南カリフォルニア大学校医 性暴行で1100億円の賠償

アメリカの女子体操ナショナルチーム付きのドクターが、長年に渡って女子選手へのわいせつ行為や性的暴行を繰り返してきたとして逮捕、起訴される事件があったのは記憶に新しいところです。今度は南カリフォルニア大学の校医による性的暴行が明らかとなり、大学が校医の犯行を知りながら放置していたとして、被害者およそ700人に対し1100億円の慰謝料を支払うことで合意した、と報じられています。これは上限額というわけではなく、今後、被害を申し出る元学生がいればさらに支払額は増えるのでしょう
逮捕、起訴された元校医ジョージ・ティンダルは30年にも渡って学生たち相手に性犯罪を繰り返してきたのだとか

米カリフォルニア州の名門南カリフォルニア大学で、婦人科の元校医が何百人もの女性に性暴力を振るっていたとされる問題で、同大が計10億ドル(約1100億円)以上の慰謝料を支払うことに同意した。原告の弁護団が25日、明らかにした。
弁護士のグロリア・オールレッド氏は、「大学を相手取った、性的暴行および嫌がらせの一つの民事訴訟で支払われる額としては過去最高」だとしている。
刑事事件でも起訴されているジョージ・ティンダル(George Tyndall)被告(74)は、30年にわたって診察中に暴行を繰り返していたとして、女性数百人から訴えられていた。
被害は1990年までさかのぼり、体への不適切な接触からレイプまで多岐にわたる。最年少の被害者は17歳だった。患者の性器の写真を撮る、胸をまさぐる、体形についてわいせつな発言をするといった行為に加え、人種や同性愛差別に当たる発言もあったとされる。
同大に多いアジア系の多数の学生が被害に遭っており、マイノリティーに属する学生を標的にしていたとの指摘もある。
大学はティンダル被告の行為を把握しながら学生との接触を許してきたとして、これまでに大勢の元患者が、適切な対応を講じてこなかった同大を提訴していた。
ロサンゼルス警察も独自の捜査に着手。ティンダル被告は2019年に逮捕され、若い女性16人に対するレイプと性的暴行の罪で起訴された。
地元検察によると、裁判はまだ始まっていないが、有罪と認められれば53年以下の禁錮刑が言い渡される可能性がある。被告は全ての罪状を否認している。
(AFPの記事から引用)

起訴されたのは被害者16人に対する性的暴行ですが、被害を訴え出た元学生は700人以上なのだとか。追起訴するかどうかは検察の判断ですが、そうなれば100年以上の禁固刑が科せられるのかもしれません
そして服役したティンダル元医師は、刑務所の中で袋叩きに遭うのでしょう
既に医師免許を返納した、と別の報道には書かれていますが、容疑は頑として否認し続けています
訴訟社会のアメリカですから、過去にティンダル元医師による性犯罪を告発する動きはあったと思われます。にもかかわらず、大学側はなぜ放置してしまったのか?
もう少し事件を掘り下げた報道を見つけたら、詳細について触れたいと思います

(関連記事)
南カリフォルニア大 性犯罪を繰り返した校医
米女子体操チーム監督自殺 性的虐待で起訴後に
米体操界元医師による性的虐待 禁固175年
米体操界元医師による性的虐待 再審を請求
女児86人をレイプした小児科医 アメリカ
男性190人をレイプ シナガ受刑者とは何者?
男性190人をレイプで終身刑 英国
英刑務所 小児性愛者が受刑者に刺殺される
ジョンベネ殺害事件 殺害告白はフェイクニュースか?
ジョンベネ殺害事件 家族犯行説への執着
マデリンちゃん失踪事件の犯人逮捕か