59歳教師ストーカー 教え子につきまといか

徳島の59歳の中学校教師がストーカー規制法違反などの容疑で逮捕された事件を取り上げます
年齢は基本的に関係ないのですが、それでも59歳というのは意外な感があります。記事では10代の女性につきまとったと書かれているものの、現在の教え子か元教え子でしょう
自制が効かない逸脱っぷりに驚かされます


県内に住む10代の女性の自宅の周辺をうろついたり、浴室の窓に盗撮目的で小型カメラを設置したりしたとして東みよし町の59歳の男性教員が、ストーカー規制法違反などの疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、東みよし町加茂の教員、玉木利典容疑者(59)です。
警察によりますと、玉木容疑者は去年7月からことし3月にかけて県内に住む10代の女性の自宅付近をうろつくなどのストーカー行為を複数回繰り返したほか、女性の自宅の浴室の窓に盗撮目的で小型カメラを設置したなどとしてストーカー規制法違反と県迷惑行為防止条例違反の疑いが持たれています。
女性の家族から「浴室にカメラが取り付けられている」という通報が県警にあったことから事件が発覚し、警察が捜査を進めたところ玉木容疑者が関わっている疑いが強まったとして24日夜逮捕しました。
調べに対し「間違いない」と供述して容疑を認めているということで、警察は犯行の動機や事件の詳しいいきさつについて調べています。
(NHKの記事から引用)


逮捕されてようやく自身の行動に気がついたのでしょか?
多くの場合、ストーカー行為を繰り返す人物は「自分はストーカーではない」と言いはります。つまり、ストーカー行為を繰り返している自覚が欠如しているのです
ですから、校長が玉木容疑者に「君、ストーカー行為はやめなさい」と説教しても効果はありません。自分はストーカー行為をしていないと居直るか、相手が校長なので説教には頷きつつもストーカー行為を繰り返すか、どちらかでしょう
なので、「ビシッと言ってやれば、行動を改めるはずだ」などと期待するのは間違いです
さて、玉木容疑者ですが既婚者であるかどうかは不明ながら、59歳にして教え子と思われる女性に入れ込んでしまい、人生を狂わせてしまったわけです。通常ならば懲戒免職だろうと思うのですが、前例踏襲の教育委員会ですから、過去に同種の行為で懲戒免職にしたケースがないのであれば減給処分くらいのヌルい対応で済ませるのかもしれません
逮捕した警察の方も当然、送検はするでしょうが、初犯であれば罰金刑で終わる可能性があります
ならば玉木容疑者はまた、被害者女性につきまとい始めるか危険があります。心療内科に通院するなどして、カウンセリングを受けるなり、行動療法を受けて行動の改善を図るなりしないと解決するのは難しいと考えます(それでも万全、とは言い切れません)
ストーカー行為がエスカレートして殺害に至る事件が毎年起きているのですから、軽く考えるのは大間違いです。逮捕されたから解決、というものではないと肝に銘じる必要があります
追記:玉木容疑者は6月、教育委員会から懲戒免職処分を受けています

(関連記事)
駅で10年待ち伏せ ストーカー男逮捕
https://05448081.at.webry.info/202107/article_49.html
西尾ストーカー殺人の少年 出所後再犯で懲役1年8月
ストーカー殺人の少年が出所後また殺人未遂
三鷹女子高生殺害を考える1 ストーカー対応
三鷹女子高生殺害を考える2 無職のストーカー
三鷹女子高生殺害を考える3 ストーカー男の余罪
三鷹女子高生殺害を考える4 凶行前の行動
三鷹女子高生殺害を考える5 裸体写真をアップした理由
三鷹女子高生殺害を考える6 懲役22年の判決
三鷹女子高生殺害を考える7 東京高裁で差し戻し
三鷹女子高生殺害を考える8 リベンジポルノで追起訴
同性愛者ストーカー殺人を考える
大学職員がストーカー、同僚を殺害して逮捕
同志社女大ストーカー殺人はW不倫の結果
長崎ストーカー殺人で千葉県警本部長ら処分へ
女子大生を刺した神戸ストーカー事件を考える
三角関係でストーカーと化した女教師
平野区ストーカー殺人 懲役30年の判決
小金井アイドル刺傷事件を考える 容疑者は鑑定留置
小金井アイドル刺傷事件を考える 懲役14年6月の判決
小金井アイドル刺傷事件を考える 被害者の落ち度で炎上騒動
福山雅治宅侵入のコンシェルジュに有罪判決
岡田奈々暴行事件(42年前)の意外な結末