日立母子殺害を考える 死刑求刑

自分の妻子6人を殺害し起訴されている小松博文被告に対し、検察は死刑を求刑しています
先の公判では弁護人が小松被告の記憶喪失を理由に公判停止を申し立てていましたが、裁判官は被告の記憶回復の見込みはないと認定しながらも、「弁護人や裁判所の適切な援助などによって、訴訟行為を理解し、コミュニケーションを取ることは可能」と指摘し、心神喪失に該当しないと判断して公判停止としませんでした
弁護人は最終弁論でも訴訟能力を欠いていると主張し、公訴棄却を求めているのですが、論告求刑まで裁判を進めてきたのですから判決で公訴棄却の判断を下すとは思えません


茨城県日立市の自宅で2017年10月、妻子6人を包丁で刺し、家に火をつけて殺害したとして、殺人罪などに問われた小松博文被告(36)の裁判員裁判は17日、水戸地裁(結城剛行裁判長)で結審した。検察側は「6人もの命が奪われた結果は重大」として死刑を求刑。弁護側は「心神喪失または心神耗弱だった」と主張し、無罪または刑の減軽を求めた。判決は30日。
小松被告は事件直後、日立署に出頭し、殺人容疑で緊急逮捕された。公判では、小松被告の刑事責任能力が主な争点となった。
検察側は論告で、小松被告が出頭後の調べに対し、殺害を迷っていたと供述した上で、殺害行為の一部や放火の経緯を具体的に説明したと主張。「完全な責任能力があった」と述べた。
また、妻の恵さん(当時33歳)と子供5人(同3~11歳)の就寝中に襲いかかり、心臓などを狙って刺していたと説明。「危険性を認識しながら殺害したことは明白」とした。
弁護側は最終弁論で、小松被告は離婚を切り出されてほとんど眠れず、うつ病や抑うつ状態だったと主張。「善悪の判断能力や行動を制御する能力が失われていたか、著しく低下した状態だった」と反論した。
このほか、勾留中の18年11月に病気で心肺停止となり、「後遺症で事件の記憶を失った」と改めて訴えた。法廷で認否すらできず、訴訟能力がないとして、公訴棄却も求めた。
小松被告は最終意見陳述で、結城裁判長から「言っておきたいことはあるか」と問われ、「特にないです」と答えた。
起訴状では、小松被告は17年10月6日午前4時40分頃、自宅アパートで恵さん、子供5人を包丁でそれぞれ複数回刺し、玄関付近にガソリンをまいて火を放ち、6人を失血や一酸化炭素中毒などで殺害したとされる。
(読売新聞の記事から引用)


おそらく判決では小松被告に求刑通り死刑を言い渡すものと予想します
当然、弁護人は控訴するでしょう。控訴審が曲者で、東京高裁の裁判官には一審の判断を覆すのを趣味にしているのではないか、と言いたくなる人物もいますので、誰が控訴審を担当するかによって判断が揺らぐ可能性があります。例えば被告人の訴訟能力について判断を誤っているとし、差し戻しの決定をするとか
ともあれ、弁護人は小松被告の記憶喪失を盾にして訴訟能力の欠如を主張しているので、控訴審もそこが焦点になるのでしょう
さて、この事件は小松被告の当初の主張では「家族を道連れに心中を図ったが死にきれなかった」という、心中事件になります。が、本当に小松被告に家族とともに死ぬつもりがあったのかどうか、今となっては確かめようもありません
心中を図りながらもこどもだけが死に、親が生き残るケースがままあります
この場合はこどもを殺害したとして殺人罪に問われ、実刑判決が下される場合がほとんどです。ただし、その後は自責の念から刑務所内で自殺する親も少なくありません
たまたま、大阪での心中未遂事件についての判決がウェブサイトにありましたので、参考のために貼っておきます
シングルマザーの女性が息子を道連れに練炭自殺を図ったのですが、幸いに親子とも無事で未遂に終わった事件です
執行猶予付きの判決ですからその機会を活かし、母子とも強く生きてもらいたいと願います。おそらく民間の支援団体がバックアップしてくれるでしょう
パチンコ三昧の生活をし、家族にも暴力を振るっていた小松被告とは比べようもありません


大阪市都島区のマンションで昨年6月、練炭を燃やして長男(8)と無理心中を図ったとして、殺人未遂罪に問われた母親(26)の裁判員裁判の判決公判が16日、大阪地裁であり、渡部市郎裁判長は懲役3年、保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役4年)を言い渡した。
被告は事実関係を認めており、裁判では情状面や量刑が争点となった。
弁護側は、被告はシングルマザーとして子育てしていたと説明し、証人尋問で専門家は原因不明の体調不良などが重なり重度の鬱病になっていたと指摘。一方、検察側は「犯行を思いとどまることができない状態ではなかった」と主張した。被告は法廷で、幼少期に母から虐待を受けていたと明かし、「死にたいという気持ちを抱いていた」と述べた。
渡部裁判長は判決理由で、犯行は「鬱病による限定責任能力の状態で行われた衝動的なもの」と認定。長男にけがや後遺症がなかったことも踏まえ、「強く非難すべきとまではいえない」と述べた。その上で、「社会との交流の中で事件と向き合い、更生していく機会を与えるのが相当」として、保護観察付き執行猶予が適切とした。
(産経新聞の記事から引用)

(関連記事)
日立母子殺害を考える 小松被告に死刑判決
https://05448081.at.webry.info/202106/article_50.html
日立母子6人殺害を考える 無罪主張と処刑願望と
日立母子6人殺害を考える 初公判で無罪主張
日立母子6人殺害を考える 初公判目前
日立市母子6人殺害を考える 記憶喪失で無罪?
日立市母子6人殺害を考える 犯行の背景は離婚話?
日立市母子6人殺害を考える 小松博文容疑者とは
福岡母子3人殺害事件を考える 夫の警察官を逮捕
福岡母子3人殺害事件を考える 中田容疑者黙秘
福岡母子3人殺害事件を考える 初公判で無罪主張
福岡母子3人殺害事件を考える 死刑判決
神戸5人殺傷事件を考える 逮捕後は黙秘
鹿児島5人殺害事件を考える 岩倉知広容疑者とは
鹿児島5人殺害事件を考える 岩倉被告起訴も初公判はまだ
豊川引き篭もり殺人を考える1 対処法の問題
豊川引き篭もり殺人を考える8 懲役30年の判決
淡路島5人殺害事件 平野被告に死刑判決
山口連続殺人事件を考える 集落全体に恨みか 
山口連続殺人事件を考える 「八つ墓村」と書くメディア
山口5人殺害事件 死刑判決
障害者施設19人殺害 植松聖容疑者逮捕
老人ホーム3人転落死 今井容疑者は自己愛障害?
死刑執行 4人殺害で再審請求中の西川正勝
甲府放火殺人 19歳少年を逮捕
「記憶がない」は通用せず 塩尻女性強姦殺人

「中国アニメは天才に頼らず日本を超える」との記事

「日本のアニメが『中国で負ける日』が来る」と、煽るようなタイトルの記事がハフィントンポストに掲載されていますので、取り上げます
タイトルに煽りを入れて読者の気を惹き、アクセス数を稼ぐ思惑があるのでしょう
長文の記事なので、全体を読みたい方は以下のアドレスにアクセス願います

日本のアニメが「中国で負ける日」が来る。「天才に頼らない」戦略が、圧倒的な差を覆そうとしている
(前略)
日本のアニメ業界関係者を「これを中国が作ったのか」と驚かせた作品がある。現地で人気のウェブ小説が原作で、ネットゲームの世界を舞台にした「全職高手(マスター・オブ・スキル)」だ。主人公たちが武器や魔法を駆使した戦闘シーンなどの描写が高く評価されている。
「制作工程や技術は、基本的に全て日本から勉強したものです。2Dアニメは特にそうですね」と瞿史偉(く・しい)代理社長は話す。
中国の会社は過去にアニメ制作の下請けをした経験によって成長してきた。アニメの質を大きく左右する原画作業も「中国や韓国の単価が安かった時代は下請けに出されることも多かった」と振り返る。
中国側も技術向上に積極的だ。日本に留学し技術を学んだアニメーターもいるが、「中国の場合は、アニメの専門学校というより美術大学を卒業した人材が多い。もちろん時間はかかりますが、表現力に基礎があるぶん上達が早いのです」という。

以前にも紹介した記憶があるのですが、「全職高手」は第2期が制作・放映されています。それだけ人気があるのでしょう
ただ、これが驚くべき作品であるとは思えません。全体の構図(見せ方、カメラワーク)など、もっと工夫があってもよいのでは?
アバターが棒立ち状態のまま延々と会話しているシーンをなど、演出の力不足を感じてしまいます。加えて、格闘シーンも物足りません(「呪術廻戦」と比べれば大きく劣ります)

全職高手 第2期 The King's Avatar



制作側の技量が向上し、中国産の原作も増えた。日本アニメが徐々に淘汰されつつあるのは当然の流れだと瞿さんは言う。
「なぜ、かつては日本アニメのインパクトが強かったか。中国には(レベルの高い)アニメがゼロだったからです。何もないところに別世界のものが入ってきた。『こんな面白いものがあるのか』と感動を受けたくらいです。スラムダンクやドラえもんは私たちにとっても国民的な作品なのです」
「日本アニメが急に無くなることはありません。ただ中国人消費者にとって、より面白いものを作れるのは中国人クリエイターです。今までは自分たちで作れないから日本のものが入ってきましたが、作れるようになれば中国製が強くなるのです」

日本のアニメが本当に淘汰されているのか、中国側の国産アニメ優遇策によるものではないか、との疑問があるのですが、取材に応じた中国人クリエイターにすれば中国アニメの質・量とも向上し、日本アニメを追いやりつつあると言いたいのでしょう
ただ、どこまで中国アニメが多様な作品、面白い作品を供給し続けられるのでしょうか?
中国国内のさまざまな規制が緩和されたわけでもなく、百合アニメやBLアニメは相変わらず取締りの対象でしょうし、政治的な陰謀劇といったものもご法度でしょう
スラムダンクに取って代わるようなスポーツ根性アニメが中国にあるのなら、紹介してもらいたいところです

原作の供給増加、アニメ化の技術向上、雇用状況の改善...中国アニメはすでに、無敵を誇った日本アニメのシェアを目に見える形で奪いつつある。両者の差はどのくらい詰まっているのか。瞿さんは「個人的な意見」としたうえでこう話す。
「日本には『天才』がいます。鉄腕アトムの時代から、最近では『エヴァンゲリオン』の庵野秀明さんまで。そういう存在は中国にはまだいません。トップ層は日本の方が全然強いのです。ただ天才は相応の給料をもらっていても、その下の人たちは(生活も)大変だと思います。天才たちの栄光を頼りにするのは限度があるのではないでしょうか」
では、中国に天才は生まれるのか。
「時間はかかりますが、掘り出しますよ。マーケットがそれが要望していますから」

マーケットの要望に応えて天才が出現するなら、苦労は要らないのでしょうが
中国が全国の大学に漫画やアニメに関連した学科を設け、人材育成に乗り出して15年以上経過したのかもしれません。人材は豊富に供給され、アニメーションに関わる層は厚みを増したはずです
そして制作本数は日本を既に上回っており、市場規模でも中国の方が上でしょう
ただ、日本人が中国アニメと訊かれて思い浮かべられる作品は皆無、という状態のままです

■天才に頼らない時代へ
中国勢の進撃に危機感を抱く人がいる。中国の知的財産法などが専門の弁護士・分部悠介(わけべ・ゆうすけ)さんだ。中国の海賊版対策に第一線で関わってきた経験を持ち、日本アニメの中国進出にも携わる。
「ここ5年ほどで、中国アニメ産業が底上げされていると感じます。日本アニメ産業はもう少しこの市場を真剣に見ておくべきでした」と分部さん。
これまでは、競合となる中国勢が育っていなかったため「作っていれば中国で売れ、口を開けていればチャイナマネーが入る時代」だったという。しかし認識を変えるべきフェーズにあると訴える。
こうした議論でよく出るのが「中国人は日本のアニメを見なくて結構」といった声だ。
分部さんは「それも一理あります。中国に進出する・しないは企業の戦略次第です」と前置きしたうえで、「日本の市場はシュリンク(地盤沈下)していきます。すぐ隣にエンタメを求める魅力的な市場があれば、重視するのも戦略です。また、日本文化の象徴の一つとして外交的な側面もあると思います」と話す。
中国のアニメ市場は2020年末時点で3.3兆円規模と推測される。統計主体が違うため単純な比較はできないが、日本動画協会が発表した日本の市場規模は約2兆5000億円(2019年)だ。
中国では2021年4月、劇場版「名探偵コナン」が日本から1日遅れで公開され、話題を呼んだ。2016年には新海誠監督の「君の名は。」が大ヒットするなど、明るい話題もある。
「稀に天才が生まれ、その作品は国境を超えます。それが中国でも享受されたということです」と分部さんは話す。一方で「天才はいつ出てくるか分かりません。日本のアニメを中国で継続的にヒットさせる仕組みづくりが必要です」。
分部さんの提言はシンプルだ。
「中国市場を分析し、考え、動くことです。流行っている作品を見て、裏で動いているプレイヤーや構造を知る。新市場に踏み込んでいく上では普通の経営戦略を、産業全体で考えるべきではないでしょうか」

まるで20年前の「バスに乗り遅れるな。人口13億の巨大な市場にいち早く進出しなければならない」と、経済誌などが日本企業の中国進出を煽ったことを思い出します
中国市場の動きを調べ、中国の視聴者の好みに応じたアニメーション作品を作る…という試みをする日本のアニメ制作会社がどれだけいるのか、と思ってしまいます。まずは日本国内市場優先でしょう
庵野秀明が「エヴァンゲリオン」を制作するに当たって、中国の視聴者の好みを考慮する、などというのはありえないわけで
他の天才ではないアニメーターも同じでしょう。中国市場を無視するつもりはないものの、優先順位としては日本が先にくるのは当然です
さらに中国でのさまざまな規制を踏まえ、抵触しないようにストーリーや画を考え、構成するのは随分と手間です。日本のTVアニメならだいたい放送5回めに温泉シーンとかプールのシーンが盛り込まれ、ヒロインの入浴シーンやら水着姿など披露するわけですが、中国では厳しいかもしれません。パンチラでさえ、検閲でハネられるかも
日本には漫画、ライトノベルなど、アニメーション作品の題材たり得るコンテンツが山のようにあるわけで、それらを中国の規制に応じて改変したなら毒にも薬にもならない凡庸な作品になってしまいそうな気もします
天才アニメーターではなくとも、「呪術廻戦」のような呪いを題材にした作品は中国でもやれるのかもしれませんが、あれだけ躍動感と奥行きのある作風・世界観を実現できるのかは大いに疑問です
最近では中国の劇場版アニメーション「哪吒之魔童降世」が大ヒットし、興行収入が160億円を突破したと報じられていますが、残念ながら日本のアニメファンの嗜好とはかけ離れており、日本で劇場公開してもヒットはしないでしょう
もし、日本のアニメファンを唸らせるような作品が中国から相次いで出現するなら、それはそれで結構なことではないでしょうか?
刺激をを受けた日本のアニメーターも奮起し、より面白い作品で対抗するという展開が期待できます

哪吒之魔童降世


(関連記事)
「中国アニメが日本を追い越す日」という記事
https://05448081.at.webry.info/202111/article_12.html
日本で大ヒット確実? 中国アニメ「白蛇:縁起」
https://05448081.at.webry.info/202108/article_26.html
中国アニメファンの「中国アニメがダメな理由」
https://05448081.at.webry.info/202108/article_3.html
中国のバイオレンスアニメ「守護者と謎の豆人間」
https://05448081.at.webry.info/202107/article_50.html
中国アニメ「ウィッシュ・ドラゴン」は世界で通用するか?
https://05448081.at.webry.info/202107/article_18.html
中国アニメ「天官賜福」が日本で放映開始
https://05448081.at.webry.info/202107/article_12.html
中国アニメと日本アニメ 絶対に越えられない壁
中国アニメ 壁を乗り越えるには何が必要か?
中国アニメはなぜ日本でウケないのか?
中国アニメ 人材育成が困難
セカイ系アニメを語る中国の論評
中国政府の文化(アニメ)政策とは?
「千と千尋」を超えるヒット 中国アニメ「哪吒之魔童降世」
「迷い道にいる日本アニメ」と書く中国メディア
中国サッカー劣るのは漫画「キャプテン翼」がないから
中国メディア 「キャプテン翼」から見る日本のスポーツ文化
「日本アニメを怯える習近平政権」と書く産経新聞
「教訓」重視の中国アニメ ストーリーは後回し
文化強国目指す中国 実態はコンテンツの墓場
中国アニメの逆襲 「一人之下」が日本で放映され話題に?
中国アニメ「一人之下」 日本でウケず自虐する中国人
成功を焦る中国アニメ 世界的なヒット作はなく
「中国アニメは日本に追いついたか?」と書く中国メディア
中国原作アニメが続々登場 日本アニメの危機?
中国紙「中国アニメは日本のアニメに立ち向かえるのか?」
中国メディアの陳腐な論評「日本アニメ、人気の秘密は民族文化」
中国アニメ 美少女も結局日本風に
「名探偵コナン」の人気を読み誤る中国メディア
中国メディア「日本アニメとの差は開いている」
「日本アニメが中国製に負ける日」と書く陳腐なコラム
中国アニメは独り立ち「日本を超えた」との声
カール・マルクス生誕200年アニメ 中国が制作

林真須美死刑囚の長女 娘を虐待死させたので自殺か?

