日立母子6人殺害を考える 初公判目前

2017年に茨城県日立市のアパートで妻とこども併せて6人を殺害した罪などに問われた無職小松博文被告(36)ですが、勾留中に記憶障害になったという報道があり、公判が開かれるのかどうか危ぶまれていました
前回、この事件を取り上げた際は小松被告がなぜ記憶障害に至ったのか報道がないため、勾留中に縊首自殺を図り脳死状態になったためかと思ったのですが、違いました
茨城新聞の記事によれば、持病の高血圧症によって心肺停止になり脳の記憶野がダメージを受けたようです。脳がダメージを受けた場合でも、運動機能や言語などは回復することがありますが、記憶は戻らないでしょう(心因性の健忘や記憶障害とは違います)
そのような状態ではあっても公判停止にはならないようで、小松被告の初公判が今月31日に開かれると記事にはあります。さて、どのような裁判になるのでしょうか?


茨城県日立市田尻町の自宅アパートで2017年10月、妻子6人を殺害したとして、殺人などの罪に問われた無職、小松博文被告(36)の裁判員裁判初公判が31日、水戸地裁(結城剛行裁判長)で開かれる。小松被告は25日までに茨城新聞の接見取材に応じ、「なぜ子どもたちまで巻き込んでしまったのか」と後悔を口にした。勾留中の疾患で事件当時の記憶を失っており、「自分がしてしまったことに本心から向き合えない。(記憶と現実の)矛盾がつらい」と語った。
21日、水戸刑務所(ひたちなか市)の面会室で対面した小松被告は、丸刈りに白いマスク姿。「一時は30キロほど体重が減った。今は体調に問題はない」と話し、逮捕時のふくよかな体格に戻っていた。
これまでの公判や接見での話によると、小松被告は逮捕から約1年後の18年11月26日、日立署で勾留中に突然倒れ、病院に緊急搬送された。持病の肺高血圧症によるもので、一時、心肺停止状態になった。手術で一命を取り留めたものの、後遺症で記憶の一部が欠落。医師からは「心因性ではなく物理的な原因によるもの」として、回復は難しいと告げられた。
病床で意識が戻った小松被告は、周囲に「自分はなぜここにいるのか」「家族と連絡を取ってくれ」としきりに依頼したという。勾留に至った経緯を伝えられると「ただただびっくりした」。
「詳細な資料を読むと、自分がやってしまったのかという思いが半分。信じられない、受け入れられないという気持ちが半分」と困惑を隠せない様子だった。
起訴状などによると、小松被告は17年10月6日午前4時40分ごろ、自宅和室で妻の恵さん=当時(33)=のほか、当時11~3歳の子ども5人を包丁で刺した後、玄関付近にガソリンをまいて放火し、殺害したとされる。その後、小松被告は日立署に出頭。「妻から別れ話を切り出された」などと容疑を認めていた。
現在、事件当時の記憶は失ったものの、以前の家族との日々は覚えている。「子どもたちを連れて動物園に行ったこと、好きなおもちゃを買ってあげたこと、幸せだった頃をよく思い出す」と目を細めた。
「何でこうなっちゃったのかな」。右手を額に当て、伏し目がちにつぶやいた。勾留生活を送る部屋の棚の上には家族の写真を飾り、毎日、手を合わせる。「なんで自分は手を合わせているんだろうって思いが一方ではある」と吐露した。
裁判員裁判に先立つ区分審理では有印公文書偽造罪などに問われ、3月に有罪の部分判決が言い渡された。公判の中で検察官らが示した証拠に記憶はなく「正直、人ごとのようだった。(有罪判決にも)ああ、そうかという感じ」と振り返る。
一方で、「妻と子どもたちに償いの気持ちはある」と話す。
もし記憶が戻るなら-。問い掛けに小松被告はこう答えた。
「戻らないでほしい。どうして子どもに手を掛けたのか、毎日のように考えて夜も眠れず、睡眠剤を飲んでいる。今戻しちゃったら、自分は精神的に耐えられないと思う」
(茨城新聞の記事から引用)


