村上春樹「納屋を焼く」と映画「バーニング」

村上春樹作品を取り上げた研究者の論文を引用し、好き勝手なことを書いているシリーズです
今回は例の、「納屋を焼く」をイ・チャンドン監督が映画化した「バーニング」に言及します。映画「バーニング」を取り上げるのは今回で2度目になります。映画そのものについては前回、思うところを述べたとおりであり、見解は変わりません。肯定的な評価はできなかったのが率直な感想です
山根由美恵山口大学准教授の論文、「『世界文学』としての『バーニング』ー村上春樹『納屋を焼く』を超えてー」から一部、引用させてもらいます

「世界文学」としての「バーニング」ー村上春樹「納屋を焼く」を超えてー

はじめに
村上文学がグルーバル規模で多くの読者を獲得しているのは周知の事実である。ただ、「村上春樹の小説は映像化が難しいと言われる。独特の世界観、文字だから成り立つ非現実的な会話、多用される隠喩」とあるように、その映像化は必ずしも成功してきたとは言いがたい。映像化は、非現実ば設定が多い村上の世界観を再現しつつ、映画の面白さを保てるかが一つのポイントと言える。二〇一八年公開のイ・チャンドン監督「バーニング」は、カンヌ映画祭国際批評家連盟賞、ロサンゼルス映画批評家協会ー外国語映画賞等を受賞した。(中略)「バーニング」は、村上の世界観を生かしながら、現代韓国の若者の状況を色濃く描き出し、国際的に高く評価された。つまり、一九八〇年代の一短編であった原作「納屋を焼く」の世界を二〇一〇年代の韓国に当てはめ、更に大きく飛躍させたのである。本稿は、「バーニング」が村上文学映像化の毛稀有な成功例であり、かつ時代・国・メディアを超えた「世界文学」になっていることを考察するものである。

かようなまで激賞するほど「バーニング」が成功した作品だとは思えない自分としては、戸惑うばかりです
金持ちの青年を殺害した主人公が車に火を放ち、真っ裸で走り出すラストシーンなど、韓国映画らしさが溢れている気がしますが、これは村上春樹の「納屋を焼く」とは無関係の映画である、と言いたくなるほどです
さて、「村上春樹の小説の映像化が難しい」というのは映画の話法の問題であり、村上作品をいかに映像表現として活かすのか、その方法論を監督たちは見いだせていないと自分は思います
従来の映画製作の方法論で育ってきた映画人には無理なのかもしれません。もっと別な語り口を見出す必要があるのではないでしょうか?

(論文3ページ)
「バーニング」が成功した理由は二つある。一、村上文学の世界観を壊さず深化させたこと。二、その上で新しい解釈、(オリジナルの物語)を描き出したこと、である。一について、「バーニング」は「原作とは主人公の設定も結末も大きく異なっているのに、原作の内容が損なわれている感じがまったくしない。」むしろ、ベンやヘミとの会話はほぼ原作通りであることを考えると、原作では「僕」(映画におけるジョンス)が語れなかった部分があぶり出されているような気がしてくる」と絶賛されている。

映画「バーニング」が「成功した」という前提が自分にがひっかかります。論文の中で引用されている絶賛の映画評は毎日新聞のもので、評者は匿名です。どこを見たらそうジョンスの語れなかった部分があぶり出されているのか、教えてもらいたいものです
「バーニング」が表現するところの、「韓国の現代社会に見られる持つものと、持たざるものの絶望的な格差」は「納屋を焼く」の主題ではありませんし、なぜ映画でそんな話にすり替えてしまったのか理解できません

(論文3ページ)
対して、イ・チャンドンは「原作では男性が納屋を本当に燃やしたかどうかはわかりませんよね。結末が明確ではないミニマムな話だからこそ、映画にすることができたのです。その余地があったからこそ、ミステリーを拡大させることができたと思います。難しかったのは、解決しなかったままのミステリーを物語にして拡大し、そのテンションを維持し、さらに強化しなければならなかったことです」と語っている。原作では曖昧だった結末を、ミステリーを拡大させる「余地」と捉え、その世界を拡大させ、自らの物語を描くことに精力を注いだのである。このイ・チャンドンの試みは「とてつもない映画ができてしまった」、「原作のエッセンスを残しつつ大胆に脚色し、驚くべき換骨奪胎をやってのけた」、「まったく新しい傑作が誕生した」と非常に好意的に受け取められた。

