就活生を強姦 リクルート子会社元社員7度目の逮捕

リクルートの子会社社員だった丸田憲司朗被告は、嘘の経歴を並べて就職活動中の女子大生を信用させ、薬物入りの飲み物を与えて朦朧としたところを強姦する手口を重ねたとして何度も逮捕されています
丸田被告は携帯電話で本人の運転免許証など身分証と裸体を一緒に撮影し、記録として残していたそうなので、そこから被害者の身元を特定し、再逮捕して取り調べを重ねているわけですが、まだまだ時間がかかりそうです


「性犯罪は『魂の殺人』だから、被害者の数だけ逮捕して、しっかりと裁いてもらわなければならない」。ある捜査幹部は取材する筆者にそう思いを打ち明けた。数えること「7」回。これは警視庁捜査1課が、A男(31)を準強制性交などの疑いで逮捕した数だ。
ある女性のケース
A男は、リクルート子会社の元社員(現在は解雇)。発端は、去年6月に都内に住む30代の女性がある訴えを警察署にしたことだった。
「体の状態がおかしい」女性は3か月ほど前に知人のパーティーでA男と知り合った。女性は体の異変を感じる前日の午後8時頃、A男と再会し渋谷区内のレストランで食事をしている。しかし食事のあとの、記憶が全くない。
捜査幹部は「離席している隙に“睡眠薬”を飲み物に混ぜたのではないか」と話す。気付くと女性はA男の家にいて、すでに夜は明けていた。
午後1時ごろに駅まで送ってもらったが体の異変を感じ、その足で警察署へ届け出たという。これを受け、凶悪犯罪を取り締まる、警視庁捜査1課が本格捜査を開始。5か月後の去年11月、A男はこの女性に対する準強制性交の疑いで逮捕された。
当初から「他にもやっている」と供述していたA男。その後、次々と卑劣な犯行の手口が明らかになる。
就職活動中の女子大学生を狙い
2度目の逮捕は翌12月。就職活動中の女子大学生の意識をもうろうとさせ性的暴行を加えた準強制性交の疑い。学生と社会人をつなぐ「OB訪問アプリ」を使い、就職活動をしている女子大学生を狙っての犯行だった。
A男は、アプリ上のプロフィールに「神戸大学卒リクルート勤務」と記載していたが実際には同じ県内の別の私立大学出身で、リクルート勤務というが子会社の社員だった。ウソを重ねて「就活のPR動画を撮影しよう」と女子大学生を誘い出し、睡眠作用のある薬を飲み物に混ぜていたとみられる。
同様の手口で、別の女子大学生にも性的暴行を加えたとして、ことし1月には3度目の逮捕。自宅からは睡眠作用のある薬が700錠以上押収されたことも明らかになった。
さらに意識をもうろうとさせ裸で横たわる女子大学生の姿と免許証などの身分証を1枚の写真に収め、”コレクション”にしていた可能性も浮上。明らかになっていない被害者は「数十人はいる」(捜査幹部)という。
(NNNの記事から引用)


ヤフーニュースのコメント欄に、前田恒彦元東京地検特捜部検事がコメントを寄せており、「刑事司法制度が被害者の無念の思いに応えられればよいのですが、性犯罪の厳罰化が図られた2017年の刑法改正でも、強制性交等罪の最高刑は懲役20年のままで変わりませんでした。これは性犯罪に限らず、刑法における有期懲役の限界だからです。複数の事件で有罪になれば刑法の別の規定で最高刑が懲役30年まで伸びますが、それでも被害者を死傷させていなければ、たとえ何十件の事件に及ぼうと、死刑や無期懲役は選択できません」と書いています
つまり、丸田被告の準強姦罪(酒や薬物を与えて酩酊させた上で姦淫する行為)で20件立件しようと30件立件しようとも、上限は懲役20年というわけです。別の犯罪(私物を盗んだ等の窃盗罪、あるいは薬物を飲ませて昏睡させた状態で私物を盗む昏睡強盗など)があれば、さらに刑罰が加算されます
再逮捕を繰り返して取り調べの期間が長くなっていますが、未決勾留期間は有罪判決が確定すれば原則として刑期に算入されます。つまり逮捕から起訴まで300日勾留されたとすれば、それが刑務所に服役していた期間と算定される扱いになります
このままならあと10回は再逮捕を繰り返すのかもしれません

(関連記事)
就活生を強姦 リクルート子会社社員の公判始まる
https://05448081.at.webry.info/202109/article_19.html
就活生を強姦 リクルート子会社元社員9度目の逮捕
就活生を強姦 リクルート子会社元社員5度目の逮捕
就活生を強姦 リクルート子会社社員逮捕
三菱UFJ銀行員 薬物レイプで懲役22年判決
就活女子大生レイプの住友商事社員はどうなったか?
住友商事元社員(慶大出)を就活生への強制わいせつで再逮捕
住友商事社員(慶大出)が就活生を強姦
「ミスター慶応」渡辺陽太 6度目逮捕も不起訴
「ミスター慶応」渡辺陽太 強姦で6度目の逮捕
「ミスター慶応」渡辺陽太 強姦や強盗の余罪
イケメン慶大生の強姦事件 家族の素性も暴露
イケメン慶大生を強姦で逮捕 ミスター慶応候補
また慶大生 強制わいせつで逮捕
ミス慶応中止 広告学研究会メンバーに無期停学処分
ミス慶応中止 レイプ動画を拡散させる学生たち
電通女性新人社員、100時間残業で自殺の波紋
共同通信人事部長 女子大生に手を出しクビに
連続強姦魔 原田義人に無期懲役判決
強姦の元NHK記者に懲役24年求刑
元Jリーガー神村奨連続強姦事件で懲役30年
福岡強姦事件 キスマークつけ懲役17年