林真須美死刑囚の長女 娘を虐待死させたので自殺か?

和歌山カレー事件で死刑が確定している林真須美死刑囚の長女が、4歳になる娘を道連れに投身自殺した件の続きです
彼女は道連れにした4歳の娘は次女であり、ほかに心桜という16歳になる長女がいたのですが、自宅で大量の吐血をし死亡しているのが発見されています。腹部を強く殴られた結果死亡したと推測され、体には幾つもの痣があったのだとか
となれば、自殺した彼女か同居している夫(再婚相手)が心桜さんに繰り返し暴行を加え、死亡させたと考えられます
長女は上記のように自殺しており、心桜さんが病院に運ばれる際に付き添っていた夫は、その後首吊り自殺を図ったものの死にきれず、警察に保護されて事情聴取を受けていると報道されています
週刊誌の記事とスポーツ紙の記事を引用します


(前略)
37才の女性は14時18分、和歌山県和歌山市の自宅アパートから、取り乱した声で119番通報をしていた。
「娘の意識がない! 呼吸がない! 家に帰ったら娘が倒れていて血のような黒いものを吐いています!」
和歌山市消防局の話。
「すぐに現場に到着しましたが、そのときも母親はかなり動揺している様子でした。ほかに4才の女の子と40代の男性がいて、すでに16才の女の子は心肺停止状態。腹部を中心に、アザがあったと救急隊から聞いています」
(中略)
そもそも、16才の少女に暴行を加える、もしくは死に至るまで見過ごす家庭環境とはどのようなものだったのか。
「あんな赤い外車に乗ってる人は、こんな田舎町ではあの人しかいないですよ」
そう語るのは、現場周辺の住民。
「でも、だからといって派手な印象があるわけではないし、逆に優しそうな夫婦なんです。ふくよかな奥さんと線の細い旦那さんは仲がよさそうで、近所のスーパーで買い物中は女の子と手をつないだり、家の前で家庭用プールで遊んだり……。でも心桜さんを見たことはなかったですね。赤い車でも、奥さんが運転席、助手席に旦那さん、後部座席に小さな女の子というのが定位置でした。3人家族じゃないのね?」
近所の誰にも記憶されていなかった心桜さんが意外な角度から注目を浴びたのは、事件発覚から4日後の6月13日。彼女が、23年前に和歌山市で発生した毒物カレー事件で、死刑判決が確定した林眞須美死刑囚にとっての初孫だったと報じられたのだ。
(女性セブンの記事から引用)

(前略)
なお、9日夜には和歌山市内の路上で心桜さんの父とみられる男性が見つかり、病院への搬送時「首をつろうとしたが失敗した」と話し、県警は男性からも話を聞いている。“事件”のカギを握る存在だが、健治氏も長男もその男性が心桜さんの父なのか確認できていないという。
それにしても、身元の確認に訪れた親族に警察が“塩対応”をするのは不可解だ。元警視庁刑事で犯罪心理学者の北芝健氏は「普通は身元の確認は親族の目視で『間違いありません』とやる。極めてスムーズなものだけに、『捜査中』というのは本当だろうが、奥歯に何かものが挟まったようにも感じる。県警の対応は解せない」と話す。
詐欺罪で実刑判決を受けた健治氏は2005年に刑期を満了し出所。しばらくして、長女が連れてきた心桜さんに会った。毎週金曜日に4人の子供が集まり、手料理をふるまうのを楽しみにしていたが、親を見守り続けると決意した長男とは異なり、娘3人とは次第に疎遠に。その後、長女と孫に会うことはなかった。
(東京スポーツの記事から引用)


近所の住人が3人家族、と認識しているほどですから、心桜さんの姿を見かける機会がなく、心桜さんは自宅に軟禁状態にあったか引きこもっていたと考えられます。中学卒業後、高校には進学しなかったのでしょうか?
別の報道では、虐待が疑われ児童相談所が一時期、介入したとあります
心桜さんの家庭内暴力があったのか、両親による虐待があったのか、現時点では分かりません
しかし、両親とも自殺を図ったとなれば、虐待の挙げ句に心桜さんを死なせてしまったことが露呈し警察沙汰になるのを恐れた、と考えて間違いないでしょう
長女の気性の激しさは母親である林真須美譲りなのかもしれませんが、そうだと決めつけたところで虚しいだけです。林家のこどもたちがカレー事件と保険金詐欺事件で追い詰められ、人目を避けるような生き方を強いられたのは事実であり、長女も精神的に不安定であった可能性が考えられます。心の安定を得るため、林家の人間とは距離を置かざるを得なかったとも考えられます
憶測ばかり書いていますが、いましばらく報道に注視し、何があったのか知りたいと思います

(関連記事)
林真須美の長女自殺 家庭内で壮絶な虐待
https://05448081.at.webry.info/202108/article_17.html
林真須美の長女自殺 その後どうなったのか?
https://05448081.at.webry.info/202108/article_9.html
林真須美死刑囚 再審請求の行方
林真須美死刑囚 再審請求(第二次)を考える
林真須美死刑囚「第三者の犯行と主張」して再審請求
和歌山カレー事件再審請求 大阪高裁も棄却
和歌山カレー事件 「20年目の真実」と称する幻想譚
和歌山カレー事件 林死刑囚に動機はないのか?
和歌山実業家怪死事件に口出す和歌山カレー事件林健治
林眞須美死刑囚の長男が語る「家族」
和歌山毒カレー事件 再審請求を棄却
林眞須美死刑囚長男インタビュー
和歌山カレー事件を冤罪と決め付けるメディア
和歌山毒カレー事件 林真須美冤罪説への疑問
毒入りカレー林真須美の息子と淫行事件
和歌山毒入りカレー事件から15年
毒入りカレー事件 林真須美の再審請求
和歌山毒入りカレー事件の判決を聞いて
和歌山毒入りカレー事件判決 その後
毒入りカレー事件被告を悲劇のヒロインにする「週刊金曜日」
和歌山カレー事件林真須美を支援する人たち
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える1
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える2
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える3