日立母子6人殺害を考える 初公判で無罪主張

日立市で妻と5人のこどもを殺害し、アパートに放火した罪で起訴された小松博文被告の初公判が開かれました
事件は2017年10月に起きたのですが、その後、小松被告は高血圧による病気が悪化し、脳に障害を負って事件当時の記憶を喪失するという異例の展開となり、裁判まで時間がかかっています


日立市田尻町の県営アパートで2017年10月、妻子6人を殺害し建物に火を付けたとして、殺人や非現住建造物等放火などの罪に問われた無職、小松博文被告(36)の裁判員裁判初公判が31日、水戸地裁(結城剛行裁判長)で開かれた。
小松被告は罪状認否で「分からないとしか言えない」などと態度を示さず、弁護側は小松被告が事件の記憶を失っているとし、心神喪失などに当たるとして無罪を主張した。
弁護側によると、小松被告は勾留中、心肺停止状態となった後遺症で事件当時の記憶が欠落したと説明している。罪状認否に先立ち、「事件当時の記憶を失い、訴訟能力がない」として公判を停止するよう求めたが、結城裁判長は「意思疎通は可能」などとして退けた。
検察側は冒頭陳述で「事件後、警察で殺害当時の状況を具体的に供述しており、被告自身が行い、行為の危険性を認識していたのは明らか」などと指摘した。
起訴状などによると、小松被告は17年10月6日午前4時40分ごろ、自宅の和室で、妻の恵さん=当時(33)=のほか、小学6年の長女ら5人を包丁で複数回刺し、玄関付近にガソリンをまいて放火し、殺害したとされる。
(茨城新聞の記事から引用)


家族6人を殺害したのが心中するつもりであったとしても、それで刑罰が軽減されたりはしません。現に小松被告だけが逃げ延び、生きているのですから。パチンコに狂い、借金まみれになり、こどもを省みなかった小松被告が果たしてこどもの将来を悲観し、共に死のうと思っていたのかも怪しい気がします
5人のこどもたちにはそれぞれ生きる権利があったわけで、親のエゴで「死んだほうが幸せ」などと考えるのは大間違いでしょう
本件は死刑が適用される重大犯罪であり、小松被告が事件当時の記憶を失っているとしても裁判所が公判停止にはせず、きっちり判決を下す姿勢であるのが記事から読み取れます
当然ながら弁護側は不満でしょうから、この裁判は無効であり免訴するべきだと主張し、長い争いになるものと予想されます
前回書いたように、犯行当時の記憶を失っているにしても、小松被告自身の人格が失われたわけではないのであり、刑事責任を問うのは妥当と考えます

(関連記事)
日立母子殺害を考える 死刑求刑
https://05448081.at.webry.info/202106/article_29.html
日立母子6人殺害を考える 無罪主張と処刑願望と
https://05448081.at.webry.info/202106/article_11.html
日立母子6人殺害を考える 初公判目前
日立市母子6人殺害を考える 記憶喪失で無罪?
日立市母子6人殺害を考える 犯行の背景は離婚話?
日立市母子6人殺害を考える 小松博文容疑者とは
福岡母子3人殺害事件を考える 夫の警察官を逮捕
福岡母子3人殺害事件を考える 中田容疑者黙秘
福岡母子3人殺害事件を考える 初公判で無罪主張
福岡母子3人殺害事件を考える 死刑判決
神戸5人殺傷事件を考える 逮捕後は黙秘
豊川引き篭もり殺人を考える1 対処法の問題
豊川引き篭もり殺人を考える8 懲役30年の判決
淡路島5人殺害事件 平野被告に死刑判決
山口連続殺人事件を考える 集落全体に恨みか 
山口連続殺人事件を考える 「八つ墓村」と書くメディア
山口5人殺害事件 死刑判決
障害者施設19人殺害 植松聖容疑者逮捕
老人ホーム3人転落死 今井容疑者は自己愛障害?
死刑執行 4人殺害で再審請求中の西川正勝

「鬼滅の刃」のヒットを羨む韓国

「鬼滅の刃」について、韓国メディアが取り上げていますので言及します
劇場版「無限列車編」も韓国でヒットし、漫画の方も韓国の書店で各巻がベストセラーに名を連ねる売れ行きです
それだけ売れるコンテンツを生み出したのが羨ましくて仕方がない、という記事なのですが、いつものようにムダに長文なので、後半部分のみを、インターネットの掲示板「5ちゃんねる」に貼られた翻訳から引用させてもらいます
前半部分はいかに「鬼滅の刃」の漫画、アニメ、キャラクターグッズが売れたか、という話です
そこに竈門炭治郎の耳飾りのデザインが旭日旗であり、けしからんという話を挟んで、日本製品不買運動へと飛躍するのですが、本筋とはまったく関係ありません。日本製品不買運動など、いつの間にか霧散してしまったのですからどうでもよいでしょうに


■「鬼滅の刃」の興行背景…韓国のゲームと漫画産業省察の機会になることを
「鬼滅の刃」が日本社会に大きな反響を呼び起こし、連日のように大ヒットを記録している中、韓国でも類例のない人気を得ている。
「鬼滅の刃」の劇場版は韓国だけで180万人以上の観覧客を動員した。 これはアニメという文化商品の主に成人階層には消費されなかった国内市場の制約が解けると同時に、コロナによる映画館街の低調な観覧客の実績を増加させた驚くべき事例といえる。
2021年現在、世界のメディアミックス市場における「ドラゴンボール」関連文化産業の総売上は277億ドルと推算される。「ドラゴンボール」と関連した文化商品は収益規模だけで見ると全世界のメディア市場で14位に位置する。
日本に限定する場合、日本漫画の中では断然の1位を記録している。一つの漫画が文化産業になるにつれて、社会に及ぼす影響力は国家単位を超えるという話だ。「鬼滅の刃」はまだ「ドラゴンボール」の規模に至ってはいないが、現在のような流れならそのうち近づくか、追いつくこともあり得なくはない。
「鬼滅の刃」が私たちにくれた面白さと感動は、そのまま純粋に受け入れてもいいだろう。
ただ残念な点は長い間、規制と制約の中で困難に直面していた韓国のゲームや漫画のような文化産業が、現在の姿で残ることに対する残念さと、今は我々のことを全世界に知らせることが容易くないほどにゲームと漫画市場がかなり弱くなったという点だ。
幸い、ウェブトゥーン-ウェブ小説で新たな跳躍期を迎えている韓国漫画産業IP(知的財産権)戦略が、グローバル市場で注目されている。 非対面とモバイル時代、「スンリ号」のようなウェブ小説-ウェブトゥーン-ドラマと映画に繋がるメディアミックスの興行方式で、「新韓流」のコンテンツとして無限の可能性を秘めていると評価されている。しかし、この時点で振り返る点もある。
前述したように、メディアは社会維持機能体の役割だけをするのではなく、人々と世の中を結ぶ媒介者の役割と社会規範と秩序を管掌する議題設定の機能も持っていると話した。
最近のメディアは、従来とは違って、いずれかの集団や、大規模な資本や企業、国家や地方機構などに隷属して運営されるよりも、ワンマンメディアや小規模放送局のような多様なチャンネルのメディアが登場する時代を迎えた。
つまり、私たち一人一人がメディアの機能を遂行することが可能だとすれば、メディアの議題設定の機能として、「鬼滅の刃」が私たちに与える意味は何なのか、自ら考察してみる時だ。
韓経ドットコム(韓国語)


記事は総じて、売れたコンテンツ⇒金の話が中心です(引用部分の最後あたりは唐突に「メディアはいかにあるべきか論」になっており、もはや支離滅裂です)
引用しなかった前半部分に作品の特色としてわずかばかり触れ、「『鬼滅の刃』のアニメは日本の伝統固有のものを見事なまでに演出で再現したという点だ。何の考えもなく見ながら受け入れているものの中には、『鬼滅の刃』のアニメキャラクターたちの日本の伝統服飾とか、住居生活や集団文化など、日本のまさにそのものといえるものが数多く展開されている」と書かれている程度であり、物足りません
この記事に対して、「記者は『無限列車編』で何を見ていたのか」との批判が挙がっています
煉獄さんの短くも眩しいほど輝きを放つ圧倒的な生き様を語るでもなく、家族愛や信念を貫く尊さを語るでもなく、一体コイツらは何の為に劇場版鬼滅の刃を観たんだ?
韓国は漫画やアニメーションを産業として育成しようと躍起になっているわけですが、そこには質の高い批評が存在しません
「メディアミックス展開すればより多く稼げるニダ」とか言ってるようでは、幅広い支持を得られるコンテンツなど生み出せないのが分からないのでしょう。作品の世界観を豊かなものにし、エッジの効いたキャラを揃え、奥行きのある物語を構築するためにも、批評の役割は重要です
日本には世界一、漫画やアニメにうるさい愛好者が揃っており、粗悪な作品は見向きもされません。四半期ごとに数多くの新作アニメが登場しますが、生き残れるのは多くないのであり、殆どの作品は忘れ去られる運命です
二次創作やオリジナルの漫画、ライトノベルを手掛ける素人も日本には山ほどいるのであり、彼ら彼女らは旺盛な創作意欲と批評眼を持ち合わせています
どこがダメなのか、魅力にかけるのか、世界観がつまらないのか、キャラが立っていないのか、愛好者たちは容赦ない指摘をするわけで、その厳しい批評眼に適う作品だけが生き残るのです
したがって、日本の伝統文化を美しく描いたから成功した、などと単純に決められるものではないと理解する必要があります。まあ、理解できないからこそ、優れた漫画作品やアニメーションを韓国は生み出せないのでしょうが

(関連記事)
押井守 「鬼滅の刃」はなぜヒットしたか
「鬼滅の刃」から日本文化批判へ飛ぶ韓国メディア
韓国が「鬼滅の刃」のパクリゲーム発売
「鬼滅の刃」は反キリスト教的と批判する韓国
韓国での「鬼滅の刃」批判
「鬼滅の刃」実写化という無謀
「宮崎駿にキメハラ」という記事
「鬼滅の刃」とフジテレビの微妙な関係
「鬼滅の刃」ブームを読めなかった業界人
「韓ドラの次はウェブ漫画が来る」という記事
「ウェブ漫画の元祖は韓国」であり「文化強国」だと主張
パクリまくりの韓国アニメ 「スペース・サンダー・キッズ」
全力でパクったニダ 韓国アニメ「ハンマーボーイ」
ガンダムのパクリアニメ 韓国の「フェニックスキング」
韓国のパクリアニメ「稲妻アトム」 劣化がひどい
「宇宙戦艦ヤマト」をパクった韓国アニメ「宇宙戦艦亀船」
韓国アニメーション パクリの歴史を見る
「紅の豚」のパクリ 韓国アニメ「Mateo - The Great Pig Pirate」
「千と千尋」のパクリアニメ「月光宮殿」はどうなったか
コミックマーケットに見る日本の底力

グレタの銅像 英大学構内に設置

特に環境活動家グレタ・トゥンべリ嬢に恨みはないのですが、彼女を環境運動の象徴のごとく持ち上げる風潮には嫌悪感を抱きます
あろうことか、イギリスの大学が構内にグレタの等身大の銅像を設置したと報じられています。コロナ禍にあって大学での対面授業もままならない学生たちからは批判の声が挙がっているのだとか
自分の感覚としては少年革命家ゆたぼんの銅像を大学構内に設置するのと同じで、頭の悪い行為です


スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(18)の銅像が、英南部ウィンチェスター大のキャンパスに設置された。大学側はグレタさんの等身大の銅像は世界で初めてとしているが、設立に伴う多額出費に、学生団体から「大学の空虚な自己満足」と批判が出ている。英メディアが30日報じた。
大学側はグレタさんを地球温暖化防止に向け世界をリードしていると評価。「サステナビリティー(持続可能性)と社会正義のために勇気を与える彼女をたたえる」と設立理由を説明している。費用は2万3760ポンド(約360万円)という。
これに対し、学生団体はグレタさんの功績を認めた上で「新型コロナウイルスの感染拡大で多くの学生が通学できないなど苦境にある中、銅像の費用を学生支援に充てるべきだ」と求めている。
大学とグレタさんに直接の交流があるかどうかは不明。グレタさんは30日、ツイッターでは銅像についてのコメントを投稿していない。
(共同通信の記事から引用)


ここ最近、テレビではやたらと「サステナブル」とか「SDGs」が宣伝されるようになりました。環境への配慮は重要ですから、企業が環境問題を意識し、行動するのは良いと思います。しかし、上記のようにグレタの銅像を設置するのが「持続可能な社会実現」に資するのかどうかは疑問です
360万円の銅像代を誰が負担したのか、記事には書かれていません。が、そのお金を使って学生たちの生活を支援するとか、工夫の仕方はいくらでもあったのでは?
また、グレタも自分の銅像設置を無邪気に喜んだりはしないでしょう
欧米の文化といえばそれまでですが、やたら銅像を設置したがるのはなぜなのか、と思ってしまいます
日本では中小企業の創業者が功成り名を遂げた自身を誇示したくて、会社の前に銅像を設置したりしますが、世間一般からは冷ややかに見られます
銅像として日本で歓迎されるのは余程の功績を挙げた人物か、ゆるキャラや漫画のキャラキターくらいでは?
かつて社会主義諸国にあったマルクスやスターリンの銅像は撤去され、溶かされてしまいました。再利用されたのなら、環境にやさしい配慮でしょう

(関連記事)
グレタ・トゥーンベリとナウシカ
「少年革命家ゆたぼん」父とひろゆきのバトル
少年革命家ゆたぼんを考える
天才少年少女の孤独 英才教育の是非
「3月のライオン」より 森安九段殺人事件を考える
また出た 韓国の天才少年IQ177
15歳で博士号 韓国の天才少年はその後
天才少女の行方 虚言症だった可能性
「天才数学少女」 大学合格証偽造の異常行動
韓国「天才数学少女」の嘘がバレて大騒ぎ
フィールズ賞を期待される韓国の天才少年
韓国の元祖天才少年 その後
天才美少女歌手の末路 シャルロット・チャーチ
天才少年少女の憂鬱 14歳でケンブリッジ入学

日立母子6人殺害を考える 初公判目前

2017年に茨城県日立市のアパートで妻とこども併せて6人を殺害した罪などに問われた無職小松博文被告(36)ですが、勾留中に記憶障害になったという報道があり、公判が開かれるのかどうか危ぶまれていました
前回、この事件を取り上げた際は小松被告がなぜ記憶障害に至ったのか報道がないため、勾留中に縊首自殺を図り脳死状態になったためかと思ったのですが、違いました
茨城新聞の記事によれば、持病の高血圧症によって心肺停止になり脳の記憶野がダメージを受けたようです。脳がダメージを受けた場合でも、運動機能や言語などは回復することがありますが、記憶は戻らないでしょう(心因性の健忘や記憶障害とは違います)
そのような状態ではあっても公判停止にはならないようで、小松被告の初公判が今月31日に開かれると記事にはあります。さて、どのような裁判になるのでしょうか?


茨城県日立市田尻町の自宅アパートで2017年10月、妻子6人を殺害したとして、殺人などの罪に問われた無職、小松博文被告(36)の裁判員裁判初公判が31日、水戸地裁(結城剛行裁判長)で開かれる。小松被告は25日までに茨城新聞の接見取材に応じ、「なぜ子どもたちまで巻き込んでしまったのか」と後悔を口にした。勾留中の疾患で事件当時の記憶を失っており、「自分がしてしまったことに本心から向き合えない。(記憶と現実の)矛盾がつらい」と語った。
21日、水戸刑務所(ひたちなか市)の面会室で対面した小松被告は、丸刈りに白いマスク姿。「一時は30キロほど体重が減った。今は体調に問題はない」と話し、逮捕時のふくよかな体格に戻っていた。
これまでの公判や接見での話によると、小松被告は逮捕から約1年後の18年11月26日、日立署で勾留中に突然倒れ、病院に緊急搬送された。持病の肺高血圧症によるもので、一時、心肺停止状態になった。手術で一命を取り留めたものの、後遺症で記憶の一部が欠落。医師からは「心因性ではなく物理的な原因によるもの」として、回復は難しいと告げられた。
病床で意識が戻った小松被告は、周囲に「自分はなぜここにいるのか」「家族と連絡を取ってくれ」としきりに依頼したという。勾留に至った経緯を伝えられると「ただただびっくりした」。
「詳細な資料を読むと、自分がやってしまったのかという思いが半分。信じられない、受け入れられないという気持ちが半分」と困惑を隠せない様子だった。
起訴状などによると、小松被告は17年10月6日午前4時40分ごろ、自宅和室で妻の恵さん=当時(33)=のほか、当時11~3歳の子ども5人を包丁で刺した後、玄関付近にガソリンをまいて放火し、殺害したとされる。その後、小松被告は日立署に出頭。「妻から別れ話を切り出された」などと容疑を認めていた。
現在、事件当時の記憶は失ったものの、以前の家族との日々は覚えている。「子どもたちを連れて動物園に行ったこと、好きなおもちゃを買ってあげたこと、幸せだった頃をよく思い出す」と目を細めた。
「何でこうなっちゃったのかな」。右手を額に当て、伏し目がちにつぶやいた。勾留生活を送る部屋の棚の上には家族の写真を飾り、毎日、手を合わせる。「なんで自分は手を合わせているんだろうって思いが一方ではある」と吐露した。
裁判員裁判に先立つ区分審理では有印公文書偽造罪などに問われ、3月に有罪の部分判決が言い渡された。公判の中で検察官らが示した証拠に記憶はなく「正直、人ごとのようだった。(有罪判決にも)ああ、そうかという感じ」と振り返る。
一方で、「妻と子どもたちに償いの気持ちはある」と話す。
もし記憶が戻るなら-。問い掛けに小松被告はこう答えた。
「戻らないでほしい。どうして子どもに手を掛けたのか、毎日のように考えて夜も眠れず、睡眠剤を飲んでいる。今戻しちゃったら、自分は精神的に耐えられないと思う」
(茨城新聞の記事から引用)


記事にはいかにも子煩悩な父親だったように書かれていますが、現実は違います。仕事もせずパチンコにのめり込み、借金だらけの生活をしていた人物であり、父親らしいことをどれだけしていたのか、と
都合の悪い記憶はすっかり失われ、別人のようになったのか?
さて、起訴状朗読や罪状認否という初公判の手続きですが、小松被告は自身の犯行を記憶していないのですから、どう反応するのでしょう
検察官は被告の供述調書など有罪に持ち込めるだけの材料は揃えていますので、6人を殺害しアパートに放火した罪で死刑を求刑するでしょう
裁判官はどう判断するのか、難しいところです。
ただ、麻薬中毒者による殺人や酒乱の人間が飲酒後に殺人に及んだケースでは、刑事責任を問えるという判例があるわけで、自動的に心神喪失で無罪になったりはしません。事由によっては心神耗弱を認めて減刑するケースはあるのでしょうが
小松被告の場合、犯行時は正常な判断能力があったと認められます。ただ、事件後に病気のため記憶を失っているわけで、そこをどう裁判官は受け止め、解釈し、判断するのでしょうか
犯行時の記憶を失ったとしても、犯行の責任は小松被告の人格に付随するのですから、人格そのものが失われたわけではない以上刑事責任を問える…といった解釈になるのかもしれません

(関連記事)
日立母子殺害を考える 死刑求刑
https://05448081.at.webry.info/202106/article_29.html
日立母子6人殺害を考える 無罪主張と処刑願望と
https://05448081.at.webry.info/202106/article_11.html
日立母子6人殺害を考える 初公判で無罪主張
日立市母子6人殺害を考える 記憶喪失で無罪?
日立市母子6人殺害を考える 犯行の背景は離婚話?
日立市母子6人殺害を考える 小松博文容疑者とは
福岡母子3人殺害事件を考える 夫の警察官を逮捕
福岡母子3人殺害事件を考える 中田容疑者黙秘
福岡母子3人殺害事件を考える 初公判で無罪主張
福岡母子3人殺害事件を考える 死刑判決
神戸5人殺傷事件を考える 逮捕後は黙秘
豊川引き篭もり殺人を考える1 対処法の問題
豊川引き篭もり殺人を考える8 懲役30年の判決
淡路島5人殺害事件 平野被告に死刑判決
山口連続殺人事件を考える 集落全体に恨みか 
山口連続殺人事件を考える 「八つ墓村」と書くメディア
山口5人殺害事件 死刑判決
障害者施設19人殺害 植松聖容疑者逮捕
老人ホーム3人転落死 今井容疑者は自己愛障害?
死刑執行 4人殺害で再審請求中の西川正勝

「はやぶさ2」に邪魔されたと怒る中国人

ネタの宝庫であるサーチナやレコードチャイナの配信記事ですが、最近は取り上げるのを抑制しています
これらは中国メディアの記事を紹介し、中国人のコメントまで織り込んでくれるので、彼らが何を思っているのかを知る機会としては貴重です。しかし、そもそも中国メディア自体が直接取材をせず、インターネットで配信された日本や韓国、中国の記事、個人のブログを勝手に引用して色を着ける形で記事にしており、信ぴょう性としてはいまいちです
なので何を取り上げるのか、慎重に選ぶ必要がありますし、できるだけ元となるソースを確認する必要もあり、手がかかるのです
さて、今回はサーチナの配信記事で、中国が月面探査機「嫦娥5号」で月面の石を持ち帰るミッションに成功したものの、同じ時期の「はやぶさ2」の成功に注目が集まり、評判にならなかったことを憤る内容です


日本の探査機・はやぶさ2は2020年12月、小惑星リュウグウのサンプルリターンに成功した。世界がこの快挙に注目するなか、中国の無人月面探査機・嫦娥(じょうが)5号も月からサンプルを持ち帰ってきたが、はやぶさ2の快挙の影に隠れた感が否めない。
中国人のなかには、今でもはやぶさ2に話題をさらわれたことを根に持っている人がいるようだ。中国メディアの快資訊は20日、日本が「はやぶさ2のサンプルを中国に自慢した」と主張する記事を掲載した。
嫦娥5号は、はやぶさ2と同じ時期に地球に帰還したため、あまり注目されなかったというのは事実だろう。記事は、技術的には「嫦娥5号のミッションのほうが、はやぶさ2よりも難易度が高かった」ので、日本の成功は自慢にならないと主張した。その理由として、ミッションは同じ「サンプルリターン」だが、対象の「重力が違う」ためとしている。リュウグウは小惑星なので重力は極めて小さいが、月の重力は地球の6分の1もあり、重力の影響を受けながらミッションを行うのはずっと難しかったと主張した。
また、ミッションの「複雑さ」においても、嫦娥5号に軍配が上がるという。はやぶさ2はリュウグウについて全面的な探査を行ったが、そのほとんどが軌道上に留まって計測器で探査をしたのに対し、嫦娥5号は月の裏側に着陸してサンプルを採取して再び戻るというものであり、これは至難の業だったという。記事は、難易度では「アポロ計画」に匹敵するとした。
とはいえ、惑星探査の「意義」に関しては甲乙つけがたく、はやぶさ2の持ち帰ったサンプルには生命の起源に迫る可能性があり、嫦娥5号のサンプルリターンは月の研究に弾みをつけると双方の成果を称賛した。日中どちらの成果も高く評価されるべきものだが、中国人としては「どちらが上か下か」がどうしても気になるようだ。
(サーチナの記事から引用)


前回(2020年12月26日)にも当ブログでは、「『はやぶさ2』と『嫦娥』を比較する中国メディア」の題でこの比較問題を取り上げたところです
その時のサーチナの記事には、「日本の宇宙技術は米国に依存したもので、中国は独自技術だから中国の勝ち」などという意見が盛り込まれており、見識の狭さに呆れたものです。中国の宇宙技術は旧ソ連に依存したものなのに、その認識を欠いているからです
さて、今回の記事も単なる勝ち負けに執着したものであり、学術面から評価しようという視点を欠いています
前回も触れたように、日本は月からサンプルリターンはアポロ計画の二番煎じになるからやらなかったのであり、それよりも小惑星の地質サンプル入手を優先させたわけで、学術研究を進める上での判断です
中国は国威発揚のイベントという意味を重視し、「月の石」を持ち帰りたかったのでしょう。「我々はアメリカと同等の科学力を有しているのだ」と内外に宣伝するために
現時点で、持ち帰った月の石を中国以外の研究機関に託し、共同研究を推進しようという報道は見ていません。「我々が持ち帰ったものだ」との認識ですから、世界各国の研究機関に月の石を配布して研究に取り組む気はないのでしょう
日本は「はさぶさ2」のカプセル着陸に協力してくれたオーストラリアに感謝の意を示すため、持ち帰った土壌のサンプルを提供します
このように中国は頑なに外国との協力を拒絶し、単独行動を貫いています
現在、中国は火星に探査機を送り込んでいますが、詳細な観測データを公開する気はないと思われます(宣伝のため、写真などは公開するのでしょうが)
先には宇宙ステーション用のモジュールを中国が打ち上げていますが、これも中国が単独で推進する計画です。現在運用されている国際宇宙ステーション計画に中国は加わっていません
こうした中国の単独行動は、手の内を外国に見せたくないためであり、宇宙開発の軍事利用を進めるため秘密にしたい部分があるからでしょう
将来予想されるアメリカとの軍事衝突に備え、中国はアメリカの偵察衛星や精密誘導兵器利用に欠かせないGPS衛星の破壊を目論んでいるものと予想されます

(関連記事)
「はやぶさ2」と「嫦娥」を比較する中国メディア
「はやぶさ2」の成功を羨む韓国
韓国 軍事通信衛星打ち上げ成功
韓国 国産通信衛星の開発に着手?
韓国「宇宙開発の遅れ このままでは乞食になる」
「固体燃料ロケット開発で弾道ミサイルにもできる」とはしゃぐ韓国
インドの月探査機 着陸失敗、月面で大破
作家中沢けい「韓国は8つも偵察衛星をもっている」発言で炎上
迷走する韓国の宇宙計画
中国の無人月探査機 着陸に成功
日本の有人月面着陸計画
韓国 月面探査が2030年以降へ大幅遅延
ロケット開発焦る韓国 トラブル続出で打上げを10ケ月先送り
月探査機「かぐや」 全長50キロの空洞発見
「準天頂衛星みちびきで日本が弾道ミサイル装備」と中国メディア
韓国「偵察衛星が必要ニダ」といまさら騒ぐ
新型ロケット「イプシロン」成功を妬む韓国
韓国が米と宇宙技術協力協定締結 NASAの技術入手と浮かれる
2020年に月面着陸を目指す韓国
韓国の2016年月面探査計画
日本の月面探査計画に怒る韓国
日本に負けない韓国の宇宙開発?
気象衛星打ち上げで日本の鼻を折ったと書く韓国メディア
日本の偵察衛星打ち上げに神経を尖らせる韓国
金星探査機「あかつき」を羨む韓国
予測か妄想か? 20年後の韓国は火星を目指す

韓国前首相 竹島めぐり東京五輪ボイコットも示唆

韓国の前首相丁世均が、東京五輪の公式ウェブサイトで聖火リレーのコースを紹介するページの日本地図に、島根県の上に小さな点が描かれ独島(竹島の韓国名)が日本の領土だと表示されているのはけしからん、といちゃもんをつけ、東京オリンピックを韓国はボイコットする可能性もあると発言しています
ともかく、事あるごとにいちゃもんをつけてくる国です。この前は福島原発の汚染水を海洋放出するならオリンピックをボイコットする、と報じられていました。それほどオリンピックに参加したくないなら勝手にボイコットすればよいのであり、韓国をなだめたり引き止める必要を感じません。北朝鮮も先に東京オリンピックには参加しないと表明していたのですから、南北ともに不参加でよいのでは
南北朝鮮が参加しない、清々しい大会が実現するのであり、他の国々も手を叩いて喜ぶと思います


韓国大統領候補、竹島めぐり「東京五輪不参加も」と発言=ネット民「そんな権利なし」「北京五輪は?」
「共に民主党」の議員で次期大統領候補の丁世均(チョン・セギュン)前首相が、韓国が東京五輪をボイコットする可能性を示唆した。5月26日、韓国・東亜日報が報じた。
記事によると、丁前首相は26日、自身のSNSに「日本は五輪の地図に記載した独島(竹島の韓国名)を削除せよ」とする文章を投稿。「日本が最後まで拒否した場合、韓国政府は『五輪不参加』などのあらゆる手段を動員することになるだろう。独島は覆ることのない韓国の領土だ」と主張した。
また「独島はわれわれの領土だ。ただの領土ではなく、40年の痛恨の歴史がはっきりと刻まれている歴史の地だ」という、廬武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の過去の演説も引用したという。
日本政府は24日、韓国政府から「東京五輪公式ウェブサイトの聖火リレーの地図に、日本の領土であるかのように独島が表示されている」として抗議の申し入れがあったことを明かし、「竹島は日本の領土」との主張に照らし、削除しない意向を示していた。
これに対し韓国の外交部も「独島は歴史的・地理的・国際法的に明らかな韓国固有の領土である」とし、「東京五輪の開催状況を注視しつつ、文化体育観光部や大韓体育会との協議を通じて積極的に対応していく」との立場を示した。
韓国のネットユーザーからは、「当然ボイコットすべき」「民主党は気に入らないけど、こういうことはうまいな」「よく言った。五輪には参加せず、他に経済制裁できる方法も検討して」など、賛同するコメントが寄せられている。
一方で「4年間頑張ってきた選手たちの人生を台なしにせず、韓国も独島を表記する方法を見つけるべき」「大統領でも首相でもないのだから、そんなことを言う権利はない」「首相の時は黙ってたのに、なぜ突然主張を?」「大統領になれたら、韓国文化を侵略してる中国に対しても北京五輪ボイコットを主張する覚悟があるんだよね?」など、批判的な意見も多く見られた。


丁世均は前の首相ですが、今はその任にない人物です。大統領候補としてアピールするための発言でしょう。なので、発言はすれど実効性はないのであり、単なる煽り発言の類です
そもそも「オリンピックをボイコットする」と宣言すれば、日本が態度を変えるとでも思っているのでしょうか?
韓国が参加しなくても大会運営に支障はありません。むしろ、クレーマーである韓国がいない方が、大会運営がスムーズに行われるのであり歓迎すべきでしょう
別の韓国メディアの報道では、日本の食べ物はすべて放射能に汚染されており、安全な食事ができないからオリンピックはボイコットするべきだと書いており、どうしても東京大会には出場したくない意思があるようです
嫌ならば参加しなければよいのであり、無理に参加してもらう必要はありません。世界中がオリンピック中継に熱中している間、韓国の人々は自慢の韓国ドラマを見て過ごせばよいわけで
彼らの本音としては韓国が東京大会ボイコットを主張し、欧米諸国もそれに追従して大会が成立しない状態に追い込み、日本のメンツを潰したいとの願望があるのでしょう

(関連記事)
渡辺直美をブタに 五輪開会式演出を乗っ取る者とは?
渡辺直美をブタに 東京五輪演出家佐々木宏とは?
渡辺直美をブタに 五輪開会式演出騒動の不快感
渡辺直美をブタに 五輪開会式演出騒動
東京五輪で旭日旗を振るな、と書く朝日新聞
https://05448081.at.webry.info/202001/article_14.html
東京五輪 経費爆増3兆円
リオ五輪「安倍・マリオ」を揶揄する韓国メディア
東京五輪でサマータイム導入 批判殺到
オリンピック期間中、韓国気象衛星壊れる
「リオ五輪日本は遺伝子を高めた結果」と書く中国メディア
リオ五輪 400mリレーで日本に負けた中国の恨み節
リオ五輪 日本のメダル獲得に嫉妬する韓国
五輪問題 下村文部大臣が辞意表明
五輪エンブレム 「誰が佐野研二郎を殺すのか?」と書くメディア
五輪エンブレム 盗作疑惑で撤回するドタバタ劇
新国立競技場問題 文科省が担当局長更迭
韓国冬季五輪開催危機 日本に助けを求める?
メダルを逃した選手を税金泥棒と批判する風潮
「東京オリンピック開催阻止」を叫ぶ韓国メディア

箱根駅伝駒大アンカー 淫行逮捕も擁護する声

駒沢大学の石川拓慎選手(4年生)が17歳の女子高生にみだらな行為をした容疑で逮捕されたわけですが、彼の陸上選手としての才能を惜しみ、擁護する声もあります
元文部科学事務次官の前川喜平(66)はツイッターでこの事件に触れ、「21歳の駒大陸上選手が17歳の高校生と性的関係を持って逮捕された。これを犯罪にしなければならない理由は何なのだろう?」と逮捕にまで及んだことに疑問を呈しています
「これを犯罪にしなければならない理由」が理解できないとは、呆れ言い分です。男女の出会い系バーに入り浸っていた前川喜平のような人物が文部科学省の事務次官だからこそ、教員による淫行事件が繰り返されたのではないかと言いたくなります
教員が児童や生徒をおもちゃのように弄ぶ淫行が全国の小中学校、高校で起きていたのに、犯罪として取り締まる意味が理解できなかったのでしょうか?
児童や生徒を保護するのが最優先であり、教師であろうと大学生であろうと文部科学省事務次官であろうと取り締まるべきものは取り締まるのが筋です。「自由恋愛だからいいじゃないか」といった屁理屈は通用しません


駒大アンカーわいせつ逮捕の背景に「エキジョ」…駅伝ランナーは身近なアイドル
箱根のヒーローがまさかの淫行だ。神奈川県警は19日に17歳の女子高生にみだらな行為をしたとして、県青少年保護育成条例違反などの疑いで、駒沢大4年の石川拓慎容疑者(21)を逮捕した。今年1月の箱根駅伝では最終10区で力走し、奇跡の逆転優勝の立役者となったが、大会直前になんと女子高生をラブホテルに連れ込んでいたというから、日本中が騒然となった。〝常勝軍団復活〟が期待される名門の未来にも暗雲が垂れ込めてきた。この背景にはいったい何があったのか?
(中略)
しかし、今回の事件で状況は一変。駒沢大の広報担当者は「報道で今回の件を知った。事実確認中です」と話したが、最悪の場合は大八木監督の処遇に関わる可能性もあることから、ある陸上関係者は「大八木監督がクビになったら、駒沢が終わってしまう」と表情を曇らせた。
その一方で「駅伝人気がこの事件につながったのでは」との意見もある。別の駅伝ファンは「近年は大学駅伝選手の女性ファン『エキジョ』が増えています。AKB48じゃないですが『会いに行けるアイドル』的な存在で、人気選手には多くのエキジョがいるんです。中にはファンレターと称してラインのIDを渡し、返信があった選手と会ったり、飲み会を開いたという話も聞きますね」と話す。
もともと石川容疑者は陽気な性格で、駒大陸上部が運営するインスタグラムで箱根駅伝のメンバーを紹介した際には、変顔をしながら色紙に「区間賞で単位ください」と記していた。すると、優勝後にはネット上で「単位をあげてください」「石川拓慎選手の走りは素晴らしかった」との声が相次ぐなど、一躍注目選手に駆け上がった。
本来、マッチングアプリを18歳未満が使用することはできないが、女子高生は当初石川容疑者に18歳だと伝え、その後に17歳と明かしていたという。とはいえ、石川容疑者が逮捕されたのは事実。今後駒大はどのような判断を下すのだろうか。〝国民的行事〟とされる箱根駅伝のスターの大醜態だけに、スポーツ界全体への影響も大きい。


神奈川県青少年保護育成条例を知らなかった、と弁解しても通用しません。法律はそれを知らなくても適用されるのですから
また、条例違反事件では18歳以下とは知らなかったとの弁解をする人も多いのですが、これも通用しません。こどもの保護を優先するため、大人は必ず相手の年齢を確かめて18歳以上だと知っておく義務がある、というのが条例の趣旨です
なので、女子高生が18歳だと偽って告げており、それを信用したのだと主張してもアウトです。学生証などで年齢を確認しないと駄目で、相手の口にする年齢を鵜呑みにしただけでは、「確認した」とは認められません
そもそも出会い系で女の子を物色する男は、少しでも若い子とセックスをするのが狙いであり、16歳でも15歳でも飛びつくのでしょう
若ければ性経験が少なく、スレていないとか、勝手な思い込みがあるわけで
石川容疑者がこの女子高生と結婚を前提に真摯な交際を望み、相手の両親にも挨拶を済ませているのなら、「恋愛関係にあった」として不問にされるかもしれませんが、もちろんそんな手順は踏んでいません。後腐れなくセックスだけできる関係を望んでいたのでしょう
すでに文部科学省事務次官を退任した前川喜平に何を言っても無駄ですが、文部省の幹部官僚の認識がこの程度というのはがっかりです
石川容疑者は内定していた実業団入りも取り消された、のだとか。酷い言い方とは思いますが、仕方ありません

