原宿自動車暴走事件 初公判であやしい供述

気になっていた事件の初公判や判決を報じるニュースが次々とあり、なかなか追いつきません
2019年1月1日、軽自動車を運転していた日下部和博被告(23)は原宿の竹下通りで歩行者をはね、そのまま暴走して8人を巻き込み逮捕されました。幸い死者は出なかったのですが、日下部被告は「無差別に殺すつもりだった」と供述しています
事件当日逮捕されたわけですが、初公判まで随分と時間がかかっています
当然、起訴前に検察は精神鑑定を実施し、刑事責任能力を問えるかどうか判断した上で起訴に踏み切ったのでしょう

東京・原宿の竹下通りで平成31年元日、通行人を無差別に殺害しようと軽乗用車で暴走し、男性8人に重軽傷を負わせたなどとして、殺人未遂などの罪に問われた住所不定、無職、日下部和博被告(23)の裁判員裁判の初公判が18日、東京地裁(永渕健一裁判長)で開かれた。日下部被告は冒頭の罪状認否で「1人でも多くはねようと思ったことは事実だ」と述べた一方、一部の被害者について殺意を否認。弁護側は精神疾患の影響による心神喪失状態だったとして無罪を主張した。
検察側は冒頭陳述で、被告が「死刑制度を支持する国民が許せない」と考えて明治神宮での無差別大量殺人を計画し、30年7月のオウム真理教幹部13人の死刑執行を機に計画を加速させたと指摘。自動車教習所に通って運転免許を取得し、火炎放射器を自作するための高圧洗浄機などを購入したとし、「8人全員への殺意があり、完全な責任能力があった」と主張した。
ノーネクタイのスーツ姿で出廷した日下部被告は、裁判長から殺人未遂罪の起訴内容について認否を問われると、「違います」と発言。「(車ではねた)1人目がフロントガラスにへばりつき、前がよく見えなかった」と後にはねた被害者への殺意を否定し、「無力化された死刑囚が殺されることが許せず、死刑制度を支持する国民を狙った」と自ら犯行動機を語った。
弁護側の冒頭陳述によると、被告は中学時代に水泳部に所属して大阪府大会に出場。学業も好成績だったが、中学2年の頃からアルコール依存症の父親に暴力を振るわれるようになった。高校進学後には母親に「学校で『臭い』といわれている」と相談するなど、被害妄想の症状が出始めていたといい、弁護側は「周囲が精神障害に気づかず放置されて症状が悪化し、人格や考えがむしばまれた」と主張した。
起訴状によると、被告は31年1月1日午前0時10分ごろ、東京都渋谷区の通行禁止の路上を最高時速約50キロで暴走。男性8人を次々とはねて重軽傷を負わせた後、目撃者の男性の顔を殴り負傷させたとしている。
被告は、犯行車両に自作の火炎放射器を積んでいたとする殺人予備罪にも問われており、この日は同罪の起訴内容も否認した。
(産経新聞の記事から引用)

無差別殺人を思い立ってから自動車学校に通い、免許を取得するという計画的な犯行です。自作の火炎放射器まで用意した日下部被告ですが、火炎放射器は当日使い物にならず、自身が灯油を浴びてしまったのだとか。事前に試験して、想定したように機能するかどうか確認しなかったのでしょうか?
あるいは自分の計画に酔ってしまい、細部の詰めを誤ったのか?
それにしても記事の中にある日下部被告の発言は「?」であり、理解できません。「よくもまあ、起訴したな」と思うばかりです
弁護人の主張するように被害妄想をこじらせた挙げ句、妄想を膨らませるように無差別大量殺人を計画したのではないか、と推測します
日下部被告はオウム真理教の教祖や幹部たちとまったく関係ないのであり、なぜそこまで同情するのか不可解です。おそらく日下部被告なりのロジックが存在するのでしょう
もちろん、この先、検察は刑事責任能力があると立証し、厳罰に処すべきと主張するのでしょうから、公判の成り行きを見守りたいと思います
政治的思想の有無を問わず、無差別大量殺人は容認できないのであり、どれだけトンチンカンな理由による犯行でも厳重に罰する必要があると考えます。ただし、刑事責任能力が問える場合に限ります

