静岡女子大生殺害 無期懲役求刑

繰り返し、静岡県沼津市で女子大生山田未来さんを殺害した堀藍被告の裁判について取り上げます
起訴事実について認めており、法廷に居合わせた遺族に対しても堀被告は謝罪をしたようです
ただ、そうした潔い態度とは裏腹に弁護人は懲役22年が相当だと言い、堀被告の小学生時の心臓ペースメーカー手術による挫折体験が犯行に影響していると、わけのわからない弁護を展開しています
検察は堀被告の犯行(体の上半身に49か所もの切り傷、刺し傷を負わせ肺に貫くほど深く刃物を突き入れていること、脈を確かめて確実に殺したかどうか確認していることなど)を挙げて、躊躇のない行動だと非難して無期懲役を求刑しました


静岡県沼津市西浦久連で2020年6月、大学生の山田未来さん(当時19歳)を刃物で殺害したとして殺人罪やストーカー規制法違反などに問われた住所不定、無職堀藍被告(21)の裁判員裁判が8日、静岡地裁沼津支部(菱田泰信裁判長)であり、検察側は「単なるストーカー殺人と評価しきれない、危険で非人道的な事案」として無期懲役を求刑した。弁護側は有期刑を求めて結審した。判決は13日に言い渡される。
検察側は論告で、山田さんと堀被告の関係性を「他人同然であり、単に『目に留まった』というだけで理不尽に殺害されたに等しい」と指摘した。刺し傷や切り傷が49か所あったことに触れ、「思い通りにならないと、物を破壊するように刺した」と強調。「殺害を周到に計画し躊躇(ちゅうちょ)した形跡もない。将来を奪われた被害者の苦痛と無念さは計り知れない」と訴えた。
一方、弁護側は最終弁論で、堀被告が小学生の時に心臓にペースメーカーを取り付けて以降、野球などのスポーツができなくなったことから、「一方的で身勝手な犯行動機には、手術による挫折体験の影響がある。動機を過度に重視することはできない」と主張。更生の可能性があると指摘し、懲役22年が相当とした。
堀被告は最終陳述で、被害者参加制度で出席した山田さんの父親を見て、「(無料通信アプリの)ラインをブロックしただけで人生を奪われるのは、未来さんは到底理解できないと思う。遺族にも(心の)傷を負わせ、人生を奪い申し訳ありません」と頭を下げた。
(読売新聞の記事から引用)


法廷で見せる堀被告の潔さと弁護人による意味不明な弁護は、公判前に被告と弁護人が打ち合わせた結果なのでしょう
最終陳述で堀被告は謝罪の弁を述べてはいますが、「無期懲役も極刑も覚悟している」などとは口にしません。堀被告はもっぱら反省の態度のみを法廷で示す役割だと分かります
前回も書いたのですが、弁護人の開陳する「心臓ペースメーカー手術で挫折した経験」というのが今回の事件とどう結びついているのか不明です。記事を書いている記者も傍聴しながらその論理がさっぱり把握できないのか、意味不明な文章になっています
それに続く弁護人の、「動機を過度に重視することはできない」との言い分もさっぱり理解できません
どなたか理解できる方がおられたら説明をお願いします
むしろ、「心臓のペースメーカー手術云々」という話をこそ、重視すべきではないと思うのですが?
くどいようですが、心臓のペースメーカー手術を受けた小学生が成人に達した後、女性を49か所刺して殺害するのが一般的な事例、というわけではありません。あくまで堀被告の犯行こそが特異なケースであり、異常なのです
補足:その後、幾つかの報道から法廷でのやり取りを確認したところ、「ペースメーカーを付けた挫折経験によって、被告は共感性に欠ける偏った性格となり、感情のコントロールができない被告人を強くは非難できない」というのが弁護人の主張だったようです。これも傍聴していた記者が要約した内容でしょうから、弁護人の法廷での弁論は極めて意味が把握しにくい言い方だったのでしょう
さらに、弁護人は「恋愛経験が乏しいがゆえの犯行であるから寛大な処分を求める」とも申し添えたようです
加えて言うと、本件はストーカー犯罪ですから動機部分を無視して裁判などできないのであり、大して接点もない堀被告が一方的に山田さんにつきまとい、逆切れして残虐な方法で殺害したのが問題なのです
単にフラれたので殺した、腹が立ったから刺したという事件ではなく、「オレ様の好意を無下にし、裏切ったから許せない。殺してやる。できるだけ残虐な手段で思い知らせてやる」との思考そのものが問題なのであり、恋愛経験が豊富か乏しいかは別の話でしょう
上記の限られた内容の記事だけで云々するのは僭越ですが、どうにも堀被告も弁護人も事件の根幹部分に触れてほしくないのか、避けているように映ります
判決は13日に示されます。自分の予想は無期懲役ではなく有期懲役(懲役22年から25年)だろうと思います

(関連記事)
静岡女子大生殺害 懲役20年の判決は妥当か?
https://05448081.at.webry.info/202107/article_22.html
静岡女子大生殺害 ストーカーの言い分
静岡女子大生殺害 初公判で容疑を認める
静岡女子大生殺害 7月5日に初公判
静岡女子大生殺害 初公判はいつ?
静岡女子大生殺害 同じ学部の学生が犯人
死刑執行 三島女子大生殺人の服部死刑囚
モデル女子大生殺害事件で事務所が遺族と和解
福岡女子予備校生殺害 甲斐被告に懲役20年の判決
福岡女子予備生殺害 懲役22年求刑
福岡女子予備校生殺害 鑑定留置後、起訴へ
町田 読者モデル女子高生殺害事件を考える1 幼なじみ
町田 読者モデル女子高生殺害事件を考える2 どこまでが発達傷害なのか
甲府放火殺人 交際拒否で逆恨み
https://05448081.at.webry.info/202110/article_27.html
甲府放火殺人 19歳少年を逮捕
https://05448081.at.webry.info/202110/article_22.html
三鷹女子高生殺害を考える1 ストーカー対応
三鷹女子高生殺害を考える6 懲役22年の判決
三鷹女子高生殺害を考える8 リベンジポルノで追起訴
女子大生を刺した神戸ストーカー事件を考える
三角関係でストーカーと化した女教師
平野区ストーカー殺人 懲役30年の判決
ストーカー殺人の少年が出所後また殺人未遂
西尾ストーカー殺人の少年 出所後再犯で懲役1年8月
駅で10年待ち伏せ ストーカー男逮捕
墨田区女子高生殺害 殺害を計画して呼び出しか
墨田区女子高生殺害 20代の夫婦を逮捕