(関連記事)
箱根駅伝駒大アンカー 少女淫行で逮捕
「箱根駅伝はスポーツか?」論争
「出会い系バーに入り浸った」前文部省次官の釈明
出会い系バー通いの前川元文部次官 「貧困調査」と釈明
イケメン慶大生を強姦で逮捕 ミスター慶応候補
「ミスター慶応」渡辺陽太 6度目逮捕も不起訴
慶大生 今度は痴漢で逮捕
ミス慶応中止 広告学研究会メンバーに無期停学処分
ミス慶応中止 レイプ動画を拡散させる学生たち
ミス慶応中止 広告学研究会の集団強姦は以前から
ミス慶応中止強姦事件 広告学研究会の非道な所業
慶応大生 線路に女性を突き落とし逮捕
線路突き落としの元慶応大生に執行猶予付き判決
ミスター東洋大 わいせつ行為で逮捕
今度は千葉大医学部生が集団強姦 3人逮捕

横浜児童相談所職員2人を少女との淫行で逮捕

国会ではわいせつ教師を教育現場から排除する法律「教育職員等による児童生徒性暴力等の防止等に関する法案」が成立する見込みです。かつてのように日教組が強大な権力を握っていたなら、こうした法案は教師を圧迫するからけしからんと吠えまくり、法案を阻止するためストライキも辞せずの構えを示したと思います
さて、残念なニュースとして、横浜市の児童相談所の若い男性職員2人が、保護対象であった少女を「相談に乗るから」と騙してホテルに連れ込んで淫行した容疑で逮捕されています
青少年保護の現場で仕事をしていた経験者としては、実に不快で腹立たしい事件です
あらためて指摘するまでもなく、この2人の職員は少女たちの将来を案じてなどおらず、真摯に相談に応じる気もなく、手軽にセックスできる相手としか見ていなかったのであり、唾棄すべき所業です


横浜市の児童相談所に勤める職員2人が、一時保護された際に知り合った中学生と高校生の女子生徒に、それぞれホテルでわいせつな行為をしたとして逮捕されました。
女子生徒は「相談に乗って欲しかった。児童相談所の職員なので変なことはしないと思っていた」などと説明しているということで、警察は詳しいいきさつを調べています。
逮捕されたのは、いずれも「横浜市中央児童相談所」の職員の、八木下海斗容疑者(23)と大野正人容疑者(27)です。
警察によりますと、このうち八木下容疑者は先月、中学3年の14歳の女子生徒に対して、大野容疑者は去年10月、当時高校1年の16歳の女子生徒に対して、それぞれホテルでわいせつな行為をした疑いが持たれています。
調べによりますと、2人は児童相談所で一時保護をした子どもの指導を担当していて、一時保護された際に知り合った2人の女子生徒に対し、それぞれSNSで連絡をとっていました。
そして「2人きりになれる場所で話ができる」などと、ホテルに誘っていたということです。
調べに対し、いずれも容疑を認めているということです。
女子生徒2人は「相談に乗って欲しかった。児童相談所の職員なので変なことはしないと思っていた」などと説明しているということで、警察は職員の立場を悪用したとみて、詳しいいきさつを調べています。
横浜市の児童相談所に勤める職員2人が逮捕されたことを受けて林文子市長は「当事者の方と保護者の皆様に心からおわびを申し上げたい」と謝罪したうえで、「こんなことが起こるのは、責任者として本当に恥ずかしい。結果の重大性を認識するとともに謙虚に反省し、二度とこういうことが起きないよう職員の教育をしていきたい」と述べました。
横浜市によりますと、児童相談所では職員と子どもとの間のSNSを使ったやり取りについて、具体的なルールは定めていないということです。
逮捕された職員に関する外部からの情報提供を受けた先月、市が管轄する全ての児童相談所の職員を対象に、SNSを通じて子どもと連絡を取ったことや、施設の外で会ったことがないかなどを調べましたが、この2人以外には確認されませんでした。
市は今後、SNSのやりとりを含めた子どもとの関わり方について新たにルールを作ることを検討していて、外部の専門家から意見を聞くなどして、9月ごろをめどに指針を示したいとしています。
(NHKの記事から引用)


まずもって若い職員に少年や少女との接し方をきちんと教育し、訓練していたのか疑問です。以前も書いたように、児童相談所や養護施設、児童自立支援施設には少女にわいせつ行為をしたり、反抗的な少年を殴ったり蹴ったりする職員がいるのであり、改善されているのでしょうか?
自分の経験にばかり固執する気はありませんが、かつて若い職員を指導した際にはかならず、「自分は(わいせつ行為をしたり)しない」との返事が自信満々の様子で返ってきました。が、その根拠のない自信こそ、一番の不安です
自身が性的欲望に翻弄されたり、あるいは少年少女からの好意に自己が揺らいだり、という場面を想像できないからこそ、「自分はしない」と安易に断言できるわけで
教育現場では若い教師も、ベテランの教師も、教頭という立場にある者も、児童生徒相手に性犯罪をやり、逮捕されているのが現実です
児童相談所や養護施設、少年院の職員だから性犯罪はしない、などという保障はどこにもありません。だからこそ、若い職員に任せっぱなしにしないで彼らの行動をよくよく観察し、注意喚起と助言を与え、若手から「うるさいな」と言われるくらいの職員であり続けなければなりません
記事には「SNSのやりとりを含めた子どもとの関わり方について新たにルールを作ることを検討していて、外部の専門家から意見を聞くなどして、9月ごろをめどに指針を示したいとしています」と書かれており、これにも驚き失望します。いままで何の規範も設けていなかったのか、と
私的なSNSでの交流は禁止するのが当たり前です。新たなルールを9月までに作るとか、随分な話です
自分なら1日で起案をまとめ提出しますが。外部の専門家の意見はもちろん貴重であり、耳を傾ける必要があるにせよ、これは児童相談所職員の規範なのですから、児童相談所がまず素案を作成した上で専門家に示し、意見を頂戴するというのが筋でしょう。意見を聞いた上で指針をまとめるというのは順序が逆です

(関連記事)
横浜児童相談所職員 淫行で罰金50万円
横浜児童相談所職員 あくどい手口で少女と淫行
https://05448081.at.webry.info/202106/article_23.html
福岡 児相職員が強制わいせつで逮捕
児童自立支援施設で暴力を振るう職員
児童養護施設職員が男児に強制性交で懲役8年
児童養護施設職員が強制性交容疑で逮捕 福岡
児童相談所非常勤職員21歳 わいせつ行為で逮捕
神戸児童相談所 小6女児を深夜に追い返す
性犯罪辞職の教師を雇用 札幌児相で再びわいせつ事件
毒入りカレー林真須美の息子と淫行事件
相模原中学生自殺 児童相談所が保護せず見殺し
http://05448081.at.webry.info/201603/article_21.html
児童ポルノで停職男を小学校講師に採用
わいせつ教師3度目の逮捕 知立市の小学校
性犯罪で懲戒免職の小学教諭 裁判でも犯行否認
女子中学生と「真剣交際」の教師 懲戒免職
小4女児を教室で裸に 教師逮捕
小学校教師が4年間も盗撮続け、逮捕
男児の全裸写真撮影を繰り返した教師
小学校教諭が男児の裸撮影で逮捕
校舎内に盗撮カメラを設置 小学校教諭逮捕
立命館付属高校で教師が生徒にわいせつ行為
女性教諭が盗撮で逮捕
盗撮バレて暴行 小学校教頭の乱行
盗撮して暴行の小学校教頭 懲戒免職処分に
静岡の中学教頭 少女2人へのわいせつで懲役12年

59歳教師ストーカー 教え子につきまといか

徳島の59歳の中学校教師がストーカー規制法違反などの容疑で逮捕された事件を取り上げます
年齢は基本的に関係ないのですが、それでも59歳というのは意外な感があります。記事では10代の女性につきまとったと書かれているものの、現在の教え子か元教え子でしょう
自制が効かない逸脱っぷりに驚かされます


県内に住む10代の女性の自宅の周辺をうろついたり、浴室の窓に盗撮目的で小型カメラを設置したりしたとして東みよし町の59歳の男性教員が、ストーカー規制法違反などの疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、東みよし町加茂の教員、玉木利典容疑者(59)です。
警察によりますと、玉木容疑者は去年7月からことし3月にかけて県内に住む10代の女性の自宅付近をうろつくなどのストーカー行為を複数回繰り返したほか、女性の自宅の浴室の窓に盗撮目的で小型カメラを設置したなどとしてストーカー規制法違反と県迷惑行為防止条例違反の疑いが持たれています。
女性の家族から「浴室にカメラが取り付けられている」という通報が県警にあったことから事件が発覚し、警察が捜査を進めたところ玉木容疑者が関わっている疑いが強まったとして24日夜逮捕しました。
調べに対し「間違いない」と供述して容疑を認めているということで、警察は犯行の動機や事件の詳しいいきさつについて調べています。
(NHKの記事から引用)


逮捕されてようやく自身の行動に気がついたのでしょか?
多くの場合、ストーカー行為を繰り返す人物は「自分はストーカーではない」と言いはります。つまり、ストーカー行為を繰り返している自覚が欠如しているのです
ですから、校長が玉木容疑者に「君、ストーカー行為はやめなさい」と説教しても効果はありません。自分はストーカー行為をしていないと居直るか、相手が校長なので説教には頷きつつもストーカー行為を繰り返すか、どちらかでしょう
なので、「ビシッと言ってやれば、行動を改めるはずだ」などと期待するのは間違いです
さて、玉木被告ですが既婚者であるかどうかは不明ながら、59歳にして教え子と思われる女性に入れ込んでしまい、人生を狂わせてしまったわけです。通常ならば懲戒免職だろうと思うのですが、前例踏襲の教育委員会ですから、過去に同種の行為で懲戒免職にしたケースがないのであれば減給処分くらいのヌルい対応で済ませるのかもしれません
逮捕した警察の方も当然、送検はするでしょうが、初犯であれば罰金刑で終わる可能性があります
ならば玉木容疑者はまた、被害者女性につきまとい始めるか危険があります。心療内科に通院するなどして、カウンセリングを受けるなり、行動療法を受けて行動の改善を図るなりしないと解決するのは難しいと考えます(それでも万全、とは言い切れません)
ストーカー行為がエスカレートして殺害に至る事件が毎年起きているのですから、軽く考えるのは大間違いです。逮捕されたから解決、というものではないと肝に銘じる必要があります

(関連記事)
西尾ストーカー殺人の少年 出所後再犯で懲役1年8月
ストーカー殺人の少年が出所後また殺人未遂
三鷹女子高生殺害を考える1 ストーカー対応
三鷹女子高生殺害を考える2 無職のストーカー
三鷹女子高生殺害を考える3 ストーカー男の余罪
三鷹女子高生殺害を考える4 凶行前の行動
三鷹女子高生殺害を考える5 裸体写真をアップした理由
三鷹女子高生殺害を考える6 懲役22年の判決
三鷹女子高生殺害を考える7 東京高裁で差し戻し
三鷹女子高生殺害を考える8 リベンジポルノで追起訴
同性愛者ストーカー殺人を考える
大学職員がストーカー、同僚を殺害して逮捕
同志社女大ストーカー殺人はW不倫の結果
長崎ストーカー殺人で千葉県警本部長ら処分へ
女子大生を刺した神戸ストーカー事件を考える
三角関係でストーカーと化した女教師
平野区ストーカー殺人 懲役30年の判決
小金井アイドル刺傷事件を考える 容疑者は鑑定留置
小金井アイドル刺傷事件を考える 懲役14年6月の判決
小金井アイドル刺傷事件を考える 被害者の落ち度で炎上騒動
福山雅治宅侵入のコンシェルジュに有罪判決
岡田奈々暴行事件(42年前)の意外な結末

島根女子大生遺棄事件を考える48 事件の総括

文藝春秋デジタルに島根女子大生殺人事件を振り返る記事が掲載されています。警察はしばしば、「捜査方法に問題がなかった検証する」などと表明はしますが、本当に捜査方法を検証しているのか、それが現場で刑事事件を扱う捜査員の間で共有されているのか、疑問です
ましてや、メディアによる警察捜査への批判など、歯牙にもかけないのではないか、という気がします。それは唯一の捜査機関としての自負であるのかもしれませんし、驕りがあるからなのかもしれません(外野が分かったような口をきくな、と)
当ブログでもこの事件を幾度も取り上げましたし、警察の情報提供を呼びかけにも苦言を書きました。「不審者の情報を提供してくれ」と一方的に求めるだけで、何ら具体的な犯人像を提供していないのですから、市民が戸惑うのは当たり前です
前置きはここまでにして、記事を読んでいきましょう。長文の記事なので、全文は以下の文藝春秋デジタルへアクセス願います


【島根女子大生殺人】33歳真犯人は遺体発見2日後になぜ死んだのか

元捜査関係者が明かす。
「都さんがショッピングセンターを退出した前後に、通用口付近で、白いセダンの目撃証言が複数あった。車種はトヨタのマークⅡと見られ、まずは市内の同車種が徹底的に確認されました。やがてそれは同型種のトヨタ車にもおよび、それらの割り出し作業に時間を取られました」
しかし――。真犯人の矢野が乗っていた車は、トヨタのコンパクトカー・ヴィッツだった。初動の捜査で実際とは異なる車種への絞り込みが行われていたことになる。

白色のマークⅡが怪しい、との報道が出たのは事件から3年経った頃であったように記憶しています。しかし、この車は都さんがアルバイトをしていたショッピングセンターに勤める女性を迎えに来た夫の車、と判明しています。事件から3年を経て、まったく無関係な車両を捜査対象にし、報道を通じて情報提供を求めるという迷走振りです。加えてその後、白のマークⅡは無関係だという訂正を、警察がアナウンスしていたのでしょうか?
訂正しなければ、一般市民はいつまでも犯人は白のマークⅡに乗った人物、と思いこんでしまいます

捜査の焦点は、猟奇的な遺体の解体方法に移っていく。遺体は、内臓の一部が取り出された形跡があり、大腿骨の肉も、鋭利な刃物と見られるもので人為的に削ぎ取られていた。先の元捜査関係者は語る。
「遺体が残忍に切り刻まれていたため、合同捜査本部では犯人像について、猟奇的な性向をもつ人物であると、プロファイルしていた。レンタルビデオ店でホラー映画を借りた人物や、刃物店やホームセンターで鋭利な刃物を購入した人物を一人ずつつぶしていきました」
(中略)
だが、そうしたプロファイリングによって捜査が長期化したと、その元捜査関係者は指摘する。
「犯人像は狭まるどころか、どんどん拡大していった。あまりにも遺体が鮮やかに解体されていたため、猟師や、解剖の知識に長けた医療関係者にも捜査の網は広げられた。さらには都さんがロシア船の入港イベントに1度だけ参加したことから、ロシアの特殊部隊関係者説まで出ていました。捜査員の“思い込み”が捜査の偏りを生み、時間がかかったとの指摘があります」

捜査対象を絞り込むのではなく、むしろ捜査対象が拡大するという悪手です
もともと、捜査関係者の中には女子大学生を巡る痴情のもつれが原因の殺人で、犯人は交友関係を洗えば簡単に見つかるとの先入観があり、県立大の学生が犯人だと目星をつけ最優先に調べていたのです
犯人である矢野富栄は性犯罪の前科がありました。事件当時は県立島根大のある浜田市の隣、益田市に居住していたのですから、浜田市を中心に性犯罪の前科前歴のある居住者をリストアップしていけば、矢野富栄もそのリストに載る可能性はあったわけです
しかし、矢野は都さんを拉致して殺害し遺体を解体した直後、交通事故(あるいは事故を装った自殺)で死亡しています。なので、警察の捜査対象から抜け落ちてしまったのでしょうか?
本当のところは警察に訊かないと分かりません
事件から7年後、矢野富栄を犯人と断定した捜査本部の会見を伝える記事では、「捜査本部は今年に入り、性犯罪者が関与した可能性が高いとみて性犯罪前歴者の洗い出しの範囲を広げた。すると、今夏から秋ごろにかけ、平岡さんが行方不明になった島根県浜田市と隣接する同県益田市に、当時居住していた矢野容疑者の存在が浮上した」と書かれているだけです
矢野富栄に捜査対象を絞った警察は矢野の遺族を訪ね、遺品として残されたデジタルカメラを入手します。画像データは削除されていたのですが、データを復元すると都さんと見られる女性の遺体を解体する写真が何枚も撮影されていたと判明します
さて、捜査の方法、判断、見込みのどこに問題があったと警察が結論付けたのか、聞かせてもらいたいものです

(関連記事)
島根女子大生遺棄事件を考える23 犯罪心理学者の見解
島根女子大生遺棄事件を考える24 犯人の自己顕示欲
島根女子大生遺棄事件を考える25 むき出しの欲望
島根女子大生遺棄事件を考える26 捜査員・ブロガーの見解だ
島根女子大生遺棄事件を考える30 犯人家族の苦悩
島根女子大生遺棄事件を考える31 屍姦という行為
島根女子大生遺棄事件を考える33 警察のプロファイリング
島根女子大生遺棄事件を考える34 殺人の衝動
島根女子大生遺棄事件を考える35 犯人の育った環境
島根女子大生遺棄事件を考える36 捜査の現在
島根女子大生遺棄事件を考える37 捜査は継続中
島根女子大生遺棄事件を考える38 犯人は異常性愛者か
島根女子大生遺棄事件を考える39 過去の遺棄事件
島根女子大生遺棄事件を考える40 遺体損壊と焼却
島根女子大生遺棄事件を考える41 不審車両はマークⅡ
島根女子大生遺棄事件を考える42 容疑者死亡で送検
島根女子大生遺棄事件を考える43 矢野容疑者のプロフィール
島根女子大生遺棄事件を考える44 捜査本部会見
島根女子大生遺棄事件を考える45 矢野容疑者のmix
島根女子大生遺棄事件を考える46 矢野容疑者の前科
島根女子大生遺棄事件を考える47 犯人扱いで大学中退者も

ヒステリックブルーのナオキ 性犯罪ではないと釈明

刑事裁判の場合、事前に争点整理を行い、起訴内容に同意できる部分と同意できない部分を明らかにし、速やかに裁判が進むようにのが現在のやり方です。しかし、起訴内容に争いがある場合、公判の回数も増えますし、判決まで時間がかかります
ヒステリックブルーのナオキこと、二階堂直樹被告が起訴された強制わいせつ未遂事件は、検察官の起訴状の内容に同意しなかったため、裁判が長くなっています
5月20日の公判で行われた被告人質問の様子を毎日新聞は以下のように伝えています


女性の体を触ろうとしたとして、強制わいせつ未遂罪に問われた人気ロックバンド「ヒステリックブルー」(解散)の元ギタリスト、二階堂直樹被告(41)は20日、さいたま地裁(任介辰哉裁判官)の被告人質問で「尾行が目的だったが、一瞬触るだけなら大事にならないと思った」と事件当時の心境を説明した。
被告は弁護側の質問に対し、事件前に酒を飲んだ影響で正常な判断ができなかったと説明。その上で、数分間にわたって被害者を尾行した理由については「相手に近づき、支配欲を充足させるため」などと述べた。検察側から「性的な目的はなかったのか」と問われると、「そういう欲求はあまりなかった。最初は体を触るつもりもなかった」と答えた。
起訴状などによると、二階堂被告は2020年7月6日未明、埼玉県朝霞市の路上で通行人の20代女性の口を背後から塞ぎ、服の上から胸を触ろうとしたとしている。
(毎日新聞の記事から引用)


深夜、妻と口論になって家を飛び出した二階堂被告はラーメン店で酒を飲み、帰宅する女性の後を尾行する行動に出ます。1人目の女性の尾行は途中で止めたようですが、2人目の女性には背後から口を押さえつけています。当然ながら夜道でいきなり背後から襲いかかられたので女性はパニックになり、転倒して怪我をしてしまいました。二階堂被告はその場から逃げ去っています
よって、二階堂被告は上記の記事にあるように「強制わいせつの意図はなかった」と主張しているわけです
しかし、女性が怪我をしたのは二階堂被告が背後から口を塞いだためですから、女性の落ち度だと責めるのは大間違いであり、二階堂被告の責任が問われるのは確かでしょう
検察の主張と二階堂被告側の言い分は対立したままなので、後は裁判官が判断を下すしかありません
前回も述べたように、被害者女性は二階堂被告と示談が成立してはいるものの、彼を許す気はなく処罰するよう求めています
女性としては夜道で背後から襲いかかられれば恐怖するのであり、「わいせつの意図はなかった」などという身勝手な釈明を受け入れる気になれないのでしょう
ましてや記事にもあるような、「一瞬触るだけなら大したことにはならないだろう」との言い分を耳にすれば、「ふざけるな」と言いたくなるのでは?
二階堂被告は前回の事件で服役し刑期を終えたとはいえ、女性を蹂躙し陵辱して快感を得るという歪んだ性癖がまだ残っているのだな、と思うばかりです
実刑を科して短期間でも服役させ、もう一度考え直させるのが妥当ではないでしょうか?

(関連記事)
ヒステリックブルーのナオキ 示談成立も被害者は刑罰求める
ヒステリックブルーのナオキ 初公判でわいせつ否認
ヒステリックブルーのナオキ 強制わいせつ未遂で起訴
ヒステリックブルーのナオキ 再犯に至る事情
ヒステリックブルーのナオキ 強制わいせつでまた逮捕
岡山女児殺害事件を考える 性犯罪防止プログラムは役に立たないか
岡山女児殺害事件を考える 勝田容疑者の異常性癖
岡山女児殺害事件を考える 14年目で犯人特定
福岡女児遺棄事件を考える6 性犯罪更生プログラムは有効か?
福岡女児遺棄事件を考える7 内間被告会見記
性犯罪者に対する薬物療法の実際
今市女児殺害事件 「物色中に偶然見つけた」
今市女児殺害事件 犯行を自供した男
女児誘拐殺人犯小林薫 死刑執行
福岡強姦殺人 性犯罪を繰り返した古賀被告

ひきこもり殺人 親子の修羅場

ひきこもりの息子の暴力に苦にして殺害してしまう、という事件が珍しくない時代です
あるいがひきこもりの息子が暴発し、通り魔殺人のように無関係の人まで巻き込む事件が起きたりもします
週刊誌「フライデー」が、ひきこもりの息子を殺害してしまった父親の事件についての記事を掲載しているので、考えてみましょう
長文の記事なので、全容は以下のサイトへアクセスねがいます

20年以上ひきこもりの息子を殺害した父親の「残酷な家庭事情」

高校生の頃には煙草の吸殻を収集するという、異常な行動が見られており、精神科への通院も始まっています。そして母親が暴力の対象となるのも多くにケースに共通して見られるのであり、母親を自宅から避難させて安全を確保する対応も適切だったと考えます
ただし、この長男は生活能力がない状態ですから、アパートを借りて独り暮らしをさせても自活できないのですから、何かが解決するはずもなく長続きはしません


40歳を迎える春、清太郎の精神状態をさらに悪化させる出来事が起こる。ほとんど唯一の外部の理解者だった地域活動支援センターの担当の女性が定年退職したのだ。
清太郎は、理解者を失った混乱からか、アパートで安男に対して暴力をふるった。これまで母親に手を上げることはあっても、安男にだけはしなかった。安男にしてみれば、ついに来る時が来てしまったという気持ちだったかもしれない。
さらに清太郎は長女一家にまで敵意を向けるようになる。7月の初め、長女の子供たちの誕生会に呼ばれた清太郎が、突然長女一家への殺意をほのめかすようになったのだ。幸せな家庭を目の当たりにし、逆恨みをしたようだ。
「なんであんなに幸せなのかな。みんなぶっ殺してやりたくなってくる!」
翌日になっても恨みはおさまらず、清太郎は殺意をむき出しにした。安男は、清太郎の言動にただならぬ不安を抱くようになる。


長男の精神状態が不安定になり、他の家族へ危害を加える虞がある以上、入院させるのが適切な選択でしょう。あるいは父親や母親に対する暴力を警察に通報し、逮捕させるという強硬手段も考えられます
もちろんそれで家族関係は悪化し、場合によっては破綻するかもしれません。しかし、家族で抱え込むのには限度がある以上、いつまでも「家族でなんとかすべき」だと考えるのは誤りです
残酷な言い方になりますが、どこかで見切りをつけなければならないケースもあるのですから


「清太郎は15歳の時から数えきれないくらいの病院へ行っていました。行く先々でたくさんの薬を処方されて、一生懸命に治療に励んでいたんです。それなのに、20年以上経って別の医者の先生から『統合失調症だった』と診断を覆されました。こんな中で、清太郎に医療者を信じろ、ちゃんと治療しろとは言えませんでした。
レスパイト入院も、他人と一緒にいると脅迫観念が膨らんでしまうので逆効果なんです。病院からもどってくると、毎回病状が悪化していて落ち着かせるのが大変でした」
警察については、もし清太郎が通報されたことを知れば、復讐されるという恐怖があったらしい。
第三者はよく「入院させろ」「警察に通報しろ」という。だが、事件にいたるプロセスを見ると、そんな簡単なことではないことがわかる。
本記事で紹介できるのはごく一部なので、詳細は拙著『近親殺人』を読んでいただければと思うが、こうした事件を理解するには、家族を取り巻く状況を的確に見つめなければならないのだ。
8050問題は、近い将来、今以上に大きな社会課題になることは間違いない。だからこそ、家族の間で起こる近親殺人の実態をしっかりと見つめて考える必要がある。


何でもかんでも精神病院に入院させるべきだとは言いませんが、本件のように父親が思いつめて息子を殺害する事態に至るより、強制入院させた方がより被害は小さくて済みます
残念ながら長男は在宅で治療を継続しても大きく改善する見込みはないのであり、家族がボロボロになってしまうのを避ける選択をする必要があります。苦渋の選択ではありますが、長男を見捨てる決断を早い時期にするよう、自分なら進言します
「どうにかしなければならない」という親の責任感は理解できますが、「どうにもならない事態」というのもあるわけで、抱えきれない事態を抱え込もうとするのは無理があります
日本は世界中を見ても長期入院患者が多いのですが、そのほとんどが精神疾患による長期入院によるものです
「精神疾患の患者を病院に閉じ込め薬漬けにしている」と批判される実態はあるものの、代替する手段がそう簡単に実現するものではないのであり、家族が犠牲になるのを防ぐという側面も強制入院の措置は必要でしょう
記事では、第三者はよく「入院させろ」「警察に通報しろ」という。だが、事件にいたるプロセスを見ると、そんな簡単なことではないことがわかると書いてありますが、それでも決断しなければ家族は守れません。どうにもならないのに、どうにかしなければと思い、抱え込んでしまう方が問題だと自分は思います

(関連記事)
埼玉両親殺害事件 36歳息子を逮捕
元農水事務次官 控訴審でも懲役6年判決
元農水事務次官 息子殺害で懲役8年求刑
元農水事務次官 息子殺害で懲役6年の実刑判決
元農水事務次官 ひきこもりの息子殺害裁判
元農水事務次官 息子のいじめと家庭内暴力
元農水事務次官 ひきこもりの息子殺害で逮捕
豊川引き篭もり殺人を考える1 対処法の問題
豊川引き篭もり殺人を考える2 なぜ15年間放置されたか
豊川引き篭もり殺人を考える3 殺人事件はまれなケース
豊川引き篭もり殺人を考える4 殺人未遂のケースは多発?
豊川引き篭もり殺人を考える8 懲役30年の判決
神戸5人殺傷事件を考える 逮捕後は黙秘
神戸5人殺傷事件を考える 2度連続の精神鑑定
鹿児島5人殺害事件を考える 岩倉知広容疑者とは
実母殺害遺棄 過剰な干渉に追い詰められ犯行
今も存在する戸塚ヨットスクール
突撃おばさん
突撃おばさん その2
「ひきこもりを問題視するマスコミの異常」の異常
ひきこもり自立支援業者の拉致監禁 賠償命令

朝乃山キャバクラ問題 一緒に飲み歩いた新聞記者

久し振りに大相撲の話題です。大関朝乃山が夏場所前、相撲協会から不急不要の外出を自粛するよう呼びかけがあったのを無視し、神楽坂のキャバクラに複数回通っていたと、週刊文春で報じられた結果、夏場所を途中休場する事態になりました
今後、相撲協会で処分を決めるとされますが、大関から陥落するのは確実のようです


日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は22日、報道陣の電話取材に応じ、協会のコンプライアンス委員会による大関朝乃山(27=高砂)の聞き取り調査が21日に行われたことを明かした。朝乃山は夏場所前の緊急事態宣言中に、キャバクラに複数回行くなどし、協会作成の新型コロナ感染対策ガイドライン違反を犯していた。
夏場所後の27日に定例の理事会を予定しているが、同会で朝乃山の処分が決まるかについては「そこには出ないと思います。そんなに早く出ない」と話した。朝乃山は当初、協会の聞き取り調査に対してキャバクラ通いを否定していたが、再度の調査で事実を認め、夏場所12日目から途中休場した。事実を認めたことで、コンプライアンス委員会が本格的な事実関係の調査を進めている。
(日刊スポーツの記事から引用)


取材に応じた朝乃山の父親は、「大関から陥落し幕下以下にまで降格処分を受けても相撲を続ける」と本人の決意を代弁してます
しかし、決意云々以前に、なぜこんな事態になったのかが問題でしょう
週刊文春の記事によれば、朝乃山とキャバクラへ通っていたスポーツ紙記者の存在が明かされています
スポーツ選手と新聞記者や女子アナウンサーが親しく交友するのはあるにせよ、節度が求められるのであり、当然ながら新聞社やテレビ局は指導しているはずです。が、実態はどうなのでしょうか?
週刊文春の記事で、朝乃山とキャバクラへ通っていたのはスポニチの記者宗野周介だ、とインターネット界隈では特定されています
宗野記者はスポーツ選手に近づき、相手の内懐へ入り込むのが上手いと評判なのだそうです。つまりズブズブの関係に持ち込み、記事を書かせてもらうやり方を得意としている人物のようです。芸能人御用達の個室のあるキャバクラを紹介したのも、宗野記者なのかもしれません
相撲協会の事情聴取に大して朝乃山は当初、記事を全面否定したのだとか
宗野記者と打ち合わせた上で、しらばっくれる線でこのスキャンダルを乗り越える計画だったのでしょう
しかし、結果として朝乃山は記事の一部を認め、休場して謹慎する結果になりました
スポーツ紙の記者が全盛期の短いスポーツ選手に取り入り、遊興させてその全盛期を潰してしまうという今回の事件に、驚くとともに呆れるばかりです。確かに朝乃山の成績は大関昇進後ぱっとしないのですが、大関から陥落して力士としてのキャリアは終わってしまうかもしれません
その責任は朝乃山にあるとはいえど、宗野記者が足を引っ張ったのは確かです。彼はどう責任を取るつもりなのでしょうか?

(関連記事)
朝乃山処分 飲み歩いたスポニチ記者は解雇
立行司の式守伊之助 セクハラで解雇へ
貴乃花問題で池坊保子議長が炎上騒動
相撲界のドタバタ 賭博問題などなど
大相撲 八百長がメールから発覚して大騒ぎ
朝青龍引退もすっきりせず
元横綱朝青龍 M資金詐欺で1億円被害
野球賭博高木京介の巨人復帰は美談なのか?
巨人の福田聡志投手 野球賭博で永久追放か
暴行で書類送検の巨人山口に「処分甘すぎ」との声
暴力事件の巨人山口投手 今季は出場停止処分に
巨人山口投手 泥酔暴行で書類送検
西武ライオンズ相内誠投手 喫煙飲酒発覚で処分
斎藤佑樹(ハンカチ王子)がポルシェをねだって騒動
西武・大久保コーチ解任 「陽気な兄貴」と擁護するコラム
解任されたデーブ大久保への奇妙な同情論
韓国野球選手「活躍出来なかったのは日本の差別のせい」と主張
大阪カラオケパブ殺人 常連客で56歳の容疑者逮捕

茨城一家殺害事件を考える 動機なき殺人?

