震災映画のモデル男性 強姦容疑で略式起訴

今年は東日本大震災から10年、熊本地震から5年という節目にあたります
東日本大震災で被災した岩手県釜石市の遺体安置所を舞台に、葬儀会社の社員がボランティアとして活躍する様を描いた映画「遺体~明日への十日間」のモデルとなった男性が、強姦容疑で逮捕された件を昨年7月、当ブログで取り上げました
その顛末については言及しないままになっていましたので、あらためて取り上げます
千葉容疑者は逮捕後、県条例違反で略式起訴され、罰金30万円の略式命令が出されたと報じられています

盛岡区検は3日、10代女性に対する強制性交容疑で岩手県警に逮捕された同県釜石市の会社員千葉淳容疑者(79)を、県青少年環境浄化条例違反(わいせつ行為)の罪に切り替えて略式起訴した。盛岡簡裁は罰金30万円の略式命令を出した。
県警によると、東日本大震災直後の遺体安置所の様子を描いた西田敏行さん主演の映画「遺体 明日への十日間」の主人公のモデル。「やっていない」と逮捕容疑を否認していた。
起訴状によると、昨年12月5日に県内に住む少女が18歳未満と知りながら、釜石市内に止めた車の中でわいせつな行為をしたとしている。
(日刊スポーツの記事から引用)

略式起訴されたということは事実関係で争いがないと解釈されるのであり、つまり容疑を認めたのでしょう。容疑を認めない場合は正式に起訴され、公判で有罪か無罪かを争うことになります。逮捕時は容疑を否認していたのですが、改心したのか、周囲から説得されたのか、有罪を認めたわけです。同時に被害者との間で示談も成立しているものと推測されます
記事には罰金30万円を納付したかどうか、書かれていませんが、おそらく納付したのでしょう
さて、千葉容疑者をモデルとして、西田敏行主演で映画化された作品は以下のよな内容です
2011年の東日本大震災で被災した岩手県釜石市の遺体安置所を題材としたルポルタージュ「遺体 -震災、津波の果てに-」を基に、メディアが伝え切れない被災地の真実を描き出したヒューマン・ドラマ。葬儀関係の仕事をしていた主人公を中心に、遺体を家族のもとに帰そうと奮闘する遺体安置所の人々の姿を映し出す。メガホンを取るのは、『踊る大捜査線』シリーズの脚本や『誰も守ってくれない』などで知られる君塚良一。西田敏行が主演を務め、佐藤浩市や佐野史郎など日本を代表する名優たちが共演。東日本大震災の壮絶な様子と共に、遺体安置所の人々を通して日本人の死生観をも映し出す。

映画『遺体 ~明日への十日間~』予告編


(関連記事)
震災映画のモデル男性 強姦容疑で逮捕
やらせで批判の映画「ガレキとラジオ」復活上映の怪
やらせで批判されたドキュメンタリー映画「ガレキとラジオ」
78歳がラブレターを返され強迫 暴走老人事件
岩泉町長わいせつ疑惑 珍妙な釈明だらけ
ストーカーになる老人
強制わいせつで逮捕の66歳は女子中学生2人殺害の凶悪犯
舞鶴女子高生殺害の中勝美 別件で懲役16年判決
舞鶴女子高生殺害犯が中年女性を刺し逮捕される
舞鶴女子高生殺害事件を考える1 死刑の求刑
舞鶴女子高生殺害事件を考える2 被害者との接点
舞鶴女子高生殺害事件を考える3 無期懲役判決
舞鶴女子高生殺害事件を考える4 高裁で無罪判決
舞鶴女子高生殺人 中勝美被告は本当に無罪だったのか?