.webry.info/202011/article_37.html
「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」論
押井守監督「風立ちぬ」を語る
「アニメはオタクの消費財と化した」と指摘した押井守
押井守監督の「エヴァンゲリオン」批判を考える
押井守 「鬼滅の刃」はなぜヒットしたか
https://05448081.at.webry.info/202103/article_37.html
大友克洋「AKIRA」 国家ビジョンを考える

富山交番襲撃犯 島津被告の両親が謝罪

富山市で交番を遅い拳銃を強奪した島津慧大被告の公判について言及します
先日は被告人質問が行われたのですが、島津被告は裁判官や検察官、弁護人の質問に答えず、黙秘を貫きました
公判廷で口を開くつもりはない、との意思表示なのでしょう
他方で、島津被告の両親が法廷に立ち、被害者への謝罪をしています


富山市で2018年、警察官ら2人が殺害された富山中央署奥田交番襲撃事件で、強盗殺人罪などに問われた元自衛官島津慧大被告(24)の裁判員裁判の第6回公判が28日、富山地裁であった。被告の両親は証人尋問で、「私どもの息子がこのような重大事件を起こし、取り返しのつかないことをした。本当に申し訳ありません」と遺族に謝罪した。
両親はそれぞれ遮蔽しゃへい板で覆われ、傍聴席からは見えない形で尋問に臨んだ。最初に証言台に立った母親は冒頭、「親としてどうしていいか分からないが、まずおわびしたい」と述べた。父親は「(遺族には)最愛の人を亡くし、申し訳ないという言葉しか出てこない」とわびた。
尋問では、被告の発達障害に関する質問が相次いだ。検察側は初公判の冒頭陳述で、発達障害の犯行への影響は「限定的」とする一方、弁護側は「様々な影響を与えた」と主張していた。
両親によると、被告は中学入学後、いじめに遭うようになり、2年時からは不登校になった。この頃から家族に暴行を加えたり、自宅の壁を壊したりしていた。中学卒業直後には、両親とも被告に殴られてあばら骨にひびが入るけがを負ったほか、同居の祖母や姉も殴られたことがあったという。
母親は当時、集団行動になじめず暴力を振るう被告の発達障害を疑って精神科医に診せたが、診断名は付かなかった。被告の発達障害を認識したのは事件後の精神鑑定だったといい、「自分がちゃんとした対応をできていたら、こんなことにはなっていない」と悔やんだ。
事件後、母親の面会に応じた被告は、「自分の訓練不足だった」と述べるなど事件の反省点を挙げ、遺族への謝罪の言葉はなかった。また、取り調べを行う検察官について「殺してやる」と話し、敵意を抱いているように感じたという。
被告は初公判から一度も言葉を発しておらず、この日もじっと前を向いたまま両親の証言を聞いていた。
(読売新聞の記事から引用)


親が、「自分の子供はどこか違う。おかしい」と感じたなら、何かあると見て間違いないのでしょう
ただ、診察した精神科医はこども時代の島津被告と初対面であり、その場で診断を下すのには情報が不足していたのかもしれません。複数回の診察や観察をしなければ発達障害なのか、精神障害なのか、あるいは他の障害なのか判断がつかないケースもあり得ます
ただ、こう書いたところで何の慰めにもならないのであり、結果として島津被告はこどもの頃に、適切な治療を受けれなかったという事実だけが残ります
さて、島津被告は起訴前と起訴後、2回の精神鑑定を受けています。起訴前の精神鑑定では刑事責任能力あり、と判断しており、これを受けて島津被告は起訴されました。起訴後に行われた精神鑑定については、被告の精神障害が犯行に影響を与えた可能性があるとされています。ただし、「幻覚や妄想の症状はなく、犯行は被告の意思で行われた」との判断です
統合失調症患者にある、「電波に命令された」とかいうケースではなく、島津被告自身の意思で犯行に及んだとされますので、心神喪失状態だから罪に問えないという理屈にはならないのでしょう
通常なら無期懲役が求刑される犯行ですが、精神障害が犯行に影響を与えたとして懲役25年の求刑になるのかもしれません