「理由なき反抗」とか「動機なき殺人」などの惹句をメディアは好んで使います。見出しに使えるからでしょう
しかし、本当に「動機なき殺人」というものがあり得るのか、検討などしないで使っているのは明らかです
犯罪の中でも殺人の場合はその動機、目的を明確に言語化し、伝達できるとは限りません。あるいは犯人が率直に犯行の理由を語ろうとしても、聞き手がそれを受け入れ解釈できるかどうか?
岡庭容疑者は逮捕後、殺人については否認していると報じられており、認める気はないのかもしれません。しかし、岡庭容疑者が動機を語らないとしても「動機なき殺人」と決めつけるのは大間違いです
以下、フライデーの記事から引用します


茨城一家殺傷事件 ヤバすぎる「動機なき殺人」が起こった背景
「有毒植物のトリカブトやサリンの生成に関する本などが押収されていたことも判明しました」(全国紙社会部記者)
どんよりとした曇り空の下、5月11日午前、埼玉県三郷市の住宅街で岡庭由征(よしゆき)容疑者(26)の家宅捜索が始まった。両親と暮らしていた自宅は、地元の名士である祖父宅の敷地内にある一軒家だ。捜査員10人ほどが次々と家屋の中に入っていく。
「捜索が終了したのは実に7時間後でした。このガサで茨城県警は岡庭容疑者が普段使っていた小さな離れを徹底的に調べていました。もしかしたら、この場所で毒物の生成を行っていた可能性もあります。また、捜査員がシャベルを持っていたので、凶器や返り血を浴びた衣服などの決定的な証拠があるかもしれないとみていたのでしょう」(前出・記者)
岡庭容疑者の凶悪な手口が徐々に明らかになってきた。
’19年9月23日未明、運転免許を持たない岡庭容疑者はスポーツタイプの自転車を走らせ、自宅から約30㎞も離れた茨城県境町にある会社員の小林光則さん宅に侵入した。そして、小林さんと妻の美和さんを刃物で殺害。長男も刺傷させ、次女にはクマ撃退スプレーをかけている。
「スプレーの購入履歴や現場に残されたレインブーツの足跡から犯人の特定が進められました。その捜査の過程で浮かび上がったのが、過去に通り魔事件で逮捕歴があった岡庭容疑者でした」(前出・記者)
岡庭容疑者は、’11年11月、埼玉県三郷市の路上で見かけた中学3年生の女子生徒の後をつけ、右顎を包丁で切りつける凄惨な事件を起こしている。さらに2週間後にも千葉県松戸市の路上で小学2年生の女児を尾行。少女が逃げようとして転んだところに、岡庭容疑者は小刀を振り下ろし、重傷を負わせた。
「当時16歳だった岡庭容疑者は警察の取り調べで、『女子中学生の首を狙って刺したが、殺せなかった』『次は確実に殺そうと思い、小さな子を狙って何度も刺した』と供述しています」(民放テレビ局記者)
この事件を起こす直前、岡庭はトラブルを起こして千葉県内の私立高校を自主退学していた。同級生は当時をこう語る。
「岡庭は『生首野郎』と呼ばれて校内では有名人でした。2年生の時、教室に猫の生首を持ってきたんですよ。クラスメイトに猫の生首の写メを見せたら『持ってきて』と言われて、本当に持ってきた。『次は人間の生首』とも言っていたみたいです」
通り魔事件で世間を震撼させた岡庭容疑者は、医療少年院を’18年に出所した後、埼玉県深谷市にある精神障害者のための自立支援施設で共同生活を送っていた。
「しかし結局は、1〜2年前に実家に戻っていた。一緒に住んでいた両親は祖父から資金援助を受けて、ほとんど家から出ずに息を潜めていました」(前出・記者)
実家で岡庭容疑者は着々と「殺人計画」を練っていたのだろう。
5月7日に逮捕された岡庭容疑者は茨城県警の取り調べに対して、容疑を否認しているという。しかし、昨年11月に硫黄(いおう)を大量所持していたとして埼玉県警に条例違反で逮捕された際には饒舌(じょうぜつ)だった。
「埼玉県警の刑事が硫黄のことしか聞いていないのに、『(僕は)人を殺したくてしょうがないんです』と話し始めたそうです。昨年の逮捕時は顔もむくんで茫然としていた。取り調べでは、しばらく思ったことをそのまま話してしまったのではないでしょうか。
その後、留置所生活を送って、冷静になった。私選ではなく国選弁護人がついているところを見ると、実家からは見放されているのでしょう。ただし、送検の際、マスコミのカメラを睨みつけていたところを見ると、すんなりと容疑を認めるとも思えません」
岡庭容疑者の澱(よど)んだ狂気が解明されることを願うばかりだ。


概ね既報の事柄ばかりです。ただ、注目に値するのは証拠がほとんどない事件と言われながらも、催涙スプレーとレインブーツの購入者から岡庭容疑者を割り出した、という部分でしょうか
Amazonなり楽天の購入履歴を警察が入手し、埼玉や東京、茨城在住の購入者を当たっていったのでしょう
こうした地道な捜査手法もバカにはできないわけです
さて、話を戻して犯行の動機は本当にないのでしょうか?
考えられるのは岡庭容疑者が10年前に起こした事件です。女子中学生と女子小学生が岡庭容疑者の刃物で刺されていますが、命は取り留めています。つまり殺し損ねたのが、今回の犯行の動機だったのではないか、と考えらます。「刃物を使って人を殺す」経験を望みながら、前回は未達に終わったため、今回は完遂させようとしたのだ、と
また、刃物を使って女子中学生や女子児童を刺すというのは、自分のペニスを使って強姦する行為と同義、とも考えられます。10年前は強姦殺人に踏み切るまでには、岡庭容疑者は成熟していなかったのかもしれませんし、自分の欲望をそこまで明確に意識していなかったのかもしれません
が、今回は強姦殺人の実行を考えた可能性もあります。ただ、綿密な犯行計画を立てて実行に移したものの、沈着冷静には事を運べず殺人のみにとどまった…という仮説も考えられます(現場を下見までしていた岡庭容疑者ですから、小林さん方の家族構成も把握してのでは。小林さん夫妻を殺害し、長女を強姦した上で殺害する計画だったが、長女が寝ている部屋にはたどり着けなかったのかも)
被害者である小林さんの妻が岡庭容疑者に切りつけられながらも必死で警察に通報したため、岡庭容疑者は慌てて立ち去らざるを得なかったのでしょう
妙にプライドの高そうな岡庭容疑者ですから、計画通りにはいかず失敗した、とは取り調べの場の言えないのでは?
以上のようにあれこれ推測はできるのですから、安易に「動機なき殺人」などと決めつけるのは止めた方がよいと思います

(関連記事)
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者は反社会パーソナリティ障害か
茨城一家殺害事件を考える 酒鬼薔薇事件と似てる?
https://05448081.at.webry.info/202106/article_10.html
茨城一家殺害事件を考える 治療の対象か否か
茨城一家殺害事件を考える 医療少年院送致から事件まで
茨城一家殺害事件を考える 容疑を否認
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者は異常者なのか
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者の変貌と殺意
茨城一家殺害事件を考える 逮捕状請求
茨城一家殺害事件を考える 行動裏付けの困難
茨城一家殺害事件を考える 容疑者は10年前のナイフ少年か
茨城一家殺害事件を考える 容疑者特定か?
茨城一家殺害事件を考える 一か月経っても捜査進展なく
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える1 犯行の目的
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える2 16歳の少年逮捕
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える3 ナイフ収集と動物虐待
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える4 ナイフを収集した意味
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える5 ナイフを買い与えた親
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える6 刑事事件として起訴
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える7 保護処分を求め家裁に送致
世田谷一家殺害事件から15年
世田谷一家殺人 「犯人は15歳から22歳」と警察

日本刀をねたむ中国、韓国

韓国や中国のメディアの配信記事に、「日本刀の起源は朝鮮刀である」とか、「日本刀は中国の刀剣を真似たもの」といった内容が散見されます
今回はこうした記事が繰り返される背景を考えます
まず言えるのは、日本刀が美術品として高い評価を得ているのを妬み、羨んでいるがゆえ、日本刀作りは朝鮮の技術を盗んだものだとか、中国こそが刀剣作り発祥の地であると言いたくなるのでしょう
サーチナの配信記事と、インターネットの掲示板「5ちゃんねる」に貼られた韓国メディア「トゥディ・コリア」掲載記事の翻訳の2本を引用します


美術品としても名高い日本刀、「唐の技術を学んだに違いない」=中国
日本刀は日本の伝統文化を代表するものの1つだが、中国メディアの快資訊はこのほど、日本刀は唐の時代の刀の技術をこっそりと盗んで発展させたものだと主張する記事を掲載した。
記事の中国人筆者によると、日本刀の技術は飛鳥時代に朝鮮半島で行われた「白村江の戦い」がきっかけで日本に伝わったと主張した。日本と百済の連合軍が唐と新羅の連合軍と戦ったこの戦争で日本側は敗北したが、この時唐の兵士が使用したのが「横刀」で、丈夫で切れ味のよい「横刀」が唐の勝利に大きく貢献したと伝えた。
この「横刀」は、南北朝時代の「宿鉄刀」の改良版だと記事は紹介した。当時としては最先端の鍛造技術を使用しており、その作刀工程は複雑で特殊な熱処理を施していたため、コストが高く製作に時間もかかったという。しかし、その品質は極めて高かったそうだ。
記事は、日本刀はこの「横刀」の弟子のようなものだと主張した。「白村江の戦い」で敗れた日本は、「唐の作刀技術を学び、日本刀を作り出した」と主張している。しかし、日本は「横刀の真髄を学ぶことはなく、簡素化した作刀方法に変えたので、日本刀はもろくて横刀ほど使い勝手が良くはなく、切れ味も横刀には及ばなかった」と主張した。
それで記事は、当時の「横刀」は世界一のレベルで「冷兵器の覇者だった」ものの、その後に銃や大砲が出てきたため廃れてしまい、その作刀技術は失われてしまったと残念そうに伝えた。日本刀は独自の鍛冶方法で作られており、中国刀とは全くの別の発展を遂げている。中国としては、日本刀が現代にも伝わり、世界的にも美術品としての価値が認められていることに対するひがみがあるのかもしれない。


高麗伝統技術、歴史の中に埋もれた刀…取り戻す
・私たちの刀作りの技術を再び蘇らせよう
伽耶時代にキムスロ王が日本に刀を初めて伝達したとされている。刀を作る製鉄技術は百済側から渡されたと見ている。その後、日本ではサムライ精神とあいまって刀が発展し、世界的に日本刀が最も有名になった。クォン所長は、「日本刀は一つで1千万ウォンから1億ウォンを超えるものもあるとし、我が国は代が絶たれる。 参考資料が何もなく息苦しい」と話した。 彼は、「日本で刀専門家の在日同胞一世に会ったが、我が国の朝鮮の刀を持っていた」とし、私たちの国で作られた刀を日本で見たことは嬉しいが、伝統を奪われたと思い、腹もすごく立ったという。
・刀作る伝統技術、キッチン刀から…
我が国は刀が武器とされるので作ることができない。武器の所持許可を受けないといけないほどややこしい。 そのためクォン所長は、キッチン刀を作ろうと考えるようになったという。 国内主要ブランドの中で認知度が最も高いブランドはHenckelsの製品だ。消費者の認知度が約8割に達する。
高麗伝統技術は、蓄積圧接工程が可能な板材状態にし、蓄積圧接工程で多層構造の素材を生産して、微細組織を制御してキッチン用刀を製作する方法を考案した。伝統の製錬や鍛接技術、現代生産技術を融合させた高品質、高付加価値のキッチン用刀を製作する方式だ。
-「伝統鍛接技術を融合した蓄積圧接方式で『鍛冶屋で作る技術をアップグレードさせよう』という覚悟で研究を始め…」
-「異種金属接合多層構造素材の開発は、高品質のキッチン用刀以外でも多様な分野に応用され事業化されており、大きく発達していない関連産業分野に波及効果が大きいと考え…」
クォン・ホヨン所長は、「伝統的な鍛接工程の専門技術者と共に研究を進めており、特に日本の刀剣製作技術をベンチマーキングして、キッチン用刀を生産できる技術とキッチン用刀を製作する方法について、特許を登録し、源泉技術を確保している」と強調した。
(トゥディ・コリアの記事から引用)


サーチナの記事では横刀とか宿鉄刀とか持ち出していますが、その製造法が失われたのでは、起源を主張してもなんだかな、と思うだけです。もちろん、日本刀の製造技術がすべて日本発祥などと言うつもりはなく、白村江の戦いで敗れたのも、日本は青銅製の武器であったのに新羅・唐は鉄の武器を使用したとの説もあります。そして、当時は人の行き来も盛んであり、製鉄法が日本に伝わったと考えられます
しかし、こうした中国や韓国メディアの記事を読んでいると、まず製鉄法そのものについて知らないまま書いていたり、刀剣の製造法も理解していないのが分かります
おそらくは動画サイトにある日本刀の製造の模様は観ているのでしょうが、誤解している節もうかがわれます。日本刀は鋼を叩いて伸ばし、焼きを入れる工程を繰り返すのですが、それを原始的な手法だと思い込んでいる韓国人もいます。朝鮮(あるいは中国)の製鉄法は進んでおり、高度な技術があったとか、日本のやり方では刀を量産するのに向いていないから時代遅れなやり方である、と指摘する者もいます
中国や朝鮮の刀作りは上記の記事にある鍛造法以外にも、鋳型の鋳鉄を流し込んで成形し、研ぎ上げる方法もありました。これは元々、青銅器の製造法です。が、こうした鉄は不純物が多く、固いけれど脆いのであり、はがね(鋼鉄)の刀剣とは切れ味が違います
日本刀の叩いて焼きを入れる鍛造法は単に刀の形を整えているのではなく、刀身に含まれる炭素量を調整し、より強いはがねを作るための技術です。はがね(鋼鉄)は含有する炭素量が少ないほど優れたものにるため、繰り返し焼きを入れて刀身の炭素を多く含んだ部分を剥がし、炭素の少ない部分だけが残るようにしているのです
また、中国や朝鮮の鉄鉱石や石炭には硫黄分が多く含まれており、硫黄を含んだ鉄はどうしてももろくなります。なので、中国や朝鮮がすぐれたはがね(鋼鉄)を作る技術があったとの主張には疑問符がつきます。製鉄段階で硫黄分を抜く脱硫法が必要となるのですが、これは19世紀になって反射炉やベッセマー式転炉の発明によって可能になるのであり、19世紀以前の中国や朝鮮にこの技術があったとは考えられません
日本は硫黄分の含有量の低い砂鉄を原料にすることで、この難問をクリアし純度の高いはがねを作ったのです(当然の話として砂鉄を用いた製鉄法は世界各地に存在しており、日本独自のものというわけではありません。中国にも存在したのでしょう)
「トゥディ・コリア」の記事は高麗伝統技術などと書いていますが、古来の製鉄法など微塵もなく、最新の技術を使って包丁を作る話です。しかも「日本の刀剣製作技術をベンチマーキングして」などと言うものの、露骨なパクリでしょう
最後に堺の打刃物の動画を貼っておきます

堺打刃物 鍛冶職人 奥上 祐介



(関連記事)
「日本剣道の起源は韓国」と言い張る人たち
インチキ韓流ブーム 韓国の呆れた剣術
韓国哲学者 「文化は独自性より、質が大事」
「日本の歌舞伎の起源は韓国」と報じる朝鮮日報
「東洲斎写楽は韓国人ニダ」説の映画化
文化観の違い パリ・ジャパンエキスポを巡って
文化とは輸出して儲けること 韓国メディア
「J-POPはなぜK-POPに完敗したのか」という記事
防弾少年団の魅力 韓国評論家によるBTS論
「韓流で文化覇権を目指す」と書く韓国メディア
「韓流が日本精神を揺さぶっている」と書く韓国メディア
「大豆と米の起源は古代朝鮮」と書く韓国教授
「韓国起源説」は日本の陰謀だと主張する韓国
「豆腐強国である韓国」と主張する微妙なエッセイ
「日本は古代、韓国の直轄領土」と主張する韓国の歴史学者
韓国歴史者「日本の神々は朝鮮半島の祭神だ」と妄想
松本潤「K-POPはルーツはジャニーズ」発言で物議
「韓流イベント」の記事を書いたら名誉毀損だ、削除しろと言われた件
K-POPは卑猥なダンスが売りなのか?
BoAのハリウッド進出映画 3年で完成、公開
中国紙「韓国が日本を制し流行発信地になった理由」
韓国メディア「K-POPで日本を超える経済大国に」
新大久保韓流タウンの衰退を嘆く韓国メディア
韓国ドラマ売上激減
「少女時代」ジリ貧 横浜アリーナで無料ライブ
日本マスコミが報じないK-POP少女時代の米進出「大惨敗」
世界を席巻するK-POP「江南スタイル」
「江南スタイル」がヒットしない日本に韓国人がブチ切れ
GQ誌「韓流は世界を制するのか」
東浩紀「韓国との多文化共生を諦めてはならない」

吉川友梨ちゃん誘拐事件(2003年)は未解決のまま

2003年、大阪府熊取町で当時小学4年だった吉川友梨ちゃんが行方不明になった事件から18年が経過しています。大阪府警は、府内の繁華街や駅前にある大型スクリーンで情報提供を呼びかける動画を流した、と報じられています
事件の概要を振り返ってみましょう


2003年5月20日、小学4年生だった吉川友梨さん(24)が行方不明になった事件で、当時現場付近で目撃された不審な白い車に、男と友梨さんとみられる女児が乗っているのが目撃されていたことがわかった。捜査関係者が明らかにした。府警はこの男が連れ去った疑いがあるとみて、未成年者略取誘拐容疑で捜査している。
友梨さんが行方不明になったのは03年5月20日午後3時ごろ。府警によると、下校途中に熊取町七山の路上で目撃されたのが最後という。ここから自宅へ至る約200メートルの間に、行方がわからなくなった。
この時間帯に友梨さんの進行方向上に止まっていた白い車の目撃情報が事件後から複数寄せられており、車体の特徴から1983~90年製のトヨタ「クラウン」とみられている。
13年5月、この車の車内を目撃したとする情報が新たに府警に寄せられた。目撃者は自分の車を運転し、白い車を右横からゆっくりと追い越した。その際運転席の男と目が合い、にらまれたという。また助手席に小学生ぐらいの女児がうつむき加減で乗っていたとも証言した。
府警はこの女児が友梨さんとみており、捜査対象となったクラウン約2300台について、所有者の割り出しなどを進めている。
(朝日新聞の記事から引用)


白いクラウン
小学校から下校する途中、何者かによって連れ去られた可能性が大です。普段の様子から、彼女自身が家出をするなど、自ら行方をくらます原因や事情はなかったものとみられています
目撃情報として浮かんだ白いクラウンですが、大阪はもちろん兵庫や京都など、近隣県で登録されている車の所有者を警察は調べたのでしょう
しかし、容疑者は絞り込めていません。また、クラウンに近い形のチェイサーとかマークⅡについても、当然ながら調べたはずです
警察に寄せられた目撃者情報としては白いクラウン以外にも、赤いスポーツタイプの車や黒色乗用車、白いライトバンなどが事件の前後に付近で見かけられたとされます。ともあれ、車で連れ去ったと考えて間違いないでしょう
わいせつ目的の誘拐
この事件で身代金の要求はなかったのですから、最初からわいせつ目的で大阪の郡部、田舎で学校帰りの女子児童を狙ったものと推測されます
前にも書いたように、この種の事件で「犯人は土地勘のある人間」=地元の住人、との見立てで捜査するケースもあるのですが、逆に目撃されて身元がバレるのを警戒し、見知らぬ土地へ足を運んで事件を起こす場合もあり得るわけで、単純に決めつけるのは避けるべきでしょう
車を使えば50キロ、100キロ離れた場所への移動可能な時代です
当時ならば、小学生の女児に学校関係者であるとか警察だとか詐称し、車に乗せるのは難しくなかったはずです
クラウン=おっさん?
さて、上記の記事に立ち戻って、白いクラウンを目撃したとの情報を寄せた人物は、「運転席の男からにらまれた」と語っています。この情報が犯人に結びつくのであれば、犯人は単独犯でしょう。運転席にいたのが若い男であったのか、中高年だったのか、目撃者にはどう映ったのでしょうか?
警察もそこまでは情報を公開する気はないようです。もし、目撃者が「運転していたのは若い男だった」と語ったとしても、その目撃情報自体が誤りであった場合、世間一般に「若い男が犯人」だとミスリードしてしまう危険があるからでしょう
クラウンに乗っている男といえば「おっさん」という気もしますが、若いヤンキーでもヤングエグゼクティブ気取りでクラウンに乗っていたりしますので、決めつけるべきではありません
事件が2003年ですから、現在のように各地に監視カメラがあったり、一般車両にドライブレコーダーがついているはずもなく、不審車両の足取りを追うのは困難だったはずで、捜査が行き詰まったのはやむを得ないといえます。しかし、だからといって捜査をしない理由にはなりません

(関連記事)
大阪女児誘拐事件を考える 裁判でのやり取り
大阪女児誘拐事件を考える 初公判「誘拐はしていない」
大阪女児誘拐事件を考える 「家に帰りたくない」
大阪女児誘拐事件を考える 通行人に助けを求めなかった?
大阪女児誘拐事件を考える 中学時代は優秀とか
大阪女児誘拐事件を考える 「誘拐するつもりはなかった」
新潟少女監禁事件を考える1 犯人の異常行動
新潟少女監禁事件を考える2 警察の失態
新潟少女監禁事件を考える3 佐藤宣行の精神鑑定
新潟少女監禁事件を考える4 刑務所を出所
カリフォルニア少女監禁事件 禁固431年の刑
性犯罪被害者へ18億円の保証金支払い
若い女性を監禁した「監禁王子」事件を考える1 懲役14年
「監禁王子」事件を考える2 戻るべき場所
倉敷女児行方不明事件 懲役6年6月の判決
倉敷女児行方不明事件 「自分好みに育てたかった」
倉敷女児行方不明事件 犯人を岡山で確保
倉敷女児行方不明事件 公開捜査も手がかりなし
埼玉失踪少女事件を考える1 2年間も監禁状態
埼玉失踪少女事件を考える2 犯行計画
埼玉失踪少女事件を考える4 「なぜ逃げ出さなかったのか」という疑問
埼玉少女失踪事件を考える7 誘拐の目的
埼玉少女失踪事件を考える8 単なる同棲だとする説
埼玉少女失踪事件を考える10 懲役15年求刑
埼玉少女失踪事件を考える13 控訴審は懲役12年の判決
10歳女児2人に手錠をかけ暴行 懲役11年
未解決の誘拐・失踪事件 庄山仁君失踪(昭和44年)
未解決の誘拐殺人 城丸君事件(1984年)
少年誘拐ホルマリン漬け事件(昭和32年)
住友家令嬢誘拐事件(昭和21年)
島根女子大生遺棄事件を考える40 遺体損壊と焼却
島根女子大生遺棄事件を考える41 不審車両はマークⅡ
島根女子大生遺棄事件を考える42 容疑者死亡で送検
島根女子大生遺棄事件を考える43 矢野容疑者のプロフィール

村上春樹とレイモンド・カーヴァー 救済の不在

加藤典洋著「村上春樹論集②」(若草書房刊)に収録されている「異質な眠りの感触」を取り上げます
赤文字は加藤典洋の論評からの引用、紫文字は村上春樹の著作からの引用、黒文字は自分の文です
この加藤典洋の論評「異質な眠りの感触」は村上春樹の短編小説「眠り」を取り上げたものですが、自分の興味はそこではなく、以下の部分にあります

(22ページ)
村上の翻訳したレイモンド・カーヴァーの作品に、「ささやかだけど、役に立つこと」という不思議な読後感を残す短編がある。
(以下、「ささやかだけど、役に立つこと」の要約が書かれていますので、これをさらに要約します。8歳のこどもが交通事故に遭って入院した後、たびたび嫌がらせの電話がかかってくる。こどもは病院で亡くなる。後に電話をかけてきたのがこどもの誕生日祝いのケーキを注文したパン屋だと判明する。こどもは誕生日の当日、交通事故に遭ったため、親はケーキを受け取りに行くどころではなくなったのだ。注文のケーキを受け取りに依頼主が現れず、代金をもらえなかったパン屋が嫌がらせのために電話をしていたのだ。こどもの両親はパン屋に苦情を言うため、深夜店へと向かう。パン屋の店内でこどもの両親とパン屋のおやじが向き合い、3人は夜が明けるまで語り合う、という物語です)
この短編集のあとがき「レイモンド・カーヴァーの早すぎた死」の中で、村上は、この短編に触れ、こう書いている。
この短編小説では、
・・・・・・夫婦はパン屋に押しかける。そして彼らは互いの苦しみを夜があけるまで語り合う。そして、彼らはある種の救済へと到達するのだ。もちろんそれは本物の救済ではない。そこではまったく誰も救われはしない。すべては失われ、損なわれてしまっている。子供は死んでいる。ケーキは腐っている。夫婦はうちのめされている。パン屋の人生は破滅している。救済はどこにもない。でもそれはいうなれば救済があるはずの空白なのだ。そこでは救済は「救済の不在」という空白の形をとって姿を表す。つまり不在というかたちをとった存在である。そう、そこには救済があってもよかったのだ。でも実際にはない。しかし、ないにしても、とにかく彼らはそこまでいったのだ。そしてそれはいつか、「ささやかだけれど、役に立つ」かもしれないのだ。それは誰にもわかりはしない。でもやるだけの価値はあるのだ。
(『ささやかだけれど、役に立つこと』中央公論社)

ここから村上春樹の「パン屋再襲撃」を思い起こす人もいるでしょうし、先に当ブログでも取り上げた村上の短編「アイロンある風景」における海浜での焚き火を囲んだ会話を思い起こす人もいるのでしょう。あるいは「ノルウェイの森」をここでいうところの「救済の不在」の物語として解釈する人もいるのでしょう
レイモンド・カーヴァーのテキストを下地に、そのさらなる発展形として物語を構築する村上春樹の手腕に驚くだけでなく、感心もします
『ささやかだけど、役に立つこと』とは、いかにも村上春樹の小説の登場人物が口にしそうな台詞です
ただ、そこには魂の救済はなく、読者が求めるようなカタルシスは与えてはくれません

(24ページ)
カーヴァーはこの小説を、そこに救済がある、というようにも書けた。そこに救済がない、というようにも書けた。小説家はその小説をどのようにも書ける、という意味で。しかし彼はこの小説をそのいずれのようにも書きたくなかった。つまり救済がある、のではない。しかし救済がない、のでもない。そこには(実際にはないのだが)救済があってもよかった。あってもおかしくなかった。その、あってもおかしくない、でもない、ということ。秤りの受け皿の両方で、二つのものがつりあう。その一方をそうっと、極めてそうっと持ち上げると一瞬、何もないのに、空白と一方がつりあう。なぜだろう。一方の実在が、こう思う、そこには自分の対応物はない、でもあってもよかった。そう思う、その一瞬だけ、秤りは動かない。

『ささやかだけれど、役に立つこと』では夜明けまで夫婦とパン屋が語り合いながら最後に、子供の母親は誕生日のあの日に息子が死んだことを告げます。しかし、パン屋の主人は夫婦に対し、お悔やみを申し上げようともせず、自分の八つ当たりで電話をかけ続けた行為を謝罪もせず、のし棒をカウンターに戻し、エプロンを外しててカウンターの上へ投げ、二人を見てゆっくりと首を振り、テーブルの椅子を引く・・・という動作が描かれ、小説の最後には「テーブルの上には書類や領収書や計算機や電話帳なんかか載っていた」で締めくくられるのです
息子の死に打ちのめされた夫婦と、日々の仕事にくたびれたパン屋の主人の何とも言えない姿で幕を閉じるこの短編は示唆に富んでおり、深い余韻を読者に与えます
こどもの死を夫妻から聞かされたパン屋の主人が、型通りのお悔やみの言葉を述べたという終わり方ならば、読者には何の余韻も与えず、記憶にさえ残らない短編小説で終わっていたに違いありません
そして、こうした物語上のテクニックを村上春樹が吸収し、用いていることに感嘆させられるのです
蛇足ですが、火曜サスペンス劇場のようなドラマを思い浮かべてください。刑事によって断崖の上に追い詰められた犯人は、長々と自分が殺人に至った経緯、動機を語ります。しかし、刑事はその動機が犯人の勘違いであり、独りよがりであると指摘し、犯人は愕然として泣き崩れるのです。そうしたドラマの作り方が視聴者にカタルシスを与え、爽やかな余韻や感動を与えるものと信じられ踏襲されているわけです
が、カーヴァーの小説の描き方と比べれば違いは明らかでしょう
かくして火曜サスペンス劇場は凡百の物語として消費され、忘れ去られ、記憶にも残らないわけです

(関連記事)
村上春樹「一九七三年のピンボール」 不在という存在
村上春樹「一九七三年のピンボール」研究Ⅲ
村上春樹「一九七三年のピンボール」研究Ⅱ
村上春樹「一九七三年のピンボール」研究
「1973年のピンボール」
「風の歌を聴け」 デレク・ハートフィールド考
「風の歌を聴け」 デレク・ハートフィールド讃
村上春樹「アイロンのある風景」と「焚き火」
村上春樹「アイロンのある風景」を眺めて
村上春樹が世界の読者に刺さる理由
村上春樹 井戸と異界の物語
「風の歌を聴け」 回想あるいは追憶、創作
「ノルウェイの森」 直子の人物像について
村上春樹「風の歌を聴け」 自我の語りと沈黙
「風の歌を聴け」 鼠は主人公の影
「ノルウェイの森」 直子と緑
「ノルウェイの森」 直子の自死について
「海辺のカフカ」 自己愛の行方
「海辺のカフカ」を巡る冒険 性と暴力の神話として(2)
「海辺のカフカ」を巡る冒険 性と暴力の神話として
中国は「ノルウェイの森」をどう読んだのか2
中国は「ノルウェイの森」をどう読んだのか
「ノルウェイの森」をセカイ系だと批評する東浩紀

村上春樹に言及した記事は本文右のテーマ別記事から「村上春樹」をクリックすると表示されます

箱根駅伝駒大アンカー 少女淫行で逮捕

陸上長距離界の強豪校である駒沢大学の石川拓慎選手(4年生)が、17歳の女子高生にみだらな行為をした容疑で逮捕された、と報じられています。石川選手は今年の箱根駅伝で駒沢大学のアンカーとして走り、逆転優勝を飾ったランナーです
立件に自信があってこそ警察の逮捕に踏み切ったのであり、濡れ衣とか冤罪ではないと思われます
さて、どうなるのでしょうか?


箱根のヒーローが一転…。神奈川県警は19日、17歳の女子高校生にみだらな行為をしたとして、県青少年保護育成条例違反などの疑いで、駒沢大4年の石川拓慎容疑者(21=東京都世田谷区)を逮捕した。
県警によると、昨年12月20日と今年1月17日、川崎市多摩区と東京都世田谷区のホテルで、18歳未満であることを知りながら、相模原市の女子高校生にみだらな行為をした疑いが持たれているという。
石川容疑者は、今年の東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)に最終10区のランナーとして出場。首位を走っていた創価大から3分19秒遅れの2位でタスキを受けると、20・9キロ過ぎで捕らえ、そのままトップでゴールに飛び込み、奇跡の逆転優勝の立役者となった。
レース後には、箱根駅伝で出走したメンバーのうち、9人が3年生以下(当時)で構成されていたことから、駒沢大の大八木弘明監督(62)は「それこそ3大駅伝(出雲、全日本、箱根)は取りに行きたい感じはする」と話していた。
しかし、まさかの事態に周辺は困惑気味。駒沢大の広報担当者は「報道で今回の件を知った。事実確認中です」と戸惑いを見せた。場合によっては指導者である大八木監督の処遇に関わる可能性もあるため、ある陸上関係者は「大八木監督がクビになったら、駒沢が終わってしまう」と表情を曇らせた。
〝令和の常勝軍団〟へ新たな一歩を踏み出した駒沢大だが、思わぬトラブルに巻き込まれてしまったようだ。
(東スポWebの記事から引用)


上記の記事によれば、「県青少年保護育成条例違反などの疑い」と表現されており、何とも微妙です
よくあるのは少女の裸の写真、あるいは動画も撮影しており児童ポルノ法違反でも立件されるケースです。単なる撮影と画像の保持でも有罪となれば罰金刑が科されます。動画を販売したり、他人に譲渡したりしていたのなら、裁判官の心証はさらに悪くなります
条例違反事件は罰金刑で決着する場合が多いとはいえ、石川選手は4年生ですから競技に復帰できるかどうか?
罰金納付で事件は決着しても、陸上部の活動は自粛せざるを得ず、事実上の引退に追い込まれるのかもしれません。が、それも身から出た錆であり、他人を恨んでも解決などしません
陸上競技を続けようと実業団の強豪チーム入りを目指しても、入社試験でハネられるでしょう。入社してから性犯罪に走られたのでは、企業イメージが傷つくからです。会社はイメージアップのため、企業スポーツに力を入れているのですから

(関連記事)
箱根駅伝駒大アンカー 淫行逮捕も擁護する声
「箱根駅伝はスポーツか?」論争
イケメン慶大生を強姦で逮捕 ミスター慶応候補
「ミスター慶応」渡辺陽太 6度目逮捕も不起訴
慶大生 今度は痴漢で逮捕
ミス慶応中止 広告学研究会メンバーに無期停学処分
ミス慶応中止 レイプ動画を拡散させる学生たち
ミス慶応中止 広告学研究会の集団強姦は以前から
ミス慶応中止強姦事件 広告学研究会の非道な所業
慶応大生 線路に女性を突き落とし逮捕
線路突き落としの元慶応大生に執行猶予付き判決
ミスター東洋大 わいせつ行為で逮捕
今度は千葉大医学部生が集団強姦 3人逮捕

「ひょっこり男」有罪判決で執行猶予も取消か

自転車でフラフラと走行しながらふいに対向車線に飛び出して車の通行を妨害する、埼玉県の「ひょっこり男」の裁判は実刑判決が言い渡されています
被告成島明彦は危険運転3件と、危険運転を注意してきた男性を殴った暴行の罪など4件で起訴されていました
ただ、今回裁判で問われた事件の前にも同種の事件を起こしており、懲役2年執行猶予4年を言い渡されていました。今回の有罪判決を受けて執行猶予は取り消され、あらためて懲役2年の実刑が加算されるはずです
判決を伝える記事を2本、貼ります


走行中の車に対し自転車であおり運転をしたなどとして、道路交通法違反(妨害運転)などの罪に問われた成島明彦被告(33)=埼玉県桶川市=の判決が17日、さいたま地裁であった。中桐圭一裁判官は懲役8カ月と罰金20万円(求刑懲役10カ月、罰金20万円)の実刑を言い渡した。
判決によると、成島被告は昨年3~10月、桶川市や千葉県流山市などで、乗用車の通行を妨害するために自転車で車の前や中央線に飛び出す行為などを繰り返した。
成島被告は自転車で車の前に飛び出す行為を繰り返していたことから、近隣住民らに「ひょっこり男」と呼ばれていた。埼玉県警は昨年6月施行の改正道交法で新設されたあおり運転の規定を自転車に初めて適用し、10月の事案について成島被告を逮捕した。
中桐裁判官は「交通事故を引き起こしかねない悪質な犯行」と認定。成島被告は自転車で進路妨害をしたなどとして、昨年2月にも道交法違反などの罪で執行猶予付きの有罪判決を受けたが、その後わずか1カ月あまりで事件を起こしたと指摘。「嫌がらせをすることで快感を味わいたいという身勝手きわまりない動機で、刑事責任を軽くみることはできない」と述べた。
(朝日新聞の記事から引用)


17日の判決で、さいたま地裁は「重大な交通事故を起こしかねず、嫌がらせをすることで快感を味わいたいなど、身勝手極まりない犯行」として、あおり運転については懲役8カ月の実刑、暴行については罰金20万円をそれぞれ言い渡した。
4月に行われた被告人質問では、「ひょっこり男と呼ばれて、ものすごくムカついていました。面白おかしく言われていたので、腹立ちがあります」と、ひょっこり男と呼ばれることへの反発を口にしていた。
成島被告は、「ひょっこり男」と呼ばれていたことに腹を立て、再び犯行に及んでいたと説明していた。
(FNNプライムオンラインの記事から引用)


「ひょっこり男」と呼ばれてムカついた、などと述べていますが、それが犯行を重ねた理由ではなく後付の弁解でしょう
単なる愉快犯でもなく、ネジ曲がった心根のようなものを感じるのですが、本件では精神鑑定など実施していないと思われますので、何とも言いようがありません
さて、執行猶予の取消しですが、メディアは判決を伝えるだけで執行猶予取消しに言及する記事は見当たりません。記事を書いている記者の方にもそうした見識、あるいは問題意識がないのか?
執行猶予取消しは別途、検察官が裁判所に請求し、裁判の形で取消決定が下されます。なので、上記の裁判では起訴された事件についての判決だけが言い渡され、成島被告が前回の裁判で受けた執行猶予の取消しについては、あらためて検察官が請求する手順になります
なので、「成島被告は懲役8月だけかよ」と早とちりしないでもらいたいところです
付け加えるなら、成島被告は反省などしないのでしょうし、出所したらまたやる可能性が大です。自転車であおり運転などしても得られるものなどなく、車にハネられる危険があるのですが、成島被告は自制がきかない性分のようで(ある種の発達障害か?)、またやるのでしょう

(関連記事)
堺あおり運転 6100万円の賠償命令
堺市あおり運転裁判 殺意を否認
堺あおり運転 二審も懲役16年の判決
堺あおり運転裁判 殺人罪認め懲役16年判決
東名あおり運転裁判 高裁は差し戻し判決
東名あおり運転裁判 懲役18年判決
東名あおり運転裁判 懲役23年求刑
東名あおり運転裁判 危険運転を否認
小樽市3人死亡事故で最高裁判決 懲役22年確定
小樽の飲酒ひき逃げ 危険運転で懲役22年判決
歌川5人殺傷交通事故 懲役23年の実刑判決
飲酒運転で幼児3人死亡事故 懲役20年確定へ
小学校教頭 飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕
浜松暴走死事件 中国人被告に懲役8年判決
浜松中国人ひき逃げ事故 同乗の夫も書類送検
中国人女ひき逃げで逮捕 5人死傷
亀岡暴走事故 被告が判決を不服として控訴
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
亀岡暴走事故 小学校教頭が電話番号を漏らす
無免許運転で児童の列に突っ込む 懲役は7年前後
亀岡暴走事故 被害者の近況と少年法
京都の暴走事故 てんかん患者が運転
クレーン車事故で児童6人死亡 運転手は「てんかん」の持病
クレーン車事故を考える2 「てんかん」隠していたと母親が謝罪
クレーン車事故で運転手起訴 危険運転致死罪は見送り
前橋女子高生死亡事故 運転に固執した85歳
前橋女子高生死亡事故 公判で責任能力なしと主張
つがる4人死亡事故 危険運転で起訴も無罪主張
常磐道あおり運転 宮崎被告に執行猶予付き有罪判決

ワクチン予約で防衛省と朝日、毎日新聞が大喧嘩

ワクチン接種の予約を巡るトラブルが連日報じられているのですが、さらに朝日新聞系メディアのAERAドットが、「架空の接種券番号でも大規模接種センターの予約ができた。システムに欠陥がある」と報じたため、岸防衛大臣がムキになって反論する事態になっています


岸信夫防衛相は18日の記者会見で、17日から予約受付が始まった東京と大阪の新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターに関する報道をめぐり、ニュースサイト「AERA dot.(アエラドット)」を運営する朝日新聞出版と毎日新聞社に対し、厳重に抗議する考えを示した。
アエラドットと毎日新聞は大規模接種センターの予約に関し、架空の接種券番号で予約ができるか検証。実際に予約ができたことを確認した上で、予約システムに不備があると報じた。
岸氏は会見で「不正な手段による虚偽予約を完全に防止するためには、市区町村が管理する個人情報を防衛省が把握する必要がある。短期間でそうしたシステムを実現するのは困難だ」と指摘した。
その上で「ワクチン接種を希望する65歳以上の方の機会を奪い、ワクチンそのものが無駄になりかねない悪質な行為だ。厳重に抗議する」と両社を非難した。
(産経新聞の記事から引用)


