旭川いじめ凍死事件1 週刊誌が事態解明を促す

いまや日本社会を動かすほど威力を発揮する文春砲です。しかし、週刊誌が事件として、醜聞として取り上げてから警察や行政が動きだすという事態は決して健全な社会ではありません
今回取り上げる旭川市の女子中学生がいじめを苦に自殺に追い込まれた事件も、保護者は複数回担任に相談したのですが、学校側は何の対処もせずに放置していた実態があります。もっと早く対応すれば悲惨な結果を防げた可能性もあるわけで、こうした対応の鈍さ、生徒の命を尊重しようとする心配りの欠如は何とも悔しい限りです
北海道民とて皆が無関心ではないのであり、もっと早くこの事態を知ってなら手を差し伸べようとする人が大勢いたに違いありません
今回は事件の経緯を中心に取り上げますので、週刊文春ではなくAERAの記事から引用します
この事件については複数回にわけて取り上げるつもりです

旭川女子中学生凍死事件はなぜ起きたのか 「心のホームレス状態」を見逃さないで
北海道旭川市の公園で中学2年の女子生徒(当時14歳)が凍死しているのが見つかり、市と市教委は、いじめの有無などを調査することを決めたと報じられました。なぜこんな事件が起きてしまったのか、周囲にはどんな対応が求められるべきだったのか。まだ明らかになっていない事実もありますが、現段階での報道をベースに、不登校新聞編集長の石井志昂さんが私見をまとめました。
■3か月でエスカレートしたいじめ
報道によれば、女子生徒へのいじめが始まったのは2019年4月。中学校に入学後すぐでした。女子生徒は、男子生徒から脅迫されて自身の裸の画像を撮らされる。画像を同級生らのLINEグループに拡散される。同級生から詰め寄られて川に飛び込むなど、壮絶ないじめを受けていました。
そのほか事件については文春オンライン「旭川14歳少女イジメ凍死事件」にくわしく書かれています。文春オンラインの報道によれば、2019年6月、川に飛び込んだ事件を機に警察が介入。しかし、バックアップデータなどを使用され、写真の拡散が続くなど、その後も、女子生徒はいじめに苦しみました。そしてこれらのいじめにより、PTSDを患っていた女子生徒は2021年2月13日に家族の外出中に自宅から失踪。1カ月後の3月23日に遺体で見つかりました。事件性はないとみられています。
■なぜ凍死だったのか
なぜ女子生徒が凍死に至ったのか。私見を言えば、これは形を変えた自殺だと思っています。壮絶ないじめに傷つけられ、心のよりどころがなくなって家出をしたのだろう、と。心のよりどころがなくなることを「心のホームレス状態」とも言い、家出や自殺未遂などがくりかえされる危険な状態に追い詰められます。
女子生徒と同じ北海道出身の作家・雨宮処凛さんも、心のホームレスでした。雨宮さんは小学校からいじめが続き、中学校の部活では、しごきの名を借りたいじめを受けたそうです。いじめに苦しんできた当時の気持ちを、雨宮さんはこう語っていました。
「いじめを機に『どこへ行っても私は否定される』『いつ人に裏切られるかわからない』という不安や人間不信が植え付けられたと思いますね。だから、生きづらくなって、リストカットや家出をくり返して、親との関係も悪化して、さらに人間不信になってしまった」(2007年『不登校新聞』)
雨宮さんは、冬の北海道で何度も家出をしていますが「死んでもいいと思っていた」と語っています。
■くりかえした謝罪の意味
家庭内でも異変は明らかだったようです。文春オンラインによれば、4月にはいじめについて母親に相談。母親は学校へ相談していますが、この時を含めて保護者は計4回、学校へ相談しています。また、5月には母親に「死にたい」と漏らし、同級生からの呼び出しには、ひどく怯えるようすもありました。そして6月には「ごめなさい」「殺してください」という独り言が自室から聞こえるようになり、「外が怖い」と外出もできなくなっていったそうです。
女子生徒は、わずか3か月で決定的に追い詰められました。
(以下、略)

