「表現の不自由展」を再度企画 名古屋の市民団体

2019年の夏、「あいちトリエンナーレ」の一環として開催された「表現の不自由展」が物議を醸したのは記憶のに新しいところです
その展示企画を名古屋の市民団体がまたやろうと企画しているのだとか
展示そのものが「表現の不自由」を訴える内容ではなく、天皇批判や従軍慰安婦問題を宣伝しようという政治的な狙い、党派性に根ざした企画でした。つまりは特定の政治的な意見を表明するプロパガンダとして利用されたわけです
それを再びやろうというのですから、呆れます


2019年の『あいちトリエンナーレ』で展示が一時中止となった「表現の不自由展・その後」。市民団体が、独自に展示を再現する計画を発表しました。
「表現の不自由展・その後」をつなげる愛知の会の久野共同代表:
「民間の手で民間のお金で開きますので、どうぞ皆さんもよろしくお願いします」
18日会見した市民団体の代表らは、「芸術は見る人がその良し悪しを判断するべき」などとして、「表現の不自由展・その後」の展示を再現した企画展を今年7月に開催すると発表しました。
2019年の「表現の不自由展・その後」では、慰安婦問題を象徴した少女像や、昭和天皇の肖像が焼かれる映像などの展示内容を巡り、脅迫事件が起きたほか、名古屋市の河村市長が座り込みで中止を求めるなど混乱が生じました。
企画展では、少女像や昭和天皇の展示を再現するということで、市民団体はクラウドファンディングなどで資金を集め、開催するとしています。
(東海テレビの記事から引用)


開催を計画している団体のウェッブサイトです。先に行われた名古屋市長選挙では、「表現の不自由展」を痛烈に批判した河村名古屋市長の落選運動をやっていたようです。が、選挙では河村名古屋市長は当選を決めています

「表現の不自由展・その後」をつなげる愛知の会

ウェッブサイトに掲載されている写真には「表現の自由を守れ」などというスローガンが目につくわけですが、表現の自由を侵害しているのはむしろこの運動をしている人たちの方です
「従軍慰安婦の像」を展示するならば、表現の自由として「従軍慰安婦の像」に火を付けて燃やすパフィーマンスも容認すべきでしょう
しかし、彼ら彼女らは決してそれを「表現の自由」だとは認めません。自分たちの行いは表現の自由だけど、反対を唱える者には表現の機会を与えようとしないのが彼ら、彼女らの手口です
開催費用はクラウドファンディングで集めると記事には書かれていますが、是非とも開催を阻止したいものです

(関連記事)
「表現の不自由展」 東京会場に抗議殺到し中止に
あいちトリエンナーレ 展示再開を協議も東浩紀は逃亡
あいちトリエンナーレ閉幕 朝日新聞「日本ヘイトは大間違い」
あいちトリエンナーレ 「表現の不自由展その後」再開強行
あいちトリエンナーレ 文化庁は補助金交付しないと決定
あいちトリエンナーレ 「河村市長は二度と政治にかかわるな」と書く朝日新聞
あいちトリエンナーレ 逃亡した東浩紀の言い分
あいちトリエンナーレ 津田大介はなぜ炎上したのか?
あいちトリエンナーレ 琉球新報「表現の自由を守れ」
あいちトリエンナーレ「表現の不自由」展とは何だったのか?
慰安婦像展示のあいちトリエンナーレ 炎上騒動で企画展中止
捏造で日本批判を行う韓国の教科書
証拠写真を捏造 歴史を歪曲する韓国
原爆Tシャツ防弾少年団にユダヤ系団体が喝!
韓国メディア 日本のアニメを使って「従軍慰安婦」の証拠を捏造
朝日新聞「慰安婦」捏造報道で謝罪
元朝日記者「慰安婦記事」訴訟で敗訴
慰安婦合意に反発する韓国世論3 元慰安婦は合意に反発
慰安婦合意に反発する韓国世論2 「帝国の慰安婦」に名誉毀損判決
慰安婦合意に反発する韓国世論1 国際法学者の妄言
慰安婦像問題で日本政府を批判 朝日新聞社説