システムに欠陥があるのは分かりますが、それはシステムを構築し納入した業者の責任であって、防衛省の責任はありません。一部のメディアは菅政権の責任だと色めき立ち、立憲民主党の枝野代表は政府批判を叫んでいますが
システムを組み上げて納品するまで日にちがないので、十分なテストができなかった事情があるのでしょう。ならば、AERAは「システムのここに問題がありますよ」と防衛省に告知するなりした上で記事にすればよいのであり、鬼の首を獲ったがごとく手柄を誇示するのは大間違いでしょう
今は迅速かつ簡便にワクチン接種を進めることが大事であり、それを邪魔するような報道をして手柄を主張するのはどうか、と思ってしまいます
ワクチン接種予約という障害
ただし、ワクチン接種が進まない要因の一番は煩雑な予約システムにあるわけで、これは政府が猛省すべきでしょう
予約システムについては自分が居住している自治体の例しか分からないので、ご了承願います
ワクチン接種予約のために、接種券番号を入力するのは分かりますが、氏名に生年月日、電話番号、住所、メールアドレスなど登録する必要があるのか、疑問です
それこそ、接種券番号とマイナンバーだけで予約はできるはずであり、何のために住所や電話番号など個人情報を要求されるのか意味不明です。予約のために要求される個人情報の項目が多ければ多いほど煩雑になり、登録に手間がかかるわけで無駄と言うほかありません
メールアドレスを登録して一旦送信し、送られてきたメールを確認した上で再度アクセスして接種会場と接種日を選択するという2度手間も何のためなのか、と
本人確認のため必要だ、と説明するかもしれませんが、予約は簡便で手間のかからない方法が一番では?
接種会場において、健康保険証などの提示を求め本人確認をすれば十分でしょう
政策推進力の後退
全国民にワクチンを接種する方向で昨年から動き出したはずなのに、それにしては準備不足が目につきます。本来なら厚生労働省の仕事なのですが、現状の業務で手一杯なのかコロナ対策は西村経済再生担当大臣が担い、ワクチン接種は河野行政改革担当大臣がやっています。厚生労働省はコロナ禍において職員が集まり送別会をやる余裕はあっても、ワクチン接種推進の役割は担えないというわけです
であれば、コロナ対策庁を設置するなり、対応窓口の一本化を図るできだったのでは?
ワクチン接種の会場作りまで菅総理にやれとは言いませんが、全国民に接種をすすめる大事業に取り組むからには、それ相応の組織が必要になると昨年の段階で分かっていたのではないでしょうか?
オリンピックの開会式や閉会式、聖火リレーのように電通に丸投げするだけで片付く話ではないのですから、首相から閣僚、官僚まで責任をもって取り組んでもらいたいものです
大事なことはワクチンを国民が速やかに接種し、コロナ禍を克服することであり、そのためには行政手続きの簡素化などなど、取り組むべき課題をてきぱきと片付けてほしいものです。メディアの手柄自慢などいりません

(関連記事)
韓国 ワクチン3000万人分購入詐欺
https://05448081.at.webry.info/202106/article_32.html
不倫疑惑の厚労省大坪寛子審議官 左遷される
「ワクチンで接種で日本に勝利」と吠える韓国
コロナワクチン確保できず 韓国政府
姜尚中 「コロナ感染防止と経済回復のため日韓両国の和解を」
「コロナで日本は負け、韓国は大勝利」と書く韓国メディア
コロナ禍 中国北朝鮮国境で感染拡大
コロナ禍 「緊急事態宣言は必要だったか」と書くAERA
コロナ禍 韓国ゲイクラブから86人が感染
コロナ禍 韓国ソウルのゲイクラブで集団感染
「コロナで西洋優越主義は終焉」と書く韓国メディア
コロナ禍で企業倒産 政府に助けを求める大富豪
楽天PCR検査キット なぜ偽医者経歴が通用したのか
楽天PCR検査キット 創業者の経歴詐称で炎上
コロナ対策コメント 玉川徹を批判する朝日新聞
コロナウィルス向けワクチン開発と意気込む文在寅大統領
コロナ対応そっちのけ 日韓メディアの誹謗中傷合戦
韓国メディア「日本のコロナ対策は間違っている」
コロナ対策 日本の入国制限に激怒する韓国
コロナウィルス 韓国教会で集団感染

「表現の不自由展」を再度企画 名古屋の市民団体

2019年の夏、「あいちトリエンナーレ」の一環として開催された「表現の不自由展」が物議を醸したのは記憶のに新しいところです
その展示企画を名古屋の市民団体がまたやろうと企画しているのだとか
展示そのものが「表現の不自由」を訴える内容ではなく、天皇批判や従軍慰安婦問題を宣伝しようという政治的な狙い、党派性に根ざした企画でした。つまりは特定の政治的な意見を表明するプロパガンダとして利用されたわけです
それを再びやろうというのですから、呆れます


2019年の『あいちトリエンナーレ』で展示が一時中止となった「表現の不自由展・その後」。市民団体が、独自に展示を再現する計画を発表しました。
「表現の不自由展・その後」をつなげる愛知の会の久野共同代表:
「民間の手で民間のお金で開きますので、どうぞ皆さんもよろしくお願いします」
18日会見した市民団体の代表らは、「芸術は見る人がその良し悪しを判断するべき」などとして、「表現の不自由展・その後」の展示を再現した企画展を今年7月に開催すると発表しました。
2019年の「表現の不自由展・その後」では、慰安婦問題を象徴した少女像や、昭和天皇の肖像が焼かれる映像などの展示内容を巡り、脅迫事件が起きたほか、名古屋市の河村市長が座り込みで中止を求めるなど混乱が生じました。
企画展では、少女像や昭和天皇の展示を再現するということで、市民団体はクラウドファンディングなどで資金を集め、開催するとしています。
(東海テレビの記事から引用)


開催を計画している団体のウェッブサイトです。先に行われた名古屋市長選挙では、「表現の不自由展」を痛烈に批判した河村名古屋市長の落選運動をやっていたようです。が、選挙では河村名古屋市長は当選を決めています

「表現の不自由展・その後」をつなげる愛知の会

ウェッブサイトに掲載されている写真には「表現の自由を守れ」などというスローガンが目につくわけですが、表現の自由を侵害しているのはむしろこの運動をしている人たちの方です
「従軍慰安婦の像」を展示するならば、表現の自由として「従軍慰安婦の像」に火を付けて燃やすパフィーマンスも容認すべきでしょう
しかし、彼ら彼女らは決してそれを「表現の自由」だとは認めません。自分たちの行いは表現の自由だけど、反対を唱える者には表現の機会を与えようとしないのが彼ら、彼女らの手口です
開催費用はクラウドファンディングで集めると記事には書かれていますが、是非とも開催を阻止したいものです

(関連記事)
「表現の不自由展」 東京会場に抗議殺到し中止に
あいちトリエンナーレ 展示再開を協議も東浩紀は逃亡
あいちトリエンナーレ閉幕 朝日新聞「日本ヘイトは大間違い」
あいちトリエンナーレ 「表現の不自由展その後」再開強行
あいちトリエンナーレ 文化庁は補助金交付しないと決定
あいちトリエンナーレ 「河村市長は二度と政治にかかわるな」と書く朝日新聞
あいちトリエンナーレ 逃亡した東浩紀の言い分
あいちトリエンナーレ 津田大介はなぜ炎上したのか?
あいちトリエンナーレ 琉球新報「表現の自由を守れ」
あいちトリエンナーレ「表現の不自由」展とは何だったのか?
慰安婦像展示のあいちトリエンナーレ 炎上騒動で企画展中止
捏造で日本批判を行う韓国の教科書
証拠写真を捏造 歴史を歪曲する韓国
原爆Tシャツ防弾少年団にユダヤ系団体が喝!
韓国メディア 日本のアニメを使って「従軍慰安婦」の証拠を捏造
朝日新聞「慰安婦」捏造報道で謝罪
元朝日記者「慰安婦記事」訴訟で敗訴
慰安婦合意に反発する韓国世論3 元慰安婦は合意に反発
慰安婦合意に反発する韓国世論2 「帝国の慰安婦」に名誉毀損判決
慰安婦合意に反発する韓国世論1 国際法学者の妄言
慰安婦像問題で日本政府を批判 朝日新聞社説

茨城一家殺害事件を考える 治療の対象か否か

茨城の小林さん一家殺害事件について、さまざまな報道が続いています。その中から幾つか、情報を整理しておくために書いています
10年前に岡庭容疑者が起こした女子中学生と女子小学生刺傷事件ですが、岡庭容疑者の祖父が自宅裏の土地を売って約1千万円を用立て、賠償金支払いに充てた、とのことです
しかし、被害者側の話では岡庭容疑者及びその親からは1度も謝罪がないままなのだそうです
岡庭容疑者の父親は測量技師として就労していたものの、糖尿病が悪化して指を切断したため、仕事を続けられなくなったという話もあります
しかし、糖尿病の悪化と被害者への謝罪は別ですから、謝罪しないままというのは理解できません。事件が10年ですから、謝罪する機会はいくらでもあったはずです。つまりは謝罪しに行って、被害者家族からあれこれ責められるのが嫌だったから行かなかった、と解釈するしかありません
岡庭容疑者に求められるまま、ナイフを買い与えていた親の責任をどう感じているのでしょうか?
さて、岡庭容疑者は医療少年院送致になったのに、再び凶悪な犯行に走った嫌疑がかけられているのであり、医療少年院での治療や教育の効果はどうであったのか、との疑問が湧くのは当然です
精神科医が以下のようにコメントしています


精神科医「治療困難なケース」 茨城4人殺傷の岡庭容疑者 過去に通り魔事件
岡庭由征容疑者(26)は10年前、少女2人を切りつける事件を起こし、医療少年院に送致され、治療を受けたにもかかわらず、殺人事件の容疑者として逮捕された。
埼玉県内の少年事件の精神鑑定を数多く担当している井原裕精神科医は、治療が困難なケースだったと分析している。
井原裕精神科医「一般論として、医療少年院は精神科病院だと思ってください。一般的には、医療少年院というのは意味があります。ですけど、非常に特殊なケースですね、ある独特の性癖を持っているような少年に対しては、そもそも今の精神医学の中に、そういった人たちを治療して、性的傾向を修正するような治療技術自体がありません」
(岡庭容疑者は、過去に重大な殺人未遂事件を起こしています。医療少年院に入ったものの、直後に殺人事件を起こしています)
井原裕精神科医「少年少女たちは、まだまだ成長しうる余地を残している人たちなので、彼ら彼女たちの完全に可能性を断ち切るようなことはやってはいけないと思う。やっぱり人生の敗者復活戦を用意しなくてはいけない。結局、少年法というものは、愛情を持って育てていこうという考え方の法律。愛情を持って育てようという考え方の法律の中で、今回のような希有な事件が起きたときには、愛情でなんとかなるケースじゃない場合はどうしようもないんですよね、残念ながら。それが現実だと思います」
井原さんは、「事件でご家族が犠牲になったことの重みを考えれば、どうすればこうした悲劇を防げるのか、市民1人ひとりが考えて、国がルール作りを進めてほしい」と話している。
(FNNプライムオンラインの記事から引用)


確かに岡庭容疑者のように強固な殺人衝動を抱えた少年をどう治療し、教育するのか、明確な方法論はありません
神戸の連続児童殺傷事件の酒鬼薔薇聖斗の場合、男性教官が父親役、女性精神科医が母親役になり、育て直しのプロセスを体験させる処遇が行われたと聞いています。酒鬼薔薇聖斗が抱えていた父親や母親への不満や欲求を育て直しのプロセスの中で解消ないし、緩和させる試みだったのでしょう。そして酒鬼薔薇聖斗はいまだ殺人事件を起こしていないのですから、ある程度の成果はあったのかもしれません(本人がどう思っているのかは不明ですが)
医療少年院を出た岡庭容疑者は再び凶悪事件を起こした嫌疑があり、そこだけ見れば酒鬼薔薇聖斗との違いは明らかです
なので、「第二の酒鬼薔薇聖斗」などと安易にレッテルを貼るのは止めるべきで、どこに違いがあるのかをよくよく検討しなければなりません
ヤフーニュースのコメント欄には相変わらず、「少年法を廃止し、厳罰を課すべき」との意見が多く書き込まれています
しかし、当時16歳の岡庭容疑者に殺人未遂で懲役4年以上7年以下の不定期刑を言い渡しても、刑務所を出たら同じように殺人事件を起こした可能性が考えられるのであり、少年法云々の批判は大間違いです。殺人未遂事件ですから10年を超えるような長期刑を科すのは無理筋です
まったく別の話ですが、一部のメディアは2018年1月1日に起きたつくば市の老夫婦殺害事件も岡庭容疑者の仕業ではないか、と書いています
岡庭容疑者がいつ医療少年院を出たのか、はっきりしないので何とも言えません。ただ、つくばの事件で老夫婦は鈍器で殴打され失血死したものであり、ナイフを好む岡庭容疑者の犯行とは思えないのですが

(関連記事)
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者は反社会パーソナリティ障害か
https://05448081.at.webry.info/202106/article_30.html
茨城一家殺害事件を考える 酒鬼薔薇事件と似てる?
https://05448081.at.webry.info/202106/article_10.html
茨城一家殺害事件を考える 動機なき殺人?
https://05448081.at.webry.info/202105/article_36.html
茨城一家殺害事件を考える 医療少年院送致から事件まで
茨城一家殺害事件を考える 容疑を否認
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者は異常者なのか
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者の変貌と殺意
茨城一家殺害事件を考える 逮捕状請求
茨城一家殺害事件を考える 行動裏付けの困難
茨城一家殺害事件を考える 容疑者は10年前のナイフ少年か
茨城一家殺害事件を考える 容疑者特定か?
茨城一家殺害事件を考える 一か月経っても捜査進展なく
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える1 犯行の目的
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える2 16歳の少年逮捕
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える3 ナイフ収集と動物虐待
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える4 ナイフを収集した意味
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える5 ナイフを買い与えた親
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える6 刑事事件として起訴
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える7 保護処分を求め家裁に送致
世田谷一家殺害事件から15年
世田谷一家殺人 「犯人は15歳から22歳」と警察
蟹江町3人殺傷事件 死刑判決に不服、控訴
愛知蟹江町3人殺傷事件 死刑求刑
門真4人殺傷事件を考える3 懲役30年判決も不服で控訴
門真4人殺傷事件を考える4 控訴審も懲役30年

眞子さま結婚問題 小室殿下を国民は受け入れるか

いわゆる小室文書の公表以来、すっかり評判を落としてしまった小室圭ですが、ニューヨーク州司法試験(7月)が済んだ後、日本に帰国する予定が週刊誌に取り沙汰されています
以前にも書いたのですが、小室圭の代理人である弁護士は「(小室文書への)批判も想定内で、和解金支払いは予め計画していた選択肢」であると、すべては戦術の内であるかのような発言をしています。ライブドア事件で追い詰められていったホリエモンが、口癖のように「想定内」であると語っていたのを思い出します。警察の動きも想定内として余裕をかましていたのですが、最後は逮捕され有罪判決を受けています
実際のところ、小室文書でこれだけ反発を招くとは思っておらず困惑し、次の手をひねり出せない状況にあるのではないかと勘ぐってしまいます
日刊ゲンダイは眞子まさが週刊誌記事を見て、世論の動向をチェックしておられるのだろう、と推測記事を書いています

眞子さまは週刊誌記事を見ているのか?小室圭さんは詳細に

週刊誌を買い求めずともインターネットでいくつものメディアの論調は把握できますので、小室文書の発表以降の記事には目を通しておられるのでしょう
しかし、なぜ自分たちが批判を浴びているのかまではご理解できないのかもしれません(先の小室文書で説明を尽くした、と思っておられるだけに)
小室圭も同様で、自分たち親子の正しさを理路整然と説明した以上、世間は理解してくれるはずと思い込んでいたはずです。そうならなかった理由が彼には理解できず、混乱したのでは?
母親の元婚約者を悪者にし、世間の同情を得て切り抜ける…とのシナリオでは、国民の心情を動かせなかったのは明らかなのですが
さて、眞子さまの結婚問題で困惑しているのは国民だけでなく、政府もです
Newsポストセブンのウェッブサイトでは、眞子さまの結婚問題で女性宮家創設プランが頓挫しそうだと書いています
女性天皇や女系天皇に関しては、自民党議員の大多数は反対しており、難しい状況です。菅首相としては反対論が少ない女性宮家(女性の皇族が婚姻後も皇籍を離脱せず、新たに宮家を創設する)を推進する構えだったものの、眞子さまで新宮家を作れば小室圭殿下が誕生することになり、国民がこれに反発するのを危惧している、という内容です

女性宮家創設で「小室殿下」誕生は絶対ムリ!で自民党に広がる「眞子さまは早く結婚して」の声

記事にあるところの「現在の皇室経済法に従えば、宮家の当主と配偶者には合わせて年間約4600万円の皇族費が税金から支払われることになる。結婚に当たって支給される一時金についてさえ、『小室親子に渡すのは反対』という世論が強いのだから、『小室殿下』が生涯、税金で贅沢な生活を支えられるとなれば、『そんな女性宮家には反対』という国民の声があがりかねない。だから、政府・自民党内には『眞子さまは早く結婚して皇籍離脱してもらいたい』という“祈り”が広がっているのだという」のは辛辣ですが本音でしょう
女性宮家創設のため法律を改正しても、眞子さまの御成婚までに間に合うかは微妙です。法律が適用されるよう、眞子さまを女性宮家の対象にするべく条文を工夫すれば可能でしょうが、現状では御成婚とともに皇籍離脱の方向のようです
国民もそろそろ姑や小姑のような感覚は捨てて、2人の結婚を「仕方がないね」と容認する方向に転換する時期なのでしょうか?
ダメ男とくっつけば不幸になると分かっていても、ダメ男と結婚したがる娘はいるものです。いくら言って聞かせても、決意は変わらないのであり、反対すればするほど人間関係が壊れてしまいます。もちろん、想定通りに結婚して不幸になり、離婚に至るわけです
が、それでも出戻った娘を無下にはできないのであり、家族として受け入れるのが人情です
眞子さまのご結婚は、将来離婚することも含めて受け入れる度量を国民は示すのが筋ではないか、と最近思うようになりました。国民が強固に反対して結婚できないとなれば、国民は恨まれてしまいます

(関連記事)
眞子さま結婚問題 小室圭の憂鬱
小室圭釈明文から見る小室家の流儀
小室圭に母親の元婚約者が反論
小室圭の方針転換 宮内庁のお膳立てか
小室圭 解決金で解決できるのか?
小室圭 解決金支払うと方針転換
眞子内親王との結婚は? 小室圭釈明文を考える3
眞子内親王との結婚は? 小室圭釈明文を考える2
眞子内親王との結婚は? 小室圭釈明文を考える
眞子様結婚問題 小室母「天皇陛下に会わせろ」要求
眞子様結婚問題 小室「解決済み」発言で波乱
眞子様結婚問題 小室圭留学決意
眞子さま結婚延期問題 小室母の元婚約者を批判する記事
眞子様結婚延期問題 小室氏借金はどうする?
眞子様ご結婚の障害 小室母が皇室に金銭求める
眞子様ご結婚延期を考える
秋篠宮家眞子さま婚約と女性宮家問題
女性宮家創設へ動く政府 皇室典範改正
デヴィ夫人が皇太子廃嫡を呼びかける署名活動開始
日本の皇室に嫉妬する韓国
愛子様不登校問題 デヴィ夫人の暴言
学習院で学級崩壊 愛子様不登校事件
愛子様不登校問題 何が不安なのか?
愛子様不登校問題 皇族方の学習院離れ

旭川いじめ凍死事件5 北海道教育大派閥の害悪

北海道旭川市の中学生がいじめを受け、真冬の公園で凍死した事件の続報です
旭川市の教育委員会が2年前の対応を明らかにした、と報じる毎日新聞の記事から引用します
いじめと同等の聞き取り調査を行い(つまり、十分な調査を行ったという主張)、いじめはなかったと結論付けたとあります。その時点で被害者の親からは異議は出ず、いじめはなかったとの調査結果に同意したはず、との言い分が垣間見えます。しかし、この時の調査は北星中学の校長をリーダーとしたメンバーで実施されており、定年退職を前に自身の経歴にいじめ事件という汚点がつくのを嫌った校長金子圭一が、隠蔽を図って調査結果を誤魔化した疑いが残ります


北海道旭川市内の公園で3月に遺体で見つかった当時中学2年の女子生徒がいじめ被害に遭っていた疑いがあるとして市教委が調査している問題で、同市学校教育部の品田幸利部長は14日、市議会経済文教常任委員会で11月末をめどに調査結果を公表する方針を示した。
市教委などによると、女子生徒は市立中学に入学した約2カ月後の2019年6月、市内の公園で複数の中学生にわいせつ行為を強要され、別の日には集まった小中学生が見ている中で川に飛び込むトラブルが起き、同8月に別の中学に転校した。
この日の委員会では、冒頭に黒蕨真一教育長が「遺族、関係者にご迷惑をおかけしました」と陳謝し、市教委が当時の状況を説明した。飛び込み事案を受けて19年6月に学校関係者や当事者、警察から聞き取り調査を行い「関係する児童、生徒と女子生徒の関係などからいじめと判断しなかった」とした。
その上で「いじめと同等の聞き取り調査をした」と強調した。同8、9月に弁護士立ち会いの下で女子生徒の保護者、関係する児童、生徒とその保護者間で話し合い「その時点で一定の区切りが付いていたとの認識だった」とした。
(毎日新聞の記事から引用)


「区切りがついた」と言うものの、調査結果をまとめた後、きちんとフォローしていたのか怪しい限りです。何もしていなかったのでは?
フォローしないまま「区切りがついた」などと公言するのはあまりにおバカな発言です
そして文春オンラインは、学校長や教育委員会の幹部が北海道教育大学旭川校出身者による学閥によって占められている旭川市の実態指摘し、問題視する記事を掲載しています
いじめ事件を再調査する第三者委員会のメンバーにも、この学閥のメンバーである北海道教育大学大学院教授の名前が挙がっているのだとか
これでは金子元校長による隠蔽にお墨付きを与え、いじめはなかったと結論付けるのが、再調査をする前から分かります

《遺族は「違和感しかない」》イジメ調査の第三者委員会リストに“問題人物” 旭川14歳女子凍死
旭川14歳少女イジメ凍死事件 #13

おそらくいじめの相談に取り合おうとしなかった中学の担任教師も北海道教育大旭川校出身者であり、元校長らとともに保身のため「いじめはなかった」と口裏を合わせているのでは?
第三者委員会の調査などすっ飛ばして、警察の捜査に委ねた方がよいと考えます。旭川市の教育委員会に期待などできません

(関連記事)
旭川いじめ凍死事件4  第三者委員会まかせ?
旭川いじめ凍死事件3 中学保護者会は大荒れ
旭川いじめ凍死事件2 疑惑の数々
旭川いじめ凍死事件1 週刊誌が事態解明を促す
いじめ4年後に自殺、学校側に賠償命令
大津の中学生自殺 いじめを放置した学校の言い分
大津の中学生自殺 橋下市長「いじめをなくすのが行政の仕事」
大津の中学生自殺 教育委「いじめた側にも人権がある」
大津市の中学生自殺 いじめ主犯の氏名が明らかに
大津の中学生自殺 校長は「自殺の練習」を否定
大津の中学生自殺 教育委員会の隠蔽工作
大津いじめ訴訟 逃げ得を許さない
大津いじめ訴訟 元同級生に賠償命令
大津いじめ訴訟 高裁は保護者側の過失と相殺し減額する判決
大津いじめ訴訟 加害生徒への賠償命令確定
福井中学生自殺 生徒を死に追いやった教師
福井中学生自殺 校長のトンチンカンな釈明
ウソの万引き容疑で宝塚音楽学校を退学処分
宝塚音楽学校のいじめ 呆れた実態
熊本高3いじめ自殺 当時の同級生を提訴へ

韓国哲学者 「文化は独自性より、質が大事」

つい先日も、「韓国漫画の方が日本漫画より上だ」という趣旨の記事が出ていました。このように「日本の文化に勝った」、「日本を超えた」、「日本の浮世絵の起源は韓国」、「和牛の起源は韓牛」などの記事を韓国メディアは頻繁に発信しています。要は韓国の読者にウケるのであり、韓国人の自尊心をくすぐるからでしょう
ただし、「韓国漫画の方が日本漫画より上だ」とする記事には韓国の読者から多くの反論、異論が寄せられ、「日本の有名な作品に匹敵するような韓国漫画はまだない」とか、「日本漫画の層の厚さにはかなわない」という冷静な指摘もありました。なので、多くの韓国人がこうした自画自賛の記事を歓迎していると決めつけるのは間違いでしょう
朝鮮日報が韓国の哲学者卓石山の最新の著作を紹介する記事を掲載しています。韓国文化の独自性を誇張するのではなく、文化の質こそが大切だと説いた著作です


哲学者・卓石山(タク・ソクサン)氏(64)が帰ってきた。2000年の著書『韓国の正体性』で「(映画)『風の丘を越えて/西便制』よりも『シュリ』の方が韓国的な映画だ」という挑発的な主張をしていた同氏が、新刊『韓国的なものはない:クッポン時代を越えて』(出版社・開かれた本)を出した。クッポンとは過度な国粋主義・愛国主義を意味するインターネット上の新語だ。2016年『韓国の正体性2』以降、5年間にわたる沈黙を破ったわけだ。これまで何をしていたのかという質問に、同氏は「韓国人のための西洋哲学史の本を執筆するため引きこもって勉強していた」と答えた。
タイトルだけ見ると、以前の本と矛盾しているようにも思える。しかし、同氏は「韓国ならではの優れた伝統文化があるとか、(アイドルグループの)BTS(防弾少年団)やBLACKPINKが韓国の優秀さを証明しているという過度な意味付けに反対するものだ」と語り、21年前と同じ脈絡だと説明した。「文化は人工植物です。移植して、水をやって、世話しなければならないものです。文化の中で重要なのは国籍ではなく水準であり、文化輸出ではなく輸入に多くの努力を傾けるべきです」
輸入の方が重要だとは? 同氏は「文化とは、高い所から低い所へと自然に流れるものではなく、低い所から命がけで血が出るほどの努力して高い所の文化を持ち込み、発展させたもの」と説明、鞘(さや)の中に木綿の種を隠して持ち帰った文益漸(ムン・イクジョム、元から木綿の種を持ち帰った朝鮮時代の文官)を思い起こさせた。そのように苦労して文化を輸入しなければならない理由は「文化は音楽鑑賞や詩の朗読を超えて、時代の危機を突破することができる新しい思想や学問・価値を意味するからだ」と説明した。
一般的に韓国固有の文化だと考えているものが、実際にはあまり「固有」ではないことも同氏は指摘した。「シャーマニズムはほかの所でも人類が無秩序を処理してきた方法の一つです。美術に見られる『無技巧の技巧』はかなり以前に唐で登場した概念です」。
伝統に対するこだわりは建築では韓屋に対する過度な賛辞に現れているがが、オンドル(床暖房)ボイラーを設置して、バルコニーや多用途室が庭や広場の役割をするマンションこそ、既に韓国的な文化だと見なすことができるということです。「朝鮮時代初期に沖縄の水牛を在来種の牛と交配させて今の韓牛になったように、どんな文化であれ、入ってきてから長い年月が経過すると、その国の文化として定着したとする可能性があります」。今や韓国文化の独自性を無理に見つけようという強迫から脱して、文化の輸入と質の向上の方に一層努力を傾けるべきだということだ。
(朝鮮日報の記事から引用)


韓国では紙による漫画雑誌、コミック本がほぼ壊滅状態であり(不正にコピーし、インターネットで配信されたため)、出版社はインターネットで無料配信して広告料で稼ぐビジネスモデルに転身しました。これをデジタルマンファと称しています
もちろん、すべての漫画(マンファ)が無料配信になったわけではありませんが、ビジネスモデルの変革であるのは確かです
日本でも漫画配信をスマートフォンのアプリケーションソフトで購読するスタイルへと急速に変化しつつあります
こうした変化も文化のあり方を変えていくのでしょう
さて、上記の記事に話を戻します
卓石山の言うところは「ごもっとも」です。が、韓国の人たちがそう思うかどうかは分かりません
根底にあるのは日本の文化へのコンプレックスであり、対抗意識なのでしょう。だからこそ、韓国独自の文化であると誇張し、日本の◯◯の起源は韓国にあると捏造して優越感に浸ろうとする傾向が顕著です
加えて、「文化とは輸出して儲けることだ」とする韓国人の意識にも問題があります。韓国の国内市場は小さいので、国内で漫画を売っても映画を公開しても大して商売にならないのであり、国外へ売り込む必要があります(日本の音楽市場はアメリカに次ぐ規模があり、ポップ・ミュージックなどは国内市場優先で十分に商売が成り立った、という事情があります)
長年培われてきた意識がそう簡単に変わるとは思えないのであり、卓石山の著作を受け入れる韓国人がどれだけいるのやら
「韓国ドラマが世界各地で人気だ」と彼らは主張しますが、売上の8割は日本の放送局・インターネット配信会社によるものです。つまり、世界各国の放送局にはタダ同然で韓国ドラマが販売され、日本の放送局だけがバカ高い価格で韓国ドラマを購入し放送していた実態があります。最近では日本のテレビ局が買い渋るようになり、中国では韓国ドラマが放送禁止になったので売上はどうなっているのでしょうか?

(関連記事)
「日本の歌舞伎の起源は韓国」と報じる朝鮮日報
「東洲斎写楽は韓国人ニダ」説の映画化
文化観の違い パリ・ジャパンエキスポを巡って
文化とは輸出して儲けること 韓国メディア
「J-POPはなぜK-POPに完敗したのか」という記事
防弾少年団の魅力 韓国評論家によるBTS論
「韓流で文化覇権を目指す」と書く韓国メディア
「韓流が日本精神を揺さぶっている」と書く韓国メディア
松本潤「K-POPはルーツはジャニーズ」発言で物議
防弾少年団ファン 暴走して炎上騒動
原爆Tシャツ防弾少年団にユダヤ系団体が喝!
原爆Tシャツ防弾少年団、音楽番組から締め出し
TWICEの紅白出場決定に疑問の声
いまさらNHKがK-POPグループを推奨
「4年連続で紅白歌合戦から無視された」と怒る韓国メディア
K-POP紅白から排除 韓国の反応
「韓流イベント」の記事を書いたら名誉毀損だ、削除しろと言われた件
K-POPは卑猥なダンスが売りなのか?
BoAのハリウッド進出映画 3年で完成、公開
中国紙「韓国が日本を制し流行発信地になった理由」
韓国メディア「K-POPで日本を超える経済大国に」
新大久保韓流タウンの衰退を嘆く韓国メディア
韓国ドラマ売上激減
「少女時代」ジリ貧 横浜アリーナで無料ライブ
日本マスコミが報じないK-POP少女時代の米進出「大惨敗」
世界を席巻するK-POP「江南スタイル」
「江南スタイル」がヒットしない日本に韓国人がブチ切れ
韓国メディア「PSYの新曲が日本で大ヒット」と書くも大外れ
GQ誌「韓流は世界を制するのか」
東浩紀「韓国との多文化共生を諦めてはならない」
日本刀をねたむ中国、韓国

酔った女性を強姦 最高裁も逆転有罪判決支持

飲酒で意識がもうろうとしていた20代女性に性的暴行を加えた準強姦事件で、1審の福岡地裁久留米支部が無罪判決を言い渡し、轟々たる批判を招いた事案がありました
メディアもこの判決を批判し、市民団体は女性の権利を守り性暴力を厳しく罰するべきと要求する「フラワーデモ」が各地で行われたのを記憶している方も多いと思います
この事件は2審の福岡高裁が逆転有罪判決を言い渡し、椎屋安彦被告に懲役4年の実刑判決を言い渡し、椎屋被告が最高裁に上告していましたが、最高裁は2審の福岡高裁の判断を支持する決定を下しています


酔いつぶれた女性に性的暴行をした罪に問われた男の裁判で、最高裁は14日までに、男の上告を退ける決定をしました。男に懲役4年を言い渡した二審の判決が確定します。
この裁判は、2017年に福岡県で、酒を飲んで抵抗することが困難になった当時22歳の女性に性的暴行をしたとして、会社役員の椎屋安彦被告が準強姦の罪に問われていたものです。
一審では、女性が多量の酒を飲み、「抵抗することが著しく困難であり、抗拒不能の状態にあったと認められる」と認定した上で、女性の意識があるかのような状態や、同意していると誤信し得る状況があったとし、「被害者が抗拒不能の状態にあったことを男が認識していたと認めるには、合理的な疑いが残る」として椎屋被告に無罪判決を言い渡していました。
これに対し、二審の福岡高裁は、「一時的に意識があるかのような反応をしたからといって、直ちに飲酒酩酊から覚めつつある状態にあるとはいえない」「同意していることを推認させるような具体性がない」と指摘し、「被害者が抗拒不能の状態にあることを男が認識していたことは明らか」として、一審判決を破棄し、懲役4年の有罪判決を言い渡していました。
椎屋被告は上告していましたが、最高裁は14日までにこれを退け、懲役4年を言い渡した二審の有罪判決が確定します。
一審の無罪判決は、性暴力の根絶などを目指す「フラワーデモ」のきっかけの一つとなりました。
(NNNの記事から引用)


1審久留米地裁判決が出た時期、同様の強姦事件でも無罪判決が相次ぎ裁判所の判断がおかしいのではないか、との批判が沸き起こりました
本件に関しては、被害者女性は社会人サークルの飲み会でテキーラを数回一気飲みさせられて酩酊状態にあり、抗拒不能だったと判決では認めています。ただ、被害者女性が目を開けたり声を発したりしたことから、被告は「意識があるかのように見えた」とし、過去のサークルの雰囲気などから「被告は飲み会で安易に性的行為ができると考え、当時女性が許容していると誤信する状況だった」と被告側の主張を認め無罪を言い渡したものです
早い話がこの社会人サークルには、女性に強い酒を飲ませて酔い潰してセックスに持ち込む行為が過去にもあったので、被告は自身の行為を犯罪であるとは認識しておらず、女性が性行為を拒絶する意思表示が不可能な状態ではない=同意したもの、と判断して事に及んだので無罪という理屈です
ただし、被害者女性はこの社会人サークルの飲み会には初めての参加であり、女性を酔い潰してセックスに持ち込む場であるとは知らなかったのだとか
福岡高裁が1審判決をひっくり返し、悪質な行為だとして有罪を言い渡したのは当然でしょう
明確に同意を与えてない以上、強姦罪に問うべきです

(関連記事)
「14歳と性交で逮捕は不当」発言 立民党本多平直議員
https://05448081.at.webry.info/202106/article_13.html
実の娘と強制性交して無罪 近親相姦罪がない日本
実の娘と強制性交でも無罪 控訴審始まる
実の娘と強制性交も無罪の判決
強制わいせつ被害 10歳の訴えを「告訴能力なし」と否定
12歳娘を強姦 控訴審で逆転有罪判決
再婚相手の娘に性暴行 懲役18年の厳罰
女子中学生にわいせつ行為で里親起訴 高知
大阪府警の少女準強姦事件 懲戒免職処分に
元Jリーガーを逮捕 強姦事件を繰り返す
元Jリーガー神村奨連続強姦事件で懲役30年
香川の高校教師が強制わいせつ 被害者は自殺
連続強姦魔 原田義人に無期懲役判決
わいせつ教師に懲役30年の判決
伊藤詩織さん強姦事件 山口敬之記者は民事で敗訴
伊藤詩織さん強姦事件 山口記者擁護者の右往左往

「エヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を振り返る

中国のウェッブサイトを翻訳・紹介してくれるサイトで「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」の感想を読み、当ブログで取り上げようと思っていたのでが、感想を読んでいるうちに考え込んでしまいました。概ね好意的な感想を選んで翻訳してあるのでしょうが、シンジの成長を祝いエヴァンゲリオンの物語に感謝する…という内容ばかりが目についたからです
もちろん、個々人が感じたまま書いているのであり、それこそが「感想」でしょう
しかし先般、宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」を当ブログで取り上げた際、「これは千尋の成長の物語ではない」とする宮崎駿の発言にひっかかり、「成長の物語でないとすれば、何を描いたのか?」を考えました
以来、エヴァンゲリオンの物語を考えるにあたり、「シンジの成長の物語」という型通りの解釈でよいのか、との躊躇いが自分の中に生じたのです。「少年の成長をみずみずしい感性で描いた物語」と表現するのは美しいものの、そのレベルにとどまっていたのでは読み込みが足りないのではないか、と
今回は前作「エヴァンゲリオン新劇場版:Q」の批評で面白い文章を見つけましたので、取り上げます。書いているのは小野寺系という映画評論家で、一部の映画ファンからは毛嫌いされている方のようです
長文の批評なので、部分的に抜き出して引用させていただきます

