ヒステリックブルーのナオキ 初公判でわいせつ否認

深夜帰宅する女性が見知らぬ男からいきなり体を触られたら、どれほどの恐怖を味わうか?
元ヒステリックブルーのギタリスト二階堂直樹被告がやった犯行がまさにそれです
被害者女性にしてみれば咄嗟に犯されるかもしれないと感じ、必死に抵抗して逃げ出すでしょう
つまり犯人の思惑がどうであれ、被害者にしてみれば強姦未遂と同じなのです

女性の胸を触ろうとしたとして強制わいせつ未遂の罪に問われた、ロックグループ「ヒステリックブルー」(解散)の元ギタリスト二階堂直樹被告(41)=甲府市=の初公判が30日、さいたま地裁(任介辰哉裁判官)であった。二階堂被告は女性に近づいたことなどは認めたうえで、わいせつ目的は否定した。
起訴状などによると、二階堂被告は昨年7月6日午前2時10分ごろ、埼玉県朝霞市内の路上を歩いていた20代の女性に背後から近づき、左手で口をふさぎ服の上から胸を触ろうとしたとされる。抵抗され、未遂に終わったという。
検察側の冒頭陳述などによると、二階堂被告は前夜に内縁の妻と言い合いになり外出。検察側は、被告が飲食店で1人で酒を飲んだ後、被害者の女性を見つけてわいせつ行為をしようと考え、足音に気付かれないようにサンダルを脱いで路上にバッグを置き近づいたと主張した。
二階堂被告は黒のスーツに赤と白のストライプのネクタイを締め、落ち着いた様子で法廷に立った。裁判官に「公訴事実を認めますか」と問われると、「日時や場所、行為は間違いありません」と答えた。これに対して裁判官が「では、最初の『徒歩で通行中の女性にわいせつ行為をはたらこうと思って近づき』という部分を否認するということですか」と再度問うと、二階堂被告は「はい」とうなずいた。
護側は「強制わいせつ未遂にはあたらず、県迷惑防止条例違反か暴行罪が相当」とし、理由は最終弁論で述べるとした。
(朝日新聞の記事から引用)

起訴された罪名は強制わいせつ未遂です。これに対し、二階堂被告は「強制わいせつの意図はなかった」と否認し争う姿勢を示しています
起訴前、月刊誌「創」の篠田編集長に伝えた言い分は、「自宅近くのラーメン店で一人で食事をし、酒を飲んでいた。そして酔った勢いで通りかかった女性の後をつけた。最初の女性には少し後をつけただけで何もしなかったが、2人目の女性に対しては背後から近づいて、叫ばれるのを防ぐために両手で口を押えた。そのうえで女性の胸などを触るという痴漢行為をしようとしたとたん、女性が動転して転倒してしまった。そして肘に擦り傷を作った。自分は女性の悲鳴に驚いて逃げたので、女性が転倒したことに気がつかなかった」という内容でした
「体を触る目的で尾行した」と述べているのですから、強制わいせつを企図した犯行と解釈できるのですが、いまさら何を否認して争うつもりなのでしょうか?
弁護人は県迷惑防止条例違反か暴行罪に相当すると主張していますので、罰金刑程度の微罪で済ませる狙いがあると思われます
そうしないと前回も実刑で服役しているため、今回も実刑を食らう可能性があると考えたのでしょう。それを避けるため、強制わいせつの狙いがあった事実を否定し、微罪に持ち込む法廷戦術に出たのかもしれません
しかし、先に書いたとおり二階堂被告がどのような意図で犯行に及んだにせよ、被害者からすれば強姦されそうになったと思うのであり、「県条例違反で罰金20万円」程度で済ませるのは大間違いです
服役していた山形刑務所で性犯罪者の更生プラグラムを受講し、己の認知の歪みに気がついたと語っていた二階堂被告ですが、まだ認識が歪んだままではないのか、と言いたくなります

(関連記事)
ヒステリックブルーのナオキ 性犯罪を繰り返す理由
https://05448081.at.webry.info/202108/article_32.html
ヒステリックブルーのナオキ 法廷で検察官と激しい応酬
ヒステリックブルーのナオキ 性犯罪ではないと釈明
https://05448081.at.webry.info/202105/article_39.html
ヒステリックブルーのナオキ 示談成立も被害者は刑罰求める
ヒステリックブルーのナオキ 強制わいせつ未遂で起訴
ステリックブルーのナオキ 再犯に至る事情
ヒステリックブルーのナオキ 強制わいせつでまた逮捕
性犯罪支援団体代表 強姦容疑で逮捕
https://05448081.at.webry.info/202107/article_31.html
性犯罪支援団体代表強姦で逮捕 妻と涙の面会
https://05448081.at.webry.info/202107/article_38.html
性犯罪支援団体代表強姦 被害者は200人?
https://05448081.at.webry.info/202109/article_14.html
岡山女児殺害事件を考える 性犯罪防止プログラムは役に立たないか
岡山女児殺害事件を考える 勝田容疑者の異常性癖
岡山女児殺害事件を考える 14年目で犯人特定
福岡女児遺棄事件を考える6 性犯罪更生プログラムは有効か?
福岡女児遺棄事件を考える7 内間被告会見記
性犯罪者に対する薬物療法の実際
今市女児殺害事件 「物色中に偶然見つけた」
今市女児殺害事件 犯行を自供した男
女児誘拐殺人犯小林薫 死刑執行
福岡強姦殺人 性犯罪を繰り返した古賀被告
8人を強姦殺害 大久保清事件から50年(3)
8人を強姦殺害 大久保清事件から50年(2)
8人を強姦殺害 大久保清事件から50年(1)