「換骨奪胎して駄作になった」の間違いではないか、と思うのですが
なぜミステリー仕立てにする必要があるのか、自分には監督の狙いは理解不能です
金持ち男が本当に納屋を焼いたのか、焼いたと口走っているだけなのか、原作ではどうでもよいのであり、そう言って何事かをアピールしている振りをする人物がいる、と読み取ればそれで十分という気がします
「納屋を焼く」にインスパイアされて作った映画、というならこれもありでしょうが、だからといって称賛するほどの傑作だとはいえません
後は、観ていただいて思うところ、感じるところをそれぞれの方に語ってもらうしかないでしょう
自分としてはハリウッド式の、原作を台無しにするほど改変しておきながら「ほら、こうした方が面白くなっただろう」とドヤ顔をされるのと大差ないのであり、不快感と不満だけが残ります

パントマイムに隠された真意とは…!?『バーニング 劇場版』本編映像


(関連記事)
村上春樹「蛍・納屋を焼く」を韓国で映画化 その感想
「風の歌を聴け」 鼠は主人公の影
「ノルウェイの森」 直子と緑
「ノルウェイの森」 直子の自死について
「海辺のカフカ」を巡る冒険 性と暴力の神話として
中国は「ノルウェイの森」をどう読んだのか2
中国は「ノルウェイの森」をどう読んだのか
「村上春樹ブーム」は虚構であり幻想と書く評論家
「ノルウェイの森」をセカイ系だと批評する東浩紀
東出昌大 村上春樹作品映画を降板
映画「ドリーミング村上春樹」
映画「ノルウェイの森」 ヴェネチア映画祭でプレミア上映
映画「ノルウェイの森」 予告編
村上春樹論
村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」
村上春樹「アイロンのある風景」と「焚き火」
村上春樹「アイロンのある風景」を眺めて
「風の歌を聴け」 デレク・ハートフィールド讃
村上春樹が世界の読者に刺さる理由
村上春樹「一九七三年のピンボール」 不在という存在
https://05448081.at.webry.info/202104/article_36.html
「華麗なるギャツビー」のアニメ化

これ以外の村上春樹に言及した記事は、本文右のテーマ別記事の「村上春樹」をクリックしてください

スーパーコンピューター開発 日韓比較

殺人事件とか強制わいせつ事件ばかり扱っていると気分も沈んでしまいます。話題を変えましょう
スーパーコンピューター開発について韓国のメディアが記事を書いています
ご承知のように日本の「富岳」が昨年6月と11月のスーパーコンピューターの性能ランキングで1位となったのですが、韓国は対抗意識を燃やすものの実際の取組みは芳しくない、という話題です
以前も書いたように、韓国は自前でスーパーコンピューターを開発すると宣言しているのですが(2018年当時)、どこまで進んだのでしょうか?
2018年には政府高官が、「国内の超高性能コンピューティング能力を強化するため、超高性能コンピューティング・リソースの確保、社会全般への活用、独自の技術開発力の確保など、総合的な観点から第2次基本計画を立てた」とし、「このような計画に基づいて第4次産業革命を主導できるよう努力する」と述べています。AIや量子暗号、デープラーニングといったスーパーコンピューターを活用した技術が新たな産業を興すという認識はそれとして、実現するために具体策として何をしているのか見えてきません