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 【レビュー前編】

(前略)
「破」レビュー時にいただいたコメントや、当時の「破」への好意的な意見を散見すると、よく見られたのが、旧作に比べて、「シンジが成長した」という見方であった。
当時も同じようにそれらを否定したのだが、そもそも旧作の「エヴァンゲリオン」が、かつての凡百のロボットアニメから差別化され、新鮮さを獲得し得た要因は、とくに終盤、主人公をとことん追いつめ、グジグジと悩ませたような陰鬱な表現が、当時のアニメーションの枠から、完全に逸脱するほどの「痛み」を、ある意味では私小説風に、また哲学的に、あるいはほとんど嫌がらせ的に表現したことに負っている部分も大きいはずだ。
そのような、監督本人や、現代の視聴者・観客にも共通する実存的な苦悩ともシンクロした、普遍的な問題を提示し、アニメーションによくある、使い古されたポジティヴな成長物語を超えたことが、「エヴァンゲリオン」の大きな魅力だったのである。
つまり、碇シンジの「序」や「破」でのポジティヴな「成長」とは、よくあるロボットアニメの枠の中での、規定された退屈なものでしかなく、きわめて低いハードルへの挑戦だったということである。
(中略)
シンジは、「世界がどうなってもいい、綾波だけは助ける」と願って、実際にサード・インパクトを起こそうとしたわけだが、これを見て、「シンジが成長した」、「感動した」と思わせたというのは、意図したミスリードの成功といえるだろう。

「序」と「破」は概ねTVシリーズの焼き直しであり、「Q」に至ってようやく「エヴァンゲリオン本来の物語」に至ったとの解釈です。よくあるロボットアニメの退屈な内容から抜け出した、とありますが、それはロボットアニメだけではありません。スポ根物や超能力バトル物にありがちな、あくびの出そうな設定を踏み破り、よくぞここまで描いた(主人公を追い詰めた)と言える展開です
通常ならば、視聴者に「痛み」を感じさせる描写は控えるところなのでしょうが、「Q」は容赦ありません
「主人公の成長を描いた物語」などというヌルい表現を超えるほど、深く、鋭く切り込んだところが「Q」の成果でしょう

シンジに対する扱いについて、そもそも、「エヴァンゲリオン」の旧作からの設定自体に違和感を覚えてしまっている人も多いだろう。
14歳の少年を、人類を救う過酷な戦いに放り投げておいて、ゲンドウもミサトもネルフ職員達も、この作品の大人は、自分達の都合を優先させるばかりで、少年の心情や幸せについて、全く考えていない。それが身勝手で不快だというのである。確かにその通りだろう。理不尽で、冷酷で、独善的で、身勝手だと思う。
しかし、現実の世界とはむしろそういうものなのだ。「大人は判ってくれない」のである。
全ての人間が、恵まれた環境におかれ、公平な扱いを受けられるわけではない。限られた条件、限られた選択肢の中から、我々は不平を漏らさず、でき得る限り最良の生き方を、自分の責任で模索しなければならないのである。
その事実を、よくある、主人公が甘やかされたアニメ作品のように、耳障りのよい嘘をつかずに、逃げずに提示してくれているのが、「エヴァンゲリオン」の誠実さであり、優しさであることに気づかなければならない。
おそらく、そのリアルな痛みから「逃げないこと」が、庵野監督の自分に課した試練なのだろう。

「主人公が甘やかされたアニメ」との表現は角があるわけですが、例えば「NARUTO」はその典型でしょう。確かに主人公は孤児であり、孤独で忍術が上手くない落ちこぼれとの設定です。くどいくらい強くなる理由、戦う理由など自問自答が繰り返され、仲間との絆の大切さに目覚めると同時に、仲間からも信頼を得られる展開です
が、そこのあるのはやはり主人公に都合の良い物語です。本来なら敵を前にあれこれ自問自答している間に殺されるのですから
さらにうずまきナルトは自身の見出した「絆」で満足してしまい、それ以上に掘り下げようともせず「火影」になるのです
ただ、碇シンジが逃げなかったのは物語進行上の都合であり(逃げてしまったらエヴァンゲリオンの物語はそこで終わってしまうので)、普通なら逃げる一手でしょう
先にも書いたように、「真っ直ぐな生き方」が必ずしも最善の選択ではありませんし、死ぬほどつらいなら逃げる選択も人生ではあり、です
そこでは別な物語を描けばよいわけで

「エヴァンゲリオン」の旧作が終了してから、評論家や若手の社会学者などが、「時代の空気」として、この作品を利用し現代社会を語っていた経緯がある。「ゼロ年代」というワードも散々使われてきた。
しかし、人間社会や、人間の希求するものが、10年、20年という枠でそう変わっていくものだろうか。
全ての優れた絵画も、文学も、アニメーションも、芸術と呼ばれるものは、そのようなスパンとは無関係に、一様に真理、普遍を目指すことが大目的となっていることは言うまでも無い。
旧作は、かつて監督が到達し、生み出したある種の新たな哲学であり、普遍的な生きる指針であったといえるだろう。
正誤は問わずとも、それが人間にとって最も重要なものだと信じる意志が、作り手自身が本気で信じていることが、まず必要なのである。新劇場版で、それがおいそれとキャッチーなものに置き変わるとすれば、もともとそこにたいした価値はなかったということになってしまう。
だから、「エヴァンゲリオン」の旧作を、「社会や時代と寝た」作品として語るというのは、その人がそもそも作品を甘く見て馬鹿にしているからだろう。
またそのような見方で新劇場版を評価しようとしてしまえば、「破」から「Q」への反転に対応することなどできないだろう。
そのような弁舌の人は、審美眼も無く、作品への鑑賞姿勢が根本的に間違っているため、結局、新劇場版シリーズ全てが終了した後の、後出しジャンケンでないと、怖くて作品について決定的な意見を出せないはずだ。だからこの時点で、「Q」がこれだけで単体として、アニメーション史に残る傑作であることを理解することすらできないのではないだろうか。
「Q」は単体で重要なテーマと真実が十分に描ききれている。無論、「途中のエピソード」としての役割以上の、映画作品としての面白さと、豊かな哲学性にあふれ、閉塞性を打ち破る、様々な「外」への扉となり得る描写にあふれている。

引用部分(ゼロ年代)辺りは自分も前に書いたのであり、見解の一致です
旧作と新劇場版シリーズの違いを、時代背景の違いで説明する批評もあります。が、必ずしも成功してはいません。新旧の違いを説明するのに使える時代背景だけ選び、並べているのですから。自説を裏付けるためにのみ、時代背景を取捨選択して切り貼りしても、そこからは何も浮かび上がってこないのです
むしろ、そうしたゼロ年代論者の作為が気持ち悪いばかりです
おそらく庵野秀明以外のアニメーション監督が手掛けたのなら、「Q」では、覚醒した碇シンジの活躍によって世界は破滅から救われ、それどころか元の平和な世界に回帰し、皆が幸せに暮らせる大団円で幕を閉じたのでしょう
ならば「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」は皆が納得する大団円であったかどうか、という話になりますが、そこは置いておきます
時代の空気の変わり目などに関係なく、エヴァンゲリオンの物語はある意味普遍性を帯びており(父と息子、アイデンティティの獲得、自己実現などなど)、25年を経たから古臭くなって忘れ去られることはなかったといえます
であるからこそ、繰り返し語られる映画であり、多くの人に影響を与えたのでしょう
「碇シンジの成長の物語」という呪縛を解いて、自由な解釈の冒険を繰り返し試みるだけの価値があると考えます
例えば「涼宮ハルヒの憂鬱」で、「エンドレスエイト」に夏休みが延々とループする話がありました。涼宮ハルヒが納得する夏休みの過ごし方を見出すまで15532回もキョンたちが夏休みを繰り返す、というものです
あれを思うかべれば、碇シンジはサードインパクト寸前までのプロセスを何度も繰り返し、納得のいく結末を迎えるまで死と再生を演じている可能性も浮かんできます
あるいは綾波レイがクローンならば、碇シンジもクローンであり、彼のスペアがエヴァンゲリオンの物語を演じ続けている…展開も思いつきます

(関連記事)
エヴァンゲリオンは境界例 精神科医斎藤環
https://05448081.at.webry.info/202106/article_4.html
エヴァンゲリオン 少年は神話になったのか?
マスク拒否男 エヴァに乗りそこねたシンジ君
「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」 真っ直ぐな生き方を問う
「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」 シンジとゲンドウの和解
「エヴァンゲリオン」 精神分析と思春期理解
「エヴァンゲリオン」を巡る言説 賛否の行方
大塚英志 「エヴァンゲリオン」を語る
エヴァンゲリオン 家族を問う物語
「エヴァンゲリオン」 若者の承認欲求
「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」の爽快感と疎外感
「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」という「終わりの物語」
「エヴァンゲリオン」 14歳の自意識
なぜエヴァンゲリオンは若者の心をとらえるのか?
押井守監督の「エヴァンゲリオン」批判を考える
「アニメはオタクの消費財と化した」と指摘した押井守
「新世紀エヴァンゲリオン」を世界はどう観たのか?
「14歳のエヴァは終っていない」 酒鬼薔薇聖斗のエヴァンゲリオン
エヴァンゲリオン 14歳のカルテ
エヴァンゲリオン 14歳のカルテ(2)
セカイ系アニメ 戦闘少女とダメ男
セカイ系アニメ 戦闘少女とダメ男(2)
セカイ系 「天気の子」からサリンジャー

「エヴァンゲリオン」に言及した他の記事は、本文右のテーマ別記事で「エヴァンゲリオン」をクリックすると表示されます

茨城一家殺害事件を考える 医療少年院送致から事件まで

産経新聞の特集「衝撃事件の核心」は、きちんと取材した情報が盛り込まれて事件の細部を浮かび上がらせてくれるため、いつも参考になります
茨城一家殺害事件の犯人とされる岡庭由征容疑者については、10年前に医療少年院送致決定が家庭裁判所で言い渡されていたのですが、少年審判ですから詳細は明かされないまました
なので、特集「衝撃事件の核心」で多少なりとも触れているのは助かります。記事によれば岡庭容疑者は23歳まで医療少年院に収容されており、本件である小林さん一家殺害時は24歳です。なので、少年院を出てから間を置かず、本件犯行に踏み切ったのが分かります


【衝撃事件の核心】茨城一家殺傷、雨の日狙い計画的犯行か 現場天気を検索 過去には女児刺傷
(前略)
捜査関係者によると、岡庭容疑者は一家との接点はないとみられているが、事件前にスマートフォンで小林さん方の現場周辺の地図などの状況を検索。小林さん方を事件前に撮影した動画も見つかっている。
小林さん方は周囲を木々に囲まれ、隣家は約200メートルも離れており、物音などで犯行が容易に発覚しないような立地の民家をスマホなどで無作為に探していた可能性もあるとみられる。
一方、岡庭容疑者はスマホで境町の事件当日の天候を検索していたことも判明した。事件当時は土砂降りの雨で、県警は、争った声がかき消されるなど、岡庭容疑者が大荒れの天候の日を意図的に狙い、計画的に犯行に及んだ可能性もあるとみている。
(中略)
犯行は医療少年院からでてまもない時期
容疑者浮上の経緯は、当初、有力とみられた顔見知り犯行説の捜査が難航したことからの同種事件の洗い出しだった。
岡庭容疑者は16歳だった平成23年11月に埼玉県三郷市で中学3年の少女の顔を刃物で切り付け、翌12月には千葉県松戸市で小学2年の女児の腹を刃物で刺し、殺人未遂容疑で逮捕された。裁判で「またやっちゃうと思う。自分を変えたい」と話し、さいたま家裁は25年3月、治療教育的働きかけは23歳となるまでの相当長期間を要すると判断。医療少年院送致の処分を決定した。
岡庭容疑者は今回の事件当時24歳で、茨城県警は事件への関連を視野に捜査し埼玉県警に連絡。小林さんの次女(13)が襲われた際に吹き付けられたクマ退治のスプレーを岡庭容疑者が購入していたことなどが判明した。
昨年11月に別の殺人予備容疑で自宅の捜索に踏み切り、硫黄44キロや猛毒成分を含む薬品、10本以上の刃物など約600点を押収。埼玉県警が硫黄貯蔵の違反で岡庭容疑者を逮捕した。
その後、小林さんの子供に複数の男の顔写真を見せたところ、岡庭容疑者が襲った男に似ていると示すなどし関連も次々浮上。茨城県警は今月7日、小林さん夫婦殺害容疑で逮捕した。
調べでは、現場周辺から見つかったレインブーツの痕と、同種類の靴を岡庭容疑者が履いていたことを確認。捜索ではスプレーは見つからなかったが、岡庭容疑者が購入したものと次女が襲われたものとの成分が一致したことも分かるなどした。県警は犯行の状況の解明を進めている。
(以下、略)


記事の末文には「治療を望み、18歳から5年間を医療少年院で過ごしたが、30年に出てきて翌年9月に茨城の事件が起きた」と書かれています
おそらくは神戸連続児童殺傷事件の酒鬼薔薇聖斗が矯正教育を受けた関東医療少年院に収容されていたもの、と推測されます。ちなみに関東医療少年院は神奈川医療少年院と統合され、昭島市に東日本少年矯正医療・教育センターとして新設されていると、この記事を書くために検索して知りました
自分も法務省を離れて随分と時間が経っていますので最新の情報には疎く、浦島太郎状態です
さて、5年間の収容で矯正効果があったのかと問われれば、残念ながらなかったと認めざるを得ないのでしょう。ただ、16歳の時点で刑事処分とし、少年刑務所に6年以上8年以下の不定期刑(刑期は例えば、の話です)で収容しても、岡庭容疑者の場合同じ結果であったと考えます
どうしても人を殺したいという衝動が湧き上がり、抑えられなかったのでは?
となれば、なぜそれほどまでに強固な殺人衝動を抱くに至っかのか、解き明かさなければなりません
一般の方が岡庭容疑者に「異常者」とか「殺人鬼」とレッテルを貼るのは仕方がないとしても、専門家には専門家の見立てがあるのですから
16歳の逮捕時、少年鑑別所でロールシャッハテストなど各種心理検査を実施したはずで、その結果は保存されているはずです。これから同じ心理検査を実施してどこがどう変化しているのか、あるいはしていないのか比べ、検討する必要があります。あるいは犯行そのものについて岡庭被告がどう考えており、何を語るのか、も手がかりになるでしょう。現時点では犯行を否認しているようですが
また、これだけ綿密な計画による犯行ですから発達障害を口実に心神耗弱だった、などという弁解は通用しないのであり、責任能力に問題はないはずです

(関連記事)
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者は反社会パーソナリティ障害か
茨城一家殺害事件を考える 酒鬼薔薇事件と似てる?
https://05448081.at.webry.info/202106/article_10.html
茨城一家殺害事件を考える 動機なき殺人?
https://05448081.at.webry.info/202105/article_36.html
茨城一家殺害事件を考える 治療の対象か否か
茨城一家殺害事件を考える 容疑を否認
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者は異常者なのか
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者の変貌と殺意
茨城一家殺害事件を考える 逮捕状請求
茨城一家殺害事件を考える 行動裏付けの困難
茨城一家殺害事件を考える 容疑者は10年前のナイフ少年か
茨城一家殺害事件を考える 容疑者特定か?
茨城一家殺害事件を考える 一か月経っても捜査進展なく
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える1 犯行の目的
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える2 16歳の少年逮捕
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える3 ナイフ収集と動物虐待
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える4 ナイフを収集した意味
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える5 ナイフを買い与えた親
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える6 刑事事件として起訴
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える7 保護処分を求め家裁に送致
世田谷一家殺害事件から15年
世田谷一家殺人 「犯人は15歳から22歳」と警察
蟹江町3人殺傷事件 死刑判決に不服、控訴
愛知蟹江町3人殺傷事件 死刑求刑
門真4人殺傷事件を考える3 懲役30年判決も不服で控訴
門真4人殺傷事件を考える4 控訴審も懲役30年

「J-POPはなぜK-POPに完敗したのか」という記事

朝鮮日報の記事から「J-POPはなぜK-POPに完敗したのか」と題するものを取り上げます
タイトルはつまり「K-POPの完勝」を宣言するものであり、日本人が悔しがっているとの内容を綴って韓国人の狭小なプライドを満足させるためのものなのでしょう
中身は日本の有識者や業界人の発言を並べ、日本も完敗を認めていると印象づける書き方になっています
K-POPをまったく聞かない自分にはBTSが何を発言しようと、NiziUがテレビ番組に出ようと興味は湧きません
ブログで取り上げるためのネタとしては関心を持っていますが

最近、日本のエンターテインメント業界で最も関心を集めているテーマは「Kカルチャー(韓国文化)」だ。映画『パラサイト』で世界の文化の頂点に立った韓国文化について、日本経済新聞は今月10日、厳しい韓国社会の雰囲気とエンタメ界に合った「パルリパルリ文化(早く早くという気質を反映した文化)」のおかげだと分析した。
この日報じられた「韓国エンタメなぜ強い」と題する特集インタビュー記事で、日本の専門家らは韓国社会の雰囲気に注目した。ライターの西森路代氏は、『パラサイト』などの韓国映画が誕生し得る背景について「厳しい国だから」と分析した。
西森氏は「政権や財閥の腐敗、競争社会のネガティブな面から目を背けずに描いた姿勢が実を結んだ」とつづった。日本の場合、ファンであれば好きなアーティストが誤った行動を取っても前向きに受け入れようという傾向が強いが、韓国の場合は「アイドルが女性蔑視発言をすれば、ファンが『間違っている』と指摘する」というわけだ。
西森氏は2011年、著書『K-POPがアジアを制覇する』で既に韓国文化の世界化を予見していた。
映画についても「日本は『作品は監督のもの』と考えるが、韓国では映画を独立した存在とみなし、批判すべき点を自由に批判する」と説明した。韓国の厳しい社会の雰囲気の中で「正しさ」「正直さ」を守る映画が誕生し、見るのは日本国内のファンだけになった日本映画などとは異なり、韓国の作品は海外で良い評価を受けるようになったというわけだ。
スピーディーに変化する韓国の企業文化がエンタメに適合したためだという分析もあった。東京理科大大学院教授の若林秀樹氏は「韓国企業の買い替えサイクルは3-5年と短く、市場が1億台を超える規模の商品、例えばテレビやスマートフォンなどが多い」とした上で「日本企業は買い替えサイクルが7-8年に達し、数千万台の市場規模で強さを見せる」と両国の違いを分析した。
また、経営者の決断速度、国内市場の差が生む輸出への本気度なども成功の背景にあると分析した。若林氏は「サイクルが短いというエンタメの特性と、インターネットの登場による市場拡大が、韓国のエンタメ事業を成功させた」と指摘した。
さらに、韓国の企業文化について「トップ企業にエリートが集まり、そうやって作られた1位企業が2位以下を先導する傾向がある」として「エンタメでも同じで、1人の天才が全員を食べさせる構造」と分析した。
(朝鮮日報の記事から引用)

韓国メディアがこれまでに用いた宣伝文句を並べてみましょう
「ワールドスター、ピ(Rain)」、「韓流四天王」、「世界で韓流熱風が吹き荒れている」、「日本列島征伐を完了した韓流」、「BTS、ブラックピンク、映画『パラサイト』など韓国の文化が全世界に号令する今」など、とても恥ずかしくて口にできないような宣伝文句があります。こうしたバカげた宣伝文句に韓国人は自尊心を刺激され、頬が緩んでニヤニヤしてしまうのでしょう
上記の記事もツッコミどころだらけなのですが、いちいち反論するのも野暮なので止めておきます
そもそもテレビやスマートフォンの買い替えサイクルとポップミュージックにどのような共通項、因果関係があるのか、と(携帯電話など短いサイクルで買い換える必要など皆無であり、長く使った方がよいと自分は思っています)
大学教授という肩書を出せば、そこで何やら真実を指摘していると思うのかもしれませんが、コーヒーを口に含んでいたら噴き出してしまいそうです
もちろん、発言している大学教授は自分のコメントがどのように使われるか承知していないまま語っているわけですから、罪はありません
罪深いのは、各コメントを繫ぎ合わせもっともらしい記事に仕立てている韓国人記者です
BTSが大当たりしたのはその通りでしょうが、背後にはヒットも出せずに消えていった男性K-POPグループが山ほどいるわけです。まさに死屍累々でしょう。それを見ないフリができるからこそ、こんな恥ずかしい記事が書けるのでは?
韓国ドラマも映画も、ヒットしない作品が山ほどあります。一部のヒット作だけを取り上げ、持ち上げて韓国の映画やドラマがいかに優れているのかを自慢されてもねえ

(関連記事)
韓国哲学者 「文化は独自性より、質が大事」
防弾少年団の魅力 韓国評論家によるBTS論
「韓流で文化覇権を目指す」と書く韓国メディア
「韓流が日本精神を揺さぶっている」と書く韓国メディア
松本潤「K-POPはルーツはジャニーズ」発言で物議
防弾少年団ファン 暴走して炎上騒動
原爆Tシャツ防弾少年団にユダヤ系団体が喝!
原爆Tシャツ防弾少年団、音楽番組から締め出し
TWICEの紅白出場決定に疑問の声
いまさらNHKがK-POPグループを推奨
「4年連続で紅白歌合戦から無視された」と怒る韓国メディア
K-POP紅白から排除 韓国の反応
「韓流イベント」の記事を書いたら名誉毀損だ、削除しろと言われた件
K-POPは卑猥なダンスが売りなのか?
BoAのハリウッド進出映画 3年で完成、公開
中国紙「韓国が日本を制し流行発信地になった理由」
韓国メディア「K-POPで日本を超える経済大国に」
新大久保韓流タウンの衰退を嘆く韓国メディア
韓国ドラマ売上激減
「少女時代」ジリ貧 横浜アリーナで無料ライブ
日本マスコミが報じないK-POP少女時代の米進出「大惨敗」
世界を席巻するK-POP「江南スタイル」
「江南スタイル」がヒットしない日本に韓国人がブチ切れ
韓国メディア「PSYの新曲が日本で大ヒット」と書くも大外れ
GQ誌「韓流は世界を制するのか」
東浩紀「韓国との多文化共生を諦めてはならない」

コブクロ不倫騒動 文春出版差止訴訟も棄却

人気デュオと表現される男性2人組のコブクロのいつも黒サングラスをかけている方、黒田俊介が不倫をしていたと週刊誌で報じられたのですが、弁護士を通じて東京地裁に「週刊文春の出版を差し止めるよう」訴訟を起こしたものの、棄却されたのだとか
よほど週刊文春の記事が気に触ったのでしょうか?
それにしても週刊誌の出版を差し止めるよう訴え出たところで、裁判所が簡単に認めるとは思えないわけであり、かえって世間の眼を集めうだけではないか、という気がします
以下、J-CASTニュースの記事を参考にします 

音楽デュオ「コブクロ」の黒田俊介さん(44)をめぐって2021年5月11日夕方、文春オンラインが本人の不倫疑惑と不倫相手の自殺未遂についての記事を配信した。これに対し、コブクロの所属事務所は同日、事務所公式サイトで、「記事に掲載されている女性、ご家族に対して大変ご迷惑をおかけしましたことを、心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。
突然の一報に対し、インターネット上では驚きの声が続々。あるツイッターアカウントは「コブクロ黒田さん不倫て...コブクロ好きで応援してたから非常に残念なニュース」と、驚きを隠せないとしているほか、別のアカウントも「良い歌いっぱい唄っていたのに台無し」と、本人の不徳によって楽曲が汚されたと憤る声も。ただ、その一方で、「コブクロ黒田もかよ...前に小渕もやったやん...」といった声も上がっているのだ。
「コブクロの黒田に不倫報道が出たけど、相方の小渕も何年か前に不倫報道されてますから」
黒田さんの相方である小渕健太郎さん(44)について2016年10月、不倫疑惑が報じられた。記事には小渕さんと過去に不倫していたとする2人の女性の証言が掲載されるという生々しいもので、記事が出るや、ネット上では「まさか、まさかね。今朝知ってびっくり」といった小渕さんへの驚きの声が続出するなど、今回の黒田さん同様、大きな驚きをもって迎えられたのだった。
このため、そのことを覚えていたとするアカウントからは小渕さんの過去の不倫報道を絡めた声が噴出。他にも、「コブクロの黒田に不倫報道が出たけど、相方の小渕も何年か前に不倫報道されてますから、もう不倫がテーマの曲とか歌えばいいのに」と皮肉る声も上がっているほど。だが、それに加え、「コブクロの黒田が不倫して相手が自殺未遂って文春砲ですか。以前は小渕の不倫を新潮が報じてたが、2人揃って不倫好きだったのか」といった声も上がっているのだ。
というのも、小渕さんの不倫を報じたのは「週刊新潮」。同誌は週刊文春と並ぶ、週刊誌の中でも硬派で知られる媒体であり、時に、そのスクープは「文春砲」という言葉になぞらえて「新潮砲」と呼ばれることもある週刊誌だ。となると、コブクロは両メンバーが「文春砲」と「新潮砲」に撃たれたという、実に不名誉な「記録」を達成してしまったということになるのではないだろうか。
(J-CASTニュースの記事から引用)

所属事務所は早々に「黒田の不徳のいたすところ」とお詫びのコメントを出しています。が、同時に週刊文春の出版差止の訴えを起こしているのであり、何とも対応が不可解です
文春オンラインには以下のように書かれています

「週刊文春」編集部の取材では、妻子のある黒田はA子さんと2019年秋から不倫関係に陥っていた。黒田が出張の際はA子さんを出張先に呼び、A子さんの家族にもブランド品をプレゼントするなど、親密な関係が続いた。しかし翌年、関係が悪化。精神的に不安定となったA子さんは、それまでのLINEのやり取りなどを黒田の自宅ポストに投函するなどした。女性の言動を「ストーカー」だとみなした黒田の代理人弁護士は、その旨を女性に警告。今年3月には大阪府警豊中警察署にも相談に赴いていた。
1月にうつ病と診断されていた女性は、「黒田さんは、私のことはもうどうでもいいと思っている」と感じ、4月13日未明、70錠以上の抗うつ薬と睡眠薬を服用し、自殺を図るに至った。
「週刊文春」が黒田に取材を申し入れると、代理人弁護士から、A子さんは黒田のストーカーであること、自殺未遂もその一環であり、「回答人(黒田)を苦しめるために行っているストーカー行為である」と認識している旨の回答があった。また、黒田とA子さんとの不倫関係については回答しなかった。
(文春オンラインの記事から引用)

黒田の弁護人は不倫関係については有耶無耶にしたまま、A子さんをストーカー行為を繰り返す犯罪者にしたいようです。しかし、それなら警察に相談するだけでなく刑事告訴し、さらに被害に関して損害賠償請求の民事訴訟を起こせばよいのでは?
訴訟になるとまずい点が黒田側に多々あるとしか思えないのですが
A子さんとの関係が単なる遊びであったとしても、黒田がきちんと清算して分かれる手順を踏むべきだったのでは?
それをしないままA子さんを放置し、不倫関係が自然消滅すると考えていたなら甘すぎでしょう
今になってA子さんから逆襲され、大慌てで弁護士を立て対策を巡らせているように映ってしまいます
週刊誌の発行を停止させようなどと画策するのではなく、不倫の代償をきっちり払って和解しようとは思わないのでしょうか?
それとも、「お互いが納得した上での大人の関係だった」とでも言って、A子さんには1円も払いたくないのでしょうか?
体は大きいようでも、ずいぶん小さい人物のように映ります

(関連記事)
元キャンディーズ田中好子 夫の不倫・隠し子問題
船越英一郎・松居一代離婚へ
松居一代 離婚騒動を巡る暴走
つちやかおり不倫・離婚騒動
大沢樹生の長男 親子関係なしと家裁が判決
喜多嶋舞が猛反論 実子DNA騒動
喜多嶋舞 「夫の子供でなかった長男」騒動その後
女優喜多嶋舞の長男は大沢樹生の子ではなかった
矢口真里離婚騒動を考える
麻木久仁子vs大桃美代子 不倫対決
麻木久仁子 不倫を認める
お天気お姉さんの不倫 NHK半井キャスター
ダルビッシュ紗栄子 不倫相手はNEWS手越祐也
小学校校長の不倫 学校内で所構わず
特ダネのためなら不倫もあり 毎日新聞記者
ドラマ「運命の人」 不倫し捨てられた女性事務官の今
ドラマ「運命の人」 ネタ欲しさに人妻と不倫した新聞記者
不倫の代償
鳩山夫妻 ドロドロの略奪愛Part2
鳩山由紀夫夫妻 ドロドロの略奪愛
山口もえの夫 違法キャバクラ経営で逮捕
女優高岡早紀 内縁の夫に騙され破産の危機
ベッキー不倫 「絶対に別れない」
斉藤由貴、山尾志桜里の不倫に見る共通点

名古屋アベック殺人(1988年) 無期懲役囚の現在

廃刊してしまった雑誌「新潮45」の2016年9月号に掲載されていた、名古屋アベック殺人事件の犯人の1人で無期懲役刑判決を受けて服役中の人物を取り上げた記事がデイリー新潮のサイトに掲載中です
通常、形が確定して服役した受刑者には予め届け出た親族か弁護士しか面会できないのですが、この中川政和(仮名)受刑者にはジャーナリストの面会が許可されています
記事の中身を読めば理解できるのですが、法務省としては「無期懲役受刑者でも仮釈放を目指して懸命に励んでいる」とアピールするため、ジャーナリストとの面会を許可している…のではないかと想像します

「名古屋アベック殺人」主犯少年のいま、無期懲役の身に置かれて
(前略)
「極刑をもって臨むべき」
89年6月、名古屋地裁は中川に求刑通り死刑判決を言い渡した。「まれに見る残虐、冷酷な犯罪で、遺族の被害感情を考えると、死刑もやむを得ない」というのが、その理由だった。少年への死刑判決は、犯行当時19歳だった4人連続射殺事件の永山則夫元死刑囚=97年8月に死刑執行=以来だった。
だが、7年半にわたる控訴審の末に、96年12月、名古屋高裁は一審の死刑を破棄し、中川に無期懲役の判決を言い渡した。判決文では、中川に対して「犯行の動機にくむべきものはまったく見当たらず、犯行の態様も残虐で、結果の重大性はいうまでもない。遺族の被害感情には今なお厳しいものがあるなど、極刑をもって臨むべきとの見解には相当の根拠がある」としながらも、死刑の選択を避けた。「控訴審の公判でも、人の生命の尊さ、犯行の重大性、一審の死刑判決の重みを再認識して、反省の度を深めていることなどの事情が認められる」(判決要旨より)など、中川に更生の可能性があると判断したのが、その理由だった。
検察側は上告を断念し、97年1月に無期懲役が確定したことから、中川は岡山刑務所に下獄した。中川のほか犯行に加わった5人は、無期懲役や懲役13年、5年以上10年以下の不定期刑が確定している。
刑務所内で、中川は「1類」の優遇措置を受けている。社会復帰に向けて努力させるため、服役態度などによって受刑者を1~5類に分け、区分ごとに面会や手紙の回数、所内での集会の参加回数などの幅を広げている。1類はそのトップランクで、岡山刑務所内では約30人と、全受刑者の1割に満たない「獄中エリート」だ。中川は刑務作業での事故や所内でのトラブルがなく、素行のよい「模範囚」ということになる。そのため、面会時間も1時間を許可された。
(以下、略)

一部のみ、引用しました。長文の記事なので、中身のついては上記のデイリー新潮のウェッブサイトで確認願います
ただ、余計な色をつけていない冷静で実直な記事だと感じます
「名古屋アベック殺人」の犯行内容については、まとめたサイトがいくつもあるのでそちらを参照してください。ただし、全部読んでしまうと食事が喉を通らなく成るような鬼畜な犯行であり、若い2人の男女をとことん痛め尽くし、弄び、じわじわと死に追いやる様が描かれていますので目を通すかどうかは、自己責任でお願いします
人間はここまで残虐な真似ができるのか、と呆れてしまいます
しかし、紛れもなく上記の無期懲役受刑者である中川政和(仮名)と仲間たちの犯行であり、誰が主犯格であろうともそんなことに関係なく、全員を無期懲役、あるいは死刑に処すべき行状でしょう
最近の判決を見ても、若者による強盗殺人事件では共犯者全員に無期懲役判決が下されるケースもあります。主犯だの、従犯だのと色分けし量刑に差をつける意味があるのか、と思う自分にとっては納得できる判決です(判決を受けた当人たちは不満タラタラでしょう。あいつの方が悪いのに、なぜ刑が軽いのか、などと気にする連中です)
さて、中川受刑者が仮釈放によって出所できるかどうかは法務省の組織である地方更生保護委員会が決めるのであり、口を挟む真似はしません
ただ、仮釈放に関しては被害者遺族の意向も判断材料になります。特に世間を震撼させた殺人事件で、被害者遺族が犯人を許せない、と思っているのを無視して仮釈放にすればメディアも問題視して騒ぎます。なので仮釈放決定には慎重にならざるを得ないという事情があります

(関連記事)
木曽川長良川連続リンチ殺人の少年被告3人に死刑判決
木曽川長良川連続リンチ殺人を考える 暴走する少年
木曽川長良川リンチ殺人を考える3 再審請求
死刑執行 犯行時19歳だった関光彦
4人を射殺した永山則夫を聖人視するメディア
茂原強盗殺人事件を考える 主犯は無期懲役、従犯は?
千葉女性監禁殺害事件を考える1 幼なじみ
千葉女性監禁殺害事件を考える4 主犯格少女は殺意を否認
千葉女性監禁殺害事件を考える5 主犯格少女も無期懲役
千葉印西市放火殺人 判決はどうなったか?

