日立母子殺害を考える 小松被告に死刑判決

今月は福島県三春町でのひき逃げ殺人での死刑判決があり、さらには筧千佐子被告による青酸化合物を使った連続殺人で最高裁が死刑判決を支持し、さらに日立の一家殺害事件で小松被告に対して水戸地裁が死刑判決を下しています
もちろんそれぞれの事件は別個のものであり、関連性などないのですが、立て続けに死刑判決というのは気が滅入ります
わずかな関りといえば、筧千佐子被告がアルツハイマー型認知症を患っており、ところどころ記憶が抜けているものの刑事責任能力に問題はないとして死刑が確定したところと、小松博文被告が高血圧症に伴う発病で脳に障害を負い、事件当時の記憶を失いながらも刑事責任能力に問題はないと裁判所が判断したところでしょう
あらためて刑事責任能力とは何か、という問いを投げかけるのですが、その議論は別にして判決の報道を引用します


茨城県日立市の県営アパートで2017年10月、妻子6人を殺害したとして、殺人や非現住建造物等放火などの罪に問われた小松博文被告(36)の裁判員裁判の判決が30日、水戸地裁であった。結城剛行裁判長は「犯行態様が危険かつ残忍で同種の事件と比べても悪質。完全責任能力はあると言える」などと述べ、求刑通り死刑を言い渡した。
判決によると、小松被告は17年10月6日未明、日立市内の自宅アパートで妻の恵さん(当時33)や子ども5人(同3~11)を包丁で複数回刺した上、ガソリンをまいて放火し、殺害した。
公判では、小松被告の刑事責任能力の有無が争点になった。弁護側は、小松被告が事件当時、うつ病や極度の緊張による精神障害があったとして、無罪や減刑が相当だと主張していた。
また、弁護側は小松被告が起訴後の18年11月、心不全などで心停止状態になり、事件当時の記憶をなくしたことから、小松被告に公判を続けられる訴訟能力がないと主張して、初公判時に公判の停止を求めていたが、結城裁判長は「裁判所や弁護士の後見があれば公判は可能」としていた。
■失った記憶と訴訟能力、専門家は?
茨城県日立市で起きた妻子6人殺害事件は、小松博文被告が起訴後に事件当時の記憶をなくすという異例の展開をたどった。弁護側は初公判で、被告に公判を続けられる訴訟能力がないと主張したが、結城剛行裁判長は「裁判所や弁護士の後見があれば公判は可能」と退けていた。
記憶を失ったと主張する被告に判決を言い渡した点について、成城大法学部の指宿信教授(刑事訴訟法)は「公判を一時停止し、治療して経過を見るべきだった」と話す。記憶を失った被告人は、事件を起こしたとも起こしていないとも言えず、争う方策を断たれてしまうという。刑罰についても「本人が反省し、再犯をなくすという意味はなくなってしまう」と指摘した。
一方、甲南大法科大学院の渡辺顗修(ぎしゅう)教授(刑事訴訟法)は「記憶がないことで、訴訟能力がないということにはならない」と指摘。「病気で記憶を失ったとしても、情状にしかならない。客観的に証明がされているなら、犯行態様などからいっても極刑の選択はありうる」と話した。
(朝日新聞の記事から引用)


甲南大学の渡辺教授が指摘しているように、妻とこども6人を殺害した犯行の重さがすべて、と言えるのでしょう
小松被告を死刑にしない理由はない(たとえ記憶の一部を失っているとしても)との考えです。6人殺害した犯人を無期懲役にするとか、有期刑にしたのなら、この先死刑に処すのは7人以上を殺害したケースとなってしまうからです
弁護人は判決を不服として控訴し、あくまで記憶の喪失という刑事責任能力をタテに減刑を求める方針だろうと思います
次は東京高裁での控訴審になるわけですが、変な裁判官が「被告の刑事責任能力について審議が尽くされていない」などとゴネて、差し戻すとかややこしい展開にしないように願いたいものです

(関連記事)
日立母子殺害を考える 死刑求刑
日立母子6人殺害を考える 無罪主張と処刑願望と
日立母子6人殺害を考える 初公判で無罪主張
日立母子6人殺害を考える 初公判目前
日立市母子6人殺害を考える 記憶喪失で無罪?
日立市母子6人殺害を考える 犯行の背景は離婚話?
日立市母子6人殺害を考える 小松博文容疑者とは
福岡母子3人殺害事件を考える 夫の警察官を逮捕
福岡母子3人殺害事件を考える 中田容疑者黙秘
福岡母子3人殺害事件を考える 初公判で無罪主張
福岡母子3人殺害事件を考える 死刑判決
神戸5人殺傷事件を考える 逮捕後は黙秘
鹿児島5人殺害事件を考える 岩倉知広容疑者とは
鹿児島5人殺害事件を考える 岩倉被告起訴も初公判はまだ
豊川引き篭もり殺人を考える1 対処法の問題
豊川引き篭もり殺人を考える8 懲役30年の判決
淡路島5人殺害事件 平野被告に死刑判決
山口連続殺人事件を考える 集落全体に恨みか 
山口連続殺人事件を考える 「八つ墓村」と書くメディア
山口5人殺害事件 死刑判決
障害者施設19人殺害 植松聖容疑者逮捕
老人ホーム3人転落死 今井容疑者は自己愛障害?
死刑執行 4人殺害で再審請求中の西川正勝

