岐阜ホームレス殺人 公判で犯行は認めたものの

岐阜市の長良川河川敷でホームレスの男性を襲い、死亡させた容疑で逮捕された2人の被告に対する裁判が始まりました
初公判で2人とも起訴事実を認めています
それでも弁護人は、「投石はからかうことが目的で、石を当てるつもりはなく、犯行に計画性はなかった」と述べ、悪意による残忍な犯行ではないとの主張しています


岐阜市で2020年、路上生活をしていた男性に暴行を加え死亡させたとして、傷害致死の罪に問われた、当時19歳だった男2人の裁判員裁判が11日、岐阜地裁で始まり、2人は起訴内容を認めました。
この裁判は2020年3月、岐阜市内の橋の下で生活していた渡辺哲哉さん(当時81歳)を、およそ1キロ追いかけながら石を数回投げ付け、さらに土の塊を顔に当てて転倒させ、死亡させたとして、ともに当時19歳だった元少年の2人が傷害致死の罪に問われたものです。
11日の初公判で、2人はともに「間違いないです」と述べ、起訴内容を認めました。
検察側は冒頭陳述で、石を投げ付けて暴行することは元少年らが事前に話し合っていたとし、投げた石が複数回、渡辺さんに命中したと主張。
一方、弁護側は「投石はからかうことが目的で、石を当てるつもりはなく、犯行に計画性はなかった」と訴えました。
裁判では暴行の意思や、共謀が成立した時期などが争点になるとみられます。
この事件で警察は、この2人を含む5人を逮捕し、残り3人のうち19歳の少年が少年院に送られる保護処分となり、2人は不起訴処分となりました。
裁判では今後、共に襲撃された女性らが証言し、判決は3月25日に言い渡されます。
(ぎふチャンDIGITALの記事から引用)


81歳の高齢者を1キロ近く5人で追いかけ、「ぶっ殺してやる」と叫んでいたものと思われます。それで悪意のない犯行だったとか、殺意はなかったとか、よくも主張できるものだと呆れます。「石を当てるつもりはなかった」との主張も大嘘であり、最後は石(犯人たちは石ではなく土の塊だと主張)で被害者の頭を殴り絶命させているのですから、傷害致死で起訴するのも不可解です。5人で共謀し、殺害目的で襲撃したのでは?
残念ながら検察が傷害致死事件という扱いにしてしまった以上、いまさら部外者がどうのこうの言おうと無駄なのですが
ともかく被告と弁護人は事件を矮小化させ、ささいな悪戯心から起こした事件であり、悪意のない犯行で、結果的に被害者を死なせてしまったにすぎない、という扱いにしたいのでしょう。そこには人の命を奪った後悔も反省もありません
ましてや犯人の少年たちは野球部員であり、通常の大人たちより肩が強く、石が当たれば大怪我をさせる可能性が高かったのです
拳程度の石が頭部を直撃すれば殺してしまう、と彼らは考えもしなかったのでしょう。ただ被告たちが刑罰を軽くしたいがため、「殺意はなかった」と口にしているだけです
傷害致死罪で実刑が科されるのは確実ですが、どうにも釈然としません

(関連記事)
岐阜ホームレス殺人 懲役5年と4年の判決
https://05448081.at.webry.info/202103/article_44.html
岐阜ホームレス殺人 懲役8年と6年を求刑
https://05448081.at.webry.info/202103/article_38.html
岐阜ホームレス殺人 「被害者に迷惑をかけた」
岐阜ホームレス殺人 初公判を前に
岐阜ホームレス殺人 犯人2人は起訴される
岐阜ホームレス殺人 1人は起訴で2人は家裁送致
岐阜ホームレス殺人 少年5人逮捕
木曽川長良川連続リンチ殺人を考える 暴走する少年
木曽川長良川連続リンチ殺人の少年被告3人に死刑判決
木曽川長良川リンチ殺人を考える3 再審請求
神戸大学生がホームレス襲撃してVサイン
USJで迷惑行為の大学生 書類送致される
USJで迷惑行為の神戸大生 停学処分を食らう
「レイプは女が悪い」発言で立教大生炎上
強姦擁護発言で炎上の立教大生 その2
「レイプは女が悪い」発言で炎上した立教大生3 内定取消
添田大地(元立教大 学生レポーター)強盗容疑で逮捕
「派遣村」元村長の湯浅 内閣参与辞任へ
格差社会に反対するデモ 参加者500人
「反貧困ブーム」の終焉
「ウォール街デモ日本上陸!」もその後は行方不明
渋谷ホームレス撲殺事件 いなくなればいい
渋谷ホームレス撲殺事件 吉田容疑者の生い立ち
公園遊具に接着剤まいた高校生5人逮捕