村上春樹とレイモンド・カーヴァー 救済の不在

加藤典洋著「村上春樹論集②」(若草書房刊)に収録されている「異質な眠りの感触」を取り上げます
赤文字は加藤典洋の論評からの引用、紫文字は村上春樹の著作からの引用、黒文字は自分の文です
この加藤典洋の論評「異質な眠りの感触」は村上春樹の短編小説「眠り」を取り上げたものですが、自分の興味はそこではなく、以下の部分にあります

(22ページ)
村上の翻訳したレイモンド・カーヴァーの作品に、「ささやかだけど、役に立つこと」という不思議な読後感を残す短編がある。
(以下、「ささやかだけど、役に立つこと」の要約が書かれていますので、これをさらに要約します。8歳のこどもが交通事故に遭って入院した後、たびたび嫌がらせの電話がかかってくる。こどもは病院で亡くなる。後に電話をかけてきたのがこどもの誕生日祝いのケーキを注文したパン屋だと判明する。こどもは誕生日の当日、交通事故に遭ったため、親はケーキを受け取りに行くどころではなくなったのだ。注文のケーキを受け取りに依頼主が現れず、代金をもらえなかったパン屋が嫌がらせのために電話をしていたのだ。こどもの両親はパン屋に苦情を言うため、深夜店へと向かう。パン屋の店内でこどもの両親とパン屋のおやじが向き合い、3人は夜が明けるまで語り合う、という物語です)
この短編集のあとがき「レイモンド・カーヴァーの早すぎた死」の中で、村上は、この短編に触れ、こう書いている。
この短編小説では、
・・・・・・夫婦はパン屋に押しかける。そして彼らは互いの苦しみを夜があけるまで語り合う。そして、彼らはある種の救済へと到達するのだ。もちろんそれは本物の救済ではない。そこではまったく誰も救われはしない。すべては失われ、損なわれてしまっている。子供は死んでいる。ケーキは腐っている。夫婦はうちのめされている。パン屋の人生は破滅している。救済はどこにもない。でもそれはいうなれば救済があるはずの空白なのだ。そこでは救済は「救済の不在」という空白の形をとって姿を表す。つまり不在というかたちをとった存在である。そう、そこには救済があってもよかったのだ。でも実際にはない。しかし、ないにしても、とにかく彼らはそこまでいったのだ。そしてそれはいつか、「ささやかだけれど、役に立つ」かもしれないのだ。それは誰にもわかりはしない。でもやるだけの価値はあるのだ。
(『ささやかだけれど、役に立つこと』中央公論社)

ここから村上春樹の「パン屋再襲撃」を思い起こす人もいるでしょうし、先に当ブログでも取り上げた村上の短編「アイロンある風景」における海浜での焚き火を囲んだ会話を思い起こす人もいるのでしょう。あるいは「ノルウェイの森」をここでいうところの「救済の不在」の物語として解釈する人もいるのでしょう
レイモンド・カーヴァーのテキストを下地に、そのさらなる発展形として物語を構築する村上春樹の手腕に驚くだけでなく、感心もします
『ささやかだけど、役に立つこと』とは、いかにも村上春樹の小説の登場人物が口にしそうな台詞です
ただ、そこには魂の救済はなく、読者が求めるようなカタルシスは与えてはくれません

(24ページ)
カーヴァーはこの小説を、そこに救済がある、というようにも書けた。そこに救済がない、というようにも書けた。小説家はその小説をどのようにも書ける、という意味で。しかし彼はこの小説をそのいずれのようにも書きたくなかった。つまり救済がある、のではない。しかし救済がない、のでもない。そこには(実際にはないのだが)救済があってもよかった。あってもおかしくなかった。その、あってもおかしくない、でもない、ということ。秤りの受け皿の両方で、二つのものがつりあう。その一方をそうっと、極めてそうっと持ち上げると一瞬、何もないのに、空白と一方がつりあう。なぜだろう。一方の実在が、こう思う、そこには自分の対応物はない、でもあってもよかった。そう思う、その一瞬だけ、秤りは動かない。

『ささやかだけれど、役に立つこと』では夜明けまで夫婦とパン屋が語り合いながら最後に、子供の母親は誕生日のあの日に息子が死んだことを告げます。しかし、パン屋の主人は夫婦に対し、お悔やみを申し上げようともせず、自分の八つ当たりで電話をかけ続けた行為を謝罪もせず、のし棒をカウンターに戻し、エプロンを外しててカウンターの上へ投げ、二人を見てゆっくりと首を振り、テーブルの椅子を引く・・・という動作が描かれ、小説の最後には「テーブルの上には書類や領収書や計算機や電話帳なんかか載っていた」で締めくくられるのです
息子の死に打ちのめされた夫婦と、日々の仕事にくたびれたパン屋の主人の何とも言えない姿で幕を閉じるこの短編は示唆に富んでおり、深い余韻を読者に与えます
こどもの死を夫妻から聞かされたパン屋の主人が、型通りのお悔やみの言葉を述べたという終わり方ならば、読者には何の余韻も与えず、記憶にさえ残らない短編小説で終わっていたに違いありません
そして、こうした物語上のテクニックを村上春樹が吸収し、用いていることに感嘆させられるのです
蛇足ですが、火曜サスペンス劇場のようなドラマを思い浮かべてください。刑事によって断崖の上に追い詰められた犯人は、長々と自分が殺人に至った経緯、動機を語ります。しかし、刑事はその動機が犯人の勘違いであり、独りよがりであると指摘し、犯人は愕然として泣き崩れるのです。そうしたドラマの作り方が視聴者にカタルシスを与え、爽やかな余韻や感動を与えるものと信じられ踏襲されているわけです
が、カーヴァーの小説の描き方と比べれば違いは明らかでしょう
かくして火曜サスペンス劇場は凡百の物語として消費され、忘れ去られ、記憶にも残らないわけです