(関連記事)
原宿自動車暴走事件 日下部被告に懲役18年判決
https://05448081.at.webry.info/202103/article_30.html
原宿自動車暴走事件 日下部被告の被害妄想とは?
原宿自動車暴走事件 大量殺人計画
原宿自動車暴走事件 運転者を逮捕
秋葉原17人殺傷事件を考える1 長引く裁判の狙い
秋葉原17人殺傷事件を考える2 加藤智大というイコン
秋葉原17人殺傷事件を考える3 現実との境界
秋葉原17人殺傷事件を考える4 加藤智大の甘え
秋葉原17人殺傷事件を考える5 母親の供述調書
秋葉原17人殺傷事件を考える6 加藤被告の「夜這い」
秋葉原17人殺傷事件を考える7 すべては加藤被告のパフォーマンス
秋葉原17人殺傷事件を考える8 すべては掲示板のせい?
秋葉原17人殺傷事件を考える9 突飛な行動へと走る理由
秋葉原17人殺傷事件を考える10 「加藤よ、裏切ったな」
秋葉原17人殺傷事件を考える11 責任能力認定
秋葉原17人殺傷事件を考える12 死刑求刑も無表情
秋葉原17人殺傷事件を考える13 中身のない最終陳述
秋葉原17人殺傷事件を考える14 被告に死刑判決
秋葉原17人殺傷事件を考える15 かみ合わない親子
秋葉原17人殺傷事件を考える16 「成熟格差社会」という指摘
秋葉原17人殺傷事件を考える17 事件から4年
秋葉原17人殺傷事件を考える18 控訴審で死刑判決
秋葉原17人殺傷事件を考える19 加藤智大の手記「解」
秋葉原17人殺傷事件を考える20 実弟の自殺
秋葉原17人殺傷事件を考える21 最高裁で死刑確定
川崎小学生襲撃事件を考える 包丁4本も所持
川崎小学生襲撃事件を考える 岩崎容疑者とは
川崎小学生襲撃事件を考える 「一人で死ね」論争
川崎小学生襲撃事件を考える 自称専門家の不快発言
川崎小学生襲撃事件を考える 遺書やメッセージなし

茨城一家殺害事件を考える 行動裏付けの困難

茨城一家殺害事件と岡庭容疑者が関係あるのか、ないのか、現時点では何も明確なことは言えない状態と週刊誌の記事には書かれています
迂闊に関係していると書いて、後で違っていたならそれはそれで責任問題になるからです
岡庭容疑者の自宅と茨城一家殺害現場とでは距離があり、自動車運転免許を持っていないとされる岡庭容疑者が車で移動するのは不可能と考えられます(無免許運転で車を走らせていたなら別です)
さて、昨日の続きで「週刊女性」の記事から一部を引用します

