知人の娘(小学生)に性暴行 荒木容疑者を再逮捕

既に取り上げた、知人の娘(当時、10歳)を繰り返し強姦した容疑で逮捕された荒木博路容疑者についても続報です
逮捕時、「10回くらいやった」と供述していた荒木容疑者ですが、弁護士との接見後、否認に転じているのだとか
警察は荒木容疑者を、当初の逮捕容疑前にも被害者に性暴行を加えていた疑いがあるとして再逮捕しています。否認に転じた荒木容疑者を許さない、との姿勢が感じられます


8年前、当時10代の小学生だった知人男性の娘に性的暴行を加えたとして、警視庁捜査1課は、強姦容疑で、東京都北区滝野川、運送会社員、荒木博路(ひろじ)容疑者(52)=別の強姦容疑で逮捕、処分保留=を再逮捕した。調べに対し、容疑を否認している。
再逮捕容疑は、平成25年3月31日午後10時ごろ、東京都内の知人宅で当時10代だった小学生の少女に性的暴行を加えたとしている。
捜査1課によると、荒木容疑者は女児の父親の知人。父親宅に宿泊した際、一緒に酒を飲んだ父親が寝た後に、少女を起こして犯行に及んでいた。
荒木容疑者は、すでに別の時期に同じ少女に対する強姦容疑で逮捕され、当初は「10回くらいした」などと認めていたが、弁護士の接見後は否認に転じた。
(産経新聞の記事から引用)


経緯を考えてみましょう。荒木容疑者は約7年から8年前、この被害者である女児を強姦するようになり、その様子を撮影しています。この画像・動画をパソコンのハードディスクに保存していたのを妻に見つかり、被害者宅へ赴き謝罪しています
おそらくそこで事態は決着し、警察沙汰にはならないと踏んでいたか、警察沙汰になっても罰金刑程度と考えていたのかもしれません(撮影した画像をハードディスクから消去したのは証拠を隠滅するためか、被害者側から画像を消すよう求められたため、と想像します)
しかし、被害者側は謝罪で納得するはずもなく警察に相談し、荒木容疑者は逮捕されます
警察の取り調べに最初は応じていた荒木容疑者ですが、接見した弁護士から「懲役5年から10年の実刑判決を受ける可能性がある」と言われ、事態の重大さに気づいて否認するようになった…というのが自分の仮説です
通常、強姦事件の場合、犯行を立証するためにはい誰に、どこで、いつ、強姦されたかを特定する必要があります。こどもの場合、被害に遭っても誰にも相談できず、そのままというケースがあります。時間が経過すれば、犯行が何月何日の何時頃であったか記憶が薄れます。被害を受けた日時を日記などに書き留めるようなこどもはまずいません(嫌な出来事であり、忘れてしまいたいと思うのが通常です)
過去の同種の事件では、容疑者の弁護人が被害を受けたとされる日時が曖昧であり、被害者の証言そのものが信用できないと主張し、無罪になった例もあります
本件では、荒木被告が撮影した画像は一旦消去されていましたが、警察がハードディスクからサルベージして復元しており、おそらく撮影日時のデータも確認できたはずです(すべての画像を復元できたわけではありません)。つまり、復元できた画像の撮影日時から荒木被告の犯行日時が特定されるわけです
後はどれだけの回数の強姦を立件し、起訴するか、検察の判断しだいです。犯行日時が特定できた分だけで十分有罪に持ち込めるなら、犯行日時の不明確な分は立件せず見送る判断もあります
それでも裁判で犯行を否認し続けたなら、反省が見えないとして重い刑罰を科せられるでしょう
検察は懲役7年くらい求刑するのでは?
余談ですが、一部のまとめサイトには荒木容疑者を公文式塾の先生、と書いています。が、上の記事を見ると運送会社勤務であると分かります。幾つかの裏付けのない情報と、こども好きのロリコンだから塾の先生、と判断したのでしょうが間違いです

(関連記事)
知人の娘(小学生)に性暴行 52歳の男を逮捕
実の娘と強制性交して無罪 近親相姦罪がない日本
実の娘と強制性交 控訴審判決の骨子
実の娘と強制性交 控訴審で逆転有罪判決懲役10年
実の娘と強制性交でも無罪 控訴審始まる
実の娘と強制性交も無罪の判決
義理に娘(女児)に猥褻行為 兵庫の元校長に懲役6年求刑
義理の娘に性暴力で懲役11年 千葉
娘への性的暴行で懲役6年判決 福島
徳島で孫娘2人を強姦した祖父 懲役8年の判決
14歳養女強姦事件を考える1 被害者証言は曖昧無罪判決
14歳養女強姦事件を考える2 無罪判決を破棄し差戻し
14歳養女強姦事件を考える3 差し戻し審で有罪判決
娘を性的暴行した父親に懲役に懲役4年の判決
12歳娘を強姦 控訴審で逆転有罪判決
再婚相手の娘に性暴行 懲役18年の厳罰
女子中学生にわいせつ行為で里親起訴 高知
高畑裕太不起訴 弁護士は「そもそも事件性なかった」発言
高畑裕太事件で「被害者女性の問題」を書く週刊誌
俳優小出恵介 未成年者と淫行の波紋
俳優新井浩文強姦、逮捕の影響
女子児童5人を強姦し懲役20年 鬼畜教師
「14歳と性交で逮捕は不当」 本多議員の歪んだ性意識
「14歳と性交で逮捕は不当」発言 立民党本多平直議員
「14歳と性交で逮捕は不当」 性犯罪オヤジの言い分