和歌山カレー事件で死刑が確定している林真須美死刑囚の長女が、4歳になる娘を道連れに投身自殺した件の続きです
彼女は道連れにした4歳の娘は次女であり、ほかに心桜という16歳になる長女がいたのですが、自宅で大量の吐血をし死亡しているのが発見されています。腹部を強く殴られた結果死亡したと推測され、体には幾つもの痣があったのだとか
となれば、自殺した彼女か同居している夫(再婚相手)が心桜さんに繰り返し暴行を加え、死亡させたと考えられます
長女は上記のように自殺しており、心桜さんが病院に運ばれる際に付き添っていた夫は、その後首吊り自殺を図ったものの死にきれず、警察に保護されて事情聴取を受けていると報道されています
週刊誌の記事とスポーツ紙の記事を引用します


(前略)
37才の女性は14時18分、和歌山県和歌山市の自宅アパートから、取り乱した声で119番通報をしていた。
「娘の意識がない! 呼吸がない! 家に帰ったら娘が倒れていて血のような黒いものを吐いています!」
和歌山市消防局の話。
「すぐに現場に到着しましたが、そのときも母親はかなり動揺している様子でした。ほかに4才の女の子と40代の男性がいて、すでに16才の女の子は心肺停止状態。腹部を中心に、アザがあったと救急隊から聞いています」
(中略)
そもそも、16才の少女に暴行を加える、もしくは死に至るまで見過ごす家庭環境とはどのようなものだったのか。
「あんな赤い外車に乗ってる人は、こんな田舎町ではあの人しかいないですよ」
そう語るのは、現場周辺の住民。
「でも、だからといって派手な印象があるわけではないし、逆に優しそうな夫婦なんです。ふくよかな奥さんと線の細い旦那さんは仲がよさそうで、近所のスーパーで買い物中は女の子と手をつないだり、家の前で家庭用プールで遊んだり……。でも心桜さんを見たことはなかったですね。赤い車でも、奥さんが運転席、助手席に旦那さん、後部座席に小さな女の子というのが定位置でした。3人家族じゃないのね?」
近所の誰にも記憶されていなかった心桜さんが意外な角度から注目を浴びたのは、事件発覚から4日後の6月13日。彼女が、23年前に和歌山市で発生した毒物カレー事件で、死刑判決が確定した林眞須美死刑囚にとっての初孫だったと報じられたのだ。
(女性セブンの記事から引用)

(前略)
なお、9日夜には和歌山市内の路上で心桜さんの父とみられる男性が見つかり、病院への搬送時「首をつろうとしたが失敗した」と話し、県警は男性からも話を聞いている。“事件”のカギを握る存在だが、健治氏も長男もその男性が心桜さんの父なのか確認できていないという。
それにしても、身元の確認に訪れた親族に警察が“塩対応”をするのは不可解だ。元警視庁刑事で犯罪心理学者の北芝健氏は「普通は身元の確認は親族の目視で『間違いありません』とやる。極めてスムーズなものだけに、『捜査中』というのは本当だろうが、奥歯に何かものが挟まったようにも感じる。県警の対応は解せない」と話す。
詐欺罪で実刑判決を受けた健治氏は2005年に刑期を満了し出所。しばらくして、長女が連れてきた心桜さんに会った。毎週金曜日に4人の子供が集まり、手料理をふるまうのを楽しみにしていたが、親を見守り続けると決意した長男とは異なり、娘3人とは次第に疎遠に。その後、長女と孫に会うことはなかった。
(東京スポーツの記事から引用)


近所の住人が3人家族、と認識しているほどですから、心桜さんの姿を見かける機会がなく、心桜さんは自宅に軟禁状態にあったか引きこもっていたと考えられます。中学卒業後、高校には進学しなかったのでしょうか?
別の報道では、虐待が疑われ児童相談所が一時期、介入したとあります
心桜さんの家庭内暴力があったのか、両親による虐待があったのか、現時点では分かりません
しかし、両親とも自殺を図ったとなれば、虐待の挙げ句に心桜さんを死なせてしまったことが露呈し警察沙汰になるのを恐れた、と考えて間違いないでしょう
長女の気性の激しさは母親である林真須美譲りなのかもしれませんが、そうだと決めつけたところで虚しいだけです。林家のこどもたちがカレー事件と保険金詐欺事件で追い詰められ、人目を避けるような生き方を強いられたのは事実であり、長女も精神的に不安定であった可能性が考えられます。心の安定を得るため、林家の人間とは距離を置かざるを得なかったとも考えられます
憶測ばかり書いていますが、いましばらく報道に注視し、何があったのか知りたいと思います

(関連記事)
林真須美の長女自殺 家庭内で壮絶な虐待
https://05448081.at.webry.info/202108/article_17.html
林真須美の長女自殺 その後どうなったのか?
https://05448081.at.webry.info/202108/article_9.html
林真須美死刑囚 再審請求の行方
林真須美死刑囚 再審請求(第二次)を考える
林真須美死刑囚「第三者の犯行と主張」して再審請求
和歌山カレー事件再審請求 大阪高裁も棄却
和歌山カレー事件 「20年目の真実」と称する幻想譚
和歌山カレー事件 林死刑囚に動機はないのか?
和歌山実業家怪死事件に口出す和歌山カレー事件林健治
林眞須美死刑囚の長男が語る「家族」
和歌山毒カレー事件 再審請求を棄却
林眞須美死刑囚長男インタビュー
和歌山カレー事件を冤罪と決め付けるメディア
和歌山毒カレー事件 林真須美冤罪説への疑問
毒入りカレー林真須美の息子と淫行事件
和歌山毒入りカレー事件から15年
毒入りカレー事件 林真須美の再審請求
和歌山毒入りカレー事件の判決を聞いて
和歌山毒入りカレー事件判決 その後
毒入りカレー事件被告を悲劇のヒロインにする「週刊金曜日」
和歌山カレー事件林真須美を支援する人たち
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える1
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える2
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える3

横浜児童相談所職員 淫行で罰金50万円

横浜市の中央児童相談所に勤務する職員2名が、それぞれ14歳と16歳の少女との淫行で逮捕された件の続報です
児童福祉法違反の容疑で逮捕されていた八木下海斗容疑者(23)については、容疑を神奈川県青少年保護育成条例違反にあらためて略式起訴され、簡易裁判所から罰金50万円の略式命令を受けたと報じられています
罰金刑相当の刑罰が適用される事件で、犯行事実に争いがない場合、裁判て手続きを迅速・簡略化するため略式起訴という手段が用いられます
青少年保護育成条例違反事件(児童買春など)の場合、罰金刑で処理されるケースが多いのですが、事案に応じて罰金は50万円から30万円程度になります
神奈川県職員である八木下海斗については、これから懲戒審査が行われるのでしょう。罰金刑が科されたとしても自動的に免職になるわけではありませんが、本件は児童相談所の職員という立場を悪用した犯罪であり、人事委員会は懲戒免職の決定を下すと推測されます(神奈川県職員と書きましたが、横浜市職員の誤りです。訂正します)


横浜地検は15日、横浜市南区の中央児童相談所で一時保護された中学3年の女子生徒(14)にわいせつな行為をしたとして児童福祉法違反容疑で逮捕された同児相の八木下海斗職員(23)=同市緑区=を、神奈川県青少年保護育成条例違反の罪で略式起訴した。横浜簡裁は同日、罰金50万円の略式命令を出した。
中央児相に一時保護されていた別の少女(16)にみだらな行為をしたとして、県警に同条例違反容疑で逮捕された職員(27)は処分保留で釈放されており、在宅で捜査する。
起訴状によると、4月15日、横浜市内のホテルで女子生徒が18歳未満であることを知りながら、みだらな行為をしたとしている。
県警は5月26日、八木下職員を児童福祉法違反(淫行させる行為)の疑いで逮捕。県警や市によると、女子生徒が保護されていた当時に知り合い、その後に会員制交流サイト(SNS)で連絡を取ったとみられる。
(産経新聞の記事から引用)


もう1人、条例違反容疑で逮捕されてた大野一人容疑者の方は既婚者でこどももいるのだとか。それにしては節操のない行動です
こちらも条例違反容疑ですから、犯行事実に争いがなければ罰金刑で決着するのではないでしょうか
さて、当ブログでは性犯罪事件についても容疑者・被告についてはできるだけ実名で取り上げるようにしています。そのため、今回のようにな買春で罰金刑を受けた人物から、「ブログに実名が記載されており、名誉毀損だ」などと記事の削除要請を受けるのがしばしばです
当ブログを読んでいる方には、個人の名誉を毀損したり誹謗中傷する意図で事件を取り上げているのではないとご理解いただけているとは思いますが、そうした説明が相手に通用しない場合もあり、やむを得ず記事を削除しているのが実情です(記事の削除を1件いくらで請け負っているような弁護士、企業もありますので、彼らは最初から削除ありきの姿勢です)
だからといって最初から容疑者・被告を仮名扱いで書くのも気が進みません。この辺りのせめぎあいはブログを続ける以上、避けて通れない問題です
追記:処分保留となっていた大野一人容疑者は7月末、不起訴処分となりました。示談を成立させて被害届を取り下げさせてもらったとか、被害者側も起訴した上で裁判になるのを望まなかったなどの事情があったと推測します

(関連記事)
横浜児童相談所職員 あくどい手口で少女と淫行
横浜児童相談所職員2人を少女との淫行で逮捕
児童養護施設で女児強姦逮捕 神奈川
https://05448081.at.webry.info/202111/article_35.html
和歌山児童相談所職員 保護少女にわいせつで逮捕
https://05448081.at.webry.info/202111/article_29.html
福岡 児相職員が強制わいせつで逮捕
児童自立支援施設で暴力を振るう職員
児童養護施設職員が男児に強制性交で懲役8年
児童養護施設職員が強制性交容疑で逮捕 福岡
児童相談所非常勤職員21歳 わいせつ行為で逮捕
神戸児童相談所 小6女児を深夜に追い返す
性犯罪辞職の教師を雇用 札幌児相で再びわいせつ事件
毒入りカレー林真須美の息子と淫行事件
相模原中学生自殺 児童相談所が保護せず見殺し
児童ポルノで停職男を小学校講師に採用
わいせつ教師3度目の逮捕 知立市の小学校
性犯罪で懲戒免職の小学教諭 裁判でも犯行否認
女子中学生と「真剣交際」の教師 懲戒免職
小4女児を教室で裸に 教師逮捕
小学校教師が4年間も盗撮続け、逮捕
男児の全裸写真撮影を繰り返した教師
小学校教諭が男児の裸撮影で逮捕
女性教諭が盗撮で逮捕
静岡の中学教頭 少女2人へのわいせつで懲役12年

「14歳と性交で逮捕は不当」 本多議員の歪んだ性意識

立憲民主党の性犯罪を考えるワーキングチームの会合で、「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と発言し、性交同意年齢引き上げに反対した本多平直議員にういて、2度目の言及です
この会合に講師として招かれていた大阪大学大学院の島岡まな教授が、当時の様子を語っています
記事を読む限り、本多議員はこの会合に出席して「中高年でも未成年者と真摯な恋愛関係を持つ場合があるのだから、一律に取り締まるような法改正は問題だ」と意見を述べ、刑法学者の無知を暴いてやろうと心に決めていたのが伝わってきます
が、そうした中年男の思い込みこそが問題だ、と島岡教授は指摘しています
AERAの記事から以下、引用します


「50代が14歳と性交」発言の立憲議員は「怒鳴るように高圧的」 招かれた大学教授が激白
(前略)
WTの勉強会は30分程の短時間。そのうちの15分間を島岡教授の発言時間として割り当てられていた。残り15分間の質疑応答時間は、ほとんどが本多議員の主張に費やされたという。
島岡教授によると、本多氏は「中学生と成人の間にも真剣な恋愛があり、被害と言えない場合もある」など自説を披露し、最後に「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と主張。さらに、「どうなんですか」と詰めるように問い、島岡教授はショックで絶句してしまったという。
「それと同時に『またか』とも呆れ返りました。あまりにもこうした場面に立ち会うものですから。私を言い負かそうとする必死さもあったのかもしれませんが、性交同意年齢を引き上げたくないという、その一心だったように感じます。『先進国では逮捕されるんじゃないですか』と答えた後、他の質問が少しあったかもしれませんが、本多議員の発言のショックでよく覚えていません。まもなく『もうお時間です』とZoomを閉められました」(島岡教授)
本多議員が、真摯に講師の話に耳を傾けようとしていたのかは、疑問が残るだろう。また、本人のそうした態度が意図した結果ではなかったとしても、免罪符になるどころか、そこに今回の問題の本質が隠されていると島岡教授は指摘する。
(中略)
翌日、島岡教授はWTの座長である寺田学衆院議員から謝罪のメールを受け取ったそうだ。それに対して島岡教授は、「ジェンダー平等推進本部を立ち上げ、表向きに発信しているからにはそれなりの対処をするべき」と意見を述べた。しかし、不適切な発言がメディアで取りざたされるまで、実に1カ月が経過していた。
「党として問題視していなかったのでしょう。WTが性交同意年齢の引き上げを求める中間報告を一度は見送った(が最終的には法務部会で承認された)背景に、党内の強い反発があったとも聞いています」(島岡教授)
そもそも50代の大人と14歳の子どもとにおける「同意」は、成立し得ないと島岡教授はいう。
「主従関係や権力関係などの明らかな力の差だけでなく、年齢差がある場合も、表面的に同意しているように見えても、客観的には性的搾取です。被害者本人でも、自分の意思で同意していると思い込んでしまうこともあります。国が性的搾取の被害から保護していくことは、先進国では当たり前のこと。日本は13歳未満にとどめて、『真摯な恋愛』と主張するのは、世界からみて、幼児婚がある国と変わらないと言ってもいいほど」
(以下、略)