2021年2月17日、韓国メディア・韓国経済が、韓国の科学技術分野の現状について記事を掲載した。
記事によると、2020年7月、スーパーコンピューターの世界ランキングにおいて、日本の理化学研究所と富士通が共同で開発した「富岳」が、これまで不動の1位だった米IBM社の「Summit(サミット)」を抜いて首位に立った。また同年11月のランキングでは、毎秒44京2000兆回という、「Summit」(14京8600兆回)の3倍にあたる計算速度を実現し、米国との差を大きく広げた。1位の座を奪われた米国は、毎秒100京回の計算が可能なエクサスケールのスーパーコンピューター「Frontier(フロンティア)」を発表すると公言し、欧州連合(EU)も富岳を超えるエクサスケールのスーパーコンピューターを2022〜2023年に発表すると宣言しているという。
一方、韓国について記事は「これらの首位争いに参加できずにいる」としている。韓国科学技術情報研究院(KISTI)が保有する国内最高のスーパーコンピューター「ヌリオン」(毎秒13京9000回)は、2020年11月の時点で21位にとどまった。同年6月の17位から、5カ月で4ランク後退したという。KISTIのホン・テヨンスーパーコンピューティングインフラセンター長は、「ヌリオンの用途の40%は、分子動力学など化学・生物工学の分野」とし、「ノーベル化学賞を何度も受賞している日本の底力は、首位を獲得したスーパーコンピューターの性能とも無関係ではない」と分析しているという。
韓国の競争力が低下している原因について、記事は「近年、韓国政府による基礎科学分野への投資が後退している」と指摘。「2019年の政府の研究開発(R&D)の統計によると、数学・物理学・化学など5大基礎科学への投資額は2兆3774億ウォン(約2271億円)であり、2015年の2兆4738億ウォン(約2363億円)よりも4%減少している」とし、「同じ期間に総投資額が17兆5199億ウォン(約1兆6737億円)から19兆2597億ウォン(約1兆8399億円)へと10%増加しているのとは対照的だ」と説明している。
また「投資の対象となる研究課題の数が増加する中、限られた予算を平等に分け合う現在の構造も問題視されている」としている。韓国工学翰林院のクォン・オギョン会長は、「使われもしない技術の開発を援助する政府のR&D体制には問題がある」とし、「“コア特許”の創出などを評価し、予算に差を付けて配分する成果中心主義に切り替える必要がある」と指摘しているという。
(レコードチャイナの記事から引用)


巨額の開発投資をしているつもりなのかもしれませんが、数学や物理、化学分野の研究開発費が2兆3千ウォンというのはあまりに少ない額です。日本では東京大学、筑波大学、東京工業大学、名古屋大学、九州大学など主要な大学に性能の差はあれどスーパーコンピューターが設置され、教育や研究に使われています。しかし、韓国ではそのような実態はありません。記事にある理工系の最高教育機関、韓国科学技術情報研究院に1台設置されているだけです
もちろん、文在寅政権にすれば研究開発費より北朝鮮への支援が最優先であり、北朝鮮の顔色こそが重要なのでしょう
上記の「ヌリオン」にしても韓国が開発した機種ではなく、米クレイ社から購入しただけであり、そこに韓国の技術はありません
昨年8月には韓国の国家核融合研究所に高温プラズマ反応を計算するためのスーパーコンピューターが新規に導入されたと報じられていますが、計算速度は1ペタフロップスであり、「ヌリオン」の13ペタフロップスよるはるかに劣ります
これではいつまで経っても周回遅れのままであり、2周抜かれるのも時間の問題かもしれません

(関連記事)
日本のスーパーコンピューター「富岳」に嫉妬する韓国
韓国がスーパーコンピューター開発に乗り出す「いまさら感」
韓国独自のスーパーコンピューター、世界278位にランク
「日本のスパコンは実用的」報道を批判する中国の反応
韓国メディア「日本のスパコンが世界ランク1位に…」と報道するも
中国はスーパーコンピュターを持て余す
スーパーコンピューター開発を無駄だと決め付ける河野太郎議員
「日本に負けていない」 中国独自のスパコンを賛美する中国メディア
スーパーコンピューター「京」 自らの世界記録更新
日本のスーパーコンピューター「京」 計算速度世界1位に
「中国スパコン『天河1号』が計算速度世界一」と報道されるが
「地球シミュレーター」 科学計算分野で世界1の座奪回
スーパーコンピューター開発を巡る政府の朝令暮改
「円周率を10兆桁まで計算したサラリーマン」のニュース