車内に女児放置 竹内被告に懲役6年判決

残暑の厳しい昨年9月上旬、車内に女児2人を放置したまま死亡させた竹内真理亜被告が逮捕され、常習的にこどもを車の中に置いて飲み歩いていた等、報じられました
まずは2月15日の初公判を報じた記事を貼ります。事実関係は争わず、情状を求めたと記事には書かれています


高松市で昨年9月、女児2人が乗用車内に約15時間放置されて死亡した事件で、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の無職、竹内麻理亜(まりあ)被告(27)の裁判員裁判の初公判が15日、高松地裁で始まり、竹内被告は「間違いありません」と起訴事実を認めた。
起訴状では、竹内被告は昨年9月2日午後9時15分~3日午後0時20分頃、高松市の駐車場に止めた乗用車内に、長女の真友理(まゆり)ちゃん(当時6歳)と次女の友理恵(ゆりえ)ちゃん(同3歳)を放置し、熱中症で死亡させたとしている。
検察側は冒頭陳述で、竹内被告は昨年6月頃から実家に2人を預けるようになり、夜はバーに行っていたと説明。母親から注意を受けていたが、事件の数週間前からは連日飲み歩き、朝まで2人を車内に置き去りにしていたとした。
事件があった9月2日夜から翌3日の朝方にかけ、繁華街で飲食店3軒をはしごし、飲酒したと主張。その後、3軒目で合流した知人男性宅で過ごし、昼頃に車に戻った際、2人の異変に気付いたと述べた。3日昼の気温は36・2度に達しており、「幼い姉妹を15時間も屋外の駐車場に放置し、母として無責任で悪質だ」と指摘した。
一方、弁護側は「竹内被告は若い母として2人を大切にしてきた。育児の負担とコロナ禍で精神的に苦しみ、酒で紛らわせていた。申し開きができない行為だと理解している」と訴えた。
公判は16日に被告人質問などがあり、17日に結審。19日に判決が言い渡される。
(読売新聞の記事から引用)

そして本日の判決公判で、高松地裁は検察の求刑通り懲役6年の実刑判決を言い渡しています
軽微な過失であれば初犯で執行猶予という可能性もあるわけですが、竹内被告の場合は飲み歩くためにこどもを車内に置き去りにしたのであり、情状酌量の余地はないと判断し求刑通りの判決になったのでしょう
弁護人は育児疲れや夫とこどもの教育方針を巡る確執を挙げ、精神的に疲弊して追い込まれていたと主張したものの、それがこどもを置き去りにして飲み歩く理由にはならなかったわけです
公判の内容を伝える記事を読む限り、竹内被告と夜のバーで一緒に過ごしていた男性の話は出なかったようです。公判前の争点整理の段階で竹内被告は起訴内容を認める方針を示し、事実関係については争わず、公判の場で事件当夜誰と一緒だったかなどプライベートな話が出ないよう手を打ったのでしょう。事実関係で争うとなれば、検察は事件当夜一緒に過ごしていた男性を探し出し、法廷に証人として立たせるくらいのことはしたと思います
なので裁判では竹内被告がその弾性と不倫関係にあったかどうか、触れないままでした。もちろん警察、検察はその男性を特定し、事情聴取を行ったはずです。竹内被告の夫には捜査結果のすべては伝えていないにしても、一部は伝わっていると推測されます
公判の場で竹内被告の姓はそのままでしたので、離婚には至っていないのでしょう
ただ、刑事裁判が決着すれば離婚の話が浮上するとともに、娘2人の死の責任を巡って損害賠償を突きつけられる可能性があります。竹内被告に賠償能力がないと分かっていても、数千万円の損害賠償を求めて民事訴訟を起こす展開もあり得るでしょう

(関連記事)
車に女児放置 2人殺害の竹内被告初公判は2月
車内に女児放置 最初から冷房使用せず
車内に女児放置 竹内容疑者は何をしていたのか?
車に女児放置 死亡させた母親逮捕
大阪幼児餓死事件を考える1 厳しい家庭で育ったはずなのに
大阪幼児餓死事件を考える2 下村容疑者の生い立ち
大阪幼児餓死事件を考える3 こどもを抱えて迷走の果てに
大阪幼児餓死事件を考える4 遊び歩く母親
大阪幼児餓死事件を考える5 起訴前に精神鑑定
大阪幼児餓死事件を考える6 今も父は娘を拒絶
大阪幼児餓死事件を考える7 多重人格の可能性
大阪幼児餓死事件を考える8 多重人格を否定、起訴へ
大阪幼児餓死事件を考える9 下村早苗被告の裁判始まる
大阪幼児餓死事件を考える10 下村被告の実父が証言台に
大阪幼児餓死事件を考える11 中学時代にレイプ被害
大阪幼児餓死事件を考える12 控訴審でも懲役30年
西淀川虐待死事件 内夫に懲役12年の判決
里子を虐待・死亡させた声優に懲役9年の判決
里子を殴り殺した声優の事件を考える 続報
里親の声優が3歳児を殴り殺害した容疑で逮捕
北海道で山に子どもを置き去り 無事発見も謎だらけ
北海道で山に子どもを置き去り 父親の不可解な説明
北海道で山に子ども置き去り 「しつけのため」と釈明
福岡5歳児餓死事件 ママ友による洗脳か
福岡5歳児餓死事件 児童相談所は容態を確認せず
福岡5歳児餓死事件 虚言癖の赤堀容疑者
福岡5歳児餓死事件 借金まみれの赤堀容疑者

