甲子園優勝の千丸被告 控訴審でも懲役5年

強盗致傷事件で懲役5年の実刑判決を受けた千丸剛被告の控訴審判決があり、東京高裁は一審判決を支持して控訴を棄却しています
強盗に加担すると走らないまま犯行現場へ赴き、脅された上で不本意ながらも犯行に加わったというのが千丸被告の言い分であり、実験ではなく執行猶予を求めていました
が、強盗事件というのは重く罰せられるのであり、犯行に巻き込まれた経緯には同情すべき点はあれど、実刑が相当という判断はゆるぎませんでした
FRIDAYが控訴審における千丸被告の言い分を詳しく記事にしていますので、取り上げます


7月20日、千丸被告が起こした強盗致傷事件の控訴審判決が下された。彼は17年に夏の甲子園で優勝した花咲徳栄高校の主将だった。当時のチームメイトには、清水達也(現・中日)や西川愛也(現・西武)などがいる。
この日、千丸被告は紺のスーツ姿で法廷に現れた。前髪を伸ばし、髪型はきれいにセットされていた。顔は前を向いたままだが、横目でチラチラと傍聴席をうかがっていたのが印象的だった。
裁判長が控訴棄却の理由を述べる間、千丸被告の父親は時折下を向きながらも裁判長を見つめていたが、母親はずっと下を向いたままだった。
事件があったのは19年4月のこと。「人のいない家からお金を運ぶ仕事がある」という友人の誘いに乗って、千丸被告は初対面の3人と千葉県内の民家に侵入。住人の夫婦にケガを負わせた。
今年2月、一審で千丸被告は懲役5年の実刑判決を受けたが、量刑に不服があるなどの理由で控訴していた。
6月10日、その控訴審の初公判が東京高裁で開かれた。
公判には、千丸被告の更生支援計画を作成した社会福祉士が証人として出廷。千丸被告の「性格の弱さ」を克服するために心理カウンセリングを受けさせ、比叡山延暦寺で修行させたことを明かした。さらに「被害者への認識が不十分」として、被害者調書50名超分に目を通させたという。社会福祉士はこう語った。
「(千丸被告が)自分と向き合い、被害者の心情を理解することで今後悪いことをしなくなる。刑務所に入らなくても、この更生支援計画で更生できると考えている」
6月2日から6日までの比叡山延暦寺での修行については、千丸被告はこう話した。
「ブレることなく自分と向き合う濃密な時間でした。朝7時に起床して一時間ほど歩きます。一歩一歩を踏みしめる作業は、一歩一歩前に生きることを考えさせられました。その後は阿闍梨さまのお経を聞きました」
掃除など宿泊施設の手伝いをしながら、お経や説法を聞いたという。
しかし、こうした過程を踏まえて千丸被告が書いた謝罪文は、被害者から受け取りを拒否されている。
被告人質問で千丸被告は、
「私が想像していたよりも被害者の苦しみ、悲しみが強いと感じました。被害者の肉声を通して、やはり自分に対して厳しく向き合っていかないといけないと考えました」
と答えた。
千丸被告はアルバイトして貯めた5万円を弁償金として渡そうとしたが、これも被害者に受け取ってもらえなかった。
その理由について、千丸被告はこう述べた。
「被害者は『自分(千丸被告)の関与を小さく考えている』と感じているのだと思います。それは私の未熟さからくるものです。今後もカウンセリングや比叡山延暦寺での修行を続け、自分と向き合う作業を続けたいと思います」
検事は「被告は反省が十分ではなく、自分の罪を過少にとらえている」として、「自分と向き合うのは刑務所に入ってからでもいいのではないか? 刑務所に入るほどではないと考えているのではないか?」と厳しく追及した。
それに対して千丸被告は、
「違います。私は執行猶予が『軽い』とか『易しい』とか考えていません。それは違います」
と強く否定した。
そして、「あなたが成長すれば、被害者は救われるのか?」という質問に対して、
「自分が成長しないと始まらない。自分と向き合うことで責任を取れると考えます」
と述べた。