記事にはいかにも子煩悩な父親だったように書かれていますが、現実は違います。仕事もせずパチンコにのめり込み、借金だらけの生活をしていた人物であり、父親らしいことをどれだけしていたのか、と
都合の悪い記憶はすっかり失われ、別人のようになったのか?
さて、起訴状朗読や罪状認否という初公判の手続きですが、小松被告は自身の犯行を記憶していないのですから、どう反応するのでしょう
検察官は被告の供述調書など有罪に持ち込めるだけの材料は揃えていますので、6人を殺害しアパートに放火した罪で死刑を求刑するでしょう
裁判官はどう判断するのか、難しいところです。
ただ、麻薬中毒者による殺人や酒乱の人間が飲酒後に殺人に及んだケースでは、刑事責任を問えるという判例があるわけで、自動的に心神喪失で無罪になったりはしません。事由によっては心神耗弱を認めて減刑するケースはあるのでしょうが
小松被告の場合、犯行時は正常な判断能力があったと認められます。ただ、事件後に病気のため記憶を失っているわけで、そこをどう裁判官は受け止め、解釈し、判断するのでしょうか
犯行時の記憶を失ったとしても、犯行の責任は小松被告の人格に付随するのですから、人格そのものが失われたわけではない以上刑事責任を問える…といった解釈になるのかもしれません

(関連記事)
日立母子殺害を考える 小松被告に死刑判決
https://05448081.at.webry.info/202106/article_50.html
日立母子殺害を考える 死刑求刑
https://05448081.at.webry.info/202106/article_29.html
日立母子6人殺害を考える 無罪主張と処刑願望と
https://05448081.at.webry.info/202106/article_11.html
日立母子6人殺害を考える 初公判で無罪主張
日立市母子6人殺害を考える 記憶喪失で無罪?
日立市母子6人殺害を考える 犯行の背景は離婚話?
日立市母子6人殺害を考える 小松博文容疑者とは
福岡母子3人殺害事件を考える 夫の警察官を逮捕
福岡母子3人殺害事件を考える 中田容疑者黙秘
福岡母子3人殺害事件を考える 初公判で無罪主張
福岡母子3人殺害事件を考える 死刑判決
神戸5人殺傷事件を考える 逮捕後は黙秘
豊川引き篭もり殺人を考える1 対処法の問題
豊川引き篭もり殺人を考える8 懲役30年の判決
淡路島5人殺害事件 平野被告に死刑判決
山口連続殺人事件を考える 集落全体に恨みか 
山口連続殺人事件を考える 「八つ墓村」と書くメディア
山口5人殺害事件 死刑判決
障害者施設19人殺害 植松聖容疑者逮捕
老人ホーム3人転落死 今井容疑者は自己愛障害?
死刑執行 4人殺害で再審請求中の西川正勝
甲府放火殺人 19歳少年を逮捕

「はやぶさ2」に邪魔されたと怒る中国人

ネタの宝庫であるサーチナやレコードチャイナの配信記事ですが、最近は取り上げるのを抑制しています
これらは中国メディアの記事を紹介し、中国人のコメントまで織り込んでくれるので、彼らが何を思っているのかを知る機会としては貴重です。しかし、そもそも中国メディア自体が直接取材をせず、インターネットで配信された日本や韓国、中国の記事、個人のブログを勝手に引用して色を着ける形で記事にしており、信ぴょう性としてはいまいちです
なので何を取り上げるのか、慎重に選ぶ必要がありますし、できるだけ元となるソースを確認する必要もあり、手がかかるのです
さて、今回はサーチナの配信記事で、中国が月面探査機「嫦娥5号」で月面の石を持ち帰るミッションに成功したものの、同じ時期の「はやぶさ2」の成功に注目が集まり、評判にならなかったことを憤る内容です


日本の探査機・はやぶさ2は2020年12月、小惑星リュウグウのサンプルリターンに成功した。世界がこの快挙に注目するなか、中国の無人月面探査機・嫦娥(じょうが)5号も月からサンプルを持ち帰ってきたが、はやぶさ2の快挙の影に隠れた感が否めない。
中国人のなかには、今でもはやぶさ2に話題をさらわれたことを根に持っている人がいるようだ。中国メディアの快資訊は20日、日本が「はやぶさ2のサンプルを中国に自慢した」と主張する記事を掲載した。
嫦娥5号は、はやぶさ2と同じ時期に地球に帰還したため、あまり注目されなかったというのは事実だろう。記事は、技術的には「嫦娥5号のミッションのほうが、はやぶさ2よりも難易度が高かった」ので、日本の成功は自慢にならないと主張した。その理由として、ミッションは同じ「サンプルリターン」だが、対象の「重力が違う」ためとしている。リュウグウは小惑星なので重力は極めて小さいが、月の重力は地球の6分の1もあり、重力の影響を受けながらミッションを行うのはずっと難しかったと主張した。
また、ミッションの「複雑さ」においても、嫦娥5号に軍配が上がるという。はやぶさ2はリュウグウについて全面的な探査を行ったが、そのほとんどが軌道上に留まって計測器で探査をしたのに対し、嫦娥5号は月の裏側に着陸してサンプルを採取して再び戻るというものであり、これは至難の業だったという。記事は、難易度では「アポロ計画」に匹敵するとした。
とはいえ、惑星探査の「意義」に関しては甲乙つけがたく、はやぶさ2の持ち帰ったサンプルには生命の起源に迫る可能性があり、嫦娥5号のサンプルリターンは月の研究に弾みをつけると双方の成果を称賛した。日中どちらの成果も高く評価されるべきものだが、中国人としては「どちらが上か下か」がどうしても気になるようだ。
(サーチナの記事から引用)


