「万葉集の起源は新羅の郷歌」と主張する韓国

これまでに幾度も、日本の和歌は韓国の詩歌が起源であるとか、万葉集は古代朝鮮語で書かれたものといった俗説が流布されてきました
万葉集は古代朝鮮語で書かれた説など、学会で否定されているわけですが、韓国は諦めもせず同様の主張を繰り返しています
日本の伝統文化は何が何でも朝鮮が起源、と言わずにはいられないのでしょう。茶道も歌舞伎も、剣道も柔道もすべて韓国が起源で日本へ伝播した、というのが彼らの基本的な考えであり、そうしなければ自分たちのプライドが保てないのです
さて、再び万葉集の起源を韓国メディアが主張していますので、紹介します
いつものようにインターネットの掲示板「5ちゃんねる」に貼られた蚯蚓記者の翻訳から引用させてもらいます

全4516編から成る日本最古の詩歌文学「万葉集」が新羅のヒャンガ(郷歌)にそのルーツを置いていることを初めて明らかにした研究書が出版されて学界の関心を集めている。
ブクレプ(BookLab)社は郷歌研究家キム・ヨンフェ先生が独創的な郷歌創作法を通じて郷歌と万葉集の間の秘密を解いた本「日本の万葉集は郷歌であった」を出版した。
この本は1970年代から郷歌研究を続けてきたキム・ヨンフェ先生がこれまでの研究結果を基に発見した新羅郷歌解釈法を適用して日本万葉集の難読句解読はもちろん、今まで知られたものと全く異なる解釈を含んでいる。
日本の万葉集は日本人が世界に誇る古代詩歌文学として合計4516首という膨大な量の詩歌で構成されている。この詩歌は韓半島から日本に渡っていった人々が天皇と天皇家を中心に活動して作った作品で、解読した結果は日本天皇家の極秘事項と韓日古代史が綴られていた。
新羅郷歌解釈法が誕生する前の万葉集解釈はどうだったのだろうか。多くの専門家たちが万葉集解釈に各種結果を出しているが、誰も解きほぐせない難読句があって完全な解釈を邪魔していた。
著者キム・ヨンフェ氏は「万葉集は新羅の郷歌解釈法を通じて全部解釈が可能な郷歌」と主張、「この解釈法を韓国と日本、二つのうちどちらの国が先に受け入れて今後、韓日古代史解釈の主導権を握るのか、成り行きが注目される」と力説した。
同時に「日本に解釈の主導権を奪われた広開土大王陵碑の悲劇を繰り返してはならない」と付け加えた。
この本は著者の最初の本「千年郷歌の秘密」に続く二番目の本だが、新羅郷歌解釈法を導入して解きほぐした点で最初の本がなかったとすれば、世の中の明かりを見られない本だった。
「日本人も知らない万葉集の秘密、万葉集巻第1初解読」という副題で1章「万葉集の設計図、新羅郷歌創作法」では創作法に関する14個のコラム、2章「歌で書かれた歴史」では万葉集巻第1に載った1番歌から84番歌の解釈を、3章「日本書紀の中の郷歌」では日本の歴史の中に登場する郷歌9編の解釈を含む。
著者キム・ヨンフェ氏はソウル大学を卒業して1970年代以降、郷歌研究を続け、郷歌研究室文学房を中心に多数の文献を翻訳した。東北アジア古代文字解読家および郷歌万葉コラムニストとして活動中だ。著書には「千年郷歌の秘密」がある。

まず、新羅語ですが現代の朝鮮語とは隔たりが大きく、別系統の言語であるとの解釈が一般的です(つまり新羅人は現在の朝鮮人とは別のルーツを持つ民族であったと考えられるわけです)
新羅語は上記の記事にあるとおり「郷歌」として残されているのですが、サンプルとなる「郷歌」の数が少ないため言語体系全体を解明するのが難しい、というのが実態です。古代朝鮮半島に存在した国家、百済も新羅も高句麗も中国文化の影響を受け、さまざまな文書が存在したはずなのですが、現代にまで伝わっているものが少ない(焼失、破棄されてしまった)のです
なので、上記の記事にあるところの新羅の「郷歌」の研究が果たしてどこまで進んでいるのか、疑問です。勝手な解釈により「解読できた」と称している可能性もあります
ともあれ、万葉集のような歌集が日本に残されていることが妬ましくて仕方がない、というのが本音でしょう
さて、先に述べたように万葉集は韓国語(朝鮮語)で書かれたものとする説は、幾度も蒸し返され、そのたびに否定されてきました
1987年には朴炳植による「万葉集の発見―『万葉集』は韓国語で歌われた」が出版されています
Amazonの書評によれば、「『韓国語で歌われた』と書かれているが、現代の韓国語と万葉集の時代に朝鮮で使われていた言葉に繋がりはなく、現代の言葉で万葉集を読み解いた所で全くの無意味。著者は日本書紀で不明とされていた郷歌(わざうた)を解明したと主張したが、日本の専門家からは徹底的に批判された過去を持つ。『日本に朝鮮が文化を伝えてやった』と言う思い込みがあるようで、はっきり言ってどうしようもない著者である。ほかにもこの本と同様の内容の著書が多数あるが、いずれもクズである。安本美典が『朝鮮語で万葉集は解読できない』と言う本も出版されているので、こちらも読んでみるといいと思う。いかにこの本がクズであるかと言うことがわかる」と書かれています
他にも金公七による「万葉集と古代韓国語―枕詞に隠された秘密」(ちくま新書)なども出ていますので、関心のある方は目を通してください

(関連記事)
日本に漢字を伝えた王仁博士とは
https://05448081.at.webry.info/202107/article_56.html
韓国メディア 「天皇は百済語を話す」
https://05448081.at.webry.info/202107/article_36.html
韓国のおバカ歴史観 朝鮮出兵は陶工が狙い?
「茶道の起源は韓国」とする見栄っ張りな記事
「日本の歌舞伎の起源は韓国」と報じる朝鮮日報
「東洲斎写楽は韓国人ニダ」説の映画化
「韓国起源説」は日本の陰謀だと主張する韓国
日本刀をねたむ中国、韓国
https://05448081.at.webry.info/202105/article_35.html
「日本剣道の起源は韓国」と言い張る人たち
インチキ韓流ブーム 韓国の呆れた剣術
「テコンドーの歴史は二千年」とウソをつく韓国
日本サッカーのシンボル「八咫烏」は高句麗起源との主張
単なる噂を教科書に載せる韓国 歴史捏造
日韓唐辛子論争 唐辛子の起源は韓国
韓国メディア 今年も桜の起源を主張する記事
今年も韓国メディアの大ウソ 「桜の起源は韓国」
「江戸時代の日本はアジアで孤立」と主張する韓国教授
「日本は古代、韓国の直轄領土」と主張する韓国の歴史学者
韓国歴史者「日本の神々は朝鮮半島の祭神だ」と妄想
「日本の文化はすべて韓国の模倣」だと主張する研究者
韓国人教授「日本神道の起源は新羅王子」と珍説表明
「日本は朝鮮人が作った国」と報じる韓国メディア
広開土王碑文で嘘の解釈 韓国メディア
「日本は新軍国主義ニダ」と主張する韓国の研究者