「えんとつ町のプペル」はディズニー越えたと宣伝する芸人

映画を見てそれぞれ人が感動したり、感心したりする理由があります。なぜ心が動かされたのかを言語化して表現するのを批評と呼びます。あるいは心が動かされなかった理由を説明する行為も批評でしょう
西野亮廣原作の絵本をアニメーションにした映画「えんとつ町のプペル」は月曜日の興行収入成績によれば、20億円を突破するヒットになっています。十分、成功したといえます
ただ、作品自体の評価とは別に、彼の芸人仲間がどうにも下手な宣伝トークをしているところが気になります
作品を持ち上げ、褒めているつもりなのでしょうが、まったく批評になっていないのが残念です


『プペル』はディズニー超え? 芸能人の“他作品ディス”に批判「やり方が下品」
2月6日、お笑いコンビ『ロンドンブーツ1号2号』のYouTubeチャンネルに、メディアクリエイターの西野亮廣氏が出演。西野氏のアニメ映画『えんとつ町のプペル』についてトークしたところ、一部で疑問の声があがってしまったようだ。
動画に出演したのは、『ロンブー』の田村淳と西野氏。淳は開口一番、「プぺル見に行きましたよ。4回泣いたかな」と大絶賛する。そして「(映画は)西野そのものだよね。俺、ガシガシ刺さった。西野と思考が似てるのかな」と、西野氏と同じような境遇だからこそ、自身に映画が響いたのではないかと推測した。
さらに、西野氏が日ごろから掲げている「ディズニーを超える」という言葉を持ち出して、「当然、ディズニーと比べたら向こうの方が作品の数とか多いけど、映画っていうところだと並んだ」「俺、ディズニーの映画よりもプペルの方が泣いた回数多いからね」とディズニー超えに太鼓判を押す。
その後、淳は「俺トイストーリーで泣いたことないもん」と続けたが、さすがに言い過ぎたと思ったのか、「なんで俺わざわざディズニーを敵に回さなきゃいけないんだ」とセルフツッコミを入れていた。
しかし淳の予想通り、プペルと比較してディズニーを落としたことに対して、ネット上では
《何かを評価する時に違うモノと比較しなきゃ評価出来ないのはなぁ》
《プペル絶賛してる奴が、どいつもこいつも揃って鬼滅やディズニーをディスるのはなんなんだろうな。別に面白かったなら面白いって感想で良いけど他を下げる意味が分からん》
《そんなに良けりゃただただ褒めりゃ良いのに、必ず他を引き合いに出して貶めてから褒めるのはなんなの》
《なぜいちいち他をsageて褒めるのか》
《他を下げるのは下品だし、ディズニーファンをなめてる》
《物を褒めるときに他の物を下げるのやめなよ子どもかよ》
と苦言が相次いでいる。
他作品との比較と言えば、『オリエンタルラジオ』中田敦彦も『プペル』を褒める時に、『鬼滅の刃』や『ポケットモンスター』よりも面白かったと絶賛していた。


「4回泣いた」とか「ガシガシ刺さった」というのは批評ではありません
そもそも小学生や幼稚園児向けである劇場版アニメーションを見て、「4回泣いた」と口にしている時点でアレでしょう
どこの場面の描写、表現、台詞に心を動かされたかを言語化してこそ、批評です
もしディズニー作品と比較した上で語りたいのであれば、どの作品のどの部分と比べた上での評価なのか、明確にする必要があります
「トイ・ストーリー」の名前を挙げてはいますが、シリーズの何作目と比較しているのか分かりません
こうしたベタな持ち上げトークをしたところで、「田村淳が激賞してるんだから、観に行かなくては」と思う人が何人いるのか
おそらくは芸人仲間である西野を持ち上げることで、「オレら芸人は凄い才能の持ち主なんだぜ」とアピールしたいのかもしれませんし、ビジネスの成功を誇って吉本興行に勝った気分に浸りたいのでしょう
低年齢児童向け作品である「プベル」は自分の興味の対象外なので、観に行くつもりはありません。素晴らしい出来栄えであるなら、それはそれで日本の映像コンテンツにまた1つ、良好な作品が加わったのであり、目出度い話です
スタジオジブリや京都アニメーションでなくとも、質の高い劇場版アニメーションを作れると示したのですから
さて、前回この「えんとつ町のプペル」を取り上げた際、「毒にも薬にもならないディズニー作品」と書きました。その基本的な認識は変わらないのであり、「毒にも薬にもならない」アニメーション作品をファミリー層に売って儲けるのがディズニーのビジネスモデルだと思っています

(関連記事)
映画「えんとつ町のプペル」 高評価と批判
キングコングの西野亮廣が嫌われる理由
キングコング梶原、『M-1』王者逃したら離婚
「キングコング」梶原の母も生活保護受給
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る2
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る3
映画「火垂るの墓」 海外での反応
「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」論
劇場版「機動警察パトレイバー2 the Movie」を語る
「めぞん一刻」を見る海外の反応
アニメ「四月は君の嘘」 海外の反応
アニメーション「君に届け」を見た海外の反応
「坂道のアポロン」 海外の反応
「新世紀エヴァンゲリオン」を世界はどう観たのか?
「日本アニメはディズニーを目指せ」という無茶な提言