茨城一家殺害事件を考える 容疑を否認

茨城県の小林さん一家を殺害した容疑で逮捕された岡庭由征容疑者は、容疑について否認していると報じられています。別件での逮捕を受け、 取り調べを受ける中で林さん一家殺害について自白したのではないか、という推測もあったのですが外れでした
もし岡庭容疑者が進んで自供をしていたのなら自首にあたる可能性もあり、そうなれば裁判では死刑判決でなく無期懲役判決になっていたでしょう
また、家宅捜査で自転車が押収されたとの報道もあり、岡庭容疑者が犯行現場との行き来に自転車を使用していた可能性が浮上しています

茨城県境町で家族4人が殺傷された事件で逮捕された埼玉県の26歳の男が、これまでの取り調べに対し容疑を否認していることがわかった。
岡庭由征容疑者(26)はおととし9月、境町で小林光則さん(当時48)夫婦を殺害した疑いで逮捕された。この事件では、小林さんの子ども2人も重軽傷を負っている。その後の捜査関係者への取材で岡庭容疑者がこれまでの警察の取り調べに対して、容疑を否認していることがわかった。
岡庭容疑者の持ち物からは事件の前に撮影されたと見られる小林さんの自宅周辺の動画が見つかったことが分かっている。警察は岡庭容疑者が現場の下見をしていた疑いがあるとみて裏付け捜査を進めている。
(ANNニュースの記事から引用)

連日、さまざまな報道があるわけですが、有益な情報もあればそうでないものもあります。捜査員の話として、「小林さん宅は土地勘のある者でないと知らない場所」と伝える報道もありました。が、何を言ってるのかと思うばかりです
今やスマートフォンで地図を見るのが当たり前の時代であり、地図を使って近隣の民家とは離れた一軒家を探すくらい難しい技ではありません
岡庭容疑者が犯行を計画する際、今回の現場のように周囲から離れて存在する一軒家をスマートフォンの地図で探し周り、選んだとしても不思議ではありません。そもそも土地勘など必要ないのです
話が前後しますが、岡庭容疑者の当初の逮捕容疑は自宅に硫黄を45キロ保管していたものです。そして警察手帳の偽造が発覚し再逮捕されています
警察手帳については、他人の家でこの偽物の警察手帳を見せて信用させ、家の中に入り込んで家人を殺害する計画でも立てていたのでしょう
彼の頭の中は殺人計画でいっぱいだったのではないか、と勘ぐってしまいます
一緒に暮らしていた両親は岡村容疑者が何をしているのか、気にもしなかったのでしょうか?
父親は定年退職を迎える前に会社を辞めてしまい、無職だったと聞きます。地主である祖父の収入を目当てに、働こうという意欲も失せてしまったのか?
息子のこと(埼玉・千葉刃物襲撃事件)をあれこれ訊かれるのが嫌で会社を辞めたと書いている記事もあります。会社を辞めて自宅にいるのなら、息子をきちんと監督するべきだったのではないでしょうか?
父親も無職で、26歳の息子も無職というよくわからない家族です

(関連記事)
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者は反社会パーソナリティ障害か
https://05448081.at.webry.info/202106/article_30.html
茨城一家殺害事件を考える 酒鬼薔薇事件と似てる?
https://05448081.at.webry.info/202106/article_10.html
茨城一家殺害事件を考える 動機なき殺人?
https://05448081.at.webry.info/202105/article_36.html
茨城一家殺害事件を考える 治療の対象か否か
https://05448081.at.webry.info/202105/article_28.html
茨城一家殺害事件を考える 医療少年院送致から事件まで
https://05448081.at.webry.info/202105/article_22.html
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者は異常者なのか
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者の変貌と殺意
茨城一家殺害事件を考える 逮捕状請求
茨城一家殺害事件を考える 行動裏付けの困難
茨城一家殺害事件を考える 容疑者は10年前のナイフ少年か
茨城一家殺害事件を考える 容疑者特定か?
茨城一家殺害事件を考える 一か月経っても捜査進展なく
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える1 犯行の目的
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える2 16歳の少年逮捕
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える3 ナイフ収集と動物虐待
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える4 ナイフを収集した意味
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える5 ナイフを買い与えた親
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える6 刑事事件として起訴
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える7 保護処分を求め家裁に送致
世田谷一家殺害事件から15年
世田谷一家殺人 「犯人は15歳から22歳」と警察
蟹江町3人殺傷事件 死刑判決に不服、控訴
愛知蟹江町3人殺傷事件 死刑求刑
門真4人殺傷事件を考える1 犯行の狙いは?
門真4人殺傷事件を考える2 死刑を求刑
門真4人殺傷事件を考える3 懲役30年判決も不服で控訴
門真4人殺傷事件を考える4 控訴審も懲役30年

鴻巣4人死傷事故 少年に懲役2年以上3年以下判決

車に同乗していた高校生2人を死亡させ、助手席にいた少年と運転していた本人も負傷した2019年の事故で、さいたま地裁は運転していた少年に懲役2年以上3年以下という不定期刑を言い渡しています(懲役4年以上6年以下の不定期刑)
当初、さいたま県警は危険運転致死傷罪の容疑で送検したのですが、検察は危険運転で有罪に持ち込むのは無理だと判断し、過失致死傷罪で起訴していました。先には、酒を飲んで時速146キロで暴走した死亡事故でも危険運転にはあたらないとする判決が出ており、裁判所は危険運転の範囲を極めて限定的に規定しようとしているのが分かります。が、それでは何のために危険運転をより重く罰する法律を制定したのか、立法の趣旨を損ないかねません
命を奪う事故については運転者の責任を厳しく問い、より重い罰を科すのが民意でしょう(ただし、過去の同様の事故が過失致死傷罪の適用で軽い刑罰で済んでいるため、今から厳罰を科すのは法の平等に反する、というのが裁判所の考えです)

埼玉県鴻巣市で2019年12月に高校生4人が死傷した事故で、高速度で車を走行させ運転操作を誤ったとして、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた、当時18歳の少年(19)の判決公判が6日、さいたま地裁で開かれた。田尻克巳裁判長は「単なる不注意ではなく無謀運転の結果であり、過失は悪質かつ重大」として、少年に懲役2年以上3年以下(求刑・懲役4年以上6年以下)を言い渡した。
判決理由で田尻裁判長は、少年が高速度で運転できることを同乗者に誇示したいと考え、一度減速して車間距離を取った上で、「意図的に車を加速させた」と指摘。同乗者に「やめろ」「危ねー。事故るだろ」と注意されたにもかかわらず、「制限速度の約3倍で進行した結果、運転操作を誤って事故を起こした」と述べた。
判決によると、少年は19年12月13日午後0時20分ごろ、鴻巣市郷地の県道で、制限速度を78キロ超える約118キロで車を走行。運転を誤って道路左側のガードレールと油圧ショベルに衝突させ、後部座席に乗っていた本庄市の男子高生と深谷市の男子高生=いずれも当時(18)、高校3年=を死なせるなどした。
■遺族「法と現実、隔たり」
公判では、事故で死亡した本庄市の男子高生と深谷市の男子高生の遺族が毎回、喪服姿で傍聴した。
本庄市の男子高生の姉(25)は判決を受け、「執行猶予が付くと無罪と変わらないので、(実刑になって)悔しいとも言い切れない」と複雑な表情。「私たちは(懲役の)2年では治せない心の傷がある。彼が2年で更生できるのか不安」と語った。
弟である男子高生とは6歳違いの2人姉弟。子どもの頃、両親に「赤ちゃんが欲しい」とねだって授かった待望の弟だったという。男子高生は高校で野球部に所属しており、「同じような子を見ると、いないのが分かっていても、あれは弟かなと思ってしまう。どこかでまだ遊んでいるんじゃないかって」と涙。被告の少年には「2人の命を背負って、犯した罪を忘れず死ぬまで一生償ってほしい」と話した。
深谷市の男子高生の母(44)は、「執行猶予の可能性もあったので実刑でほっとした」としながら、「遺族としては3年は短い」と率直に述べた。
県警は当初、法定刑が最大で懲役20年になる自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)容疑で書類送検。さいたま地検は最大7年の同法違反(過失致死傷)罪で起訴した。
母は「危険運転にならないのが納得できない」と抱えていた思いを打ち明ける。地検からは説明を受けたが、「法定速度を78キロ超えて走ったこと自体が危険。交通犯罪の刑罰が軽すぎるのではないか。法律が一般の感覚や現実と懸け離れている」と指摘する。
今後に向けては、「同じような被害者が出ないために、他に被害を受けた人と一緒になって法律を変えていく活動ができれば。それが息子のためにしてあげられる唯一のこと」と願った。
(埼玉新聞の記事から引用)

裁判の結果は上記の通りですが、事故を起こした車は誰の所有であったのか、気になります。前回も触れたように、運転していた少年は通っていた高校の決まりに反して自動二輪の免許を取得し、停学処分を受けたのですが、凝りもせず自動車の運転免許も取得していました。となれば親が車の免許の取得も容認し、車を貸し与えていたのかもしれません
保険会社が自動車保険の保険金支払を拒むことはないと思いますが、保険金の支払額を巡っては被害者遺族と揉めるでしょう
自賠責保険の場合、同乗者が死亡した場合の保険金は最大3000万円です。が、保険会社にも言い分があるわけで、どのような死亡事故でも必ず満額が支払われるわけではなく減額される場合があります
一般に交通事故で死亡した場合の賠償額は5000万円から6000万円ですから、足りない分は任意保険の方で同乗者特約で補うか、運転者が負担しなければなりません
加害者である少年の親がきちんとした自動車保険(任意保険)を対人無制限の特約付きで契約していればよいのですが、そうでなければ賠償額を巡って裁判になるかもしれません

(関連記事)
鴻巣4人死傷事故 元高校生に不定期刑求刑
亀岡暴走事故 被告が判決を不服として控訴
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
無免許運転で児童の列に突っ込む 懲役は7年前後
亀岡暴走事故 被害者の近況と少年法
小樽市3人死亡事故で最高裁判決 懲役22年確定
歌川5人殺傷交通事故 懲役23年の実刑判決
飲酒運転で幼児3人死亡事故 懲役20年確定へ
女性をボンネットに乗せ暴走 住職逮捕
つがる4人死亡事故 懲役20年判決
つがる4人死亡事故 危険運転で起訴も無罪主張
146キロ暴走事故でも「危険運転ではない」と控訴審判決
飲酒、146キロ暴走でも「危険運転ではない」と判決
池袋暴走事故 飯塚被告は初公判で無罪主張
池袋暴走事故 88歳飯塚幸三はまだ起訴されず

攻殻機動隊とエヴァ:近未来の「自由」とは

アニメーションの世界が現実社会より1歩、2歩先の未来を描くのは珍しくないのですが、その近未来社会の有り様や価値観、倫理観まで踏み込むのは設定が大変なので敬遠されがちです。もちろん、「ガンダム・シリーズ」のように詳細にして複雑な設定の上に物語を展開する作品もありますが
未来のテクノロジーの上に複雑な社会状況、政治状況を設定して開陳されるハードなSF小説は珍しくないものの、それは固定された読者層があってビジネスとして成り立つからでしょう。アニメーションもビジネスですから、設定に凝りすぎて視聴者がついてこれなければ打ち切りとなります。なので、あまりに尖った世界観の上に成立するような作品は企画段階でボツになっているのかもしれません
ともあれ、近未来を描いた「AKIRA」、「新世紀エヴァンゲリオン」や「攻殻機動隊」といったハードな作品が日本で作られ、ビジネス面でもそれなりに成功を収めたのは驚くべき事例でしょう
今日は「旅人」さんのnoteに掲載された記事を手がかりに、近未来における自由、自我について考えてみます

攻殻機動隊と新世紀エヴァンゲリオンの社会学的考察:〈自由〉の条件

新世紀エヴァンゲリオン最終話(第26話)『世界の中心でアイを叫んだけもの』は、賛否両論があったものの、当時のアニメーションの常識を覆す画期的な脚本だったことは間違いない。この副題は、ハーラン・エリスンのSF小説『世界の中心で愛を叫んだけもの』(The Beast that Shouted Love at the Heart of the World)からとったものだが、エヴァンゲリオンのほうの“アイ”とは、“愛”ではなく、英語の“I(私)”のほうだと思われる。この最終話では、不自由が与えられることによって逆説的に、「自由」の牢獄から解き放たれるための条件である〈自由〉が生まれるという機制が、そして他者との関係の中でこそ“I(私)”を叫ぶことのできる、自由な主体たる自我が形成されるということの一つの“可能性”が描かれている。このアニメの登場人物たちは、他者との関係構築(即ち、〈自由〉の獲得)に失敗している者たちばかりだ。例えば、“人類補完計画”とは、他者との関係を補完することで〈自由〉を取り戻す為の計画と見ることもできる。「新世紀エヴァンゲリオン」は大きな社会現象を巻き起こしたアニメだが、その理由の一旦は、当時の世相を捉えた、自由に関する鋭い問題意識の内にあるように思う。

近代文学は自分が自分であるという「近代的な自我」を描くのを主眼としています。自分が自分であるというのは、封建社会から抜けだたもののまだ制約が多い近代社会の中で、就職や結婚など、自分のことを自分で選択し決定できる権利を手にするという意味です
現代を生きる我々にとって当然とされる選択の権利(自由)ですが、当たり前のように享受できると決めてかかるのは誤りで、簡単に失いかねない危険をはらんでいます
それが顕在化しているのが移民問題でしょう。生きるために豊かな国へと移民する人たちがいる一方、自分たちの生活を守るために移民を排除しようとする動きがあります。移民しても、職業選択で制約を受けたり、居住や教育で制約を受けるのもしばしばです
日本はいまだ豊かな社会ですが、「日本沈没」のような事態があれば第三国へ移民して生き延びなければなりません。世界各地で起きている移民をめぐる対立は決して他人事ではないのです(我々の享受する自由も簡単に失われる可能性があるわけです)
さて、話を戻して「近代的な自我」とは、その他大勢の中から自分は自分であると個を確立することです。その他大勢の中に隷属している限りは、他者と自分を区別する他我の問題は生じません。個の確立のためには他者との関係をどうとらえ、調整するか、結託するか、離反するか、追従するか、さまざまな選択を迫られます

エヴァンゲリオン最終話の到達点からさらに踏み込んだ部分が、後半の、タチコマが見つけた謎の「箱」に関する物語だ。好奇心からその「箱」に接続を試みた時に、タチコマが「箱」から受けとったメッセージが、「君は僕、僕かつ君たち」である。物語の後半で、この謎の箱は、“防壁”のない、とある映画監督の電脳であることが判明する。“防壁”とは、電脳を守るファイアーウォールの事だが、これは他者と自己とを分ける絶対不可侵の境界でもある。「新世紀エヴァンゲリオン」においては“A.T.フィールド”がそれにあたる。ところで、「君は僕、僕かつ君たち」が含意するメッセージとは、他者が〈自由〉の条件(自我の条件)であるのみならず、自分そのものである、ということだ。「新世紀エヴァンゲリオン」の“人類補完計画”とは、全人類を単一生命体とすることだが、似たようなテーマは「攻殻機動隊」でも繰り返し、描かれている。自己が他者である、ということ。付言しておくと、社会科学を学んだ人であれば分かると思うが、もしこれを少しでも認めてしまえば、今現在、存在しているほとんど全ての社会科学の理論が依拠している前提が揺らぐ。

デカルトに代表される近代の科学理論の前提であるところの、自分が考えていることを自分自身は疑うことができない(我思う、故に我あり)を引き合いにすれば、他我との境界の喪失は重大な問題です
「エヴァンゲリオン」に登場するゼーレの人類補完計画はまさに全人類を単一の存在、神の子に戻そうという計画だったようですが、それが正しいのかどうかはさておき、よくもアニメーション作品の中に登場させたものだと呆れます
先に書いたように、近代的な自我の確立というのがこの時代のテーマであり、個人の自由が重んじられてきたわけです。個人の自由に逆行する人類補完計画を堂々と掲げるアニメーションなんて、共産主義国の中国でも作れないのでは?
上記の引用部分で「似たようなテーマは『攻殻機動隊』でも繰り返し、描かれている。自己が他者である、ということ」書かれているのを憶測すれば、劇場版「GHOST IN THE SHELL」 の人形遣いと呼ばれる情報の海で発生したゴーストを持つ生命体が草薙素子のゴーストと融合する場面が思い当たります(TVシリーズではないので、当たっているのかどうかは分かりませんが)
ただし、草薙素子はトグサを公安九課にスカウトした理由として、同じ規格で揃えた組織の脆さを挙げ、構成員の個性こそが組織の強さである旨の発言をしていますので、皆がドロドロに溶けて1つになることが必ずしも理想であるという考えに占められているとは思えません
草薙素子は何よりも強烈な個人主義者です

“トラップでもハッキングでもなく、自分の作品の魅力によって訪問者を帰さない”箱が見せた映画(夢)とは、「君は僕、僕かつ君たち」であるような世界だったのではないか。しかし、他者は〈自由〉の条件であるにしても、他者の夢に没入しきることは「死んだも同然」と言う主人公の言葉の裏に、さらにもう一段階踏み込んだ、そこから飛翔する「自由」への可能性が示唆される。「個」を取り戻す為の、その答えは、攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 第26話(最終話)で示されている。〈自由〉と「自由」を一渡り旋回し、上昇していくイメージを得ることができる。

タチコマが闇市で手にした電脳の中に入っていた映画監督の夢が、具体的にどのようなものであるのか自分には分かりません
ここでは映画監督の夢ではなく、草薙素子に置き換えて考えてみます
「攻殻機動隊」の少佐こと草薙素子は高性能なサイボーグのボディを与えられており、最高のメンテナンスを受けて機能が維持されています。彼女が公安九課を辞めることは可能ですが、代償としてはその高性能なボディを取り上げられ、機密保持のため記憶の大部分を消去しなければなりません。記憶の大部分を失ったなら草薙素子は草薙素子ではなくなるでしょう
それでも草薙素子は公安九課を離れ、自由を手にする選択をします。記憶を維持したまま、高性能のボディをいくつも乗り換え、公安九課とは別の立場から社会にコミットするという、反則とも言える選択であり、ここは議論の分かれるところです。ただ、草薙素子が草薙素子としてあり続けるには記憶を手放せませんし、高性能のボディをいくつも乗り換えたり、メンテナンスを受け続ける必要があるのは自明ですから、そのための手立てを尽くす…というのはあり得る選択肢でしょう
公安九課を離れる覚悟とその後の行動は、いわば他人の夢の続きを眺めるだけの生を拒絶し、自身の物語を紡ぐ行為でしょう。それは自分が自分であることの証明と言えるのかもしれません
ネットの中に溶け込んで個を喪失するのではなく、ネットの中にあっても個であり続けようとする強烈な意志を感じます。草薙素子の強烈な個性、自分が自分であることを決して手放そうとはしない覚悟が、他我の境界があいまいになりつつある近未来の電脳社会においても際立っており、作品に一本筋が通っていると感じさせるのです

(関連記事)
「エヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を振り返る
https://05448081.at.webry.info/202105/article_23.html
エヴァンゲリオン 少年は神話になったのか?
マスク拒否男 エヴァに乗りそこねたシンジ君
「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」 真っ直ぐな生き方を問う
「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」 シンジとゲンドウの和解
「エヴァンゲリオン」 精神分析と思春期理解
「エヴァンゲリオン」を巡る言説 賛否の行方
大塚英志 「エヴァンゲリオン」を語る
エヴァンゲリオン 家族を問う物語
「エヴァンゲリオン」 若者の承認欲求
「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」の爽快感と疎外感
「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」という「終わりの物語」
「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」をアメリカはどう観たのか
押井守「イノセンス」で考えるゴーストと身体
劇場版「機動警察パトレイバー2 the Movie」と二・二六事件
カンボジアPKOと機動警察パトレイバー
劇場版「機動警察パトレイバー2 the Movie」を語る
「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」論

「エヴァンゲリオン」に言及した他の記事は、本文右のテーマ別記事で「エヴァンゲリオン」をクリックすると表示されます

韓国のおバカ歴史観 朝鮮出兵は陶工が狙い?

常日頃から日本の歴史認識を「間違っているニダ」と批判し、「韓国側の歴史認識こそが正しいのだから日本はこれを受け入れるべきニダ」と吠えている隣国の話です
先日は、「万葉集は新羅の郷歌を真似たものだ」とする珍説を取り上げたました。こうした珍説を唱えるの韓国の学者の仕事のようです(日本の古代史マニアが、「卑弥呼の謎を解き明かした」として珍説を披露するのもままあるわけですが)
ただの歴史マニアが己の興味関心のまま、珍説を唱えて自己満足に浸るなら害はないのでしょうが、政治家それも大統領という国を代表する立場にある人物がおかしな説を唱えるのは有害です
反日の旗振り役である文在寅大統領がおかしな歴史解釈を開陳していますので、取り上げます。この文在寅の発言を日本のメディアはほとんど取り上げませんでした。取り上げる価値もないと判断したのでしょう
元ネタは韓国の新聞東亜日報ですが、それをレコードチャイナが抜粋して記事にしたものです

2019年8月8日、韓国・東亜日報によると、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が7日、日本の輸出優遇国からの除外措置と関連し訪問した中小企業で「技術の国産化」に対する意志を示した。
記事によると、文大統領はソウル郊外の京畿道にあるSBBテックを訪れ、「日本が韓国をホワイト国から除外したことで国民と政府と部品・素材企業、特に強小企業の大切さを切に感じさせられた」と述べた。SBBテックは2015年に韓国で初めてロボットの主要部品である精密減速機の量産に成功した中小企業。韓国大統領府は「減速機の主要部品であるベアリングは日本のホワイト国除外対象に含まれると予想される品目」と予想している。
また、文大統領は「文禄・慶長の役の時に日本が最も欲しがったのも韓国の陶芸家と陶工だった」とも述べたという。これについて記事は「韓国の高い技術力を強調するための表現。日本がホワイト国除外決定を公布した日に文禄・慶長の役に言及することで対日メッセージを送ったもの」と説明している。
その他にも文大統領は「技術を開発しても韓国内で販売先が確保できないケースが多かったが、今回の日本の措置により韓国製品に替える企業が増えている。日本の部品・素材への依存度が高かった企業にとっては苦しい状況だが、長い目で見て韓国の産業生態系を変える機会にするべきだ」「今回の日本のホワイト国除外措置の不当性は必ず批判すべき問題だが、それとは別に国民と企業がこれをきっかけに韓国の経済と産業をさらに成長させると信じている」などと述べたという。
文大統領の発言に、韓国のネットユーザーからは「優秀な脳と技術力で世界を制覇しよう。今回のピンチをバネにして政府は支援、企業はそれに支えられて技術開発に集中し、国民は応援する。そして韓国も先進国に到達しよう」「頑張ろう。韓国国民は強い。日本不買を続けよう」など賛同する声が上がっている。
一方で「また昔話?なぜ文大統領は過去のことばかりで未来のことは考えないのか」「感情的な政治ではなく現実的な政治をお願いしたい」「日本は具体的に韓国に打撃を与えているのに、文大統領は何の対策もなく政治扇動ばかり。この国の未来が心配だ」「数十人のノーベル賞受賞者を持つ日本の前で陶工の話なんてとんでもないよ」「その時の日本は朝鮮の土地全体を欲しがっていたんだよ」「文禄・慶長の役の時に日本に行った陶工は誰も韓国に戻ってこなかった。日本と違い韓国では技術者が満足のいく待遇を受けられなかったから。この話はなぜしないの?」などと指摘する声も数多く上がっている。
(レコードチャイナの記事から引用)

豊臣秀吉の朝鮮出兵は、朝鮮半島経由で明へ攻め込むことにあったわけで、最初から朝鮮半島の陶工を拉致する狙いで仕掛けたものではありません。大統領ともあろう人物が、この程度の歴史認識しか持ち合わせていないのが現実であり、だからこそ反日を煽って国民を誘導しようなどと考えるのでしょう
文在寅だけでなく、歴史を都合よく読み変えようとする傾向が韓国には目立ちます
ここでの陶工を刀工に読み替え、朝鮮刀の技術を盗み取るために秀吉は刀工を拉致したとする珍説を唱える人物もいました。中国や朝鮮の刀は硫黄分を多く含む鉄鉱石から作るため強度が不足し、つまりは鋼鉄ではありません。日本では平安時代から硫黄分の少ない砂鉄から鋼鉄の刀剣を作っていますので、朝鮮刀なるものを真似る必要などなかったのですが、そうした技術的な側面を理解せず歴史を弄ぶ真似をするからトンチンカンな説になってしまいます
あるいは朝鮮出兵の際、韓国側は秀吉の軍勢が仏像を破壊したと主張しているわけですが、李氏朝鮮は儒教を重んじて仏教排斥を行っており、寺や仏像を破壊したのは朝鮮人です。李氏朝鮮の政策によって寺は街から追い出され、山間部にのみ残されました。織田信長でもない限り、当時の日本の武将は神仏を尊んだのであり、仏像を破壊したり寺を壊したりはしません
また、日本側の記録によれば朝鮮出兵の際に仏典や漢籍(漢文で書かれた書籍)を大量に購入して持ち帰った話が残されています。しかし、これも韓国側からすれば秀吉の兵が略奪していったことにされるのでしょう
さて、日本の輸出管理強化に反発した韓国政府は国民を煽り、日本製品不買を推し進めています。が、貿易統計によれば日本から韓国への輸出額は2019年こそ減少したものの、昨年から回復しています
いわゆるホワイト国から韓国を除外したのは、ウラン濃縮に不可欠なフッ化水素を韓国が日本から輸入した後にイランや北朝鮮に輸出した疑いがあるからです。その疑いを晴らしたいのであれば、韓国内のどこの工場で1日どれだけの量のフッ化水素を使用したのか明かせばよいのですが、韓国側はホワイト国から韓国を除外した措置を批判するだけで、フッ化水素の使用明細を明かさないままです
大統領は歴史上の珍説を披露して誤魔化すのではなく、本質に踏み込んだ対応を取るべきでしょう

(関連記事)
日本刀をねたむ中国、韓国
https://05448081.at.webry.info/202105/article_35.html
「万葉集の起源は新羅の郷歌」と主張する韓国
「茶道の起源は韓国」とする見栄っ張りな記事
「日本の歌舞伎の起源は韓国」と報じる朝鮮日報
「東洲斎写楽は韓国人ニダ」説の映画化
「韓国起源説」は日本の陰謀だと主張する韓国
「日本剣道の起源は韓国」と言い張る人たち
インチキ韓流ブーム 韓国の呆れた剣術
「テコンドーの歴史は二千年」とウソをつく韓国
日本サッカーのシンボル「八咫烏」は高句麗起源との主張
単なる噂を教科書に載せる韓国 歴史捏造
日韓唐辛子論争 唐辛子の起源は韓国
韓国メディア 今年も桜の起源を主張する記事
今年も韓国メディアの大ウソ 「桜の起源は韓国」
「江戸時代の日本はアジアで孤立」と主張する韓国教授
「日本は古代、韓国の直轄領土」と主張する韓国の歴史学者
韓国歴史者「日本の神々は朝鮮半島の祭神だ」と妄想
「日本の文化はすべて韓国の模倣」だと主張する研究者
韓国人教授「日本神道の起源は新羅王子」と珍説表明
「日本は朝鮮人が作った国」と報じる韓国メディア
広開土王碑文で嘘の解釈 韓国メディア
「人類の文明は9千年前韓民族が起源」と報道する韓国メディア
「世界を制したフン族アッティラは韓民族」と言い張る韓国

茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者は異常者なのか

茨城の小林さん一家殺害事件に関与したとして逮捕状が執行された岡庭由征容疑者を、異常者だと決めつけるようなニュースコメントがヤフーのサイトで目に付きます
以前、岡庭容疑者の少年時代の傷害事件を取り上げた際には、「普通の少年がある日突然、凶悪な犯罪に走る」といった記事の書き方、有識者のコメントを批判しました。「普通の少年」という表現は岡庭少年の特徴を何ら捉えないまま、「普通の少年」と決めつけているだけであり、かえって「その人となり」が見えにくくなるだけです。後の報道によれば、岡村少年による動物殺害など、彼を特徴づけるエピソードがいくつも浮上しました。このように、何の特徴もない少年などこの世に存在しないと肝に銘じるべきで、「普通の少年」なる表現は使わない方がよいのです
そして成人した岡庭容疑者を「異常者」と表現するのも困ったものであり、特徴をつかめないから「異常者」と決めつけているだけのように自分は感じます
「異常者」とレッテルを貼って何かを言い表わした気になるのも間違いでしょう
さて、逮捕された岡野容疑者をめぐる続報を取り上げます

茨城県境町の住宅で2019年9月、一家4人が殺傷された事件で、茨城県警に殺人の疑いで逮捕された岡庭由征(よしゆき)容疑者(26)(埼玉県三郷市)が事件前、ナイフや催涙作用のあるスプレーを入手していたことが、捜査関係者への取材でわかった。県警は事件で使われた凶器との関連などを調べている。
発表によると、岡庭容疑者は19年9月23日午前0時40分頃、会社員小林光則さん(当時48歳)の自宅で、小林さんと妻の美和さん(当時50歳)の胸や首などを刃物で複数回刺すなどし、殺害した疑い。また、子供部屋にいた長男(14)は、足を切られるなどして重傷を負ったほか、同じ部屋にいた次女(13)は催涙スプレーを手にかけられ、軽傷を負った。
捜査関係者によると、県警は当初、夫婦に恨みを持つ人物の犯行の可能性があるとみていたが、一家に目立ったトラブルは確認されなかったことから、捜査範囲を拡大した。
同種事件の前科・前歴者らを調べる過程で、岡庭容疑者が、事件前にサバイバルナイフや催涙作用のあるスプレーを買い集めていたことがインターネットでの購入履歴などから判明した。
県警は昨年11月、埼玉県警と合同捜査班を組み、自宅を殺人予備容疑で捜索。ナイフ十数本や、フラスコなどの実験器具、薬品、スマートフォンなど計600点を押収している。
境町の殺害現場からは凶器となった刃物は見つかっていない。県警は岡庭容疑者と一家の接点について、現時点ではないとみて事件の背景を調べている。
(読売新聞の記事から引用)

調べによる岡庭容疑者が購入したものがクマ撃退用の催涙スプレーであり、小林さん宅を襲撃した犯人が使用したものと同じであると判明しています。これは岡庭容疑者を有罪に持ち込む有力な物証となります
また、岡庭容疑者の部屋から大量のナイフが押収されたわけですが、被害者の血液が検出されたものはないので、犯行に使用した凶器は処分したのかもしれません
記事の書き方からすれば、小林さん一家殺害を岡庭容疑者が進んで自供している風には読み取れませんので、前回述べたような「自首」にはあたらないのでしょう
証拠を突きつければ、それについては認めるという反応なのでしょうか?
さて、今回の殺人をどう解釈し、説明すればよいのか、考えています
1つの仮説としては、2011年の傷害事件で女子中学生と女子小学生をナイフで刺したものの、それだけでは達成感がなかったのではないか、と考えます。岡庭容疑者は当時、「神戸の連続児童殺傷事件のように女の子の首を切断して持ち帰るつもりだったが、果たせなかった」という趣旨の供述を残しています
そのため殺人衝動が岡庭容疑者の中でくすぶり続けたのではないか、という仮説が考えれます
もう1つの仮説としては、過去の事件を別にして、あらため大量殺人の衝動が彼の中に芽生えた可能性です。岡庭容疑者が自宅に保有していた大量の硫黄が、爆発物を作るためのものであったのか、硫化水素を発生させて無札別殺人を行うためのものであったのかは不明ながら、1人や2人を殺害するための分量でないのは明らかでしょう
その大量殺人の前段階として、小林さん一家を狙った犯行に着手したのかもしれません。ただし、小林さん宅に家族が何人いるのか、そこまで情報は集めていなかったのでは?
近隣民家から離れた場所にある小林さん宅を狙い、ナイフで家族を殺害する「実験」を試みたのではないか、という気がします
ともあれ、これだけ計画的な犯行なのですから、「心神喪失状態でわけがわからないまま衝動的に人を殺した」などいう弁解は通用しないのであり、精神障害を疑う必要はないはずです。だからこそ、簡単に「異常者」などと決めつけてはならないのです

(関連記事)
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者は反社会パーソナリティ障害か
https://05448081.at.webry.info/202106/article_30.html
茨城一家殺害事件を考える 酒鬼薔薇事件と似てる?
茨城一家殺害事件を考える 動機なき殺人?
https://05448081.at.webry.info/202105/article_36.html
茨城一家殺害事件を考える 治療の対象か否か
https://05448081.at.webry.info/202105/article_28.html
茨城一家殺害事件を考える 医療少年院送致から事件まで
https://05448081.at.webry.info/202105/article_22.html
茨城一家殺害事件を考える 容疑を否認
https://05448081.at.webry.info/202105/article_18.html
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者の変貌と殺意
茨城一家殺害事件を考える 逮捕状請求
茨城一家殺害事件を考える 行動裏付けの困難
茨城一家殺害事件を考える 容疑者は10年前のナイフ少年か
茨城一家殺害事件を考える 容疑者特定か?
茨城一家殺害事件を考える 一か月経っても捜査進展なく
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える1 犯行の目的
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える2 16歳の少年逮捕
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える3 ナイフ収集と動物虐待
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える4 ナイフを収集した意味
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える5 ナイフを買い与えた親
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える6 刑事事件として起訴
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える7 保護処分を求め家裁に送致
世田谷一家殺害事件から15年
世田谷一家殺人 「犯人は15歳から22歳」と警察
蟹江町3人殺傷事件 死刑判決に不服、控訴
愛知蟹江町3人殺傷事件 死刑求刑
門真4人殺傷事件を考える1 犯行の狙いは?
門真4人殺傷事件を考える2 死刑を求刑
門真4人殺傷事件を考える3 懲役30年判決も不服で控訴
門真4人殺傷事件を考える4 控訴審も懲役30年

茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者の変貌と殺意

茨城の小林さん一家殺害事件に関与したとして逮捕された岡庭由征容疑者について、各メディアがそれぞれ報道しています
11年前に通り魔事件を起こし、女子中学生と女子児童をナイフで刺したのですが、当時は少年という事情もあり岡庭容疑者のプロフィールが詳細に報じられることはありませんでした
なので、今回の報道により11年前には分からなかった岡庭容疑者の生育環境なども掴めるようになったわけです
今日は産経新聞とスポニチの記事を取り上げます

茨城県境町の会社員、小林光則さん=当時(48)=方で令和元年9月、一家4人が殺傷された事件で、殺人容疑で逮捕された岡庭由征(おかにわよしゆき)容疑者(26)=埼玉県三郷市=の自宅からは硫黄や猛毒の原料などの危険物が大量に発見されていた。「まるで実験室のようだった」。岡庭容疑者の部屋を見たことがあるという捜査関係者は、こう証言する。
埼玉県警が殺人予備容疑で容疑者の自宅の家宅捜索に踏み切ったのは昨年11月だった。自宅別棟の1階にあるという自室からは、有毒な硫化水素を発生させる原料ともなる約45キロもの硫黄のほか、猛毒のリシンを含有するトウゴマや抽出に使う薬品も見つかった。
複数の刃物もあったとされ、家宅捜索は数日に及んだ。岡庭容疑者は当時取り調べに素直に応じたといい、関係者は「論理的で頭が良い」と感じた。
周辺住民らによると、岡庭容疑者は祖父母、両親と同居していたとみられ、多くの不動産を所有する裕福な家庭に育った。小学生の頃は、友人らと元気に遊ぶごく普通の子供に周囲には映っていた。だが、次第に姿を見る機会は減っていったという。
近くの男性(80)は「家族の姿は見るが、(岡庭容疑者の姿は)見たことがない」と首をひねる。一方、高校時代を知るという男性(52)は「少し変わった雰囲気があり、何をするか読めない危うさを感じた」と話した。
(産経新聞の記事から引用)

11年の通り魔事件後には、被害少女とその家族が、岡庭容疑者と両親を相手にケガの慰謝料などを求めた民事訴訟で、さいたま地裁が約1900万円の支払いを命じている。その裁判費用や賠償金は自身が所有する自宅裏の土地を売却して工面。「1000平方メートルを処分した。もう売る所もない」と話した。
岡庭容疑者は事件後に「吾義土(あぎと)」から現在の「由征(よしゆき)」に改名しているが、その事実も知らなかった。
「しばらくの間は全然知らなかった。(同容疑者の)両親は言わないから」と話した。「(同容疑者の)父親が5年ほど前に無職になってからも仕送りした」と金銭面で援助していたことも明かしたが、隣同士で住んでいながら直接的な交流がなかったことがうかがえる。
岡庭容疑者の通り魔事件の裁判員裁判では、さいたま地裁から両親の育成環境が直結したと指摘されただけに、近隣住民は「家族や両親も大変だったと思う。更生のためのサポートをしていたのか正直分からないところもあるので…」と声を潜めた。
(Sponichi Annexの記事から引用)

前回、当ブログでは岡庭容疑者が素直に取り調べに応じているかどうか、疑問を提起しておきました。産経新聞の記事では「当時取り調べに素直に応じた」と書かれています。が、小林さん一家殺害について岡庭容疑者が自ら進んで語ったのかどうかは明らかにされていません。もし、別件での逮捕中に小林さん一家殺害を自ら申し出たのであれば、形式上は自首が成立します。自首した場合、裁判では罪一等を減じる判決を下す必要が生じるというのが現代の法理です
つまり2人を殺害し、2人を負傷させた岡庭容疑者は本来死刑判決がくだされるのですが、自首が認められれば無期懲役に減刑されるのです
小林さん一家と岡庭容疑者の間に接点はないと報じられており、もしそうであるならば近隣の民家から離れて存在する小林さん宅を狙い、殺人のための殺人をなしたと考えるしかなさそうです。騒がれても近隣の住民から通報されない立地、こそが岡庭容疑者の狙いであったのかもしれません
以前にも書いたようにこの種の犯行では、犯人は殺人現場から30キロ圏内の居住している人物、という統計があるのだとか。小林さん宅は岡庭容疑者宅から40キロ以上離れており、生活圏も異なります。通常、警察は近隣に住む殺人や傷害、強盗など前科のある人間をリストアップしますので、岡庭容疑者はそこに含まれないのです

