コブクロ不倫騒動 文春出版差止訴訟も棄却

人気デュオと表現される男性2人組のコブクロのいつも黒サングラスをかけている方、黒田俊介が不倫をしていたと週刊誌で報じられたのですが、弁護士を通じて東京地裁に「週刊文春の出版を差し止めるよう」訴訟を起こしたものの、棄却されたのだとか
よほど週刊文春の記事が気に触ったのでしょうか?
それにしても週刊誌の出版を差し止めるよう訴え出たところで、裁判所が簡単に認めるとは思えないわけであり、かえって世間の眼を集めうだけではないか、という気がします
以下、J-CASTニュースの記事を参考にします 

音楽デュオ「コブクロ」の黒田俊介さん(44)をめぐって2021年5月11日夕方、文春オンラインが本人の不倫疑惑と不倫相手の自殺未遂についての記事を配信した。これに対し、コブクロの所属事務所は同日、事務所公式サイトで、「記事に掲載されている女性、ご家族に対して大変ご迷惑をおかけしましたことを、心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。
突然の一報に対し、インターネット上では驚きの声が続々。あるツイッターアカウントは「コブクロ黒田さん不倫て...コブクロ好きで応援してたから非常に残念なニュース」と、驚きを隠せないとしているほか、別のアカウントも「良い歌いっぱい唄っていたのに台無し」と、本人の不徳によって楽曲が汚されたと憤る声も。ただ、その一方で、「コブクロ黒田もかよ...前に小渕もやったやん...」といった声も上がっているのだ。
「コブクロの黒田に不倫報道が出たけど、相方の小渕も何年か前に不倫報道されてますから」
黒田さんの相方である小渕健太郎さん(44)について2016年10月、不倫疑惑が報じられた。記事には小渕さんと過去に不倫していたとする2人の女性の証言が掲載されるという生々しいもので、記事が出るや、ネット上では「まさか、まさかね。今朝知ってびっくり」といった小渕さんへの驚きの声が続出するなど、今回の黒田さん同様、大きな驚きをもって迎えられたのだった。
このため、そのことを覚えていたとするアカウントからは小渕さんの過去の不倫報道を絡めた声が噴出。他にも、「コブクロの黒田に不倫報道が出たけど、相方の小渕も何年か前に不倫報道されてますから、もう不倫がテーマの曲とか歌えばいいのに」と皮肉る声も上がっているほど。だが、それに加え、「コブクロの黒田が不倫して相手が自殺未遂って文春砲ですか。以前は小渕の不倫を新潮が報じてたが、2人揃って不倫好きだったのか」といった声も上がっているのだ。
というのも、小渕さんの不倫を報じたのは「週刊新潮」。同誌は週刊文春と並ぶ、週刊誌の中でも硬派で知られる媒体であり、時に、そのスクープは「文春砲」という言葉になぞらえて「新潮砲」と呼ばれることもある週刊誌だ。となると、コブクロは両メンバーが「文春砲」と「新潮砲」に撃たれたという、実に不名誉な「記録」を達成してしまったということになるのではないだろうか。
(J-CASTニュースの記事から引用)

所属事務所は早々に「黒田の不徳のいたすところ」とお詫びのコメントを出しています。が、同時に週刊文春の出版差止の訴えを起こしているのであり、何とも対応が不可解です
文春オンラインには以下のように書かれています

「週刊文春」編集部の取材では、妻子のある黒田はA子さんと2019年秋から不倫関係に陥っていた。黒田が出張の際はA子さんを出張先に呼び、A子さんの家族にもブランド品をプレゼントするなど、親密な関係が続いた。しかし翌年、関係が悪化。精神的に不安定となったA子さんは、それまでのLINEのやり取りなどを黒田の自宅ポストに投函するなどした。女性の言動を「ストーカー」だとみなした黒田の代理人弁護士は、その旨を女性に警告。今年3月には大阪府警豊中警察署にも相談に赴いていた。
1月にうつ病と診断されていた女性は、「黒田さんは、私のことはもうどうでもいいと思っている」と感じ、4月13日未明、70錠以上の抗うつ薬と睡眠薬を服用し、自殺を図るに至った。
「週刊文春」が黒田に取材を申し入れると、代理人弁護士から、A子さんは黒田のストーカーであること、自殺未遂もその一環であり、「回答人(黒田)を苦しめるために行っているストーカー行為である」と認識している旨の回答があった。また、黒田とA子さんとの不倫関係については回答しなかった。
(文春オンラインの記事から引用)

黒田の弁護人は不倫関係については有耶無耶にしたまま、A子さんをストーカー行為を繰り返す犯罪者にしたいようです。しかし、それなら警察に相談するだけでなく刑事告訴し、さらに被害に関して損害賠償請求の民事訴訟を起こせばよいのでは?
訴訟になるとまずい点が黒田側に多々あるとしか思えないのですが
A子さんとの関係が単なる遊びであったとしても、黒田がきちんと清算して分かれる手順を踏むべきだったのでは?
それをしないままA子さんを放置し、不倫関係が自然消滅すると考えていたなら甘すぎでしょう
今になってA子さんから逆襲され、大慌てで弁護士を立て対策を巡らせているように映ってしまいます
週刊誌の発行を停止させようなどと画策するのではなく、不倫の代償をきっちり払って和解しようとは思わないのでしょうか?
それとも、「お互いが納得した上での大人の関係だった」とでも言って、A子さんには1円も払いたくないのでしょうか?
体は大きいようでも、ずいぶん小さい人物のように映ります

(関連記事)
元キャンディーズ田中好子 夫の不倫・隠し子問題
船越英一郎・松居一代離婚へ
松居一代 離婚騒動を巡る暴走
つちやかおり不倫・離婚騒動
大沢樹生の長男 親子関係なしと家裁が判決
喜多嶋舞が猛反論 実子DNA騒動
喜多嶋舞 「夫の子供でなかった長男」騒動その後
女優喜多嶋舞の長男は大沢樹生の子ではなかった
矢口真里離婚騒動を考える
麻木久仁子vs大桃美代子 不倫対決
麻木久仁子 不倫を認める
お天気お姉さんの不倫 NHK半井キャスター
ダルビッシュ紗栄子 不倫相手はNEWS手越祐也
小学校校長の不倫 学校内で所構わず
特ダネのためなら不倫もあり 毎日新聞記者
ドラマ「運命の人」 不倫し捨てられた女性事務官の今
ドラマ「運命の人」 ネタ欲しさに人妻と不倫した新聞記者
不倫の代償
鳩山夫妻 ドロドロの略奪愛Part2
鳩山由紀夫夫妻 ドロドロの略奪愛
山口もえの夫 違法キャバクラ経営で逮捕
女優高岡早紀 内縁の夫に騙され破産の危機
ベッキー不倫 「絶対に別れない」
斉藤由貴、山尾志桜里の不倫に見る共通点