記事にもあるようにワーキングチームによる性交同意年齢引き上げを求める報告が、立憲民主党の法務部会で多くの反対意見を浴びたというのですから、立憲民主党内には本多議員と同じく援助交際を容認したり、未成年の少女と性交する権利を保留したいと考える助平オヤジどもが確実に存在していたとわかります
加齢臭が漂ってきそうな記事です
以前も書いたように本多議員は枝野代表の秘書だった人物であり、立憲民主党幹部は最初から本多議員に処罰を科す気はなかったのでしょう。報道の突き上げを食らって、福山幹事長が「厳重注意」したのであり、それで幕引きを図る構えです
この発言がもし自民党の議員であったなら、蓮舫や辻元が大騒ぎし、議員辞職に追い込もうとするはずです
本多議員は突き上げられた結果、発言を取消しているのですが、自身の胸の内にどのような問題があったのか自覚しているのか疑問です
島岡教授は、「50代である本多議員が、14歳と性交しようとする気があるともとれる発言です。性暴力は支配的な関係性の中で行われるのに、50代の男性と14歳の少女の間に対等な関係性があると思い込んでいることが問題です。加害者に都合よく、14歳を大人扱いしたり本人の同意があったということにして性暴力が容認されるケースが日本では多発しています」と指摘しています
ですから、本多議員の言い分は援交オヤジの開き直り発言と同等であり、聞くに堪えない類です
にもかかわらず、厳重注意だけで幕引きを図るなど身内に甘いと言うほかありません。立憲民主党の支持が広がらないのも当然です

(関連記事)
「14歳と性交で逮捕は不当」 本多議員「少女が誘う場合もある」
https://05448081.at.webry.info/202107/article_46.html
「14歳と性交で逮捕は不当」 本多議員の不満爆発
https://05448081.at.webry.info/202107/article_42.html
「14歳と性交で逮捕は不当」 性犯罪オヤジの言い分
https://05448081.at.webry.info/202107/article_5.html
「14歳と性交で逮捕は不当」発言 立民党本多平直議員
自民滋賀県連事務局長 強姦容疑で裁判
https://05448081.at.webry.info/202111/article_22.html
自民滋賀県連事務局長 強姦容疑で逮捕
https://05448081.at.webry.info/202108/article_4.html
義理に娘(女児)に猥褻行為 兵庫の元校長に懲役6年求刑
https://05448081.at.webry.info/202106/article_31.html
義理の娘(女児)に猥褻行為 元校長に懲役4年6月判決
https://05448081.at.webry.info/202108/article_10.html
実の娘と強制性交して無罪 近親相姦罪がない日本
実の娘と強制性交 控訴審判決の骨子
実の娘と強制性交 控訴審で逆転有罪判決懲役10年
実の娘と強制性交でも無罪 控訴審始まる
実の娘と強制性交も無罪の判決
義理の娘に性暴力で懲役11年 千葉
娘への性的暴行で懲役6年判決 福島
徳島で孫娘2人を強姦した祖父 懲役8年の判決
14歳養女強姦事件を考える1 被害者証言は曖昧無罪判決
14歳養女強姦事件を考える2 無罪判決を破棄し差戻し
14歳養女強姦事件を考える3 差し戻し審で有罪判決
娘を性的暴行した父親に懲役に懲役4年の判決
12歳娘を強姦 控訴審で逆転有罪判決
再婚相手の娘に性暴行 懲役18年の厳罰
知人の娘(小学生)に性暴行 荒木容疑者を再逮捕
https://05448081.at.webry.info/202106/article_34.html
女子中学生にわいせつ行為で里親起訴 高知
高畑裕太不起訴 弁護士は「そもそも事件性なかった」発言
高畑裕太事件で「被害者女性の問題」を書く週刊誌
俳優小出恵介 未成年者と淫行の波紋
女子児童5人を強姦し懲役20年 鬼畜教師
大阪小学校講師 児童12人にわいせつ行為で懲役5年6月
わいせつ教師に懲役30年の判決
児童養護施設で女児強姦逮捕 神奈川

徴用工訴訟で敗訴 韓国メディアの無知丸出し社説

太平洋戦争中、日本に強制徴用されて働かされたとして韓国人85人が16社の日本企業相手に賠償を求める訴訟を起こしたのですが、ソウル中央裁判所は日本企業に賠償を求めることはできないとして原告敗訴の判決を言い渡しています
日本企業に賠償を命じた2018年の判決とは真逆の判断です
韓国の新聞、国民日報が原告敗訴の判決を下した裁判官を揶揄する社説を掲載しているのですが、歴史認識があまりにデタラメであり、社会の公器とされる新聞社の社説としてはあまりに恥ずかしい内容なので取り上げます
まあ、韓国メディアが屁理屈満載の記事を書いたり、事実誤認の論評を掲載するのは珍しくないのですが
元の記事が韓国語なので、インターネットの掲示板「5ちゃんねる」に貼られた日本語訳を引用させてもらいます


日本は朝鮮や清と比べて近代化が早かった。明治維新でアジアで最も早く近代化の道に入った日本は、自分たちをアジアではなくヨーロッパの一員と考えた。明治維新以降、日本の国家的な目標は脱亜入欧だった。アジアを脱してヨーロッパに編入されようということで、東洋では日本と並ぶ国がないという傲慢の現れだった。脱亜入欧は日本の帝国主義を正当化して、朝鮮併呑を合理化する基礎になった。
敗戦後も、このような基調は右翼を中心に続いている。アジアで唯一のG7として、日本を西側の一員と考える日本人は少なくない。地政学的にアジアに位置するだけで、民主主義の成熟度と制度面で西欧と似ているということだ。右翼の頭の中では、東洋に日本が模範とする国がないという優越感が根強く刻まれている。ところが最近になって数多くの分野で韓日逆転現象が起き、右翼は自尊心に傷を負った。その反作用として現れる現象が嫌韓論である。嫌韓論は傷ついた日本の自尊心を自慰するための、極右のあがきに他ならない。
数日前、日本の極右の主張と軌を同じくする国内裁判部の判決があった。ソウル中央地法(地裁)民事合意34部のキム・ヤンホ裁判長は、日帝の強制徴用被害者85人が16社の日本企業を相手に出した損害賠償請求訴訟に対し、日本極右の尺度で却下した。訴訟を受け入れた場合、「自由民主主義という憲法的価値を共有する西側勢力の代表国の一つである日本との関係が毀損された場合、同盟国である米国との関係まで損ないかねない」というのである。 日本を西側の代表国と思っている、日本の極右の考えと全く同じだ。
キム判事は、「大韓民国が請求権協定で得た外貨は漢江の奇跡と評価され、世界経済史に記録される目覚ましい経済成長に大きく貢献した」とも判決文で指摘した。 怒った市民たちが青瓦台(大統領府)の国民請願掲示板に押しかけ、13日現在で30万人以上が彼の弾劾を要求した。ここまで来ると、日本の極右団体の報道官にジョブチェンジするのがいいと思う。キム判事に『脱韓入日』をオススメする。


脱亜入欧は福沢諭吉が唱えたものですが、その意味をまったく曲解しています。脱亜入欧を説明した書籍などいくらでもあるわけですが、そうしたものを読んで確かめようともせず、己の誤った解釈のまま社説を書いています
脱亜入欧は中国や朝鮮と義絶し(袂を分かち)、西欧に与しようという趣旨であり、帝国主義を正当化する理論ではありません。当時は帝国主義が当たり前であり、弱肉強食で列強が植民地を奪い合っていた時代です。が 福沢諭吉は朝鮮を植民地化しろ、と説いたわけではなく、朝鮮併合を合理化する根拠ではないのです(袂を分かって関係を絶つべし、というのにわざわざ植民地にする必要はありません)
旧来の国家体制のまま変革を拒む清や朝鮮が欧米列強の植民地になるとしても、それはやむを得ないのであり、日本は清や朝鮮を助けようとはせず(袂を分かって)、産業の近代化を推し進めるべしとの教えです
また、「日本を西側の一員と考える日本人は少なくない」とも書いていますが、日本は東側の社会主義陣営ではありませんので西側の一員との認識は間違っていません。いったい何を言いたいのでしょうか?
おそらく日本は西側陣営と距離を置き、中国や韓国、北朝鮮と足並みをそろえるべきだ、東アジアで結束すべきだとでも言いたいのでしょう(これが脱欧入亜であると)。が、そんなメリットは皆無です。独裁国家である中国や北朝鮮と政治的、経済的結びつきを強めて何が得られるのか、と
判決文の中でキム・ヤンホ判事は、「戦後の日本の賠償金は徴用工などの個人補償として支払われたものだが、個人補償にはほとんど使われずに『漢江の奇跡』とされる韓国の経済復興に充てられた」と述べています。これはその通りの事実です。しかし、韓国の一般国民や韓国メディアは猛反発し、「そんな馬鹿な話があるか」と憤っているわけです
彼らにすれば「漢江の奇跡」という経済復興は韓国人が独自に成し遂げた成果であり、そこに日本の金など使われていないと信じて疑わないのです。これは建国の神話のようなものであり、誰もがそうであってほしいという願望に裏付けられた偽のストーリーです
メディアとして国民日報は真実を報道する気は皆無であり、国民に嘘話を押しつけて煽っている、と言うしかありません
加えて、嫌韓論は日本の極右の足掻きだと書いていますが、ゴールポストを動かす韓国を信用できないと受け止めている日本国民が大多数であり、嫌韓論は日本人の中に広く根付いていると言えます(だから韓国ドラマを見ないとか、防弾少年団の歌は聞かないなど決め込んでいる人が多数を占めるとは言いません)
嫌韓を植え付けたのは韓国政府の言動にある(それに加担した韓国メディアも)と書いて間違いありません

(関連記事)
日韓徴用工問題 日本が経済制裁強化へ動くか
https://05448081.at.webry.info/202109/article_47.html
「文明開化に失敗した李氏朝鮮」を認めない韓国史観
論文紹介「日本における嫌韓意識の現状と批判的考察」
「日本の嫌韓は自信感の喪失や右傾化を反映」と東京新聞
阪大安岡教授が「嫌韓」を考察し、ソウルで発表
「文化力」を誇示する韓国メディアの軽薄さ
韓国メディア「王とポルノが共存する日本精神の深層」
韓国メディア 「韓国叩き」の論拠に白井聡の「永続敗戦論」を引用
日韓関係 日本の無知と怠慢を告発する在日韓国人作家
日韓徴用工訴訟 文大統領は日本の譲歩求める
日韓徴用工問題 対抗措置を求める自民党
韓国徴用工訴訟 「和解せよ」と主張する東京新聞
「日韓請求権協定」裁判(1) 韓国は憲法違反の請求を却下
「日韓請求権協定」裁判(2) 韓国政府の不明朗な手続き

横浜児童相談所職員 あくどい手口で少女と淫行

学校や児童の養護施設、児童自立支援施設、児童相談所などで働く職員による体罰や性犯罪について、これまで何度も取り上げてきたところです。関係者は事件が明るみに出ると綱紀粛正を図るとか、襟を正すとか、職員への研修を行うとか、さまざまな対応を口にするわけですが、事態が改善されているのかどうかは不明です
さて、先日取り上げた横浜市の児童相談所職員2人(23歳と27歳)が、児童相談所が保護した少女をホテルに誘い込み淫行した容疑で逮捕された件を、週刊文春が取り上げています


「人目につかないところで話そう」と誘われホテルで…14歳と16歳の保護少女に淫らな行為 横浜児相“わいせつ職員”の悪質手口
「職員だから変なことはしないと思った——」
少女2人に淫らな行為をしたとして、神奈川県警は5月26日、横浜市中央児童相談所に勤める八木下海斗容疑者(23)を児童福祉法違反容疑、大野正人容疑者(27)を県青少年保護育成条例違反容疑で逮捕。
少女らは警察に対し、冒頭のように答えたという。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆
児童相談所(児相)は虐待などの事情を抱える17歳以下の子供を一時的に保護する「一時保護所」を持つ。被害者のA子さん(14・中学3年生)とB子さん(16・高校1年生)は入所した際、一時保護係の両容疑者と知り合っていた。
そして退所後、八木下はA子さんと、大野はB子さんと連絡を取るようになる。
「A子さんは昨年の夏頃、八木下のSNSをフォローして会うようになった。やがて『人目につかないところで話そう』と誘われ、4月15日、横浜市内のラブホテルで性的な関係を持った」(全国紙社会部記者)
「関係を壊したくなかった」断りきれなかった少女たち
B子さんは退所後に児相を訪れた際、大野と再会して電話番号を渡された。
「そして、昨年10月30日にラブホテルで大野から体を触られるなど、猥褻な行為をされたのです」(同前)
本来、職員と保護された児童は、連絡先を交換してはならないルール。だが児童は様々な悩みを抱えており、被害少女らも、職員なら親身に話を聞いてくれる、と安心していたという。
「少女らは性的関係になることは望んでいなかったが、『関係を壊したくなかった』と断りきれなかったようだ」(捜査関係者)
4月下旬、大野とB子さんの関係を指摘する告発で発覚し、児相は県警へ相談。聞き取り調査をする中で、八木下とA子さんの関係も明るみに出たという。
八木下容疑者は「女性を顔で選ぶタイプ」
八木下は昨年4月、「社会福祉職」として横浜市に採用され、中央児童相談所に配属された。
業務内容は、一時保護所で寝泊まりする児童らの学習や生活の支援。担当職員は同性が務めるが、日中の自由時間などは異性の職員とも交流を持つ。
児相関係者が八木下について話す。
「あだ名は『ヤギピー』。気分屋で、機嫌が悪いと児童にも『おい!』って乱暴な言葉遣いになったりします。その一方で、タイプの女児がいると、自由時間にピッタリくっついて離れず、ずっと話している。女性を顔で選ぶタイプで、A子さんも目鼻立ちがハッキリした美人でした。交際していた職員の女性がいたのに、A子さん以外にも今年高校を卒業した子を口説こうとして拒否されていました」
八木下は横浜市の地主の一族。1300平米超の土地に建つ豪邸で、祖母と母、姉の4人暮らしだ。川崎市内の私立大学へ進み、福祉を学んだ。2019年には川崎市の児相で、非常勤で働いた経験がある。
(中略)
両容疑者が受けた研修は2週間
中央児相の深見和夫副所長は、「週刊文春」の取材に、
「(児童との接触を控えるという)明確なルールづけが弱かったと反省しています。市で検証委員会を作り、外部にも意見を聞く形で動いています」
今回、警察の調べに容疑を認めているという両容疑者。中央児相に赴任後、受けた研修は2週間だった。児童虐待の増加に伴い児相は人材不足に陥っているが、19年7月、福岡市の児相職員が、女子中学生に猥褻行為をしたとして逮捕。その翌月には仙台市でも同様の事件が発生している。
人材の「質」こそ重要なのは言うまでもない。


