中国大型ロケット制御不能 地表に落下か?

中国が独自に運営する宇宙ステーション建設のため、大型ロケット「長征5号B」を先日打ち上げたところです
宇宙空間で幾つものモジュールを繫ぎ合わせるもので、現在運行されている国際宇宙ステーションと基本は同じ考えです
ところが打ち上げた長征5号Bが制御不能となり、大気圏に突入後、一部が地表に落下する危険があると報じられています。報道は欧米メディアばかりであり、中国政府及び中国メディアは沈黙しています。成果はこれでもかと華々しく宣伝するのに、失敗は知らぬ顔をして隠そうというのでしょうか?
これだから中国は世界中で嫌われるのです

米国防総省は、制御不能になった中国の大型ロケット「長征5号B」がこの週末にも大気圏に再突入するとみて、追跡を続けていることを明らかにした。残骸の落下地点をめぐる懸念も浮上している。
国防総省報道官の発表によると、長征5号Bは8日前後に地球の大気圏に突入する見通しで、米宇宙軍が軌跡を追跡している。
正確な突入地点は数時間前になるまで特定できない見通しだが、第18宇宙管制隊はロケットの位置に関する最新情報を毎日ウェブサイトに掲載する。
長征5号Bは、中国が宇宙ステーションの部品の打ち上げに使用した。宇宙ごみは大半が大気圏で燃え尽きる。しかし22トンもある長征5号Bの場合、大型部品が人の住む場所に落下すれば被害が発生する恐れもある。
しかし米ハーバード大学の宇宙物理学者ジョナサン・マクダウェル氏はCNNの取材に対し、「警戒すべき状況だとは思わない。何らかの被害が生じたり、誰かに当たったりするリスクは非常に小さい。皆無ではなく、可能性はあるが、あなたに当たる可能性はものすごく小さい」と指摘、「それよりももっと心配すべきことはある」と言い添えた。
ロケットの現在のスピードを考えると、残骸がどこへ向かうかを正確に予測することは不可能だとマクダウェル氏は説明する。状況がほんの少しでも変われば、ロケットの軌跡は大きく変化する。「だから『この場所に落ちるらしい』という話を聞いたとしても、少なくとも突入の数時間前までは、その話を信じてはいけない」と同氏は強調した。
その上で、ロケットの残骸は地球の表面の大部分を覆う海に落下する可能性が最も大きいと予想している。
(CNNの記事から引用)

記事の書き方では、長征ロケットが予定の高度に到達した上で宇宙ステーション用モジュールを放出した後に制御不能になったのではなく、それ以前に制御不能になった感がします。つまりはミッション失敗なのでしょう(成否の最終判断は続報待ちですが)
もちろん、中国政府にしても中国のロケットの担当部局にしても、どこに落ちるのか予測もできないのでしょう。しかし、世界各国に向けて警戒は発するくらいはしてもよいのでは?
中国の宇宙科学開発を宣伝するサイトがあるのですが、このニュースは掲載されていません

SCIENCE PROTAL CHINA

代わりに月探査のための宇宙ステーション計画を中国とロシアの協力で進める合意が成立した、との記事を見つけました。アメリカのアルテミス計画に対抗するのが目的のようです
ともあれ、宇宙は中国のものではありませんので、ロケット落下で他の国々に迷惑をかけないようにしてもらいたいものです
追記:その後の報道によれば、宇宙ステーション用のモジュールは所定の軌道に投入されたと伝えられています。ロケットの残骸はインド洋沖に落ち、人的被害はありませんでした

(関連記事)
中国宇宙ステーション建設へ 目的は謎
「はやぶさ2」に邪魔されたと怒る中国人
https://05448081.at.webry.info/202105/article_45.html
ロシア宇宙船プログレス制御不能で地球落下の危機
月面探査「アルテミス計画」参加できない韓国
最新版韓国宇宙開発計画 「日本に負けないニダ」
「はやぶさ2」と「嫦娥」を比較する中国メディア
中国の無人月探査機 着陸に成功
月探査機「かぐや」 全長50キロの空洞発見
水循環変動観測衛星「しずく」の打ち上げ成功
準天頂衛星「みちびき」を戦争準備だと批判する北朝鮮と中国
「準天頂衛星みちびきで日本が弾道ミサイル装備」と中国メディア
韓国「偵察衛星が必要ニダ」といまさら騒ぐ
インドの月探査機 着陸失敗、月面で大破
欧露合同の火星探査機着地に失敗
金星探査機「あかつき」を羨む韓国
予測か妄想か? 20年後の韓国は火星を目指す
韓国のロケット、打ち上げ失敗
日本の宇宙実験棟「きぼう」 中国の嫉妬と誤解
気象衛星打ち上げで日本の鼻を折ったと書く韓国メディア
作家中沢けい「韓国は8つも偵察衛星をもっている」発言で炎上
韓国「偵察衛星を貸して」と頼むも断られる
欧州版GPS計画「ガリレオ」始動
日本の偵察衛星打ち上げに神経を尖らせる韓国