京都連続不審死事件 最高裁で筧被告に死刑判決

筧千佐子被告は再婚話で男性を虜にし、殺害して財産を奪う犯行を繰り返したとして京都地裁、大阪高裁で死刑判決を受けていますが、これを不服として最高裁に上告していました
起訴された容疑は4人の殺害と1件の強盗殺人未遂です。ただし、筧被告が再婚話で交際した男性は10人以上いて、そのうち6人が死亡しています。立件に至らなかったケースもあるわけです
一審の京都地裁では弁護人が4人の殺害を否定する弁論を展開したのですが、被告人質問の際、筧被告はあっさりと殺害を認める発言をし、弁護人が大慌てをする一幕もありました
さて、最高裁判決は以下の通りです


京都、大阪、兵庫3府県で起きた青酸化合物による連続殺人事件で、高齢男性4人への殺人と強盗殺人未遂罪に問われ1、2審で死刑判決を受けた筧(かけひ)千佐子被告(74)の上告審判決で、最高裁第3小法廷は29日、被告側の上告を棄却した。被告の死刑が確定する。宮崎裕子裁判長は「同種事件を6年間で4回繰り返しており、人命軽視の態度が顕著。刑事責任は極めて重大」と述べた。
裁判官5人全員一致の意見。弁護側は「事件当時、認知症の影響で責任能力がなかった」などと無罪を主張したが、判決は「2審判決に重大な事実誤認はない」と退けた。結婚相談所で知り合った高齢男性を「将来を共にする相手」と信頼させた上で猛毒を服用させる殺害方法について、「計画的かつ巧妙。強固な殺意に基づく冷酷なもの」と厳しく批判。遺産を取得しようとした動機も「酌むべき点はない」とした。
弁護側は上告審で「認知症の症状が進行したため訴訟能力がない」として公判を停止して公訴を棄却するよう求めたが、判決はこの点には言及しなかった。
1、2審判決によると、被告は2012年3月〜13年12月、内縁の夫で大阪府貝塚市の本田正徳さん(当時71歳)▽内縁の夫で兵庫県伊丹市の日置稔さん(同75歳)▽京都府向日市で同居していた夫の勇夫さん(同75歳)——の3人に青酸入りのカプセルを飲ませて殺害。07年12月には借金約4000万円を免れるため、神戸市北区の70代の知人男性に青酸を飲ませて殺害しようとした。
(毎日新聞の記事から引用)


高齢の男性が妻と死別し、先行きに不安を感じるのは分かります。そこで再婚という話になるのですが、相手が財産目当ての毒婦だとこうなります。2度や3度、顔を会わせておしゃべりしたくらいでは、人物の表や裏は見えてきません。興信所を使うなりして、よく調べる必要があり、不審な点があれば再婚を見送る判断を下すべきでしょう
再婚に前のめりになっている場合、不審な点があってもそこを目をつぶってしまうという認知バイアスがかかるため、一人で判断せず親族の意見を聞くなど、第三者の視点で判断してもらうなど手順を踏むのが妥当です
話を戻して、拘置所にいる筧被告はメディアの取材にも応じ(拘置所は退屈だ、とぼやいています)、自分は認知症ではないと主張しています
が、程度について議論はあれど認知症の症状があるのは間違いないので、死刑を執行するのを法務大臣はためらうでしょう。つまり、死刑囚という身分のまま拘置所で人生を終えるのではないか、と推測します


最高裁判決を目前に控えた28日、筧千佐子被告が大阪拘置所でJNNの接見に応じました。
「2人殺したことは覚えている。私はお付き合いした人が何人もいるけど、全て殺した訳ではない」(筧千佐子被告)
Q.お金のために殺したんですか?
「違います。恨みがあったから。私は別に苦労していなかったから、お金のために人は殺さない」(筧千佐子被告)
弁護側は最高裁の弁論で、「筧被告は認知症が進行し訴訟能力がない」と無罪を主張していました。しかし、筧被告は・・・
「私ボケてないからね。何を言われようと、ちゃんと理解してるから。ボケてたら幸せやわ」(筧千佐子被告)
そして、上告が棄却された場合、死刑判決が確定することについてたずねてみると・・・
「死刑のことは覚悟している。ここは何もすることがないところでつらい。死刑や事件のこととか、いらんことを思い出すから」(筧千佐子被告)
(TBSニュースの記事から引用)

(関連記事)
京都連続不審死事件 筧被告に死刑判決
京都連続不審死事件 アルツハイマー型認知症
京都連続不審死事件 筧被告が公判で犯行を自供
京都連続不審死事件 他に6人を殺害
京都連続不審死事件 別の高齢者殺害で再逮捕
京都連続不審死事件 青酸を処分せず保管
再婚相手が次々と不審死 連続殺人か
朝日新聞に掲載された木嶋佳苗の手記 その1
朝日新聞に掲載された木嶋佳苗の手記 その2
朝日新聞に掲載された木嶋佳苗の手記 その3
結婚詐欺師木嶋佳苗の死刑判決を考える
婚活殺人木嶋佳苗に死刑判決
結婚詐欺連続殺人 木嶋佳苗被告の裁判始まる
結婚詐欺殺人木嶋佳苗裁判2 高校卒アル「AVに出そうな人」
結婚詐欺殺人木嶋佳苗裁判3 練炭を準備、着火剤も購入
結婚詐欺殺人木嶋佳苗裁判4 愛人生活で7000万円
結婚詐欺殺人木嶋佳苗裁判5 上京後はデートクラブ勤め
結婚詐欺殺人木嶋佳苗裁判6 ファンタジーを抱えた殺人者
結婚詐欺殺人木嶋佳苗裁判7 死刑求刑
結婚詐欺 男性が相次いで不審死
女結婚詐欺師 6人を殺害か?
女詐欺師は体重100キロ
女結婚詐欺師 セレブごっこの日々
木嶋佳苗事件、東電OL事件を語る作家佐野眞一
「三井財閥の子孫」と騙した女詐欺師逮捕