(関連記事)
村上春樹「ハナレイ・ベイ」 深い余韻と波
https://05448081.at.webry.info/202107/article_10.html
村上春樹「一九七三年のピンボール」 不在という存在
村上春樹「一九七三年のピンボール」研究Ⅲ
村上春樹「一九七三年のピンボール」研究Ⅱ
村上春樹「一九七三年のピンボール」研究
「1973年のピンボール」
「風の歌を聴け」 デレク・ハートフィールド考
「風の歌を聴け」 デレク・ハートフィールド讃
村上春樹「アイロンのある風景」と「焚き火」
村上春樹「アイロンのある風景」を眺めて
村上春樹が世界の読者に刺さる理由
村上春樹 井戸と異界の物語
「風の歌を聴け」 回想あるいは追憶、創作
「ノルウェイの森」 直子の人物像について
村上春樹「風の歌を聴け」 自我の語りと沈黙
「風の歌を聴け」 鼠は主人公の影
「ノルウェイの森」 直子と緑
「ノルウェイの森」 直子の自死について
「海辺のカフカ」 自己愛の行方
「海辺のカフカ」を巡る冒険 性と暴力の神話として(2)
「海辺のカフカ」を巡る冒険 性と暴力の神話として
中国は「ノルウェイの森」をどう読んだのか2
中国は「ノルウェイの森」をどう読んだのか
「ノルウェイの森」をセカイ系だと批評する東浩紀

村上春樹に言及した記事は本文右のテーマ別記事から「村上春樹」をクリックすると表示されます

箱根駅伝駒大アンカー 少女淫行で逮捕

陸上長距離界の強豪校である駒沢大学の石川拓慎選手(4年生)が、17歳の女子高生にみだらな行為をした容疑で逮捕された、と報じられています。石川選手は今年の箱根駅伝で駒沢大学のアンカーとして走り、逆転優勝を飾ったランナーです
立件に自信があってこそ警察の逮捕に踏み切ったのであり、濡れ衣とか冤罪ではないと思われます
さて、どうなるのでしょうか?


箱根のヒーローが一転…。神奈川県警は19日、17歳の女子高校生にみだらな行為をしたとして、県青少年保護育成条例違反などの疑いで、駒沢大4年の石川拓慎容疑者(21=東京都世田谷区)を逮捕した。
県警によると、昨年12月20日と今年1月17日、川崎市多摩区と東京都世田谷区のホテルで、18歳未満であることを知りながら、相模原市の女子高校生にみだらな行為をした疑いが持たれているという。
石川容疑者は、今年の東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)に最終10区のランナーとして出場。首位を走っていた創価大から3分19秒遅れの2位でタスキを受けると、20・9キロ過ぎで捕らえ、そのままトップでゴールに飛び込み、奇跡の逆転優勝の立役者となった。
レース後には、箱根駅伝で出走したメンバーのうち、9人が3年生以下(当時)で構成されていたことから、駒沢大の大八木弘明監督(62)は「それこそ3大駅伝(出雲、全日本、箱根)は取りに行きたい感じはする」と話していた。
しかし、まさかの事態に周辺は困惑気味。駒沢大の広報担当者は「報道で今回の件を知った。事実確認中です」と戸惑いを見せた。場合によっては指導者である大八木監督の処遇に関わる可能性もあるため、ある陸上関係者は「大八木監督がクビになったら、駒沢が終わってしまう」と表情を曇らせた。
〝令和の常勝軍団〟へ新たな一歩を踏み出した駒沢大だが、思わぬトラブルに巻き込まれてしまったようだ。
(東スポWebの記事から引用)


上記の記事によれば、「県青少年保護育成条例違反などの疑い」と表現されており、何とも微妙です
よくあるのは少女の裸の写真、あるいは動画も撮影しており児童ポルノ法違反でも立件されるケースです。単なる撮影と画像の保持でも有罪となれば罰金刑が科されます。動画を販売したり、他人に譲渡したりしていたのなら、裁判官の心証はさらに悪くなります
条例違反事件は罰金刑で決着する場合が多いとはいえ、石川選手は4年生ですから競技に復帰できるかどうか?
罰金納付で事件は決着しても、陸上部の活動は自粛せざるを得ず、事実上の引退に追い込まれるのかもしれません。が、それも身から出た錆であり、他人を恨んでも解決などしません
陸上競技を続けようと実業団の強豪チーム入りを目指しても、入社試験でハネられるでしょう。入社してから性犯罪に走られたのでは、企業イメージが傷つくからです。会社はイメージアップのため、企業スポーツに力を入れているのですから

(関連記事)
箱根駅伝駒大アンカー 少女淫行で起訴
https://05448081.at.webry.info/202107/article_54.html
箱根駅伝駒大アンカー 淫行逮捕も擁護する声
「箱根駅伝はスポーツか?」論争
イケメン慶大生を強姦で逮捕 ミスター慶応候補
「ミスター慶応」渡辺陽太 6度目逮捕も不起訴
慶大生 今度は痴漢で逮捕
ミス慶応中止 広告学研究会メンバーに無期停学処分
ミス慶応中止 レイプ動画を拡散させる学生たち
ミス慶応中止 広告学研究会の集団強姦は以前から
ミス慶応中止強姦事件 広告学研究会の非道な所業
慶応大生 線路に女性を突き落とし逮捕
線路突き落としの元慶応大生に執行猶予付き判決
ミスター東洋大 わいせつ行為で逮捕
今度は千葉大医学部生が集団強姦 3人逮捕