韓国 「ノーベル文学賞のインフラが整った」

韓国メディアの記事をチェックしていると、トンチンカンな主張に出くわすのが珍しくありません。大上段に振りかぶり、何やら意味深な発言をしているつもりなのでしょうが、日本人の感覚からすればあまりに滑稽でバカバカしく聞こえます
特に目につくのがエンターティメント系の記事で、「韓流はすごい。世界中で人気だ」という自惚れが溢れ出て胸焼けしそうなほど、盛りに盛った言い回しが見られます。以前も紹介したように「世界を制覇した韓流」とか「日本征伐を完了した韓流」等の表現は韓国の読者にとって心地よいのでしょうが、繰り返し使うとバカにしか見えません
さて、今回はノーベル文学賞の記事を取り上げます。韓国文学を外国語に翻訳して国外に紹介する部門のトップが、「ノーベル文学賞のインフラが整った」と大言壮語しています
最近では韓国人作家チョ・ナムジュの「82年生まれ、キム・ジヨン」がフランスの「アジア文学賞」にノミネートされ、評価が高まっているのは事実です(残念ながらアジア文学賞は受賞ならず)


「『韓国文学の世界化』という言葉を、これ以上使わない。韓国文学はいまや、世界文学の堂々とした一員として 新たな章を開くべきだ」
韓国文学翻訳院のクァク・ヒョファン院長は今日(6日)、ソウル セジョン(世宗)文化会館で開かれた記者会見で「“韓国文学の世界化”は、1990年代 世界に向けて『韓国文学をどうか知ってほしい』と願って 身もだえした時に使った言葉だ」として、韓国文学の成長した地位を強調した。
クァク院長は ハン・ガン(韓江)、キム・ヨンハ(金英夏)、ユン・ゴウンなどの韓国作家たちによる海外文学賞の受賞、世界的なKカルチャー旋風などを言及し「韓国文学が 現在おかれている多様でダイナミックな状況は、チャンスとも危機ともなり得る」とし「韓国文学翻訳院の役割もまた、韓国文学が世界文学へと進んでいけるようにすることだ」と語った。
特に クァク院長は「韓国文学は、ノーベル文学賞の受賞を期待することのできるインフラを十分整えている」と評価した。クァク院長は「日本が1990年代までに約4000種の本を海外に翻訳・出版し、これを基に1994年 大江健三郎氏がノーベル文学賞を受賞した」とし「韓国も1980年以降 海外に紹介された韓国文学の種が、韓国文学翻訳院の翻訳した1528種を含め2500種ほどになる」と説明した。
つづけて「過去において 韓国文学が、何の基盤もなしにノーベル文学賞を望んでいたとすれば、いまや世界文学の一員として 基本的なインフラが備わっているだけに、非常に重大な岐路に立っているということができる」と付け加えた。
ただ「ノーベル文学賞が、韓国文学の目標となってはならない」と強調した。クァク院長は「シン・ギョンスク(申京淑)、韓江のような作家たちが 海外の文学賞を受賞した後 優秀な作家としての地位を築いたように、韓国文学も ノーベル文学賞は目標ではなく 世界文学としての地位を築くために進んで行くことにおいての “一つの関門”としてみるべきだ」と語った。
(WoW!Koreaの記事から引用)


まず、世界的なKカルチャー旋風などというものは存在するのでしょうか?
韓国ドラマが世界で人気だと煽るのが常ですが、人気のあるドラマはごく一部の作品だけであり、他の作品はケーブルテレビやインターネット配信の隙間を埋めるために使われているだけです
朝日新聞や毎日新聞は昨年から今年にかけて「韓国文学がすごい」との記事を掲載していますが、残念ながら韓国文学ブームと呼べるほど社会に影響を与えてはおらず、一部の愛好家同士で盛り上がっているだけです
上記の記事は、日本が文学作品を翻訳して海外に広めた結果、ノーベル文学賞に結び付いたので、韓国も真似してるというだけです。それで「インフラが整った」だの、「韓国文学はもはや世界文学である」と断言するところに苦笑するしかありません
実際、大江健三郎が海外で広く読まれるようになったのは、フランスやイタリア、中国などの熱心な研究者が大江作品を翻訳して自国に紹介したからです。同じように三島由紀夫作品を積極的に英語に翻訳して紹介したドナルド・キーンの存在も大きいのです
つまり翻訳にとどまらず、研究対象として取り上げられ、論文にもなり、学生に教えるという流れがあってこそ、広く深く読まれるに至ったのであり、評価を得たのです
韓国文学の熱心な研究者が海外に幾人もいてこそ、世界文学たり得るのです
クァク・ヒョファン院長はそこが理解できていないようです。翻訳して出版し、書店に本が並べばノーベル文学賞が取れる…と思い込んでいるのでは?
ただ、韓国の翻訳事業がまったく無駄というわけではなりません。女性推理作家ユン・ゴウンの「夜の旅行者たち」は翻訳事業によって英訳され、イギリス推理作家協会のダガー賞を受賞しており、イギリスの推理小説の歴史に爪痕を残しています
なので、韓国のさまざまな小説が世界各国で読まれるようになってきたのは確かでしょう

(関連記事)
ノーベル賞欲しがる韓国 大学研究レベルは年々低下
https://05448081.at.webry.info/202111/article_7.html
ノーベル物理学賞に真鍋淑郎プリンストン大上級研究員
https://05448081.at.webry.info/202110/article_9.html
今年(2021年)もノーベル賞を渇望する韓国
「韓国文学がブーム」と煽るメディア
ノーベル賞候補の韓国詩人 セクハラで批判浴びる
韓国詩人高銀、ノーベル文学賞確実と語るエール大教授
ノーベル文学賞はカズオ・イシグロ 韓国の反応
2016年の日本人ノーベル賞候補は3人
今年(2015)もノーベル文学賞を諦めない韓国
「K-POPの次はK文学ブームを」と書く韓国メディア
ノーベル医学生理学賞に大村智氏ら決定
日本のノーベル賞受賞を妬む韓国の反応
韓国メディア「ノーベル文学賞の取るには民族文学は不利」
ノーベル文学賞が獲れない韓国 短編小説を礼賛
ノーベル文学賞を熱望する韓国
ノーベル文学賞候補 村上春樹は選ばれるか
「日本は英語が苦手でもノーベル賞を取る」と説く韓国人学者
韓国 「5年以内にノーベル賞を獲るプロジェクト」
山中教授のノーベル賞を悔しがる韓国
2010年ノーベル賞の発表は10月4日から
ノーベル化学賞、鈴木北大名誉教授と根岸米大教授
日本のノーベル賞について韓国の偏見・誤解・嫉妬
「建築界のノーベル賞強国日本」と羨む韓国
「なぜ韓国に村上春樹はいないのか」と書く韓国メディア
「村上春樹のノーベル賞予想に浮かれる日本」と書く海外メディア
ノーベル文学賞欲しい韓国 村上春樹よりも名作を書けと厳命