「被害者の方も誘いをかけたので悪い。責任がある」などの意見は無視します
彼女たちは相談(それはかならずしも解決策を得たくて相談をもちかけるのではなく、自分の悩みや迷いを理解してほしい、共感してほしいがゆえの行動です)したかったのであって、セックス相手が欲しかったわけではないでしょう
逮捕された2人は児童相談所に勤務している立場、を理解していないのか。年端もいかない少女を口説いてセックス相手にし、弄んでいたわけです
両名とも、少女との関係は同意の上であり「自由恋愛」だとでも弁解するのでしょうか?
これを明確に犯罪であると認知し、行動を抑制できないのであれば児童相談所など、児童・少年保護の職務に就くのは間違いです
懲戒免職は当然としても、児童損男女職員との立場を利用した犯行であり信頼を裏切る行為ですから実刑を科すのが相当でしょう。ただし、2人とも初犯であり、裁判では「既に懲戒免職となり社会的制裁を受けている」からとの理由で執行猶予が付く可能性があります
刑の執行を猶予されたのならば、これを幸いにと少女買春を繰り返すだけではないのか、と思ってしまいます
横浜中央児童相談所の対応については前回も書いたように、「検証委員会を作り、外部の意見を聞いて児童との接触を控えるルール作りをする」という何とも間延びしたものです。2カ月も3カ月もかけて規範を練り上げてどうするのか、と言いたくなります
規範などいくら作っても職員が遵守しなければ何の意味もないのであり、職員の意識にいかに働きかけるかが重要です
自分が法務省にいた当時も、少年院や少年鑑別所には元収容少年と私的に電話や手紙をやり取りをする職員がいましたし、むしろそれを自慢(自分はこんなに頼られ、信頼されているのだ、と)する者もいたほどです。現在では私的な通信、交流を禁じているはずですが
余談ながら、当時は新興宗教にはまっている職員もいて、収容している少年に宗教本を貸し与えて読ませる行為を目撃しています。少年院の幹部会議の場で問題だと指摘したのですが、「お前は何を言ってるんだ」と一蹴されました。あの頃はオウム真理教の事件が話題になっていたのですが、少年院の職員たちは危機感が皆無でした

(関連記事)
横浜児童相談所職員 淫行で罰金50万円
https://05448081.at.webry.info/202106/article_26.html
横浜児童相談所職員2人を少女との淫行で逮捕
和歌山児童相談所職員 保護少女にわいせつで逮捕
https://05448081.at.webry.info/202111/article_29.html
福岡 児相職員が強制わいせつで逮捕
児童自立支援施設で暴力を振るう職員
児童養護施設職員が男児に強制性交で懲役8年
児童養護施設職員が強制性交容疑で逮捕 福岡
児童相談所非常勤職員21歳 わいせつ行為で逮捕
神戸児童相談所 小6女児を深夜に追い返す
性犯罪辞職の教師を雇用 札幌児相で再びわいせつ事件
毒入りカレー林真須美の息子と淫行事件
相模原中学生自殺 児童相談所が保護せず見殺し
児童ポルノで停職男を小学校講師に採用
わいせつ教師3度目の逮捕 知立市の小学校
性犯罪で懲戒免職の小学教諭 裁判でも犯行否認
女子中学生と「真剣交際」の教師 懲戒免職
小4女児を教室で裸に 教師逮捕
小学校教師が4年間も盗撮続け、逮捕
男児の全裸写真撮影を繰り返した教師
小学校教諭が男児の裸撮影で逮捕
女性教諭が盗撮で逮捕
静岡の中学教頭 少女2人へのわいせつで懲役12年

林真須美死刑囚の長女 娘を連れて投身自殺

報道でご存知の方も多いと思いますが、林真須美死刑囚の長女が関西空港に繋がる橋から4歳の娘を道連れに投身自殺をしています
また、この長女の上の娘(16歳)が自宅で腹部を殴打され死亡しているのが発見されています。体には複数のあざが残されており、繰り返し虐待を受けていたのではないか、と見られます。過去には虐待の通報があり、児童相談所が介入したこともあったのだとか


6月9日午後、大阪府泉佐野市の関西国際空港連絡橋(関空連絡橋)から母子が飛び降りて亡くなった一件が、急展開を見せた。橋の近くの海上で浮かんでいるところを発見され、その後、搬送先で死亡が確認されたのは、37歳の女性とその次女と見られる 4歳女児。この37歳女性が、1998年に起きた和歌山毒物カレー事件の林眞須美死刑囚の長女だったことが報じられたのだ。
橋から飛び降りる約2時間前には、和歌山市内にあるこの女性の自宅で、16歳の長女が心肺停止の状態で発見され、病院に搬送されたものの、その後死亡が確認されていた。
6月13日付のAERA dot.は、和歌山カレー事件に関連した詐欺容疑でかつて逮捕された夫の林健治さんに取材、〈(16歳の)Bちゃんは(37歳の)長女Aの娘、ワシと眞須美の初孫やろ、居ても立っても居られずに警察に行った。捜査の担当者と話したが、まだ捜査中で、ハッキリとは言えない様子だったが、1時間近く話をした。自殺したのはうちの長女で一緒に亡くなったのは(4歳女児の)Cであるのは間違いないようだ」(カッコ内は編集部加筆)との証言を報じた。
当日の様子を振り返ろう。
37歳女性は、6月9日午後2時20分ごろに自宅から119番。「家に帰ってきたら娘の意識と呼吸がない。血みたいな黒いものを吐いている」と通報した。消防が駆けつけると、倒れている16歳女児のほかに、この37歳女性と4歳の次女、そして女性の夫の4人がいたという。
救急車には夫が同乗。取り乱した様子だった女性は、4歳次女とともに行方がわからなくなっていた。その後、午後4時頃に関空連絡橋から飛び降りたとみられている。
長女の死因は全身打撲による外傷性ショックで、腹部には打撲痕があったほか、全身に複数のあざがあったとも報じられている。過去には虐待を疑われ、児童相談所に通報されたこともあったという。前出の健治さんの証言にある通り、この16歳長女が、林眞須美死刑囚から見れば初孫ということになる。
(NEWSポストセブンの記事から引用)


林真須美の長女は一度結婚して上の娘を生み、その後離婚しています。記事にある夫というのは再婚した相手です
いまのところ何とも言えないわけですが、強いて憶測するなら林真須美の長女が自分の娘に繰り返し虐待を加えていた可能性が考えられます
その結果、死に至らしめたのであり、娘の死に取り乱し、困惑し、下の娘を道連れに投身自殺したという事件なのでしょう
2人の間にどのような葛藤、対立、憎悪があったのかは分かりません。ただ、自分の祖母が和歌山カレー事件で死刑判決を受けた林真須美死刑囚であるという事実が、16歳の少女にとっては抱えきれないほどの重荷であったかもしれません
母親の無罪を信じて支援してきた長女と、世間から死刑囚の孫と見られるのを恐れる孫娘とでは考え方も違います。家庭内でぶつかり合い、暴力沙汰になったという仮説が考えられます
あるいはどこの家庭でもあるように娘をコントロールしようとする母親と、反発する娘の対立…という線も考えられるのですが
一部のメディアは林真須美の再審請求が今回の不幸な事件を招いたかのような書き方をしているのですが、それこそ下衆な勘ぐりでしょう

(関連記事)
林真須美の長女自殺 家庭内で壮絶な虐待
https://05448081.at.webry.info/202108/article_17.html
林真須美の長女自殺 その後どうなったのか?
https://05448081.at.webry.info/202108/article_9.html
林真須美死刑囚の長女 娘を虐待死させたので自殺か?
林真須美死刑囚 再審請求の行方
林真須美死刑囚 再審請求(第二次)を考える
林真須美死刑囚「第三者の犯行と主張」して再審請求
和歌山カレー事件再審請求 大阪高裁も棄却
和歌山カレー事件 「20年目の真実」と称する幻想譚
和歌山カレー事件 林死刑囚に動機はないのか?
和歌山実業家怪死事件に口出す和歌山カレー事件林健治
林眞須美死刑囚の長男が語る「家族」
和歌山毒カレー事件 再審請求を棄却
林眞須美死刑囚長男インタビュー
和歌山カレー事件を冤罪と決め付けるメディア
和歌山毒カレー事件 林真須美冤罪説への疑問
毒入りカレー林真須美の息子と淫行事件
和歌山毒入りカレー事件から15年
毒入りカレー事件 林真須美の再審請求
和歌山毒入りカレー事件の判決を聞いて
和歌山毒入りカレー事件判決 その後
毒入りカレー事件被告を悲劇のヒロインにする「週刊金曜日」
和歌山カレー事件林真須美を支援する人たち
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える1
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える2
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える3

韓国で絶大人気サッカーアニメ 実は日本製だった

殺人事件や性犯罪ばかり取り上げていますので、空気を変えましょう。久し振りに韓国アニメの話題です
サッカーを題材としたアニメーション作品では「キャプテン翼」が日本だけでなく、アジアや中南米、ヨーロッパでも幅広い人気を得ています
しかし、お隣の韓国では「キャプテン翼」は漫画でもアニメでも人気はないのだそうです
サッカーアニメで韓国のこどもたちに絶大な人気を得たのは、1993年から94年にかけてテレビ放映された「蹴球王シュットリ」だと韓国メディア「スポーツ・ソウル」が記事にしています
ですが、韓国のこどもたちは自分と同じ韓国人である「蹴球王シュットリ」がヨーロッパを舞台に活躍する姿を見て胸を熱くしたわけですが、実はこれが日本のアニメだったというお話です


日本のサッカー漫画の代表作といえば『週刊少年ジャンプ』で連載された『キャプテン翼』だろう。
日本では今でもロングランヒットを誇り、世界各地でも翻訳出版され、アニメに至っては世界100カ国以上で放映されている。
アレッサンドロ・デルピエロ、フランェスコ・トッティ、リオネル・メッシなども『キャプテン翼』のファンで、現在はJリーグのヴィッセル神戸でプレーしているルーカス・ポドルスキやアンドレス・イニエスタも『キャブテン翼』に憧れたという。
ただ、韓国では『キャブテン翼』のファンは少ない。韓国でも『キャプテン翼』は『ナルアラ(翔べ)、キャプテン』というタイトルで、1996~1998年にソウル文化社から翻訳出版されているが、大ヒットすることはなかった。
韓国でサッカー漫画といえば、『蹴球王シュットリ』である。1993年から韓国のテレビ放送局SBSで放送されたアニメ番組で、当時は1994年アメリカW杯のアジア予選最中だったこともあって高視聴率を誇った。
韓国人も知らない人が多い「シュットリ」の真
この『シュットリ』に影響されてサッカーを始めたというKリーガーも多い。まさに韓国の『キャプ翼』なのだ。
では、どんなストーリーなのか。
幼い頃から天才的なサッカーセンスを誇った主人公シュットリは、世界最高の選手になるべくイタリアに渡るが、名門クラブに入団できず弱小チーム“コロンブス”で活躍する。
そんななか両親を飛行機事故で失い、サッカーで生きていくことを誓ったシュットリは、伝説の選手アルバートの指導を受けながら数多くのライバルと対戦して成長を重ね、やがてヨーロッパサッカー界で素晴らしい活躍を遂げていく……。
ちなみに、シッュトリとは、「シュート」と「ドリ(男の子を表すときに使われる固有語)」を組み合わせた造語。アニメの反響もあって、当時はサッカー小僧を見つけると、「シュットリ」とあだ名をつける場合も多々あったという。
韓国で抜群の人気を誇ったわけだが、実はこの『シュットリ』、元は日本のアニメなのだ。
元のタイトルは『燃えろ!!トップストライカー』。1991年10月から1992年9月までテレビ東京系列で放映されたテレビアニメなのである。
当然のごとく、主人公の名前はシュットリではない。主人公の名前は吉川光だ。そのほかの登場人物も異なる。韓国ではアルバートという名だった恩師も、本来はロブソンという名前だった。
いずれにしても、韓国では今でもサッカー少年を表す言葉としても使われる「シュットリ」。KBSの人気バラエティ番組『ハッピーサンデー』では、平凡なチビッ子たちを集めたサッカーチームの成長を記録した『ナルアラ(翔べ)、シュットリ』というコーナーもあったほどである。
もしかしたら韓国では今日もどこかでシュットリがボールを蹴っているかもしれない。
(スポーツ・ソウルの記事から引用)


韓国では日本のアニメを韓国で制作されたかのように改変し、テレビ放映するのが当たり前になっています。登場人物の名前を韓国風に変え、日の丸は消し、主題歌も韓国で作ったものに差し替え、徹底的に日本色を消して放映するわけです。そのため、「鉄腕アトム」から「ドラえもん」、「ガッチャマン」まで韓国産のアニメだと思い込んでいた人が大勢いて、10年ほど前までは韓国こそアニメ大国だと信じて疑わない風潮が残っていました
さて、韓国では「キャプテン翼」は不人気で、「燃えろ!!トップストライカー」が人気を得た理由を考えなければなりません
韓国の方による考察があればよいのですが、簡単には見つかりそうもないので憶測してみましょう
「キャプテン翼」のような、友情・努力・勝利という物語の設定(ライバルとも切磋琢磨し、ともに成長してゆく)より、「トップストライカー」のような周囲は敵ばかりという中で孤軍奮闘し己の力を誇示する話の方が、韓国のこどもたちにはウケたのではないか、という気がします
韓国のスポーツ選手を見ていると、「自分だけが強ければ良い」、「自分だけが活躍すればよい」という独善的なプレーが目につきます
そこにスポーツマン精神などというのは存在せず、他者を蹴落としてでも自分だけが活躍し大金を手にしようとの貪欲さが根底にあるのでしょう
これは自分の勝手な感想であり、「燃えろ!!トップストライカー」がそうした内容の作品だと断定するものではありません
同じアニメを見ても、日本人と韓国人とでは見える風景・物語が違うのでしょう

燃えろ! トップストライカー


(関連記事)
日韓合作のサッカーアニメ「キックオフ2002」は黒歴史
https://05448081.at.webry.info/201108/article_33.html
中国サッカー劣るのは漫画「キャプテン翼」がないから
http://05448081.at.webry.info/201807/article_1.html
中国メディア 「キャプテン翼」から見る日本のスポーツ文化
http://05448081.at.webry.info/201208/article_14.html
中国のサッカーアニメ「The Soccer Way」
https://05448081.at.webry.info/201109/article_3.html
韓国にも魔法少女アニメあり 「Spheres(スフィアズ)」
http://05448081.at.webry.info/201107/article_60.html
「宇宙戦艦ヤマト」をパクった韓国アニメ「宇宙戦艦亀船」
http://05448081.at.webry.info/201107/article_1.html
日韓合作アニメの黒歴史「ガイスターズ」
http://05448081.at.webry.info/201106/article_11.html
中国アニメと日本アニメ 絶対に越えられない壁
https://05448081.at.webry.info/201807/article_9.html
イタリアの少女たちのあこがれ 「アタックNo.1」
https://05448081.at.webry.info/201110/article_7.html
アメリカに野球マンガはない 文春オンライン
http://05448081.at.webry.info/201801/article_15.html
フランス人の好きな日本アニメ1位「聖闘士星矢」
http://05448081.at.webry.info/201801/article_4.html
日本と米国のアニメの違い「テーマと暴力シーン」
http://05448081.at.webry.info/201109/article_26.html
「鉄腕アトム」韓国で復活 商売になるか?

