就活生を強姦 リクルート子会社元社員5度目の逮捕

就職活動中の学生が大学OBや現職の会社員を訪問し、企業情報を得る行為が当たり前になっているわけですが、そこに付け込んで卑劣な犯罪を繰り返していたのが、元リクルートコミュニケーションズ社員丸田憲司朗被告(30)です。今年の1月にも当ブログで取り上げたのですが、就活生用のマッチングアプリで知り合った女子大生に睡眠導入剤を飲ませ、強姦する手口を繰り返していた男で、1月の時点で3度目の逮捕でした。既に準強姦容疑2件で起訴された状態です。その丸田被告がまた逮捕されたと報じられています

知人女性に睡眠作用のある薬を飲ませ性的暴行を加えたとして、リクルート子会社の元社員の男が再逮捕されました。逮捕は5度目です。
警視庁によりますと、リクルート・コミュニケーションズの元社員・丸田憲司朗容疑者は2018年、都内の飲食店で、20代の女性に睡眠作用のある薬を飲ませて意識をもうろうとさせ、自宅で性的暴行を加えた疑いが持たれています。
女性は2人で食事した際に「酔い止めでこれ飲んだらいいよ」と錠剤を渡されたということです。丸田容疑者の家からは睡眠作用のある薬が700錠以上押収され、調べに対し、認否を留保しているということです。
丸田容疑者は就職活動中の女子大学生らへの同様の事件で4度逮捕・起訴されています。
(NNNの記事から引用)

5度目の逮捕です。既に4件が立件され起訴されているわけで、この5件目も起訴されるのは確実でしょう
この期に及んで認否を保留している理由が理解できません
1人につき100万円を支払って示談を結ぶだけの貯蓄があったとも思えませんし、被害者に対しては謝罪も補償もしないままなのでしょう
これで余罪が出尽くしたのかも不明であり、まだ逮捕、起訴を繰り返すのかもしれません。認否を保留しているからには、余罪についても自ら進んで白状してはいないのでしょう
5件の準強姦罪(酒を飲ませたり薬を飲ませ、抵抗できない状態で強姦したもの)ですから、懲役20年くらい求刑されるのでは?
別の報道によれば、丸田被告は昼休み時など頻繁に社外の人間と逢っていたとかで、同僚から不審の眼で見られていたそうです。ニセのプロフィールで幾つもの就活マッチングアプリに登録し、次々と就活中の女子大生をひっかけていたようですから、昼休みも仕事後も多忙だったのでしょう
そこまで時間とエネルギーを注ぎ、女子大生を騙し強姦しようという欲情には辟易とさせられます
どうにも割に合わない犯罪なのですが、性犯罪というのは元よりそうした類の犯罪です。損得勘定ではなく、性衝動に歯止めが効かないまま暴走してしまうのであり、逮捕されない限りは繰り返したはずです
類似した事件が何件も発生しています。就職活動中の学生のOB訪問など止めてしまった方がよいのではないでしょうか?

(関連記事)
就活生を強姦 リクルート子会社社員の公判始まる
https://05448081.at.webry.info/202109/article_19.html
就活生を強姦 リクルート子会社元社員9度目の逮捕
https://05448081.at.webry.info/202109/article_13.html
就活生を強姦 リクルート子会社元社員7度目の逮捕
https://05448081.at.webry.info/202106/article_46.html
就活生を強姦 リクルート子会社社員逮捕
三菱UFJ銀行員 薬物レイプで懲役22年判決
https://05448081.at.webry.info/202107/article_19.html
就活女子大生レイプの住友商事社員はどうなったか?
住友商事元社員(慶大出)を就活生への強制わいせつで再逮捕
住友商事社員(慶大出)が就活生を強姦
「ミスター慶応」渡辺陽太 6度目逮捕も不起訴
「ミスター慶応」渡辺陽太 強姦で6度目の逮捕
「ミスター慶応」渡辺陽太 強姦や強盗の余罪
イケメン慶大生を強姦で逮捕 ミスター慶応候補
また慶大生 強制わいせつで逮捕
ミス慶応中止 広告学研究会メンバーに無期停学処分
ミス慶応中止 レイプ動画を拡散させる学生たち
ミス慶応中止 広告学研究会の集団強姦は以前から
ミス慶応中止強姦事件 広告学研究会の非道な所業
電通女性新人社員、100時間残業で自殺の波紋
電通過労自殺事件で社長が辞任
共同通信人事部長 女子大生に手を出しクビに
福岡強姦事件 キスマークつけ懲役17年