(関連記事)
富山交番襲撃犯 無期懲役判決
https://05448081.at.webry.info/202103/article_9.html
富山交番襲撃犯 死刑を求刑
https://05448081.at.webry.info/202102/article_40.html
富山交番襲撃犯 調書に見る犯行動機
https://05448081.at.webry.info/202102/article_8.html
富山交番襲撃犯 初公判で島津被告は黙秘
富山交番襲撃犯 2年たっても公判の目処立たず
富山交番襲撃犯 島津容疑者取り調べ難航か
富山交番襲撃犯 2人を殺害し逮捕
大阪交番襲撃 拳銃強奪狙い
大阪交番襲撃 容疑者確保し拳銃発見
大阪交番襲撃 異常な言動
大阪交番襲撃 同級生への執着はなぜ?
大阪交番襲撃 飯森裕次郎容疑者を起訴
仙台警察官襲撃事件を考える 自宅に5丁のモデルガン
仙台警察官刺殺事件を考える 物静かな少年時代
仙台警察官刺殺事件を考える 21歳男学生の犯行
19歳警察官が上司を射殺 書類の書き直しが不満
19歳警察官が上司を射殺 不適格者を採用するなと社説
19歳警察官が上司を射殺 パワハラか?
中国人容疑者を射殺した警官に正当防衛判決
石灯籠で襲ってきた中国人を撃った警官に無罪判決
容疑者射殺の警察官に無罪判決 当然の判断
秋田市の弁護士刺殺事件 警察対応の不手際

日韓海底トンネルを蒸し返す韓国 協力の起爆剤?

日韓関係が危険な状態にある中で、韓国の野党政治家が「いまこそ、日韓海底トンネルを推進すべきだ」とぶち上げ、議論になっています
日本ではまったく報道されていないのですが、日韓海底トンネル建設をきっかけに、日本との経済協力関係を再構築しようとの狙いがあるのでしょう
これまでにも指摘したように、韓国ではなぜか「日本は大陸から切り離されて孤立している。だから日本は韓半島とつながる海底トンネルを切望している」説が主張され、我々日本人が日韓海底トンネルに賛同している扱いです
およそ、見識のある日本人であれば日韓海底トンネルなど無謀なプロジェクトであり、維持するための莫大なコストを考慮すれば航路や空路で十分との認識を持つでしょう
韓国では「欧州まで鉄道で一つにつながる」メリットをしきりに強調するのですが、欧州まで鉄道で旅行しようという人間が大勢いるはずもないのであり、速さでなら航空機を利用するはずですし、大量輸送なら船を利用します
まずは韓国野党の「日韓トンネル」推進論を引用し、その後に「日韓トンネルを推進しようとする者は、日本の利益に迎合する裏切り者」と批判する主張の記事を貼ります


野党「国民の力」の金鍾仁(キム・ジョンイン)非常対策委員長が3日、釜山(プサン)公約のひとつである「韓日海底トンネル」の親日議論について、「だれがそんな話をしたのか。海底トンネルと親日は関係がない」と反論した。
その上で「韓国の経済力は日本に対抗して十分な余力がある」と強調した。
金委員長はこの日午前に国会で開かれた非常対策委員会後に記者らと会い、「過去に韓国が日本を相手に経済力が弱かった時に日本に蚕食された、そんな話をした。日本は韓国の目的のために利用できるという考えをすべき」と説明した。
韓日海底トンネルをめぐっては1日に金委員長が釜山を訪問し、釜山の加徳島(カドクト)と日本の九州をつなぐ海底トンネル建設を積極的に検討すると明らかにして議論がふくらんだ。
金委員長は韓日海底トンネル事業に対し、「日本よりはるかに少ない財政負担で生産付加効果54兆5000億ウォン、雇用誘発効果45万人に達する途轍もない経済効果が期待される事業」と説明した。
これに対し金委員長は「例えば加徳島空港を作ったとして、空港が長期的に経済性を維持するならば物と人が集まる方法を探さなければならない。そのために海底トンネルの話をしたもの」と説明した。
(中央日報日本語版の記事から引用)