三春町ひき逃げ殺人 死刑を求刑

昨年5月、福島県三春町で清掃ボランティア活動中だった男女2人を、住所不定無職の盛藤吉高被告がトラックではね、死亡させる事件がありました。これは単なる交通事故ではなく、刑務所暮らしに戻りたいと願った盛藤被告が故意にトラックではねた殺人事件です
福島地裁郡山支部での裁判員裁判で、検察は盛藤被告に死刑を求刑しています
まずはその前の公判の模様を伝える報道から引用します


三春町で昨年5月、道路で清掃作業中の男女2人を故意にトラックではねて殺害したなどとして、殺人やひき逃げの罪に問われた本籍伊達市、住所不定、無職盛藤吉高被告(51)の裁判員裁判第2回公判は8日、地裁郡山支部(小野寺健太裁判長)で開かれた。被告人質問で盛藤被告は「社会で生活する自信がなかった。刑務所は衣食住が保証されていて、戻りたかった」と動機を語った。
盛藤被告は出所後、住み込みで働くことが決まっていたが、事件前日の夜に対人関係や仕事、土地勘がないことなどに漠然とした不安を募らせ、刑務所に戻るためにトラックでのひき逃げを思い付いたとした。
事件当日を「縁石などの障害物がない場所を歩く2人連れを探して回った」と振り返り、一定程度の刑期にするために2人組にこだわって無差別にはねたと説明。現場で被害者2人を発見すると、一度通り過ぎてUターンし、徐々にアクセルを踏み込み加速して2人をはねた―と説明した。
争点の殺意の程度を巡っては、弁護側の「殺そうとしたのか」との問いに「そこまで考えていなかった」と回答。改めて確定的な殺意について否定した。
盛藤被告はこの日も、消え入るような声で「そうだったと思う」「ですかね」などの曖昧な回答や沈黙を繰り返した。小野寺裁判長や弁護側から計約40回聞き直されたり「もう少し大きな声で」と注意を受けたりする場面もあった。
(福島民友新聞の記事から引用)


刑務所から出所してわずか2日で「刑務所に戻りたい」との身勝手な考えによる犯行であり、被害者のことなどまったく頭になかったわけです。法廷でのやり取りは記事に書かれている部分しか分からないのですが、受け答えの様子から盛藤被告は知的能力がやや低いのではないか、という気がします
盛藤被告は前科3犯だとする報道もありましたが、よほど刑務所の居心地が良かったのでしょうか?
記事を読む限りは、新しい職場での新しい人間関係を過剰に気にしており、むしろ臆病と言えるほどです
それゆえ、刑務官に指示されるまま刑務作業に従事し、何も考えなくて済む暮らしの方が自分には適している、と思い込んでいた節があるのかもしれません。刑務所に複数回、服役する受刑者の中には、知的障害者やそれに近い人間が存外、多いのが現実です
ただ、これで無期懲役判決が下ったなら、盛藤被告の狙い通りになってしまいます
たとえ死刑判決が下ったとしても、すぐに執行されるわけではなく、10年から20年くらいは死刑囚として拘置所暮らしになります。死刑囚は刑務作業に従事する必要はありませんので、日々食べて寝てを繰り返すのであり、これも盛藤被告の願望に近い生活でしょう
書くまでもないのですが、盛藤被告に被害弁償をするだけの財産はありません。そして被告が刑務所暮らしを望んでいるとなれば、被害者2人の遺族が憤るのも当然です。法廷に立った遺族は極刑を求めています
判決は6月24日に言い渡されます。どのような判決になろうと、救いのない事件です

(関連記事)
三春町ひき逃げ殺人 死刑判決
https://05448081.at.webry.info/202106/article_40.html
大阪心斎橋殺人を考える1 身勝手な動機
大阪心斎橋殺人事件を考える2 磯飛容疑者
大阪心斎橋殺人を考える3 ようやく初公判
大阪心斎橋殺人を考える5 礒飛被告に死刑判決
大阪心斎橋殺人を考える6 高裁で無期懲役に減刑
大阪心斎橋殺人を考える7 検察は上告へ
釧路イオンモールで無差別殺人 犯人を取り押さえる
釧路イオンモール無差別殺人 松橋伸幸容疑者の素顔
イオンモール釧路4人殺傷 松橋被告に2審も無期懲役
新幹線3人殺傷事件を考える 小島被告に無期懲役判決
新幹線3人殺傷事件を考える 殺人の理由は?
新幹線3人殺傷事件を考える 小島一朗容疑者とは
「死刑囚の素顔」と題する本の功罪 ドキュメンタリーの嘘

林真須美死刑囚 再審請求の行方

繰り返し、和歌山カレー事件の林真須美死刑囚による再審請求に言及します
掲示板を見ていると、再審請求が受理されたとの報道を受け、「再審が認められたのだから無罪が確定。日本では再審が認められたら無罪判決が出る」との書き込みがありました
今回は再審の請求を裁判所が受理した、という話であって再審開始が決定したわけではありません。そこを混同している方が少なからずいるようです
再審を開始するかどうか、裁判所が判断するのはこれからであり、まだ何も決まっていない状態です
今回は和歌山カレー事件の取材を続けているノンフィクションライターへのインタビュー動画を紹介します
丹念に取材している人物だというのは分かりますが、会った人物の言い分をそのまま信じ込むのはどうなのか、と思ってしまいます
林真須美に事件を起こす動機はない、との見解をライター氏は堅持しているわけですが、そう決めつけているだけで裏付けるための取材をしないのが不思議です


新作 #7【ノンフィクションライターが見た事件】/林眞須美が冤罪だと思ったきっかけ/不可解な保険金詐欺事件/貴重な証言者/事件当時のずさんな報道/【和歌山毒物カレー事件】


動画を視聴しても、これまでブログに書いてきた自分の疑問はそのままです。冤罪だと最初から決めつけた取材では、見えるものも見えてこないのではないでしょうか?
当時の捜査や取材がずさんなのはその通りでしょう
しかし、三浦和義は和美さん銃撃事件では無罪判決を受けていますが、殴打事件の方は有罪判決が確定し服役しています
そして三浦和義が和歌山カレー事件の真相を知っているはずはなく、単に自身の思い込みで冤罪だと主張しているにすぎません。が、ライター氏はなぜかその主張を信じてしまっています
同じように、林健治が保険金詐欺のため自分でヒ素を飲んだ、との主張をライター氏は疑うことなく信じています。林健治本人が口にしているのだから保険金詐欺事件の真相だ、と決めつけるのは大いに疑問です
林夫妻の間で保険金を騙し取る共謀は一切なかったと言いたいのであれば、疑わざるを得ませんし、林真須美が夫を殺害して保険金を手にしようという企図がなかったとは考えられません。決して円満な夫婦ではなかったのであり、互いに犯罪の証拠を握り合っている共犯関係だったからこそ、表向きは共同歩調を取っていたのでは?
加えて、近隣住人や町内会と林家の対立をなぜライター氏は無視するのでしょうか?
林家は長年、町内会活動に参加せず、夏祭りにも関与しなかったという話があります。ただ、あの年だけカレー鍋の当番を引き受けた、のだとか。が、カレーは食べず夏祭りにも林真須美は顔を出していません
控訴審で林真須美がわざわざ近所の住人2人の名前を挙げ、犯人であると主張したのですが、そこをライター氏が取材しないのも疑問です
一審の和歌山地裁の裁判で林真須美が黙秘を貫いたまま死刑判決を受けていますが、動画の中では「自分の裁判が長引くので夫健治を先に出すためだった」と説明しています。これも過去に報じられた話ですが、自分には不可解に思えます。死刑を求刑される重大事件なのですから、無罪だというなら一審から全力で潔白を証明するのが当然、と思うわけで
最後に林真須美が犯人でないのなら誰の仕業なのか、と問われてライター氏は考え込んでいます。カレー鍋にヒ素を混入させるだけならこどもでも可能な犯行です。こどもであれば、ヒ素の量がどれだけなら死に至るか知らないまま、適当に混入させたとも考えられます。夏祭りにカレーで中毒(下痢や嘔吐は起こすものの誰も死んだりはしない)を仕掛け、内心快哉を叫ぶくらいの軽い動機であったかもしれません
が、前提としてヒ素を手に入れる必要があり、当該地区の家庭で可能だったのかどうか?(林家のこどもが犯人だと断定する意図はありません。あくまで仮定の話です)
農薬としてヒ素を含有する薬剤を自宅に所持している家は珍しくなかった、と報じた記事もありましたが、実際はどうだったのでしょう

(関連記事)
林真須美の長女自殺 家庭内で壮絶な虐待
https://05448081.at.webry.info/202108/article_17.html
林真須美の長女自殺 その後どうなったのか?
林真須美死刑囚の長女 娘を虐待死させたので自殺か?
https://05448081.at.webry.info/202106/article_27.html
林真須美死刑囚の長女 娘を連れて投身自殺
https://05448081.at.webry.info/202106/article_22.html
林真須美死刑囚 再審請求(第二次)を考える
林真須美死刑囚「第三者の犯行と主張」して再審請求
和歌山カレー事件再審請求 大阪高裁も棄却
和歌山カレー事件 「20年目の真実」と称する幻想譚
和歌山カレー事件 林死刑囚に動機はないのか?
和歌山実業家怪死事件に口出す和歌山カレー事件林健治
林眞須美死刑囚の長男が語る「家族」
和歌山毒カレー事件 再審請求を棄却
林眞須美死刑囚長男インタビュー
和歌山カレー事件を冤罪と決め付けるメディア
和歌山毒カレー事件 林真須美冤罪説への疑問
毒入りカレー林真須美の息子と淫行事件
和歌山毒入りカレー事件から15年
毒入りカレー事件 林真須美の再審請求
和歌山毒入りカレー事件の判決を聞いて
和歌山毒入りカレー事件判決 その後
毒入りカレー事件被告を悲劇のヒロインにする「週刊金曜日」
和歌山カレー事件林真須美を支援する人たち
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える1
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える2
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える3

朝乃山処分 飲み歩いたスポニチ記者は解雇

キャバクラ通いが問題になった大関朝乃山について、6場所出場停止の処分が決まったと報じられています
これで大関の地位から陥落し、三段目で再スタートという形になるようです。朝乃山は相撲協会に引退届を出したようですが、現段階では預かりとなっており、番付を下げても力士を続けるよう説得するのでしょう
さて、一方の朝乃山を連れ歩いていたとされるスポーツニッポンの記者はどうなったのでしょうか?


これではどっちもどっちだ。5月場所直前のキャバクラ通いがバレて途中休場した大関朝乃山(27)。当初は協会の調査に「事実無根」とウソをついており、厳罰は免れないだろう。
しかし、朝乃山とキャバクラに同席していたというスポーツ紙記者もある意味では“同罪”だ。今回の不祥事を報道した週刊文春によれば、この記者は「おまえら週刊誌だろ! こっちは素人じゃねえんだよ」と、文春の記者を恫喝。この記者と朝乃山、どちらがキャバクラに誘ったかは定かではないが、大関の放蕩を止めるどころか一緒に遊び歩いていたのだから。
しかも、文春で証言したキャバクラ関係者の話では、飲食の支払いは朝乃山持ちだったという。「この記者だけじゃない。相撲記者の『ごっつぁん体質』は角界でも有名だよ」とは、あるタニマチ筋だ。
「もちろんマトモな記者も多いけど、力士や親方を金づると思っている記者もいる。例えば、取材を通じて知り合った企業の社長などをタニマチとして力士に紹介する。つまり、『世話をしてやっているんだから力士にはおごってもらって当然』と思ってしまう。朝乃山と一緒に遊んだ記者も、以前は貴景勝にべったりで、本場所中も繁華街に連れ回していたという。貴景勝の周囲が『夜遊びばかりしていると成績が下がるぞ』と忠告し、貴景勝もその記者と距離を置くようになったようだ」
(日刊ゲンダイの記事から引用)


別のメディアの記事によれば、諭旨免職処分という形で解雇する方針が固まったのだとか。別段、朝乃山の処分が決まるのを待つ必要などないわけであり、スポーツニッポン新聞社の規定に従ってさっさと処分すればよかったのでは?
いずれにせよ解雇するしか選択肢はないわけで
スポーツニッポン社の説明によれば、「中立・公正な社内調査を行うため外部の弁護士も加わった委員会」を立ち上げて、事実関係の確認と処分
の検討を行ったようです
もちろん、諭旨解雇処分を受ける記者は会見など開かず、ひっそりと退職するのでしょう
今が盛りであるところの大関を引き連れて飲み歩き、潰した責任が記者の退職で見合うとは思えないのですが
スポーツニッポンは大相撲の取材から排除されるペナルティも予想されているそうですが、それが何かの解決策になるわけでもなく、ムダな気がします
怪我から大関に復帰した照ノ富士の例もあるのですから、朝乃山には奮起を期待しましょう

(関連記事)
朝乃山キャバクラ問題 一緒に飲み歩いた新聞記者
立行司の式守伊之助 セクハラで解雇へ
貴乃花問題で池坊保子議長が炎上騒動
相撲界のドタバタ 賭博問題などなど
大相撲 八百長がメールから発覚して大騒ぎ
朝青龍引退もすっきりせず
元横綱朝青龍 M資金詐欺で1億円被害
野球賭博高木京介の巨人復帰は美談なのか?
巨人の福田聡志投手 野球賭博で永久追放か
暴行で書類送検の巨人山口に「処分甘すぎ」との声
暴力事件の巨人山口投手 今季は出場停止処分に
巨人山口投手 泥酔暴行で書類送検
西武ライオンズ相内誠投手 喫煙飲酒発覚で処分
斎藤佑樹(ハンカチ王子)がポルシェをねだって騒動
西武・大久保コーチ解任 「陽気な兄貴」と擁護するコラム
解任されたデーブ大久保への奇妙な同情論
韓国野球選手「活躍出来なかったのは日本の差別のせい」と主張
大阪カラオケパブ殺人 常連客で56歳の容疑者逮捕

林真須美死刑囚 再審請求(第二次)を考える

林真須美死刑囚が弁護人を介して再審請求(2度目)を行った件を昨日、取り上げました
その後の報道で多少なりとも再審請求の中身が伝わってきていますので、考えてみましょう
従来の林真須美死刑囚の弁護人とは別の弁護士が、別の切り口で再審請求を申し立てたと報じられています。再審請求については刑事訴訟法に詳細な規定はない、とのことで別の事由に基づく再審請求であれば何回でも申し立てるられるのだとか(もちろん、同一の主張による再審請求を複数回申し立てても、裁判所がこれを受理しません)
今回の再審請求を請け負った弁護士はベテランの元裁判官なのだそうです


林死刑囚は死刑確定後の09年7月に既に再審請求をしており、再審を認めなかった20年3月の大阪高裁決定を不服として最高裁に特別抗告中だ。
生田弁護士は1970年から22年間、裁判官を務め、大阪高裁判事まで上り詰めたベテラン弁護士。「第三者による犯行は明白で、林死刑囚は無罪」と話す生田弁護士にあらためて話を聞いた。
――なぜ事件の弁護人を引き受けたのですか。
10数年前から毎年のように、林さん(死刑囚)から「弁護人を引き受けてほしい」という手紙が何通も届いていました。しかし、別の案件を抱えていて時間が取れず、ようやく時間が出来た昨年9月ごろ、本人と面会すると、とにかく弁護人を引き受けてほしいと。そこまで言うのであればと、裁判記録などを調べ始めたのがきっかけです。
――「第三者による犯行は明白」というのは、どういう意味でしょうか。
事件の記録を検討したり、各新聞記事を読んだりしました。和歌山地裁の判決文に目を通し、証拠や添付書類を一つ一つ丹念に調べたところ、3人の医師の供述調書などから(少なくとも)3か所において、「第三者の犯行(である可能性)」との結論に至りました。とにかく(証拠調べなどが)酷いとの感想です。
――今後の見通しは。
再審事件は細かな規定がなく、(今のところ)どうなるかは分かりません。
この事件をめぐっては、当時から「物証に乏しく、動機も曖昧」などと言われてきた。
毒物鑑定を担当した和歌山県警科捜研は当初、原因毒物を「青酸化合物」と誤鑑定。後に警察庁科学警察研究所(科警研)が「ヒ素」と特定するなど混乱が起きている。さらに、和歌山県警科捜研では2012年に男性主任研究員による鑑定結果の「捏造事件」が発覚。林死刑囚の裁判でも、弁護人が「鑑定資料の収集、保管の過程がずさんで不透明」「保管や受け渡しの際の状況が、写真などの客観的証拠で保全されていない」と捜査の不手際を批判していた。
今後の展開に注目だ。
(日刊ゲンダイの記事から引用)