(関連記事)
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者は反社会パーソナリティ障害か
https://05448081.at.webry.info/202106/article_30.html
茨城一家殺害事件を考える 酒鬼薔薇事件と似てる?
https://05448081.at.webry.info/202106/article_10.html
茨城一家殺害事件を考える 動機なき殺人?
https://05448081.at.webry.info/202105/article_36.html
茨城一家殺害事件を考える 治療の対象か否か
https://05448081.at.webry.info/202105/article_28.html
茨城一家殺害事件を考える 医療少年院送致から事件まで
https://05448081.at.webry.info/202105/article_22.html
茨城一家殺害事件を考える 容疑を否認
https://05448081.at.webry.info/202105/article_18.html
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者は異常者なのか
https://05448081.at.webry.info/202105/article_14.html
茨城一家殺害事件を考える 逮捕状請求
茨城一家殺害事件を考える 行動裏付けの困難
茨城一家殺害事件を考える 容疑者は10年前のナイフ少年か
茨城一家殺害事件を考える 容疑者特定か?
茨城一家殺害事件を考える 一か月経っても捜査進展なく
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える1 犯行の目的
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える2 16歳の少年逮捕
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える3 ナイフ収集と動物虐待
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える4 ナイフを収集した意味
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える5 ナイフを買い与えた親
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える6 刑事事件として起訴
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える7 保護処分を求め家裁に送致
世田谷一家殺害事件から15年
世田谷一家殺人 「犯人は15歳から22歳」と警察
世田谷一家殺害事件 メディアの功罪
世田谷一家殺害事件 未解決のまま20年
蟹江町3人殺傷事件 死刑判決に不服、控訴
愛知蟹江町3人殺傷事件 死刑求刑
愛知蟹江町3人殺傷事件 中国人被告の裁判開始
2009年愛知の強盗殺人事件、中国人の関与が浮上
門真4人殺傷事件を考える1 犯行の狙いは?
門真4人殺傷事件を考える2 死刑を求刑
門真4人殺傷事件を考える3 懲役30年判決も不服で控訴
門真4人殺傷事件を考える4 控訴審も懲役30年
tps://05448081.at.webry.info/201905/article_15.html

劇場版「機動警察パトレイバー2 the Movie」と二・二六事件

国会前にSEALDsと、彼ら彼女らを支持する高齢者が集まって騒いでいたのが随分と昔のように感じられます
いわゆる安全保障関連法案に警鐘を鳴らす抗議行動だったわけですが、そもそも彼ら彼女らが安全保障というものを理解して運動していたのか、自分には疑問でした
上部だけの、ポーズとしての戦争反対を叫んでいる風にしか見えなかったからです
さて、今回は藤津亮太の論評「『機動警察パトレイバー2』が示した『平和という言葉がウソつきたちの正義』にならないために必要なこと」を取り上げます。アニメーション作品論から逸脱しますが、関心のある方は一読願います
ウェブサイトでは3ページに分割されて掲載していますが、最初のページは劇場版「機動警察パトレイバー2 the Movie」のテクニカルな表現様式について語ったものなので、2ページ目からが本題です

『機動警察パトレイバー2』が示した「平和という言葉がウソつきたちの正義」にならないために必要なこと

世界の随所に戦争は存在する。そこからは誰も無縁でいられない。それは冷戦構造の庇護の中で平和と繁栄を謳歌していた日本人には見えていなかった現実だ。その現実に直面した柘植は、誰も死なない「戦争状況」を演出することで、東京という町に「戦争」というものが存在する現実を思い知らせようとしたのだ。柘植は「戦争というものと無縁ではいられない」という現実主義に立脚し、そこに目を背けた「平和」という理想主義を撃つのである。冷戦後の「戦争」や「平和」といった価値観が揺れる瞬間に、そういうかたちで日本の戦後を論じたのが、『パトレイバー2』の尖った部分だというふうに広く受け止められている。
なお、ここでいう現実主義は、国際政治のそれではなく、「現実を最重視する態度。理想を追うことなく、現実の事態に即して事を処理しようとする立場。リアリズム」(『デジタル大辞泉』)という意味合いで使っている。

戦争と平和が相対する位置にあるというのは思い違いであり、だからこそ戦争か平和かという二元論は成立しません
「日本には平和憲法があるから戦争には加担できない」とか、「憲法は戦争を禁じているのだから、日本が侵略されようとも武力でもって闘うのは間違いだ」などという主張が当たり前のように繰り返されています
が、どれも戯言にすぎません
おそらく大学の憲法学の講義ではいまでも、上記のような平和憲法を護符であるかのように掲げ賛美する話が繰り返されているのかもしれません。そしてこの作品が公開された当時は、そうした平和憲法論が当たり前のように受け取られていました
が、現実問題として日本が侵略されれば自衛隊が防衛出動するのでしょうし、「自衛」という名目で戦闘を開始するでしょう
憲法の条文は制定以来変更されていないものの、現実とはそうしたものです
最近の調査でも、憲法改正に反対する人が過半数を占めています。先の安全保障関連法案に、大学で憲法を教えている学者たち300名あまりが反対を唱えていたのには驚き、失望したものです。作品公開時から四半世紀が経っても変わらないのですから

二・二六事件の青年将校たちの姿にも重なる
しかし、本当に柘植は「現実主義」なのだろうか。というのも、柘植はその作戦で「戦争状況」、つまり「概念」しか示さないのだ。柘植を追う陸幕調査部別室の荒川は日本の平和を「平和を得るために正当な代価をよその国の戦争で支払っている」と評するが、もし本当に現実主義に徹するなら、朝鮮戦争から湾岸戦争に至るまで、日本がいかに「正当な代価を払ってこなかったか」が論じられるべきだし、「今、正当な代価を払うということがどういうことか」が具体的に語られるべきなのだ。それは平和学研究者・伊勢崎賢治のいうような、自衛隊のPKF(国際連合平和維持軍)参加におけるある種の欺瞞を撃つようなかたちになるかもしれない。
もちろん、これらは現実の政治の問題であって、それらが入り込んできたら映画が論文になってしまい、映画ではなくなってしまう。つまり、映画が映画として成立するために、柘植は「戦争という概念」だけを提示するに留まった、というふうに考えることができる。そして「具体性を欠いた現実主義者」となった柘植は、つまり理想主義者に見えるのだ。「理想主義者」がその理想に基づいて実力を行使する、というふうに考えれば、柘植の姿は、二・二六事件の青年将校たちの姿にも重なって見えてくる。

「柘植の姿は、二・二六事件の青年将校たちの姿にも重なって見えてくる」というのが悲しくも、偽りのないところでしょう。二・二六事件の将校たちも自分たちが決起し、首相ら政府に巣食う奸臣を討伐すれば、あとは真崎甚三郎陸軍大将なり荒木貞夫陸軍大将なりが事の収拾を図り、天皇親政による昭和維新が成ると信じていました。しかし、真崎甚三郎も荒木貞夫も彼らが理想とする大人物などではなく、いざという場面では保身に走る小物でしかなかったのです
青年将校たちが勝手に軍を動かし、政府要人を殺害したことに昭和天皇は激怒します。その怒りを前に真崎も荒木も青年将校たち擁護のために動けず、陸軍内部の主導権争いにも破れ、青年将校たちは犯罪者として処断されてしまいます。真崎も荒木も太平洋戦争集結後まで生きたわけですが、二・二六事件の青年将校たちに殉じることもなしに生き延びた変節漢・卑劣漢として批判されました
柘植とその仲間たちも、東京を舞台に戦争を演出する役を演じた道化でしかないのであり、犯罪者として扱われるだけなのでしょう。彼らの主張を引き継いで安全保障問題に昇華し政治問題化してくれるような政治家がいるようにも思えません
いかに不正義の平和を糾弾しようとも、世間一般は不正義の平和に飼い慣らされ、当たり前のように享受しているのですから、柘植達の叫びが届いたりはしません
「はねっかえり」の自衛隊員が暴発し、多大な被害を与えた事件という形式的な扱いで終わり、彼らの主張などなかったことにされるのです
その意味では「機動警察パトレイバー2 the Movie」は悲しい物語です
加えて、陸幕調査部の名刺の男、荒川茂樹も同志と信じた柘植に裏切られ、捨て置かれたまま柘植が行動を起こすという憂き目に遭っており、何とも言い難い哀愁が感じられます(声を担当した竹中直人の怪演が光るゆえ、より荒川の立ち位置が哀れに映ります)
後藤に対して偽りの平和がどうのこうのと語る荒川なのですが、それゆえ柘植は荒川を信用していなかったのでしょう。柘植と荒川は計画段階で手を組んで吐いたものの、違う風景を見ていたに違いありません
この作品については、また機会を見て取り上げるつもりです

(関連記事)
カンボジアPKOと機動警察パトレイバー
劇場版「機動警察パトレイバー2 the Movie」を語る
「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」論
「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」をアメリカはどう観たのか
押井守「イノセンス」で考えるゴーストと身体
押井守監督の「エヴァンゲリオン」批判を考える
攻殻機動隊とエヴァ:近未来の「自由」とは
https://05448081.at.webry.info/202105/article_16.html
「エヴァンゲリオン」を巡る言説 賛否の行方
エヴァンゲリオン 家族を問う物語
「エヴァンゲリオン」 若者の承認欲求
「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」の爽快感と疎外感
「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」という「終わりの物語」

茨城一家殺害事件を考える 逮捕状請求

茨城県警は2019年に起きた小林光則さん一家殺害事件で、岡庭由征容疑者の逮捕状を請求したと報じられています
身柄は現在、別件逮捕で茨城県警が勾留していますので逮捕状執行に問題はないのでしょう
岡庭容疑者は過去、埼玉県と千葉県でナイフを使い女子中学生と女子小学生を斬りつける事件を起こしていた人物です。当時、自宅に70丁ものサバイバルナイフやタガーナイフを所持しており、異常なほど刃物に執着していました
そして別件で逮捕されたのは、自宅に大量の硫黄を保管していた件です。これも硫黄を使って爆発物を作り、無差別殺人を狙った可能性が考えられます

茨城県境町の住宅で2019年9月、住人の会社員、小林光則さん(当時48歳)と妻のパート従業員、美和さん(同50歳)が殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件で、茨城県警は7日、別の事件で逮捕した埼玉県三郷市に住む男性が事件に関与したとみて、殺人容疑で逮捕状を請求した。
男性は自宅に硫黄約45キロを保管していたとして昨年11月に三郷市火災予防条例違反の疑いで埼玉県警に逮捕され、さらに今年2月15日には警察手帳に付ける記章を偽造した公記号偽造容疑で茨城県警に逮捕されていた。
事件は19年9月23日午前0時40分ごろ発生。2階寝室で夫婦が殺害され、2階の子供部屋で寝ていた14歳の長男も刃物で刺されて重傷、13歳の次女は催涙スプレーのようなものを噴射されて軽傷を負った。1階の自室にいた22歳の長女は無事だった。
(毎日新聞の記事から引用)

本件は2人を殺害し、こどもたち2人にも怪我をさせた事件です。「殺すつもりはなかった」などという釈明は通用しないのであり、殺人罪で死刑を求刑されるでしょう
若いから改善更生の可能性があると、例の弁護士達が名乗りを上げ、弁護団を結成するのかもしれません
しかし、岡庭容疑者の犯罪歴を見れば、生きている限り犯罪を繰り返す人物と考えられるのであり、改善の余地があるからとして無期懲役にするのは大間違いではないでしょうか?
別件逮捕から随分と時間が経過しており、取り調べに素直に応じているとも思えません
まずは警察、検察の捜査に期待しましょう
岡庭容疑者の過去の事件についても当ブログでは取り上げていますので、下記の関連記事を参照願います

(関連記事)
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者は反社会パーソナリティ障害か
https://05448081.at.webry.info/202106/article_30.html
茨城一家殺害事件を考える 酒鬼薔薇事件と似てる?
https://05448081.at.webry.info/202106/article_10.html
茨城一家殺害事件を考える 動機なき殺人?
https://05448081.at.webry.info/202105/article_36.html
茨城一家殺害事件を考える 治療の対象か否か
https://05448081.at.webry.info/202105/article_28.html
茨城一家殺害事件を考える 医療少年院送致から事件まで
https://05448081.at.webry.info/202105/article_22.html
茨城一家殺害事件を考える 容疑を否認
https://05448081.at.webry.info/202105/article_18.html
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者は異常者なのか
https://05448081.at.webry.info/202105/article_14.html
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者の変貌と殺意
https://05448081.at.webry.info/202105/article_13.html
茨城一家殺害事件を考える 行動裏付けの困難
茨城一家殺害事件を考える 容疑者は10年前のナイフ少年か
茨城一家殺害事件を考える 容疑者特定か?
茨城一家殺害事件を考える 一か月経っても捜査進展なく
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える1 犯行の目的
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える2 16歳の少年逮捕
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える3 ナイフ収集と動物虐待
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える4 ナイフを収集した意味
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える5 ナイフを買い与えた親
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える6 刑事事件として起訴
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える7 保護処分を求め家裁に送致
世田谷一家殺害事件から15年
世田谷一家殺人 「犯人は15歳から22歳」と警察
世田谷一家殺害事件 メディアの功罪
世田谷一家殺害事件 未解決のまま20年
蟹江町3人殺傷事件 死刑判決に不服、控訴
愛知蟹江町3人殺傷事件 死刑求刑
愛知蟹江町3人殺傷事件 中国人被告の裁判開始
2009年愛知の強盗殺人事件、中国人の関与が浮上
門真4人殺傷事件を考える1 犯行の狙いは?
門真4人殺傷事件を考える2 死刑を求刑
門真4人殺傷事件を考える3 懲役30年判決も不服で控訴
門真4人殺傷事件を考える4 控訴審も懲役30年

旭川いじめ凍死事件4  第三者委員会まかせ?

2009年から始めた当ブログが1000万ページビューを超えました。拙いブログながら、多くの方に読んでいただけたことを感謝申し上げます。宣伝もしていない個人のブログであり、いまではフェイスブックやらインスタグラムの流行に取り残された感もありますが、この先も続けていきますので、気が向いたときに目を通していただければ幸いです
さて、旭川市の中学生がいじめを受け、公園で凍死体で発見された事件を取り上げます
文春オンラインが渾身の特集を組んでいますので、事件の詳細はそちらを御覧ください。今回は弁護士ドットコムの記事を取り上げます

●組織内で本当に意思疎通できていたのかどうかが焦点
――報道を受けて市長が動き、そして市教育委員会も動き出しましたが、報道されるまでは「いじめとしては認知していなかった」ようです。
本件は、マスメディアによる報道が先行しており、現時点でいじめの事実関係が正確には把握できていないため、その前提で説明します。
まず、市教育委員会の対応について、旭川市長は「(文春オンラインの)記事を読むまで、私も教育委員会も事実関係についてまったく違う認識をしていた。もしかしたら私たちが事実誤認をしていたかもしれないという視点から、しっかり調査をする必要がある」と発言していたようです。
すると、当時の学校、とりわけ担任がどのようにいじめの被害を認識し、校長、さらには教育委員会へ報告していたかが重要になってきます。
その一方で、少なくとも「わいせつ画像の拡散は、校内で起きたことではないので、当校としてはイジメとは認識していない」と担任が発言したとされる件については、一定の人的関係にある限り、学校外で起きたトラブルもいじめに該当し得るため、法律論としては明確に誤っていると評価できます。
また、被害生徒は転校後に入通院を繰り返していたとの話であって、遅くともその時点で身体への深刻な被害から「重大事態」と認定することは可能であるため、その意味で対応が後手に回っているとの批判は避けられないかもしれません。
――いじめ防止対策推進法上の「重大事態」に当たると判断されました。第三者委員会による調査がおこなわれますが、どのような調査なのでしょうか。
重大事態における調査については、一般に、弁護士や大学教授、精神科医といった委員が選定されて第三者委員会が立ち上げられ、加害生徒や学校への聴き取り、アンケートの実施といった調査を行った上で、最終的に調査報告書を作成します。
ですが、捜査機関とは異なり、第三者委員会の調査には強制力がないため、仮に加害生徒やクラスメイトなどの関係者が聴き取りに応じなかった場合には、その段階で調査が行き詰ってしまうおそれがあります。
実際、今回のケースでは、加害生徒の一部がすでに中学校を卒業しているとのことで、学校からの呼び出しに応じない可能性も十分考えられる以上、今後の調査が大きく難航することは予想されます。
その観点からも、早期に第三者委員会を立ち上げなかった市教育委員会の対応には、やはり問題があったものと思わざるを得ません。
(弁護士ドットコムから引用)

文春オンラインの報道を見た萩生田光一文部科学大臣が旭川市教育委員会の対応を批判し、対応を改めないなら政務三役(文部科学大臣、副大臣、政務官)を送り込むと言明したため、旭川市も教育委員会も大騒ぎになったものと思います
内輪の理屈で「いじめはなかった」と強弁しようにも、相手が政府や中央官庁では通用しません。形式的な回答でお茶を濁すような対応をしようものなら、違法行為に対する監査レベルの調査を受けるものと予想されます
前にも触れたように、いじめの訴えを受けた北星中学では校長をメンバーに加えた調査委員会のようなものを設置し、いじめがあったかどうかを調査したと伝えられています。校長は当事者ですから第三者による調査、には該当しません。むしろ、最初から実態解明に取り組むつもりはなく、いじめの訴えを退ける目的で作られたものでしょう
元校長金子圭一が隠蔽を図る意図をもって調査をするフリだけし、事態を悪化させたと推測されます。金子は定年退職し、今は別の町で教育委員会の学校教育指導員を務めています。非常勤でしょうが公務員に準じる立場ですから、今回の第三者委員会の調査を拒むことはできないと思われます。が、そこで自分の隠蔽工作を認めたりはしないはずであり、徹底的に保身に走るのでは?
上記の北星中学の校長主導による調査委員会ですが、議事録が保存されているのかも怪しいわけで、すでに廃棄されているかもしれません
当時の調査委員会のメンバーたちも口裏を併せ、「いじめはなかった」との結論を繰り返す気がします
記事にもあるように第三者委員会の調査には強制力はないのですから、隠蔽工作の実態を暴くのは難しいと思われます
ただ、警察が介入したとしてもいじめ行為そのものは刑法に触れるものとして強制捜査の対象ですが、学校の隠蔽工作は刑法に触れるとまでは言い切れないので、警察の捜査の対象外でしょう。行政機関としての不作為を問うことはできるとしても、せいぜい元校長の職務怠慢を立証するだけであり、遡って戒告処分程度でしょうか?
第三者委員会へ丸投げする従来のやり方では限界があるのは明らかです

(関連記事)
旭川いじめ凍死事件5 北海道教育大派閥の害悪
旭川いじめ凍死事件3 中学保護者会は大荒れ
旭川いじめ凍死事件2 疑惑の数々
旭川いじめ凍死事件1 週刊誌が事態解明を促す
いじめ4年後に自殺、学校側に賠償命令
大津の中学生自殺 いじめを放置した学校の言い分
大津の中学生自殺 橋下市長「いじめをなくすのが行政の仕事」
大津の中学生自殺 教育委「いじめた側にも人権がある」
大津市の中学生自殺 いじめ主犯の氏名が明らかに
大津の中学生自殺 校長は「自殺の練習」を否定
大津の中学生自殺 教育委員会の隠蔽工作
大津いじめ訴訟 逃げ得を許さない
大津いじめ訴訟 元同級生に賠償命令
大津いじめ訴訟 高裁は保護者側の過失と相殺し減額する判決
大津いじめ訴訟 加害生徒への賠償命令確定
福井中学生自殺 生徒を死に追いやった教師
福井中学生自殺 校長のトンチンカンな釈明
ウソの万引き容疑で宝塚音楽学校を退学処分
宝塚音楽学校のいじめ 呆れた実態
熊本高3いじめ自殺 当時の同級生を提訴へ

就活生を強姦 リクルート子会社元社員5度目の逮捕

就職活動中の学生が大学OBや現職の会社員を訪問し、企業情報を得る行為が当たり前になっているわけですが、そこに付け込んで卑劣な犯罪を繰り返していたのが、元リクルートコミュニケーションズ社員丸田憲司朗被告(30)です。今年の1月にも当ブログで取り上げたのですが、就活生用のマッチングアプリで知り合った女子大生に睡眠導入剤を飲ませ、強姦する手口を繰り返していた男で、1月の時点で3度目の逮捕でした。既に準強姦容疑2件で起訴された状態です。その丸田被告がまた逮捕されたと報じられています

知人女性に睡眠作用のある薬を飲ませ性的暴行を加えたとして、リクルート子会社の元社員の男が再逮捕されました。逮捕は5度目です。
警視庁によりますと、リクルート・コミュニケーションズの元社員・丸田憲司朗容疑者は2018年、都内の飲食店で、20代の女性に睡眠作用のある薬を飲ませて意識をもうろうとさせ、自宅で性的暴行を加えた疑いが持たれています。
女性は2人で食事した際に「酔い止めでこれ飲んだらいいよ」と錠剤を渡されたということです。丸田容疑者の家からは睡眠作用のある薬が700錠以上押収され、調べに対し、認否を留保しているということです。
丸田容疑者は就職活動中の女子大学生らへの同様の事件で4度逮捕・起訴されています。
(NNNの記事から引用)

5度目の逮捕です。既に4件が立件され起訴されているわけで、この5件目も起訴されるのは確実でしょう
この期に及んで認否を保留している理由が理解できません
1人につき100万円を支払って示談を結ぶだけの貯蓄があったとも思えませんし、被害者に対しては謝罪も補償もしないままなのでしょう
これで余罪が出尽くしたのかも不明であり、まだ逮捕、起訴を繰り返すのかもしれません。認否を保留しているからには、余罪についても自ら進んで白状してはいないのでしょう
5件の準強姦罪(酒を飲ませたり薬を飲ませ、抵抗できない状態で強姦したもの)ですから、懲役20年くらい求刑されるのでは?
別の報道によれば、丸田被告は昼休み時など頻繁に社外の人間と逢っていたとかで、同僚から不審の眼で見られていたそうです。ニセのプロフィールで幾つもの就活マッチングアプリに登録し、次々と就活中の女子大生をひっかけていたようですから、昼休みも仕事後も多忙だったのでしょう
そこまで時間とエネルギーを注ぎ、女子大生を騙し強姦しようという欲情には辟易とさせられます
どうにも割に合わない犯罪なのですが、性犯罪というのは元よりそうした類の犯罪です。損得勘定ではなく、性衝動に歯止めが効かないまま暴走してしまうのであり、逮捕されない限りは繰り返したはずです
類似した事件が何件も発生しています。就職活動中の学生のOB訪問など止めてしまった方がよいのではないでしょうか?

(関連記事)
就活生を強姦 リクルート子会社社員逮捕
就活女子大生レイプの住友商事社員はどうなったか?
住友商事元社員(慶大出)を就活生への強制わいせつで再逮捕
住友商事社員(慶大出)が就活生を強姦
「ミスター慶応」渡辺陽太 6度目逮捕も不起訴
「ミスター慶応」渡辺陽太 強姦で6度目の逮捕
「ミスター慶応」渡辺陽太 強姦や強盗の余罪
イケメン慶大生を強姦で逮捕 ミスター慶応候補
また慶大生 強制わいせつで逮捕
ミス慶応中止 広告学研究会メンバーに無期停学処分
ミス慶応中止 レイプ動画を拡散させる学生たち
ミス慶応中止 広告学研究会の集団強姦は以前から
ミス慶応中止強姦事件 広告学研究会の非道な所業
電通女性新人社員、100時間残業で自殺の波紋
電通過労自殺事件で社長が辞任
共同通信人事部長 女子大生に手を出しクビに

中国大型ロケット制御不能 地表に落下か?

中国が独自に運営する宇宙ステーション建設のため、大型ロケット「長征5号B」を先日打ち上げたところです
宇宙空間で幾つものモジュールを繫ぎ合わせるもので、現在運行されている国際宇宙ステーションと基本は同じ考えです
ところが打ち上げた長征5号Bが制御不能となり、大気圏に突入後、一部が地表に落下する危険があると報じられています。報道は欧米メディアばかりであり、中国政府及び中国メディアは沈黙しています。成果はこれでもかと華々しく宣伝するのに、失敗は知らぬ顔をして隠そうというのでしょうか?
これだから中国は世界中で嫌われるのです

米国防総省は、制御不能になった中国の大型ロケット「長征5号B」がこの週末にも大気圏に再突入するとみて、追跡を続けていることを明らかにした。残骸の落下地点をめぐる懸念も浮上している。
国防総省報道官の発表によると、長征5号Bは8日前後に地球の大気圏に突入する見通しで、米宇宙軍が軌跡を追跡している。
正確な突入地点は数時間前になるまで特定できない見通しだが、第18宇宙管制隊はロケットの位置に関する最新情報を毎日ウェブサイトに掲載する。
長征5号Bは、中国が宇宙ステーションの部品の打ち上げに使用した。宇宙ごみは大半が大気圏で燃え尽きる。しかし22トンもある長征5号Bの場合、大型部品が人の住む場所に落下すれば被害が発生する恐れもある。
しかし米ハーバード大学の宇宙物理学者ジョナサン・マクダウェル氏はCNNの取材に対し、「警戒すべき状況だとは思わない。何らかの被害が生じたり、誰かに当たったりするリスクは非常に小さい。皆無ではなく、可能性はあるが、あなたに当たる可能性はものすごく小さい」と指摘、「それよりももっと心配すべきことはある」と言い添えた。
ロケットの現在のスピードを考えると、残骸がどこへ向かうかを正確に予測することは不可能だとマクダウェル氏は説明する。状況がほんの少しでも変われば、ロケットの軌跡は大きく変化する。「だから『この場所に落ちるらしい』という話を聞いたとしても、少なくとも突入の数時間前までは、その話を信じてはいけない」と同氏は強調した。
その上で、ロケットの残骸は地球の表面の大部分を覆う海に落下する可能性が最も大きいと予想している。
(CNNの記事から引用)

記事の書き方では、長征ロケットが予定の高度に到達した上で宇宙ステーション用モジュールを放出した後に制御不能になったのではなく、それ以前に制御不能になった感がします。つまりはミッション失敗なのでしょう(成否の最終判断は続報待ちですが)
もちろん、中国政府にしても中国のロケットの担当部局にしても、どこに落ちるのか予測もできないのでしょう。しかし、世界各国に向けて警戒は発するくらいはしてもよいのでは?
中国の宇宙科学開発を宣伝するサイトがあるのですが、このニュースは掲載されていません

SCIENCE PROTAL CHINA

代わりに月探査のための宇宙ステーション計画を中国とロシアの協力で進める合意が成立した、との記事を見つけました。アメリカのアルテミス計画に対抗するのが目的のようです
ともあれ、宇宙は中国のものではありませんので、ロケット落下で他の国々に迷惑をかけないようにしてもらいたいものです
追記:その後の報道によれば、宇宙ステーション用のモジュールは所定の軌道に投入されたと伝えられています。ロケットの残骸はインド洋沖に落ち、人的被害はありませんでした

(関連記事)
中国宇宙ステーション建設へ 目的は謎
「はやぶさ2」に邪魔されたと怒る中国人
https://05448081.at.webry.info/202105/article_45.html
ロシア宇宙船プログレス制御不能で地球落下の危機
月面探査「アルテミス計画」参加できない韓国
最新版韓国宇宙開発計画 「日本に負けないニダ」
「はやぶさ2」と「嫦娥」を比較する中国メディア
中国の無人月探査機 着陸に成功
月探査機「かぐや」 全長50キロの空洞発見
水循環変動観測衛星「しずく」の打ち上げ成功
準天頂衛星「みちびき」を戦争準備だと批判する北朝鮮と中国
「準天頂衛星みちびきで日本が弾道ミサイル装備」と中国メディア
韓国「偵察衛星が必要ニダ」といまさら騒ぐ
インドの月探査機 着陸失敗、月面で大破
欧露合同の火星探査機着地に失敗
金星探査機「あかつき」を羨む韓国
予測か妄想か? 20年後の韓国は火星を目指す
韓国のロケット、打ち上げ失敗
日本の宇宙実験棟「きぼう」 中国の嫉妬と誤解
気象衛星打ち上げで日本の鼻を折ったと書く韓国メディア
作家中沢けい「韓国は8つも偵察衛星をもっている」発言で炎上
韓国「偵察衛星を貸して」と頼むも断られる
欧州版GPS計画「ガリレオ」始動
日本の偵察衛星打ち上げに神経を尖らせる韓国

サッカー道渕諒平 韓国チームから放逐

交際相手の女性に暴力をふるったとして書類送検され(示談成立により不起訴処分)、ベガルタ仙台を解雇された道渕諒平選手ですが、新たに契約をした韓国2部リーグの牙山FCでも多くの市民から「リョウヘイはいらない」との突き上げられ、クラブは契約を解除し退団させたと報じられています
道渕選手としては新天地で出直す気だったのかもしれません。しかし、女性に暴力をふるっておいて(詳細は前回のブログの記事で取り上げました)、不起訴になったから平然とサッカー選手としての活動を継続することを世間は許さなかったわけです
現役を続けたい意向はあったにしても、ここは頭を冷やして選手としての活動を休止し、ボランティア活動に精を出すなど方針転換を図った方がよいのでは?

過去に女性暴力問題を起こした忠南牙山(チュンナム・アサン)プロサッカー団(牙山FC)所属のリョウヘイ(27、道渕諒平)が退団手続きを踏むことになった。2月に牙山FCに入団して2カ月ぶりだ。
韓国プロサッカーK2リーグの牙山FCの球団オーナー、呉世賢(オ・セヒョン)牙山市長は「(女性への暴力で)物議をかもした選手の問題を早期に解決し、最終決定権者の牙山FCの代表理事も退く」と26日、明らかにした。
◆呉市長「市民球団の価値と倫理を看過した」謝罪
呉市長は「成績至上主義にこだわって市民球団の価値と倫理を看過し、現在の事態をもたらした」とし「法人(牙山FC)と選手団運営全般を原点から見直し、強力な構造調整で財政の健全性も確保する」と述べた。牙山FCは、日本Jリーグでの活動当時に交際女性を暴行してチームから放出されたリョウヘイを獲得したのに続き、代表理事が高額を滞納しているという事実が伝えられ、「市民球団」として公益性をめぐる批判が出ていた。
◆リョウヘイ、女性暴力事件でJリーグ球団から契約解除
牙山FCは2月、日本人サッカー選手のリョウヘイを獲得した。2017年にJリーグ1のヴァンフォーレ甲府でプロの舞台に立ったリョウヘイは2019年、ベガルタ仙台に移籍して2シーズンを過ごした。リョウヘイは2017年、20代の交際女性に暴行を加えた容疑で逮捕された後、不起訴処分となったが、残りの試合の出場停止や減給などの懲戒を受けた。さらに昨年も女性暴力が伝えられ、所属球団から契約解除された。
リョウヘイ獲得直後に市民社会団体が「選手招聘に問題がある」という疑惑を提起すると、牙山FCは「球団内部で深く議論した。選手の確実な変化の意志を感じ、招聘を覆すことはない」と明らかにした。しかし忠南地域の50余りの市民社会団体で構成された「牙山FCリョウヘイ退団のための共同行動」が先月、記者会見を開いて退団を促した。温陽(オニャン)温泉駅と牙山市庁前で署名運動をしたのに続き、忠清南道庁と牙山市庁の前で退団を要求する集会を開いた。
◆市民社会団体「忠南知事・牙山市長にも責任」
市民団体は▼透明で健康な市民球団運営のための定款・運営規則公開▼成績に基づく支援規定の廃止▼市民球団として多様なプログラム運営--なども要請した。今回の事態の責任は球団だけでなく牙山市長と忠南道知事にもあるとし、後続の対策準備も強調した。市民社会団体の関係者は「牙山FCは忠南道と牙山市がそれぞれ20億ウォン(約2億円)を支援して運営する市民球団」とし「リョウヘイの反省と教育の時間に税金を充てるべきなのか納得できない」と主張した。
波紋が広がると、牙山FCは8日、発表文を通じて「適切な方法でリョウヘイ選手を今年中に整理する」と明らかにした。一方的に契約を解除すれば違約金の支払いや国際サッカー連盟(FIFA)提訴で球団が追加の制裁を受けると説明し、市民の理解も求めた。呉世賢牙山市長は「性認知、人権感受性など時代的な要求を反映していないという忠南道民と牙山市民の厳しい叱責を重く受け止める」とし「牙山FCは独立的に経営されているが、球団オーナーとして事態を眺めるだけでなく勇断を下すことになった」と述べた。
(中央日報の記事から引用)

道渕選手は現地メディアの取材で、「私に対して憂慮の声があるのは知っている。忠清南道の牙山市民のみなさまにはとても申し訳ないと思っています。チームに貢献して、期待に応えたい。勝利のためにベストを尽くすのはもちろんのこと、地域の奉仕活動などで努力していきたい」と語っていました
しかし、反対運動に続々と市民団体が加わり、「韓国から出ていけ」の声が高まる一方であり、受け入れる雰囲気はなかったようです
まあ、これには韓国社会に蔓延している反日不買運動の影響もあったと思われます
ともあれ、退団せざるを得なくなり、契約が解除されました。クラブ側からの一方的な契約解除ですから、本来なら違約金を道渕選手に支払う必要があるのですが、どうなったのか記事では触れていません
道渕選手まだ27歳で現役続行の意欲はあれども、ここは指導者への転身を図るとか方針を変更して今後の人生を考えた方がよいのでは?

(関連記事)
サッカー道渕諒平 韓国から出ていけ騒動
イケメンのサッカー指導者 児童ポルノ法違反で懲役4年判決
元Jリーガー神村奨連続強姦事件で懲役30年
元Jリーガーを逮捕 強姦事件を繰り返す
暴力夫 作家井上ひさしの場合
作家井上ひさし逝去 動物虐待を自慢する暴力夫
ダルビッシュ・紗栄子夫妻離婚
広末涼子離婚のドロドロ
天才将棋少女 林葉直子の不倫、借金
元キャンディーズ田中好子 夫の不倫・隠し子問題
松居一代 離婚騒動を巡る暴走

眞子さま結婚問題 小室圭の憂鬱

皇室と縁続きになる結婚をしようとするなら、世間一般から後ろ指をさされないよう好人物を演じる…くらいの配慮はあって当然ではないかと思います。が、小室母子にはそんな配慮は微塵もなく、むしろ顰蹙を買う行動が目立ちます。なぜヒール(プロレスの悪役)を演じているのか、自分にはさっぱり理解できません
以前は、「小室母の価値観や人生観が歪んでおり、それが小室圭にも影響を与えている」との仮説を書きました。今回はその続きになります
一連の小室母と元婚約者との金銭問題で、小室母子の対応がメディアから批判された結果、世間を敵と見なし、自分たちこそ被害者との意識で凝り固まってしまったとも考えられます。そして眞子内親王は小室母子に同情し、「自分が味方になれなければ」と思いつめたのかもしれません
メディアによる誤った報道と世間の誤解を解くため、小室圭は渾身の釈明文を公開したのですが、それがさっぱり効果を挙げなかったのは誤算でしょう(小室圭の代理人である弁護士は世間の反応を想定内であると語り、その後の「和解金支払い」も予め考えていた戦術と強弁しています)
どう見ても小室圭とその代理人が読み違えているのは明らかなのですが、読み間違いを認める気はないのでしょう。ここに異様なほどのプライドが垣間見えます
さて、プライドが高いのは脇に置いても、小室圭はニューヨーク州の司法試験を受験する予定なのだとか。アメリカでは各州ごとに司法試験が行われます。連邦法以外に各州が独自に定めた法律があるためです
小室圭はニューヨーク州で弁護士資格を取得するため、この司法試験に合格しなければならず、不合格ならメディアから袋叩きにされます。彼自身のプライドにかけて絶対に合格しなければならないわけです
しかし、そのプライドと将来の生活がかかった司法試験を前に、難題が持ち上がっています。それが遺族年金問題です
遺族年金問題
デイリー新潮の記事は、小室母の遺族年金を問題にしています。小室圭は「元婚約者から受け取った409万円を贈与である(貸与ではない)とし、贈与税を払った」と言明しています。これが贈与であるなら婚約者とある意味、生計を一つにしていた関係(事実婚)であるとの推測も生じ、事実婚の状態にありながら遺族年金を受け取るのは違法行為になります
小室母が元婚約者に「婚約したことは内密にしてほしい」と要請していたのも、遺族年金を受給し続けるためであったと推測されます


事実婚の「実体」があったなら
これに対して、「実体」があったということであれば、夫婦生活に匹敵する共同生活を送っていたということで、409万円は贈与だったということになり、返さなくてもよい(しかも内縁関係での「生活費」相当の金銭授受に贈与税はかからない)。しかし、遺族年金の失権事由に該当することになり、不正受給になってしまう――。
このジレンマ(二律背反)をどうするか。この点こそが、2010年9月に始まったA氏との婚約期間に、きちんと処理しておかなければならない問題だったはずだ。
しかし、当時そうした解決がなされようとした事実は、現在までに報じられていない。その背景に、「遺族年金」も「409万円」も両方もらいたいという思いがあったのかどうか――。
会計検査院は2017年、遺族年金の失権事由に該当しているのに失権届を提出しない受給権者に遺族年金1億6019万円が不適切に支給されていたとして(平成18年度から29年度分)、厚生労働大臣に是正改善の処置を求めている。公金支出に関わる「遺族年金の失権」は、軽い問題ではない。
元婚約者A氏が「私と佳代さんの金銭問題と圭さんの結婚は別問題だ」と指摘しているように、今回の騒動において小室佳代さんの金銭問題は端緒に過ぎない。眞子内親王殿下のご結婚相手として小室圭さんがふさわしいか、その誠実性に多くの国民が程度の差はあれ疑問を感じ、ご結婚を心から祝福することに躊躇していることが本質だ。遺族年金の失権問題はその疑問と躊躇の象徴になりつつある。
当事者間での解決金の支払いは、金銭問題を一気に収束させようとする狙いがあるのかもしれない。しかし、本質的な解決と言えるか、国民の納得が得られることになるだろうか。
(デイリー新潮の記事から引用)


ここでは遺族年金と元婚約者から受け取った409万円の二重取りの疑惑が取り上げられています。しかし、それだけとも言い切れません
別の報道によれば小室母は将来の自分の洋菓子店を持ちたいのだとか。開店資金をどうするのか、という問題を考えると、眞子様が嫁下する際に給付される1億数千万円の手当が思い浮かびます。それを当て込んでの洋菓子店開店計画なのでしょうか?
これでは二重取りところか、三重取りでしょう。小室母子はどこまでも他人の懐を当てにして生活設計を思い描いているように映ります

(関連記事)
眞子さま結婚問題 小室殿下を国民は受け入れるか
https://05448081.at.webry.info/202105/article_27.html
小室圭釈明文から見る小室家の流儀
小室圭に母親の元婚約者が反論
小室圭の方針転換 宮内庁のお膳立てか
小室圭 解決金で解決できるのか?
小室圭 解決金支払うと方針転換
眞子内親王との結婚は? 小室圭釈明文を考える3
眞子内親王との結婚は? 小室圭釈明文を考える2
眞子内親王との結婚は? 小室圭釈明文を考える
眞子様結婚問題 小室母「天皇陛下に会わせろ」要求
眞子様結婚問題 小室「解決済み」発言で波乱
眞子様結婚問題 小室圭留学決意
眞子さま結婚延期問題 小室母の元婚約者を批判する記事
眞子様結婚延期問題 小室氏借金はどうする?
眞子様ご結婚の障害 小室母が皇室に金銭求める
眞子様ご結婚延期を考える
秋篠宮家眞子さま婚約と女性宮家問題
女性宮家創設へ動く政府 皇室典範改正
デヴィ夫人が皇太子廃嫡を呼びかける署名活動開始
日本の皇室に嫉妬する韓国
愛子様不登校問題 デヴィ夫人の暴言
学習院で学級崩壊 愛子様不登校事件
愛子様不登校問題 何が不安なのか?
愛子様不登校問題 皇族方の学習院離れ

山形女医殺害事件を考える 加藤被告精神錯乱か?

