14歳養女強姦事件を考える3 差し戻し審で有罪判決

この事件は2018年、当時14歳で知的障害のある養女と自宅で性交し、監護者性交等罪に問われた被告である養父(38)に対し、福岡地裁が無罪判決を言い渡したものです
当時、性犯罪事件の裁判で、「性交をはっきりと拒絶したという証拠がない」といった理由で、「被害者が暗に同意していたと被告が理解したのは当然であり、無罪とする」判決が相次いでいました
明確に性交に同意した証拠があるというのなら理解できますが、明確に性交を拒絶した証拠がないから無罪にするという、バカげた判断をする裁判官が幾人もいたわけで、呆れ返ったものです
特に福岡地裁の原判決では、知的障害のある被害者の証言を信憑性がないと切り捨てており、体に残る傷跡でさえ「別の要因でできた傷である可能性を排除できない」と断じるなど、問題だらけの内容でした。勇気を振り絞り、懸命に被害を訴えた女性の言い分(知的な障害があるため言葉は足りず、表現が稚拙であったにせよ)を、ここまで否定できるものかと判決内容を伝える報道を見て悲しくなったものです
ようやくにして差し戻し審議となった福岡地裁の判決で、被告である養父に懲役7年の実刑判決が言い渡されています。当然、差し戻し審なので、最初に無罪判決を言い渡した福岡地裁の裁判官とは別の人間が担当しています


14歳の養女に対する監護者性交の罪に問われ、1審の無罪判決が破棄された男性被告(39)の差し戻し審で、福岡地裁(柴田寿宏裁判長)は9日、懲役7年(求刑懲役9年)の判決を言い渡した。
公判では養女の証言の信用性が争点となった。差し戻し前の令和元年7月の地裁判決は「多くは誘導尋問に応じておおまかな内容を述べるにとどまり、具体性や迫真性がない」と指摘し、無罪とした。
福岡高裁は2年3月の判決で、性犯罪の被害者は後遺症の影響でうまく証言できないことがあると指摘。1審の審理が「被害者の特性を十分踏まえる配慮に欠けていた」として無罪を破棄し、差し戻した。被告が上告したが最高裁で棄却され、高裁判決が確定。地裁で審理をやり直していた。
(産経新聞の記事から引用)


原判決ではインフルエンザで臥せっていた被害者を被告が強姦したとの訴えを、「インフルエンザに感染する危険があるのに強姦されたとの言い分は不合理」と決めつけています。いつもは家族が1つの部屋で寝ている状態であったものが、インフルエンザであったため被害者だけ別の部屋で寝ており、家族の目が届かないのを機会として被告が強姦に及んだ、と考えられるのですが、裁判官には理解できなかったようです
原判決の問題点は当ブログの「14歳養女強姦事件を考える1 被害者証言は曖昧無罪判決」で指摘していますので、関心のある方はそちらも読んでいただければ幸いです
2018年から19年にかけて相次いだ、性犯罪事件の不可解な判決がいくつか訂正されたのであり、多少なりともすっきりしました。

(関連記事)
14歳養女強姦事件を考える2 無罪判決を破棄し差戻し
14歳養女強姦事件を考える1 被害者証言は曖昧無罪判決
義理に娘(女児)に猥褻行為 兵庫の元校長に懲役6年求刑
https://05448081.at.webry.info/202106/article_31.html
徳島で孫娘2人を強姦した祖父 懲役8年の判決
娘への性的暴行で懲役6年判決 福島
実の娘と強制性交 控訴審判決の骨子
実の娘と強制性交 控訴審で逆転有罪判決懲役10年
実の娘と強制性交して無罪 近親相姦罪がない日本
実の娘と強制性交でも無罪 控訴審始まる
実の娘と強制性交も無罪の判決
娘を性的暴行した父親に懲役に懲役4年の判決
強制わいせつ被害 10歳の訴えを「告訴能力なし」と否定
12歳娘を強姦 控訴審で逆転有罪判決
知人の娘(小学生)に性暴行 52歳の男を逮捕
知人の娘(小学生)に性暴行 荒木容疑者を再逮捕
https://05448081.at.webry.info/202106/article_34.html
義理の娘に性暴力で懲役11年 千葉
再婚相手の娘に性暴行 懲役18年の厳罰
女子中学生にわいせつ行為で里親起訴 高知
高畑裕太不起訴 弁護士は「そもそも事件性なかった」発言
高畑裕太事件で「被害者女性の問題」を書く週刊誌
俳優小出恵介 未成年者と淫行の波紋
女子児童5人を強姦し懲役20年 鬼畜教師
小学生に覚醒剤を打ち淫行、懲役23年の判決
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 行政の稚拙な対応
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 虐待する父親
家出を繰り返す少女
伊藤詩織さん強姦事件 山口敬之記者は民事で敗訴
伊藤詩織さん強姦事件 山口記者擁護者の右往左往
酔った女性を強姦 最高裁も逆転有罪判決支持
「14歳と性交で逮捕は不当」発言 立民党本多平直議員
「14歳と性交で逮捕は不当」 本多議員の歪んだ性意識