第三者による犯行であると立証できる根拠は明確ではありません。せいぜい、林死刑囚の犯行と断定するには(複数の証拠に)疑いがある、といったところでしょうか?
最近の大学の法学部の講義内容は分かりませんが、以前は「一点でも疑わしいところがあれば死刑判決は回避すべきだ」とか「疑わしきは被告人の利益に」などなど、刑法や刑事訴訟法の講義では教えていましたし、冤罪事件を取り上げて問題点を指摘する講義もありました
そのためか、「冤罪」との表現に過敏に反応し、「善良な一般市民がある日突然殺人犯に仕立てられ、死刑判決を受ける」といったドラマチックな展開をイメージする人がいます
ただし、林真須美は夫林健治と共謀し、生命保険金を騙し取る犯行を繰り返した人物であり、善良な一般市民とは言い難い人物です
事件は町内の夏祭りで起きたのであり、地域住民でない人物がフラリと立ち寄って毒物をカレーに混入させる可能性は皆無でしょう(カレー鍋は町内の当番の人が順繰りに見ていた)。監視の目が離れた時間があったにせよ、その機会を伺って行動するのは容易ではありませんし、余所者がカレー鍋の近くにいたら目立ちます
よって、カレー鍋の当番になっていた家の誰か、による犯行と推測されます。そして夏祭りのカレーを食べなかった家、というのが林家です
状況証拠といえばそれまでですが、決して証拠のない事件ではありませんし、犯行動機に関しても昨日書いたように林真須美には周囲の人たちを中毒にして憂さ晴らしをしよう(必ずしも殺害する意図はなかった)と思い立つだけの理由があります
せっかくの再審請求ですが、林真須美を犯人だと推定できるだけの根拠を否定し、第三者の犯行だと主張するには不十分だろうと思います
夏祭りの日、林真須美はどうしてこどもたちにカレーは食べるなと命じ、カラオケへ出かけたのでしょうか?
通常なら義理でも、夏祭りに顔を出すくらいはするでしょう。そうしなかったのは町内の人たちと反目していたからでは?
有罪判断の材料となった証拠に疑問を投げかけるのはよいとしても、状況証拠を覆せるだけの主張ができるのか疑問です

(関連記事)
林真須美の長女自殺 家庭内で壮絶な虐待
https://05448081.at.webry.info/202108/article_17.html
林真須美の長女自殺 その後どうなったのか?
https://05448081.at.webry.info/202108/article_9.html
林真須美死刑囚の長女 娘を虐待死させたので自殺か?
https://05448081.at.webry.info/202106/article_27.html
林真須美死刑囚の長女 娘を連れて投身自殺
林真須美死刑囚 再審請求の行方
https://05448081.at.webry.info/202106/article_19.html
林真須美死刑囚「第三者の犯行と主張」して再審請求
和歌山カレー事件再審請求 大阪高裁も棄却
和歌山カレー事件 「20年目の真実」と称する幻想譚
和歌山カレー事件 林死刑囚に動機はないのか?
和歌山実業家怪死事件に口出す和歌山カレー事件林健治
林眞須美死刑囚の長男が語る「家族」
和歌山毒カレー事件 再審請求を棄却
林眞須美死刑囚長男インタビュー
和歌山カレー事件を冤罪と決め付けるメディア
和歌山毒カレー事件 林真須美冤罪説への疑問
毒入りカレー林真須美の息子と淫行事件
和歌山毒入りカレー事件から15年
毒入りカレー事件 林真須美の再審請求
和歌山毒入りカレー事件の判決を聞いて
和歌山毒入りカレー事件判決 その後
毒入りカレー事件被告を悲劇のヒロインにする「週刊金曜日」
和歌山カレー事件林真須美を支援する人たち
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える1
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える2
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える3

林真須美死刑囚「第三者の犯行と主張」して再審請求

和歌山毒入りカレー事件で死刑判決が確定している林真須美死刑囚の弁護人が、「犯行は第三者によるものだ」とし再審請求を起こしたと報じられています
有罪の決め手とされたヒ素の鑑定に問題があるとして既に再審請求を行ったものの、和歌山地裁、大阪高裁で敗訴しています。
今回はそれとは別に、「第三者による犯行である証拠を発見した」との事由による再審請求ですが、いまのところは共同通信の報道を各メディアが受け売りしているだけで、どのような証拠なのか不明です


1998年に和歌山市で4人が死亡した毒物カレー事件で、殺人罪などで2009年に死刑が確定した林真須美死刑囚(59)の弁護人を務める生田暉雄弁護士は9日、和歌山地裁に新たに再審請求を申し立てたと明らかにした。5月31日付。「第三者による犯行は明白で、林死刑囚は無罪」と主張している。
林死刑囚は死刑確定後の09年7月に既に再審請求をしており、再審を認めなかった20年3月の大阪高裁決定を不服として最高裁に特別抗告中。生田弁護士は「異なる申し立ての理由があれば、さらに再審請求できる」と説明している。
生田弁護士は「無罪とするべき明らかな新証拠を発見した」と主張。
(共同通信の記事から引用)


裁判の経緯をご存じない方が、早々にニュースサイトに「やはり冤罪だったのか」などとコメントを書き込んでいます。が、第三者による犯行だとする決め手の証拠が明かされてもいない段階で「冤罪」と決めつけるのは早とちりでしょう
林真須美死刑囚は最初の裁判(和歌山地方裁判所)で黙秘を貫き、「やった」とも「やっていない」とも表明していません
これが本人の意志で黙秘したのか、法廷戦術として弁護人に促された結果なのか、判然としません。無罪であるなら一審から積極的に無罪を主張するべきだったのでは?
一審では黙秘したまま死刑判決が言い渡され、二審の大阪高裁では「第三者による犯行だ」と言い出し、近所に住んでいた主婦2人を名指しします。1人の主婦は臨床検査会社にパートで勤務しており、試薬としてヒ素を扱える立場にあった、というのが林死刑囚の言い分でした。もう1人はシロアリ駆除を依頼したことのある主婦で、これもヒ素を手に入れることが可能だったと林真須美は主張していました
が、名指しされた2人については犯行に関与していないと判断され、林被告の死刑判決はゆるぎませんでした
今回の「第三者による犯行」との主張を聞いて、またこの主婦2人を真犯人だと告発するのかと思ったりします。だとすれば言いがかりでしょう
林真須美冤罪説には、「犯行動機がない」との主張が含まれているのですが、自分にはそうは思えません。林真須美は激情家であり、近隣の主婦たちとトラブルを繰り返していたとの話もあります。上記のように近所に住む主婦2人を真犯人だと名指しした経緯を見れば、何らかの恨みつらみを抱いていたのではないか、と言いたくなります。近隣の主婦たちへの報復として祭で提供されるカレーに毒物を混入させ、集団食中毒を引き起こして溜飲を下げる、という狙いがあったのではないでしょうか?
ただし、混入させるヒ素の量がどの程度で人が死ぬのか知識はなく、考えもしなかった(自分が疑われることはないと思い込んでいた)のかもしれません。だからといって殺意はなかったとは言えず、未必の故意があり、死んでも構わないと適当な量のヒ素を混入させた…というのが自分の見立てです(あくまでも個人の推測です)
再審請求の中身(第三者による犯行だと示す証拠)が明らかになるのを待って、再び取り上げます

(関連記事)
林真須美の長女自殺 家庭内で壮絶な虐待
https://05448081.at.webry.info/202108/article_17.html
林真須美の長女自殺 その後どうなったのか?
https://05448081.at.webry.info/202108/article_9.html
林真須美死刑囚の長女 娘を虐待死させたので自殺か?
https://05448081.at.webry.info/202106/article_27.html
林真須美死刑囚の長女 娘を連れて投身自殺
林真須美死刑囚 再審請求の行方
林真須美死刑囚 再審請求(第二次)を考える
和歌山カレー事件再審請求 大阪高裁も棄却
和歌山カレー事件 「20年目の真実」と称する幻想譚
和歌山カレー事件 林死刑囚に動機はないのか?
和歌山実業家怪死事件に口出す和歌山カレー事件林健治
林眞須美死刑囚の長男が語る「家族」
和歌山毒カレー事件 再審請求を棄却
林眞須美死刑囚長男インタビュー
和歌山カレー事件を冤罪と決め付けるメディア
和歌山毒カレー事件 林真須美冤罪説への疑問
毒入りカレー林真須美の息子と淫行事件
和歌山毒入りカレー事件から15年
毒入りカレー事件 林真須美の再審請求
和歌山毒入りカレー事件の判決を聞いて
和歌山毒入りカレー事件判決 その後
毒入りカレー事件被告を悲劇のヒロインにする「週刊金曜日」
和歌山カレー事件林真須美を支援する人たち
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える1
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える2
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える3

14歳養女強姦事件を考える3 差し戻し審で有罪判決

この事件は2018年、当時14歳で知的障害のある養女と自宅で性交し、監護者性交等罪に問われた被告である養父(38)に対し、福岡地裁が無罪判決を言い渡したものです
当時、性犯罪事件の裁判で、「性交をはっきりと拒絶したという証拠がない」といった理由で、「被害者が暗に同意していたと被告が理解したのは当然であり、無罪とする」判決が相次いでいました
明確に性交に同意した証拠があるというのなら理解できますが、明確に性交を拒絶した証拠がないから無罪にするという、バカげた判断をする裁判官が幾人もいたわけで、呆れ返ったものです
特に福岡地裁の原判決では、知的障害のある被害者の証言を信憑性がないと切り捨てており、体に残る傷跡でさえ「別の要因でできた傷である可能性を排除できない」と断じるなど、問題だらけの内容でした。勇気を振り絞り、懸命に被害を訴えた女性の言い分(知的な障害があるため言葉は足りず、表現が稚拙であったにせよ)を、ここまで否定できるものかと判決内容を伝える報道を見て悲しくなったものです
ようやくにして差し戻し審議となった福岡地裁の判決で、被告である養父に懲役7年の実刑判決が言い渡されています。当然、差し戻し審なので、最初に無罪判決を言い渡した福岡地裁の裁判官とは別の人間が担当しています


14歳の養女に対する監護者性交の罪に問われ、1審の無罪判決が破棄された男性被告(39)の差し戻し審で、福岡地裁(柴田寿宏裁判長)は9日、懲役7年(求刑懲役9年)の判決を言い渡した。
公判では養女の証言の信用性が争点となった。差し戻し前の令和元年7月の地裁判決は「多くは誘導尋問に応じておおまかな内容を述べるにとどまり、具体性や迫真性がない」と指摘し、無罪とした。
福岡高裁は2年3月の判決で、性犯罪の被害者は後遺症の影響でうまく証言できないことがあると指摘。1審の審理が「被害者の特性を十分踏まえる配慮に欠けていた」として無罪を破棄し、差し戻した。被告が上告したが最高裁で棄却され、高裁判決が確定。地裁で審理をやり直していた。
(産経新聞の記事から引用)


原判決ではインフルエンザで臥せっていた被害者を被告が強姦したとの訴えを、「インフルエンザに感染する危険があるのに強姦されたとの言い分は不合理」と決めつけています。いつもは家族が1つの部屋で寝ている状態であったものが、インフルエンザであったため被害者だけ別の部屋で寝ており、家族の目が届かないのを機会として被告が強姦に及んだ、と考えられるのですが、裁判官には理解できなかったようです
原判決の問題点は当ブログの「14歳養女強姦事件を考える1 被害者証言は曖昧無罪判決」で指摘していますので、関心のある方はそちらも読んでいただければ幸いです
2018年から19年にかけて相次いだ、性犯罪事件の不可解な判決がいくつか訂正されたのであり、多少なりともすっきりしました。

(関連記事)
14歳養女強姦事件を考える2 無罪判決を破棄し差戻し
14歳養女強姦事件を考える1 被害者証言は曖昧無罪判決
義理に娘(女児)に猥褻行為 兵庫の元校長に懲役6年求刑
https://05448081.at.webry.info/202106/article_31.html
静岡養女強姦事件 懲役7年判決
https://05448081.at.webry.info/202109/article_20.html
徳島で孫娘2人を強姦した祖父 懲役8年の判決
娘への性的暴行で懲役6年判決 福島
実の娘と強制性交 控訴審判決の骨子
実の娘と強制性交 控訴審で逆転有罪判決懲役10年
実の娘と強制性交して無罪 近親相姦罪がない日本
実の娘と強制性交でも無罪 控訴審始まる
実の娘と強制性交も無罪の判決
娘を性的暴行した父親に懲役に懲役4年の判決
強制わいせつ被害 10歳の訴えを「告訴能力なし」と否定
12歳娘を強姦 控訴審で逆転有罪判決
知人の娘(小学生)に性暴行 52歳の男を逮捕
知人の娘(小学生)に性暴行 荒木容疑者を再逮捕
https://05448081.at.webry.info/202106/article_34.html
義理の娘に性暴力で懲役11年 千葉
再婚相手の娘に性暴行 懲役18年の厳罰
女子中学生にわいせつ行為で里親起訴 高知
高畑裕太不起訴 弁護士は「そもそも事件性なかった」発言
高畑裕太事件で「被害者女性の問題」を書く週刊誌
俳優小出恵介 未成年者と淫行の波紋
女子児童5人を強姦し懲役20年 鬼畜教師
小学生に覚醒剤を打ち淫行、懲役23年の判決
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 行政の稚拙な対応
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 虐待する父親
家出を繰り返す少女
伊藤詩織さん強姦事件 山口敬之記者は民事で敗訴
伊藤詩織さん強姦事件 山口記者擁護者の右往左往
酔った女性を強姦 最高裁も逆転有罪判決支持
「14歳と性交で逮捕は不当」発言 立民党本多平直議員
「14歳と性交で逮捕は不当」 本多議員の歪んだ性意識
「14歳と性交で逮捕は不当」 性犯罪オヤジの言い分

「14歳と性交で逮捕は不当」発言 立民党本多平直議員

性犯罪の取締範囲を広げ、未成年者を保護するための施策を検討する立憲民主党のワーキングチームの会合で、不適切な発言をした人物が衆議院議員の本多平直であると判明しました
「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と言い出し、恋愛関係なのに犯罪として摘発するのはいかがなものか、と主張したものです。当初、立憲民主党はワーキングチームの誰がこのトンデモ発言をしたのか伏せており、明らかにしませんでした


立憲民主党の性犯罪刑法改正のワーキングチーム(WT)での「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」との発言に関し、本多平直衆院議員と福山哲郎幹事長が7日夜に発表したコメントは以下の通り。
本多氏「今回、党内での会議の一部の発言が報道されるに至りましたが、趣旨において私の理解が足りていない、また報道によって傷つく方がいるとのご批判は当然と考えます。真摯(しんし)に反省をし、認識を深めていきます。
性犯罪に関する刑法改正に関して、私は、一方当事者が少なくとも中学生までの低年齢で、他方当事者が成人である場合、両者の間に対等性はなく性搾取となっている実態を踏まえ、低年齢当事者を保護するために成人を処罰対象とすることの必要性を認識しています。
刑事処罰の議論では、限界事例についての検討や、特異な例外事例の存在など緻密な検討が必要だと考えました。しかしながら、私の発言は、例外事例としても不適切であり、おわびして撤回いたします。誠に申し訳ありませんでした」
福山氏「本多平直衆議院議員の党内会議における発言について、事実関係を調査・確認したうえで、本日、幹事長から本多平直衆議院議員に対して、厳重に口頭注意した」
(産経新聞の記事から引用)


