「表現の不自由展」 東京会場に抗議殺到し中止に

2019年に大きな論議を巻き起こした「表現の不自由展・その後」を今年も開催しようとする動きがあると、当ブログで取り上げたところです
いまでも、天皇陛下の写真を燃やす作品やら従軍慰安婦像のレプリカを展示する意味が自分には理解できませんし、それが芸術であるとも思えません。政治的なプロパガンダでしょう
しかし、一部の左より市民活動家、左より芸術家だちは「これこそが表現の自由を問うものだ」と主張し、「表現の不自由展」を東京や大阪、名古屋で開催すると息巻いています
ですが、東京の会場となる予定だった貸しギャラリーに抗議が殺到し、街宣車が押しかける騒動になったため中止に追い込まれた、と報じられています


東京都内のギャラリーで25日から開催を予定していた「表現の不自由展・その後 東京EDITION&特別展」(東京展)の実行委員が10日、開催への抗議活動を受け、会場を変更し、時期を再調整して開催する方針を明らかにした。実行委が同日、東京都千代田区の衆院議員会館で記者会見を開いた。
同展は、愛知県で2019年に開かれた国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」(あいトリ)で激しい抗議を受け一時中止した企画展「表現の不自由展・その後」を東京でより多くの人に見てもらおうと編集者らで構成する実行委が企画。7月4日まで東京都新宿区のギャラリー「セッションハウス・ガーデン」で開催する予定だった。
記者会見に臨んだ実行委の岡本有佳さん(58)によると、東京での開催を公表した翌日の6月4日からギャラリーの電話やメール宛てに抗議が寄せられるようになった。同6日には最大26人が複数の車でギャラリー前に押し寄せた。大声で「場所を貸すな」「反日展示会を中止しろ」などと叫ぶ人物もいたという。現場周辺の道幅は狭く、近隣住民から警視庁牛込署に苦情の連絡もあった。
こうした事態を受け、ギャラリーの男性オーナーから貸し出し撤回の打診があり、実行委が出品しているアーティストらと協議した結果、会場変更を決めた。今回、実行委は同展のチラシに問い合わせの電話番号とメールアドレスを公開したが、その問い合わせ先への抗議はほとんどなく、抗議はギャラリーに集中。会見では、オーナーによる「苦渋の決断だった」とのコメントも読み上げられ、ギャラリーと同じ建物にあるダンススタジオに通う子どもらへの影響の懸念も表明された。
東京展では愛知で展示した「平和の少女像」や、アーティストの大浦信行さんの版画「遠近を抱えて」など計18組の作品を展示する。実行委の岩崎貞明さん(57)は「不当な攻撃には屈しない。何らかの形でやり抜くということしか選択肢はない」と語り、岡本さんも「日に日に励ましのメールが増えている。すでに来場を予約してくれた550人以上の鑑賞の機会を必ず守る」と力を込めた。
「表現の不自由展」は岡本さんらが「表現の自由の意味を考える機会にしたい」と、さまざまな理由で公開中止に追い込まれた作品を集め、15年に東京都練馬区で初めて開催。その後、あいトリ、韓国、台湾で開催を重ね、今回が5回目の企画となる。
(毎日新聞の記事から引用)


「本当に表現の自由の意味を考える機会」にしたいのであれば、従軍慰安婦像に正確な説明を加えた上で、従軍慰安婦像を燃やすパフォーマンスも認めるべきではないか、というのが自分の考えです
何度も書いていますが、従軍慰安婦像は2002年に在韓米軍の装甲車に轢かれて死亡した女子中学生がモデルとなっており、いわゆる従軍慰安婦と呼ばれる女性たちとは直接関係ありません。それをソウルの日本大使館前に設置し、日本に謝罪と賠償を求める活動のイコンとして使われ、現在に至っています。日本政府は外交施設(大使館、領事館)の前にこうした造形物を設置してはならないと定めたウィーン条約に基づいて、韓国側に撤去を求めているのですが、韓国政府は応じないままです
こうした経緯をきちんと展示物に表示する必要があり、間違った情報に基づいて展示するのを許すべきではありません。
同時に、いわゆる従軍慰安婦像を展示するのが「表現の自由」であると言うなら、従軍慰安婦像を燃やしたり破壊するのも「表現の自由」でしょう
もちろん、今回はあいちトリエンナーレのような公的な行事としての展示ではなく、私的なものですからこうした要求を突きつけるべきではないと理解しています。あくまでも主催者側の政治信条、政治理念、思想による左翼丸出しの偏った展示になるのはやむを得ないところです
脅迫行為は容認しませんが、抗議の声はあってしかるべきでしょう
開催に抗議する声というのも表現手段の1つですから、「抗議を中止しろ」というのは表現の自由を侵害する行為にあたります
まあ、どれだけ言い争ったところで話が噛み合うはずもなく、折り合いもつかない問題であるのは間違いないのでしょう
あいちトリエンナーレでも「表現の不自由・その後」の展示は、迷惑系You Tuberによる不快な動画と同じです

(関連記事)
「表現の不自由展」を再度企画 名古屋の市民団体
東浩紀「韓国との多文化共生を諦めてはならない」
あいちトリエンナーレ 展示再開を協議も東浩紀は逃亡
あいちトリエンナーレ閉幕 朝日新聞「日本ヘイトは大間違い」
あいちトリエンナーレ 「表現の不自由展その後」再開強行
あいちトリエンナーレ 文化庁は補助金交付しないと決定
あいちトリエンナーレ 「河村市長は二度と政治にかかわるな」と書く朝日新聞
あいちトリエンナーレ 津田大介はなぜ炎上したのか?
あいちトリエンナーレ 琉球新報「表現の自由を守れ」
あいちトリエンナーレ「表現の不自由」展とは何だったのか?
慰安婦像展示のあいちトリエンナーレ 炎上騒動で企画展中止
捏造で日本批判を行う韓国の教科書
証拠写真を捏造 歴史を歪曲する韓国
原爆Tシャツ防弾少年団にユダヤ系団体が喝!
韓国メディア 日本のアニメを使って「従軍慰安婦」の証拠を捏造
慰安婦像問題で日本政府を批判 朝日新聞社説
釜山領事館前の少女像で日韓関係紛糾
慰安婦問題 韓国が安倍首相の「おわびの手紙」要求
サンフランシスコ裁判所 慰安婦訴訟を門前払い
オーストラリア 韓国従軍慰安婦像設置を否決
韓国朴大統領 慰安婦問題で日本批判
朝日新聞「慰安婦」捏造報道で謝罪
元朝日記者「慰安婦記事」訴訟で敗訴
慰安婦合意に反発する韓国世論3 元慰安婦は合意に反発
慰安婦合意に反発する韓国世論2 「帝国の慰安婦」に名誉毀損判決
慰安婦合意に反発する韓国世論1 国際法学者の妄言