前回書いたように、千丸被告の共犯である強盗犯は懲役5年6月から8年6月の実刑判決を受けており、千丸被告が懲役5年で一番刑が短かったわけです。が、実刑というのが納得できなかったのでしょう
公判でのやり取りは上記のとおりだとして、執行猶予になったら比叡山で修行という話はさほど突飛ではありません。自分が少年鑑別所に勤務していた際、家庭裁判所の少年審判に何度も出廷して立ち会った中でも、天理教の修養施設で修行させるとか◯◯会の合宿所に入るとか、少年院に入る代わりにあれやこれをさせるという保護者の提案を耳にしました。が、そうした代案は大抵の場合、退けられ少年院送致になったものです
そこはやはり実効性と、本人に本当に反省させる(社会から隔離した塀の中で生活させる)という意味合いが大きいのだろうと思います
加えて、刑罰を受け入れる=社会規範に従うとの見方が裁判官の側にあるのでしょう
執行猶予に執着するのは刑罰を受け入れる気がない、と解釈される可能性もあるわけで、弁護人もよくよく考えて弁護活動をする必要があります
まあ、千丸被告は何が何でも服役するのが嫌で、刑務所服役歴が自分の人生に刻まれるのが嫌だったのでは?
甲子園優勝校の主将という輝かしい経歴を手放したくなかったのかもしれません
最高裁に上告する手は残されていますが、最高裁で判断がひっくり返る可能性は皆無であり、刑務所行きを先送りする意味しかないでしょう
世間は「野球一筋」という人生を評価するのですが、怪我や病気、その他の事情で野球を諦めなければならない時が来るのですから、さまざまな選択肢を用意しておいた方がよいと思います

(関連記事)
甲子園優勝校主将 強盗で懲役5年判決
甲子園優勝校主将が強盗 駒大野球部のしごきを暴露
甲子園優勝校主将が強盗 公判で犯行認める
甲子園優勝校主将の転落人生
甲子園優勝校主将が強盗で逮捕
高校野球部コーチがわいせつ 被害者は50人?
https://05448081.at.webry.info/202109/article_31.html
高校野球部コーチがわいせつで再逮捕 10年前から
https://05448081.at.webry.info/202109/article_24.html
高校野球部コーチが部員にわいせつ逮捕 大阪
https://05448081.at.webry.info/202108/article_39.html
箱根駅伝駒大アンカー 少女淫行で起訴
慶応大野球部鶴岡嵩大の給付金詐欺はどうなった?
https://05448081.at.webry.info/202107/article_41.html
慶応大野球部員詐欺で逮捕 故鶴岡監督の孫
東海大学野球部 大麻使用で活動停止
元プロ野球選手の転落 カード詐欺で逮捕
元プロ野球選手奥浪鏡 特殊詐欺と児童買春で実刑判決
暴行で書類送検の巨人山口に「処分甘すぎ」との声
暴力事件の巨人山口投手 今季は出場停止処分に
巨人山口投手 泥酔暴行で書類送検
野球賭博高木京介の巨人復帰は美談なのか?
巨人の福田聡志投手 野球賭博で永久追放か
西武ライオンズ相内誠投手 喫煙飲酒発覚で処分
斎藤佑樹(ハンカチ王子)がポルシェをねだって騒動
プロ野球中継の不人気 低視聴率
ドラフト会議の波紋 菅野は入団拒否か?
プロ野球 「来季は戦略重視」という巨人の迷走
元プロ野球選手 被災地で電線泥棒・逮捕
米メジャーに挑む日本のベテラン野球選手
楽天 星野監督就任への疑問
西武・大久保コーチ解任 「陽気な兄貴」と擁護するコラム
解任されたデーブ大久保への奇妙な同情論
清原和博被告公判(2) 黒い交際は不問のまま
清原和博被告公判(1) お涙頂戴話を連発
元プロ野球選手清原 覚醒剤で逮捕
元野球選手石井浩郎参議院議員 賭け麻雀に養育費不払い
拓大紅陵の元野球部員が売春斡旋で逮捕
青森山田高野球部員、寮で殴られ殺害される
青森山田高暴行死事件 犯人を家裁送致
ダルビッシュ・紗栄子離婚 野球選手の下り坂
青梅強盗殺人 アタッシュケースに多額の現金
青梅強盗殺人 懲役24年と20年の判決
福山強盗事件 SNSで誘われ加担した大学生