前提として、「性的同意年齢が13歳以上」になっている日本の問題を確認願います
13歳以下のこどもが性犯罪の被害に遭うケースが年間に1000件を越えており、その44%は学校で被害に遭っています
教師が悪いと断定するわけにはいかないものの、教師が児童・生徒に手を出すケースが多いのは事実であり、学校現場での意識改革が求められます

13歳がまだ性的同意年齢の日本…学校での性暴力の現実は

それを踏まえた上で本多議員の発言を眺めれば、批判が挙がるのは当然でしょう。まさに援交オヤジの屁理屈そのものです
日刊スポーツの記事を以下、引用します。上智大学の中野晃一教授は、「あまりに低レベルな認識が問題。党として処分を科すべき」と指摘しています。身内に甘い立憲民主党に、本多議員を処分できるとは思えませんし、本多議員はかつて枝野代表の秘書だったという関係もあるため、有耶無耶にして終わりでしょう


児童虐待問題に取り組んでいるエッセイスト犬山紙子氏(39)らが、成人と中学生の性行為について「たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」という趣旨の発言をしたと報じられた、立憲民主党の本多平直衆院議員(56)を批判した。
犬山氏は8日、ツイッターを更新。本多議員が先月10日に開かれた「性犯罪刑法改正に関するワーキングチーム」などで発言した内容を報じた記事を貼り付け、「子どもの権利も守られていない現状で性的同意だけ子どもに大人ばりの責任を背負わせてどうするの。成人が子どもと性行為するのはダメ、子どもから誘われてもダメ、それがなぜ複数反対されて結論がまとまらないって。心底がっかりしています」とした。
また、元「2ちゃんねる」管理人として知られる「ひろゆき」こと西村博之氏(44)は、「同意があっても、捕まって刑務所に入るべきだと思います。近所にいて欲しくないでしょ、、こんな人」と私見を述べた。政治学者で上智大教授の中野晃一氏は「立憲民主党は、本多平直議員のことちゃんと処分しないとダメだと思いますよ。こんなレベルの認識では国会議員は務まらない」とし、「自由な議論とかで言い繕える話ではなく、あまりにレベルの低い認識が問題」などとコメントした。
(日刊スポーツの記事から引用)


もちろん、性犯罪者は年齢などお構いなしに手を出すのであり、13歳と14歳で被害者を選り分けたりなどしません
だからこそ、より幅広く少年も少女も性犯罪被害に遭わないよう保護する施策が必要です
立法府である国会の議員が、「同意したんだからこどもとセックスしても問題ないだろう」などと開き直るのは許せないのです

(関連記事)
「14歳と性交で逮捕は不当」 本多議員「少女が誘う場合もある」
https://05448081.at.webry.info/202107/article_46.html
「14歳と性交で逮捕は不当」 本多議員の不満爆発
https://05448081.at.webry.info/202107/article_42.html
「14歳と性交で逮捕は不当」 性犯罪オヤジの言い分
https://05448081.at.webry.info/202107/article_5.html
「14歳と性交で逮捕は不当」 本多議員の歪んだ性意識
義理に娘(女児)に猥褻行為 兵庫の元校長に懲役6年求刑
https://05448081.at.webry.info/202106/article_31.html
義理の娘(女児)に猥褻行為 元校長に懲役4年6月判決
https://05448081.at.webry.info/202108/article_10.html
実の娘と強制性交して無罪 近親相姦罪がない日本
実の娘と強制性交 控訴審判決の骨子
実の娘と強制性交 控訴審で逆転有罪判決懲役10年
実の娘と強制性交でも無罪 控訴審始まる
実の娘と強制性交も無罪の判決
義理の娘に性暴力で懲役11年 千葉
娘への性的暴行で懲役6年判決 福島
徳島で孫娘2人を強姦した祖父 懲役8年の判決
14歳養女強姦事件を考える1 被害者証言は曖昧無罪判決
14歳養女強姦事件を考える2 無罪判決を破棄し差戻し
14歳養女強姦事件を考える3 差し戻し審で有罪判決
娘を性的暴行した父親に懲役に懲役4年の判決
12歳娘を強姦 控訴審で逆転有罪判決
再婚相手の娘に性暴行 懲役18年の厳罰
知人の娘(小学生)に性暴行 荒木容疑者を再逮捕
https://05448081.at.webry.info/202106/article_34.html
女子中学生にわいせつ行為で里親起訴 高知
高畑裕太不起訴 弁護士は「そもそも事件性なかった」発言
高畑裕太事件で「被害者女性の問題」を書く週刊誌
俳優小出恵介 未成年者と淫行の波紋
女子児童5人を強姦し懲役20年 鬼畜教師
大阪小学校講師 児童12人にわいせつ行為で懲役5年6月
わいせつ教師に懲役30年の判決
児童養護施設で女児強姦逮捕 神奈川

男児に猥褻の保育士橋本晃典 8回目の逮捕

タイトルには8回目の逮捕と書きましたが、実のところ何度目の逮捕になるのかよく分かりません。前回、当ブログで橋本晃典の逮捕を取り上げた時が7回目でしたので、今回は8回目と書きました。既に複数回逮捕され、起訴もされ、東京地裁で公判が始まっていたのですが、その後も以下の記事にある余罪が発覚し、逮捕された状態です
男児へわいせつ行為を行っている動画が多数発見されてはいるのでしょうが、被害者特定に時間がかかっているのと、橋本被告が犯行の自供を渋っているため、いつまで経っても捜査が終結しないものと推測されます
下記の記事は今年1月のものです。広島県内でも複数の犯行を重ねていたようです


男児にわいせつ行為の疑い、キャンプボランティアの男逮捕
キャンプにボランティアスタッフとして参加し、男児にいかがわしい行為をしたなどとして広島県警捜査1課と広島南署などは26日、住所不定、無職橋本晃典容疑者(29)を強制性交と強制わいせつ、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで逮捕した。
逮捕容疑は2019年6月、広島市でのキャンプに参加していた当時10歳未満の小学生男児が13歳未満と知りながら、会場内で下半身を触るなどのわいせつ行為をし、その様子を撮影して保存した疑い。同課によると黙秘しているという。
キャンプには、主催団体の募集に応じて県外から参加。男児の保護者が県警に相談して容疑が浮上した。県内では同様の被害届が複数出ており、関連を調べる。橋本容疑者はベビーシッターとしての派遣先で男児にいかがわしい行為をしたなどとして警視庁や神奈川県警に強制わいせつ容疑などで逮捕されている。
(中国新聞の記事から引用)


性犯罪者の中には自身の犯行記録をメモしている人物もいますが、例外でしょう。最近は動画の撮影をする性犯罪者もいて、動画が犯行記録の代替になっているのかもしれません。動画を残すのは自身の犯行を繰り返し鑑賞し、反芻して楽しむ狙いがあると考えられますし、売買したり交換する者もいます
さて、この件を取り上げた狙いはここからです
被害者とその保護者は被害届を出すかどうか、躊躇したと思われます。「黙っていれば大事にならない」と考えたり、被害を他人に知られたくないとの気持ちもあるのでしょう。しかし、悪質な性犯罪者を許さないためにも、被害届を出すのが最善策です。それによって新たな被害を防げるのですから
ただ、こどもの性犯罪被害を心配するあまり、親が必要以上に神経質になり、パニックを起こす事態もあり得ますので注意が必要です
マクマーティン保育園裁判
その最悪の事例が1980年代半ばからアメリカ社会を騒がせたマクマーティン保育園裁判です
保育園に通っていたこどもの肛門の周囲が腫れているのを気にした母親が、保育園関係者を性的虐待で告発した事件です。こどもは保育園での性的虐待を否定し、自分の父親による犯行を示唆したのですが無視されました
その後、「ウチの子どもも被害にあった」との訴えが相次ぎ、結果として360人もの被害が判明したものの、物証はまったくありませんでした。メディアも大々的に事件を報道したのですが、幕切れはあっけないものでした
被害を調査する段階で幼児に対しさまざまな誘導尋問が繰り返され、性行為を暗示するビデオを視聴させ、偽の被害記憶を植え付けてしまっていたことが再調査の結果判明したのです
ただ、保育園関係者は逮捕され、起訴され、長い裁判を経てようやく無罪になったのであり、その間も悪魔崇拝者だの児童性愛者だのと非難を浴び続けたのですから心労は相当のものだったと思われます
最初に被害を告発した母親は統合失調症による妄想があったのではないか、と推測されています。しかも裁判が続く中、アルコール中毒によって死亡しています
アメリカでは「現代の魔女狩りだった」と評される事件です。センセーショナルな報道に煽られ、全米各地で確証もないまま母親たちが次々と保育所や学校で自分のこどもが性犯罪の被害に遭ったと訴え出て、社会をパニックに陥れたのであり、笑い話で済む事態ではありません
幼児への性被害や虐待被害の確認がいかに難しいか、という問題を提起した事件でもあります
関心のある方はマクマーティン保育園裁判で検索してください。Wikipediaなど、事件を紹介したサイトが見つかります

(関連記事)
男児に猥褻繰り返した橋本晃典被告 初公判
男児に猥褻のベビーシッター橋本晃典 7回目の逮捕
男児に猥褻のベビーシッター逮捕 余罪複数
園児にわいせつ行為 保育士に懲役10年判決
わいせつ保育士対策 規制強化と言うけど…
https://05448081.at.webry.info/202111/article_32.html
男性保育士が働ける環境を考える
夜間託児所で強制性交 アルバイト学生逮捕
保育園児にわいせつ 千葉の保育士に懲役6年
性犯罪の温床 キッズラインは改革できるか?
ベビーシッター殺人控訴審 一審の懲役26年を支持
ベビーシッター殺人控訴審 物袋被告の歪んだ性欲
ベビーシッター殺人控訴審 小児性愛ではないと主張
ベビーシッター殺人 懲役26年の判決
ベビーシッター殺人 無期懲役求刑
ベビーシッタ-殺人 ペニスに執着したペドフェリア
平塚の猥褻保育士 児童ポルノ法違反で懲役15年
平塚の猥褻保育士 乳児暴行死は否認
平塚猥褻保育士 乳児暴行死で懲役10年判決
児童養護施設職員が男児に強制性交で懲役8年
児童相談所非常勤職員21歳 わいせつ行為で逮捕
児童養護施設職員が強制性交容疑で逮捕 福岡
女児誘拐殺人犯小林薫 死刑執行

日立母子6人殺害を考える 無罪主張と処刑願望と

重大事件を起こした拘置中の被告人にメディア関係者が面会したり、手紙を出して手記をものにしようと試みるのは毎度の話です。そのため現金を支払うメディアもあります。是非を論じたところで仕方がないのであり、メディアの側にすれば取材のための経費、という感覚なのでしょう
ただし、刑事被告人の書く手記を読んで、「ああ、これが真実か。巷で報道されているのとは随分違う。被告も血の通っている人間だったのだな」と思う人がどれだけいるのかは疑問です
被告は裁判を控え、少しでも刑罰が軽くなることを欲しており、ましてや死刑に問われるかもしれない事件ともなれば手記の形を借りて自己弁護に終始するのも珍しくはありません
「新潮45」2018年4月号に掲載された日立母子6人殺害犯、小松被告の手記がデイリー新潮のサイトで再掲されていますので取り上げます
2018年のこの手記の時点で小松被告は死刑に成ることを望む、と書いています


【無罪主張】日立妻子6人殺害の父親が寄せていた手記 「私はなぜ家族を殺めたのか」
妻子と同じ方法で処刑されることを望みます
昨年(2017年)10月に逮捕された直後は、なぜ私だけ死にきれずに生きているのだろうか、どうにか死ねないものかと、留置場で考えるばかりでした。毎日、県警一課の刑事さんから調べを受け、私はケガをしていたので(編集部注・筆者はやけどの他、手に傷を負うなどしていた)、警察署から車で北へ15分の病院に連れて行ってもらっていました。
道順は看守さん次第で、大通りを使う人もいれば裏道を使う人もいます。裏道を使うと、子供たちが通っていた保育園や妻が勤めていた病院……一度だけ妻の実家の前を通った時は、手錠をされた手を必死に合わせ、目をつぶっておりました。正直、実感がなくて、心のどこかで、皆あのアパートにいるのではないかなどと考えていました。そう思わないととても生きていられない、というのが本音だったのかもしれません。
実況見分も行いましたが、記憶が欠落している箇所があり、歯痒い思いでいっぱいでした。刑事さんに「良い思い出のまま、思い出さないほうが幸せということもある」と言われ、改めて自分の罪に気付かされました。すべてをきちんと、逃げずに受け止めなければと、今は考えています。
起床後就寝前の2回、鉄格子越しに磨りガラスに向かって手を合わせ、日中に般若心経を写経しています。写経は12月の、娘の誕生日から始めました。これ以外に私にできることは、一日も早く死刑判決を受け、執行されることだけです。現在の死刑は絞首刑ですが、私が妻や子供たちにしてしまったのと同じようにして、処刑されることを望みます。
私が死刑になっても、遺族に対しては何の償いにもならないとわかっています。謝罪の手紙を書こうと便箋を手にしたこともありましたが、私から手紙が行けば余計に傷付けてしまうと思い、止めました。後悔していると、私が言ってもいいのか? 反省している、そんな言葉を使う権利が私にあるのか? 何をもって償ったと言えるのか、誰か教えて下さい。これが本音です。
裁判で争う気持ちはありません。残された時間、知識を吸収し、考え、ほんの少しでもよいから真人間になりたい。この33年の人生で、私は何を思い、何を考え生きてきたのか、見つめたい。
もし許されるなら一度だけ、一瞬でもいいから、墓前で手を合わせたいと願うばかりです。
(以下、略)

この手記を発表した後、2018年11月に小松被告は高血圧の持病のため心肺停止状態となり、脳に障害をおって事件前後の記憶を喪失しています。なので、脳障害を負うの前には妻子殺害を認め、死にきれなかった自分を責め、死刑になる覚悟を手記の中で表明していたわけです
しかし、初公判では無罪を主張していますので、死刑を覚悟した気持ちも記憶とともに失ってしまったのでしょうか?
あるいは弁護士が、「記憶障害で死刑判決を受けるのはおかしい。無罪を勝ち取ってみせますよ」と吹き込んだのか?
今後の裁判の被告人質問の中で、心境の変化について明らかにされる部分もあるのでしょう
上記の手記は大部分を省略して引用しました。省略した部分では妻やこどもを気遣う内容が連綿と書き綴られています。しかし、パチンコに狂って就労しようともせず、借金まみれの暮らしをしていた小松被告に、本当に妻子を思いやる心遣いがあったのかは大いに疑問です

(関連記事)
日立母子殺害を考える 小松被告に死刑判決
https://05448081.at.webry.info/202106/article_50.html
日立母子殺害を考える 死刑求刑
https://05448081.at.webry.info/202106/article_29.html
日立母子6人殺害を考える 初公判で無罪主張
日立母子6人殺害を考える 初公判目前
日立市母子6人殺害を考える 記憶喪失で無罪?
日立市母子6人殺害を考える 犯行の背景は離婚話?
日立市母子6人殺害を考える 小松博文容疑者とは
福岡母子3人殺害事件を考える 夫の警察官を逮捕
福岡母子3人殺害事件を考える 中田容疑者黙秘
福岡母子3人殺害事件を考える 初公判で無罪主張
福岡母子3人殺害事件を考える 死刑判決
神戸5人殺傷事件を考える 逮捕後は黙秘
豊川引き篭もり殺人を考える1 対処法の問題
豊川引き篭もり殺人を考える8 懲役30年の判決
淡路島5人殺害事件 平野被告に死刑判決
山口連続殺人事件を考える 集落全体に恨みか 
山口連続殺人事件を考える 「八つ墓村」と書くメディア
山口5人殺害事件 死刑判決
障害者施設19人殺害 植松聖容疑者逮捕
老人ホーム3人転落死 今井容疑者は自己愛障害?
死刑執行 4人殺害で再審請求中の西川正勝
甲府放火殺人 19歳少年を逮捕
「記憶がない」は通用せず 塩尻女性強姦殺人

茨城一家殺害事件を考える 酒鬼薔薇事件と似てる?

