立川ホテル殺人を考える 風俗嬢を敵視

立川市のホテルで19歳の少年が風俗嬢を殺害した事件の続報です
被害者の名前を実名で報じたメディアがあった=風俗店に勤務していたという個人情報をメディアが暴露したことへの批判も生じているのですが、そちらは事件と直接関係のない事象なので取り上げません
産経新聞の記事では少年が風俗業を敵視し、標的と考えていた節があると書かれています


ホテル死傷「風俗業いなくていい」逮捕の少年、凶器は昨年購入
東京都立川市のホテルで男女が刺されて死傷した事件で、殺人未遂容疑で逮捕されたあきる野市に住む職業不詳の少年(19)が「風俗業の人間はいなくていいと思った」という趣旨の供述をしていることが3日、捜査関係者への取材で分かった。凶器とみられる包丁を昨年インターネットで購入していたことも新たに判明。警視庁立川署捜査本部は、少年が以前から風俗店従業員らに狙いを絞り、犯行の機会をうかがっていた可能性もあるとみて、慎重に調べている。
捜査関係者によると、少年は風俗業について「あんな商売をやっている人間はいなくていい。風俗の人はどうでもいい」などと供述。スマートフォンの解析などから女性との面識はないとみられ、風俗店従業員の中で無作為に殺害する相手を選んだ可能性がある。
事件は1日午後3時45分ごろ立川市曙町のホテルで発生。少年と室内でトラブルになったとみられる女性(31)が、刃物で全身を約70カ所刺され、死亡した。電話で助けを求められた同僚の男性(25)も腹部を刺され、意識不明の重体となった。
少年は逃走を図ったが、2日、羽村市内で身柄を確保された。所持金は約21万円だった。付近の山林では、ロープとともに血の付いたティッシュペーパーが見つかり、自殺を計画した可能性もある。
少年は当初、女性の殺害についても認めるなどと話していたが、弁護士の接見後は黙秘に転じた。
「いじめ」遭い 高校で急変
「ネットで人を殺す動画を見て刺激を受けた」「女性と無理心中する様子を撮影しようと思った」。警視庁の調べに少年は犯行の動機をこう供述していた。風俗店は数年前に利用していたものの、女性とは面識はなく、無作為に選んだ可能性もある。少年は、なぜこのような「特異」な考え方を持つようになったのか。
女性に動画撮影を打診して断られた少年は、持っていた包丁でめった刺しにした。女性は約70カ所も刺され、致命傷となった胸の傷は深さ約18センチに達していたという。「気が小さいのかもしれない」。捜査関係者は少年の性格についてこう推察する。
少年の親族や知人らも、おとなしい性格だと口をそろえる。ただ、近年は感情面や環境面に変化が生じていたとみられる。
異変が生じたのは、高校入学後。周囲には「いじめに遭った」と告白していた。いわゆる「陰口」の類いだったとされ、次第にクラスで孤立し、そのころから感情の起伏が激しくなったという。退学して通信制に編入、卒業。その後は就職した高齢者施設でもなじめず、上司から病院への受診を打診されるなどし、辞めた。
(以下、略)

外国での殺人事件では、売春する女性をことさら敵視し、殺害するケースが目につきます
ただ、単純に今回の事件も同じだと決めつけるわけにはいきません
以前取り上げた、イギリスの「切り裂きジャック」の研究家スティーブン・グリフィスが売春している女性を相次いで殺害した事件では、グリフィスの母親が売春で稼いでいた背景があり、おそらく彼自身「お前の母親は売春婦だ」と周囲からなじられた経験が山程あったのでしょう。ゆえに売春する女性を敵視し、殺害するようになったと考えられます。が、そこには母親への愛と憎悪が複雑に絡み合っていたと想像します
本件の場合、そうした背景があるとは思えませんので、風俗業や風俗嬢を敵視するに至った理由は別のところにあるのかもしれません
アメリカの作家フォークナーの小説には、黒人の売春婦と交わる白人男性の話が登場します。白人男性は黒人女性を蔑視し、見下しているのですが、それでも黒人の売春婦を求め、性交しようとの欲望を抑えられず、ゆえに苦悩し自己嫌悪に陥ったりする…という傾向が過去にも現在にも見られます
日本では人種的な葛藤というのは考えられないにしても、己の性欲を持て余した十代の少年が、性欲ゆえに風俗嬢を敵視する形はあり得るのでしょう
まだ、そうと断定するだけの材料が揃ってはいませんが
上記の記事で逮捕された少年が弁護士との接見後、黙秘に転じたと書かれています
これは犯行を否認しろ、とそそのかされたのではなく、現時点で思いつくまま警察にべらべらしゃべるのはよくないと注意されたためでしょう
逮捕後、警察の取り調べの場でしゃべったことは記録され、証拠になります。聴取の場では何度も同じ質問を重ね、いつ風俗嬢殺害を思いついたのか、きっかけは何か、どのよう方法で殺害しようとしたのか、問いを重ねます。前回の供述内容と違っていればさらに問い詰めます。供述に矛盾があれば裁判で突っ込まれますので、矛盾点をとことん突き詰め、解消しようとします
ベテランの捜査員に供述調書をチェックしてもらい、「こんな調書じゃ裁判で通用せんぞ」と叱られ、また調書を取り直すのです
こうして供述調書を仕上げる、というのが一人前の刑事になるための関門であり、これができないと刑事捜査の部門には残れず地域課へ戻されて派出所勤務になるわけです

(関連記事)
立川ホテル殺人を考える 19歳少年逮捕
「切り裂きジャック」殺人 売春婦を殺害する理由
つくば路上刺殺事件 18歳少年に懲役10~15年不定期刑
名古屋駅前暴走事件を考える2 犯人はアスペルガー症候群
名古屋駅前暴走事件を考える3 懲役12年の先は
町田 読者モデル女子高生殺害事件を考える1 幼なじみ
町田 読者モデル女子高生殺害事件を考える2 どこまでが発達傷害なのか
ストーカー殺人の少年が出所後また殺人未遂
レッサーパンダ帽男殺人を考える1 発達障害
レッサーパンダ帽男殺人を考える2 不幸な誤解
日進強盗殺人事件を考える1 強盗目的を否認
日進強盗殺人事件を考える2 殺人の方法を検索
日進強盗殺人事件を考える5 懲役8年以上13年以下
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える1 犯行の目的
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える2 16歳の少年逮捕
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える3 ナイフ収集と動物虐待
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える4 ナイフを収集した意味
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える5 ナイフを買い与えた親
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える7 保護処分を求め家裁に送致