グレタの銅像 英大学構内に設置

特に環境活動家グレタ・トゥンべリ嬢に恨みはないのですが、彼女を環境運動の象徴のごとく持ち上げる風潮には嫌悪感を抱きます
あろうことか、イギリスの大学が構内にグレタの等身大の銅像を設置したと報じられています。コロナ禍にあって大学での対面授業もままならない学生たちからは批判の声が挙がっているのだとか
自分の感覚としては少年革命家ゆたぼんの銅像を大学構内に設置するのと同じで、頭の悪い行為です


スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(18)の銅像が、英南部ウィンチェスター大のキャンパスに設置された。大学側はグレタさんの等身大の銅像は世界で初めてとしているが、設立に伴う多額出費に、学生団体から「大学の空虚な自己満足」と批判が出ている。英メディアが30日報じた。
大学側はグレタさんを地球温暖化防止に向け世界をリードしていると評価。「サステナビリティー(持続可能性)と社会正義のために勇気を与える彼女をたたえる」と設立理由を説明している。費用は2万3760ポンド(約360万円)という。
これに対し、学生団体はグレタさんの功績を認めた上で「新型コロナウイルスの感染拡大で多くの学生が通学できないなど苦境にある中、銅像の費用を学生支援に充てるべきだ」と求めている。
大学とグレタさんに直接の交流があるかどうかは不明。グレタさんは30日、ツイッターでは銅像についてのコメントを投稿していない。
(共同通信の記事から引用)


ここ最近、テレビではやたらと「サステナブル」とか「SDGs」が宣伝されるようになりました。環境への配慮は重要ですから、企業が環境問題を意識し、行動するのは良いと思います。しかし、上記のようにグレタの銅像を設置するのが「持続可能な社会実現」に資するのかどうかは疑問です
360万円の銅像代を誰が負担したのか、記事には書かれていません。が、そのお金を使って学生たちの生活を支援するとか、工夫の仕方はいくらでもあったのでは?
また、グレタも自分の銅像設置を無邪気に喜んだりはしないでしょう
欧米の文化といえばそれまでですが、やたら銅像を設置したがるのはなぜなのか、と思ってしまいます
日本では中小企業の創業者が功成り名を遂げた自身を誇示したくて、会社の前に銅像を設置したりしますが、世間一般からは冷ややかに見られます
銅像として日本で歓迎されるのは余程の功績を挙げた人物か、ゆるキャラや漫画のキャラキターくらいでは?
かつて社会主義諸国にあったマルクスやスターリンの銅像は撤去され、溶かされてしまいました。再利用されたのなら、環境にやさしい配慮でしょう

(関連記事)
グレタ・トゥーンベリとナウシカ
「少年革命家ゆたぼん」父の語る教育論
「少年革命家ゆたぼん」父とひろゆきのバトル
少年革命家ゆたぼんを考える
天才少年少女の孤独 英才教育の是非
「3月のライオン」より 森安九段殺人事件を考える
また出た 韓国の天才少年IQ177
15歳で博士号 韓国の天才少年はその後
天才少女の行方 虚言症だった可能性
「天才数学少女」 大学合格証偽造の異常行動
韓国「天才数学少女」の嘘がバレて大騒ぎ
フィールズ賞を期待される韓国の天才少年
韓国の元祖天才少年 その後
天才美少女歌手の末路 シャルロット・チャーチ
天才少年少女の憂鬱 14歳でケンブリッジ入学