国民の力、キム・ジョンイン非常対策委員長が最近、建設を積極的に検討するといった韓日海底トンネルは「大陸進出を熱望する日本の長年の夢」という主張が提起されました。
歴史学者チョン・ウヨン氏は今日(3日)、 TBS 「キム・オジュンのニュース工場」に出演して「満州の地を訪れることが韓国人の数千年にわたるロマンならば、日本は国家建設直後から韓半島とつなぐことがロマンだった。海底トンネルが技術的に可能だから、南北関係がうまく解決すれば、日本人はすぐにヨーロッパまで進出できると考えた。」と説明しました。
それと共に「歴史的経験で韓国人は数千年間、日本を防ぐことに気を遣ってきたし、日本人は韓半島に入ってくることに関心を傾けた。植民地期にこの日本の見方が内面化され、日本と連結することが必要と考える韓国人が一部に生じた」と主張しました。
また「釜山港は日本と修好通商条約を締結しながら発展したが、港の特性上陸路の終わりなので大きな利益が得られた。韓日海底トンネルを通過させてしまえば釜山港自体は産業生態系を全部変えねばならない大問題ができることになる」として釜山市民の立場では該当公約が失業問題とすぐに連結されると指摘しました。
(韓国TBSの記事から引用)

韓国野党はトンネル建設による経済効果、雇用拡大を宣伝しています。しかし、トンネルが実現すれば釜山港は国際コンテナターミナルの地位を失うのであり、韓進海運の倒産でダメージを受けた釜山港に活気を取り戻すのは難しいと考えられます。まあ、日韓海底トンネルは実現しないので余計な心配ですが
ともかく韓国人の気質である「計画したら実現したも同然」という思慮の浅さにより、海底トンネルの掘削の困難さや莫大な維持費が必要なことはまったく頭にないのが分かります。トンネルを掘削する大型シールドマシンを製造できるのは日本だけであり、韓国は長大な海底トンネルの工事を請け負った実績はありません。それでもなぜか、韓国の優れた土木技術なら日韓海底トンネルは可能、という論調になっています
そして上述したように、「日本は日韓海底トンネルが欲しくてたまらないのだ。韓国が提案したらすぐに乗ってくる」と思い込んでいるのですから始末が悪いのです
日本の公共工事の鉄則として、トンネル建設費はトンネルの利用料金で賄う仕組みですから、どうしてもトンネル利用料は高額なものになります
これにトンネルの維持管理費を加えれば、さらに高額な料金設定になるのです。さらには建設費の分担をどうするのかで、揉めるのは必然であり、折り合いはつかないでしょう。韓国側には日本が韓国への謝罪・賠償の意味で建設費の大部分を負担すべきとの意見があり、折半などありえないとする雰囲気です
ですから、「計画したら実現したも同然」などと楽観視するのは大間違いであり、決して着工などありえない絵空事と断言しておきます

(関連記事)
空疎な計画 日韓海底トンネル
日韓海底トンネル計画に妄執する韓国政府
東国原知事「日韓海底トンネル」妄想を語る
無謀な構想「日中韓海底トンネル」を諦めない人たち
プーチン首相 「海底トンネルで日本まで鉄道をつなぐ」と構想を語る
プーチン首相「日露海底トンネル構想」を批判する韓国の反応
対馬市議会が「日韓海底トンネル」推進決議
韓国「シルクロードエクスプレス構想」の虚妄
韓国 無謀な中韓海底トンネル計画を検討
日韓海底トンネルを煽る投資家
また蒸し返される日韓海底トンネル