こうした状況で学校に相談したわけですが、女子生徒の通っていた中学校の校長は取材に対し、以下のように答えています。いじめはなかった、との認識です
「(ウッペツ川に飛び込んだ事件について)お母さんの認識はイジメになっていると思いますが、事実は違う。爽彩(さあや)さんは小学校の頃、パニックになることがよくあったと小学校から引継ぎがあり、特別な配慮や指導していこうと話し合っていました。爽彩さんも学級委員になり、がんばろうとしていた。でも川へ落ちる2日前に爽彩さんがお母さんと電話で言い合いになり、怒って携帯を投げて、公園から出て行ってしまったことがありました。
何かを訴えたくて、飛び出したのは自傷行為ですし、彼女の中には以前から死にたい気持ちっていうのがあったんだと思います。具体的なトラブルは分かりませんが、少なくとも子育てでは苦労してるんだなという認識でした。ただ、生徒たちが爽彩さんに対して、悪い行為をしたのも事実です。その点に関してはしっかり生徒に指導していました。
我々は、長いスパンでないと彼女の問題は解決しないだろうから、お母さんに精神的なところをケアしなきゃない問題だって理解してもらって、医療機関などと連携しながら爽彩さんの立ち直りに繋げていけたらなと考えていました」
上記の校長の弁で生徒たちが「悪い行為をした」と触れているものの、事実関係を正確に把握していたのかは不明です。おそらく加害側生徒の一方的な釈明のみを聞き、自殺した女子生徒からは何も聞き出せていないのでしょう。そして問題は自殺した生徒の性格と資質にある(ADHDのような発達障害がある)と決めてかかっている節がうかがわれます。そして母親にも問題があり、些細な事案なのに騒ぎ立てる人物と見なし、家での原因は家庭にあるので学校は無関係、と受け止めているのが分かります
こうしたいじめ事件で毎度感じるのは、「学校に解決能力が決定的に欠けているのに事態を余計にややこしくする」傾向です。田舎の中学校にいじめ事件を解決を期待するのは無理であり、最初から警察に相談し事件として立件させた方がよいのでは?
もちろん、今回のような事案では保護者がまず担任教師に相談しようと判断するのは当然の成り行きであり、それを批判するのは間違いでしょう。ただ、相談した相手が無能だった、というだけです
書くべき話が山ほどあり、しかし、長くなると読む方も大変だと思われますので一旦、ここで区切りとします

(関連記事)
旭川いじめ凍死事件6 遺族の手記から見えるもの
https://05448081.at.webry.info/202108/article_34.html
旭川いじめ凍死事件5 北海道教育大派閥の害悪
https://05448081.at.webry.info/202105/article_26.html
旭川いじめ凍死事件4  第三者委員会まかせ?
https://05448081.at.webry.info/202105/article_11.html
旭川いじめ凍死事件3 中学保護者会は大荒れ
https://05448081.at.webry.info/202105/article_2.html
旭川いじめ凍死事件2 疑惑の数々
一宮中学生自殺 市長がようやく謝罪
https://05448081.at.webry.info/202107/article_24.html
いじめ4年後に自殺、学校側に賠償命令
大津の中学生自殺 いじめを放置した学校の言い分
大津の中学生自殺 橋下市長「いじめをなくすのが行政の仕事」
大津の中学生自殺 教育委「いじめた側にも人権がある」
大津市の中学生自殺 いじめ主犯の氏名が明らかに
大津の中学生自殺 校長は「自殺の練習」を否定
大津の中学生自殺 教育委員会の隠蔽工作
大津いじめ訴訟 逃げ得を許さない
大津いじめ訴訟 元同級生に賠償命令
大津いじめ訴訟 高裁は保護者側の過失と相殺し減額する判決
大津いじめ訴訟 加害生徒への賠償命令確定
福井中学生自殺 生徒を死に追いやった教師
福井中学生自殺 校長のトンチンカンな釈明
ウソの万引き容疑で宝塚音楽学校を退学処分
宝塚音楽学校のいじめ 呆れた実態
熊本高3いじめ自殺 当時の同級生を提訴へ
三重いじめ自殺 上級生ら4人を提訴