凶悪事件は起きた際、メディアはこれを前例となる事件と比較し、共通点を探し出して関連付けようとします。例えば茨城一家殺害事件を「第2の酒鬼薔薇事件」と名付けるように
そうした表現の方がすんなり人々の頭に浸透しますし、関連付けて連想し、解釈できるからなのでしょう
しかし、安易に「第2の◯◯事件」と決めつけるのは結果として事件を読み違え、誤った解釈をしてしまう危険がつきまといます
茨城一家殺害事件を自分は「第2の酒鬼薔薇事件」であるとは思いません。理由は簡単で、岡庭由征容疑者は十代で通り魔事件を起こして医療少年院に収容された後に本件を起こしていますが、酒鬼薔薇聖斗は医療少年院を出た後も事件を起こしていないからです。なのでこの2人には大きな相違点があると考えなければなりません
「東洋経済」のウェブサイトには事件の共通点だけに注目し、あの事件とこの事件は似ている、同じだと安直に決めつける記事が掲載されています。共通点だけ見て相違点は無視する、という態度はまるっきりの素人でしょう
現代思想の構造主義や現象学をかじった人間ならば、事件ごとの差異にこそ注目すべき、との見方ができるはずです
「東洋経済」掲載の記事は長文なので、一部のみ引用させてもらいます。全文を読みたい方は以下のサイトへアクセス願います


茨城一家殺傷事件は「第2の酒鬼薔薇事件」なのか
16歳のときに殺人未遂罪など13の罪で起訴
岡庭容疑者は、高校2年生の16歳だったちょうど10年前に「連続通り魔事件」を起こしている。2011年11月18日、三郷市の路上で中学3年生の女子生徒のあごを包丁で突き刺して怪我を負わせ、2週間後の12月1日には隣接する松戸市の路上で小学2年生の女児の脇腹など数カ所を刺して重傷を負わせている。岡庭容疑者はこのときに、こう供述していた。
「人を殺してみたかった」
それ以前から身近にいる小動物の虐待を繰り返し、高校にネコの生首を持ち込んで騒ぎになったこともあった。それだけではなく、三郷市内の自動車やバイクに放火を繰り返していた。岡庭容疑者は、通り魔事件で逮捕されると、家裁から検察に逆送され、2件の殺人未遂罪のほかに、放火やネコ2匹を殺したという動物愛護法違反などを合わせて、13の罪で起訴されている。
それですぐに思い浮かぶのが、神戸連続児童殺傷事件、俗にいう「酒鬼薔薇事件」だ。
1997年5月27日早朝、神戸市須磨区の中学校の正門に、切断された子どもの頭部が放置されているのが発見された。3日前から行方不明になっていた近隣に住む11歳の男児のものだった。
耳まで切り裂かれた口には、「酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)」と名乗る犯行声明文が挟まれていた。それだけでも衝撃だったが、1カ月後の6月28日に容疑者として逮捕されたのが当時14歳の少年だったことは、日本中を震撼させた。
さらに少年は児童を殺害する以前の同年2月1日には須磨区の路上で女児2人をショックレス・ハンマーで殴り、1人に重傷を負わせていた。翌3月16日には、須磨区の公園で当時小学4年生の女児を金槌で殴って殺害。その直後に、別の小学4年生の女児の腹部を刃渡り約13センチの小刀で刺して重傷を負わせている。
それ以前の小学5年生くらいから、カエルなどの解剖をはじめ、その対象が次第にネコに移っていった。それがやがて人間へと辿り着く。のちに家庭裁判所の医療少年院送致決定の中でも、「ネコ殺しの欲動が人に対する攻撃衝動に発展した」と指摘されていた。まさに、岡庭容疑者を彷彿とさせる。
岡庭容疑者は精神鑑定で「広汎性発達障害」と診断され、医療少年院に送られることになった。その少年院を出所した翌年に、今回の事件を引き起こしている。
(中略)
ただし、それぞれの事件当時には「広汎性発達障害」「アスペルガー症候群」と診断されていたが、現在はそのような呼び方はない。
というのも、日本の精神医学は米国精神医学会がまとめた精神障害や疾患の診断基準「DSM」に基づくが、2013年に改訂した「DSM‐5」から、これらはすべて「自閉症スペクトラム障害(ASD)」にまとめられ、その診断名は消えたからだ。
このASDに「注意欠如・多動性障害(ADHD)」、「学習障害(LD)」を加えた3つが、今では「発達障害」とされる。ちなみに、神戸の少年は中学時代に受診先でADHDの疑いと診断されていた。
(以下、略)


ナイフで人を刺す行為がそれぞれの事件で共通していたとしても、そこに込められた意味は異なる可能性もあります。酒鬼薔薇聖斗の神戸家裁判決文は「文藝春秋」に掲載され、自分も読みました。しかし、岡庭容疑者の判決文を自分は読んでいないので、比較・検討はできていません
どなたか、両者の事件について詳細な比較検討をしていただけると大いに参考になるのですが
さて、少年院や刑務所では犯罪種類別にグループを形成し、行動療法的なアプローチが採用されているようです
つまり性犯罪者のグループや薬物乱用者のグループ、という具合に分け、更生のためのプログラムを実施するやり方です
もちろんそれはそれで1つの方法です。ただ、これとは別に個人、個人に焦点を当てる心理療法もあります。ただ、心理療法はいかなるものであれ、本人に自己の問題点を探りどうにかしようという強い動機が必要であり、仮退院(仮釈放)のための点数稼ぎ程度の動機では効果がないと考えられます。また、個別的な働きかけが中心になるため、少年院や刑務所のような集団処遇を前提とする施設では実施が難しいのです
岡庭容疑者が眺めた世界 酒鬼薔薇聖斗が眺めた世界
現代思想風の解釈をすれば、岡庭容疑者の意識の上に立ち現れた世界と、酒鬼薔薇聖斗の意識の上に立ち現れた世界は異なるものであり、たまたま犯行の特徴の一部が似ていたとしても、それぞれにとって事件の意味は異なる、と考えられます
不十分にして歪な形ではありますが、酒鬼薔薇聖斗こと東慎一郎は「絶歌」という自伝とも小説ともつかない本を書き、自身の行為について世間に説明しようと試みました
本の出版は多大な批判を浴びたわけですが、彼の起こした陰惨な犯罪の数々を考えれば当然です(同時に、小説を発表し作家として名を成そうという欲が露骨に感じられたのも批判された理由の1つでしょう)
が、彼にはめげることなく自身を省察し、言語化する行為を続けてもらいたいと望みます。それこそが事件と向き合う行為であり、更生の手がかりになり得るのですから。売名行為とそしられようが、自らの体験を言語化する試みは重要かつ有意義です
事件から目をそむけて語らず、偽名を名乗り、見知らぬ土地に隠れ住む行為を更生である、とは自分は思いません
岡庭容疑者の方は少年院を出た後、自分の通り魔事件と向き合おうとせず、己の犯罪衝動のまま行動していたように映ります
2人を分けたのは当然ながら、人間としての違いにあるはずです

(関連記事)
茨城一家殺害事件を考える 精神鑑定終え起訴
https://05448081.at.webry.info/202109/article_12.html
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者は反社会パーソナリティ障害か
茨城一家殺害事件を考える 動機なき殺人?
茨城一家殺害事件を考える 治療の対象か否か
茨城一家殺害事件を考える 医療少年院送致から事件まで
茨城一家殺害事件を考える 容疑を否認
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者は異常者なのか
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者の変貌と殺意
茨城一家殺害事件を考える 逮捕状請求
茨城一家殺害事件を考える 行動裏付けの困難
茨城一家殺害事件を考える 容疑者は10年前のナイフ少年か
茨城一家殺害事件を考える 容疑者特定か?
茨城一家殺害事件を考える 一か月経っても捜査進展なく
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える1 犯行の目的
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える2 16歳の少年逮捕
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える3 ナイフ収集と動物虐待
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える4 ナイフを収集した意味
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える5 ナイフを買い与えた親
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える6 刑事事件として起訴
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える7 保護処分を求め家裁に送致
「14歳のエヴァは終っていない」 酒鬼薔薇聖斗のエヴァンゲリオン
神戸連続児童殺傷事件から20年 「心の闇」を読む
神戸事件元少年Aは「絶歌」で何をしたかったのか?
神戸連続児童殺傷事件「元少年A」がホームページ開設
元少年A「絶歌」を批判する適菜収(哲学者)
酒鬼薔薇聖斗の言い分 「絶歌」を巡って
神戸連続児童殺傷事件 少年Aの手記出版
新居浜一家殺害事件を考える 河野容疑者逮捕
新居浜一家殺害事件を考える 警察は保健所に通報

韓国戦闘機完成披露、その後解体(実は未完成)

韓国は約9000億円を投じて新型戦闘機を開発する事業を進めており、4月9日に「国産戦闘機試作1号機」の出庫式を文在寅大統領の出席も得て賑々しく行いました。これに韓国のインターネット界隈では、「日本が悔しがっている」とか「韓国は独自の技術でやり遂げた。誇らしい」などの称賛が相次ぎ、「中国や日本など足元にも及ばない最強の戦闘機を手にした」と自慢する声も挙がりました
ところが、出庫式を終えた試作1号機は試験飛行をするでもなく、解体されたと報道されており、「本当に完成された機体だったのか」との疑念が湧きおこっています。おそらく式典開催に間に合わせるため外側だけ繫ぎ合わせて、それらしい形のものを作っただけなのでしょう


今年4月9日の「国産戦闘機試製1号機出庫式」行事に登場した「KF-21」(ポラメ)試製1号機が、出庫式から1カ月が経過して再び解体作業に入っていたことが分かった。
当時の出庫式には文在寅(ムン・ジェイン)大統領も出席して軍や航空産業関係者に対して祝賀の言葉を述べていた。1日、複数の消息筋によると、1号機はエンジンも外して胴体は骨組みをそのまま露出した状態だ。
当初、防衛事業庁と開発会社である韓国航空宇宙産業(KAI)は、昨年9月から1号機の部品組み立てを始めて今年4月に完成したと明らかにした。試製機6機のうち、今回公開された1号機は今年地上試験を終えた後、来年には初めての試験飛行に出る計画だ。
だが、出庫式から1カ月経った先月初め、試製機から双発エンジンを取り外し、地上での性能試験など各種点検や評価が不可能な状態だ。
複数の消息筋によると、出庫式当時に偽装色の塗布まで終えていた1号機は、胴体の骨組みがそのまま見えるほど全面的な分解作業が進行された。
空中給油装置はもちろん、戦闘機の操縦で核心的な装備も取り出した。また「キャノピー」と呼ばれる操縦席を覆う天蓋は、内部点検のために分離された。航空機の車輪であるランディングギアも取り外し、戦闘機は自立できない状態だ。
防衛事業庁の韓国型戦闘機事業団関係者はこれについて「今月中旬ごろが過ぎれば、完全な姿に戻すことができる」とし「(全面分解は)地上試験過程のうち計画された手続き」と説明した。
だが「正常な手続き」という説明とは違い、事業団側は1号機の状態に関連して緘口令を下した状態だ。
事業団関係者は「すでに完成された試製機を見た国民が、現在分解された機体の様子を見て誤解するかもしれず、公開することは難しい」と話した。航空専門家は、1号機を出庫式直後に全面分解したことについて理解し難いという反応だ。
匿名を求めた予備役空軍将軍は「通常、試製機の公開は最終地上試験と試験飛行を控えて行う行事」とし「出庫式を終えると同時にすでに全面的な解体までしたのは何かあるのかもしれない」と話した。
匿名を求めた航空産業関係者も「性能試験をしながら装備点検のために分解する場合はあるが、出庫式を終えた直後に分解するのは常識外」としながら「海外戦闘機の開発でこういう事例はほぼない」と話した。
また「あそこまで解体したとするなら、設計図上の計画とは違って全般的な機体の重心が合わなかったためかもしれない」とし「この手順まで終えてこそ試製機の組み立てを完成したと言える」と指摘した。
(中央日報の記事から引用)


「戦闘機の目」に当たるアクティブ電子走査アレイ(AESA)レーダーを韓国の技術で国産化に成功した、などと報じていましたが、実際にはイスラエルの起業から技術を丸ごと購入しただけの話です。
日本ではF-2支援戦闘機(2000年に運用開始)の開発の際に、世界で初めて戦闘機に搭載できるアクティブ電子走査アレイレーダーを実用化したのであり、何をいまさらという話です
韓国軍は新型兵器を導入する際、必ず「世界最高の性能」と吹聴していたのですが、その後欠陥が露呈するのがお約束です
これまでに戦車、自走砲、魚雷、自動小銃、潜水艦、イージス艦、強襲揚陸艦、ヘリコプターなどで欠陥が明らかになっています
もちろん、新兵器ですから欠陥が見つかるのは当たり前で、それをリカバーして実用化に結びつける工夫をどこの国でも行っています。しかし、韓国軍の場合は欠陥がありながも配備を進めるという謎行動が繰り返されており、理解不能です
今回の自慢の新型戦闘機はどうなのでしょうか?
韓国は今まで戦闘機どころか軍用機も、民間機も設計などした経験はないのであり、初めての試みです。設計も製造も未経験なのにいきなり戦闘機を開発しようという試みが、いかに無謀なものか素人でも分かります

日本に勝ちたい韓国が欠陥だらけの置き物潜水艦を開発!


(関連記事)
韓国国会 空母導入予算を大幅削減
https://05448081.at.webry.info/202111/article_30.html
韓国の仮想戦記小説 日本を植民地に
韓国駆逐艦レーダー照射事件 哨戒機接近に対抗策表明
韓国駆逐艦レーダー照射事件 駆逐艦は何をしてのか?
韓国駆逐艦レーダー照射事件 韓国の反論動画
韓国駆逐艦レーダー照射事件 証拠画像公開に怒る韓国
韓国駆逐艦レーダー照射事件 批判合戦に突入
韓国駆逐艦レーダー照射事件 釈明ぶれまくり
韓国駆逐艦が自衛隊機に火器管制レーダー照射
「ガルパン」、「艦これ」にブチ切れる韓国メディア
アニメ「GATE 自衛隊彼の地~」を批判する韓国メディア
韓国済州島観艦式 海上自衛隊の旭日旗を問題視するメディア
北朝鮮が韓国の島に砲撃 軍事衝突
武力衝突 韓国大統領「世界最高装備で対応せよ」
「北朝鮮が北海道に攻め込む?」 韓国の仮想戦記小説
空母導入を目指す韓国の思惑