山形県東根市の女性医師を殺害したとして、山形地裁で懲役18年の判決を受けた加藤紘貴被告は判決を不服として控訴していたのですが、突然控訴を取り下げる手続きをした、と報じられています
その一方で意味不明な発言をしているとも伝えられており、精神的に錯乱している節がうかがわれます

おととし東根市で、女性医師を殺害したとして1審で懲役18年の有罪判決を受け控訴した元大学生が、先月30日までに控訴を取り下げたことが分かりました。
元大学生の弁護士は「本人に判断能力はない」として、近く控訴取り下げ無効の申し立てを裁判所に行うことにしています。
山形大学の元大学生、加藤紘貴被告(25)はおととし5月、東根市のマンションに侵入し、眼科クリニックの院長だった医師、矢口智恵美さん(当時50)の頭などをゴルフクラブで繰り返し殴って殺害したとして殺人などの罪に問われ、1審の山形地方裁判所は去年12月、懲役18年の判決を言い渡しました。
被告側は判決を不服として控訴し、先月27日に仙台高等裁判所で2審の初公判が開かれましたが、加藤被告は「犯罪を正直に認めて罪を償いたいので、控訴は取り下げようと考えている」などと述べ、控訴を取り下げる考えを示していました。
被告の弁護士によりますと、2審の初公判の翌日、加藤被告が仙台高等裁判所に対して控訴の取り下げの書面を提出し、30日、裁判所から取り下げを受理したと連絡があったということです。
弁護士は「本人は精神的に不安定になっていて、判断能力はない」として、近く控訴取り下げ無効の申し立てを行うことにしています。
(NHKの記事から引用)

しかしその理由については、「主任弁護士が自分の妹と架空の女性の2人を殺したからだ」と、意味不明な発言を展開。控訴取り下げの意思も、開廷10分前に突然弁護士に伝えたということで、精神が不安定な状態と見られる。
弁護側は、加藤被告は犯行当時正常な判断ができない状態で責任能力は限定的。殺意もなかったとしてあくまでも量刑への「傷害致死罪」適用を求めているが、弁護側も混乱している。
外塚功弁護士:「本日控訴を取り下げると言ってましたけど、それは私と10分しか会っていないわけですから。ちょっと待ってくれと意見交換した。ただ控訴を取り下げるという気持ちは罪をきちんと償いたいという一心です」
(FNNプライムオンラインの記事から引用)

刑事被告人を収監している拘置所は控訴取り下げの書面を取り次ぐのですが、控訴を取り下げれば有罪が確定する旨を被告人に十分説明した上で控訴取り下げの手続きをします。説明が不十分なまま控訴取り下げの手続きをすれば、刑事被告人が不利益を被るからです
なので、加藤被告には十分説明をしたものと推察されます
しかし、「主任弁護士が自分の妹と架空の女性の2人を殺した」という妄想念慮に囚われているとなると、裁判所は控訴取り下げをそのまま受理するのかどうか、慎重な判断が求められます
別の報道によれば、加藤被告と弁護士は必ずしも良好な関係ではなく、弁護方針に加藤被告は不満を抱いていたという話もあります(裏付けがないので、伝聞にとどまるわけですが)
逮捕以降、加藤被告の精神状態がどうであったのか報道された部分でしか分からないのですが、精神鑑定の期間が延長されていることを考えれば、正常とも異常とも決めかねる状態が観察された可能性もあります
一旦確定した懲役刑でも、回復不可能な病気(精神障害により心神喪失の場合も含む)などを理由に刑の執行が停止され出所するケースがあります。ただし、再審請求を理由に自動的に刑の執行が停止され、刑務所から出られるという話ではありません(時折、誤解している方がいます。再審決定でも原則は刑務所に服役したままであり、別途執行停止を求める裁判を起こして裁判所が執行停止を認めないと刑務所からは出られません)
2019年の検察庁統計を見ると、刑の執行停止は18件です。内訳は不明なので、何ともいえません
精神障害と診断された受刑者も医療刑務所に収監され、形の執行を受けるのであり、完全に心神喪失であるとの診断がつかない限り、刑務所から出ることはありません
なので、精神障害のフリをしたくらいでは刑務所からは出られないわけです

(関連記事)
山形女医殺害事件を考える 懲役18年の判決
山形女医殺害事件を考える 初公判で殺意を否認
山形女医殺害事件を考える 初公判前に
山形女医殺害事件を考える 精神鑑定
山形女医殺害事件を考える 山形大生逮捕
山形女医殺害事件を考える 「覚えていない」と否認
茂原強盗殺人事件を考える 少年3人を逮捕
茂原強盗殺人事件を考える 主犯少年に無期懲役求刑
千葉印西市放火殺人 男女4人逮捕
千葉女性監禁殺害事件を考える1 幼なじみ
千葉女性監禁殺害事件を考える2 金銭トラブル
千葉女性監禁殺害事件を考える3 中野被告は無期懲役
千葉女性監禁殺害事件を考える4 主犯格少女は殺意を否認
千葉女性監禁殺害事件を考える5 主犯格少女も無期懲役
闇サイト事件堀被告 別件強盗殺人で死刑判決
闇サイト殺人で無期懲役の堀被告 別の強盗殺人で死刑求刑
目黒夫婦殺傷事件を考える1 娘の医療費欲しさの犯行
目黒夫婦殺傷事件を考える4 無期懲役の求刑

ロリータモデル青木美沙子 「ロリコンは敵」

ファッションの話題は自分と縁遠いものです。およそ、地球とオリオン座のリゲルくらい距離がありそうです
本当は中国でロリータ・ファッションや、日本の女子高生制服風ファッションが流行っているとの話題を取り上げたかったのですが、あまり面白みがないので止めました
今回はロリータ・ファッションの第一人者である青木美沙子氏が書いた、「ロリータとロリコンを一緒にしないでほしい」との記事を取り上げます

「ロリータ」と「ロリコン」は全くの別物です、ていうか敵です
(前略)
最初に、ロリータを代表して、はっきりしとかなきゃいけないこともあります。
それは、ロリータとロリコンとの違いです。
ロリータの宿敵、ロリコン。ロリータとロリコンの違い、これはちょっとウィキペディアにも書いていないし、ロリータに生きるわたしの意見をここにはっきり書いておかないとなりません。ウィキペディアの別タブを一旦置いといて、こちらを向いてください。
ロリータと聞いてロリコンを連想したりしちゃう人もいます。ロとリが一緒だし、どちらも語源が同じだから。どちらも『ロリータ』という題名の小説から由来しています(詳しくはおなじみウィキペディアで、もっと詳しくは本屋さんで)。
だけど両者は、全く別物、異次元の存在、かけ離れた宇宙なのです。ロリータは、おフランスの文化から着想を得て、そのあと日本で独自に進化した文化です。細かい作法や決まりごともあるし、高度で繊細な技術の詰まったお洋服です。そして何より、カワイイ。そういうこともひっくるめての、ひとつの高尚できらびやかな文化。
一方のロリコン。こちらはずばり、性癖です。そしてそういう性癖を持つ人です。カワイイの欠片もない、生々しいものです。
語源以外は全く違う
ロリータとロリコンを並べるのもとってもいやだけど、こうしてロリコンについて書くのも死ぬほどいやだけど、全てのロリータちゃんとロリータを知らない世界の人々に伝えるために、ここに違いを宣言します。
ロリータは文化で、ロリコンは性癖。
ロリータは乙女の夢で、ロリコンは男の妄想。
ロリータはお人形やリボンに対する乙女自身の憧れで、ロリコンは他者から未成熟な女の子に向けられる性的な感情。
そう、つまり、ロリータでロリコンを連想してしまうことが無理であり得ないのです。
マリーアントワネットと宮崎勤が死に方以外全く違うように、ロリータとロリコンは、語源以外はまったく違うものだと覚えておいてください。混合しちゃうと恥ずかしいのです。混ぜるな危険なのです。みなさま、ゆめゆめ、油断なさらぬよう。
(中略)
ここまで熱弁しても、ロリータは日本文化じゃない!と、否定的に考えてしまう方もいらっしゃるでしょう。実際にロリータ姿で船橋を歩いていると、前科もないのに、たまに説教されることがあります。
(以下、略)

宮崎勤が本当にロリコンだったのかは議論のあるところですが、そこは本題ではありません(宮崎勤は生まれつき手の障害があり、それが同世代の女の子を敬遠した理由と考えられます。また、宮崎の膨大なビデオコレクションですが、その中でロリコンと呼ばれる少女物はほんのわずかであり、大部分はテレビの特撮モノ)
ところで、船橋の街を青木美沙子がロリータ・ファッションで歩いていると説教されてしまう、というのがツボで笑ってしまいました(これが記事を取り上げた理由です)
「そんな格好で出歩くな」と噛みついてくる70歳代や80歳代の老人がいるのでしょうか?
以前取り上げた、「セーラー服は軍服だから女子高生や中学生に着せるべきではない」と言い出すおじいちゃんみたいな人はいるのかもしれません(船橋に限らず、全国にいるものと思われます)
青木美沙子はYou Tuberとしても活動しているのですが、残念ながら再生回数が伸びていないのは前にも指摘したとおりです。あまりに真面目な動画なので、面白味に欠けるのでしょう
さて、古くなってしまいましたが、「下妻物語」の深田恭子を貼っておきます
ロリータ服の深田恭子とヤンキー服の土屋アンナのコントラストがいい味になっています


(関連記事)
ロリータモデル・青木美沙子の心意気
日本のロリータ・ファッション文化が世界を侵食
英国をゆるがす日本のカワイイ文化
映画「下妻物語」 海外のレビュー
アニメキャラとセーラー服を語る米国人
「セーラー服は軍服、廃止せよ」と毎日新聞
中国紙 「中国の女子学生制服には萌えの要素が足りない」
アニメっぽい? 韓国の人気制服ベストテン
フランス現代美術館で日本漫画を紹介するイベント
「オタク文化」の幻想と危機的状況と書く日刊サイゾー
文化観の違い パリ・ジャパンエキスポを巡って
高校漫画大会で優勝の韓国「日本の鼻をへし折った」
古谷経衡「クールジャパンの嘘」の嘘

ヒステリックブルーのナオキ 示談成立も被害者は刑罰求める

元ヒステリックブルーのギタリストだった二階堂直樹の強制わいせつ事件の公判について取り上げます
今年3月末の初公判の際は各メディアが取り上げたのですが、続報がありません。4月中にも公判が開かれ、被害者が出廷して証言したと思われるのですが
そこで初公判を詳しく報じた月刊誌「創」の篠田編集長の記事から、前回のブログの記事では言及できなかった情報を取り上げます
初公判で二階堂被告は強制わいせつ目的だったとする起訴状の内容に異議を唱えています。弁護人は強制わいせつ未遂事件ではなく、県迷惑防止条例違反事件として扱うべきだ、と主張しました(つまりは罰金刑で済む軽微な事案だ、と言いたいのでしょう)

性犯罪の再犯事件、元ヒスブル・ナオキの初公判を傍聴 彼は何を認め何を否認したのか
(前略)
公判冒頭からのこの応酬はいささかわかりにくいのだが、要するに弁護側としては、痴漢行為を企てたものであって強制わいせつを目的にしたものではない、という主張だ。
これについては上記昨年の私の記事を参照いただきたいが、逮捕を報じる最初のニュースからして、「口を塞いで押し倒し、わいせつな行為をしようとした」とされていた。報道は捜査側の認識に基づいており、捜査側は最初そう考えていたのだろう。
それに対して逮捕翌日に接見した報告で私は、それは被告人の認識とは違うことを指摘した。ナオキの行為をどう見るかは、量刑にもかかわるこの裁判の争点だ。
捜査を進める過程で、当初の警察の見立てには少し無理があると検察が判断したのか、起訴段階では、当初の「強制わいせつ致傷」という容疑から「致傷」が削られていた。びっくりした女性が動転して転んでしまったのを、被告人による致傷と認定するのは無理があると判断したのだろう。
被害者との示談をめぐるやや意外な展開
そしてその後、ちょっと意外なことを明らかにした。この事件では、ナオキと被害女性の間で弁護士を介して示談が成立していたのだが、その示談書についての被害者の電話録取供述をこう紹介したのだ。
「被害者はいったん示談に応じたものの、不安、恐怖が消えるものでないとして、厳しい処罰を望んでいます」
示談はしたが被害女性は納得しておらず、処罰感情を持っているというわけだ。最終的にこの被害女性は次回公判に遮蔽をして見えなくした形で証人出廷することも明らかにした。
その後、検察側はさらに被告人の供述調書をもとに、被告人が動機についてどう語っていたかを紹介した。
「内縁の妻との価値観の違い、仕事に対する悩みを抱え、口論の後、居心地が悪かったので外へ出て酒を飲んだ」
そして証拠採用について、被害女性を次回証人として採用すること、被告人が一部否認した強制わいせつにあたらないという主張については、弁護側が最終弁論で語るということなどが確認された。
次回、被害女性が出廷し、その次の公判ではナオキの同居女性(検察官が内縁の妻と表現した女性)が情状証人として出廷するというから、公判はまだ何回か開かれるわけだ。妻の証言では、ナオキが前刑で出所後、更生にどう努めてきたかが語られると思われる。
示談をめぐってはやや異例の展開となったが、示談書には今後刑事処罰を求めないと書かれているはずだから弁護側はその正当性を主張すると思う。それに対して被害女性は、揺れた心情を含めて、性犯罪の深刻さを訴えるものと思われる。

通常は示談の成立と引き換えに被害届の取り下げを求めるとか、被告人を宥恕する(許す)と一筆書かせます
この件での示談交渉がいかなるものであったか中身は分からないものの、被害女性には二階堂被告を許せないとの思いが根強く存在していたのでしょう。示談の条件として二階堂被告が慰謝料を支払ったはずですが、それでも二階堂被告を許すとの書面提出は頑として応じず、弁護士も根負けして「示談が成立している」との形を取ったのでしょう
初公判までに示談書を交わし、裁判所に提出するという時間的な制約もあったわけで
さて、被害女性が法廷で何を語ったのか、気になるところです。続報を待たなければならないのですが、強いて憶測すれば二階堂被告が「強制わいせつ目的の犯行ではない」と言い張っているところも、被害者として納得できない点なのかもしれません
当初の逮捕容疑である強制わいせつ致傷が、起訴状では致傷が抜けていると篠田編集長は記事で指摘しています。二階堂被告は女性の体を触ろうしたら女性が驚いて勝手にこけた、と表現しています。女性を転倒させたわけではない、と二階堂被告は主張しているのです
ただし、被害女性からすれば二階堂被告が突然触ろうとしたからバランスを崩して転倒し、怪我をしたのであり責任は二階堂被告にあると考えるのが当然でしょう。なおさら、二階堂被告を許す気にはなれないはずです
検察官は被害女性の怪我については上記のとおり「致傷」を外して不問にしており、示談で受け取った慰謝料の中には怪我の分も含まれていると解釈したのかもしれません
あとは裁判官が本件をどうとらえ、実刑を科すかどうかが注目されます

(関連記事)
ヒステリックブルーのナオキ 性犯罪ではないと釈明
https://05448081.at.webry.info/202105/article_39.html
ヒステリックブルーのナオキ 初公判でわいせつ否認
ヒステリックブルーのナオキ 強制わいせつ未遂で起訴
ヒステリックブルーのナオキ 再犯に至る事情
ヒステリックブルーのナオキ 強制わいせつでまた逮捕
岡山女児殺害事件を考える 性犯罪防止プログラムは役に立たないか
岡山女児殺害事件を考える 勝田容疑者の異常性癖
岡山女児殺害事件を考える 14年目で犯人特定
福岡女児遺棄事件を考える6 性犯罪更生プログラムは有効か?
福岡女児遺棄事件を考える7 内間被告会見記
性犯罪者に対する薬物療法の実際
今市女児殺害事件 「物色中に偶然見つけた」
今市女児殺害事件 犯行を自供した男
女児誘拐殺人犯小林薫 死刑執行
福岡強姦殺人 性犯罪を繰り返した古賀被告

旭川いじめ凍死事件3 中学保護者会は大荒れ

旭川市の中学に通っていた女生徒がいじめを苦に家出をし、公園で凍死している状態で発見されるという痛ましい事件について3度目の言及となります
通常、こうしたいじめ事件は保護者が必死になって被害を訴えても、教育委員会が「いじめはなかった」と門前払いする場合がしばしばです
ただ、今回は週刊文春が取り上げたため全国的な関心事となり、政府関係者も真相解明を促す発言をたびたびしており、旭川市教育委員会としてはこれまでのような「調査をしたフリ」で誤魔化しきれない状況に追い込まれています
旭川教育委員会がなおも「いじめはなかった」と誤魔化す調査結果を公表したなら、「政務三役を現地へ送り込む」と萩生田文部科学大臣が言明していおり、大臣自らというのはないにしても、副大臣か政務官が現地入りするかもしれません。突かれればホコリが出るため、旭川市教育委員会はどう対処するか頭を悩ませていると思われます
いじめを隠蔽した北星中学の校長を懲戒処分にもせず定年退職させたのですから、教育委員会の責任が問われるのは確実です
さて、文春オンラインの記事から引用します

4月26日に開かれたY中学校の臨時保護者説明会
しかし、その一方で、渦中の旭川市の教育現場では、いまだに煮え切らない対応が続いている。取材班は4月26日、萩生田大臣の答弁が行われた同日の夜に臨時に開催されたY中学校の保護者説明会の様子を取材。保護者説明会では、学校側は相変わらずの隠ぺい体質を貫き、イジメの実態については何も明らかにしなかった。保護者達は反発し、怒号が飛び交う「大荒れ」の展開となった——。
「文春オンラインの報道が出てから学校には問い合わせの電話が殺到。取材活動も過熱し、地元メディアがY中学校の生徒に直接コンタクトしようと声がけをするなど保護者から不安の声が上がっていました。学校側が自主的に説明の場を設けたというより、開かざるを得なかったというのが本当のところです」(Y中学校関係者)
平日夜にもかかわらず保護者100名が詰めかけた
19時から校内の体育館で行われた保護者会では厳戒態勢が敷かれた。体育館の入口では教員らが在校生名簿と保護者の名前を照合し、部外者を完全にシャットアウト。不測の事態に備えて、パトカー数台が警戒に当たるなど、学校周辺には異様な雰囲気が漂っていた。
平日の夜にも拘わらず、体育館には100名ほどの保護者が詰めかけた。取材班は出席した複数の保護者から現場の様子を聞き取った。
パイプ椅子に座った保護者の前に校長と教頭が立ち、体育館の横の壁に沿ってPTA会長、教育委員会のカウンセラー、爽彩さんの当時の担任教師を含めた各学年の教員20名ほどが直立不動の姿勢で並んでいたという。
当時別の中学校在籍だった校長が、何度も頭を下げて説明
19時、開始の時刻を過ぎると、重々しい空気の中、校長がまずマイクを取った後、深々と頭を下げ、爽彩さんに向けたお悔やみの言葉を口にした。なお、この校長は昨年4月にY中学校に赴任したばかり。爽彩さんがイジメを受けた2019年は市内の別の中学校に在籍していた。校長はこう述べた。
「本校の対応に対するご意見やご指摘が続いており、生徒や保護者の皆様にはご不安な思いやご心配をおかけしております。そのような中、生徒の不安解消や、安心安全を確保するために、その一助になることを願い、本会を開催させていただきました」
校長は何度も頭を下げ、今後の措置として、在校生の心のケアのために個別面談を実施することや教育委員会からスクールカウンセラーを招聘することなどを説明したという。
対応していた教頭、当時の担任教師は同様の言葉を述べるのみ
続いて、6月に起きたウッペツ川飛び込み事件( #3 参照)の後から、爽彩さんの家族への対応窓口となった教頭と、当時の担任教師が、揃って同様の言葉を述べた。
「本校に在籍していた生徒が亡くなったことに関しまして、心から残念であり、言葉になりません。ご冥福をお祈り申し上げます。また、ご遺族の方にはお悔やみを申し上げます。本校生徒の保護者の皆さんにご心配、ご不安な思いをさせておりますことに、お詫び申し上げます。報道に関する部分につきましては、今後予定させていただいている第三者委員会において、誠心誠意対応させていただきます。今、私ができることですが、保護者の皆様にできることに一生懸命努力していきたいと考えています。よろしくお願いいたします」
(以下、略)

文春オンラインの記事はまだまだ続きますが、学校側が事件について何も明らかにせず、何があったのかも説明せず、ただ空疎な謝罪の言葉だけ並べてやり過ごそうとしたのは明らかです。これも旭川市教育委員会の指示なのでしょう。余計なことは一切言わず(言質を取られ、文春オンラインで暴露されるので)、平身低頭して保護者の理解を得るように…とか
これでは何のために保護者会を開いたのか、と言いたくなります。保護者への説明を済ませた、と文部科学省に釈明するためのアリバイ作りが目的なのでしょう
旭川市北星中学の教員一同、隠蔽する気満々というのが分かります

(関連記事)
旭川いじめ凍死事件5 北海道教育大派閥の害悪
https://05448081.at.webry.info/202105/article_26.html
旭川いじめ凍死事件4  第三者委員会まかせ?
https://05448081.at.webry.info/202105/article_11.html
旭川いじめ凍死事件2 疑惑の数々
旭川いじめ凍死事件1 週刊誌が事態解明を促す
いじめ4年後に自殺、学校側に賠償命令
大津の中学生自殺 いじめを放置した学校の言い分
大津の中学生自殺 橋下市長「いじめをなくすのが行政の仕事」
大津の中学生自殺 教育委「いじめた側にも人権がある」
大津市の中学生自殺 いじめ主犯の氏名が明らかに
大津の中学生自殺 校長は「自殺の練習」を否定
大津の中学生自殺 教育委員会の隠蔽工作
大津いじめ訴訟 逃げ得を許さない
大津いじめ訴訟 元同級生に賠償命令
大津いじめ訴訟 高裁は保護者側の過失と相殺し減額する判決
大津いじめ訴訟 加害生徒への賠償命令確定
福井中学生自殺 生徒を死に追いやった教師
福井中学生自殺 校長のトンチンカンな釈明
ウソの万引き容疑で宝塚音楽学校を退学処分
宝塚音楽学校のいじめ 呆れた実態
熊本高3いじめ自殺 当時の同級生を提訴へ

エヴァンゲリオン 少年は神話になったのか?

クイックジャパン掲載の記事「神話になれなかった少年たちへ|さよならエヴァンゲリオン」を取り上げます
この「神話になれなかった少年たち」が指し示すのは、四半世紀近くエヴァンゲリオンを追いかけてきた元オタク、あるいは熱烈なファンなのでしょう

神話になれなかった少年たちへ|さよならエヴァンゲリオン
(前略)
ただ、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』公開に備え2021年に改めて『:Q』を観直したとき、強烈な違和感を覚えた。
年齢を重ねるごとに作品から感じ取ることが変わっていくというのはエヴァに限らないことだけれど、社会が成熟したことによって『:Q』公開時にはさほど取り沙汰されなかったエグみがより顕著に感じられるようになった。「子供」の描写だ。
「子供」を描く前提
エヴァは思春期の心のありようを描いてきた作品だ。アイデンティティの希求、愛着形成の不全、大人への不信や見捨てられ不安など、思春期の子供の心理に起こるさまざまな事件を、世界の様相と紐づけてきた。……という話はさんざん語られてきていて、これからも語られていくだろう。だからこの記事で掘り下げることはしない。
この記事の本題はその一歩手前の話、子供を描くにあたっての「前提」の話だ。
端的に言えば、『:Q』ではシンジが、子供が子供として扱われていない。思春期の繊細な機微も葛藤も成長も、描くのであればまず子供が正しく子供扱いされているという前提がクリアされた上でだ。でないと大本が破綻した状態での作劇になる。2021年に観る『:Q』はその点で大きな凝りを感じざるを得なかった。そして、2021年に公開される続編の『シン・エヴァ』ではその点をクリアする描写がなされているのか?
『:Q』に限らず本シリーズでは、エヴァンゲリオンのパイロットとして選ばれた14歳の少年少女たちに世界の命運が託されている。子供に大人と同等以上の役割・働き・成果を期待しているわけで、大人と子供の健全な関係性ではない。ところが大人たちはどうにも”申し訳なさそうにしていない”。そして、子供たちのほうも与えられた役割にアイデンティティが依拠していく。そのくせ大人と子供の非対称性を補完する要素があるわけでもなく、アンフェアな関係性を土台にしたコミュニケーションがつづいていく。
もちろん、こういったアンフェアな構図が取られる物語はエヴァに限ったものではない。というか少年漫画誌に掲載されている作品の多くがそうだろう。うずまきナルトが市区町村(里?)の児童福祉課からケアを受けているような描写はついぞ見受けられなかったし、エルリック兄弟も公助の対象とされていたような描写はなく、彼らの養育は地域社会の共助に丸投げされていた。

この論評をブログで取り上げるにあたり、「エヴァ:Q」を有料配信サイトで見直したのですが、論評が主張しているところが自分にはすんなりと理解できませんでした
もちろんエヴァンゲリオを取り上げた論評は数多く存在しており、そのすべてが理解できたり共感できたりするはずはなく、理解できないものや違和感を覚えるものも少なくありません
ただし大事なのは、共感できる論評ばかり取り上げたところでどこへもたどり着けないのであり、理解できないものや反感を覚えるものこそ、重視する必要があるのではないか、という話です。自分の見識とは異なる異論にこそ、耳を傾ける価値があるのかもしれませんし、新しいものが見えてくる可能性があるのかもしれません
さて、引用部分です
こどもをこどもとして扱う大切さに筆者は強い思い入れを抱いています。が、純文学にしろ、漫画やアニメーションにしろ、必ずしもこどもはこどもとして尊重されていません
古くは「小公女」などの物語のように主人公の女の子や男の子が悲惨な境遇にもまれ、大人たちからひどい扱いを受ける展開が読者を惹きつけ、夢中にさせるのです。「NARUTO」も同様であり、里の大人たちから忌み嫌われる背景があってこそ、ナルトの孤独が鮮明になり、読者はナルトに感情移入できるのです(そして物語の後半で大逆転があり、少女や少年が幸福を手にするところで読者がカタルシスを味わえるようになっています)
つまり、碇シンジは物語の前半では徹底的に孤独で、不幸な少年でなければならないのです(その物語の後半で彼が幸せを手にできるかはともかく)

海外エンタメでは、“子供をちゃんと子供扱いする”ことについてのエクスキューズはずっと前から行われてきている。代表的な例としては『バットマン』におけるロビンの描かれ方がある。
バットマンからクライムファイターとして(暴力行使の)手ほどきを受けた歴代のロビンたちの中には、そのあとバットマンに反発し袂を分かった者や、ヴィランに身をやつした者などがいる。こうした描写はバットマン=ブルース・ウェインの保護者としてのあり方が少なくとも手放しで称賛されるようなものではないと示唆していると取れる。そして、ライターたちが子供に大人同様の役割を担わせること、子供になんらかの力を与える責任といったイシューに自覚的な姿勢が窺い知れる。

エンターティメント作品の中であるからこそ、碇シンジの孤独は設定として許容されます。それが目に余るほどだとは思いませんし、有害無益と決めてかかる必要もないのでは?
そもそも碇シンジが、理解力と包容力に満ち溢れた父親と、慈愛と思いやりのある母親に囲まれて生活する14歳なら、エヴァの物語は成立しません。別の物語になるでしょう。どうしようもないヘタレで甘ったれな14歳の少年である彼の物語に、四半世紀もの間ファンが熱中するはずはないのです
シンジもアスカもレイも、不幸だからこそ(あるいは不幸に映るからこそ)、人はエヴァの物語に惹かれるわけで
余談ながら「NARUTO」は途中から「仲間」とか「つながり」を重視するようになり、ナルトが敵を前に長々と説教するシーンが嫌でテレビアニメの視聴を止めてしまいました。冒険活劇のままなら楽しめたものを

大人として子供と向き合う責任
エヴァは思春期の代名詞、“何かが起こる年齢”として象徴的に描かれることの多い「14歳」というものの特別さを克明に印象づけた作品だ。だからこそ、今の時代に子供を描くのならそれなりのエクスキューズがあってしかるべきといえる。子供は子供だと言いきってほしい。でないと、この作品によって子供時代への妄執に駆り立てられた大人(と呼べる年齢の人)たちがいつまでも大人になりきれない。呪いは解かなくてはならない。何度確認してもゾッとするのだけれど、14歳のときにテレビシリーズを観ていた人は今年40歳なのだ。
我々は大人になった。
(中略)
そういうふうに、大人たちはそれぞれに年齢を重ねながら自分の子供時代を顧みて、大人として子供と向き合う責任を自覚している。
対してエヴァシリーズで描かれた大人たちはどこか成熟しきれず、子供の部分を抱えたままといった印象を受けるキャラクターが多い。最たるものが碇ゲンドウだろう。
碇ゲンドウは、子供の部分を残したまま年齢を重ね、過去に囚われた、大人になりきれない大人だ。それゆえ自分の子供であるシンジとのコミュニケーションは破綻している。大人になりきれていない大人と子供扱いされない子供との間にフェアな関係性が築かれるべくもない。

14歳という年齢がある意味、節目であるのは分かりますが、特段14歳にこだわる必要はありません。長い人生の中で14歳でいられるのは1年だけです(物語では異様に長く引き伸ばされていますが)
「エヴァンゲリオンがこれで最終回」という設定であっても、観る側がその設定に引きずられる必要はないのであり、今後もエヴァンゲリオンを語り続ける選択はもちろんありますし、エヴァンゲリオンに代わる作品、あるいはエヴァンゲリオンを凌駕する作品を見出して夢中になるという選択もあるのでしょう
なので、「エヴァと一緒に卒業しましょう」との流れには賛同できません
正直、「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」においてゲンドウとシンジの対話が描かれているのには驚きました。しかし、本当にこの2人の間に和解が成立したのか、相互理解が叶ったのかは疑問です
ギリシア悲劇「オイディプス」で、オイディプスは父ライオスと和解はできませんでした。それはオイディプスがライオスを父親であるとは知らないまま殺してしまったからであり、父と息子は永遠に分かりあえない、2人の間に和解などありえないと示唆する筋書きです
なのでゲンドウの自己開示がシンジに響いたのか、受け止められたのかも疑問です。今際の際に親子が真摯に語り合い、心を通わせる場面は小説でもドラマでも数多く描かれ、観るものにカタルシスを与えるのですが、これまで展開してきたエヴァの物語でそれが可能とは考えられません
最後まで分かりあえない親子、という形の方が世相を反映しているのではないか、という気がします

片手ずつ前に出して卒業証書を受け取って一礼、という儀式をしなくても卒業はできる。ただ、観客たちがこの終わりに参加できる仕組みを作り、一緒に儀式の過程を経て自ら卒業していくことこそ最良の終わりだと、庵野秀明は考えたのではないだろうか。
ラストシーンで声変わりを迎えた碇シンジ同様、長年この物語に囚われてきた視聴者たちもまた、大人として自分の足で歩いていく時を迎えた。
ただ、大人でいることは楽しい。神話になれなかったかつての少年たちの日々の暮らしの実話は、存外悪くないスペクタクルなはずだ。

批判ばかり書いてしまいました
今回の「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」を卒業の儀式と受け止める方もいれば、こんな終わり方は納得できないと思う方もいるのでしょう
ならば先述したように、これからもエヴァンゲリオンの未完の物語をああでもない、こうでもないと語り続ける選択もあります
神話になれずとも、神話の語り部にはなれるのかもしれません

(関連記事)
エヴァンゲリオンは境界例 精神科医斎藤環
https://05448081.at.webry.info/202106/article_4.html
「エヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を振り返る
https://05448081.at.webry.info/202105/article_23.html
攻殻機動隊とエヴァ:近未来の「自由」とは
https://05448081.at.webry.info/202105/article_16.html
マスク拒否男 エヴァに乗りそこねたシンジ君
「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」 真っ直ぐな生き方を問う
「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」 シンジとゲンドウの和解
「エヴァンゲリオン」 精神分析と思春期理解
「エヴァンゲリオン」を巡る言説 賛否の行方
大塚英志 「エヴァンゲリオン」を語る
エヴァンゲリオン 家族を問う物語
「エヴァンゲリオン」 若者の承認欲求
「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」の爽快感と疎外感
「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」という「終わりの物語」
「エヴァンゲリオン」 14歳の自意識
なぜエヴァンゲリオンは若者の心をとらえるのか?
押井守監督の「エヴァンゲリオン」批判を考える
「アニメはオタクの消費財と化した」と指摘した押井守
「新世紀エヴァンゲリオン」を世界はどう観たのか?
「エヴァンゲリオン」庵野監督を語る週刊プレイボーイのスカスカ記事
北米でエヴァンゲリオン劇場版公開 海外の反応
エヴァを見るため氷点下でも並ぶロシア人
「エヴァンゲリオン」新作公開に思う
「14歳のエヴァは終っていない」 酒鬼薔薇聖斗のエヴァンゲリオン
エヴァンゲリオン 14歳のカルテ
エヴァンゲリオン 14歳のカルテ(2)
セカイ系アニメ 戦闘少女とダメ男
セカイ系アニメ 戦闘少女とダメ男(2)
セカイ系 「天気の子」からサリンジャー
「ノルウェイの森」をセカイ系だと批評する東浩紀

「エヴァンゲリオン」に言及した他の記事は、本文右のテーマ別記事で「エヴァンゲリオン」をクリックすると表示されます