前回(2020年12月26日)にも当ブログでは、「『はやぶさ2』と『嫦娥』を比較する中国メディア」の題でこの比較問題を取り上げたところです
その時のサーチナの記事には、「日本の宇宙技術は米国に依存したもので、中国は独自技術だから中国の勝ち」などという意見が盛り込まれており、見識の狭さに呆れたものです。中国の宇宙技術は旧ソ連に依存したものなのに、その認識を欠いているからです
さて、今回の記事も単なる勝ち負けに執着したものであり、学術面から評価しようという視点を欠いています
前回も触れたように、日本は月からサンプルリターンはアポロ計画の二番煎じになるからやらなかったのであり、それよりも小惑星の地質サンプル入手を優先させたわけで、学術研究を進める上での判断です
中国は国威発揚のイベントという意味を重視し、「月の石」を持ち帰りたかったのでしょう。「我々はアメリカと同等の科学力を有しているのだ」と内外に宣伝するために
現時点で、持ち帰った月の石を中国以外の研究機関に託し、共同研究を推進しようという報道は見ていません。「我々が持ち帰ったものだ」との認識ですから、世界各国の研究機関に月の石を配布して研究に取り組む気はないのでしょう
日本は「はさぶさ2」のカプセル着陸に協力してくれたオーストラリアに感謝の意を示すため、持ち帰った土壌のサンプルを提供します
このように中国は頑なに外国との協力を拒絶し、単独行動を貫いています
現在、中国は火星に探査機を送り込んでいますが、詳細な観測データを公開する気はないと思われます(宣伝のため、写真などは公開するのでしょうが)
先には宇宙ステーション用のモジュールを中国が打ち上げていますが、これも中国が単独で推進する計画です。現在運用されている国際宇宙ステーション計画に中国は加わっていません
こうした中国の単独行動は、手の内を外国に見せたくないためであり、宇宙開発の軍事利用を進めるため秘密にしたい部分があるからでしょう
将来予想されるアメリカとの軍事衝突に備え、中国はアメリカの偵察衛星や精密誘導兵器利用に欠かせないGPS衛星の破壊を目論んでいるものと予想されます

(関連記事)
「はやぶさ2」と「嫦娥」を比較する中国メディア
「はやぶさ2」の成功を羨む韓国
韓国ロケット打ち上げ 衛星の軌道投入失敗
https://05448081.at.webry.info/202110/article_36.html
韓国 軍事通信衛星打ち上げ成功
韓国 国産通信衛星の開発に着手?
韓国「宇宙開発の遅れ このままでは乞食になる」
「固体燃料ロケット開発で弾道ミサイルにもできる」とはしゃぐ韓国
インドの月探査機 着陸失敗、月面で大破
作家中沢けい「韓国は8つも偵察衛星をもっている」発言で炎上
迷走する韓国の宇宙計画
中国の無人月探査機 着陸に成功
日本の有人月面着陸計画
韓国 月面探査が2030年以降へ大幅遅延
ロケット開発焦る韓国 トラブル続出で打上げを10ケ月先送り
月探査機「かぐや」 全長50キロの空洞発見
「準天頂衛星みちびきで日本が弾道ミサイル装備」と中国メディア
韓国「偵察衛星が必要ニダ」といまさら騒ぐ
新型ロケット「イプシロン」成功を妬む韓国
韓国が米と宇宙技術協力協定締結 NASAの技術入手と浮かれる
2020年に月面着陸を目指す韓国
韓国の2016年月面探査計画
日本の月面探査計画に怒る韓国
日本に負けない韓国の宇宙開発?
気象衛星打ち上げで日本の鼻を折ったと書く韓国メディア
日本の偵察衛星打ち上げに神経を尖らせる韓国
金星探査機「あかつき」を羨む韓国
予測か妄想か? 20年後の韓国は火星を目指す