《茨城一家殺傷事件》捜査線上に浮上した、「第二の酒鬼薔薇聖斗」元少年Aの行方
(昨日の続き)
現場からは、犯行に使われた刃物は見つかっておらず、部屋が荒らされた形跡もない。この状況から茨城県警は、怨恨による犯行の可能性が高いとみて捜査を続けてきた。地元の有志も、有力な情報提供者に懸賞金100万円をかけたが、犯人は特定されていない。
事件は迷宮入りしたかにみえたが、昨年11月に逮捕されたAが突如として捜査線上に浮かび上がり、一部週刊誌がそれを報じた。
(中略:被害者である小林夫妻は他人から恨みを買うような人物ではないという近隣住民の証言)
事件は発生から間もなく1年半が経過しようとしているが、今年に入って茨城県警の捜査員が、通学路における不審人物の有無について境町の子どもたちに尋ねていたという。住民への聞き込みは久しぶりのことで、Aの逮捕を受けた動きなのだろうか。
はたして、Aは事件と関係があるのか。
再び全国紙の社会部記者が語る。
「Aは参考人ではありますが、メディアが前のめりに騒いだだけの印象を受けます。Aと小林さん一家のつながりがまったくないんです」
辺り一面は暗闇に包まれていた。
犯行時間と同じ午前0時38分の現場周辺は、街灯がほとんどなく、遠くから雑木林を眺めると、真っ黒い煙が渦巻いているように見えた。初めてここを訪れた人なら、昼間以上に、その中に一軒家があるなんて想定できない。規制線が張られた入り口から中をのぞいてみても、視線の先は真っ暗で、決して足を踏み入れようとは思わない。
つまり犯人は、雑木林の中に家があることを事前に把握していた可能性が高く、行きずりの犯行ではないだろう。
もうひとつ気がかりなのは、深夜の時間帯に現場まで足を運ぶ交通手段だ。前述のとおり、現場は畑に囲まれた田舎町で、近くに電車も通っていない。
もし犯人が県外の人間だとしたら、自分で車かバイクを用意しなければならない。現場は最寄り駅から約12キロ離れ、そこからタクシーを使って犯行に及ぶのは考えにくい。そもそも、そんな時間帯にタクシーが待機しているのだろうか。
10代から20代にかけて長らく塀の中で暮らしていたAが出所したのは数年前。硫黄所持で逮捕されたときには無職だったから、車の免許を持っていないかもしれない。
元少年Aの家を尋ねると
三郷市にあるAの家のインターフォンを鳴らすと、母親とみられる中年女性の声がした。メディアの人間だと名乗った瞬間に声色が変わり、「帰ってください」と追い払われた。置き手紙を残して後日、訪問すると口数が少ないながらも、インターフォン越しに重い口を開いた。
母親は、茨城の事件については知っていたが、息子の関与をほのめかす報道については把握しておらず、「びっくりしている」と語った。
Aの免許の有無に関しては、こうきっぱり言った。「持っていません。息子は車を運転できないです」
(以下、略)

もちろん殺人事件を起こす犯罪者が律儀に道交法を遵守して無免許運転をしない、と考えるのはどうかと思います。夜間、自転車や原付バイクで移動したという可能性も残ります
他に共犯者がいて車で移動を助けた、という可能性はないと考えます。犯罪を共にするような仲間がいたとは思えませんので
岡庭容疑者が茨城一家殺害事件との関わりを否定しているのなら、捜査は行き詰まる可能性があります
現場周辺は人家もまばらで防犯カメラの映像に偶然、容疑者が映っているとは期待できないのであり、車のドライブレコーダーも同様に期待できません
さて、捜査に進展はあるのでしょうか?
昨日も書いたように、殺人そのものが目的であるなら面識のない小林さん宅を狙うのはあり得ます。警察は当然、強盗や怨恨の線で捜査するので、接点がない人物は走査線上に浮かびません。せいぜい、近隣(半径30キロ以内)で殺人や強盗の前科がある人物がいるかどうかを調べる程度でしょう。アメリカFBIのプロファイリングによれば、この種の事件の犯人は現場から30キロ以内に居住している、とのデータがあるそうです
岡庭容疑者と小林さん宅は40キロ以上離れています

(関連記事)
茨城一家殺害事件を考える 容疑者は10年前のナイフ少年か
茨城一家殺害事件を考える 容疑者特定か?
茨城一家殺害事件を考える 一か月経っても捜査進展なく
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える1 犯行の目的
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える2 16歳の少年逮捕
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える3 ナイフ収集と動物虐待
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える4 ナイフを収集した意味
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える5 ナイフを買い与えた親
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える6 刑事事件として起訴
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える7 保護処分を求め家裁に送致
世田谷一家殺害事件から15年
世田谷一家殺人 「犯人は15歳から22歳」と警察
世田谷一家殺害事件 メディアの功罪
世田谷一家殺害事件 未解決のまま20年
蟹江町3人殺傷事件 死刑判決に不服、控訴
愛知蟹江町3人殺傷事件 死刑求刑
愛知蟹江町3人殺傷事件 中国人被告の裁判開始
2009年愛知の強盗殺人事件、中国人の関与が浮上
門真4人殺傷事件を考える1 犯行の狙いは?
門真4人殺傷事件を考える2 死刑を求刑
門真4人殺傷事件を考える3 懲役30年判決も不服で控訴
門真4人殺傷事件を考える4 控訴審も懲役30年